2020年01月22日

FDA_夏 神戸路線拡大へ

□FDA 夏ダイヤから神戸路線拡大、青森線を就航へ

フジドリームエアラインズ(FDA)は21日、今夏ダイヤが始まる3月29日に青森-神戸(マリンエア)線を新規就航すると発表しました。

FDAが発表したのは青森-神戸線の就航。3月29日から1日1往復を就航するとしています。

これにより、FDAの神戸路線は四路線に拡大します。

一方、FDAの青森路線は、名古屋線に続く開設です。青森-名古屋線は、中部国際との競合による路線限定があるなか東日本大震災の臨時便として特別に就航したことから日本航空(JAL)との共同運航便にはなっていませんが、今回新設される青森-神戸線はJALとの共同運航便として運航するとしています。

03/29
◎FDA 青森  -神戸  ( 0→ 1)※JAL共同運航便

FDA×JAL コードシェア路線拡大(FDA公式サイト)
https://www.fujidream.co.jp/company/press/doc/200121_1.pdf
株式会社 フジドリームエアラインズ 2020年夏ダイヤより『神戸=青森』線を開設(FDA公式サイト)
https://www.fujidream.co.jp/company/press/doc/200121_4.pdf
posted by johokotu at 03:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

JAL_夏国内 既存増減便のみ

□JAL 国内線夏ダイヤ発表、既存路線の増減便のみ

日本航空(JAL)グループは21日、2020年度国内線路線便数計画(3月29日〜10月24日)を発表しました。

国内線:既存路線の増減便のみ
新設:ありません。
増便:3月29日から那覇-宮古線と宮古-新石垣線を各1日0.5往復増便します。
7月1日〜10月24日に新千歳-東京国際(羽田)線を1日1往復期間増便します。
7月1日〜7月16日、9月1日〜10月24日に羽田-那覇線を1日1往復期間増便します。
5月12日〜5月29日に岡山-那覇線を1日1往復期間増便します(一部日程除く)。
3月29日〜5月31日と7月1日〜10月24日に鹿児島-屋久島線を1日1往復期間増便します(一部日程除く)。
新千歳-大阪国際(伊丹)線を、7月1日〜7月16日、9月1日〜10月24日に1日1往復、7月17日〜8月31日に1日2往復期間増便します。
減便:3月29日から新千歳-中部国際線、東京国際(羽田)-徳島線、羽田-北九州線を各1日1往復、那覇-新石垣線を1日0.5往復減便します。
7月1日〜10月24日に伊丹-福岡線を1日1往復期間減便します。
運休:ありません。

国際線:未発表
新設:未発表
増便:未発表
減便:未発表
運休:未発表

※国内線はJALグループのいずれかの航空会社(JAL、JAC、JTA、RAC)で運航
03/29-
○那覇  -宮古  ( 9→9.5)
○宮古  -新石垣 ( 2→2.5)
△新千歳 -中部国際( 5→ 4)
△東京国際-徳島  ( 7→ 6)
△東京国際-北九州 ( 5→ 4)
△那覇  -新石垣 ( 8→7.5)

<期間増減便>
07/01-10/24
○新千歳 -東京国際(16→17)
△大阪国際-福岡  ( 4→ 3)
07/01-07/16・09/01-10/24
○東京国際-那覇  (12→13)
○新千歳 -大阪国際( 4→ 5)
07/17-08/31
○新千歳 -大阪国際( 4→ 6)
05/12-05/29
○岡山  -那覇  ( 1→ 2)※一部日程除く
03/29-05/31・07/01-10/24
○鹿児島 -屋久島 ( 4→ 5)※一部日程除く

JALグループ、2020年度国内線路線便数計画を決定(JAL公式サイト)
https://press.jal.co.jp/ja/release/202001/005456.html
ラベル:JAL
posted by johokotu at 02:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

IBX_夏 路便数変更無

□IBX 夏ダイヤ発表、路線数・便数は冬ダイヤと変更なし

アイベックスエアラインズ(IBX)は21日、2020年度上期路線便数計画(3月29日〜10月24日)を発表しました。3月28日までの冬ダイヤと路線数・便数に変更はありません。

国内線:路線数・便数変更なし
新設:ありません。
増便:ありません。
減便:ありません。
運休:ありません。

※国際線は未就航の航空会社です。

2020年度上期路線便数計画と航空券発売開始日時の変更について(IBX公式サイト)
https://www.ibexair.co.jp/assets/8de5d1b350a2a9e922ebe254f1f531c6938bb48d.pdf
ラベル:IBX
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

SFJ_夏国内 路便数変更無

□SFJ 夏ダイヤ発表、路線数・便数は変更なし

スターフライヤー(SFJ)は21日、2020年国内線サマーダイヤ(3月29日〜10月24日)を発表しました。3月28日までの冬ダイヤと路線数・便数に変更はありません。

国内線:路線数・便数変更なし
新設:ありません。
増便:ありません。
減便:ありません。
運休:ありません。

国際線:未発表
新設:未発表
増便:未発表
減便:未発表
運休:未発表

北九州-那覇線のみ5月31日までの発表で、6月以降は未発表です。

2020年 国内線サマーダイヤおよび運賃のお知らせ(SFJ公式サイトからのリンク)
https://ssl4.eir-parts.net/doc/9206/announcement/55509/00.pdf
ラベル:SFJ
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

ADO_夏 既存増便のみ

□ADO 夏ダイヤ発表、既存路線の増便のみ

AIR DO(ADO)は21日、2020年度上期運航計画(3月29日〜10月24日)を発表しました。

国内線:既存路線の増便のみ
新設:ありません。
増便:3月29日から新千歳-中部国際線を1日1往復増便します。 4月24日〜5月10日と6月26日〜10月24日に新千歳-東京国際線を週5往復期間増便します。
減便:ありません。
運休:ありません。

※国際線は未就航の航空会社です。

03/29
○ADO 新千歳 -中部国際( 1→ 2)

04/24〜5/10・6/26〜10/24
○ADO 新千歳 -東京国際(11+週2→12)

2020年度上期運航計画について(AIR DO公式サイト)
https://www.airdo.jp/corporate/release/2020/release-7854.html
ラベル:ADO
posted by johokotu at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

福岡_国内再編30日完了へ

■福岡空港 国内線ターミナル地域再編事業が30日に完了へ

国土交通省と福岡国際空港は17日、福岡空港国内線ターミナル地域で進めている再編事業を30日に完了すると発表しました。

国内線ターミナル地域再編事業は、平行誘導路の二重化と駐機場、国内線ターミナルの整備が進められているものです。30日に平行誘導路の全面的な二重化、駐機場の9番・10番の整備が完了するとしています。

これに合わせて、ターミナル側では、同じく30日に新しい9番・10番搭乗口の使用を開始。バスラウンジを北側から新たに整備した中央に移動するとしています。バスラウンジの搭乗口は41番-45番が廃止となり、81番と82番が使用開始となります。

国内線ターミナル内の改修は、バスラウンジ棟を中心に今後も続く予定で、今年夏ごろに商業施設をオープンする予定としています。

福岡空港国内線ターミナル地域再編事業について(国交省公式サイト)
http://ocab.mlit.go.jp/news/hotnews/newslog/202001/11526post_104.html
☆国内線バスラウンジ位置変更のご案内(福岡国際空港公式サイト)
https://www.fukuoka-airport.jp/uploads/2020/01/maposirase.pdf
ラベル:福岡空港
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | 福岡空港 | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

女満別_1月バス便時刻変更

■女満別空港 アクセスバス便時刻変更(2019年1月)

01/18
◎斜里バス・網走バス 知床エアポートライナー 女満別空港4番-ウトロ温泉バスターミナル(空港発0・空港行0→3・2)

01月18日:
夏冬恒例の知床方面への直行バスの運行開始です。途中停留所は、網走駅、網走バスターミナル、網走流氷砕氷船のりば(網走道の駅)、白鳥公園入口、斜里バスターミナル、ウトロ道の駅、ウトロ温泉バスターミナル。一部便はウトロ温泉各ホテルを巡回します。全3往復のうちウトロ発1便は網走駅止まりです。3月8日までの期間限定。ウトロ温泉バスターミナルまで約2時間13分3,300円。

女満別空港線のご案内(知床エアポートライナー)(斜里バス公式サイト)
http://www.sharibus.co.jp/r_memanbetu.html
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | 女満別空港 | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

千歳_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/千歳飛行場
日本空港情報館
千歳飛行場

top.jpg
千歳飛行場(千歳基地)入口

■飛行場の概要
北海道千歳市と苫小牧市にまたがる共用空港(旧・その他飛行場)です。
大正15年、千歳村民により開設した着陸場が前身。昭和14年に旧日本軍基地となり、終戦後は米軍基地を経て、昭和26年民間機が就航しました。昭和32年には航空自衛隊が移駐されて軍民共用飛行場となり、昭和63年に隣接地に新千歳空港が開港するまで、北海道の表玄関として活躍しました。
旅客ターミナルは平成4年まで使用され、その後も飛行場機能はそのまま残存。現在は航空自衛隊千歳基地としての機能がメインとなっていますが、新千歳空港に隣接する共用空港として扱われており、新千歳空港を離着陸する民間機が千歳飛行場のエリアに駐機されることも見られます。
令和2年1月現在、旅客ターミナルは撤去され、千歳空港発着としての定期旅客便の就航はありません。


■飛行場種別:共用空港(旧・その他飛行場)
■設置管理者:防衛省
■滑走路延長:(A)2700m/(B)3000m
■空港コード:===/====
■旅客ビル管理者:(旅客ビルなし)


■施設の見どころ:◎==== 大規模/新千歳空港に隣接する珍しい飛行場で、旅客機は基本使用しない共用空港になっています。旅客ターミナルはありません。
■見学者への対応:===== (旅客ターミナルはありません)
■売店の充実度:===== (旅客ターミナルはありません)
■アクセスの状況:◎==== 鉄道 無/バス 無/旧ターミナル地区はJR南千歳駅から徒歩20分ほど


※就航路線は令和2年1月、そのほかの情報は特記以外平成23年5月現在のものです。
01.jpg旧ターミナル地区(旅客ターミナル跡地 正面)
(写真は平成23年5月撮影)
千歳空港の東側、新千歳空港の北方に、旅客ターミナルがありました。このターミナルは平成4年の新千歳空港ターミナル移転に伴い閉館。平成7年に商業施設「千歳NEWS」となりましたが、3年で閉店となり、平成13年に解体されました。
現在、旅客ターミナル跡地は更地になっています。
02.jpg旧ターミナル地区(旅客ターミナル跡地 更地の様子)
(写真は平成23年5月撮影)
滑走路と旧前面道路との間に大きな更地が広がっています。

旧ターミナル地区へ公共交通機関を利用してアクセスする場合、新千歳空港のターミナル地区との間にある、エアカーゴ前バス停が最寄りとなります。徒歩15分ほどのところにあります(後述の南千歳駅まで徒歩約20分、新千歳空港国内線旅客ターミナルまでも徒歩30分ほど)。
03.jpg旧ターミナル地区(旅客ターミナル跡地 前面)
(写真は平成23年5月撮影)
旅客ターミナル跡地の前面道路はそのまま残っており、車いす乗降場のスロープなどが残存しています。
04.jpg格納庫群
(写真は平成23年5月撮影)
千歳飛行場エリアには自衛隊施設以外も整備されています。最も目立つのが3つの格納庫で、政府専用機格納庫、海上保安庁格納庫、日本航空格納庫が並んでいます。この周辺のスポットは民間向けにも運用されており、新千歳空港発着の飛行機が駐機されることがあります。
05.jpg旧ターミナル地区(駐車場跡地)
(写真は平成23年5月撮影)
駐車場跡地は舗装された空間がそのまま残っています。訪問した平成23年は新千歳空港旅客ターミナル改修工事の工事ヤードとして使われていました。
06.jpg地上アクセス施設(南千歳駅)
(写真は平成23年5月撮影)
千歳飛行場旧旅客エリアの北東には北海道旅客鉄道の南千歳駅があります。千歳線、石勝線、千歳空港線の3線が接続するこの駅は新千歳空港ができるまで千歳空港駅と称していました。
この駅から旅客ターミナルの間には長い連絡橋が接続していましたが、旅客ターミナル取り壊しに伴い、連絡橋も撤去されています。現在、駅から旧旅客エリア付近へ向かい、国道36号線を越える連絡歩道橋がありますが、実はこれが旧連絡橋で、旧旅客エリアとの境目で切断されています。
旧ターミナル地区から目の前に見えますが連絡橋が分断されているため、徒歩でアクセスする場合、南側へ大回りして約20分かかります。
07.jpg周辺見所施設(空港公園)
(写真は平成23年5月撮影)
南千歳駅の東側には空港公園があります。園内には千歳飛行場・新千歳空港の歴史に関する案内板や、村民顕彰の碑、北海1号機、酒井憲次郎操縦士のモニュメントが設置されています。
この公園は柏台公園と言われており、平成20年に空港公園として再整備されたものです。設置されているモニュメント類は、元々新千歳空港構内に平成7年に設置された空港公園にあったもの。新千歳空港の新国際線ターミナル工事に伴い平成19年に同公園が廃止されたため、千歳市が移設しています。

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線なし)
就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
-

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■千歳飛行場についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
-
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※千歳飛行場の公式サイトではありません。

開設月日 2011.06.06
初調査日 2011.05.28
前調査日 2011.05.28
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新千歳空港/千歳飛行場 | 更新情報をチェックする

成田_TYO-NRT詳細発表

■成田国際空港(成田空港) エアポートバス成田・東京の詳細発表

京成バス、ジェイアールバス関東、ビィー・トランセホールディングスの3社は15日、2月1日に各社の路線を統合して誕生するAIRPORT BUS『TYO-NRT』(エアポートバス東京・成田)の運行ダイヤを発表し、予約受付を開始しました。

エアポートバス東京・成田は、京成バスとジェイアールバス関東が運行している東京シャトルと、ビィー・トランセホールディングスが運行しているTHEアクセス成田を統合するもの。運行便数は、現在255便(東京シャトル113便、THEアクセス成田142便)から284便に拡大します。東京駅発着はほぼ全時間帯にわたり、10分間隔化されます。
予約可能便は、東京側発133便中37便のみに限定。昼間時20分間隔で設定されており、ほぼ全便が予約不可能便と同時刻続行運行となる予定です。

今回発表された運行ダイヤによりますと、統合は、二種類のバスを大きく再編することなく統合した印象です。
銀座駅、東京駅での乗降場所統一は実現しましたが、発着地が増えて分かりにくさが増加した上、予約可能便は限定、トイレ有車両とトイレ無車両が大幅に混在するなど、サービス品質はバラバラのままとなる模様です(予約可能便は基本トイレ付)。

TYO-NRT│エアポートバス東京・成田公式サイト
https://tyo-nrt.com/
posted by johokotu at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 成田国際空港(成田空港) | 更新情報をチェックする

道7空港_ビル民間委託開始

■北海道七空港 ビル事業の民間委託を開始

北海道エアポートは15日、北海道七空港(稚内、旭川、女満別、釧路、帯広、新千歳、函館)の旅客ターミナルビル、貨物ターミナルを運営する八社を完全子会社化、八社を通じてビル施設等事業を開始したと発表しました。

北海道エアポートの完全子会社となったのは、稚内空港ビル、旭川空港ビル、女満別空港ビル、釧路空港ビル、帯広空港ターミナルビル、新千歳空港ターミナルビルディング、札幌国際エアカーゴターミナルビル、函館空港ビルデングの八社。1月に各社を完全子会社化し、15日付で、八社を通じたビル施設等事業を開始したとしています。

空港全体の民間委託は、6月以降、来年3月までに順次スタートする予定です。

北海道内7空港特定運営事業等 ビル施設等事業開始について(北海道エアポート公式サイト)
https://www.hokkaido-airports.co.jp/pdf/press_20200115.pdf
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■北海道地方(礼文・その他) | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

佐渡_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/佐渡空港
日本空港情報館
佐渡空港

sadotop.jpg
佐渡空港

■飛行場の概要
新潟県佐渡市にある地方管理空港(旧第3種空港)です。
昭和46年に県営空港として開港しました。日本人が気軽に行ける最大の離島である佐渡島の玄関空港ですが、滑走路が短く就航できる機種が限られるため、非常に小さな空港です。
過去複数の航空会社が代わる代わる新潟路線を運航していますが、なかなか定着していません。令和2年1月現在、定期運航路線はありません。


■飛行場種別:地方管理空港(旧第3種空港)
■設置管理者:新潟県
■滑走路延長:890m
■空港コード:SDS/RJSD
■旅客ビル管理者:新潟県


■施設の見どころ:◎==== 小規模/平屋建ての小さなターミナルです。
■見学者への対応:◎==== ターミナルパンフ 無/空港案内所 無/展望デッキ 無/ファン向け展示 若干有
■売店の充実度:===== 売店・飲食店はありません。
■アクセスの状況:◎==== 鉄道 無(島内に無)/バス 無(最寄バス停(秋津)から徒歩10分ほど)/平成23年9月よりレンタカー取扱開始


※就航路線は令和2年1月、そのほかの情報は特記以外平成24年9月現在のものです。
01.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は平成24年9月撮影)
平屋1階建て。駐機方式はフロンタル方式、動線方式は1層方式です。ボーディングブリッジはなく、全便地上搭乗になります。
外見は白壁のシンプルなデザインで、内装も白壁中心です。ぱっと見は、地域の公民館といった感じです。館内のサインはほとんどなく、トイレなどで見られる程度です。
車で10分ほどのところにある両津港(新潟港との間を結ぶ佐渡汽船が就航)が非常に立派な建物で、新潟との間の行き来はそちらが主流の様子です。
03.jpgターミナル前面
(写真は平成24年9月撮影)
出入口付近に小さな庇が飛び出た前面です。建物の出入口は1口のみ。
歩道はなく、接続する道路にはタクシーのりばとレンタカーのりばが設けられています。

※平成23年07月01日:佐渡空港乗合タクシー 運行開始
※平成26年04月01日:佐渡空港乗合タクシー 航空便運休に伴い終了
※事前予約制の佐渡空港乗合タクシーは、空港発は両津港、新穂小学校前、佐渡市役所の3方向に、空港行は両津港から運行されていました(空港行は航空便ダイヤに合わせた日中便に加え、新潟からの復路を船便にした駐車場利用者用に夜間便も運行)。
02.jpgロビー
(写真は平成24年9月撮影)
館内はほぼ全域がロビーとなっています。すべてがコンパクトにまとまったロビーで、ランド側から見て中央にチェックインカウンタ、左に待合スペースと出発口があります。
06.jpgチェックインカウンタ
(写真は平成24年9月撮影)
1階中央部に新日本航空(NJA)のカウンタとニッポンレンタカーのカウンタが並んでいます。
※平成23年07月29日:NJAカウンタ新設
※平成26年04月01日:NJA 無期限運休
05.jpg出発口
(写真は平成24年9月撮影)
1階中央部に簡易型の出発口があります。搭乗待合室はありません。
搭乗直前に入口で搭乗者のセキュリティチェックが行われます。常設の検査機器はなく、ハンド式チェック器で実施されます。ライフジャケットの着用方法などはここで確認となります。
搭乗口付近には搭乗案内掲示はありません。
04.jpg待合コーナー
(写真は平成24年9月撮影)
1階ランド側から見て左奥に待合コーナーがあります。
拡張整備計画や日本の離島空港に関する展示があります。
07.jpgターミナル外観(滑走路側)
(写真は平成24年9月撮影)
空港のすぐ脇はフェンスが続き、滑走路側の様子も窺えます。
sado03.jpg展望デッキ?
(写真は平成19年8月撮影)
ターミナルの展望デッキはありませんが、空港周辺は何もないので、ご覧の通り空港の様子を一望できます。
08.jpg陸上アクセス施設(駐車場)
(写真は平成24年9月撮影)
ターミナル前には27台分の無料駐車場があります。
館内にニッポンレンタカーカウンタがあります。

※平成23年09月23日:ニッポンレンタカーカウンタ 新設
sado04.jpgモニュメント
(平成19年8月の情報)
モニュメント、はありませんが、平成19年に訪れた際には、空港前には何やらたくさんののぼりが。
近づいてみると、「羽田までなんと55分」「がんばろう新佐渡空路」と書かれています。佐渡市が、滑走路延長or空港新設によるジェット化、新航空路開設を目指しており、佐渡新航空路開設促進協議会が市とともにのぼりを立てていました。

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 定期就航路線はありません
*1:不定期乗合便
*2:特定曜日のみの運航


就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成23年07月29日:NJA*1新潟 就航
※平成24年02月09日:NJA*1新潟 運休
※平成24年04月06日:NJA*1新潟 就航
※平成25年02月27日:NJA*1新潟 運休(整備運休)
※平成25年08月28日:NJA*1*2新潟 就航
※平成26年01月09日:NJA*1*2新潟 運休(機体調整運休)
※平成26年04月01日:NJA*1*2新潟 運休(機体調整運休のまま無期限運休)

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■佐渡空港についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
佐渡空港(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)
新潟県佐渡地域振興局地域整備部の公式サイト◎(佐渡空港紹介ページあり)
佐渡新航空路開設促進協議会の公式サイト△

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※佐渡空港の公式サイトではありません。

開設月日 2009.04.27
初調査日 2007.08.28
前調査日 2012.09.30

福岡_国内線も利用料徴収へ

■福岡空港 国内線利用時にも旅客取扱施設利用料を徴収へ

福岡空港の運営を受託している福岡国際空港は14日、3月29日から国内線利用の際にも旅客取扱施設利用料(PSFC)の徴収を開始すると発表しました。

福岡国際空港が発表したのは、福岡空港国内線利用時のPSFCの徴収開始。
3月29日搭乗分より徴収するとしており、出発及び到着旅客、それぞれ1人当たり大人110円・小人50円が徴収されます。

福岡空港では、既に国際線利用時にはPSFCを徴収しています。

※正式な値段・条件は、公式サイトにて各自ご確認ください。

福岡空港国内線旅客取扱施設利用料(PSFC)の導入について(福岡国際空港公式サイト)
https://www.fukuoka-airport.jp/uploads/2020/01/20200114.pdf
ラベル:福岡空港 PSFC
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | 福岡空港 | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

福井_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/福井空港
日本空港情報館
福井空港

top.jpg
福井空港

■飛行場の概要
福井県坂井市春江町地区にある地方管理空港(旧第3種空港)です。
福井市中心部から10キロ弱北方に位置する街の中の空港です。昭和41年に開港し、東京国際線の定期旅客便が就航しましたが、小松飛行場のジェット化の影響で利用者が激減し、昭和51年には定期旅客便が廃止になっています。県の防災基地として機能しているほか、学生グライダーのメッカとして練習する姿が見られます。
拡張を検討した時期もありましたが、現在は計画を中止。平成18年には大阪航空局出張所が閉所され、管制業務も中部国際空港からの遠隔管制に移行されています。
令和2年1月現在、定期便はありませんが、営業時間中は旅客ビルに自由に入れます。


■飛行場種別:地方管理空港(旧第3種空港)
■設置管理者:福井県
■滑走路延長:1200m
■空港コード:FKJ/RJNF
■旅客ビル管理者:福井県


■施設の見どころ:◎==== 小規模/一昔前の学校の校舎のような外観で、静かなターミナルです。デッキはベランダを利用したものになっています。
■見学者への対応:◎◎=== ターミナルパンフ 有(A2版二つ折り)/空港案内所 無/展望デッキ 無料/ファン向け展示 有(福井空港に関する新聞記事の切り抜きや航空関連雑誌などの閲覧コーナー 有)
■売店の充実度:===== 売店0店・飲食店0店/空港周囲は福井市の郊外消費地域に当たり、スーパーなどが数件見られます。
■アクセスの状況:===== 鉄道 無/バス 無/最寄駅は、えちぜん鉄道三国芦原線西春江ハートピア駅と西日本旅客鉄道北陸本線春江駅で、いずれも徒歩20分ほどです。


※就航路線は令和2年1月、そのほかの情報は平成20年10月現在のものです。
01.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は平成20年10月撮影)
開港に合わせて完成したターミナルビルです。
地上2階建。駐機方式はフロンタル方式、動線方式は1層方式です。ボーディングブリッジはなく、全便地上搭乗になります。2階に展望デッキがある以外は、旅客設備はすべて1階に集中しています。館内にサインはほとんどありません。
英語表記したときに汚い言葉になるらしく、イギリスの新聞インデペンデント紙が発表した「世界の最もおもろい空港名(World's funniest airport names)」の「最も下品な空港名(The rudest (warning - language may offend): )」で世界ワースト1位を獲得しています。
02.jpgターミナル前面
(写真は平成20年10月撮影)
ターミナルからやや庇が飛び出ただけの前面で、旅客用の正面出入口は1か所です。
バスのりばは正面に1か所ありましたが、平成22年に廃止されています。

※平成22年10月01日:28系統運転者教育センター線福井駅前行(京福バス) 運休
03.jpgロビー
(写真は平成20年10月撮影)
1階はロビーになっていて、搭乗口にあたる部分は、ガラス扉があります。エプロンに向いて椅子が並べられており、離着陸状況などを示す掲示や雑誌ラック、モデルプレーン展示などがあります。雑誌ラックには、航空関係雑誌や福井空港に関する新聞の切り抜きなどが多数置かれ、自由に閲覧できるようになっています。
05.jpg展望デッキ
(写真は平成20年10月撮影)
2階ベランダ部分が展望デッキとして解放されています。入場無料。庇もあります。
柵は低く、見学はしやすいです。
06.jpg展望デッキからのながめ
(写真は平成20年10月撮影)
ターミナルビルは滑走路の西側に位置しており、正面は福井平野、遠景には両白山地の山々の風景が広がります。午後が順光条件です。
学生グライダーのメッカとして知られ、固定翼・回転翼を合わせたのと同程度の離着陸回数があります。見学に行った日も空港周辺では多数のグライダーが悠然と飛んでいました。
ターミナルビルは滑走路のちょうど中央付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はやや斜め気味の撮影になることが多いようです。
07.jpg陸上アクセス施設(駐車場)
(写真は平成20年10月撮影)
ターミナルの前に無料駐車場があります。
レンタカー各社は周辺にはありません。
08.jpgモニュメント
(写真は平成20年10月撮影)
モニュメントはありませんが、空港入口には「空港です」と言わんばかりの立派に空港名が掲げられています。
奥に見えるプレハブは日本学生航空連盟グライダー訓練所の建物です。

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線なし)

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■福井空港についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
福井空港振興協議会の公式サイト◎
福井空港(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)
福井県の公式サイト◎(土木部港湾空港課の項目内に福井空港紹介ページあり)

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※福井空港の公式サイトではありません。

開設月日 2009.03.29
初調査日 2008.10.13
前調査日 2008.10.13

福岡_1月バス便時刻変更

■福岡空港 アクセスバス便時刻変更(2020年1月)

01/14
×西鉄バス北九州 福岡空港(国内線北 15番)-高速千代ニュータウン-砂津(12→ 0)


01月14日:
国内線発着の小倉方面が1月13日の運行をもって廃止されます(国際線発着は残存)。

高速バス「小倉〜福岡空港線」運行終了について(西日本鉄道公式サイト)
http://www.nishitetsu.co.jp/release/2019/19_126.pdf
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | 福岡空港 | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

八尾_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/八尾空港
日本空港情報館
八尾空港

top.jpg
八尾空港

■飛行場の概要
大阪府八尾市にある拠点空港(旧第2種空港)。大阪平野東部の中河内、生駒山地を望む場所に位置します。住所は八尾市空港です。
定期旅客路線は就航していませんが、滑走路を2本持ち、日本最大の小型飛行機拠点となっています。昭和9年に民間のパイロット養成飛行場として開港。旧陸軍飛行場、米軍基地を経たのち、昭和36年に第2種空港になっています。陸上自衛隊との共用空港です。
令和2年1月現在、定期運航路線は就航していません。


■飛行場種別:国管理空港(旧第2種空港)※
■設置管理者:国土交通大臣
■滑走路延長:(A)1490m/(B)1200m
■空港コード:===/RJOY
■旅客ビル管理者:(旅客ビルなし)
※空港法施行令附則(平成二〇年六月一八日政令第一九七号)第二項に規定される経過措置により、当分の間、空港法第四条第一項第五号に掲げる空港(=国管理空港)とみなしている空港。


■施設の見どころ:===== (旅客ビルなし)中規模/定期便はなく旅客ビルはありません。エプロン前面に各社の建物が並んでおり、不定期便・チャーター便は各運航会社の建物を利用します。
■見学者への対応:===== (旅客ビルなし)旅客ビルはありません。空港内にファン向けの展示などはありません。
■売店の充実度:===== (旅客ビルなし)旅客ビルはありません。
■アクセスの状況:◎◎◎◎= 鉄道 有/バス 有(八尾空港前バス停)/Osaka Metro谷町線八尾南駅から空港入口まで徒歩5分ほどで、アクセスは抜群です。


※就航路線は令和2年1月、そのほかの情報は特記以外平成24年11月現在のものです。
SKYVIEW
Yao000a.jpg Yao000b.jpg
大分→大阪国際(伊丹)便の左窓席から撮影(平成30年8月)。空港東側上空から西に向かって写したもの。写真の右側が北です。二本の滑走路があるのが最大の特徴ですが、空港区域の西半分のみ写っています(B滑走路は写真の下側、写っていない範囲にあります)。
八尾空港は大阪府東部の住宅地が立ち並ぶ地域にある空港です。周囲には鉄道や道路も多数走っており、南側(写真左側)には奈良県から大阪府へ下る大和川が流れます。空港区域西側には跡地が広がっているのも見て取れ、跡地の一部は大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)の車庫も整備されています。

01.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は平成21年3月撮影・旅客ターミナルはありません)
写真は管制塔がある国土交通省大阪航空局八尾空港事務所棟です。
駐機方式はフロンタル方式です。エプロンはA滑走路に面した南側とB滑走路に面した北側、B滑走路に面し自衛隊用エプロンがあります。南北各エプロンのランド側に航空会社各社の建物があります。
03.jpg送迎デッキ?
(写真は平成21年3月撮影)
ターミナル地区中央部に芝生広場があり、市民の憩いの場になっています。立入禁止の立札が多数立っていますが、広場には自由に入ることができます。
A滑走路側のエプロンに面していますが、柵は2メートル弱の金網で、大きなカメラでの撮影は不向きです。
04.jpg送迎デッキ?からのながめ
(写真は平成21年3月撮影)
芝生広場から見た滑走路の様子。芝生正面にはA滑走路があり、正面には八尾市南部の住宅地が広がります。芝生広場は滑走路のA滑走路の北側にあり、終日逆光条件です。
B滑走路は、ターミナル地域の一番東奥、滑走路が交差する付近の構内道路の行き止まりで眺めることができます。こちらは正面に陸上自衛隊施設が見え、滑走路の向こうには柏原市方面の住宅地が広がり、その奥に生駒山地がそびえます。
A、B滑走路とも滑走路のちょうど中央付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はやや斜め気味の撮影になることが多いようです。
八尾空港上空は、伊丹空港へ南側から着陸する飛行機の進入ルートに当たっており、やや低空で飛行する飛行機が次から次へとやってきます。
05.jpg地上アクセス施設(駐車場)
(写真は平成21年3月撮影)
ターミナル地区中央部に無料駐車場があります。区画の半分は未舗装です。
レンタカー各社は空港周辺にありません。

八尾空港前バス停が空港入口付近にあります。
■北行のりば 70番・73番近鉄八尾駅前行、71番南太子堂行(近鉄バス)
■南行のりば 70番・71番藤井寺駅行、73番八尾南駅前行(近鉄バス)

※平成28年06月01日:08番久宝寺駅行、09番八尾南駅前行(近鉄バス) 運休
※平成29年04月01日:09番久宝寺駅行(クラフトパーク経由)、08番八尾南駅前行(近鉄バス) 運休(3/25最終運行)
Yao015.jpg鉄道アクセス施設(八尾南駅)
(写真は平成24年11月撮影)
空港入口から300メートルほど西側にOsaka Metro谷町線の八尾南駅があり、隣接して八尾車庫が設置されています。駅番号はT36です。
この駅は、かつての飛行場区域に整備されています。ちょうど同線南側、駅前広場付近にも見られる水路より駅側(北側)は飛行場区域でした。昭和30年代頃以降、民間機が飛ぶ飛行場としてエプロン等に使われていた際には、飛行場領域は、駅よりも北側、後述の西側跡地付近まで縮小されていました。
ちなみに、Osaka Metroは平成30年まで大阪市の運営でしたが、この駅は大阪市ではなく、八尾市に位置する珍しい存在です(すぐ西側が大阪市域)。

※平成30年04月01日:大阪市交通局から大阪市高速電気軌道に変更
yao10.jpg西側跡地
(写真は平成24年11月撮影)
八尾南駅北側には、西側跡地が広がっています。昭和59年まで旧エプロン地区だったところで、更地のまま残っており、建物跡などが点在しています。(写真の左側が地下鉄線路、右側が更地)
この旧エプロン部分と、現在も引き続き使用している滑走路との間には誘導路がありました。この誘導路跡地に当たる部分が、現在の空港入口の細長い区画になっています(トップ写真の道路周辺)。
02.jpgかつてあった見どころ(総合ビル)
(写真は平成21年3月撮影)
空港事務所棟横に総合ビルがありました。旅客ターミナルではなく事務所棟。昭和59年に完成したビルで、当時大阪国際空港の旅客ターミナルビルを運営していた大阪国際空港ターミナルが管理していました。平成23年末に解体されています。

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線なし)
就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
-

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■八尾空港についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
八尾空港(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※八尾空港の公式サイトではありません。

開設月日 2009.03.29
初調査日 2009.03.21
前調査日 2012.11.23

2020年01月12日

混雑5空港_18社使用を許可

■混雑空港5空港 18社の使用を許可、新規はWAJの福岡

国土交通省(国交省)は10日、本邦航空運送事業者18社から申請が出ていた、混雑空港を使用して運航を行うことの許可申請について、同日付けで許可したと発表しました。

国交省が許可したのは、成田国際空港(成田空港)、東京国際空港(羽田空港)、関西国際空港(関空)、大阪国際空港(伊丹空港)、福岡空港の混雑空港5空港に関する混雑空港運航許可。本邦航空運送事業者18社から出されていた申請をすべて許可しています。許可の有効期間は、2月1日から5年間となります。
現在の許可は令和2年1月31日で期限となるため、改めての許可の申請を受け付けていたものに加え、エアアジア・ジャパン(WAJ)が新規に福岡空港使用を申請し許可されています。

5空港全空港で許可されたのは、日本航空、全日本空輸、ANAウイングスの3社。4空港で許可されたのが、ジェイエア。日本トランスオーシャン航空(JTA)、スカイマーク、スターフライヤー、Peach Aviation、ジェットスター・ジャパン、アイベックスエアラインズの6社が3空港で許可。日本エアコミューターと天草エアラインが伊丹、福岡の2空港、春秋航空日本(SJO)が成田、AIRDOとソラシドエアが羽田、フジドリームエアラインズ(FDA)、オリエンタルエアブリッジ、WAJが福岡でそれぞれ許可されています。

新規の申請はWAJの福岡のみですが、新規就航の公式発表はまだない状況です。
過去就航があったり、就航検討の噂があったりする航空会社として、JTAの伊丹、SJOの関空、FDAやWAJの成田などの申請は無く、格安航空会社が羽田や伊丹への参入も目指す動きもありませんでした。

混雑空港を使用して運航を行うことの許可(国交省公式サイト)
https://www.mlit.go.jp/report/press/kouku04_hh_000210.html
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

屋久島_延伸計画意見募集開始

■屋久島空港 滑走路延伸の基本計画案への意見募集開始

鹿児島県と屋久島町で組織している屋久島空港滑走路延伸協議会は10日、屋久島空港の滑走路延伸に係る基本計画(案)等に対する意見募集を開始しました。

今回の募集は、PI(パブリック・インボルブメント)事業の一環として実施されるもの。屋久島空港の滑走路延伸について、事業化に向けた取組を進めるか否かを判断するために行われる、計画の第一段階となります。
意見募集は、同日から2月28日まで、郵送、屋久島町役場本庁などに設置される意見回収箱への投函またはWEBで実施しており、27日と28日には屋久島島内3か所で説明会も行う予定。10日には、PI用パンフレットの配布・公開も開始されています。

基本計画案によりますと、今回の計画はジェット機が離着陸可能な滑走路長2,000メートルへの延伸を目指して行っているとしています。具体的には北側へ約180メートル、南側へ約320メートルを延伸。現在のエプロンの南側に新設エプロンを増設し、ターミナルビル地区も南側に移設する計画になっています。
滑走路延伸により、関東-屋久島間の直行便就航を想定しているほか、無線施設等の整備による既存路線の欠航減を見込んでいます。総事業費は約150億円の見込みで、費用対効果は1.49であるとしています。

屋久島空港の滑走路は、昭和51年に1,500メートルに延伸して以降、43年間同延長での運用が続いています。徐々に大型化する航空機に対応するため、平成16年に強度変更を施していますが、ジェット機材就航には制約が大きい状況です。そんな中、屋久島は世界自然遺産指定後に観光客が急増していて、平成21年に大阪路線が近隣の種子島から付け変わりで就航、平成23年には福岡線が就航しており、離島空港では珍しく増加基調の空港となっています。
一方で、近隣の種子島空港では、平成18年に新空港移転で滑走路2,000メートル化を実現していますが、ジェット化はすぐに実現せず、路線数減少や機材大型化(1便当たりの供給量増加)に起因する減便も行われています。約3万人が住む種子島でその状況であるのに対し、屋久島の人口は約1万3千人ほど。観光客が増えているとは言え、滑走路を延伸することで、種子島のように結果として利便性が低下しないかは注目すべき点となっています。

奄美群島の各空港は、滑走路長は、種子島、奄美(奄美大島)、徳之島が2,000メートル、喜界と与論が1,200メートル、沖永良部が1,350メートル。奄美以外は関東との直行便はなく、大阪との直行便も奄美と屋久島のみ(種子島は繁忙期等に就航有)となっています。

滑走路延伸に係る基本計画(案)等への意見募集について(鹿児島県公式サイト)
http://www.pref.kagoshima.jp/ah09/kihonkeikakuan.html
ラベル:屋久島空港
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | 屋久島空港 | 更新情報をチェックする

岡南_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/岡南飛行場
日本空港情報館
岡南飛行場

KonanTOP.jpg
岡南飛行場

■飛行場の概要
岡山県岡山市にあるその他の空港(旧その他飛行場)です。
昭和37年10月に岡山空港として開港しました。岡山市南部の児島湖に面した飛行場です。
かつては、岡山の空の玄関として東京国際線などが就航していた時期もありましたが、昭和60年、すべての定期路線が、新しく開港した岡山空港に移転しました。ゼネラルアビエーション空港(小型航空機の拠点飛行場)第1号として、小型機による不定期航空輸送などが行われています。令和2年1月現在、定期運航路線は就航していません。


■飛行場種別:その他の空港(旧その他飛行場)
■設置管理者:岡山県
■滑走路延長:1200m
■空港コード:---/RJBK
■旅客ビル管理者:(旅客ビルなし)


■施設の見どころ:◎====(旅客ターミナルはありません) 小規模/ターミナルは完全に事務所です。
■見学者への対応:◎◎===(旅客ターミナルはありません) 案内所 無/ターミナルパンフ 無/展望デッキ 無料(空港事務所棟内)/ファン向け展示 有/館内は航空ファンをターゲットにしたスタンプや説明書が多く見られます。パンフレットは空港全体のものが配布されています。
■売店の充実度:=====(旅客ターミナルはありません) 売店0店・飲食店0店。
■アクセスの状況:◎◎=== 鉄道 無/バス 有/岡山駅から路線バスが運行されています。


※就航路線は令和2年1月、そのほかの情報は特記以外平成19年11月現在のものです。
Konan001.jpg管理事務所の特徴
(写真は平成29年3月撮影)
※旅客ターミナルはありません
平成16年12月に完成した管理事務所です。駐機方式はフロンタル方式、動線方式は1層方式です。飛行機に搭乗する際は、運航する航空会社の事務所・格納庫を経由することが多いため、管理事務所は一般利用者のうち見学者用といった感じです。岡山空港ターミナルの事務所が管理事務所の横にあります。
一般利用者の入れるスペースは、一階の休憩スペースと屋上の展望デッキのみです。
Konan002.jpgロータリー
(写真は平成29年3月撮影)
飛行場敷地内には、バス用に交通広場(ロータリー)が設けられています。

バスのりばは1か所で路線バスが運行されています。(昼間20分に1本程度の運行、岡山駅まで約40分)
■のりば 41系統岡山駅前行(特急あり・NTT前経由あり)、62系統岡山駅前行(南ふれあいセンター経由)=岡電バス
Konan005.jpg展示コーナー
(写真は平成29年3月撮影)
※旅客ターミナルはありません
管理事務所1階入口わきのロビーは展示コーナーとなっています。空港の歴史を写真展示しています。
Konan003.jpg展望デッキ
(写真は平成29年3月撮影)
屋上に設置されています。無料。屋根はありません。
フェンスは低いです。
Konan004.jpg展望デッキからのながめ
(写真は平成29年3月撮影)
正面は児島湖が広がっています。その向こうに玉野市の山々が見られます。エプロンの北側に位置しており、ほぼ終日逆光条件です。
管理事務所は滑走路の端付近に設置されています。ただし、飛んでいる飛行機が小さいため、それほど遠くならない位置で離陸の瞬間を撮影出来そうです。
Konan006.jpg地上アクセス施設(駐車場)
(写真は平成29年3月撮影)
管理事務所正面に無料駐車場が用意されています。駐輪場併設。
レンタカー各社は周辺にはありません。レンタカーカウンタもなく、送迎も期待できません。
Konan008.jpg公園
(写真は平成29年3月撮影)
飛行場区画の一角にグラウンドのある公園があります。早咲き桜がきれいです。

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線なし)
就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
-

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■岡南飛行場についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
岡南飛行場(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※岡南飛行場の公式サイトではありません。

開設月日 2009.03.29
初調査日 2007.11.21
前調査日 2017.03.03
posted by johokotu at 12:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ■中国四国地方(岡南・その他) | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

小値賀_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/小値賀空港
日本空港情報館
小値賀空港

top.jpg
小値賀空港

■飛行場の概要
長崎県北松浦郡小値賀町にある地方管理空港(旧第3種空港)です。
長崎県北西部、五島列島北部に位置する小値賀島にある離島空港。島南東部の海沿いにある空港です。
かつてはオリエンタルエアブリッジにより定期便として長崎線が運航されていましたが平成18年に廃止されています。その後、平成25年までは年末年始、ゴールデンウィーク、夏期の年3回(平成25年は7月から半年間、毎週土日に定期的に運航)、小値賀町が補助金を出し格安チャーター便(福岡線)が運航されていました。令和2年1月現在、定期就航路線はありません。


■飛行場種別:地方管理空港(旧第3種空港)
■設置管理者:長崎県
■滑走路延長:800m
■空港コード:===/RJDO
■旅客ビル管理者:小値賀町(平成18年1月まで小値賀空港ターミナルビル)


■施設の見どころ:◎==== 小規模/シンプルなデザインのビルは目を引きます。運航がない日は建物内部には立入できません。
■見学者への対応:=====(平成21年9月現在通常時は立入禁止) 定期便未就航でターミナル内に入れなかったため不明。
■売店の充実度:=====(平成21年9月現在通常時は立入禁止) 定期便未就航でターミナル内に入れなかったため不明。
■アクセスの状況:===== 鉄道 無/バス 無(路線バスは徒歩30分ほどの所に空港入口バス停有)/島中心部から自転車で20分ほど


※就航路線は令和2年1月、そのほかの情報は特記以外平成21年8月現在のものです。
01.jpg旅客ターミナルの特徴
開港に合わせて完成したターミナルビルです。楕円形でレンガ調の珍しいデザインで、中央の小窓にはステンドグラスを配するなど、見ごたえのある外観です。
地上2階建。駐機方式はフロンタル方式、動線方式は1層方式です。ボーディングブリッジはなく、全便地上搭乗になります。館内のサインは不明。運航がない日は建物内部には入れません。
02.jpgターミナル前面
広い歩道がある前面です。建物の出入口は1口で、正面はスロープになっています。
バスのりばは1か所でバスポールが立っていますが、平成31年1月現在、バスは路線短縮されており乗り入れていません。(徒歩30分ほどの所に空港入口バス停あり。)
03.jpgロビー
正面入口から覗いた様子。
ランド側から見て左側にカウンタがあり、正面に出発口・到着口があります。搭乗待合室はない模様で、おそらく手持ち式の金属探知器による検査であると思われます。
04.jpg送迎デッキ
屋上が送迎デッキとして開放されており、建物正面に外付けされている階段でアクセスできます。入場無料。定期就航路線がない現在も開放されています。
柵は低く、非常に見やすい環境です。
05.jpg送迎デッキからのながめ
正面には海の向こうに野崎島を眺められます。
ターミナルビルは滑走路のちょうど中央付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はやや斜め気味の撮影になることが多いようです。
06.jpg地上アクセス施設(駐車場)
ターミナルの前に無料駐車場があります。
07.jpgSEA VIEW
小値賀島南東側海上を航行する船上から撮影。
小値賀空港は、島東部の殿崎鼻付近で海に面しています。海岸沿いには大きく植栽で「おぢか空港」と書いてPRしています。
空港周囲は西側の一部を除くほぼ全域で車道がぐるり囲まれていて、良好な撮影スポットとなっています。写真の海岸沿いにも行くことができますが、肝心の飛行機が定期便は飛んでいません。

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線なし)
*1:小値賀町手配、エス・ジー・シー佐賀航空による運航の定期的チャーター便

就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成25年07月20日:SGC*1福岡 就航
※平成26年01月06日:SGC*1福岡 運休(1/5最終運航)

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■小値賀空港についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
小値賀空港(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※小値賀空港の公式サイトではありません。

開設月日 2009.09.12
初調査日 2009.08.10
前調査日 2009.08.10

道4空港_予約制バス開始

■北海道四空港 ひがし北海道予約制バスの運行を開始

ひがし北海道自然美への道DMOは10日、冬のひがし北海道エクスプレスバスの運行を開始します。多くの路線は1月25日〜3月8日の運行となる予定です。

運行開始となるバスは、いずれも道東を中心とした観光地に経由する予約制バス。特定の宿泊施設利用者限定で、かつ事前予約が必要ですが、雪道運転が不安な冬期の北海道を移動するのに便利なバスとなっています。
昨年までは、冬のひがし北海道バス、ひがし北海道周遊バス、ひがし北海道エクスプレスバスなどと分かれていましたが、今年は、ひがし北海道エクスプレスバスに統一されています。路線数が昨年よりさらに減少しており、空港経由便も減少しています。

全12路線のうち5路線が北海道4空港(女満別、中標津、釧路、帯広)のいずれかを経由して運行されます。路線によって、空港での乗降が乗車のみ、下車のみとなる場合があります。
道東・道北エリア宿泊施設利用者限定です。

※いずれも特定宿泊施設利用者限定・予約制バスですので、空港概要ページには反映させません。

空港を経由する路線=全12路線中5路線が空港経由
01/10-03/08
9号 ウトロ温泉各ホテル→阿寒湖温泉→女満別空港→JR網走駅

01/25-02/29
11号 阿寒湖温泉各ホテル→釧路空港→大津海岸ジュエリーアイス→帯広空港→帯広駅南口
12号 帯広駅南口→大津海岸ジュエリーアイス→釧路空港→阿寒湖温泉各ホテル

01/25-03/08
5号 ウトロ温泉各ホテル→中標津バスターミナル→中標津空港(2時間停車)→標津バスターミナル→ウトロ温泉ホテル
6号 阿寒湖温泉各ホテル→野付半島ネイチャーセンター→中標津空港→川湯温泉各ホテル→阿寒湖温泉各ホテル

※いずれの路線も道東・道北エリアに宿泊が条件、事前予約制

ひがし北海道エクスプレスバス冬 2020(ひがし北海道自然美への道DMO公式サイト)
https://easthokkaido.com/expressbus_winter/
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■北海道地方(礼文・その他) | 更新情報をチェックする