2020年01月09日

上五島_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/上五島空港
日本空港情報館
上五島空港

top.jpg
上五島空港

■飛行場の概要
長崎県上五島市有川町地区にある地方管理空港(旧第3種空港)です。
長崎県北西部、五島列島にある離島空港。五島列島最北に位置する中通島に隣接した頭ヶ島にあります。島の山頂部分を切り崩して造成、昭和56年に開港しました。 島の最高部付近に位置することもあって風が強いため運航するのが難しいことで知られています。
平成24年9月に、空港区域を含めた周辺地域が、重要文化的景観「新上五島町崎浦の五島石集落景観」に定められています。
平成27年から、特定日に頭ヶ島天主堂へのパーク&ライドの拠点となり、平成30年4月からはパーク&ライドが完全実施されています。
かつてはオリエンタルエアブリッジにより長崎線が運航されていましたが、平成18年に廃止されています。令和2年1月現在、定期就航路線はありません。


■飛行場種別:地方管理空港(旧第3種空港)
■設置管理者:長崎県
■滑走路延長:800m
■空港コード:===/RJDK
■旅客ビル管理者:新上五島町(平成18年1月まで上五島空港ターミナルビル)


■施設の見どころ:◎==== 小規模/教会風の独特なビルは目を引きます。通常時建物内部には立入できません。
■見学者への対応:===== 平成21年9月当時ターミナル内に入れなかったため不明。
■売店の充実度:===== 平成21年9月当時ターミナル内に入れなかったため不明。
■アクセスの状況:◎==== 鉄道 無/バス 無(路線バスは徒歩10分ほどの所に頭ヶ島バス停有)/隣接する中通島の中心部有川からは車で30分ほど


※就航路線は令和2年1月、そのほかの情報は特記以外平成21年8月現在のものです。
01.jpg旅客ターミナルの特徴
開港に合わせて完成したターミナルビルです。
地上1階建(一部2階建)。駐機方式はフロンタル方式、動線方式は1層方式です。ボーディングブリッジはなく、全便地上搭乗になります。教会風の独特な外観で、非常に目を引きます。
館内のサインは不明です。
02.jpgターミナル前面
広い歩道がある前面です。赤い舗装が教会風の建物にマッチしています。建物の出入口は1口です。
バスのりばはありません。(徒歩10分ほどの所に頭ケ島バス停があります。/1日2-3便のみ)

頭ケ島バス停
・頭ケ島天主堂行(西肥自動車)
・有川港行・青方行(西肥自動車)

※平成30年10月01日:頭ケ島教会行を頭ケ島天主堂行に変更(バス停名称変更に伴う変更)
03.jpgロビー
上部窓から覗いた様子。
館内には小屋のようなものが増設されています。左側が詳しくはよく分かりませんでした。
平成28年にターミナルビル内に祈りの島インフォメーションセンターが新設されています。

※平成28年04月29日:祈りの島インフォメーションセンター 新設
04.jpg送迎デッキ
屋上が送迎デッキとして開放されており、建物正面に外付けされている階段でアクセスできます。入場無料。定期就航路線がない現在も開放されています。
柵は低く、非常に見やすい環境ですが、立ち入る人もおらず清掃もあまりしていないのか鳥糞などが多数あります。
05.jpg送迎デッキからのながめ
高台にある空港で、正面遠くに平島が見える程度です。
ターミナルビルは滑走路のちょうど中央付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はやや斜め気味の撮影になることが多いようです。
06.jpg地上アクセス施設(駐車場)
ターミナルの前に無料駐車場があります。
平成27年から、頭ヶ島天主堂へのパーク&ライドの拠点として使用されています。特定日に、上五島空港駐車場に駐車し、無料シャトルバスで頭ヶ島天主堂方面へ移動するものとなっています。平成30年4月からパーク&ライドの完全実施が始まりました。

パーク&ライド実施日
 H27年 09/19-09/21
 H28年 04/29-11/27
 H29年 04/01-11/26
 H30年 04/01-毎日

※平成27年09月19日:パーク&ライド 試行実施開始(〜9/21)
※平成28年05月14日:パーク&ライド 開始(特定日のみ)
※平成30年04月01日:パーク&ライド 完全実施開始(毎日運行)※頭ヶ島天主堂見学の事前予約が必要

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線なし)
就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
-

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■上五島空港についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
上五島空港(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※上五島空港の公式サイトではありません。

開設月日 2009.09.24
初調査日 2009.08.11
前調査日 2009.08.11

広島_SSN 二地点間定期輸送?

■広島空港 SSNが二地点間定期輸送的?な遊覧飛行を開始へ

せとうちSEAPLANES(SSN)は明日10日から、広島空港発着の遊覧飛行を開始します。

10日に始まるのは、広島空港を発着地とする定期遊覧飛行。予めルートや値段、運航時刻などを設定した、乗り合いによる定期遊覧です。
今回始まる定期遊覧飛行も日本では珍しい水陸両用機を活用したものですが、発着地は陸上の空港であるため、出発時、到着時に水面での離着水を体験できません。そこで、オノミチフローティングポート付近の海面で着水、離水を行う珍しいプランになっています。

オノミチフローティングポートでの降機はできませんが、一度離着水することから、定期運航の二地点間輸送に往復搭乗するような体験ができるようになります。

SSNは、広島で専用チェックインカウンタや専用待合室を設けて、既に、二地点間チャーター便やチャーター遊覧飛行を行っています。しかし、これまで、乗り合いの定期遊覧飛行は展開されていませんでした。
水陸両用機など水面で離着水できる機材での、乗り合いによる二地点間輸送は、日本では、半世紀前に消滅して以降現在実施されておらず、今回の遊覧飛行が定期便の開設に繋がるのか注目です。

せとうちSEAPLANES 2020年1月10日(金)より広島空港発着の遊覧便 スタート(SSN公式サイト)
https://news.setouchi-seaplanes.com/2019/12/10/246
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | 広島空港 | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

伊江島_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/伊江島空港
日本空港情報館
伊江島空港

IEJtop.jpg
伊江島空港

■飛行場の概要
沖縄県国頭郡伊江村にある地方管理空港(旧第3種空港)。沖縄本島北西部、美ら海水族館などがある本部町の対岸に浮かぶ伊江島にある離島空港です。
昭和19年、旧陸軍伊江島飛行場として開場しました。戦後は米軍基地を経た後、昭和50年、沖縄国際海洋博覧会関連事業として民間空港となりました。米軍訓練空域内にあるために非常に厳しい運用制限があります。日本の民間航空機が飛ぶことができる、空港の運用時間は、土曜日と日曜日のみ、しかも各日非常に短い時間帯のみとなっています。
昭和52年には定期便が運休。平成に入ってから定期的な運航がされた時期もありましたが、令和2年1月現在、定期運航便は就航していません。


■飛行場種別:地方管理空港(旧第3種空港)
■設置管理者:(設置)沖縄県(管理委託先)伊江村
■滑走路延長:1500m
■空港コード:IEJ/RORE
■旅客ビル管理者:(設置)沖縄県(管理委託先)伊江村


■施設の見どころ:===== 小規模/定期便はなく、不定期チャーター便就航時を除き閉館しています。
■見学者への対応:===== (閉館していたため不明)
■売店の充実度:===== (閉館していたため不明)
■アクセスの状況:===== 鉄道 無(島内に無)/バス 無/徒歩30分ほどの所に真謝入口バス停があり、伊江港行のバスが運行されています。


※就航路線は令和2年1月、そのほかの情報は平成21年1月現在のものです。
SKYVIEW1(空からの眺め)
IEJskyview1.jpg IEJskyview1-2.jpg
東京国際(羽田)→那覇便の左窓席から撮影。空港西側上空から見た伊江島の様子。
伊江島には滑走路が3本あります。写真は手前から、米軍海兵隊訓練場の滑走路、米軍補助飛行場の滑走路、伊江島空港の滑走路です。島の東部にタッチュー(城山)が飛び出ています。
伊江島は、第二次世界大戦から三四半世紀経つ今でも、米軍基地の面積が島の35%を占めており、写真に写る手前側は一般日本人は立ち入れません。


SKYVIEW2(高台からの眺め)
IEJskyview2.jpg IEJskyview2-2.jpg
伊江島最高峰のタッチュー(城山)の頂上(標高172メートル)から見た伊江島西部の様子。
城山は、360度ぐるり一周、島の全域が見えることから、戦争時には旧日本軍の防御陣地となったほど。当然、空港も良く見えます。一番手前に見える滑走路が伊江島空港の滑走路です。伊江島に3本ある滑走路のうち、ここから米軍補助飛行場の滑走路は見えますが、米軍海兵隊訓練場の滑走路はほとんど見えません。

01.jpg旅客ターミナルの特徴
(調査日閉館のため詳細不明)
昭和50年に完成したターミナルビルです。
地上1階建。駐機方式はフロンタル方式、動線方式は1層方式です。ボーディングブリッジはなく、全便地上搭乗になります。赤く目立つ屋根が特徴です。
02.jpgターミナル前面
赤い屋根が張り出したターミナル前面です。出入口は中央1か所で、航空便がない日はシャッターが閉まっています。
吊サインなどはありません。
03.jpg旅客ターミナル(エプロン側)
ランド側からとよく似た外観のエプロン側。旅客ターミナルの脇に格納庫があります。
旅客ターミナルの外観は錆が目立ち、まるで廃墟のようですが、エプロン側には構内用の新しい自動車が停車しており、運営は続いていることが窺えます。
04.jpg送迎デッキ?
旅客ターミナルのわきには滑走を一望できる空間があります。
ターミナルは滑走路の北西側に設置されており、正面には滑走路の向こうに伊江島の風景が広がり、城山が目立ちます。写真右側に写る山は伊江島の対岸にある沖縄本島本部町付近の山々。さらに右に目を転じると、東シナ海が眺められます。午後は順光条件です。
ターミナルビルは滑走路のちょうど中央付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はやや斜め気味の撮影になることが多いようです。
05.jpg陸上アクセス施設(駐車場)
ターミナルの北側横に無料駐車場があります。
空港周辺にレンタカー各社はありません。
06.jpg周辺見所施設(米軍補助飛行場)
伊江島空港の約1.5キロ西側に伊江島空港の滑走路に並行して米軍補助飛行場の滑走路があります。旧・中飛行場。
この滑走路は米軍の飛行場ですが、周囲にフェンスなどはなく通常時は解放されており、滑走路には自由に出入りできます。伊江島の観光案内パンフでも車が通れる道路として紹介されています。
07.jpg周辺見所施設(米軍海兵隊施設)
伊江島空港の約4キロ西側に伊江島空港の滑走路に並行して米軍海兵隊訓練場の滑走路があります。旧・西飛行場。伊江島の北西側は米軍海兵隊の訓練場となっており、その中にある滑走路です。
訓練場はフェンスに囲まれているうえ、城山からもよく見えないため、この滑走路を見ることはなかなかできません。

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期的就航路線無し)
*1:不定期チャーター便(ヘリコプターによる運航、ヘリタクシー)

就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成25年11月01日:ILC*1那覇・ILC*1ベルビーチゴルフクラブヘリポート 就航
※平成26年01月01日:ILC*1那覇・ILC*1ベルビーチゴルフクラブヘリポート 運休(運航一時自粛)
※平成26年04月26日:ILC*1那覇 就航
※平成28年10月01日:ILC合併によりEXCに変更(ILC*1→EXC*1)
※平成30年06月08日:EXC*1那覇 事故に伴う運休

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■伊江島空港についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
伊江島空港(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※伊江島空港の公式サイトではありません。

開設月日 2009.03.29
初調査日 2009.01.11
前調査日 2009.01.11

2020年01月06日

慶良間_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/慶良間空港
日本空港情報館
慶良間空港

KJPtop.jpg
慶良間空港

■飛行場の概要
沖縄県島尻郡座間味村にある地方管理空港(旧第3種空港)です。
昭和57年に公共施設地図航空の非公共用飛行場として開場、平成4年に公共用飛行場として設置管理者が沖縄県に移行されました。沖縄本島西側にある慶良間諸島の玄関空港で、外地島にあり、当初は「ケラマ飛行場」と呼ばれていました。 昭和62年に琉球エアーコミューターが初就航した空港として知られています。
令和2年1月現在、定期的乗合の航空便はありませんが、エクセル航空によりヘリコプターチャーター便1路線が就航しています。


■飛行場種別:地方管理空港(旧第3種空港)
■設置管理者:(設置)沖縄県(管理委託先)座間味村
■滑走路延長:800m
■空港コード:KJP/ROKR
■旅客ビル管理者:(設置)沖縄県(管理委託先)座間味村


■施設の見どころ:◎==== 小規模/琉球赤瓦が目立つ美しいターミナル。未就航日もターミナル内への立入が可能。
■見学者への対応:===== ターミナルパンフ 無/空港案内所 無/展望デッキ 無/ファン向け展示 無
■売店の充実度:===== 売店0店・飲食店0店/定期便未就航で売店等はありません。
■アクセスの状況:===== 鉄道 無(島内に無)/バス 無/公共交通の足 無/阿嘉島中心部まで徒歩30分ほど


※就航路線は令和2年1月、そのほかの情報は平成21年8月現在のものです。
SKYVIEW
skyview.jpg skyview2.jpg
那覇→石垣便の右窓席から撮影。空港南側上空。
慶良間飛行場は、慶良間諸島の南側にある外地島にあります。写真でもわかる通り外地島は空港があるだけの島となっています。外地島は慶留間島、阿嘉島と橋でつながっています。座間味村の中心部は北側に少し離れた座間味島になるため、船でアクセスするしか方法がありません。

01.jpg旅客ターミナルの特徴
開港に合わせて完成したターミナルビルです。
地上1階建。駐機方式はフロンタル方式、動線方式は1層方式です。ボーディングブリッジはなく、全便地上搭乗になります。
沖縄赤瓦が目を引く美しい外観と、狭いながらも高い天井を持つロビーが特徴です。地元の幼稚園・小学校の生徒が送ってきた作品などがいくつか展示されています。
館内のサインはほとんどなく、ステンレス板に青文字のものなどが見られます。
※平成21年8月現在、定期旅客路線は飛んでいませんが、開館時間帯であれば、旅客エリアのロビー内に立ち入りが可能でした。
02.jpgターミナル前面
歩道と芝生が広く設けられた前面です。建物の出入口は1口で、脇に飛行機のシートが置かれたスペースがあります。
空港がある外地島を含め、橋でつながっている慶留間島、阿嘉島には公共交通機関はなく、ターミナル前面にものりばはありません。阿嘉まで歩いて30分ほど。
03.jpgチェックインカウンタ
チェックインカウンタ、搭乗口、到着口が並んでいます。チェックインカウンタは入って右側にあります。
モノトーンの少し上品なイメージのカウンタです。

※平成25年09月02日:第一航空(DAK、定期チャーター便) 就航
※平成25年10月29日:DAK(定期チャーター便) 運休
04.jpg搭乗口・搭乗待合室
ランド側から見て左側にパーティションで区切った搭乗待合室が設けられています。入口は1か所。
搭乗前には入口で搭乗者のセキュリティチェックが行われる模様です。
05.jpg到着口
ロビー中央エプロン側に設置されています。エプロンからは風除室を一つ設けただけの到着口で、手荷物受渡はチェックインカウンタ脇の台で行われます。
06.jpg送迎デッキ?
ターミナルには送迎デッキがありませんが、ターミナル両側のフェンス沿いにエプロンを眺められる場所があります。
ターミナルは滑走路の西側に設置されており午後が順光。正面には、滑走路の向こうに慶良間海峡と渡嘉敷島がわずかに見えます。
ターミナルビルは滑走路のちょうど中央付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はやや斜め気味の撮影になることが多いようです。
07.jpg陸上アクセス施設(駐車場)
ターミナルの横に無料駐車場があります。
平成21年8月現在、定期旅客路線は飛んでいないせいか、見学者などは、建物前の路上に車を停めることが多いようです。
路線廃止までは、事前予約制で、座間味村により阿嘉までの送迎車と座間味島への送迎船などが用意されていたようですが、現在はありません。
空港周辺にレンタカー・レンタバイク・レンタサイクルはありません。阿嘉に数件あるだけで、送迎等は要相談。
08.jpg周辺見所施設(外地島展望台)
空港ターミナル地区西側の高台に外地島展望台があります。入口がターミナル地区脇にあり、空港営業時間中に空港管理のもとで開放されています。
慶良間諸島を一望できるほか、空港も滑走路部分はほぼ完全に眺めることが可能です。(ターミナル地区は木々に隠れて見えません。)

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
那覇EXC*2*3
*1:定期チャーター便
*2:不定期チャーター便(ヘリコプターによる運航、ヘリタクシー)
*3:地元自治体の補助※により船舶便欠航時に割引となる路線
(※平成24年7月から座間味村の島チャビ解消移動手段安定化対策事業、平成29年4月から沖縄県の離島交通ネットワーク確保事業による補助)


就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成24年07月01日:ILC*2那覇 助成運航開始
※平成25年09月02日:DAK*1那覇 就航
※平成25年10月29日:DAK*1那覇 運休
※平成26年01月01日:ILC*2*3那覇 運休(運航一時自粛)
※平成26年04月26日:ILC*2*3那覇 就航
※平成28年10月01日:ILC合併によりEXCに変更(ILC*2→EXC*2)
※平成30年06月08日:EXC*2*3那覇 事故に伴う運休
※平成30年11月21日:EXC*2*3那覇 就航

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)

■慶良間空港についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
慶良間空港(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※慶良間空港の公式サイトではありません。

開設月日 2009.09.28
初調査日 2009.08.12
前調査日 2009.08.12

2020年01月05日

波照間_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/波照間空港
日本空港情報館
波照間空港

top.jpg
波照間空港

※注意:多くの情報は旧ターミナルの情報です。

■飛行場の概要
沖縄県八重山郡竹富町にある地方管理空港です。日本最南端の有人島である波照間島の空の玄関で、日本最南端空港。島中心部からは少し離れた東部の平地に位置しています。昭和51年、現位置の南西側にあった緊急着陸用飛行場を移転する形で開港しました。
滑走路が短く小型機しか就航出来ないため、平成19年に琉球エアーコミューターが撤退。エアードルフィンが路線を継承しましたが、1年たらずで運休となり、令和2年1月現在、定期便は就航していません。


■飛行場種別:地方管理空港(旧第3種空港)
■設置管理者:(設置)沖縄県(管理委託先)竹富町
■滑走路延長:800m
■空港コード:HTR/RORH
■旅客ビル管理者:(設置)沖縄県(管理委託先)竹富町


■施設の見どころ:===== 小規模/日本最南端空港。定期便・チャーター便はなく、救急使用時を除き閉館しています。
■見学者への対応:===== (閉館していたため不明)
■売店の充実度:===== (閉館していたため不明)
■アクセスの状況:===== 鉄道 無(島内に無)/バス 無(島内に無)/島中心部からは徒歩30分ほど


※就航路線は令和2年1月、そのほかの情報は平成22年12月現在のものです。
01.jpg旅客ターミナルの特徴
(旧ターミナルの情報です)
地上1階建。駐機方式はオープンエプロン方式、動線方式は1層方式。ボーディングブリッジはなく、全便地上搭乗でした。赤い屋根が目立つターミナルでした。
定期便未就航時に見学したため閉鎖中でした。平成18年9月の台風13号により屋根などが破損し危険なため、ターミナル外周には近寄れないようロープが張られていました。館内のサインは、ほぼありませんでした。
平成27年に新旅客ターミナルが完成しています。
02.jpgターミナル前面
(旧ターミナルの情報です)
屋根がやや迫り出した前面でした。道路は接続しておらず、駐車場広場となっています。
島内に公共交通機関はなく、バス停等はありません。
03.jpgロビー
(旧ターミナルの情報です)
ターミナルは通常時閉鎖中で正面入口から中が覗けるだけになっていました。
カウンタはランド側から見て左側、右側には売店がありました。中央のロビーは4人掛けベンチが2つ置かれているだけで、すぐに搭乗口・到着口がありました。
04.jpgモニュメント
空港にはこれといったモニュメントはありませんが、入口には空港名の入った石が置かれています。
06.jpg送迎デッキ?
エプロン南側に未舗装道があり、エプロン区域を眺められます。エプロンはターミナルより一段低い位置にあり、搭乗の際は下り坂、降機の際は上り坂を通る必要があります。
エプロンは滑走路のちょうど中央付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はやや斜め気味の撮影になることが多いようです。
05.jpg陸上アクセス施設(駐車場)
ターミナル前の広場は駐車場となっており、13台分の駐車スペースが設けられています。オートバイ用スペースもあり。
館内にはレンタカー窓口はなく、周辺にもありません。島内のレンタカー会社は送迎がある場合があります。
07.jpg周辺見所施設(旧波照間飛行場)
現位置の南東方面、島南東部の高那崎付近に波照間空港の前身となる波照間飛行場が存在していました。この飛行場は昭和47年に緊急着陸用飛行場として設置されたもので、第三種空港化に合わせて現位置へ移転されました。
旧飛行場の所在地は島の最南端部(つまり日本人が気軽に行ける日本最南端部)付近に当たり、現在は星空観測タワーや最南端の碑が立つ一帯となっています。

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線なし)
就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
-


■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■波照間空港についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
波照間空港(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※波照間空港の公式サイトではありません。

開設月日 2010.12.31
初調査日 2010.12.18
前調査日 2010.12.18

2020年01月04日

◆2020年使いたいアクセス

■新年特集 2020年に使いたい空港アクセス交通はこれだ!


今年も三が日を過ぎてもまだまだ新年特集!全国に100近くもある空港を発着する、今年話題になりそうなアクセス交通を取り上げます。
実は便利な空港アクセス交通を、今年は選んでみては?

1.下地島空港/沖縄県宮古空港/沖縄県
バス 系統9番みやこ下地島空港リゾート線 みやこ下地島空港-空港ターミナル前-シーブリーズカジュアル前(宮古協栄バス)
 新規路線(昨年3月新設)
下地島空港の定期便再開にあわせて、下地島と宮古の両空港を経由する新しいバス路線が実現しています。同一市内に二つの空港があるのは、日本広しと言えども宮古島市だけ。それらが結ばれているだけでも珍しいですが、新設された路線は二系統あり、その日の気分で選択もできてしまいます。日本最長の無料橋から宮古ブルーの海を眺められるなど、観光気分も楽しめる路線です。
このうち、宮古共栄バスの新路線は、伊良部島にも停留所を設けた、地元民も使えるバス。伊良部島、下地島の行きたいところにより行きやすくなっています。
もしも、じっさい宮古ブルーにラブしたら、バスで伊良部、下地へ行ってみよう。

2.成田国際空港(成田空港)/千葉県
鉄道 成田スカイアクセス線 成田空港-京成上野(京成電鉄)
 既存路線
新幹線計画の失敗で、陸の孤島、欠陥空港などと言われ続けて40年。成田国際空港(成田空港)への鉄道アクセスが少しずつ改善中です。
昨年10月には、新幹線崩れの京成スカイライナーが増発。全時間帯通じて20分間隔運行になり、利便性が大幅に向上しました。(一般電車は相変わらず陸の孤島な40分間隔)。
さらに、空港運用時間の拡大に合わせて、深夜時間帯の増発も実現しています。格安バス便に圧され気味の鉄道利便性がわずかですがアップしています。
それなり多頻度、一直線。今年、成田へは、便利になりたいスカイライナーで行こう。

3.徳島空港(徳島阿波おどり空港)/徳島県
バス 鳴門公園-徳島阿波おどり空港-ゆめタウン徳島(徳島バス)
 新規路線(昨年10月新設)
徳島空港発着のバス路線が大幅再編。鳴門と徳島市内を結ぶ一般路線バスが廃止となり、鳴門と藍住方面を結ぶ系統に変更されました(徳島市内へはリムジンバスが引き続き運行)。
地元民の利便性が高まったほか、近くの高速バス拠点である松茂にも停まるようになったことで、県内各所を結ぶ高速バスへの乗り継ぎ利用も便利になっています。
今年はトクトクになるとか夢がある。バスに乗って松茂係長にアイに行きたいですね。

4.奄美空港/鹿児島県
バス 赤木名外金久-奄美空港-古仁屋海の駅(しまバス)
 新規路線(昨年10月新設)
奄美大島北部にある奄美空港から南端の古仁屋への直行バス路線が復活しました。
奄美空港の路線バスは、数年前に30分間隔化、さらに昨年系統を空港で分割して乗り継ぎ拠点化するなど、路線維持の試行錯誤が続いている路線です。昨年10月のダイヤ改正で、名瀬市内へ30分間隔はそのままに系統を再編。赤木名の利便性を向上させた上で、空港から直接島南部にも行きやすくしています。
奄美のバスは、待ち時間の余裕をあまり見なくても乗れちゃいます。これはもう、バスで古仁屋へ来にゃ損損。

5.新千歳空港/北海道
鉄道 千歳線他 新千歳空港-札幌-小樽(北海道旅客鉄道)
 既存路線
国際線ターミナルが拡張し、訪日客が増えている新千歳。鉄道駅も、昨年、訪日客を意識した改修を完了しています。
さらに利用者増に対応し、快速エアポートの、昼間時毎時4便(15分間隔)から毎時5便(約12分間隔)への増発と、更なる速達列車となる特別快速の朝晩時間帯の新設が、今春に行われることになっています。
2020年は、前身の空港直結駅である南千歳駅=旧千歳空港駅が開設されてから40周年の記念年。快速エアポートの指定席uシートも20周年を迎えます。
今年の千歳からの移動は、便利になる快速のuシートに、オタる有志とちと積極的に乗ってみては?

6.静岡空港(富士山静岡空港)/静岡県
バス 富士山静岡空港-新金谷駅(大鉄アドバンス)
 新規路線(昨年7月新設)
開港から10年を経て、実質最寄駅の金谷駅への直行バスが、ついにスタートしました。
遠回り経路を通る藤枝駅まで35分、実は道路を通ると最寄ではない島田駅まで25分に対し、金谷駅まではたった15分。距離が短いので、渋滞リスクも少なく、バスに乗る抵抗感も低めです。
現在のダイヤは駅での接続が良くないため、静岡方面への乗り継ぎは、藤枝行きや島田行きと大差はないですが、今後の増便・ダイヤ次第では一便早い電車に乗れるようになる可能性も。定時性と速達性向上が期待される路線です。
今回は、一年間の実証運行の予定。利用が定着して延長されるのか期待です。
空港と新幹線が交わる地で決意する。鉄道に乗るなら、まずはバスでアクセスするしかありません。おーい、お茶の飲み比べのように、大井川沿いの静岡でちゃんとバスを乗り比べてみようよ。

7.那覇空港/沖縄県
バス 那覇空港-瀬長島ホテル前(中部観光サービス)
 新規路線(昨年7月新設)
「俺だけの那覇空港」と言えば瀬長島、瀬長島と言えば「俺だけの那覇空港」。そんな、スポッターに大人気の瀬長島へ那覇空港から路線バスが新設されました。もう、渡さんと一緒に日本最南端の赤嶺駅に渡らなくても良いんです。空港から直行できるようになりました(バスは赤嶺駅を経由します)。
地に足のつかないフワフワした人も、地べたを這いずる乗り物好きな人も、那覇空港を満喫するなら、今年は、立ち湯の地べたを這いずって、足をつけずにフワフワ浮きながら、眺めるのが大ブーム。あなただけの那覇空港を探りに、ぜひ瀬長島で、背中流してみませんか。

8.長崎空港/長崎県
バス 長崎空港-元諫早駅(島原鉄道)
 新規路線(昨年10月新設)
島原方面のバスが再編され、諫早までに大幅短縮されました。一見、利便性低下に感じますが、諫早〜島原間を鉄道乗り継ぎとすることで、定時性を確保。さらに、バスの距離が短くなったことで便数の増加を実現し、加えて、元諫早駅での島原鉄道との乗り継ぎを考慮したダイヤとして、トータルの利便性を大幅に向上させました。
鉄道とバスが同じ会社だから実現したもので、双方の資産を最大限に活かしつつ、多頻度ライドアンドライドとした好例。アクセスに悩む地方空港の参考になりそうな事例です。
さらに、島原鉄道はオリエンタルエアブリッジとも提携し、長崎空港を拠点にした動きが拡大しています。
おしまいにバラバラ行くより、初めから拠点に集めたライドアンドライドなら、高頻度で、便利で、はやいさ。

9.東京国際空港(羽田空港)/東京都
鉄道 羽田空港国内線ターミナル駅・羽田空港第1ビル駅・羽田空港第2ビル駅・羽田空港国際線ターミナル駅・羽田空港国際線ビル駅(東京モノレール・京浜急行電鉄)
 既存路線
今年3月、東京国際空港(羽田空港)のターミナル名称変更に合わせて、鉄道駅の名称が変わります。
これまでビル、ターミナルなどと会社により分かれていた表現や、日本語と英語でバラバラだった駅名を統一。同じ駅なのにまるで違うようだった駅がやっと名実ともに同じ駅になります。
今年は東京オリンピック・パラリンピック観戦で海外からの玄関駅になる羽田空港。大勢やって来る訪日外国人がまず最初にぶち当たるのがカオス過ぎる駅名です。迷いの原因が消え去る名称変更に大きく期待です。
頭狂になりそうな迷い所はねだんより切符の買い方より改札の通り方より駅名。ビルかタミか、国際線か第3か、羽田か成田か大田か蒲田たたたーっか田テトリス田か。OKYOのように何度唱えても、駅名を記名されても、分からないものは分からない。tOKYOへは分かりやすくなる鉄道で。□い頭を○くして、羽□+T○KY○を、たったかたったか行き来しよう。

10.選んで使おう、すべての空港アクセス交通へ!
日本全国、どの空港アクセス交通も注目点はいっぱい。上記9路線以外にも日本には多くの空港アクセス交通があります。
今年は、便利な路線を探して乗ってみませんか。


■1月1日時点で、空港(ターミナル)から徒歩10分圏内に公共のアクセス交通がない空港(▲は定期便就航空港)
福井、大分県央、与論▲、粟国、慶良間、北大東▲、南大東▲、波照間

■アクセス交通の変化を調べよう
バス便」ラベルから過去のバス路線変化が検索できます。
鉄道便」ラベルから過去の鉄道路線変化が検索できます。
船舶便」ラベルから過去の船舶路線変化が検索できます。
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

◆2020年乗りたい路線

■新年特集 2020年に乗りたい路線はこれだ!


全国に100近くもある空港。そんな空港を発着する、今年話題になりそうな国内線路線を取り上げます。
今年は、いつもと違う珍しい路線にも乗りに行ってみませんか。

1.  FDA  神戸-高知線 新規路線(昨年12月新設)
神戸空港(マリンエア)の発着枠増加で実現した新規会社就航、新規路線が今年は熱い!
神戸に昨秋からフジドリームエアラインズ(FDA)が新規就航しています。
FDAの神戸発着新路線は全部で三路線。このうち高知(高知龍馬)線は、短距離ながら大阪国際(伊丹)からANA、関西国際(関空)からジェットスター・ジャパンが運航する競合路線で、そこにいきなり2往復で参入して話題となっています。
就航地の名物と言えば、神戸牛と高知の鰹。今年は頭を垂れて、雲の上の高地よりビーフorフィッシュを不二取りしよう。

2.  SKY  成田国際-中部国際線 新規路線(昨年11月新設)
国際線定期便に初就航したスカイマーク(SKY)が同時に新設した路線です。機材回しの一貫で開設されていますが、国際線からの乗り継ぎも考慮。国際線が毎日運航なのに対して、週2往復のみという、非常に珍しい路線です。
SKYが成田国際(成田)に就航するのは実に5年ぶり。前回とはターミナルを変えての就航で、チェックインカウンタ区画ではない場所にカウンタを設けて搭乗手続きが行われているなど、空港施設の点でも、注目されています。
日本の空がカジュアルになったら、あなたのWINGに成りたもう。で、新年は、空からWに、成田詣でに、伊勢詣でに行ってみては。

3.  JJP  庄内-成田国際線 新規路線(昨年8月新設)
ここのところ格安航空会社(LCC)の新規路線就航が鈍化しています。そんな中で、昨年夏に新設されたジェットスター・ジャパン(JJP)の成田-庄内(おいしい庄内)線は注目路線のひとつでしょうか。
LCC不毛区間だった東北と関東を結ぶ初のLCC路線となりました。関東からの高速交通機関がない地域ではあるものの、飛行距離はそれほど長くない路線。LCCが路線維持できるのか注目されています。
新年は伊勢から成田詣でを挟んで出羽参るがトレンド。衣裳無い人も、でわ、まいる。威勢良く成りたら、飛行機で楽々おいしい庄内へ。

4.  APJ  成田国際-新石垣線 再開路線(昨年10月再開)
バニラ・エアとの合併を理由に一時運休し、Peach Aviation(APJ)便名で再開した、珍しい路線です。成田発着の国内線最長路線と注目度が高い路線になっています。
機材の見た目と便名の会社名が違ううえ、APJでは新規就航と宣伝しているため勘違いしやすいですが、この路線は、新規路線ではなく、単純に航空会社の都合で一時運休していたものがただ再開しただけ。それでも新しいポイントがいくつかあるので、見所探しには困りません。
石垣ビーチにピーチで行くのがピチピチな人の流行りです。ラララストフラッとなってしまう、意志が気になる大人な人は泡盛チビチビ飲みに来ては?

5.  AMX  大阪国際-熊本線 再開路線(昨年12月再開)
乗員繰りの影響で不安定な運航が続いていた路線。昨年8月〜11月には、他社である日本航空グループ(ジェイエア)の協力を得て共同運航し、自社運航便を一時中断していた路線です。
就航先の伊丹、熊本(阿蘇くまもと)は、ともにターミナルの改修工事を実施中です。伊丹は今年完成し、熊本は4月に仮設ターミナルが運用開始される予定。飛行機に乗る前後に新しい空港でアソべる路線になっています。
今年は、大阪で大栄えな街を見たあとに、甘く栄える阿蘇熊本へ遊びに来てみませんか。復活路線なら、飛行機も空港も楽しめますよ。

6.  NCA  調布-新島線 既存路線
東京が、オリンピック・パラリンピックで盛り上がる2020年に注目すべき路線は、やはり、オリンピック招致元の東京都が運営する空港を結ぶ路線でしょう。都営の六空港は全て伊豆諸島絡みで、唯一本州にある調布からは諸島の四空港へ飛んでいます。
この中で今年注目なのは、新島線です。新島空港は今年、前身の離着陸場開設から50周年を迎えます。そして、NCAの調布路線として最も長い歴史を持つ路線です。
オリンピックはレガシーが重要。歴史を感じる路線に乗って調布に着いたら、すぐにオリンピック観戦も可能です。二位じゃまだまだ。一位を目指すアスリートに貼付して、二位じまんから飛び上がろう。

7.  チャーター便(HAC)  紋別-札幌線 新規路線(2月のみ運航予定)
定期便就航の可能性を探って運航するチャーター便が今年は大注目されています。
北海道が進めている道内航空ネットワーク強化の一環で行われる「道内路線トライアル運航実施事業」で運航されるもの。JTBがチャーター運航します。これにより、東京国際(羽田)線しかない紋別(オホーツク紋別)へ、道内からの空路が期間限定で復活します。
北海道で民間委託される七空港から見事に外れた弱小空港をどう活性化させるのか。チャーター便の効果に期待が高まります。
仲間外れだからと、もーべつにいいなんて諦めないで、逆風をガリンコと砕く、とくべつ路線に乗ってみよう。

8.  JAL  大阪国際-徳之島線 新規路線(昨年12月新設)
近年ではこの年末年始が初めての運航。そして、残りは今日1月3日だけ運航される超絶珍しい路線です。
近畿地方には徳之島出身者が多いのか、神戸空港には島出身者団体による記念碑があるほど。そんな近畿と島が直接繋がる路線は、年末年始の帰省ラッシュに最適な路線。子宝豊富な島だからこそ、帰省需要も強くなりそうです。
子孫繁栄の子年のはじめは、トクの島子宝へ!夏以降も期間就航があるのか注目ですが、今のところ運航は今日限り。乗るなら今すぐ空港へ!直前予約でもトクの島たびへ行こう!

9.  AirX  成田国際-東京ヘリポート線 新規路線(昨年11月新設)
回転翼機(ヘリコプター)による新しい定期的運航の乗り合い路線。成田から都内の新木場へ、空からひとっ飛びできる路線です。
成田-都内間のヘリ路線は、これまでも多くの航空会社が参入しては定着せずに消えています。今回は、比較的安価な設定であると共に、日中ピッタリ1時間間隔で定期的に運航することで分かりやすさや利便性を向上しています。
昨年、航空便は動いているのに地上交通が止まり、大混乱となってしまった成田。陸の孤島であることが証明された直後なだけに、定着に期待が高まっています。
バスも鉄道も止まっても、帰れる空気は×じゃない。場所取りや毛布取りの争い?成田で心気張らなくても大丈夫。スターは争いなく、ヘリでSkyへ抜け出よう。さあ、光の当たった東京Skyウォーカーへ。Xのウイングで飛び上がろう。

10.パッと乗ろうか、すべての路線へ!
日本全国、どの路線も注目点はいっぱい。上記9路線以外にも日本には多くの航空路線があります。
今年は次から次へと飛行機に乗ってみませんか。


まだ公式発表されていないものもありますが、就航や撤退が噂されている注目路線もあります。3月末から始まる今夏ダイヤは、1月中旬に発表されるものがほとんどなので、年明けのニュースは要チェックです。

●就航や撤退が噂されている主な路線
・中部国際-福岡線(エアアジア・ジャパン/WAJ)
WAJが、福岡への就航を決め、混雑空港使用を届け出ています。拠点の中部国際(セントレア)と福岡を結ぶ路線が実現すれば、5社目の参入で、新幹線を巻き込んだ値引き合戦が期待されます。
・仙台-新潟-佐渡線
宮城県が進めている仙台(仙台国際)をハブとした小型機ネットワークを構想。これに新潟県が積極的に乗っかり、昨秋には佐渡まで延伸して運航実験を行っています。県知事が4月に就航予定のTigerair Taiwan台北線と絡めて佐渡まで一気に運んでしまうことを目指す発言をしていて、実現するのか注目です。
・那覇-下地島線(スカイマーク/SKY)
スカイマーク(SKY)が下地島線を開設?
同社社長が下地島就航も検討のひとつに入っていることを明言したと報道されています。
かつて那覇-宮古線で大幅な格安化に大貢献したSKYが、十八番の経由便などを絡めて下地島とを結ぶ路線を開設するのか注目されています。
・新千歳-北海道内路線(Peach Aviation/APJ)
拠点化を声高に宣言してから、なかなか新路線が増えないAPJの新千歳路線。新千歳発着の国際線を縮小するなか、今年こそ、道内新路線を開設するのか注目されています。

オマケの番外編「ローマ-東京 航空100周年」
今年は、イタリアのフェラーリンが世界で初めて欧亜間(ローマ-アジア各国-東京間)を飛行機で飛んでから100周年となる、日本の航空史上、とても意義深い記念年です。残念ながら前回の東京五輪のように聖火がアジア各国を経由して盛り上げてくることはないようですが、欧州と極東がアジア各国を通じて繋がっていることを感じる一年になりそうです。
昨年は法王の訪日もあって日本でも大きな話題になっているローマ。そんな2020年に、アリタリア航空が羽田-ローマ線を新規開設します。平たい顔族の皆さん、今年は、ONSENでもローマ字でも、そして飛行機でも繋がる、日本とイタリアを、長い歴史を感じながら旅してみませんか?
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

◆2020年行きたい空港

■新年特集 2020年に行きたい空港はここだ!


日本全国に空港は100近くも整備されています。令和になって初めての新年特集は、今年注目されそうな空港を取り上げます。

1.美保飛行場(米子空港/米子鬼太郎空港)/鳥取県 中国四国エリア
子年に注目!
子年の注目空港と言えば、まずは美保飛行場(米子空港)です。名前から鼠(子)がある主食(米)な空港です。
昨年10月に改装された旅客ターミナルにはねずみ男の装飾も。地方では非常に珍しい空港駅がある境港線には、ねずみ男装飾の列車も走るなど、美保周辺はネズミに優しい?地域です(空港名と同じ米子駅がねずみ男の駅)。
山陰地方は鼠の民話が各地に残る地域で、米子にも、鹿島さん家のネズミ、総泉寺の鼠退治などが伝わっています。
USA偽年じゃなくて子年には、発着空港を移転するだけの偽の国際線拡大となる米の国より、本当に1月に国際線が拡大する米の子へ。空港に鼠を感じに皆で来たろう!

2.東京国際空港(羽田空港)/東京都 関東エリア
2020年だから注目!
2020年、日本の玄関口東京国際空港(羽田空港)が盛り上がります。
羽田は、東京2020オフィシャルパートナーとなった空港のひとつです。今年は国際線拡大のため、ターミナルの増築も完成予定。航路が大きく変わるのも話題で、2020年最も注目を浴びそうな空港です。
鼠にも縁があり、空港そばの多摩川河口には鼠島が存在。日本一有名なネズミのテーマパーク、千葉県の東京ディズニーリゾートの最寄空港も、実は千葉県の空港(成田国際)ではなく、羽田です。羽田からは直行バスも多数運行されており、展望デッキや着陸機はリゾートの花火も毎日見える穴場になっています。
2020は、異なる羽で飛んでも羽田で共になる。アスリートのように鍛えても鍛えてなくても翼は強いはず。玄関空港の金メダル級の強さに期待です。

3.庄内空港(おいしい庄内空港)/山形県 東北エリア
子年は周辺から注目!
子年に越えたい鼠ヶ関、日本国を越えた先にあるのが東北地方、そして最初に出くわす空港が庄内空港です。
庄内には、昨年8月にジェットスター・ジャパンが就航。東北地方の拠点空港である仙台を除くと、東北の地方空港に初めてLCCが就航し、注目されています。
ターミナルには昨年、休憩所Tre Pladsがオープンし、山形県の技術もPRする施設になりました。庄内は、山形空港とともに、おいしい空港として一体的にPRされており、国際チャーター便の誘致も山形空港とセットで積極的。山形県の積極的な姿勢が今年も続くのか注目です。
今年は正月から日本国な地域へ。ヤマトからもなかなか遠くて、北前船だとぐるりと回らないと行けない出羽参り。飛行機ならおいしく一直線で行けちゃいます。では、マイル旅へ!

4.対馬空港(対馬やまねこ空港)/長崎県 九州エリア
まだまだ続く子年注目の空港!
対馬だから午年じゃないの?と思ったら大間違い。対馬はやまねこの空港、ネズミより上を行く空港です。
昨年は韓国からの観光客激減で大打撃となった対馬島。昨秋以降、長崎県から補助も出て、今、日本人が最も行きやすい空港になっています。
1964年に開設された水上空港から始まった対馬空港。56年を経て再び行われるオリンピックのように今年は盛り上がる一年です。
必要なのは壁なのか。世界の注目は、ファーストよりもECOのMe。子年は、グレたMeより、We一人ひとりで子の代を守ることを考えてみませんか。警鐘のベルがリンと鳴っても、どいつもYouも無関心の時代。そんな時代だからこそ、国境の島対馬で、敵対馬鹿だと、猫の額な頭を使って、孫の代でも解決しないバカの壁問題を考えてみては?

5.出雲空港(出雲縁結び空港)/島根県 中国四国エリア
美保が出たなら、お隣の出雲も子年注目の空港です。
コワモテ課長が日本最古の空港があると豪語する出雲は、太古から空と繋がる地域です。
昨秋に神戸線が開設されて結ばれる空港がさらに増加。ラウンジも新設されるなど利便性が向上しています。
国(家)造りの最初は、何はともあれ子孫繁栄から。そして、それはご縁からはじまります。出雲はそんな子孫繁栄な名所がたくさんあるご縁な場所です。そんな中にある空港は、人と人、物と物、土地と土地、そしてご縁とご縁を結ぶ結節点。出雲空港は、まさに八雲立つ子孫繁栄の縁結びを体感できる空港になっています。
干支の最初は、何はともあれ子年から。子孫繁栄の象徴でもあるネズミの年は、文字通り子孫繁栄を願う年。今年こそ、素敵なご縁をありがとう。出雲でご縁を感じてみませんか。

6.伊江島空港/沖縄県 沖縄エリア
2020年は第二次世界大戦終結から三四半世紀となる節目の年です。国内の空港は、第二次世界大戦中に建設された飛行場を基にした所が数多くあります。そんな所の最も象徴的な空港が伊江島です。
伊江島空港は、空港としての正式な沿革は45年前の開港からとなっていますが、基となる飛行場は76年前の戦中に建設され、沖縄戦の激戦地のひとつとなりました。そして、三四半世紀前、終戦直後には日本の使節団を乗せた緑十字飛行の中継地にもなった、日本の歴史上非常に重要なポイントでもあります。
戦争終結から75年も経った今も、伊江島は35%が米軍占拠地帯。伊江島には、成田では実現の兆しすら見えない三本の滑走路が三四半世紀も前からありますが、二本は未だに米軍の管理下にあります。そして、三本のうちの一本が伊江島空港ですが、米軍制空領域にあるために、民間機は土日のわずかな時間しか飛べないという占領地のような問題を抱えています。
もはや戦後ではない?イエイエ、戦中みたいな所は、まだまだ残っています。伊江島空港を見れば、それを強くイエるはず。戦争からの節目の年は、伊江島空港に行って、使って、見て、感じて、イエるか癒えないか、本土では忘れている敗戦国の現実を直視してみませんか。(ちなみに、成田は35%も占領されてないのに未だに滑走路ニホンです。)

7.福岡空港/福岡県 九州エリア
伊江島が戦争を語る空港なら、戦争中からの歴史がある空港では今年は福岡が注目。福岡は、飛行場開設75周年の記念年を迎えます。
そんな記念年に、国内線ターミナルの改修工事が完了する予定です。元々三つあったターミナルを最大限に活かしつつ、一つのターミナルに統合。昨年までに巨大な吹き抜け空間のアクセスホールが完成し、今年は広い展望デッキがオープンします。さらに、国内線のエアアジア・ジャパンの参入も内定しています。
そして、新しい元号の令和は、起源が、福岡空港からすぐの都府楼前。記念年なだけでなく、関連話題も盛り上がる空港になっています。
今年ははかったかのように皆が居た、注目釘付けの、板付へ、と振ろうと思います。えぇ味有りそな節目の歴史を持つ空港を使って、令和に繋がる長い歴史を体感してみたいですね。

8.新潟空港/新潟県 中部エリア
記念年で注目なのは、新潟空港です。
新潟は、今年、市営飛行場として開港してから90周年を迎えます。さらに、戦後米軍基地を経たのちに現在の形で空港として供用されたのが昭和35年で、こちらも60周年の記念年になっています。
新潟県はここのところ空港活用に熱心で、昨年新潟空港活性化検討会議をスタート。昨秋には、仙台を核とした路線ネットワーク構築に参加し、佐渡も含めた就航を目指すなど動きを加速しています。また、会津若松へのバスの発着が始まるなど、アクセス交通の改善もされ、少しずつ利用しやすくなっています。
今年は正月から新潟なう。日本一のスノー空港RJSN owから新潟が誇るSKIリゾートへ!
WE WANT SNOW!とTRIPLE JUMPで飛び上がるぐらいSKI好きなら、SKYからRJSN=KI JあるsKIsKI Japan snow projectで楽しめますよ。
日本の空ならJRよりRJ、新潟の空ならSKI寄りSKY!記念の年の2020は輪になって、新潟だから、できる。あたらしいRJsn SKISKY!

9.北海道七空港(稚内空港旭川空港(北海道のまん中・旭川空港)女満別空港釧路空港(たんちょう釧路空港)帯広空港(とかち帯広空港)新千歳空港函館空港)/北海道 北海道エリア
今年の空港運営民間委託は、非常に珍しい七空港一括委託が大注目です。国、道、市とそれぞれ異なる所有者の空港を一気に同一事業者に委託する、これまでにない方式になります。
まずは、今月15日に早速、全七空港のビル施設等事業の委託がスタート。今年中は、6月に新千歳、10月に旭川で全体の委託が始まる予定です。
七空港のうち、稚内は今年開港60周年、帯広は旧空港が1964年に開設されてから再び五輪級の年を迎えるなど、記念年を迎える空港も見られます。
今年、絶対来てほしいと名乗りを上げたのは南国じゃなくて北海道?北海道は、さまぁ〜は爽やか、ウィンターはしばれる名所に空からアクセスできます。国・道・市が三者SANYOに、7つの空を楽しもう!世界 さまになるリゾート、北海道で七変化。虹色の未来へ、早変わりする新しい動きに期待です。

10.あちこち行こうよ、すべての空港へ!
どこの空港も注目点はいっぱい。上記9空港以外にも日本には多くの空港があります。2020年も、空から陸から海からチョロチョロと、多くの空港を訪ねてみませんか。

今年も日本空港情報館ブログをじっくりご覧ください。
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

南紀白浜_1月バス便時刻変更

■南紀白浜空港 アクセスバス便時刻変更(2020年1月)

01/01
■熊野交通 南紀白浜空港-串本駅-新宮駅( 1→ 1) ※運行会社合併により熊野御坊南海バスに変更


01月01日:
串本経由新宮方面の運行会社が合併により、会社名変更となります。(熊野交通→熊野御坊南海バス)

2020年1月1日(水)、熊野交通と御坊南海バスが合併し 「熊野御坊南海バス株式会社」が誕生します(南海電鉄公式サイト)
http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/191225.pdf
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | 南紀白浜空港 | 更新情報をチェックする

■1月国際線時刻変更

■国際線航空便ダイヤ変更(2020年1月)

01/28
×(国際線)APJ 那覇  -ソウル 仁川(週7→ 0)・

01/25
◎(国際線)MXD 新千歳 -台北 桃園( 0→週3)※台北桃園経由便
◎(国際線)MXD 新千歳 -クアラルンプール( 0→週3)※台北桃園経由便

01/24
◎(国際線)JJA 新千歳 -ソウル 仁川( 0→週3)

01/22
◎(国際線)XAX 那覇  -台北 桃園( 0→週4)
◎(国際線)XAX 那覇  -クアラルンプール( 0→週4)※台北桃園経由便

01/21
×(国際線)JJP 関西国際-マニラ (週3→ 0)※1/18最終運航

01/20
×(国際線)JJP 中部国際-マニラ (週4→ 0)・

01/18
◎(国際線)HBH 関西国際-石家荘 ( 0→週7)
■(国際線)CSH 富山  -上海 浦東(週2→週2)※CES共同運航便、JAL共同運航便化

01/17
◎(国際線)CSC 新千歳 -成都  ( 0→週1)
■(国際線)CSH 関西国際-上海 浦東(週7→週7)※CES共同運航便、JAL共同運航便化

01/14
◎(国際線)CXA 新千歳 -福州  ( 0→週2)

01/13
◎(国際線)CUA 静岡  -北京 大興( 0→週3)※煙台経由便
◎(国際線)CQH 関西国際-瀋陽  ( 0→週2)
×(国際線)AAL 成田国際-ラスベガス(週7→ 0)※JAL共同運航便、成田国際出発は1/12・到着は1/13最終運航

01/11
◎(国際線)DKH 美保  -上海 浦東( 0→週2)
×(国際線)CES 関西国際-延吉  (週2→ 0)※1/7最終運航

01/10
◎(国際線)DKH 新千歳 -南京  ( 0→週7)
◎(国際線)CCA 成田国際-杭州  ( 0→週4)
◎(国際線)CSN 成田国際-広州  ( 0→週4)
◎(国際線)JJA 中部国際-グアム ( 0→週4)※到着便は1/11〜

01/08
◎(国際線)CDG 東京国際-済南  ( 0→週3)
◎(国際線)JJA 福岡  -グアム ( 0→週7)
×(国際線)SIA 新千歳 -シンガポール(週7→ 0)

01/07
×(国際線)APJ 関西国際-釜山 金海(週7→ 0)

01/05
◎(国際線)CES 成田国際-青島  ( 0→週3)
×(国際線)AAL 成田国際-シカゴ (週3→ 0)※日本発は1/3・日本着は1/2最終運航
×(国際線)AAL 成田国際-オーランド(週3→ 0)※シカゴ経由便、日本発は1/3・日本着は1/2最終運航


01/04
◎(国際線)CES 成田国際-武漢  ( 0→週3)
◎(国際線)AAL 成田国際-ラスベガス( 0→週7)※JAL共同運航便、成田国際到着は1/5〜
◎(国際線)CCA 那覇  -天津  ( 0→週2)

01/02
◎(国際線)CES 成田国際-煙台  ( 0→週3)

01/01
×(国際線)KAL 鹿児島 -ソウル 仁川(週3→ 0)※JAL・DAL・ETD共同運航便、12/29最終運航
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

■1月国内線時刻変更

■国内線航空便ダイヤ変更(2020年1月)

今月の時刻表から
ANA この冬、早めに、 予約しトク? ANA SUPER VALUE 国内線運賃
JAL  AIRBUS A350 2020年 2月1日、東京(羽田)-沖縄(那覇)線就航開始! 東京(羽田)-札幌(新千歳)線好評運航中!
SKY いよいよ、サイパン便運航開始! YOUR WING.
SFJ 空港へはお早めにお越しください 
FDA 
ORC 

01/24
◎ANA 女満別 -中部国際( 0→ 1)

01/14
×ANA 女満別 -中部国際( 1→ 0)

01/07
◎JAL 鹿児島 -種子島 ( 0→ 1)・※JAR0→1

01/06
×ANA 函館  -中部国際( 1→ 0)※他にADO運航の共同運航便1あり
×ANA 中部国際-大分  ( 1→ 0)※他にIBX運航の共同運航便2あり
×JAL 大阪国際-種子島 (週5→ 0)※JAR週5→0、1/5最終運航

※以下の航空会社は1月中は新規就航・運休等の変更はありません。
  APJ  Peach Aviation
  SFJ  スターフライヤー
  ADO  AIR DO
  SKY  スカイマーク
  SNA  ソラシド エア
  ORC  オリエンタルエアブリッジ
  JAC  日本エアコミューター
  JTA  日本トランスオーシャン航空
  JJP  ジェットスター・ジャパン
  RAC  琉球エアーコミューター
  FDA  フジドリームエアラインズ
  IBX  アイベックスエアラインズ
  WAJ  エアアジア・ジャパン
  SJO  SPRING
  NCA  新中央航空
  AMX  天草エアライン
  NJA  新日本航空
  TAL  東邦航空

※以下の航空会社は1月中は新規就航・運休等の変更があります。
  ANA  全日本空輸グループ(ANA、AKX)
  JAL  日本航空(JAL、JAR、HAC)


※以下の航空会社の変更点は現在調査中です。
-
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

新年のご挨拶2020

新年のご挨拶


明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします


2020年(令和2年)、新年初日から「情報交通ホットライン」をご覧いただきありがとうございます。

新しい年は、いよいよ東京オリンピック・パラリンピック2020が開催されます。平和の祭典が、戦後三四半世紀となる年に開かれるのは何とも不思議な感じがしますが、日本の空港は、戦時中に開設された飛行場が元となっているものも多く、ひとつの節目の一年となりそうです。

オリンピック・パラリンピックで訪日客が増えるのを狙って日本各地の空港では増改築が目白押し。玄関口となる東京国際(東京都)を始め、大阪国際(大阪府)、福岡(福岡県)などでも完成が予定されています。

ここのところ毎年話題になる民間委託は、北海道で複数空港(稚内、旭川、女満別、釧路、帯広、新千歳、函館)の一括委託がスタート予定。まずはビル事業からとなりますが、国、道、市とバラバラな管理主体の七空港が一つの運営委託に変わります。
また、4月には熊本(熊本県)でも空港全体の委託が始まります。

航空会社関係では、スカイマークの国際線が本格化。フジドリームエアラインズは神戸拠点を開始しており、新興航空が拡大基調になってきました。完全に勢いを失っていた新興航空の大きな飛躍があるのか注目です。
格安航空会社LCCでは、Peach Aviation(APJ)とジェットスター・ジャパンが積極的な路線拡大を行うのかが見どころ。特にAPJは昨年バニラ・エアとの合併で路線数を減少させており、ひと段落して反転拡大に出るのか注目されます。動きの著しく鈍いSPRINGやエアアジア・ジャパンも規模拡大を期待したいところです。

毎年注視している離島空路は、まだまだ具体的な再開の動きがほとんどないのが残念なところ。粟国(沖縄県)や波照間(沖縄県)のほか、世界遺産で注目の上五島(長崎県)や空港設置を目指す東京都の小笠原諸島、ATR機国内導入で可能性が見えてきた佐渡(新潟県)などで就航があるのか注視していきたいですね。

「情報交通ホットライン 日本空港情報館ブログ」では、今年も、サイトを見た人が、空港を選んで行ってみたくなるような話題を提供できるよう努めていきます。
2020年は子年。小さな空港でも大繁盛する年になることに期待しつつ、今年もねずみ算的に更新を重ねていきます。
どうぞよろしくお願いします。

令和二年 元旦

posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆ブログのお知らせ | 更新情報をチェックする