2020年02月22日

下地島_年利用激増10万人突破

■下地島空港 2019年年間利用者数激増し10万人突破

国土交通省(国交省)は13日、大阪航空局の管内空港の利用概況集計表速報値(平成31年・令和元年暦年)を発表しました。下地島空港の年間利用者数は10万人を突破しました。

12月は速報値となりますが、西日本の空港の2019年利用者数が出揃いました。大阪航空局の発表は暦年合計は出ていないため、各月の発表数の単純合計となりますが、下地島空港の2019年利用者数は109,246人で10万人を突破しました。2018年は27人しか利用しておらず、前年比40万%増と激増しています。

下地島では3月に24年ぶりに定期便が再開。長年定期便が就航している与那国を上回り、沖縄県では、那覇、新石垣、宮古、久米島に次いで5番目に多い利用者数となりました。

下地島空港では、新型コロナウイルスによる肺炎拡大の影響で香港便の欠航が生じており、年度利用者数も10万人を超えるか注目されます。

利用実績速報(大阪航空局公式サイト)
http://ocab.mlit.go.jp/about/total/report/
ラベル:下地島空港
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 下地島空港 | 更新情報をチェックする

粟国_年利用激減1千人下回る

■粟国空港 2019年年間利用者数激減し1千人下回る

国土交通省(国交省)は13日、大阪航空局の管内空港の利用概況集計表速報値(平成31年・令和元年暦年)を発表しました。粟国空港の年間利用者数は1千人を下回りました。

12月は速報値となりますが、西日本の空港の2019年利用者数が出揃いました。大阪航空局の発表は暦年合計は出ていないため、各月の発表数の単純合計となりますが、粟国空港の2019年利用者数は850人で1千人を下回りました。前年比69.8%減で2千人弱減少しています。

粟国空港では定期便が全便運休しており、そのまま影響が出ています。
年度利用者数では、すでに昨年度に1千人を下回っています。

利用実績速報(大阪航空局公式サイト)
http://ocab.mlit.go.jp/about/total/report/
ラベル:粟国空港
posted by johokotu at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | 粟国空港 | 更新情報をチェックする

徳之島_年利用20万人突破

■徳之島空港(徳之島子宝空港) 2019年年間利用者数20万人突破

国土交通省(国交省)は13日、大阪航空局の管内空港の利用概況集計表速報値(平成31年・令和元年暦年)を発表しました。徳之島空港(徳之島子宝空港)の年間利用者数は20万人を突破しました。

12月は速報値となりますが、西日本の空港の2019年利用者数が出揃いました。大阪航空局の発表は暦年合計は出ていないため、各月の発表数の単純合計となりますが、徳之島空港の2019年利用者数は207,542人で20万人を突破しました。前年比7.7%増で1万5千人弱増加しています。

年度利用者数では、すでに昨年度に20万人を超過しています。

利用実績速報(大阪航空局公式サイト)
http://ocab.mlit.go.jp/about/total/report/
ラベル:徳之島空港
posted by johokotu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 徳之島空港(徳之島子宝空港) | 更新情報をチェックする

鹿児島_年利用600万人回復

■鹿児島空港 2019年年間利用者数最多600万人台まで回復

国土交通省(国交省)は13日、大阪航空局の管内空港の利用概況集計表速報値(平成31年・令和元年暦年)を発表しました。鹿児島空港の年間利用者数は600万人台まで回復しました。

12月は速報値となりますが、西日本の空港の2019年利用者数が出揃いました。大阪航空局の発表は暦年合計は出ていないため、各月の発表数の単純合計となりますが、鹿児島空港の2019年利用者数は6,072,555人で600万人台まで回復しました。昨年比1.6%増で9万人強増加しています。

年度利用者数では、すでに昨年度に600万人台まで回復しています。

鹿児島空港では、新型コロナウイルスによる肺炎拡大の影響で中国便の一部欠航が生じており、年度利用者数も600万人台となるか注目されます。

利用実績速報(大阪航空局公式サイト)
http://ocab.mlit.go.jp/about/total/report/
ラベル:鹿児島空港
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | 鹿児島空港 | 更新情報をチェックする

広島_年利用300万人回復

■広島空港 2019年年間利用者数300万人台まで回復

国土交通省(国交省)は13日、大阪航空局の管内空港の利用概況集計表速報値(平成31年・令和元年暦年)を発表しました。広島空港の年間利用者数は300万人台まで回復しました。

12月は速報値となりますが、西日本の空港の2019年利用者数が出揃いました。大阪航空局の発表は暦年合計は出ていないため、各月の発表数の単純合計となりますが、広島空港の2019年利用者数は3,136,813人で300万人台まで回復しました。昨年比6.0%増で18万人弱増加しています。

広島空港では、新型コロナウイルスによる肺炎拡大の影響で中国便の一部欠航が生じており、年度利用者数も300万人台となるか注目されます。

利用実績速報(大阪航空局公式サイト)
http://ocab.mlit.go.jp/about/total/report/
ラベル:広島空港
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | 広島空港 | 更新情報をチェックする