2020年02月28日

神戸_肺炎でピアノ運用停止

■神戸空港(マリンエア) 新型コロナウイルス肺炎拡大でストリートピアノの運用を停止

神戸空港(マリンエア)の運営を受託している関西エアポート神戸は28日、ターミナルビル3階にあるストリートピアノの運用を停止しました。

新型コロナウイルス肺炎の予防・感染拡大防止を理由にした対応で、当面の間運用停止するとしています。
神戸空港では、「空港内各所で消毒液の設置やドアノブ・手すり等の消毒、清掃強化」などを行っているとしており、不特定多数の利用者が触る施設であるピアノも運用停止となりました。

新型コロナウイルス肺炎の拡大により、空港内のちょっとした施設へも影響が出てきてしまいました。

ストリートピアノ運用停止のお知らせ(2月28日(金)〜)(関西エアポート神戸公式サイト)
https://www.kairport.co.jp/information/item8348
ラベル:神戸空港
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 神戸空港(マリンエア) | 更新情報をチェックする

関空_肺炎で展望ホール閉館

■関西国際空港(関空) 新型コロナウイルス肺炎拡大で展望ホールを閉館

関西国際空港(関空)の運営を受託している関西エアポートは27日、関空展望ホール「Sky View」について当面の間の閉館を開始しました。

新型コロナウイルス肺炎の感染予防・感染拡大防止を理由にした対応で、27日から当面の間関空展望ホール「Sky View」を閉館し、「わくわく関空見学プラン(個人様向け/団体様向け)」も運休するとしています。

ついに新型コロナウイルス肺炎の拡大により空港の施設運営にも影響が出てきました。

関空展望ホール閉館のお知らせ(2月27日(木)〜)(関西エアポート公式サイト)
https://www.kansai-airport.or.jp/notices/3044
ラベル:関空
posted by johokotu at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | 関西国際空港(関空) | 更新情報をチェックする

羽田_秋以降政策枠7空港提案

■東京国際空港(羽田空港) 今秋からの羽田発着枠政策コンテストに7空港が提案

国土交通省(国交省)は26日、今年10月に5枠に拡大される東京国際空港(羽田空港)の羽田発着枠政策コンテストについて、7空港から提案があったと発表しました。

提案があったのは、三沢飛行場、大館能代空港、山形空港、鳥取空港、石見空港、佐賀空港、下地島空港の7空港。今年10月25日に始まる冬ダイヤから、現行の3枠を5枠に拡大する分の提案です。
今年まで枠が配分されている山形、鳥取、石見の3空港に加え、前回応募時に落選した佐賀も再提案。三沢、大館能代、下地島の3空港が新規の提案を行ったことになります。
現在羽田路線がないのは下地島で、三沢は日本航空(JAL)3往復、大館能代はANA2往復を運航中。佐賀は自主増便でANA5往復が運航されています。

3月4日に評価等に関する懇談会を実施し、3月中には コンテスト選定路線の決定を行うとしています。

「第2回羽田発着枠政策コンテストの評価等に関する懇談会」を開催します(国交省公式サイト)
http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku04_hh_000212.html

posted by johokotu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

VTI_外国人航空経営許可

□VTI 外国人国際航空運送事業の経営許可

国土交通省(国交省)は28日、インドのヴィスタラ(VTI)から出されていた外国人国際航空運送事業の経営許可申請について同日付で許可したと発表しました。

VTIが許可されたのは、外国人国際航空運送事業の経営許可。インドとの間の旅客運送事業を行うとしています。
日本航空(JAL)、シンガポール航空(SIA)、シルクエア(SLK)の3社がそれぞれ運航便への共同運航による日本乗り入れで、3月1日から12路線、3月15日から1路線と日本国内9路線を就航する計画で許可されています。

3月1日からは、VTIが運航するデリー-シンガポール線週7往復とムンバイ-シンガポール線週7往復につなげる共同運航で、シンガポール-成田国際(成田)-ロサンゼルス間週7往復(SIA運航)、シンガポール-東京国際(羽田)間週28往復(SIA運航)・シンガポール-中部国際(中部)間週7往復(SIA運航)・シンガポール-関西国際(関空)間週21往復(SIA運航)・シンガポール-福岡間週7往復(SIA運航)・シンガポール-広島間週3往復(SLK運航)を運航する計画。シンガポール-日本間、成田-ロサンゼルス間の第5輸送は未実施)
3月15日からは、JAL運航便への共同運航で、デリー-成田線週7往復につなげる就航で、成田-新千歳間週7往復、成田-福岡間週7往復、成田-大阪国際(伊丹)間週14便+7便、成田-中部間週14便+7便、羽田-新千歳間週28往復、羽田-福岡間週28往復、羽田-伊丹間週28往復、羽田-関空間週14往復、羽田-中部間週7往復を運航する計画です。

外国航空会社の日本への新規乗り入れ許可 〜外国人国際航空運送事業の経営許可〜(国交省公式サイト)
http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku03_hh_000264.html
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする