2020年05月09日

欧州終戦三四半世紀

◇航空戦が起こった第二次世界大戦の欧州終戦から三四半世紀

GWはがまんのウィークです、が終わって、
外出自粛終わったと思っていませんか?
1か月の延長で外出我慢の限界がもうすぐと言う人も多いかも。

外に出られないなら、
お家で空港の歴史から、
人との戦争とウイルスとの戦争、
今と未来を考えてみませんか。


8日、第二次世界大戦(WWU)が欧州で終結して75年を迎えました。
航空機の大量投入で航空戦が起こった大戦。航空や空港の話題から過去を振り返り未来を良くしていきませんか。


欧州各地で、式典等が行われる予定でしたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、大規模なものは中止されているようです。
ドイツやイタリアでは敗戦、イギリスやフランス、海をまたいだアメリカなどでは勝利の日ですから、取り上げ方も様々です。

第二次世界大戦は、航空機が非常に重要な戦力となり、航空戦が各所で展開されています。日本でも飛行場が次々に造られるきっかけにもなりました。
今でも戦勝国では軍隊は重要な存在で、多くの空港で戦闘機も運用されています。このため、この話題を取り上げている空港も出ています。

今年は、日本も、6月23日には沖縄戦停止、8月15日には終戦から三四半世紀、75年の区切りを迎えます。

残念ながら75年目の8月を跨ぐ平和の祭典は延期となり、いま、世界では、人ではなく、ウイルスという未知の敵との戦争が続いています。
平和と戦争、外出の自粛と禁止、行動の自由と不自由、店舗閉店の補償と収容、我慢と強制、家に居られる安心と外に出る危険、民間空港と軍用飛行場、、、。そんなことも考えるにもちょうど良い機会です。
三四半世紀も前の過去は今につながっています。今はたった2週間後の未来へつなげることができます。ぜひこの機会に、航空や空港から過去を振り返り、未来を良くしていきませんか。

5月8日6時投稿(Heathrow Airport公式facebook)(英語)
https://www.facebook.com/HeathrowAirport/photos/a.145432425497926/3885387954835669/?type=3&theater
5月4日23:33投稿(Amsterdam Airport Schiphol公式facebook)(蘭語)
https://www.facebook.com/schiphol/videos/vb.171419976226312/653229871900816/?type=3&theater
5月7日16:29投稿(Seattle-Tacoma International Airport公式facebook)(英語)
https://www.facebook.com/flySEAairport/posts/2831479466905124?__tn__=-R
75 years after end of the war(Berlin's official marketing organization公式サイト)(独語・英語)
https://www.visitberlin.de/en/events-75-years-end-of-the-war
WWUと商用飛行に関する記事:VE Day 75 Years – How World War II Changed Commercial Aviation( Simple Flying公式サイト)(英語)
https://simpleflying.com/ve-day-75-years-world-war-ii-aviation/
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

お家いよう 空港コンテンツ3

□お家にいよう、で空港でもコンテンツを配信(その3)

GWはがまんのウィークです、が終わって、
外出自粛終わったと思っていませんか?
延長されてしまいましたね。
公園にも遊びに行けないさらに1か月、
どう過ごしましょうか。

外出できないのだから、やはり
お家で空港を楽しんでみませんか。


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響で、緊急事態以外での自宅からの外出自粛が要請される中、家で楽しめるコンテンツを配信する空港が続いています。

緊急の買い物など以外の自宅からの外出自粛が要請され、散歩に行くのも一密になる緊急事態宣言中。インターネットを利用し、複数の空港が家で楽しめるコンテンツを配信しています。

昨日は海外空港の事例も少し紹介しました。
米国のオンタリオ国際空港でZOOM背景などを提供していることを紹介しましたが、米国の空港は、結構積極的なところが見られます。公式サイトではなく、公式facebookなどのSNSを使った発信が多い印象です。

オースチン・バーグストロム国際空港をはじめとする23空港は、現地時間の6日にWEB上での音楽祭(JETSTREAM MUSIC FESTIVAL)を開催しています。

また、日本からの直行便があるロサンゼルス国際空港(LAX)も情報配信が積極的。「LAX Art at Home」と称して空港内にある芸術作品を動画で紹介したり、MayThe4thにはスターウォーズの映像を使ってソーシャルディスを紹介したりと、お家で楽しく過ごすためのコンテンツを数多く配信しています。

LAXでは、「#FlashBackFriday」の金曜日にコンテンツ配信をしたりしていますが、米国の空港では「Throw back Thursday」の木曜日や金曜日に面白コンテンツを発信している空港も多いようです。
探してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、お家で空港を楽しんで、
COVID-19終息後に訪れてみませんか。

JetStream Music Festival(Austin-Bergstrom International Airport公式facebook)
https://www.facebook.com/AustinAirport/videos/vb.160666713983175/3102798956449675/?type=3&theater
LAX公式Youtube
https://www.facebook.com/LAInternationalAirport
□お家にいよう、で空港でもコンテンツを配信(その2)(5月8日配信記事)
http://johokotu.seesaa.net/article/474985058.html
posted by johokotu at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

空港の人出8割減ならず

□空港の人出は8割減ならず、平日は外出自粛ゆるむ

GWはがまんのウィークです、が終わって、
外出自粛終わったと思っていませんか?
人との接触は8割減少が必要と言われたのに
都心部以外は外出する人はあまり減らず、
さらに1か月延びてしまいましたね。

まだしばらくは緊急事態以外の外出せずに、
本当に人出が減っていないのか考えてみませんか。


内閣官房は8日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック終息のために要請している外出の自粛に絡んで、全国の人口変動分析を発表しました。空港の人出も複数空港が解析されています。緊急事態宣言時に求められた接触8割減に近づく、人出8割減はほとんど達成されずじまい。特に平日2日間は人出が急増しています。

分析対象エリアのうち、空港は、新千歳、東京国際(羽田)(第1ターミナル周辺と第2ターミナル周辺の2地点)、大阪国際(伊丹)、福岡、那覇の5空港6地点が分析されています。8日発表分では、黄金週間(GW)部分とGWが明けた平日2日間のデータを確認でき、それぞれ、空港利用者がどれだけ減ったか分かります。

ざっくりとなりますが、GW最終2日間の5日、6日と(まだGW中の人もいると思われる)平日になった7日、8日の数値(いずれも15時計測)を見ると、前年比8割以上の減少を記録したのは、新千歳の6日、羽田第2ターミナルの5日だけ。感染拡大前比に至っては8割以上の減少は記録されていません。
平日になってからは、外出自粛が徹底されていないのか、減少率が軒並み悪化しています。平日は外出自粛ゆるんでいる状況が垣間見えます。仕事のリモートワークが進んでおらず、まだまだ職場に仕事に来させたり、出張に来させたり行かせたりする経営者がいっぱいいるということでしょうか。
伊丹は5割台の減少にとどまっており、数値があまり良くない状況です。

GW中の航空利用者は前年比で日本航空グループが国内線95.1%減・国際線99.1%減、ANAが国内線96.5%減・国際線97.3%減だったことが発表されています。
航空便運航に必要な要員は大きくは減らせないので、旅客は9割減、職員は5割減で全体7割減といった感じと思われる結果となりました。

日本以上にきつい規制をしている諸外国でもなかなか感染者は減らない状況で、日本でのCOVID-19第1波終息はまだまだ先になりそう。
終息がまだ先ということは、空港利用者も戻ってこないということですから、経済への影響もまだまだ先までかかってしまいまそうです。
ちなみに、航空各社はその辺を見越してか、国内線を既に5月末まで欠航することを決めている会社も。海外の航空会社では夏位まで欠航を決めている会社もあります。そして、国内鉄道等はもっと悲観的な見方なのか、いまは通常通りでも、来週や5月下旬ぐらいから定期便等の欠航を始めようとしているところもあるほどです。

わたしたちが外出しなけりゃ、感染は拡大しません。
外出自粛について、もう一回考え直してみませんか。

新千歳(全域が空港内)
 感染拡大前比  5日72.2%減、6日74.0%減、7日68.5%減、8日66.6%減
 前年大型連休比 5日79.4%減、6日80.8%減、7日75.8%減、8日74.3%減
羽田第1ターミナル周辺
 感染拡大前比  5日72.9%減、6日70.7%減、7日64.2%減、8日63.2%減
 前年大型連休比 5日79.4%減、6日77.7%減、7日66.9%減、8日66.0%減
羽田第2ターミナル周辺
 感染拡大前比  5日79.1%減、6日78.1%減、7日73.0%減、8日72.3%減
 前年大型連休比 5日80.1%減、6日79.1%減、7日74.3%減、8日73.6%減
大阪国際(全域が空港内)
 感染拡大前比  5日59.7%減、6日59.9%減、7日53.2%減、8日55.5%減
 前年大型連休比 5日61.4%減、6日61.6%減、7日54.9%減、8日57.1%減
福岡(一部周辺住宅地含む)※住宅地は元々夜間に人が多い領域
 感染拡大前比  5日64.8%減、6日63.8%減、7日53.2%減、8日57.6%減
 前年大型連休比 5日72.6%減、6日71.8%減、7日62.1%減、8日65.7%減
那覇(一部周辺基地含む)※基地は元々人が少ない領域
 感染拡大前比  5日73.7%減、6日69.9%減、7日64.5%減、8日58.4%減
 前年大型連休比 5日75.5%減、6日72.0%減、7日65.0%減、8日59.0%減
※感染拡大前比は、1/18(土)〜2/14(金)4週間の平日平均と比較した数値
※前年大型連休比は、前年大型連休(前年4/27(土)〜5/6(月))の平均と比較した数値


緊急事態宣言前後の人口変動分析(内閣官房公式サイトからのリンク)
https://mobaku.jp/covid-19/report/
2020年度 ゴールデンウィーク期間ご利用実績(JAL公式サイト)
https://press.jal.co.jp/ja/release/202005/005628.html
2020年度 ゴールデンウィーク期間 ご利用実績(ANA公式サイト)
https://www.anahd.co.jp/group/pr/202005/20200508-2.html
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

◆地方国際線誘致は無理?

◆地方空港の国際線誘致は無理? コスタ・アトランチカ対応で見えた不思議

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響で、ほとんどの空港で消滅してしまいましたが、ここ数年、地方空港で国際線を誘致する動きが加速しています。しかし、パンデミック終息後、地方空港が再び国際線の玄関口になるのは難しいと感じられる事例が発生してしまいました。

その事例とは、長崎でCOVID-19感染が広がったコスタ・アトランチカ号の対応です。

検査が陰性だった乗組員が今月初めから帰国を開始。日本から各国へ航空チャーター便が運航されています。ところが、なぜか、このチャーター便が長崎から東京国際(羽田)経由で運航されています。3日以降、インドネシアやフィリピン等にチャーター便が運航されていますが、目的地から全く逆方向に一回行かされるという不思議な事態となっています。
例えば長崎からマニラまでは約2,200キロで済みます。しかし、羽田経由だと、その半分近い1,000キロ弱も逆方向へ行かされ、そこからさらにフィリピンまで約3,000キロも飛行機に乗らなくてはなりません。

定期便なら仕方がありません。日本の航空会社は地方から国際線を就航させようとせず、実際、普段なら、ANAも日本航空も、ここ数年は、「羽田ハブ」などと言って、いったん利用者を羽田に集め、そこからの国際線を集中させる戦略を取っています。長崎から羽田経由で海外へ飛ぶ人も増えているでしょう。
しかし、今回は比較的自由に区間を設定できるチャーター便です。

運航したANAは長崎発着の国際線定期便を運航していませんので、給油や運航人員配置のためにこうなったのかもしれません。
しかし、長崎は数少ない3,000メートルの滑走路を持つ空港。普段から国際線も就航していて、入管や検疫もあり、施設に問題はありません。
それなのに、羽田を経由するというのは、とても不思議な出来事です。

地方空港はどこも国際線の誘致を声高に叫んでおり、近年運営の民間委託を進めている空港はどこも国際線誘致が大前提で利用者数を増やそうとしています。
国際線誘致の動きは長崎空港も例外ではありません。そして長崎は、江戸時代から、海外との窓口だった場所です。
しかし、そんな世界に向いている土地ですら、国際線の誘致を捨て去るような動きをしてしまったことになります。

COVID-19終息後、地方空港の運営をどうしていくのか、なんだか考えさせられる事例になってしまいました。

コスタ アトランチカ乗組員帰国のための インドネシア行きチャーターフライト運航に関しまして(コスタクルーズ公式サイト)
https://www.costajapan.com/about-costa/press-room/2020-05-05-01
コスタ アトランチカ乗組員帰国のための フィリピン行きチャーターフライト運航に関しまして(コスタクルーズ公式サイト)
https://www.costajapan.com/about-costa/press-room/2020-05-05-02
posted by johokotu at 02:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

空港検疫_3日入国500人下5/8

■空港検疫 三日連続入国者500人下回る 5月8日発表分

厚生労働省(厚労省)は5月8日12時現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


5月8日12時現在
罹 患 率 0.286%
無症状率 86.0%

国内の隠れ感染者数(推定値)34.5万人
国内の無症状病原体保有者数(推定値)29.7万人

※罹患率・無症状率は空港検疫の全員検査開始後の値を抽出し、それを元に算出しています。海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。参考程度にお考え下さい。

■空港検疫全員検査結果(すべて正午発表)
・4/4〜4/5 :対象 1,486人、症状 有0 無0 =陽性 0人/罹患率0%
・4/4〜4/6 :対象 2,801人、症状 有0 無5 =陽性 5人/罹患率0.178%
・4/4〜4/7 :対象 4,064人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.221%
・4/4〜4/8 :対象 5,707人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.157%
・4/4〜4/9 :対象 7,213人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.291%
・4/4〜4/10:対象 8,756人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.239%
・4/4〜4/11:対象10,010人、症状 有6 無17=陽性23人/罹患率0.229%
・4/4〜4/12:対象11,359人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.457%
・4/4〜4/13:対象12,680人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.410%
・4/4〜4/14:対象13,860人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.404%
・4/4〜4/15:対象14,921人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.375%
・4/4〜4/16:対象15,988人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.375%
・4/4〜4/17:対象16,682人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.359%
・4/4〜4/18:対象17,385人、症状 有11無50=陽性61人/罹患率0.350%
・4/4〜4/19:対象18,231人、症状 有11無51=陽性62人/罹患率0.340%
・4/4〜4/20:対象19,009人、症状 有11無52=陽性63人/罹患率0.331%
・4/4〜4/21:対象19,843‬人、症状 有12無53=陽性65人/罹患率0.327%
・4/4〜4/22:対象20,268‬人、症状 有12無54=陽性66人/罹患率0.325%
・4/4〜4/23:対象20,986‬人、症状 有12無56=陽性68人/罹患率0.324%
・4/4〜4/24:対象21,344人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.323%
・4/4〜4/25:対象21,865人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.315%
・4/4〜4/26:対象22,552‬人、症状 有12無60=陽性72人/罹患率0.319%
・4/4〜4/27:対象23,347人、症状 有12無62=陽性74人/罹患率0.316%
・4/4〜4/28:対象24,079人、症状 有12無63=陽性75人/罹患率0.311%
・4/4〜4/29:対象24,671人、症状 有12無66=陽性78人/罹患率0.316%
・4/4〜4/30:対象25,382‬人、症状 有12無68=陽性80人/罹患率0.315%
・4/4〜5/1 :対象26,018人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.315%
・4/4〜5/2 :対象26,609人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.308%
・4/4〜5/3 :対象27,315人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.303%
・4/4〜5/4 :対象28,113人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.295%
・4/4〜5/5 :対象28,805人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.288%
・4/4〜5/6 :対象29,171人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.284%
・4/4〜5/7 :対象29,577人、症状 有12無72=陽性84人/罹患率0.284%
・4/4〜5/8 :対象29,983‬人、症状 有12無74=陽性86人/罹患率0.286%

5月8日時点での罹患率をそのまま日本の人口(4月の推計人口1億2596万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約36.1万人になります。
国内のPCR検査陽性者は5月8日12時現在で15,382人ですから、隠れ感染者はあと約34.5万人もいると推定されます。無症状率は86.0%で、29.7万人程が未だ気が付かずに国内を歩き回っていると推定されます。

1日の入国者が3日連続で500人を下回っています。

厚労省最新発表:新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年5月8日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11222.html




空港検疫の詳細も発表されています。
・4月03日:症状 有0 無1=陽性1人 66
・4月04日:症状 有0 無7=陽性7人 67・68・69・71・72・73・98
・4月05日:症状 有3 無3=陽性6人 70・74・99・100・101・102
・4月06日:症状 有3 無8=陽性11人 75・76・77・78・79・82・83・84・103・104・105
・非公表者:症状 有0 無2=陽性2人 80・81
・4月07日:症状 有1 無3=陽性4人 85・106・107・108
・4月08日:症状 有0 無2=陽性2人 86・109
・4月09日:症状 有0 無1=陽性1人 87
・4月10日:症状 有1 無5=陽性6人 110・111・112・113・114・115
・4月11日:症状 有0 無3=陽性3人 116・117・118
・4月12日:症状 有0 無2=陽性2人 119・120
・4月13日:症状 有0 無0=陽性0人 
・4月14日:症状 有0 無4=陽性4人 121・122・123・124
・4月15日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月16日:症状 有0 無1=陽性1人 125
・4月17日:症状 有0 無1=陽性1人 126
・4月18日:症状 有0 無1=陽性1人 127
・4月19日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月20日:症状 有1 無2=陽性3人 128・129・130
・4月21日:症状 有0 無2=陽性2人 131・132
・4月22日:症状 有0 無1=陽性1人 133
・4月23日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月24日:症状 有0 無3=陽性3人 134・135・136
・4月25日:症状 有0 無2=陽性2人 137・138
・4月26日:症状 有0 無1=陽性1人 139
・4月27日:症状 有0 無2=陽性2人 140・141
・4月28日:症状 有0 無3=陽性3人 142・143・144
・4月29日:症状 有0 無2=陽性2人 145・146
・4月30日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月01日:症状 有0 無1=陽性1人 147
・5月02日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月03日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月04日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月05日:症状 有0 無1=陽性1人 148
・5月06日:症状 有0 無2=陽性2人 149・150
・5月07日:症状 有0 無1(+1)=陽性1人 151
 空港別:羽田1
 男女別:男0・女0・確認中1
 年代別:10代下0・20代0・30代0・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0・確認中1
 渡航元:確認中1
 居住地:確認中1


4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、5月7日までの35日間で76人となりました。
76人のうち有症状は9人のみ。無症状は67人で、無症状率は88.1%となっています。
それにしても男か女かすら確認できないというのはどういうことなのでしょうか、、、。

厚労省最新発表:新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11220.html
ラベル:検疫 感染症 羽田
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

お家いよう 空港コンテンツ2

□お家にいよう、で空港でもコンテンツを配信(その2)

GWはがまんのウィークです、が終わって、
外出自粛終わったと思っていませんか?
さらに1か月ですよ、1か月。

まだしばらくは外出せずに、
お家で空港を楽しんでみませんか。


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響で、緊急事態以外での自宅からの外出自粛が要請される中、家で楽しめるコンテンツを配信する空港があります。

緊急の買い物など以外の自宅からの外出自粛が要請され、散歩に行くのも一密になる緊急事態宣言中。インターネットを利用し、複数の空港が家で楽しめるコンテンツを配信しています。

4月26日には中部国際空港(セントレア)と能登空港の取り組みを取り上げました。セントレアでは、コンテンツを少しずつ増やしています。

翌日の4月27日には長野県が、信州まつもと空港オリジナルのペーパークラフトを公開。なんと、日本初、ターミナルが作れます(笑)
既に報じていますが、石見空港では、休校措置に対応して募集した作品のWEB展示が始まることになっています。

そして、世界に目をやると、様々なコンテンツが提供されています。
「いつか来てね」と地元観光局などが動画配信などを行うのが流行りになっています。
マルタ国際空港では「Stay Home Now, Fly Later.」として、Facebookなどで特別動画などを頻繁に更新しています。
インドのデリー空港でも特別動画が配信されています。
米国のオンタリオ国際空港ではZOOM背景などを提供しています。

ぜひ、お家で空港を楽しんで、
COVID-19終息後に訪れてみませんか。

Malta International Airport公式facebook
https://www.facebook.com/maltairport/
Delhi Airport公式Youtube
https://www.youtube.com/user/DelAirport
Ontario International Airport公式facebook
https://www.facebook.com/flyONT/
信州まつもと空港のイベント情報(長野県公式サイト)
https://www.pref.nagano.lg.jp/airport/kukou/ibento.html
■石見空港(萩・石見空港) 今日はこどもの日! わたしのまちの萩・石見空港を公式サイトで公開へ(5月5日配信記事)
http://johokotu.seesaa.net/article/474928059.html
□お家にいよう、で空港でもコンテンツを配信(4月26日配信記事)
http://johokotu.seesaa.net/article/474777868.html
posted by johokotu at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

コロナ_3月推定1800人持込

■3月に海外からのウイルス持ち込みは推定1,800人

GWはがまんのウィークです(空港のない神奈川県知事談)
「W」eekが全く逆の「M」onthになってしまいましたが、
緊急事態以外の外出ができず、皆が自宅で我慢中。
でも、なぜか今日から、インフラ業界でもないのに
リモートにならずに痛勤が再開されたという人もいるはず。

GWが明けても、パンデミックは変わりません。
空港検疫の全員検査の結果から
出歩く危険性を考えてみませんか


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックに関して、ウイルスの型の研究から3月に海外から持ち込まれたのが大きな要因という話が出てきています。本当にそんなにウイルスが持ち込まれたのでしょうか??
空港検疫の全員検査が始まって5月2日で1か月経ち、3月の空港利用者数速報値も出たので、利用者数と検査結果のデータから推定してみます。


空港検疫の全員検査の結果は、5月4日0時に配信した記事「■空港検疫 全員検査1か月経過、罹患率0.3%強・無症状率85%超 5月3日発表分(http://johokotu.seesaa.net/article/474898993.html)」で1か月分のデータを取り上げました。
罹患率は、毎日0.3%前後で安定しており、少なく見積もって0.259%でした。

一方、先月末に3月の空港の利用概況(速報値)が出ました。3月の国際線利用者数は1,471,008人でした。これは出国、入国合計なので、半数の約70万人が入国したと推定できます。(法務省でも4月14日に3月の出入国者数を出していますが、外国人入国者数と日本人出国者数しかデータがないため、推定できません。)

この二つの数値を合わせて考えたら、3月に諸外国から日本にウイルスを持ち込んだ人の人数は、なんと約1,800人にもなりました。

しかし、3月まで中に空港検疫で陽性反応が出ていたのはたったの56人。1,750人ほどは国内にスルリと入り込んでいたことになります。
空港検疫の全員検査では、無症状率も85%以上となっており、約1,500人は何も気が付いていなかったと推定されます。
(羽田や成田から地方に帰国した人はいるものの)入国地域別人数分布と現在の感染者分布がよく似ているのも興味深いですね。

罹患率 最低ラインで0.259%
3月の入国者数(推定)約70万人

3月に海外からウイルス持込んだ人 推定約1,800人


「3月に海外から持ち込まれた」、そして、「気が付かずに感染が拡大」というのは、検査結果と利用者数のデータからも正しいと言えそうです。

実は、3月下旬には、外務省も厚生労働省も、感染の4人に1人は帰国者関係だと警告を発していました。
しかし、当時はデータもはっきりしていませんでしたから、この警告に危機感を感じた人は少なかったのでは?
約70万人の入国者で外出自粛をしていたのはどのくらいいたでしょうか。

同じ構図が、今、東京から地方へ、都心から郊外へ、駅前から自宅へと起こっています。

結局出てきたデータは、ミクロな世界の科学的な分析結果にも合致してしまいました。
そして、1か月前の過去が、現在を良い方向に変えることはできなかったことを如実に現わしています。
現在は、1か月後の未来を良い方向へ変えられるのでしょうか。

わたしたちが外に出なけりゃ、感染は拡がりません。
外出自粛を続けてみませんか。


2020年3月の国際線旅客数(東京航空局と大阪航空局の発表から算出)
北 海 道  16,200人
東  北   731人
関東信越静岡  1,087,539人
 東日本  1,104,470人
東海北陸  64,819人
近  畿 235,817人
中  国 4,018人
四  国 1,289人
九  州 49,320人
沖  縄 11,275人
 西日本 366,538人
合計 1,471,008人

管内空港の利用概況集計表の公開(国土交通省公式サイト)
https://www.cab.mlit.go.jp/tcab/img/000/statistics/20200430_riyougaikyou.pdf
利用実績速報(国土交通省公式サイト)
http://ocab.mlit.go.jp/about/total/report/
‬‬■新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年4月1日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10651.html
□新型コロナウイルス感染症 陽性の4人に1人は帰国者、渡航中止勧告急拡大(3月31日配信記事)
http://johokotu.seesaa.net/category/6765751-4.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

空港検疫_2日連続500人下5/7

■空港検疫 二日連続入国者500人下回る 5月7日発表分

厚生労働省(厚労省)は5月7日12時現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


5月7日12時現在
罹 患 率 0.284%
無症状率 85.7%

国内の隠れ感染者数(推定値)34.2万人
国内の無症状病原体保有者数(推定値)29.3万人

※罹患率・無症状率は空港検疫の全員検査開始後の値を抽出し、それを元に算出しています。海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。参考程度にお考え下さい。

■空港検疫全員検査結果(すべて正午発表)
・4/4〜4/5 :対象 1,486人、症状 有0 無0 =陽性 0人/罹患率0%
・4/4〜4/6 :対象 2,801人、症状 有0 無5 =陽性 5人/罹患率0.178%
・4/4〜4/7 :対象 4,064人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.221%
・4/4〜4/8 :対象 5,707人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.157%
・4/4〜4/9 :対象 7,213人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.291%
・4/4〜4/10:対象 8,756人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.239%
・4/4〜4/11:対象10,010人、症状 有6 無17=陽性23人/罹患率0.229%
・4/4〜4/12:対象11,359人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.457%
・4/4〜4/13:対象12,680人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.410%
・4/4〜4/14:対象13,860人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.404%
・4/4〜4/15:対象14,921人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.375%
・4/4〜4/16:対象15,988人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.375%
・4/4〜4/17:対象16,682人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.359%
・4/4〜4/18:対象17,385人、症状 有11無50=陽性61人/罹患率0.350%
・4/4〜4/19:対象18,231人、症状 有11無51=陽性62人/罹患率0.340%
・4/4〜4/20:対象19,009人、症状 有11無52=陽性63人/罹患率0.331%
・4/4〜4/21:対象19,843‬人、症状 有12無53=陽性65人/罹患率0.327%
・4/4〜4/22:対象20,268‬人、症状 有12無54=陽性66人/罹患率0.325%
・4/4〜4/23:対象20,986‬人、症状 有12無56=陽性68人/罹患率0.324%
・4/4〜4/24:対象21,344人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.323%
・4/4〜4/25:対象21,865人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.315%
・4/4〜4/26:対象22,552‬人、症状 有12無60=陽性72人/罹患率0.319%
・4/4〜4/27:対象23,347人、症状 有12無62=陽性74人/罹患率0.316%
・4/4〜4/28:対象24,079人、症状 有12無63=陽性75人/罹患率0.311%
・4/4〜4/29:対象24,671人、症状 有12無66=陽性78人/罹患率0.316%
・4/4〜4/30:対象25,382‬人、症状 有12無68=陽性80人/罹患率0.315%
・4/4〜5/1 :対象26,018人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.315%
・4/4〜5/2 :対象26,609人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.308%
・4/4〜5/3 :対象27,315人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.303%
・4/4〜5/4 :対象28,113人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.295%
・4/4〜5/5 :対象28,805人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.288%
・4/4〜5/6 :対象29,171人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.284%
・4/4〜5/7 :対象29,577人、症状 有12無72=陽性84人/罹患率0.284%

5月7日時点での罹患率をそのまま日本の人口(4月の推計人口1億2596万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約35.7万人になります。
国内のPCR検査陽性者は5月7日12時現在で15,300人ですから、隠れ感染者はあと約34.2万人もいると推定されます。無症状率は85.7%で、29.3万人程が未だ気が付かずに国内を歩き回っていると推定されます。

1日の入国者が2日連続で500人を下回っています。

厚労省最新発表:新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年5月7日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11189.html




空港検疫の詳細も発表されています。
・4月03日:症状 有0 無1=陽性1人 66
・4月04日:症状 有0 無7=陽性7人 67・68・69・71・72・73・98
・4月05日:症状 有3 無3=陽性6人 70・74・99・100・101・102
・4月06日:症状 有3 無8=陽性11人 75・76・77・78・79・82・83・84・103・104・105
・非公表者:症状 有0 無2=陽性2人 80・81
・4月07日:症状 有1 無3=陽性4人 85・106・107・108
・4月08日:症状 有0 無2=陽性2人 86・109
・4月09日:症状 有0 無1=陽性1人 87
・4月10日:症状 有1 無5=陽性6人 110・111・112・113・114・115
・4月11日:症状 有0 無3=陽性3人 116・117・118
・4月12日:症状 有0 無2=陽性2人 119・120
・4月13日:症状 有0 無0=陽性0人 
・4月14日:症状 有0 無4=陽性4人 121・122・123・124
・4月15日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月16日:症状 有0 無1=陽性1人 125
・4月17日:症状 有0 無1=陽性1人 126
・4月18日:症状 有0 無1=陽性1人 127
・4月19日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月20日:症状 有1 無2=陽性3人 128・129・130
・4月21日:症状 有0 無2=陽性2人 131・132
・4月22日:症状 有0 無1=陽性1人 133
・4月23日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月24日:症状 有0 無3=陽性3人 134・135・136
・4月25日:症状 有0 無2=陽性2人 137・138
・4月26日:症状 有0 無1=陽性1人 139
・4月27日:症状 有0 無2=陽性2人 140・141
・4月28日:症状 有0 無3=陽性3人 142・143・144
・4月29日:症状 有0 無2=陽性2人 145・146
・4月30日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月01日:症状 有0 無1=陽性1人 147
・5月02日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月03日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月04日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月05日:症状 有0 無1=陽性1人 148
・5月06日:症状 有0 無2(+2)=陽性2人 149・150
 空港別:成田2
 男女別:男1・女1
 年代別:10代下0・20代1・30代0・40代0・50代1・60代0・70代0・80代上0
 渡航元:ペルー1・確認中1
 居住地:栃木1・千葉1


4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、5月6日までの34日間で75人となりました。
75人のうち有症状は9人のみ。無症状は66人で、無症状率は88.0%となっています。

厚労省最新発表:新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11191.html
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

◆定期調査一時休止について

◆定期調査更新一時休止のお知らせ

奇数月に実施している、各空港紹介ページの定期調査更新につきまして、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックによる繁忙のため、一時休止とさせていただきます。

各空港紹介ページの定期調査更新は、一年間を通じて捉えきれなかった変化を、現地調査ではなく、ネット調査をもとに調査し、更新しているものです(主に店舗情報などを更新)。今年も、1月に「定期便のない空港」、3月に「定期便が1路線のみの空港」を更新しており、5月は「定期便が2路線の空港」を更新する予定でした。

しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックに伴い、大幅欠航で就航路線に大きな変化が生じていること、COVID-19に絡む様々な調査に時間がかかりすぎていることなどから、定期調査にかける時間がないため、同更新を一時休止させていただきます。

合わせて、5月10日でパンデミック2か月となることから、5月11日以降は、欠航が続いている航空会社の路線について、欠航路線ではなく運休路線として取り上げることにします。
これまでは、路線一覧表のみを更新し、就航路線数などを示す本文は変更しないままとしていましたが、あまりにも欠航便・欠航路線が多く、撤退したのかただの欠航なのか見分けがつかないので、5月11日以降に各空港のページを更新する際には、本文の文章変更も含めて実施していきます。
※欠航便は、厳密には、路線としては継続しているものですが、飛んでいない便は廃止路線とみなし、本文もそれに合わせて更新していきます。
※一覧表下の路線変遷については、しばらくは「長期欠航」として記載します。

なお、過去1年分の各空港ページの定期調査更新内容については、下記をご参照ください。
2020年03月:◆今月の定期更新:定期便が一路線の空港 http://johokotu.seesaa.net/article/474050996.html
2020年01月:◆今月の定期更新:定期運航便のない空港 http://johokotu.seesaa.net/article/473080494.html
2019年11月:◆今月の定期更新:国際空港 http://johokotu.seesaa.net/article/471476007.html
2019年09月:◆今月の定期更新:国内線定期運航便が7路線以上の空港 http://johokotu.seesaa.net/article/470354866.html
2019年07月:◆今月の定期更新:国内線定期運航便が3〜6路線の空港 http://johokotu.seesaa.net/article/467888128.html
2019年05月:◆今月の定期更新:国内線定期運航便が2路線の空港 http://johokotu.seesaa.net/article/465760157.html
2019年03月:◆今月の定期更新:国内線定期運航便が1路線のみの空港 http://johokotu.seesaa.net/article/464553014.html
2019年01月:◆今月の定期更新:定期運航便のない空港 http://johokotu.seesaa.net/article/463540719.html
ラベル:空港概要
posted by johokotu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆ブログのお知らせ | 更新情報をチェックする

空港検疫_初3日罹患無5/6

■空港検疫 全員検査開始後初めて三日連続罹患者なし 5月6日発表分

厚生労働省(厚労省)は5月6日12時現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


5月6日12時現在
罹 患 率 0.284%
無症状率 85.5%

国内の隠れ感染者数(推定値)34.3万人
国内の無症状病原体保有者数(推定値)29.3万人

※罹患率・無症状率は空港検疫の全員検査開始後の値を抽出し、それを元に算出しています。海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。参考程度にお考え下さい。

■空港検疫全員検査結果(すべて正午発表)
・4/4〜4/5 :対象 1,486人、症状 有0 無0 =陽性 0人/罹患率0%
・4/4〜4/6 :対象 2,801人、症状 有0 無5 =陽性 5人/罹患率0.178%
・4/4〜4/7 :対象 4,064人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.221%
・4/4〜4/8 :対象 5,707人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.157%
・4/4〜4/9 :対象 7,213人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.291%
・4/4〜4/10:対象 8,756人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.239%
・4/4〜4/11:対象10,010人、症状 有6 無17=陽性23人/罹患率0.229%
・4/4〜4/12:対象11,359人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.457%
・4/4〜4/13:対象12,680人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.410%
・4/4〜4/14:対象13,860人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.404%
・4/4〜4/15:対象14,921人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.375%
・4/4〜4/16:対象15,988人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.375%
・4/4〜4/17:対象16,682人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.359%
・4/4〜4/18:対象17,385人、症状 有11無50=陽性61人/罹患率0.350%
・4/4〜4/19:対象18,231人、症状 有11無51=陽性62人/罹患率0.340%
・4/4〜4/20:対象19,009人、症状 有11無52=陽性63人/罹患率0.331%
・4/4〜4/21:対象19,843‬人、症状 有12無53=陽性65人/罹患率0.327%
・4/4〜4/22:対象20,268‬人、症状 有12無54=陽性66人/罹患率0.325%
・4/4〜4/23:対象20,986‬人、症状 有12無56=陽性68人/罹患率0.324%
・4/4〜4/24:対象21,344人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.323%
・4/4〜4/25:対象21,865人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.315%
・4/4〜4/26:対象22,552‬人、症状 有12無60=陽性72人/罹患率0.319%
・4/4〜4/27:対象23,347人、症状 有12無62=陽性74人/罹患率0.316%
・4/4〜4/28:対象24,079人、症状 有12無63=陽性75人/罹患率0.311%
・4/4〜4/29:対象24,671人、症状 有12無66=陽性78人/罹患率0.316%
・4/4〜4/30:対象25,382‬人、症状 有12無68=陽性80人/罹患率0.315%
・4/4〜5/1 :対象26,018人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.315%
・4/4〜5/2 :対象26,609人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.308%
・4/4〜5/3 :対象27,315人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.303%
・4/4〜5/4 :対象28,113人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.295%
・4/4〜5/5 :対象28,805人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.288%
・4/4〜5/6 :対象29,171人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.284%

5月6日時点での罹患率をそのまま日本の人口(4月の推計人口1億2596万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約35.8万人になります。
国内のPCR検査陽性者は5月6日12時現在で15,192人ですから、隠れ感染者はあと約34.3万人もいると推定されます。無症状率は85.5%で、29.3万人程が未だ気が付かずに国内を歩き回っていると推定されます。

3日連続で罹患者はゼロとなっています。3日連続は全員検査開始後初めてのことです。
5月6日の検査人数増加は366人で、久々に1日の入国者が500人を下回りました。

厚労省最新発表:新型コロナウイルス感染症の現在の状況について(令和2年5月6日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11178.html




空港検疫の詳細も発表されています。
・4月03日:症状 有0 無1=陽性1人 66
・4月04日:症状 有0 無7=陽性7人 67・68・69・71・72・73・98
・4月05日:症状 有3 無3=陽性6人 70・74・99・100・101・102
・4月06日:症状 有3 無8=陽性11人 75・76・77・78・79・82・83・84・103・104・105
・非公表者:症状 有0 無2=陽性2人 80・81
・4月07日:症状 有1 無3=陽性4人 85・106・107・108
・4月08日:症状 有0 無2=陽性2人 86・109
・4月09日:症状 有0 無1=陽性1人 87
・4月10日:症状 有1 無5=陽性6人 110・111・112・113・114・115
・4月11日:症状 有0 無3=陽性3人 116・117・118
・4月12日:症状 有0 無2=陽性2人 119・120
・4月13日:症状 有0 無0=陽性0人 
・4月14日:症状 有0 無4=陽性4人 121・122・123・124
・4月15日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月16日:症状 有0 無1=陽性1人 125
・4月17日:症状 有0 無1=陽性1人 126
・4月18日:症状 有0 無1=陽性1人 127
・4月19日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月20日:症状 有1 無2=陽性3人 128・129・130
・4月21日:症状 有0 無2=陽性2人 131・132
・4月22日:症状 有0 無1=陽性1人 133
・4月23日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月24日:症状 有0 無3=陽性3人 134・135・136
・4月25日:症状 有0 無2=陽性2人 137・138
・4月26日:症状 有0 無1=陽性1人 139
・4月27日:症状 有0 無2=陽性2人 140・141
・4月28日:症状 有0 無3=陽性3人 142・143・144
・4月29日:症状 有0 無2=陽性2人 145・146
・4月30日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月01日:症状 有0 無1=陽性1人 147
・5月02日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月03日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月04日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月05日:症状 有0 無1(+1)=陽性1人 148
 空港別:成田1
 男女別:男1・女0
 年代別:10代下0・20代0・30代0・40代1・50代0・60代0・70代0・80代上0
 渡航元:米国チリ1
 居住地:東京1


3日連続で患者が出ていませんでしたが、1名陽性者が出ました。
4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、5月5日までの33日間で73人となりました。
73人のうち有症状は9人のみ。無症状は64人で、無症状率は87.6%となっています。

厚労省最新発表:新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11177.html
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

山口宇部_猿でも分かる2m

■山口宇部空港 サルでもわかる2メートル、ソーシャルディスタンスをターミナル内でPR

GWはがまんのウィークです(空港のない神奈川県知事談)
「W」eekが全く逆の「M」onthになってしまいましたが、
緊急事態以外の外出ができず、皆が自宅で我慢中。

こんな時は、空港の話題から、
サルでも分かるコロナ対策を学んでみませんか。


宇部市は4月28日、山口宇部空港国内線ターミナル内で、シロテテナガザルの実物大のぬいぐるみを使った社会的距離(ソーシャルディスタンス)のPRを始めました。

宇部市が山口宇部空港国内線ターミナル内で始めたのはソーシャルディスタンスのPR。1階到着ロビーにある宇部市PRコーナーで展示しているとしています。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック後、外出の際に必要とされる他の人との社会的距離(2メートル以上)を実際に示すため、シロテテナガザルの実物大のぬいぐるみ2頭を使って、2メートルの距離を表現しています。

シロテテナガザルは空港近くのときわ動物園で飼育されている人気の動物。両手を広げるとだいたい1メートル強ですので、2頭並ぶとちょうど2メートル程度と、ソーシャルディスタンスを表現するのに最適な動物になっています。まだまだこの距離を分かっていない日本人が非常に多いですが、まさに「サルでもわかる」内容です。

山口宇部空港の宇部市PRコーナーは、ときわ動物園にいる動物をPRするぬいぐるみや置物があるのが非常に有名。普段通りの楽しい展示で知識も身に着けられ、かつ地域のPRもしてしまうという秀逸なものになっています。

なお、山口宇部空港では、これからの季節、バラ園が見ごろを迎えます。
今年は不要不急の来港は自粛が求められているところですが、空港は公共施設で完全閉館はできないため、見学者を完全に止めることはできない状況です。このため、鑑賞の際には、ソーシャルディスタンスをとるなどの対策をするよう求めています。

ソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保(宇部市公式サイト)
https://www.city.ube.yamaguchi.jp/kenkou/seijinkenkou/kansenshouyobou/korona/syuuti/index.html
〜バラ園をご観賞される方へお願い〜(山口宇部空港公式facebook)
https://www.facebook.com/yamaguchiubeairport/posts/2733076923487134?__tn__=-R
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | 山口宇部空港 | 更新情報をチェックする

空港検疫_2日連続罹患無5/5

■空港検疫 二日連続罹患者なし 5月5日発表分

厚生労働省(厚労省)は5月5日12時現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


5月5日12時現在
罹 患 率 0.288%
無症状率 85.5%

国内の隠れ感染者数(推定値)34.7万人
国内の無症状病原体保有者数(推定値)29.7万人

※罹患率・無症状率は空港検疫の全員検査開始後の値を抽出し、それを元に算出しています。海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。参考程度にお考え下さい。

■空港検疫全員検査結果(すべて正午発表)
・4/4〜4/5 :対象 1,486人、症状 有0 無0 =陽性 0人/罹患率0%
・4/4〜4/6 :対象 2,801人、症状 有0 無5 =陽性 5人/罹患率0.178%
・4/4〜4/7 :対象 4,064人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.221%
・4/4〜4/8 :対象 5,707人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.157%
・4/4〜4/9 :対象 7,213人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.291%
・4/4〜4/10:対象 8,756人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.239%
・4/4〜4/11:対象10,010人、症状 有6 無17=陽性23人/罹患率0.229%
・4/4〜4/12:対象11,359人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.457%
・4/4〜4/13:対象12,680人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.410%
・4/4〜4/14:対象13,860人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.404%
・4/4〜4/15:対象14,921人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.375%
・4/4〜4/16:対象15,988人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.375%
・4/4〜4/17:対象16,682人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.359%
・4/4〜4/18:対象17,385人、症状 有11無50=陽性61人/罹患率0.350%
・4/4〜4/19:対象18,231人、症状 有11無51=陽性62人/罹患率0.340%
・4/4〜4/20:対象19,009人、症状 有11無52=陽性63人/罹患率0.331%
・4/4〜4/21:対象19,843‬人、症状 有12無53=陽性65人/罹患率0.327%
・4/4〜4/22:対象20,268‬人、症状 有12無54=陽性66人/罹患率0.325%
・4/4〜4/23:対象20,986‬人、症状 有12無56=陽性68人/罹患率0.324%
・4/4〜4/24:対象21,344人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.323%
・4/4〜4/25:対象21,865人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.315%
・4/4〜4/26:対象22,552‬人、症状 有12無60=陽性72人/罹患率0.319%
・4/4〜4/27:対象23,347人、症状 有12無62=陽性74人/罹患率0.316%
・4/4〜4/28:対象24,079人、症状 有12無63=陽性75人/罹患率0.311%
・4/4〜4/29:対象24,671人、症状 有12無66=陽性78人/罹患率0.316%
・4/4〜4/30:対象25,382‬人、症状 有12無68=陽性80人/罹患率0.315%
・4/4〜5/1 :対象26,018人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.315%
・4/4〜5/2 :対象26,609人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.308%
・4/4〜5/3 :対象27,315人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.303%
・4/4〜5/4 :対象28,113人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.295%
・4/4〜5/5 :対象28,805人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.288%

5月5日時点での罹患率をそのまま日本の人口(4月の推計人口1億2596万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約36.2万人になります。
国内のPCR検査陽性者は5月5日12時現在で15,069人ですから、隠れ感染者はあと約34.7万人もいると推定されます。無症状率は85.5%で、29.7万人程が未だ気が付かずに国内を歩き回っていると推定されます。

2日連続で罹患者はゼロ。詳細も三日連続で発表されていない状況です。

厚労省最新発表:新型コロナウイルス感染症の現在の状況について(令和2年5月5日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11172.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

南紀白浜_音楽で活性化へ

■南紀白浜空港 音楽で空港活性化へ

南紀白浜空港の運営を受託している南紀白浜エアポートは28日、南紀白浜空港にピアノを設置したと発表しました。

今回設置されたピアノは、廃校となった白浜町立川添中学校の廃校舎に残されていたもので、1階到着ロビーに設置されました。
誰でも自由に演奏が可能で、「演奏風景の写真撮影や動画配信なども可能」とPRされています。

南紀白浜空港では、空港音楽室と称し駐機場周辺を使って楽器の演奏ができるサービスを提供中で、ピアノ設置と合わせて、音楽で空港を活性化させています。
南紀白浜エアポートは、昨年4月の運営受託以降、五感で和歌山を感じるサービスを次々に展開。今回も、来港者の聴覚や触覚を魅了するサービスを新たに展開することになります。

なお、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響で、南紀白浜エアポートは、緊急事態宣言期間中の空港への来訪を自粛するよう求めています。
残念ながら、まだ暫くはピアノを使用しない状況が続きそうです。

南紀白浜空港にピアノを設置(南紀白浜エアポート公式サイト)
http://shirahama-airport.jp/application/files/9015/8805/8059/20200428_.pdf
空港音楽室はじめました(南紀白浜エアポート公式サイト)
http://shirahama-airport.jp/download_file/view_inline/375
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | 南紀白浜空港 | 更新情報をチェックする

石見_こどもの日 作品公開へ

■石見空港(萩・石見空港) 今日はこどもの日! わたしのまちの萩・石見空港を公式サイトで公開へ

GWはがまんのウィークです(空港のない神奈川県知事談)
「W」eekが全く逆の「M」onthになってしまいましたが、
緊急事態以外の外出ができず、皆が自宅で我慢中。

今日はこどもの日。
こどもたちの話題から、ヴァーチャル空間でも、
ワクワク・楽しいニッポンの空港について考えてみませんか。


石見空港(萩・石見空港)の萩・石見空港利用拡大促進協議会は1日、3月9日〜4月15日に募集した「わたしのまちの萩・石見空港」の作品について、空港での展示を見送り、公式サイトと公式facebookで公開すると発表しました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で学校が休校となった子供たちから募集したもの。「飛行機に乗る機会が少ない子どもたちにもワクワク・楽しい萩・石見空港について考えてもらうきっかけになれば」と実施したもので、島根県か山口県に在住の小中学生、未就学児を対象に作品を募集していました。
募集時には空港内での展示を予定していましたが、COVID-19の感染拡大は止まらず、拡大防止の観点から空港内展示を断念。萩・石見空港の公式サイトと公式facebookで公開することになりました。
今後、受賞作品を順次掲載していくとしています。

まだ不要不急の来港ができない空港。
空港まで行かなくても、空港を楽しめるのが今回の取り組みです。
ぜひ、おうちにいよう月間、がまん月間は、自宅から空港を楽しんでみませんか。

なお、公式サイトでは、応募用の「空runちゃん ぬり絵」がまだダウンロードできます。
応募はできませんが、自宅で我慢中の子供たちの遊び用に使ってみては?

『わたしのまちの萩・石見空港』について(萩・石見空港公式サイト)
http://hagiiwami.jp/『わたしのまちの萩・石見空港』について/
〜休校中のこどもたちに向けて〜(萩・石見空港公式サイト)
http://hagiiwami.jp/%EF%BD%9E休校中のこどもたちに向けて%EF%BD%9E/
posted by johokotu at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | 石見空港(萩・石見空港) | 更新情報をチェックする

国内線検温全国に拡大

□国内線利用時の体温検査全国の空港に拡大、搭乗時全員検査のほかに到着時任意検査も

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックに伴い、国内線利用時の体温検査が全国の空港に拡大しています。

国際線ではほとんどの空港で実施されてきたサーモグラフィーなどによる体温検査が、緊急事態宣言以降、国内線に広がり、さらに全国の空港に拡大しています。

国土交通省(国交省)は4月17日に東京国際の国内線、4月24日に大阪国際、5月1日に成田国際、関西国際、中部国際、福岡の各国内線で、サーモグラフィーを設置。出発保安検査場で全員検査を開始しています。

このほか、多くの都道府県が体温検査を開始しています。国交省は出発時の全員検査ですが、都道府県の実施は到着時の任意実施や単なる検温コーナー設置が中心のようです。確認できただけで以下の空港で実施されています。

東京都では、国よりも2か月も早く、3月7日には調布での搭乗前検温をスタート。調布以外の本土直行便がある八丈島では3月11日から到着時検温を実施しています。
島根県では、5月1日から出雲で隠岐便出発限定の検温が始まりました。
長崎県では、対馬で検温が行われているほか、4月29日からオリエンタルエアブリッジが長崎で搭乗時の全員検温を実施しています。
鹿児島県の空港は、3月23日から奄美と屋久島、4月2日から沖永良部、4月4日から徳之島、さらに種子島、喜界、与論、4月21日には鹿児島空港の国内線でも到着時検温を実施しています。ちなみに、種子島にある宇宙航空研究開発機構(JAXA)種子島宇宙センターでは、作業員等も含め、種子島入島に際して、入島前14日間の検温結果確認したうえ、入島後14日間は生活の維持に必要な場合を除き 外出の自粛を徹底させるという対策を実施しているほどです。鹿児島からは三島村場外離着陸場へ新日本航空の定期チャーター便が飛んでいますが、三島村も、鹿児島県内での入島前2週間の健康観察を求め、航空便予約前に村に事前相談が必要となっています。
沖縄県は、4月9日に那覇、翌10日に宮古と新石垣で到着時検温を開始しています。

離島以外では、北海道で、4月15日に新千歳、4月20日に帯広、4月21日に旭川、4月22日に函館といずれも到着時検温が始まりました。また、4月18日から庄内と山形、4月21日から松本、4月29日から南紀白浜、4月29日から徳島、4月20日から松山、4月19日から大分、4月24日から熊本、4月29日から宮崎などで実施されています。
※百里、松本、静岡、名古屋、岩国、下地島は、全便欠航中のため検査自体が不要。

なお、国内線の場合、空港での体温検査は、搭乗拒否にはならず、あくまでも自粛要請となりますが、国際線の場合は、搭乗を禁止される場合もあるので、注意が必要です。


多くの空港で検温が行われていますが、やはり、非常に危機感の高い離島への路線がある空港での実施が目立ちます。
4月3日以降行われている入国者全員を対象とした空港検疫の結果では無症状が85%を超えており、検温で捕捉できるのは感染者のせいぜい2割程度と思われます。実際に鹿児島や沖縄の離島ではCOVID-19の流入を防げていません。このため、あくまでもパフォーマンスという見方もでき、岡山などでは公共交通機関での検温実施に反発の声も上がっているとの報道もあったほどです。

しかし、こうやって全国の空港での検温ひとつとっても、そういった対策の動きから、県民の生命を大切にしている県か、動きが速い県か、自己中な住民が周辺に多いかといったことがなんとなく感じられるものになっています。やはり、医療体制がぜい弱な離島の危機感は半端でないですね(日本も世界から見たら台湾同様に極東の小さな離島国家なのですが、、、)。
きちんと動ける県は、より安全な県ということですから、COVID-19収束後は、こういった県に積極的に旅行に出張に出ていきたいですね。

羽田空港でサーモグラフィーによる体温確認を開始します(国交省公式サイト)
https://www.mlit.go.jp/report/press/kouku05_hh_000156.html
伊丹空港でサーモグラフィーによる体温確認を開始します(国交省公式サイト)
https://www.mlit.go.jp/report/press/kouku18_hh_000042.html
4空港でサーモグラフィーによる体温確認を開始します(国交省公式サイト)
https://www.mlit.go.jp/report/press/kouku18_hh_000043.html
新型コロナウイルス感染症に関する 調布飛行場及び竹芝客船ターミナルでの対応について (東京都公式サイト)
https://www.kouwan.metro.tokyo.lg.jp/topics/200306press.pdf
来島自粛のお願い 新型コロナウイルス感染症関連情報(八丈島観光協会公式サイト)
https://www.hachijo.gr.jp/blogs/notice20200311/
新型コロナウイルス感染症予防対策(西之表市公式サイト)
https://www.city.nishinoomote.lg.jp/admin/soshiki/kenkouhoken/kenkouzoushin/sukoyaka/kansensyousyokutyudoutaisaku/koronauirusu/5066.html
新型コロナウイルスについて(詳細情報)(喜界町公式サイト)
https://www.town.kikai.lg.jp/koho/coronavirus/3-2-1.html
新型コロナウィルス感染防止のためのお願い(与論町公式サイト)
http://www.yorontou.info/topics/e000412.html
JAXAおよび三菱重工業株式会社による 新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みについて(JAXA公式サイト)
https://www.jaxa.jp/files/notice-c_h2b.pdf
村外から来島されるすべての方へのお願い(三島村公式サイト)
http://mishimamura.com/未分類/10491/
新型コロナウイルスによる肺炎に伴う対応について(2020年4月28日更新)(ORC公式サイト)
https://www.orc-air.co.jp/information/20200428-3541/
航路・航空路利用時の検温にご協力ください(対馬市公式サイト)
http://www.city.tsushima.nagasaki.jp/live/post_125.html
新型コロナウイルス感染症に関する第1次緊急対策の方向性(旭川市公式サイト)
https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/kurashi/135/136/150/d068298_d/fil/03.pdf#search=%27%E6%97%AD%E5%B7%9D%E5%B8%82+%E7%A9%BA%E6%B8%AF+%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3+%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%27
帯広市の対策に関するよくあるお問合せ(帯広市公式サイト)
https://www.city.obihiro.hokkaido.jp/hokenfukushibu/kenkousuishinka/corona/corona-v-qa.html
新千歳空港におけるサーモグラフィーを活用した新型コロナウイルス感染症対策(注意喚起)の開始(北海道公式サイト)
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tkk/hodo/happyo/r2/04/020414-03chitose.pdf
サーモグラフィによる検温の実施について【山形県からのお知らせ】(山形空港ビル公式サイト)
https://www.yamagata-airport.co.jp/cms/【山形県からのお知らせ】サーモグラフィによる/
サーモグラフィによる検温の実施について(山形県からのお知らせ)(庄内空港ビル公式サイト)
https://www.shonai-airport.co.jp/notice/post-2680/
県域を越えて県内へ移動する方々への啓発活動及び検温の実施について (山形県公式サイト)
https://www.pref.yamagata.jp/ou/bosai/020072/kochibou/coronavirus/pdf/kenon.pdf
■到着された皆様へ(体温測定にご協力ください) (松本空港ターミナルビル公式サイト)
http://www.matsumoto-airport.co.jp/news/kenon0421.htm
緊急事態宣言が発出されたことに伴う県民の皆様へのお願い(第 5 弾) (和歌山県公式サイト)
https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/011900/d00204064_d/fil/fifth_request.pdf
出雲空港から隠岐便ご搭乗のお客様へ〜検温と健康チェックご協力のお願い (出雲空港ターミナルビル公式サイト)
http://www.izumo-airport.co.jp/news-info/covid-19_oki.html
【徳島阿波おどり空港へ到着の皆様へ】サーモグラフィーによる検温のお知らせ(徳島空港公式サイト)
https://www.tokushima-airport.co.jp/info/5165/
新型コロナウイルス感染(17事例目)等の確認に関する記者発表の要旨について(愛媛県公式サイト)
https://www.pref.ehime.jp/h25500/020419_1.html
熊本県からのお知らせ(熊本国際空港公式サイト)
https://www.kumamoto-airport.co.jp/info/熊本県からのお知らせ/
サーモグラフィーを利用した検温及び発熱者への呼びかけを実施(宮崎空港ビル公式サイト)
https://www.miyazaki-airport.co.jp/topics/airport/3535.html
大分)大分空港でも検温開始 出発客に非接触体温計使用(朝日新聞公式サイト)
https://www.asahi.com/articles/ASN4Y6SYFN4WTPJB00W.html
posted by johokotu at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

空港検疫_罹患0.3%下回る5/4

■空港検疫 罹患率が22日ぶりに0.3%を下回る 5月4日発表分

厚生労働省(厚労省)は5月4日12時現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


5月4日12時現在
罹 患 率 0.295%
無症状率 85.5%

国内の隠れ感染者数(推定値) 35.7万人
国内の無症状病原体保有者数(推定値) 30.5万人

※罹患率・無症状率は空港検疫の全員検査開始後の値を抽出し、それを元に算出しています。海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。参考程度にお考え下さい。

■空港検疫全員検査結果(すべて正午発表)
・4/4〜4/5 :対象 1,486人、症状 有0 無0 =陽性 0人/罹患率0%
・4/4〜4/6 :対象 2,801人、症状 有0 無5 =陽性 5人/罹患率0.178%
・4/4〜4/7 :対象 4,064人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.221%
・4/4〜4/8 :対象 5,707人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.157%
・4/4〜4/9 :対象 7,213人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.291%
・4/4〜4/10:対象 8,756人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.239%
・4/4〜4/11:対象10,010人、症状 有6 無17=陽性23人/罹患率0.229%
・4/4〜4/12:対象11,359人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.457%
・4/4〜4/13:対象12,680人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.410%
・4/4〜4/14:対象13,860人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.404%
・4/4〜4/15:対象14,921人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.375%
・4/4〜4/16:対象15,988人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.375%
・4/4〜4/17:対象16,682人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.359%
・4/4〜4/18:対象17,385人、症状 有11無50=陽性61人/罹患率0.350%
・4/4〜4/19:対象18,231人、症状 有11無51=陽性62人/罹患率0.340%
・4/4〜4/20:対象19,009人、症状 有11無52=陽性63人/罹患率0.331%
・4/4〜4/21:対象19,843‬人、症状 有12無53=陽性65人/罹患率0.327%
・4/4〜4/22:対象20,268‬人、症状 有12無54=陽性66人/罹患率0.325%
・4/4〜4/23:対象20,986‬人、症状 有12無56=陽性68人/罹患率0.324%
・4/4〜4/24:対象21,344人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.323%
・4/4〜4/25:対象21,865人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.315%
・4/4〜4/26:対象22,552‬人、症状 有12無60=陽性72人/罹患率0.319%
・4/4〜4/27:対象23,347人、症状 有12無62=陽性74人/罹患率0.316%
・4/4〜4/28:対象24,079人、症状 有12無63=陽性75人/罹患率0.311%
・4/4〜4/29:対象24,671人、症状 有12無66=陽性78人/罹患率0.316%
・4/4〜4/30:対象25,382‬人、症状 有12無68=陽性80人/罹患率0.315%
・4/4〜5/1 :対象26,018人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.315%
・4/4〜5/2 :対象26,609人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.308%
・4/4〜5/3 :対象27,315人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.303%
・4/4〜5/4 :対象28,113人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.295%

5月4日時点での罹患率をそのまま日本の人口(4月の推計人口1億2596万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約37.1万人になります。
国内のPCR検査陽性者は5月4日12時現在で14,895人ですから、隠れ感染者はあと約35.7万人もいると推定されます。無症状率は85.5%で、30.5万人程が未だ気が付かずに国内を歩き回っていると推定されます。

厚労省最新発表:新型コロナウイルス感染症の現在の状況について(令和2年5月4日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11168.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

空港検疫_全員検査1月経過5/3

■空港検疫 全員検査1か月経過、罹患率0.3%強・無症状率85%超 5月3日発表分

厚生労働省(厚労省)は5月3日12時現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


5月3日12時現在
罹 患 率 0.303%
無症状率 85.5%

国内の隠れ感染者数(推定値) 36.8万人
国内の無症状病原体保有者数(推定値) 31.4万人

※罹患率・無症状率は空港検疫の全員検査開始後の値を抽出し、それを元に算出しています。海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。参考程度にお考え下さい。

■空港検疫全員検査結果(すべて正午発表)
・4/4〜4/5 :対象 1,486人、症状 有0 無0 =陽性 0人/罹患率0%
・4/4〜4/6 :対象 2,801人、症状 有0 無5 =陽性 5人/罹患率0.178%
・4/4〜4/7 :対象 4,064人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.221%
・4/4〜4/8 :対象 5,707人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.157%
・4/4〜4/9 :対象 7,213人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.291%
・4/4〜4/10:対象 8,756人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.239%
・4/4〜4/11:対象10,010人、症状 有6 無17=陽性23人/罹患率0.229%
・4/4〜4/12:対象11,359人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.457%
・4/4〜4/13:対象12,680人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.410%
・4/4〜4/14:対象13,860人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.404%
・4/4〜4/15:対象14,921人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.375%
・4/4〜4/16:対象15,988人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.375%
・4/4〜4/17:対象16,682人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.359%
・4/4〜4/18:対象17,385人、症状 有11無50=陽性61人/罹患率0.350%
・4/4〜4/19:対象18,231人、症状 有11無51=陽性62人/罹患率0.340%
・4/4〜4/20:対象19,009人、症状 有11無52=陽性63人/罹患率0.331%
・4/4〜4/21:対象19,843‬人、症状 有12無53=陽性65人/罹患率0.327%
・4/4〜4/22:対象20,268‬人、症状 有12無54=陽性66人/罹患率0.325%
・4/4〜4/23:対象20,986‬人、症状 有12無56=陽性68人/罹患率0.324%
・4/4〜4/24:対象21,344人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.323%
・4/4〜4/25:対象21,865人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.315%
・4/4〜4/26:対象22,552‬人、症状 有12無60=陽性72人/罹患率0.319%
・4/4〜4/27:対象23,347人、症状 有12無62=陽性74人/罹患率0.316%
・4/4〜4/28:対象24,079人、症状 有12無63=陽性75人/罹患率0.311%
・4/4〜4/29:対象24,671人、症状 有12無66=陽性78人/罹患率0.316%
・4/4〜4/30:対象25,382‬人、症状 有12無68=陽性80人/罹患率0.315%
・4/4〜5/1 :対象26,018人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.315%
・4/4〜5/2 :対象26,609人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.308%
・4/4〜5/3 :対象27,315人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.303%

5月3日時点での罹患率をそのまま日本の人口(4月の推計人口1億2596万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約38.2万人になります。
国内のPCR検査陽性者は5月3日12時現在で14,677人ですから、隠れ感染者はあと約36.8万人もいると推定されます。無症状率は85.5%で、31.4万人程が未だ気が付かずに国内を歩き回っていると推定されます。


全員検査開始から1か月を経過しました。4月3日発表分は全員検査前の数字が含まれている可能性があるほか、数値が一日遅れでの集計と思われる動きをしているため、4月4日発表分から数値をとらえていますが、それも1か月分のデータが集積されました。
陽性者は83人となっていますが、4月12日発表分に4月2日以前のデータが含まれている可能性が高いです。別に発表されている詳細の4月11日発表分で4月2日までに到着分の結果が10人分含まれています。詳細の合計は4月4日〜71人で、その数値をもとにすると、27,315人中陽性71人の罹患率0.259%となります。
上記数値に比べると低い罹患率ですが、この数値を用いても、国内には32.7万人の感染者がいると推定される結果になっています。

緊急事態宣言は今月末までに延長となる見込みですが、まだ30万人がいると考えると妥当なのかもしれません。

厚労省最新発表:新型コロナウイルス感染症の現在の状況について(令和2年5月3日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11164.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

年度利用者減少傾向

□年度利用者数発表、利用は減少傾向

国土交通省は4月30日、各空港の利用概況集計表(速報値)を発表しました。平成31年度(令和元年度)の各空港の利用者数が出揃いました。前年度含めて利用があった88空港の合計利用者数は、309,152,002人で、前年度より14,345,934人・4.43%減少しています。

最も利用が多かったのは東京国際(羽田)で79,287,411人、最も利用が少なったのは小値賀で5人。礼文、千歳、佐渡、福井、八尾、大分県央、上五島、伊江島、波照間の9空港は引き続き利用がありませんでした。
利用者数10位までの空港は前年度と変わらず、14位だった神戸が11位に上昇しています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響で1月末から国際線、3月から国内線の欠航が相次いでおり、今回の結果は、その影響が色濃く出た結果になっています。

利用のあった88空港のうち、前年度よりも利用者数が減ったのは62空港もあります。
利用者数の減少幅が大きかったのは、羽田(6,404,996人減)、福岡(1,810,013人減)、成田国際(成田)(1,630,402人減)、那覇(939,457人減)、新千歳(818,250人減)で、COVID-19の影響がそのまま出ています。
利用率の減少幅が大きかったのは、岡南(50.00%減)、天草(28.66%減)、屋久島(16.12%減)、北九州(10.79%減)、佐賀(8.62%減)でした。

逆に利用者数の増加幅が大きかったのは、中部国際(245,028人増)、下地島(125,377人増)、仙台(105,373人増)、神戸(102,208人増)、高知(29,209人増)で、新規就航のあった空港の増加が目立ちました。
利用率の増加幅が大きかったのは、小値賀(皆増)、下地島(16032.86%増)、慶良間(235.48%増)、奥尻(24.11%増)、北大東(23.25%増)となっています。

年間利用者数は、下地島が10万人を突破し、奥尻が1万人、三沢が30万人を回復。一方で、羽田が8千万人、成田が4千万人、鹿児島が600万人、広島と松山が300万人、大分が200万人、山口宇部が100万人、岩国が50万人、鳥取が40万人、調布が10万人、天草が5万人を切っています。

管内空港の利用概況集計表の公開(東京航空局公式サイト)
https://www.cab.mlit.go.jp/tcab/img/000/statistics/20200430_riyougaikyou.pdf
大阪航空局公式サイト
http://ocab.mlit.go.jp/top/
posted by johokotu at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

空港検疫_罹患若干低下5/2

■空港検疫 罹患率若干低下 5月2日発表分

厚生労働省(厚労省)は5月2日12時現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


5月2日12時現在
罹 患 率 0.308%
無症状率 85.3%

国内の隠れ感染者数(推定値) 37.3万人
国内の無症状病原体保有者数(推定値) 31.8万人

※罹患率・無症状率は空港検疫の全員検査開始後の値を抽出し、それを元に算出しています。海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。参考程度にお考え下さい。

■空港検疫全員検査結果(すべて正午発表)
・4/4〜4/5 :対象 1,486人、症状 有0 無0 =陽性 0人/罹患率0%
・4/4〜4/6 :対象 2,801人、症状 有0 無5 =陽性 5人/罹患率0.178%
・4/4〜4/7 :対象 4,064人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.221%
・4/4〜4/8 :対象 5,707人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.157%
・4/4〜4/9 :対象 7,213人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.291%
・4/4〜4/10:対象 8,756人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.239%
・4/4〜4/11:対象10,010人、症状 有6 無17=陽性23人/罹患率0.229%
・4/4〜4/12:対象11,359人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.457%
・4/4〜4/13:対象12,680人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.410%
・4/4〜4/14:対象13,860人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.404%
・4/4〜4/15:対象14,921人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.375%
・4/4〜4/16:対象15,988人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.375%
・4/4〜4/17:対象16,682人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.359%
・4/4〜4/18:対象17,385人、症状 有11無50=陽性61人/罹患率0.350%
・4/4〜4/19:対象18,231人、症状 有11無51=陽性62人/罹患率0.340%
・4/4〜4/20:対象19,009人、症状 有11無52=陽性63人/罹患率0.331%
・4/4〜4/21:対象19,843‬人、症状 有12無53=陽性65人/罹患率0.327%
・4/4〜4/22:対象20,268‬人、症状 有12無54=陽性66人/罹患率0.325%
・4/4〜4/23:対象20,986‬人、症状 有12無56=陽性68人/罹患率0.324%
・4/4〜4/24:対象21,344人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.323%
・4/4〜4/25:対象21,865人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.315%
・4/4〜4/26:対象22,552‬人、症状 有12無60=陽性72人/罹患率0.319%
・4/4〜4/27:対象23,347人、症状 有12無62=陽性74人/罹患率0.316%
・4/4〜4/28:対象24,079人、症状 有12無63=陽性75人/罹患率0.311%
・4/4〜4/29:対象24,671人、症状 有12無66=陽性78人/罹患率0.316%
・4/4〜4/30:対象25,382‬人、症状 有12無68=陽性80人/罹患率0.315%
・4/4〜5/1 :対象26,018人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.315%
・4/4〜5/2 :対象26,609人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.308%

5月2日時点での罹患率をそのまま日本の人口(4月の推計人口1億2596万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約38.8万人になります。
国内のPCR検査陽性者は5月2日12時現在で14,383人ですから、隠れ感染者はあと約37.3万人もいると推定されます。無症状率は85.3%で、31.8万人程が未だ気が付かずに国内を歩き回っていると推定されます。

厚労省最新発表:新型コロナウイルス感染症の現在の状況について(令和2年5月2日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11162.html




空港検疫の詳細も発表されています。
・4月03日:症状 有0 無1=陽性1人 66
・4月04日:症状 有0 無7=陽性7人 67・68・69・71・72・73・98
・4月05日:症状 有3 無3=陽性6人 70・74・99・100・101・102
・4月06日:症状 有3 無8=陽性11人 75・76・77・78・79・82・83・84・103・104・105
・非公表者:症状 有0 無2=陽性2人 80・81
・4月07日:症状 有1 無3=陽性4人 85・106・107・108
・4月08日:症状 有0 無2=陽性2人 86・109
・4月09日:症状 有0 無1=陽性1人 87
・4月10日:症状 有1 無5=陽性6人 110・111・112・113・114・115
・4月11日:症状 有0 無3=陽性3人 116・117・118
・4月12日:症状 有0 無2=陽性2人 119・120
・4月13日:症状 有0 無0=陽性0人 
・4月14日:症状 有0 無4=陽性4人 121・122・123・124
・4月15日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月16日:症状 有0 無1=陽性1人 125
・4月17日:症状 有0 無1=陽性1人 126
・4月18日:症状 有0 無1=陽性1人 127
・4月19日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月20日:症状 有1 無2=陽性3人 128・129・130
・4月21日:症状 有0 無2=陽性2人 131・132
・4月22日:症状 有0 無1=陽性1人 133
・4月23日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月24日:症状 有0 無3=陽性3人 134・135・136
・4月25日:症状 有0 無2=陽性2人 137・138
・4月26日:症状 有0 無1=陽性1人 139
・4月27日:症状 有0 無2=陽性2人 140・141
・4月28日:症状 有0 無3=陽性3人 142・143・144
・4月29日:症状 有0 無2=陽性2人 145・146
・4月30日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月01日:症状 有0 無1(+1)=陽性1人 147
 空港別:成田1
 男女別:男1・女0
 年代別:10代下0・20代0・30代0・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0・確認中1
 渡航元:確認中1
 居住地:確認中1


4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、5月1日までの29日間で72人となりました。
72人のうち有症状は9人のみ。無症状は63人で、無症状率は87.5%となっています。

厚労省最新発表:新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11161.html
ラベル:検疫 感染症 成田
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

コロナ_世界再開、日本欠航

□新型コロナウイルス感染症 世界は航空便徐々に再開へ、日本は逆に欠航拡大

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による武漢封鎖から5か月目、パンデミックから3か月目になる5月に入り、世界各国で航空便の再開が徐々に拡大し始めました。一方で感染拡大阻止失敗国の日本は航空便の欠航が拡大しています。

COVID-19が発生し武漢封鎖されてから5か月経ち、パンデミックになった3月11日からも3か月目となる5月に入りました。パンミック以降全世界で航空便の欠航が広がってきましたが、ニュージーランドなどCOVID-19の抑え込みに成功する国も徐々に出始め、各国で航空便再開の動きが出てきています。
中国や韓国では既に先月から国内線の運航再開が続出。東南アジア各国でも再開の動きが広がっており、1日はタイでも国内線の運航が再開されました。

ずっと欠航が拡大し続けてきた日本に乗り入れる海外航空会社も少しずつ運航を拡大。1日にはアシアナ航空、3日にエチオピア航空がごく少数便ではあるものの運航を再開、デルタ航空が1日から、ガルーダ・インドネシア航空が2日から就航路線を拡大しています。

しかし、日本では、4月下旬以降、逆に欠航が拡大しています。
細々と運航を続けてきた国際線も今月に入って一気に運航便数が減少。路線自体の全便欠航はもちろん、さらなる減便を行っており、例えば、日本航空は1日から8路線の運航便数を減便します。
そして、国内線は4月下旬以降欠航が急拡大しています。5月17日までに、航空会社別に延べ155路線(複数航空会社による重複有)が全便欠航。緊急事態宣言から1か月目で、本来であれば経済再開の始まりとなるべき5月7日以降にも、24路線で全便欠航が拡大することがすでに決まる緊急事態となっています。

隣国で起こった感染症で、欧米等より危機感をいち早く感じていたはずの日本。しかし、入国制限をかけるのは著しく遅く、長い準備期間があったにもかかわらず、いまだにベッド数が足りない、検査体制が整っていないなどと焦っている状態です。不要不急の外出自粛もできない国民が多発し、感染拡大阻止に完全に失敗しています。
多くの国では、1か月程度の外出禁止で一気に終息へと向かわせていますが、日本は、緊急事態を宣言してから一か月近く経っても、いまだに不要不急で出歩いた人による二次感染が確認され、検査自体できていないのに感染者数が一向に減っていません。
国では、他人との接触を8割(最低7割)減らすよう要請しています。航空便は既に7割ほどの欠航を実行し、この要請に応えていますが、街中店舗や鉄道等ではそこまでは未対応。4月7日の緊急事態宣言以降、人出が7割以上減った日は一日もなく、ダラダラ自粛期間を延ばさざるを得ない方向で、日本だけはまだまだ航空便欠航拡大は続きそうです。
posted by johokotu at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする