2020年12月18日

空港検疫12/17_また米尼ネパール

◇空港検疫 また米国・インドネシア・南アジア(ネパール)からの入国者の陽性確認 12月17日発表分

厚生労働省(厚労省)は12月17日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、一部の国からの入国者を除いた全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


無検査対象者急増で検査総数が激減する中、
空港検疫での陽性確認が爆発的増加の異常事態!
有症状者も増加中という危険状態!!

(×××)
12月17日現在
罹 患 率 0.448%
←11月初旬から爆増し下がらず!
無症状率 94.4%

国内の隠れ感染者数(推定値)37.8万人

(比較用)東京都:罹患率0.348%=感染48,668人、死亡率0.0039%=死亡557人/人口13,963,751人(2020年11月)←[激増中・ピーク]
(比較用)ネパール:罹患率0.874%=感染250,916人、死亡率0.0060%=死亡1,743人/人口約2,870万人(2018年)←※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/nepal/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(12月15日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
11月30日発表分までは別にまとめています。

04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
04月04日〜12月01日:対象330,140人、陽性1,460人/罹患率0.442%
04月04日〜12月02日:対象331,532人、陽性1,470人/罹患率0.443%
04月04日〜12月03日:対象333,211人、陽性1,485人/罹患率0.445%
04月04日〜12月04日:対象335,120人、陽性1,495人/罹患率0.446%
04月04日〜12月05日:対象336,861人、陽性1,502人/罹患率0.445%
04月04日〜12月06日:対象339,564人、陽性1,519人/罹患率0.447%
04月04日〜12月07日:対象342,111人、陽性1,536人/罹患率0.448%
04月04日〜12月08日:対象344,758人、陽性1,552人/罹患率0.450%
04月04日〜12月09日:対象346,533人、陽性1,558人/罹患率0.449%
04月04日〜12月10日:対象348,421人、陽性1,566人/罹患率0.449%
04月04日〜12月11日:対象350,670人、陽性1,573人/罹患率0.448%
04月04日〜12月12日:対象352,560人、陽性1,582人/罹患率0.448%
04月04日〜12月13日:対象355,619人、陽性1,600人/罹患率0.449%
04月04日〜12月14日:対象358,369人、陽性1,614人/罹患率0.450%
04月04日〜12月15日:対象361,549人、陽性1,629人/罹患率0.450%
04月04日〜12月16日:対象363,673人、陽性1,637人/罹患率0.450%

04月04日〜12月17日:対象365,577人、陽性1,638人/罹患率0.448%

12月17日時点での罹患率をそのまま日本の人口(11月の推計人口1億2577万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約56.3万人になります。
国内のPCR検査陽性者は12月17日0時現在で185,386人ですから、隠れ感染者はあと約37.8万人もいると推定されます。

検査人数は14日連続で千五百人を超えました。二千人を切りました。
感染者は1人増加。罹患率は若干低下しています。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年12月17日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15561.html











空港検疫検査 到着日別詳細結果(12月16日到着分までが反映と推定)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と11月30日までは別にまとめています。

04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
12月01日:症状 有1 無11=陽性12人 1533・1534・1535・1536・1537・1538・1539・1540・1541・1542・1543・1544
12月02日:症状 有0 無13=陽性13人 1545・1546・1547・1548・1549・1550・1551・1552・1553・1554・1555・1556・1557
12月03日:症状 有0 無7=陽性7人 1558・1559・1560・1561・1562・1563・1578
12月04日:症状 有0 無14=陽性14人 1564・1565・1566・1567・1568・1569・1570・1571・1572・1573・1574・1575・1576・1577
12月05日:症状 有0 無19=陽性19人 1579・1580・1581・1582・1583・1584・1585・1586・1587・1588・1589・1590・1591・1592・1593・1594・1595・1596・1597
12月06日:症状 有2 無12=陽性14人 1598・1599・1600・1601・1602・1603・1604・1605・1606・1607・1608・1609・1610・1612
12月07日:症状 有0 無9=陽性9人 1611・1613・1614・1615・1616・1617・1618・1619・1620
12月08日:症状 有1 無7=陽性8人 1621・1622・1623・1624・1625・1626・1627・1628
12月09日:症状 有0 無7=陽性7人 1629・1630・1631・1632・1633・1634・1635
12月10日:症状 有0 無8=陽性8人 1636・1637・1638・1639・1640・1641・1642・1643
12月11日:症状 有1 無16=陽性17人 1644・1645・1646・1647・1648・1649・1650・1651・1652・1653・1654・1655・1656・1657・1658・1660
12月12日:症状 有3 無14=陽性17人 1661・1662・1663・1664・1665・1666・1667・1668・1669・1670・1671・1672・1673・1674・1675・1676・1677
12月13日:症状 有0 無15=陽性15人 1678・1679・1680・1681・1682・1683・1684・1685・1686・1687・1688・1689・1690・1691・1692
12月14日:症状 有0 無8=陽性8人 1693・1694・1695・1696・1697・1698・1699・1700
12月15日:症状 有0 無1=陽性1人 1701

12月16日:症状 有0 無7(+6)=陽性7人 1702・1703・1704・1705・1706・1707・1708
 [空港別] 成田4(+4)・羽田2(+1)・関空1(+1)
 [男女別] 男5(+4)・女2(+2)
 [年代別] 10代下2(+2)・20代3(+2)・30代0・40代0・50代1(+1)・60代1(+1)・70代0・80代上0
 [渡航元] インドネシア1(+1)・ネパール3(+3)・米国2(+2)・非公表1
 [居住地] 東京2(+2)・神奈川2(+2)・京都1(+1)・大阪1(+1)・非公表1

合計6人の陽性確認が発表されました。
4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、12月16日までの258日間で1,628人となりました。
1,628人のうち有症状は90人です。無症状は1,538人で、無症状率は94.4%です。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者は出ませんでした。
本日発表分は、団体感染が疑われる事例はありませんでした。

ここのところ陽性確認が急増している米国から2人、インドネシアから1人、直行便が飛ぶごとに陽性者が出てくる印象の南アジアから3人(ネパール3人)陽性者が確認されています。

新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15559.html

THANK YOU KEY WORKERS
#Light It Blue
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2020年12月17日

空港検疫12/16_新規陽性1人

◇空港検疫 新規陽性発表1か月半ぶりわずか1人 12月16日発表分

厚生労働省(厚労省)は12月16日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、一部の国からの入国者を除いた全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


無検査対象者急増で検査総数が激減する中、
空港検疫での陽性確認が爆発的増加の異常事態!
有症状者も増加中という危険状態!!

(×××)
12月16日現在
罹 患 率 0.450%
←11月初旬から爆増し下がらず!
無症状率 94.4%

国内の隠れ感染者数(推定値)38.3万人

(比較用)日 本:罹患率0.146%=感染184,042人、死亡率0.0021%=死亡2,688人/人口約1億2577万人(2020年11月)←[激増中・ピーク]
(比較用)中 国:罹患率0.006%=感染86,770人、死亡率0.0003%=死亡4,634人/人口約14億人(年次不明)←[パンデミック以降新規感染ほぼなし]※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/china/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(12月14日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
11月30日発表分までは別にまとめています。

04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
04月04日〜12月01日:対象330,140人、陽性1,460人/罹患率0.442%
04月04日〜12月02日:対象331,532人、陽性1,470人/罹患率0.443%
04月04日〜12月03日:対象333,211人、陽性1,485人/罹患率0.445%
04月04日〜12月04日:対象335,120人、陽性1,495人/罹患率0.446%
04月04日〜12月05日:対象336,861人、陽性1,502人/罹患率0.445%
04月04日〜12月06日:対象339,564人、陽性1,519人/罹患率0.447%
04月04日〜12月07日:対象342,111人、陽性1,536人/罹患率0.448%
04月04日〜12月08日:対象344,758人、陽性1,552人/罹患率0.450%
04月04日〜12月09日:対象346,533人、陽性1,558人/罹患率0.449%
04月04日〜12月10日:対象348,421人、陽性1,566人/罹患率0.449%
04月04日〜12月11日:対象350,670人、陽性1,573人/罹患率0.448%
04月04日〜12月12日:対象352,560人、陽性1,582人/罹患率0.448%
04月04日〜12月13日:対象355,619人、陽性1,600人/罹患率0.449%
04月04日〜12月14日:対象358,369人、陽性1,614人/罹患率0.450%
04月04日〜12月15日:対象361,549人、陽性1,629人/罹患率0.450%

04月04日〜12月16日:対象363,673人、陽性1,637人/罹患率0.450%

12月16日時点での罹患率をそのまま日本の人口(11月の推計人口1億2577万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約56.6万人になります。
国内のPCR検査陽性者は12月16日0時現在で182,326人ですから、隠れ感染者はあと約38.3万人もいると推定されます。

検査人数は13日連続で千五百人を超えました。2日ぶりに三千人を切りました。
感染者は8人増加。検査人数が多く罹患率は横ばいでした。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年12月16日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15536.html











空港検疫検査 到着日別詳細結果(12月15日到着分までが反映と推定)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と11月30日までは別にまとめています。

04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
12月01日:症状 有1 無11=陽性12人 1533・1534・1535・1536・1537・1538・1539・1540・1541・1542・1543・1544
12月02日:症状 有0 無13=陽性13人 1545・1546・1547・1548・1549・1550・1551・1552・1553・1554・1555・1556・1557
12月03日:症状 有0 無7=陽性7人 1558・1559・1560・1561・1562・1563・1578
12月04日:症状 有0 無14=陽性14人 1564・1565・1566・1567・1568・1569・1570・1571・1572・1573・1574・1575・1576・1577
12月05日:症状 有0 無19=陽性19人 1579・1580・1581・1582・1583・1584・1585・1586・1587・1588・1589・1590・1591・1592・1593・1594・1595・1596・1597
12月06日:症状 有2 無12=陽性14人 1598・1599・1600・1601・1602・1603・1604・1605・1606・1607・1608・1609・1610・1612
12月07日:症状 有0 無9=陽性9人 1611・1613・1614・1615・1616・1617・1618・1619・1620
12月08日:症状 有1 無7=陽性8人 1621・1622・1623・1624・1625・1626・1627・1628
12月09日:症状 有0 無7=陽性7人 1629・1630・1631・1632・1633・1634・1635
12月10日:症状 有0 無8=陽性8人 1636・1637・1638・1639・1640・1641・1642・1643
12月11日:症状 有1 無16=陽性17人 1644・1645・1646・1647・1648・1649・1650・1651・1652・1653・1654・1655・1656・1657・1658・1660
12月12日:症状 有3 無14=陽性17人 1661・1662・1663・1664・1665・1666・1667・1668・1669・1670・1671・1672・1673・1674・1675・1676・1677
12月13日:症状 有0 無15=陽性15人 1678・1679・1680・1681・1682・1683・1684・1685・1686・1687・1688・1689・1690・1691・1692
12月14日:症状 有0 無8=陽性8人 1693・1694・1695・1696・1697・1698・1699・1700
12月15日:症状 有0 無1=陽性1人 1701

12月16日:症状 有0 無1=陽性1人 1702
 [空港別] 羽田1
 [男女別] 男1・女0
 [年代別] 10代下0・20代1・30代0・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] 非公表1
 [居住地] 非公表1


合計1人の陽性確認が発表されました。
4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、12月16日までの258日間で1,622人となりました。
1,622人のうち有症状は90人です。無症状は1,532人で、無症状率は94.4%です。
陽性者数がわずか1人発表だったのは、10月27日以来1か月半ぶりとなります。明日反動で急増しないことを切に願います。

で、陽性者は1人だったのですが、その1人が行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表でした。珍しく羽田着です。

新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15537.html

THANK YOU KEY WORKERS
#Light It Blue
ラベル:感染症 検疫
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2020年12月16日

(泰)ดอนเมือง_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/海外空港特別編 ドンムアン国際空港(タイ王国)
日本空港情報館 海外空港特別編
ท่าอากาศยานดอนเมือง
(タイ王国 ドンムアン国際空港)

DMK000.jpg
ท่าอากาศยานดอนเมือง(タイ王国 ドンムアン国際空港)

■空港の概要
タイ王国の首都バンコク(タイ語略称:クルンテープ)北部にある都心型空港です。バンコク中心部にある王宮から20キロ程北東方に位置しています。
1914年に開港したバンコクの玄関空港です。2007年3月にドンムアン国際空港に名称変更しました。2006年、新しい国際空港(スワンナプーム国際空港)完成に伴い多くの便が移転しましたが、その後、格安航空会社(LCC)を中心に就航が続いています。2011年に大規模洪水の被害を受けて一時閉鎖されたものの、2016年にはLCC旅客数世界一の空港になるまで拡大しました。
滑走路は二本が南北方向に延びており、旅客ターミナル地区や貨物地区は西側一帯に細長く整備されています。
旅客が利用する定期便が就航するターミナルは、中央北側からターミナル1(TERMINAL1/T1)、ターミナル2(TERMINAL2/T2)の2つが並んでいます。また、南側の貨物地区にプライベートジェットターミナルがあります。
※2020年12月16日現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響で日本路線は全路線全便が長期欠航しています。
※2020年12月16日現在、COVID-19パンデミックの影響で日本路線が全便欠航中の航空会社:タイ・エアアジアX(Thai AirAsia X)、スクート・タイガーエア(Scoot Tigerair)、タイ ライオンエアー(Thai Lion Air)、ノックエアー(Nok Air)


■飛行場種別:(海外空港)
■滑走路延長:3,700m/3,500m
■空港コード:DMK/VTBD

■施設の見どころ:◎◎◎== 大規模/何度も改修を重ねてきたターミナルで、T1は古い印象が残り、T2は新しく見えます。
■見学者への対応:◎◎◎== 案内所 有/ターミナルパンフ 無/送迎デッキ 有(室内)/モニュメント 有
■売店の充実度:◎◎◎◎= 保安検査前、検査後の両エリアとも店舗が充実しています。飲食店も多いです。
■アクセスの状況:◎◎== 鉄道 有(タイ国有鉄道 北本線 ドンムアン駅)/バス 有(路線バス、アクセスバスとも複数路線有)/2021年秋にも高架鉄道開通予定(ランシット-ドンムアン-バーンスー間)。

※就航路線は2020年12月16日、そのほかの情報は特記以外2017年6月現在のものです。

■撮影環境:一般エリアのみの利用でしたが、空港内・ターミナル周辺は基本的に撮影可能でした。滑走路と東側の隣接道路の間には建物が密集しているため、ターミナル外周辺からの飛行機撮影はしづらいです。空港内には警察官が多数配置されているので、不用意な撮影には注意が必要です。
■日本からのアクセス:(2020年12月16日現在、COVID-19パンデミックの影響で日本路線は長期欠航中)新千歳、成田国際、中部国際、関西国際、広島、福岡から直行便が就航。日本からはLCCによる直行便でのアクセスが主流です。クアラルンプールなどを経由しての利用も見られます。日本線は、全てT1発着となります。
■路線活用のヒント:(2020年12月16日現在、COVID-19パンデミックの影響で日本路線は長期欠航中)国際線としてアジア路線が多数運航。国内線はスワンナブーム空港発着では運航していない路線もあり、タイ王国各地へ乗り継ぎで利用するのが便利です。LCCの利用が多いため、リーズナブルに旅行したい場合はオススメ。
■乗り継ぎ方法:
(2020年12月16日現在、COVID-19パンデミックの影響で日本路線は長期欠航中)
・日本線からタイ王国国内線への乗継:タイ王国は最初の到着空港で入国審査、最終目的地で税関審査が行われます。最終目的地までスルーチェックイン済みの場合、手荷物を受け取らずに、専用の乗り継ぎホールを通過して次便の国内線へ乗り継げます(エアアジアグループのFly-Thruサービス等)。
スルーチェックインしていない場合やスワンナプーム国際空港発便へ乗り継ぐの場合は、入国審査・手荷物受取・税関審査が必要。到着口を出た後、ドンムアン国際空港発便へはT1からT2への移動が必要です。到着出口を出てから、左方向で徒歩5分程かかります。スワンナプーム国際空港発便への乗り継ぎは、無料バスがあります。
・タイ王国国内線から日本線への乗継:タイ王国は出発地空港で出国手続きが可能です。出発地空港で日本の到着空港までのスルーチェックインができれば、ドンムアン国際空港で受託手荷物を受け取る必要はありません。専用の乗り継ぎホールを通過して次便の国内線へ乗り継げます(エアアジアグループのFly-Thruサービス等)。出発地空港で出国手続きをしていない場合は、手荷物受取、T2からT1への移動、国際線チェックイン、出国手続きが必要です。
※国籍や乗り継ぐ航空会社により経路が異なる場合があります。航空会社によっては、到着便降機直後に乗り継ぎ客をまとめて誘導するサービスを提供しているので、航空会社に確認することをお勧めします。

■ターミナル1(TERMINAL1/T1)
DMKT1001.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は2017年6月撮影)
ターミナル地区の中央北側に位置するターミナルです。南北に広がるターミナルで、ランド側が西側、エプロン側が東側になります。
旅客が利用するのは地下1階-地上4階です。駐機方式はフィンガー(ピア)方式とフロンタル方式の複合方式、動線方式は多層方式です。
地下1階にP1駐車場、1階に到着ロビー、3階に出発ロビー、4階に一部飲食店と展望デッキがあります。2階の大部分は旅客は立ち入りできません。4階もランド側は航空会社事務所エリアで旅客は入れません。
スワンナプーム国際空港移転してからチャーター便用となっていましたが、2011年8月に国内線が移転。2012年10月には国際線定期便の使用が再開され、国際線、国内線共用となっていました。2015年12月に国内線がT2に移転した後、現在は国際線のみが発着しています。
館内のサインは、黒地に白文字・黄文字・青文字(タイ語、英語、中国語併記)が主流です。
DMKT1002-3.jpg3階 ターミナル前面
(写真は2017年6月撮影)
前面道路は3階レベルと1階レベルに接続しており、出発は3階になります。前面道路は北から南への一方通行で、出入口は北側から1-8があります。
DMKT1003.jpg3階 国際線チェックインロビー
(写真は2017年6月撮影)
ランド側は全域がチェックインロビーになっています。
天井が高いロビーですが、4階レベルが周囲をぐるりと囲っており、全体的に暗めです。
DMKT1004.jpg3階 国際線チェックインカウンタ
(写真は2017年6月撮影)
ランド側から見て左側から1-8のアイランド式カウンタがあります。
DMKT1005.jpg3階 国際線出国口・搭乗待合室
(写真は2017年6月撮影)
チェックインカウンタ奥に出国口があります。優先レーン併設。
案内は巨大なデジタルサイネージですが、入口と少しずれて設置されています。
搭乗改札は1-6、12、14、15、21-26があります。搭乗橋があるのが、北側のフロンタル式で12、14、15、中央付近のピアに21-26があります。
DMKT1008.jpg1階 国際線到着口・手荷物受取場
(写真は2017年6月撮影)
手荷物受取場、到着口は1階中央にあります。
到着案内は巨大なデジタルサイネージです。
DMKT1009.jpg1階 国際線到着ロビー
(写真は2017年6月撮影)
1階はほぼ全域が到着ロビーとなっています。2階レベルまでの吹抜となっており、2階は両端に少し上がれるのみです。
到着口前周辺は、到着客のみしか入れないように柵で区画されています。送迎客は中央付近の一部出入口・エリアの通行が禁止されていますので、要注意です(到着客も一度柵の外に出てしまうと戻れません)。
DMKT1002-1.jpg1階 ターミナル前面
(写真は2017年6月撮影)
到着は1階レベルにあり、前面道路が接続しています。3階同様に北側から南側への一方通行です。出入口は北側から1-8があります。中央付近にバス乗り場、T2寄りの8番出口前にタクシー乗り場が配置されています。
DMK014.jpg展望デッキ
(写真は2017年6月撮影)
展望デッキは屋内タイプのものがT1の4階にあります。ターミナルの南側、北側の2か所に分かれています。
広い空間に椅子だけが置かれています。
2つのデッキの間には飲食店街跡地があり、閉鎖されています。
DMK015.jpg展望デッキからの眺め
(写真は2017年6月撮影)
左側に20番台、右側に30番台のピアが見え、正面は22、24、26、31、33、35のエプロンがあります。
滑走路は21R/03L、その奥にゴルフ場の緑が見えます。21L/03R滑走路がその奥にあり、同時発着も眺めることができます。建物の端ではないので、見える範囲は狭いです。
ターミナルは滑走路の西側に位置しており、午後が順光条件です。高頻度で飛行機が離着陸しており、撮影チャンスは多いですが、ガラス越しの撮影になるため、反射を制御するのがやや難しいです。

■ターミナル2(TERMINAL2/T2)
DMKT2001.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は2017年6月撮影)
T1の南側に隣接するターミナルです。T1と同じく南北に広がるターミナルで、ランド側が西側、エプロン側が東側になります。南側はP2駐車場と接続しています。
両ターミナル間は、館内で繋がっており、一つの建物のようになっています。旅客が利用するのは地上1階〜4階です。駐機方式はフィンガー(ピア)方式、動線方式は多層方式です。
1階に到着ロビー、2階に通路、3階に出発ロビーがあります。4階は飲食店を中心とした店舗区域になっています。
スワンナプーム国際空港移転前は元々国際線として使われていたターミナルです。一度使用を終了して閉鎖された後、ロビーを改装、2015年12月24日に国内線用として再開されました。
館内のサインは、黒地に白文字・黄文字・青文字(タイ語、英語、中国語併記)が主流です。
DMKT2002-3.jpg3階 ターミナル前面
(写真は2017年6月撮影)
前面道路は3階レベルと1階レベルに接続しており、出発は3階になります。T1から連続した道路が北側から南側の一方通行となっています。出入口は北側から9-15(13欠番)があります。
DMKT2003.jpg3階 国内線チェックインロビー
(写真は2017年6月撮影)
ランド側は全域がチェックインロビーになっています。
4階まで吹き抜けとなっており、T1と違い照明がかなり明るくなっています。旅客も立ち入れる4階レベルが周囲をぐるりと囲んでいます。
DMKT2004.jpg3階 国内線チェックインカウンタ
(写真は2017年6月撮影)
ランド側から見て左側から9-15(13欠番)のアイランド式カウンタがあります。
このほか、奥側に各社の発券カウンタがあります。T1寄り(北側)にThai AirAsia、南側にThai Lion Air、THAI Smile(平成29年6月現在就航なし)、Kanairlines、Nok Airのカウンタが並んでいます。
DMKT2005.jpg3階 国内線出発口・搭乗待合室
(写真は2017年6月撮影)
チェックインカウンタ奥に出国口があります。優先レーン併設。かなり広い検査場で、ロビー側はガラス張りなのでぎりぎりまで送迎できます。
案内は巨大なデジタルサイネージが設置されています。
搭乗改札は30番台、40番台、50番台、70番台があります。搭乗橋があるのが、北側のピアに31-36、中央付近のピアに41-46、南側のピアに51-58があり、71-77はバスゲートとなります。
DMKT2007.jpg1階 国内線手荷物受取場
(写真は2017年6月撮影)
手荷物受取場は1階中央にあります。
DMKT2008.jpg1階 国内線到着口
(写真は2017年6月撮影)
到着口は1階中央にあります。到着案内は巨大なデジタルサイネージです。
DMKT2009.jpg1階 国内線到着ロビー
(写真は2017年6月撮影)
1階はほぼ全域が到着ロビーとなっています。2階レベルまでの吹抜となっており、2階は南北間を結ぶ通路があるのみです。
T1と異なり、到着口前周辺への立ち入り制限はありません。送迎客は、到着口より中には当然ながら入れませんが、到着ロビーはほぼ全域行き来できます。
DMKT2002-1.jpg1階 ターミナル前面
(写真は2017年6月撮影)
到着は1階レベルにあり、前面道路が接続しています。T1からの連続した車道で、北側から南側への一方通行です。出入口は北側から9-15(13欠番)あります。南側付近にバス乗り場が配置されています。

■各ターミナル共通
DMK010.jpg中央連絡通路・案内所
(写真は2017年6月撮影)
T1とT2の間は1階-4階で繋がっています。
3階連絡通路には空港インフォメーション(中央案内所)があります。
DMK011.jpg売店・サービス店
(写真は2017年6月撮影)
ターミナル内は、保安検査の前エリア、後エリアともに多くの店舗があります。
国際線搭乗待合室内には免税店も出店しています。
写真はT1の3階にあるタイ王室のロイヤルプロジェクトショップ。
DMK012.jpg飲食店
(写真は2017年6月撮影)
ターミナル内は、保安検査の前エリア、後エリアともに多くの店舗があります。
T2の4階を中心に多くの店舗が出店しており、日本食の店も多いのが特徴です。
写真はT1とT2の連絡通路部分4階にあるフードコート MAGIC GARDEN。
DMK016.jpg展示物など
(写真は2017年6月撮影)
仏教関係の展示物がいくつか見られます。
T1 3階北端付近には、1987年のターミナルオープンの記念碑があります。
写真はT1 3階国際線出発口脇にある展示。

■アクセス施設
DMK020.jpg地上アクセス施設(バスのりば)
(写真は2017年6月撮影)
ドンムアン国際空港からの公共交通の代表格はバスでしょうか。
空港バスののりばは、各ターミナルの1階カーブサイドにあります。T1 6番出口前とT2 12番出口前にエアポートバス(BMTA)A1-A4、T1 7番出口前とT2 14番出口前にLimo Busののりばがあります。T1が始発でT2を経由して向かう形になるため、T1から乗車することをおススメします。
このほか、空港前の国道に路線バスのバス停があり、多くの路線が運行されています。

空港バスは、日本でいえばリムジンバスのような存在ですが、A1-A4は路線バス仕様、Limo Busはやや小型のリムジンバス仕様となります。
A1とA2はBTSの最寄駅であるモーチット駅、MRTの最寄り駅であるチャトゥチャック公園駅にアクセス可能です(約15キロ)。駅近くまで高速道路を通るため、下道の激しい渋滞を避けてバンコク中心部へ行くのには便利です。
なお、2020年12月16日に空港ターミナル地区から滑走路を挟んだ反対側に新鉄道路線BTSスクンビット線が開業しており、路線バスの59系統を使えば、ワットプラシーマハタート駅へ行きやすくなっています。同駅が空港ターミナル地区からバスで行ける最寄駅です(約9キロ)。できるだけ道路交通を利用したくない場合に使えますが、下道はとにかく渋滞が激しいので、高速道路を使うA1でモーチット駅に行くのと所要時間が変わらない可能性もあります。
※BTSスクンビット線にはタイ王国空軍博物館駅があり、同博物館への最寄駅になっています。

・BMTA:A1 チャトゥチャックバスターミナル(Chatuchak Bus Terminal)行、A2 戦勝記念塔(Victory Monument)行、A3 ルンピニー公園(Lumphini Park)行、A4 サーナム・ルアン(Sanam Luang)行
・Limo Bus:カオサン(Khao San)行、ルンピニー公園(Lumphini Park)行
DMK023-2.jpg
▲T1 1階
DMK023.jpg
▲第2駐車場1階
地上アクセス施設(タクシーのりば)
(写真は2017年6月撮影)
ドンムアン国際空港からのアクセスは、タクシーも安価なため利用しやすいのが特徴です。
タクシーのりばは、T1側は1階南端の8番出口前、T2側は南側に隣接するP2の1階部分に専用待合スペースがあります。
専用待合スペースでは、係員から利用するためのタクシーチケットが発行され、それを元に配車されます。利用の際には、メーター分の運賃のほかに空港乗入料50バーツがかかります。
DMK022.jpg地上アクセス施設(鉄道駅)
(写真は2017年6月撮影)
ドンムアン国際空港の目の前には、タイ国有鉄道 北本線 ドンムアン駅があります。
バンコクとチェンマイを結ぶ路線で、アユタヤやピッサヌロークなどへもアクセスできます。バンコク中心部のクルンテープ(フワランポーン)駅まで22キロ程度ですが1時間弱かかります。
日本だとバスより鉄道といった印象ですが、タイの国鉄は便数が少なく遅延も多いので、鉄道よりもバスやタクシーの選択という人が多いようです。早朝時間帯にも便があります。
T1中央付近から国道を跨ぐ連絡通路があります。連絡通路へは、T1 1階6番出口付近にある専用階段・エレベータからアクセスできます。
DMK021.jpg地上アクセス施設(駐車場)
(写真は2017年6月撮影)
T1 地下1階にP1、T2の南側隣接地にP2があります。さらに、旧国内線ターミナルの前にも駐車場があります。
P2は駐車場棟として独立した建物となっています。1階-4階はT2と直結しています。1階部分にタクシー乗り場、2階には売店と飲食店も数店舗が出店しています。2階に旧国内線ターミナルへの連絡通路があります。
旧国内線ターミナル前の駐車場は、T2まで徒歩10分程度、さらにT1まで徒歩5分程度かかります。
DMK024.jpg地上アクセス施設(レッドライン)
(写真は2017年6月撮影)
ドンムアン国際空港の目の前では、高架鉄道の建設が進められています。
バンコク大量輸送網整備事業(レッドライン)でバーンスーとランシットを結ぶ路線として建設されており、2021年秋の開業を目指しています。高架橋は前述の国鉄線路の上部に造られており、バーンスーまでの区間は国鉄と同じです。
このプロジェクトは、円借款によって進められており、日本とも縁の深いものとなっています。
https://www.jica.go.jp/oda/project/TXXXIV-1/index.html(JICA公式サイトの計画紹介ページ)

■周辺施設
DMK025.jpg直結ホテル(Amari)
(写真は2017年6月撮影)
空港直結ホテルとして、国道と国鉄線を跨いだ先にAmariがあります。
鉄道駅に向かう連絡通路と同じ通路を通った先に入口が設けられています。

■旧国内線ターミナル
DMK030-00.jpg旧国内線ターミナル
(写真は2017年6月撮影)
T1、T2から500メートルほど南側に旧国内線ターミナルがあります。すでに閉鎖されたターミナルですが、ターミナル前で駐車場、ターミナル2階南端外でAVISレンタカーが営業しており、一部範囲に立ち入りできます。2006年のスワンナプーム国際空港への移転後もNok Airとワンツーゴー航空(One-Two-GO Airlines)の国内線が使用していましたが、2011年8月にT1へ移転し、使用を終了して閉鎖されました。
奥に見える管制塔は独特な形が目を引きます。
DMK030.jpg旧国内線ターミナル(連絡通路)
(写真は2017年6月撮影)
T2の2階と旧国内線ターミナルの間には長い連絡通路が整備されています。
中で見ると半円状チューブ型で冷房完備です。
DMK031.jpg旧国内線ターミナル(外観)
(写真は2017年6月撮影)
タイの建物らしい赤い屋根が目を引く大きなターミナルです。現在、前面道路の半分は、T2へのタクシーの待ち行列用に使用されています。
DMK032.jpg旧国内線ターミナル(前面)
(写真は2017年6月撮影)
前面道路は1階と2階で接続しています。2階部分は南半分のみの接続で、北半分は1階から屋根まで高い空間がある明るい空間です。
DMK033.jpg旧国内線ターミナル(2階連絡通路入口)
(写真は2017年6月撮影)
T2からの連絡通路はターミナル2階入口に接続しています。連絡通路を通って旧国内線ターミナル側で外に出る場合、この入口から、一度ターミナル内に入る必要があります。
旧ターミナルの建物内は、冷房が効いておらず暑いです。
DMK035.jpg旧国内線ターミナル(唯一入れる通路1)
(写真は2017年6月撮影)
上記2階入口から入ると工事用のフェンスに囲まれた仮設通路が続いています。閉鎖直前まで利用していたNok Airのサインがまだ残っていました。
DMK037.jpg旧国内線ターミナル(唯一入れる通路2)
(写真は2017年6月撮影)
工事用フェンスに囲まれた仮設通路を進むと、搭乗待合室内と思われるサインが残っていました。
DMK036.jpg旧国内線ターミナル(唯一入れる通路3)
(写真は2017年6月撮影)
仮設通路は、旧チェックインロビー部分の端の部分も通っており、独特な内装を垣間見ることができます。仮設通路はこの先の出入口で2階前面道路に出る形になります。
DMK034.jpg旧国内線ターミナル(1階内部の様子)
(写真は2017年6月撮影)
1階前面道路から扉の中を覗いた様子。サインなどはそのまま吊り下がっており、カウンターなどがそのまま残っています。入管か税関のカウンターなのか、よく見ると「カメラ禁止」のサインが見えます。

■日本からの就航路線(国際線)
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線 長期欠航中)
就航路線変遷(2017年7月16日以降)
※2017年07月25日:SCO成田国際・SCO関西国際 TGW運航に変更
※2018年04月11日:TAX新千歳 就航
※2018年06月01日:NCT成田国際 就航
※2018年10月29日:NCT関西国際 就航
※2018年10月30日:TAX中部国際 就航
※2018年11月07日:TLM成田国際 就航
※2019年02月15日:TLM福岡 就航(到着便は2/16〜)
※2019年03月08日:TLM中部国際 就航
※2019年03月28日:TLM関西国際 就航
※2019年07月04日:TAX福岡 就航
※2019年09月15日:TGW関西国際 運休(9/13最終運航)
※2019年10月27日:NCT新千歳 就航
※2019年12月18日:NOK広島 就航
※2020年03月08日:NOK広島 長期欠航
※2020年03月16日:TAX新千歳・TAX成田国際・TLM成田国際・TAX中部国際・TLM中部国際・TAX関西国際・TLM関西国際・TAX福岡・TLM福岡 長期欠航
※2020年03月22日:TGW成田国際 長期欠航
※2020年03月*?日:NCT新千歳・NCT成田国際・NCT関西国際 長期欠航
※2020年06月26日:NCT新千歳・NCT成田国際・NCT関西国際 運休(運航停止)

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■ท่าอากาศยานดอนเมือง(タイ王国 ドンムアン国際空港)についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
ท่าอากาศยานดอนเมือง(タイ王国 ドンムアン国際空港)の公式サイト(日本語版あり)
※「情報交通ホットライン」は日本をはじめとする空港を紹介する私設サイトです。
※ท่าอากาศยานดอนเมือง(タイ王国 ドンムアン国際空港)の公式サイトではありません。

開設月日 2017.07.16
初調査日 2017.06.22
前調査日 2017.06.22
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■海外空港 | 更新情報をチェックする

成田_12月バス便時刻変更

■成田国際空港(成田空港) アクセスバス便時刻変更(2020年12月)

12/16
◎東京空港交通 入国者専用バス 成田空港(第2 14番→第1 4番)→ヒルトン東京(空港発0・空港行0→3・0)*利用条件を満たした入国者のみ利用可能


12月16日:
入国者専用バスとして、14日間の自主隔離用ホテル(東京都赤坂地区・新宿地区)への直行バスが新設されます。途中停留所は東京都赤坂地区・新宿地区ホテル12か所。ヒルトン東京まで約3時間4,000円。

入国者専用バスのご案内および注意事項について(東京空港交通公式サイト)
https://www.limousinebus.co.jp/deliver/reserve_detail/0c9f668dd1bb8baebf3ad7657f70b94e/jp/
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | 成田国際空港(成田空港) | 更新情報をチェックする

羽田_12月バス便時刻変更

■東京国際空港(羽田空港) アクセスバス便時刻変更(2020年12月)

12/16
◎東京空港交通・京成バス 羽田空港-アンダーズ東京-虎ノ門ヒルズ( 0→ 6)
◎東京空港交通・京成バス 羽田空港-虎ノ門ヒルズ( 0→ 3)
◎東京空港交通 羽田空港(第3→第2→第1)→有明ガーデン→豊洲駅(空港発0・空港行0→6・0)
◎東京空港交通 羽田空港(第2→第1→第3)←有明ガーデン(空港発0・空港行0→0・2)
◎東京空港交通 入国者専用バス 羽田空港(第3 1番)→ヒルトン東京(空港発0・空港行0→3・0)*利用条件を満たした入国者のみ利用可能


12月16日:
港区虎ノ門方面が新設されます。途中停留所はアンダーズ東京。虎ノ門ヒルズまで約40分1,150円。
江東区有明方面に有明ガーデン発着便が新設されます。空港発は豊洲駅行が経由します。途中停留所はなし。有明ガーデンまで約20分630円。
入国者専用バスとして、14日間の自主隔離用ホテル(赤坂地区・新宿地区)への直行バスが新設されます。途中停留所は赤坂地区・新宿地区ホテル12か所。ヒルトン東京まで約1時間50分1,500円。

虎ノ門ヒルズ〜羽田空港線の運行を開始します(東京空港交通公式サイト)
https://www.limousinebus.co.jp/uploads/info/2020/12/8d5e957f297893487bd98fa830fa6413.pdf
入国者専用バスのご案内および注意事項について(東京空港交通公式サイト)
https://www.limousinebus.co.jp/deliver/reserve_detail/0c9f668dd1bb8baebf3ad7657f70b94e/jp/
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

空港検疫12/15_連続0.45%超

◇空港検疫 罹患率2日連続0.45%超え 12月15日発表分

厚生労働省(厚労省)は12月15日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、一部の国からの入国者を除いた全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


無検査対象者急増で検査総数が激減する中、
空港検疫での陽性確認が爆発的増加の異常事態!
有症状者も増加中という危険状態!!

(×××)
12月15日現在
罹 患 率 0.450%
←11月初旬から爆増し下がらず!
無症状率 94.4%

国内の隠れ感染者数(推定値)38.6万人

(比較用)東京都:罹患率0.340%=感染47,530人、死亡率0.0039%=死亡547人/人口13,963,751人(2020年11月)←[激増中・ピーク]
(比較用)パキスタン:罹患率0.213%=感染443,246人、死亡率0.0042%=死亡8,905人/人口約2億777万人(2017年)←[急増中]※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/pakistan/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(12月13日分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
11月30日発表分までは別にまとめています。

04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
04月04日〜12月01日:対象330,140人、陽性1,460人/罹患率0.442%
04月04日〜12月02日:対象331,532人、陽性1,470人/罹患率0.443%
04月04日〜12月03日:対象333,211人、陽性1,485人/罹患率0.445%
04月04日〜12月04日:対象335,120人、陽性1,495人/罹患率0.446%
04月04日〜12月05日:対象336,861人、陽性1,502人/罹患率0.445%
04月04日〜12月06日:対象339,564人、陽性1,519人/罹患率0.447%
04月04日〜12月07日:対象342,111人、陽性1,536人/罹患率0.448%
04月04日〜12月08日:対象344,758人、陽性1,552人/罹患率0.450%
04月04日〜12月09日:対象346,533人、陽性1,558人/罹患率0.449%
04月04日〜12月10日:対象348,421人、陽性1,566人/罹患率0.449%
04月04日〜12月11日:対象350,670人、陽性1,573人/罹患率0.448%
04月04日〜12月12日:対象352,560人、陽性1,582人/罹患率0.448%
04月04日〜12月13日:対象355,619人、陽性1,600人/罹患率0.449%
04月04日〜12月14日:対象358,369人、陽性1,614人/罹患率0.450%

04月04日〜12月15日:対象361,549人、陽性1,629人/罹患率0.450%

12月15日時点での罹患率をそのまま日本の人口(11月の推計人口1億2577万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約56.6万人になります。
国内のPCR検査陽性者は12月15日0時現在で180,162人ですから、隠れ感染者はあと約38.6万人もいると推定されます。

検査人数は12日連続で千五百人を超えました。2日ぶりに三千人を突破。だいぶ入国者が増えてきた印象です。
感染者は15人増加。検査人数が多く罹患率は横ばいでした。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年12月15日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15503.html











空港検疫検査 到着日別詳細結果(12月14日到着分までが反映と推定)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と11月30日までは別にまとめています。

04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
12月01日:症状 有1 無11=陽性12人 1533・1534・1535・1536・1537・1538・1539・1540・1541・1542・1543・1544
12月02日:症状 有0 無13=陽性13人 1545・1546・1547・1548・1549・1550・1551・1552・1553・1554・1555・1556・1557
12月03日:症状 有0 無7=陽性7人 1558・1559・1560・1561・1562・1563・1578
12月04日:症状 有0 無14=陽性14人 1564・1565・1566・1567・1568・1569・1570・1571・1572・1573・1574・1575・1576・1577
12月05日:症状 有0 無19=陽性19人 1579・1580・1581・1582・1583・1584・1585・1586・1587・1588・1589・1590・1591・1592・1593・1594・1595・1596・1597
12月06日:症状 有2 無12=陽性14人 1598・1599・1600・1601・1602・1603・1604・1605・1606・1607・1608・1609・1610・1612
12月07日:症状 有0 無9=陽性9人 1611・1613・1614・1615・1616・1617・1618・1619・1620
12月08日:症状 有1 無7=陽性8人 1621・1622・1623・1624・1625・1626・1627・1628
12月09日:症状 有0 無7=陽性7人 1629・1630・1631・1632・1633・1634・1635
12月10日:症状 有0 無8=陽性8人 1636・1637・1638・1639・1640・1641・1642・1643
12月11日:症状 有1 無16=陽性17人 1644・1645・1646・1647・1648・1649・1650・1651・1652・1653・1654・1655・1656・1657・1658・1660
12月12日:症状 有3 無14=陽性17人 1661・1662・1663・1664・1665・1666・1667・1668・1669・1670・1671・1672・1673・1674・1675・1676・1677

12月13日:症状 有0 無15=陽性15人 1678・1679・1680・1681・1682・1683・1684・1685・1686・1687・1688・1689・1690・1691・1692
12月14日:症状 有0 無8(+7)=陽性8人 1693・1694・1695・1696・1697・1698・1699・1700
 [空港別] 成田6(+6)・羽田2(+1)
 [男女別] 男6(+6)・女2(+1)
 [年代別] 10代下2(+1)・20代2(+2)・30代1(+1)・40代0・50代3(+3)・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] フィリピン1(+1)・インドネシア1(+1)・パキスタン2(+2)・ロシア1(+1)・非公表3(+2)
 [居住地] 茨城1(+1)・千葉1(+1)・東京1(+1)・神奈川1・非公表4(+4)

12月15日:症状 有0 無1=陽性1人
 [空港別] 成田1
 [男女別] 男1・女0
 [年代別] 10代下0・20代0・30代1・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] インド1
 [居住地] 神奈川1


合計8人の陽性確認が発表されました。
4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、12月15日までの257日間で1,621人となりました。
1,621人のうち有症状は90人です。無症状は1,531人で、無症状率は94.4%です。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者は2人も出ました。四分の一が非公表となっています。例のごとく成田着でした。
14日成田着パキスタンから入国の千葉県在住者(女)が10歳未満で、同行者のいる団体感染が疑われます。

ここのところ陽性確認が急増しているインドネシアから1人、直行便が飛ぶごとに陽性者が出てくる印象の南アジアから3人(パキスタン2人、インド1人)、空港検疫の罹患率が高いロシアから1人陽性者が確認されています。

新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15515.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2020年12月15日

関空_空港概要(1ビル)

情報交通ホットライン/日本空港情報館/関西国際空港(関空)(第1ターミナルビル)
日本空港情報館
関西国際空港(関空)
第1ターミナルビル

■施設の見どころ:◎◎◎◎◎ 大規模/米国土木学会からも「20世紀における最も優れた空港プロジェクト」と認められた世界を代表する海上空港で見どころが多いです。
■見学者への対応:◎◎◎◎◎ 案内所 有(複数)/ターミナルパンフ 有(多種類)/送迎デッキ 有(無料)/ファン向け展示 有(多数)
■売店の充実度:◎◎◎◎◎ 売店・飲食店数とも関西地方の空港で最大規模です。売店数、種類とも豊富。菓子だけでなく雑貨も充実しています。ただし、大阪・京都・和歌山周辺の名物が主流で、兵庫や奈良、山陰方面の土産は少なめです。24時間営業店舗あり。
■アクセスの状況:◎◎◎== 鉄道 直結(南海・JR 関西空港駅)/バス 有/船舶 有(神戸空港行)/ターミナルの目の前まで鉄道が接続。関西地方各地へのバス路線も充実しています。大阪市中心部から遠いのが難点です。


※情報は特記以外令和元年9月現在のものです。
01.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は平成21年3月撮影)
開港に合わせて誕生したターミナルです。美しい曲線を描く銀色の屋根が目立ちます。
中央に主要施設が集中する本館があり、その南北に細長くゲートラウンジがのびているのが最大の特徴です。ゲートラウンジに当たる南北ウイングは端から端まで約1.7キロに渡っています。地上4階建て。駐機方式はフロンタル方式、動線方式は多層方式です。
1階が国際線到着ロビー、2階が国内線施設(チェックインロビー・出発口・到着口)と鉄道駅連絡橋、3階が売店・飲食店フロア、4階が国際線出発ロビーとなっています。細長い搭乗待合室エリアのウイングは移動をスムーズにするため、日本で唯一のシャトルが運行されています。
ターミナル内のサインは、背景に様々な色をつけた白文字のものが主流。国内線関係はえんじ色、国際線は紺色のものがよく見られます。国際線エリアでは、北は橙色、南は水色を使っています。

ターミナル前面
(写真は平成24年9月撮影)
ターミナル前面は、4階と1階に車道が接続しています。また、2階に鉄道駅・ホテルエリアとを結ぶ連絡橋が接続しています。1階と4階に接続する車道は北側から南側に向かって接続されています。
4階は大きな屋根が目立つ前面です。歩道部分は広く、車道近くまで屋根がないため、建物とは独立した屋根が別に設置されています。出入口はA-Hの8か所です。4階は車道が2本接続しており、内側に営業車(団体バス・タクシー)用スペース、横断歩道を渡った交通島に一般車利用スペースが設けられています。
2階は駐車場・関西空港駅と8本の高架歩道橋が連絡しており、A-Hの8か所の入口があります。入口上部には国内線、国際線と書かれた大きなサインが掲げられています。
1階前面は4階前面道路の真下にあり、4階と同じくターミナル出入口はA-Hの8か所です。車道は3本が接続、交通島は2つあり、中央はタクシー用、駅側は一般車用に利用されています。

02n.jpg 02s.jpg
北側4階前面▲       ▲南側4階前面

2階ロビー(国内線チェックインロビー)
(写真は平成29年3月撮影)
鉄道駅やエアロプラザと連絡橋で直結している2階部分は国内線区画になっています。北側から売店区画、国内線北出発口、国内線チェックインロビー(北)、国内線到着口、国内線チェックインロビー(中央)、国内線南出発口、国内線チェックインロビー(南)が並びます。
白を基調とした天井・床で、濃い色使いの椅子が目を引きます。北側に後述の24時間区画(Area24)があります。


KIXT1003DN.jpg KIXT1003DS.jpg
北側2階ロビー(国内線)▲       ▲南側2階ロビー(国内線)

国内線チェックインカウンタ
(写真は平成29年3月撮影)
2階に国内線用出発ロビーがあり、大きく3区画に分かれてチェックインカウンタが並んでいます。北側やや中央寄りにANAグループ(ANA・AKX)、中央やや南側は航空会社の使用はなく、南側に日本航空グループ(JAL・JTA)とジェットスター・ジャパン(JJP)のカウンタが並んでいます。
ANAは南側から1番-10番、JALは北側から1番-10番の番号が振られています。
東京国際(羽田)路線に就航するスターフライヤー(SFJ)の手続きはANAカウンタで行われます。
ANAとJALに挟まれた中央南側は、現在チェックインカウンタはなく、T1オペレーションセンターという関西国際空港のカウンタになっています(かつての様子は後述)。また、ANAより北側のAREA24の部分には平成6年の開港当初は日本エアシステムのカウンタがあり、国内線は建物の端から端まで大きく4か所のカウンタが存在していました。

※平成24年07月03日:JJPカウンタ 新設

KIXT1004DN.jpg KIXT1004DS.jpg
北側チェックインカウンタ(国内線=ANA)▲       ▲南側チェックインカウンタ(国内線=JAL・JJP)

国内線出発口
(写真は平成24年9月撮影)
国内線出発口は2階南北に各1か所設置されています。
チェックインロビーからややランド側に入り込んだところにあります。えんじ色の吊サインが目を引きます。出発口前には東京モノレールと京急電鉄の自動券売機が置かれています。
出発口付近には出発案内板はありません。

06nd.jpg 06sd.jpg
北側出発口(国内線)▲       ▲南側出発口(国内線)

国内線搭乗待合室
(写真は平成28年6月撮影)
国内線搭乗待合室は、本館2階のランド側にあります。搭乗橋は、ゲートラウンジ中央の16番から26番を利用。北出発口付近と南出発口付近の1階にバスラウンジがあり、それぞれに201番と202番、211番と212番の搭乗口が設けられています。
国内線搭乗待合室内には、航空会社ラウンジが2か所(北側がANA LOUNGE、南側がJALサクララウンジ)あります。

KIXT1007ND.jpg KIXT1007SD.jpg
北側搭乗待合室(国内線)▲       ▲南側搭乗待合室(国内線)
KIXT1007ND-2.jpg KIXT1007SD-2.jpg
北側バス用搭乗待合室(国内線)▲       ▲南側バス用搭乗待合室(国内線)
KIXT1008D.jpg国内線手荷物受取場
(写真は平成28年6月撮影)
国内線到着エリアは2階中央部にあり、搭乗待合室と同一レベルに手荷物受取場があります。ターンテーブルは4か所で、国内線では珍しい傾斜タイプのものが採用されています。搭乗待合室が出発客と到着客の混在する構造であるため、手荷物受取場入口には逆流防止ゲートが設けられています。
07cd.jpg国内線到着口
(写真は平成24年9月撮影)
国内線到着口は2階中央部にまとまっています。出口は2か所です。案内掲示は大きなモニタ表示です。

国際線チェックインロビー・カウンタ
(写真は令和元年9月撮影)
国際線出発エリアは4階で、島式のチェックインカウンタが並んでいます。
北側にA-D、南側にE-Hのカウンタがあります。団体受付カウンタは南北の2か所に分かれています。

■第1ターミナルビル就航航空会社(国際線)
 Peach Aviation(APJ)国際線出発便以外の国際線就航航空会社全社(APJの国際線到着便は第1を使用)
 ※共同運航便の場合には、運航会社のカウンタで手続きになります。

※平成24年04月01日:イースター航空(ESR) 就航
※平成24年05月08日:APJ 就航
※平成24年06月28日:トランスアジア航空(TNA) 就航
※平成24年10月28日:APJ 第2ターミナルビルに移転
※平成25年10月21日:エジプト航空(MSR) 全便運休、拠点撤退
※平成26年03月15日:春秋航空(CQH) 就航
※平成26年04月15日:上海吉祥航空(DKH) 就航
※平成26年06月**日:団体カウンター 北・中央・南→北・南 に変更
※平成26年10月08日:ミャンマー国際航空(MMA) 就航
※平成26年11月03日:MMA 運休
※平成27年02月13日:北京首都航空(DER) 就航
※平成27年02月28日:JJP 国際線運航開始
※平成27年03月02日:ジンエアー(JNA)就航
※平成27年03月29日:アリタリア航空(AZA)運休、ティーウェイ航空(TWB)就航
※平成27年05月02日:エア・カナダ(ACA) 就航(夏期のみの季節就航)
※平成27年05月15日:天津航空(GCR) 就航
※平成27年06月18日:遠東航空(FAT) 就航
※平成27年07月03日:Tigerair Taiwan(TTW) 就航
※平成27年07月08日:スクート(SCO) 就航
※平成27年09月25日:雲南祥鵬航空(LKE) 就航
※平成27年12月29日:奥凱航空(OKA) 就航
※平成28年01月23日:V Air(VAX) 就航
※平成28年04月28日:VNL 就航
※平成28年11月22日:TNA 全便運休(運航停止)
※平成29年03月01日:CQH 第2ターミナルビル(国際線)に移転
※平成29年07月25日:SCO TGWに変更
※平成29年12月14日:QFA 就航
※平成30年11月01日:JJA 第2ターミナルビル(国際線)に移転
※平成30年11月08日:ベトジェット(VJC) 就航
※平成31年01月?*日:団体カウンター移転(Bカウンタ・Cカウンタ間→北端、Fカウンタ・Gカウンタ間→南端)
※平成31年02月02日:海南航空(CHH) 就航
※平成31年03月28日:タイ ライオンエアー(TLM) 就航
※令和元年05月08日:VNL 全便運休
※令和元年08月29日:ネパール航空(RNA) 就航
※令和元年11月26日:中国西部航空(CHB) 就航
※令和元年12月02日:長竜航空(CDC) 就航
※令和元年12月22日:九元航空(JYH) 就航
※令和02年03月01日:RNA 全便運休
※令和02年08月07日:CQH 第2から第1ターミナルビルに移転(COVID-19に伴う暫定措置)
※令和02年09月01日:JJA 第2から第1ターミナルビルに移転(COVID-19に伴う暫定措置)
※令和02年10月25日:APJ 第2発着から第1到着・第2ターミナルビル(国際線)出発に変更(COVID-19に伴う暫定措置)
※令和02年11月05日:TWB 第2から第1ターミナルビルに移転(COVID-19に伴う暫定措置)
※令和02年12月15日:スターラックス航空(SJX) 就航

KIXT1003IN.jpg KIXT1003IS.jpg
北側チェックインカウンタ(国際線)▲       ▲南側チェックインカウンタ(国際線)
KIXT1004IN-2.jpg KIXT1004IS-2.jpg
北側団体カウンタ(国際線)▲       ▲南側団体カウンタ(国際線)

国際線 出発口・搭乗待合室
(写真は令和元年9月撮影)
出発口は4階南・中央・北に各1か所設置されています。どの出発口から入ってもすべての搭乗口に行けますが、搭乗待合室は南北ウイングに分かれるように設置されており、それぞれ近い方の出発口から入るのがお勧めです。
かつては南北2か所で北は橙色、南は水色を基調としたデザインでしたが、現在は紺色に統一しています。天井から垂れ幕を吊り下げ遠くからでも場所が分かるようにしています。出発案内板は、出発口中央に液晶タイプのものが設置されています。
本館南北4階に保安検査場、3階に出国検査場がまとまっています。搭乗待合室は南北各ウイング2階に分かれて設置されており、歩く距離を短くするため、各ウイング2本ずつ無人シャトルが運行されています。搭乗改札は、北ウイングを一周する形で1番-16番、1階バスラウンジの101番-103番、南ウイングを一周する形で26番-41番、1階バスラウンジの111番-113番の合計38口です。

国際線搭乗待合室内には、免税店が多数出店しています。
ラウンジは、複数が分散配置されています。
北ウイング:カードラウンジ2か所(カードメンバーズラウンジ六甲、アネックス六甲)、航空会社ラウンジ4か所(THA ロイヤルオーキッドラウンジ、UAL 飛鳥ラウンジ、CPA ラウンジパシフィック、ANA LOUNGE)
南ウイング:カードラウンジ1か所(カードメンバーズラウンジ金剛)、航空会社ラウンジ1か所(JAL サクララウンジ)
中央:カードラウンジ2か所(エアサイドラウンジ、KIX NORTH LOUNGE)

※平成31年?*月**日:中央出発口 増設(出発口2・3→出発口2に統合、出発口4→出発口3)
※平成27年05月07日:KIX KIDS' ROOM 閉鎖
※平成27年04月01日:KIX NORTH LOUNGE 開店
※平成26年03月31日:KIX REFRESH CABIN 閉店
※平成25年05月25日:スモーキングラウンジ六甲をアネックス六甲に変更
※平成21年12月24日:中央本館部分を「KIXエアサイドアベニュー」としてリニューアル、KIX REFRESH CABIN、KIX KIDS' ROOM 開店

KIXT1006I-1.jpg KIXT1006I-3.jpg
出発口1(国際線/北側)▲       ▲出発口3(国際線/南側)
KIXT1006I-2.jpg
▲出発口2(国際線/中央)

国際線 到着口
(写真は平成29年3月撮影)
到着口は1階南北にそれぞれ1か所設置されています。
検疫、入国審査場、到着手荷物受取場、到着口といった到着に関する全設備が1階に集中しています。

KIXT1008IN.jpg KIXT1008IS.jpg
北側到着口(国際線)▲       ▲南側到着口(国内線)

国際線 到着ロビー
(写真は平成29年3月撮影)
1階ランド側の全面が到着ロビーになっています。4階レベルの大きな屋根までの吹抜になっている明るいロビーで、薄赤色に塗られた2階部分の連絡通路が目を引きます。平成24年にリニューアルされました。
南北それぞれに案内所があり、中央に関西ツーリストインフォメーションセンターがあります。

<令和元年10月現在>
・宅配カウンタ2店舗([北]関西エアポートバゲージサービス、[南]JALエービーシー)
・保税手荷物通関サービス1店舗([北]近畿通関)
・携帯電話カウンタ8店舗([北]ソフトバンク、グローバルWifi、AnyFone JAPAN、[南]ソフトバンク、グローバルWifi、モバイルセンター(中央・南)、エクスコムグローバル)
・交通系カウンタ4店舗([北]ベイシャトル、リムジンバス、[南]シャトルタクシー(ヤサカ、MK))
・旅行サービス2店舗([北]HIS、HANA TOUR)
・外貨両替5店舗([北]トラベレックス2店舗、紀陽銀行、[南]トラベレックス、池田泉州銀行)


※令和元年07月*?日:空港直営外貨両替ショップ(北) 閉店、トラベレックス(北) 開店
※令和元年06月01日:空港直営外貨両替ショップ(南) 閉店、トラベレックス(南) 開店
※平成30年**月**日:紀陽銀行 開店
※平成30年10月01日:みずほ銀行1階2店舗 閉店、池田泉州銀行 4階から移転
※平成29年11月08日:AnyFone JAPAN 開店
※平成28年11月13日:空港直営外貨両替ショップ北店 開店
※平成28年10月?*日:三井住友銀行2店 閉店、みずほ銀行 開店
※平成28年?*月?*日:池田泉州銀行 閉店
※平成28年04月27日:モバイルセンター南 開店
※平成27年11月14日:空港直営外貨両替ショップ 開店
※平成27年04月01日:関西ツーリストインフォメーションセンター 運営開始
※平成27年01月**日:HANA TOUR 開店
※平成25年07月**日:エクスコムグローバル 開店
※平成24年09月01日:関西エアポートバゲージサービス 開店
※平成24年?*月**日:ANAエアサービス(1階北) 閉店
※平成20年10月01日:池田泉州銀行 3階(国際線トランジットエリア)から移転
※閉店:三菱東京UFJ銀行、紀陽銀行、りそな銀行

KIXT1009IN.jpg KIXT1009IS.jpg
北側到着ロビー(国際線)▲       ▲南側到着ロビー(国際線)

売店
(写真は平成21年3月撮影)
主要な売店フロアは3階。このほか、2階、1階などに売店が点在しています。3階は全面に渡り売店・飲食店区画です。他の階と違い低い天井を持つフロアになっています。菓子や雑貨など土産店が多く出店しています。

<令和元年11月現在>
保安検査前エリア
1階:売店1店舗(ローソン)
2階:売店6店舗(ローソン、TSUTAYA、KABプラザ、ポケモンストア、アプローズ、ファミリーマート)
3階:売店30店舗(ランド側専門店(ユニクロ、TRAVEL SHOP MILESTO、IDEA SEVENTH SENSE、博品館、BEAMS Planets、MUJI to GO、PLAZA)、エプロン側専門店(ザ・ダイソー、3COINS OOOPS!、サツマヤ奥谷、Region Style、ジュエリーカメオカ、Redhorse、ココカラファイン、ラオックス、御三家、IZONE NEW YORK)、北側中央部(earth music & ecology、Beau Atout、たち吉、小林パール、DRASTIC THE BAGGAGE、キャラクターショップMM、ポケモンストア、コクミン)、南側中央部(福寿園、コクミン、アプローズ、空港専門大店、京都クラフトマート))
4階:売店2店舗(ファミリーマート、一村一品マーケット)

国内線搭乗待合室内
2階:売店2店舗(ANAFESTA、コクミン)

国際線搭乗待合室内
2階北ウイング:売店3店舗(スカイスポット、ファミリーマート、ANA FESTA)、免税店2店舗(ANA DUTY FREE SHOP、KIX DUTY FREE)
2階南ウイング:売店3店舗(スカイスポット、ファミリーマート、AAS SHOP)、免税店3店舗(KIX DUTY FREE2店舗、SOUTH WING A.S.D. TOBACCO SHOP)
3階中央北側:売店1店舗(雅-MIYABI-)、免税店6店舗(IQOS SHOP、Duty Free Shop A.S.D.、KIX DUTY FREE、PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE / BAO BAO ISSEY MIYAKE、BOTTEGA VENETA、HERMES、CHANEL)
3階中央:売店1店舗(萬-YOROZU-)、免税店13店舗(ROLEX、Duty Free Shop Les Cosme、COACH、DIOR、Chloe、HOUR PASSION、LOTTE DUTY FREE、MICHAEL KORS、BURBERRY、GUCCI、TIFFANY & CO.、BVLGARI、Ermenegildo Zegna)
3階中央南側:売店1店舗(和-NAGOMI-)、免税店9店舗(クレ・ド・ポー ボーテ、MONTBLANC、dunhill、AAS、Blanc de Blancs、KIX DUTY FREE、CHANEL、HERMES、OMEGA)
4階中央:売店1店舗(ユニクロ)、免税店1店舗(CHANEL)

国際線到着エリア内
到着北側:免税店1店舗(ANA ARRIVAL DUTY FREE SHOP NORTH)
到着南側:免税店1店舗(ANA ARRIVAL DUTY FREE SHOP SOUTH)

※令和元年09月10日:ANA DUTY FREE SHOP LONGCHAMP・TUMI(3階中央北) 閉店
※令和元年05月16日:クレ・ド・ポー ボーテ 開店
※令和元年?*月**日:SALVATORE FERRAGAMO(3階中央北)・雅(3階中央北1店舗) 閉店
※平成31年04月25日:PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE / BAO BAO ISSEY MIYAKE 開店
※平成30年12月15日:ローソン1階 開店
※平成30年12月01日:IQOS SHOP 開店
※平成30年11月19日:DIOR 開店
※平成30年11月09日:ファミリーマート南ウイング 開店
※平成30年11月01日:スカイスポット南ウィング 開店
※平成30年08月22日:3階南コクミン 開店
※平成30年08月13日:ポケモンストア 開店
※平成30年07月11日:BLUESKY南ウィング 閉店
※平成30年06月24日:キャラクターショップMM 開店
※平成30年05月21日:丸善 閉店
※平成30年04月01日:ANA ARRIVAL DUTY FREE SHOP NORTH・ANA ARRIVAL DUTY FREE SHOP SOUTH 開店
※平成30年?*月**日:1階スカイマーケット、4階海外おみやげ予約受付カウンター、南ウイング BALLY、サマンサタバサ 閉店、MICHAEL KORS、GUCCI 開店
※平成29年06月02日:TRAVEL SHOP MILESTO・IDEA SEVENTH SENSE 開店
※平成29年03月22日:THE AIRPORT STORE UNITED ARROWS LTD. 閉店
※平成29年**月**日?:DAL MARE・関空食賓館、Cartier 閉店、Region Style、サマンサタバサ 開店
※平成28年**月**日?:3階アイマーケットをRedhorseに変更、セガミをココカラファインに変更
※平成27年10月15日:3階に1店舗(Dal Mare) 開店
※平成27年10月01日:国際線搭乗待合室3階に1店舗(HOUR PASSION) 開店
※平成27年08月26日:2階北ウイングに1店舗(ファミリーマート) 開店
※平成27年03月31日:国際線搭乗待合室4階に1店舗(CHANEL)・国際線搭乗待合室3階に3店舗(KIX DUTY FREE2店舗、CHANEL) 開店
※平成27年03月27日:国際線搭乗待合室4階に1店舗(ユニクロ) 開店
※平成26年12月25日:4階に1店舗(一村一品マーケット)開店
※平成26年12月20日:2階南ウイングに1店舗(SOUTH WING A.S.D. TOBACCO SHOP)開店
※平成26年11月**日:国際線搭乗待合室3階に1店舗(VICTORIA'S SECRET) 開店
※平成26年10月08日:国際線搭乗待合室3階に1店舗(ANA DUTY FREE SHOP LONGCHAMP・TUMI) 開店
※平成26年09月04日:国際線搭乗待合室3階に5店舗(LOTTE DUTY FREE、Chloe、Ermenegildo Zegna、BURBERRY、和)開店
※平成26年09月**日:4階に1店舗(ファミリーマート)開店
※平成26年08月**日:3階に1店舗(3COINS OOOPS!)開店
※平成26年08月07日:2階に1店舗(ファミリーマート)開店
※平成26年07月06日:3階に1店舗(BEAMS Planets)開店
※平成26年06月26日:2階に1店舗(ポケモンストア)開店
※平成26年06月**日:3階に1店舗(ザ・ダイソー)移転
※平成25年08月06日:3階に1店舗(ラオックス)開店
※平成25年06月26日:3階に1店舗(IZONE NEW YORK)開店
※平成25年06月20日:3階2店舗(沖田電気、IZONE NEW YORK)閉店
※平成24年12月09日:3階に1店舗(Beau Atout)開店
※平成24年09月13日:2階エアポートアベニューに1店舗(ボッテガ・ヴェネタ)開店
※平成24年04月26日:3階に1店舗(earth music & ecology)開店
※平成24年04月08日:2階エアポートアベニューに1店舗(ロレックス)開店
※平成23年06月22日:3階に1店舗(IZONE NEW YORK)開店
※平成23年06月08日:2階1店舗(スカイショップタウンサテライト)Area24から中央に移転
※平成23年06月01日:2階1店舗(KANKU CLUB SHOP)閉店
※平成23年05月26日:3階に1店舗(ナチュラルボディ)開店
※平成23年05月25日:2階Area24に1店舗(ナチュラルボディ)閉店
※平成23年05月10日:3階1店舗(BLUESKY)閉店
※平成23年02月03日:3階に2店舗(THE AIRPORT STORE UNITED ARROWS LTD、DRASTIC THE BAGGAGE) 開店
※平成23年01月**日:2階エアポートアベニューに1店舗(オメガ)開店
※平成22年12月**日:2階エアポートアベニューに1店舗(源 吉兆庵)開店
※平成22年09月11日:3階に1店舗(博品館) 開店
※平成22年08月01日:3階1店舗(AVIC)閉店
※平成22年06月01日:3階1店舗(韓情館)閉店
※平成22年04月**日:2階エアポートアベニューに3店舗(ディーゼル、アビステ、サマンサタバサ、雅)開店
※平成22年03月21日:2階国内線搭乗待合室に1店舗(アプローズ)開店
※平成22年03月15日:2階国内線搭乗待合室に1店舗(コクミン)開店、エアポートアベニューに6店舗(ティファニー、コーチ、スワロフスキー、カルティエ、ブルガリ、Les Cosme)開店
※平成22年03月06日:3階に1店舗(韓情館)開店
※平成22年01月**日:2階1店舗(ANAFESTA)閉店
※平成21年12月24日:2階エアサイドアベニューに3店舗(YOROZU、セガミ、丸善)開店
※平成21年07月06日:2階国際線搭乗待合室1店舗(秋桜)閉店
※平成21年07月01日:2階国際線搭乗待合室1店舗(サマンサタバサ)閉店
※平成21年06月10日:2階Area24に1店舗(TSUTAYA)開店
※平成21年04月01日:3階国際線搭乗待合室(バーバリー) 開店
※平成21年03月28日:3階2店舗(MUJI to GO、MINIPLA) 開店
※平成21年03月01日:2階1店舗(一村一品マーケット)移転
※平成21年01月18日:1階に1店舗(ローソン)開店
※開店 KABプラザ、
※閉店 キムラ、カバリエ、アミタ、三洋堂、ISEYA、KAA SHOP、三彩、2階APS、1階ローソン、AIR ROUTE-a、AIR ROUTE-b、カメラの西本、ASIAN MARKET、4階プリムローズ、2階おみやげ処北、2階おみやげ処南、2階スカイショップタウンサテライト、2階一村一品マーケット、TASAKI

08n.jpg 08s.jpg
2階売店(南側)▲       ▲2階売店(北側)
09n.jpg 09s.jpg
3階売店(南側)▲       ▲3階売店(北側)

飲食店
3階を中心に各階に複数の飲食店が出店しています。2階と3階はレストラン、1階と4階は軽食店がメインです。

<令和元年11月現在>
保安検査前エリア
1階:2店舗(ドトール、スターバックス)
2階:19店舗(北側(マクドナルド)、ダイニングコート町家小路(龍旗信、印度のルー、サブウェイ、すき家、ほんまもん、たこ昌、まいどおおきに関空食堂、ぼてぢゅう、551蓬莱、スターバックス、鶏三和、杉養蜂園)、煉瓦灯路(ザ・ウドン、Goryo、にぎりの徳兵衛、花ごよみ、MOSDO、World Wine Bar by Pieroth))
3階:11店舗(マルゲリータキッチン、サンマルクカフェ、鎌倉パスタ、ぼてぢゅう、がんこ寿司、KYK、紅虎餃子房、そじ坊、杵屋、さち福や、どうとんぼり神座)
4階:2店舗(スターバックス、英國屋)

国内線搭乗待合室内
2階:2店舗(スターバックス、アプローズ)

国際線搭乗待合室内
3階北ウイング:2店舗(KIEFEL、ESPRESSO & BAKERY)
3階中央:4店舗(スターバックス、がんこ寿司、PRONTO、辻利兵衛本店)
3階南ウイング:2店舗(結び屋 火の音水の音、È PRONTO)

※平成31年04月24日:È PRONTO 開店
※平成31年03月31日:ESPRESSO & BAKERY 開店
※平成31年?*月**日:Ciao北ウイング・Ciao南ウイング 閉店
※平成31年02月28日:辻利兵衛本店 開店
※平成31年02月01日:タリーズ南ウイング 閉店
※平成31年01月31日:結び屋 火の音水の音 開店
※平成31年01月14日:杉養蜂園 開店
※平成30年12月11日:タリーズ北ウイング 閉店
※平成30年09月01日:BLUESKY南ゲート 閉店
※平成30年08月18日:BLUESKYオープンカフェ(3階中央) 閉店
※平成30年?*月**日:2階YEBISU BAR 閉店
※平成29年**月**日?:MATSUYA AIRPORT CAFE 閉店、KIEFEL 開店
※平成28年05月26日:2階ダイニングコート町家小路1店舗(鶏三和) 開店
※平成28年04月27日:2階ダイニングコート町家小路1店舗(YEBISU BAR) 開店
※平成28年03月31日:2階ダイニングコート町家小路1店舗(ポムの樹Jr) 閉店、国内線搭乗待合室内1店舗(スターバックス) 開店
※平成28年03月27日:2階ダイニングコート町家小路1店舗(ブルーシール)閉店
※平成28年02月28日:2階関空ミナミのれん街1店舗(にぎりの徳兵衛)開店
※平成28年02月14日:2階関空ミナミのれん街1店舗(てっかまる)閉店
※平成27年11月16日:2階関空ミナミのれん街1店舗(MOSDO)開店
※平成27年08月09日:2階関空ミナミのれん街1店舗(ファーストキッチン)閉店
※平成26年12月02日:2階ダイニングコート町家小路1店舗(印度のルー)開店
※平成26年08月12日:3階1店舗(マルゲリータキッチン)開店
※平成26年01月31日:3階1店舗(浪華)閉店
※閉店:3階CAFE Prego、3階コロンナトライアーノ、2階ハニーミツバチ珈琲
※平成25年07月22日:2階関空ミナミのれん街1店舗(京風ラーメン町家小路町家小路入ル)を(ハニーミツバチ珈琲)にリニューアル
※平成25年04月16日:3階1店舗(木村家)を(CAFE Prego)にリニューアル
※平成25年02月17日:2階関空ミナミのれん街に1店舗(龍旗信)開店
※平成24年09月09日:2階関空ミナミのれん街に1店舗(World Wine Bar by Pieroth)開店
※平成24年07月01日:2階関空ミナミのれん街1店舗(ホット&ホット)閉店
※平成24年06月01日:1階に1店舗(ドトール)、2階関空ミナミのれん街に1店舗(すき家)開店
※平成24年04月26日:3階に1店舗(サンマルクカフェ)開店
※平成24年03月14日:2階関空ミナミのれん街に1店舗(てっかまる)開店
※平成24年02月28日:3階1店舗(火の音水の音)閉店し、1店舗(さち福や)移転開店、1店舗(どうとんぼり神座)開店
※平成24年01月01日:3階1店舗(しゃぽーるーじゅ)閉店
※平成23年10月28日:2階Area24に1店舗(マクドナルド)開店
※平成23年07月20日:2階町家小路の1店舗(サントロぺ)開店
※平成23年06月10日:2階国際線出国待合室に4店舗(タリーズ、Ciao 南北各1店舗)開店
※平成23年05月31日:2階Area24に1店舗(プロント)閉店
※平成23年04月01日:3階に1店舗(紅虎餃子房)開店
※平成23年03月15日:2階国内線出発待合室1店舗(BLUESKY)閉店
※平成22年08月10日:2階関空ミナミのれん街に1店舗(ファーストキッチン)開店
※平成22年04月01日:2階町家小路の1店舗(マクドナルド)閉店
※平成22年03月21日:2階国内線搭乗待合室に1店舗(アプローズ)開店
※平成22年03月15日:2階エアポートアベニューに2店舗(がんこ寿司、プロント)開店
※平成21年12月18日:2階町家小路1店舗(J.YAMASHITA Dining‘BIS’)開店
※平成21年11月11日:2階町家小路1店舗(ブルーシール)開店
※平成21年10月16日:2階町家小路1店舗(ポムの樹Jr)開店
※平成21年10月09日:2階町家小路1店舗(どんぶり勘定)開店
※平成21年08月16日:2階町家小路1店舗(せんば自由軒)開店
※平成21年07月06日:2階国際線搭乗待合室1店舗(CAFE KANSAI)閉店
※平成21年07月01日:2階国際線搭乗待合室1店舗(ハーゲンダッツ)閉店
※平成21年04月21日:3階2店舗(バケット、鎌倉パスタ) 開店
※平成21年03月27日:2階南側売店区画を「関空ミナミのれん街」としてリニューアル
※平成21年03月25日:1階1店舗(ノースゲートカフェ)を(UCCカフェッサ)に変更
※アーシーマーシー、無双、天亭、リヨン、バケット、どんぶり勘定、J.YAMASHITA Dining‘BIS’、サントロぺ、ゴディバ、Golden Spoon、スカイサントリー、UCCカフェッサ、ANAFESTA、ル・カフェ 閉店

KIXT1012N-2.jpg KIXT1012S-2.jpg
3階飲食店(南側/煉瓦灯路)▲       ▲3階飲食店(北側/町家小路)
10n.jpg 10s.jpg
4階飲食店(南側)▲       ▲4階飲食店(北側)

展望デッキ?
(写真は平成21年3月撮影)
関西国際空港は旅客ターミナルビル内に展望デッキはありません。
一般展望場所ではありませんが、4階カーブサイドの歩道南北端から、南北ウイングの内側を眺めることができます。滑走路は全く見えませんが、北側は1番-7番スポット、南側は35番-41番スポットを眺められます。ガラスを通さず飛行機が近くに見えるスポットで、南北に長い旅客ターミナルビルを実感できます。

12n.jpg 12s.jpg
4階カーブサイドからの眺め(北側)▲       ▲4階カーブサイドからの眺め(南側)

KIXT1025.jpg海上アクセス用施設(ベイ・シャトル)
(写真は平成29年3月撮影)
第1旅客ターミナル1階北端に、海上アクセス施設として、神戸空港との間を結ぶベイ・シャトルの手続き窓口があります。
いずれも船舶航路ののりばはポートターミナルになりますが、旅客ターミナルビルからは離れており、直接乗り入れても利用ができません。この窓口で手続き後、桟橋までバスでの移動となります。
※平成29年07月09日:淡路関空ライン 窓口新設
※平成30年07月14日:淡路関空ライン 廃止
KIXT1013C-2.jpgKIXエアポートラウンジ
(写真は平成28年6月撮影)
2階一般エリア北側にKIXエアポートラウンジがあります。日本初の24時間営業空港ラウンジです。
館内には、2階-4階の各階に特別待合室があるほか、4階に貸会議室があります。

※平成23年06月01日:CLUBラウンジ営業終了
※平成23年09月01日:関空ラウンジをKIXエアポートラウンジにリニューアル
KIXT1017.jpgKIX T1OC
(写真は平成28年6月撮影)
2階中央にT1オペレーションセンター(T1OC)があります。案内所とカード発行カウンターが併設されているものです。

※平成30年?*月**日:T1OC 新設
13-2.jpgArea24
(写真は平成24年9月撮影)
2階一般エリア北側の一角は24時間営業の区画があり、「Area24」と名付けられています。前出のKIXエアポートラウンジのほか、24時間営業のローソン、警察、案内センターなどがまとまっています。
KIXT1021.jpg祈祷室
3階北端に祈祷室が設けられています。
22.jpgモニュメント
広い空港内には、多くのモニュメントが設置されています。
最も目立つモニュメントは4階国際線出発ロビー天井に吊り下げられている「はてしない空」でしょうか。1階到着ロビーには、関西を写真と一つの漢字で表現した電照看板が多数掲げられているほか、関西の伝統芸能作品が多数展示されています。

KIXT1004DC.jpgかつてあった見どころ(国内線チェックインカウンタ(中央南側))
(写真は平成29年3月撮影)
2階国内線用出発ロビーは、チェックインカウンタが大きく3区画に分かれて並んでいます。このうち南側やや中央寄りの部分は航空会社カウンタはありません。
ここにはANAカウンタがあったほか、スターフライヤー(SFJ)が比較的大きなカウンタを設けていましたが、平成21年3月現在で既に未使用状態でした。それが平成24年には範囲が縮小したあと、スカイマーク(SKY)、春秋航空日本(現SPRING=SJO)、バニラ・エア(現Peach Aviationと統合=VNL)が立て続けにカウンタを設けていました。
写真はSFJ、VNL、SJOのカウンタが並んでいた頃の様子です。

※平成24年03月25日:SKYカウンタ 新設
※平成25年04月01日:SKY拠点撤退(カウンタ撤去)
※平成28年09月28日:SJOカウンタ 新設
※平成29年02月18日:VNLカウンタ 新設
※平成29年10月29日:SJO 拠点撤退(カウンタ撤去)
※令和元年05月07日:VNL 拠点撤退(カウンタ撤去)
07nd.jpgかつてあった見どころ(APJ国内線到着場所)
(写真は平成24年9月撮影)
APJは平成24年10月まで、旅客ターミナル外、1階団体バス(北)のりばの一角に到着場所がありました。APJはオープンスポットを利用しており、ランプバスに乗車させたのち、直接1階団体バス(北)のりばで降車、手荷物受取も同位置で行われていました。

■就航路線(国内線)
■就航路線(国際線)
→「就航路線」を参照


※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※関西国際空港の公式サイトではありません。

開設月日 2009.03.29
初調査日 2008.12.14
前調査日 2019.09.08

ラベル:空港概要 関空
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 関西国際空港(関空) | 更新情報をチェックする

14日自主隔離守らず制裁

◇空港検疫 Bリーグが入国後14日間自主隔離を守らなかった選手所属のチームを制裁

少し前の話題となりますが、プロバスケットボールリーグのBリーグは4日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の水際対策の一環である「入国後14日間待機要請」に従わなかった選手がいたことから2チームにけん責の制裁を科したと発表しました。

制裁を受けたのは、茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント(茨城ロボッツ)と兵庫プロバスケットボールクラブ(西宮ストークス)の2チーム。茨城ロボッツ所属の2選手と西宮ストークス所属の3選手を、それぞれ、入国後14日以内に、待機場所外で行われたチーム練習(=彼らの仕事)に参加させていたとしています。

日本では、国外から入国した次の日から起算して14日間は検疫所長が指定する場所で待機し、不要な外出をしないよう要請されています(いわゆる自主隔離)。あくまでも要請のため罰則の運用はなく、買い物程度の外出や宿泊ホテルのロビー等で過ごすと言った行為は黙認されています。
このため、これまで、キチガイで公共交通機関を利用した米軍関係者などが処分を受けた例はありますが、自主隔離違反で会社が制裁されるようなことはほとんどなく、よく考えれば制裁されても当たり前のことながら、非常に珍しい措置となっています。Bリーグの場合、外国籍選手について、14日間隔離などを条件に特例で入国が認められた経緯があります。

今回の行為についてBリーグは、「Bリーグの社会的信用及び政府のBリーグに対する信頼を毀損する行為であり、かつ、Bリーグが実施している新型コロナウイルス感染症対策の効果を損ない関係者に危害を及ぼし得る対応であること」と表明しています。オフシーズンでもなく、COVID-19が世界的にも二〜三回目の爆増をしている時期に海外と行き来している選手が多数いたのはGOTO旅行以上の驚きですが、それでも、今回のBリーグの措置からは、なあなあの入国者が散見される中で、感染防止を徹底する強い意志が感じられる印象です。
Bリーグでは10月から今シーズンの公式戦が始まっていますが、全36チームの選手やスタッフを対象に、統一のPCR検査を定期的に実施するなど、感染防止を徹底。観戦客に対しても、来場及び感染に関するルールを定めるなどしています。

入国後14日間の自主隔離では、守らなかったことから国内で二次感染が発生した事例が何件も報告されている一方、きちんと隔離していたことから国内拡大を防いだ例も複数確認されています。
日本の空港検疫の最も重要な防止策は14日間の隔離(日本国内の人と接しないこと)です。空港まで車で迎えに行った友人が二次感染するとか、14日間自主隔離している自宅で接した家族に二次感染してさらにその人が外出して三次感染するなどといった自主隔離意味なし事例も判明しています。入国される皆様、大変だとは思いますが、ぜひ14日間自主隔離を頑張ってください。

規約違反による制裁決定について(Bリーグ公式サイト)
https://www.bleague.jp/news_detail/id=85495
規約違反による制裁決定について(Bリーグ公式サイト)
https://www.bleague.jp/news_detail/id=85494
外国籍選手等に関する新規入国拒否の条件付きでの入国について(Bリーグ公式サイト)
https://www.bleague.jp/news_detail/id=84301
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

空港検疫12/14_15人中非公表5人

◇空港検疫 連日の2桁陽性発表 15人中非公表が5人も、再び罹患率0.45%台へ 12月14日発表分

厚生労働省(厚労省)は12月14日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、一部の国からの入国者を除いた全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


無検査対象者急増で検査総数が激減する中、
空港検疫での陽性確認が爆発的増加の異常事態!
有症状者も増加中という危険状態!!

(×××)
12月14日現在
罹 患 率 0.450%
←11月初旬から罹患率爆増止まらず!
無症状率 94.4%

国内の隠れ感染者数(推定値)38.8万人

(比較用)日 本:罹患率0.142%=感染179,653人、死亡率0.0020%=死亡2,585人/人口約1億2577万人(2020年11月)←[激増中・ピーク]
(比較用)英 国:罹患率2.776%=感染1,854,490人、死亡率0.0962%=死亡64,267人/人口約6,680万人(2019年)←[激増ピーク直後]※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/united-kingdom/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(12月12日分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
11月30日発表分までは別にまとめています。

04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
04月04日〜12月01日:対象330,140人、陽性1,460人/罹患率0.442%
04月04日〜12月02日:対象331,532人、陽性1,470人/罹患率0.443%
04月04日〜12月03日:対象333,211人、陽性1,485人/罹患率0.445%
04月04日〜12月04日:対象335,120人、陽性1,495人/罹患率0.446%
04月04日〜12月05日:対象336,861人、陽性1,502人/罹患率0.445%
04月04日〜12月06日:対象339,564人、陽性1,519人/罹患率0.447%
04月04日〜12月07日:対象342,111人、陽性1,536人/罹患率0.448%
04月04日〜12月08日:対象344,758人、陽性1,552人/罹患率0.450%
04月04日〜12月09日:対象346,533人、陽性1,558人/罹患率0.449%
04月04日〜12月10日:対象348,421人、陽性1,566人/罹患率0.449%
04月04日〜12月11日:対象350,670人、陽性1,573人/罹患率0.448%
04月04日〜12月12日:対象352,560人、陽性1,582人/罹患率0.448%
04月04日〜12月13日:対象355,619人、陽性1,600人/罹患率0.449%

04月04日〜12月14日:対象358,369人、陽性1,614人/罹患率0.450%

12月14日時点での罹患率をそのまま日本の人口(11月の推計人口1億2577万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約56.6万人になります。
国内のPCR検査陽性者は12月14日0時現在で177,960人ですから、隠れ感染者はあと約38.8万人もいると推定されます。

検査人数は11日連続で千五百人を超えました。三千人は切りましたが、検査人数は多めで、二千五百人は超えています。
感染者は14人増加。検査人数が多かったですが、罹患率は若干増加し、再び0.45%を超えました。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年12月14日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15469.html











空港検疫検査 到着日別詳細結果(12月13日到着分までが反映と推定)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と11月30日までは別にまとめています。

04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
12月01日:症状 有1 無11=陽性12人 1533・1534・1535・1536・1537・1538・1539・1540・1541・1542・1543・1544
12月02日:症状 有0 無13=陽性13人 1545・1546・1547・1548・1549・1550・1551・1552・1553・1554・1555・1556・1557
12月03日:症状 有0 無7=陽性7人 1558・1559・1560・1561・1562・1563・1578
12月04日:症状 有0 無14=陽性14人 1564・1565・1566・1567・1568・1569・1570・1571・1572・1573・1574・1575・1576・1577
12月05日:症状 有0 無19=陽性19人 1579・1580・1581・1582・1583・1584・1585・1586・1587・1588・1589・1590・1591・1592・1593・1594・1595・1596・1597
12月06日:症状 有2 無12=陽性14人 1598・1599・1600・1601・1602・1603・1604・1605・1606・1607・1608・1609・1610・1612
12月07日:症状 有0 無9=陽性9人 1611・1613・1614・1615・1616・1617・1618・1619・1620
12月08日:症状 有1 無7=陽性8人 1621・1622・1623・1624・1625・1626・1627・1628
12月09日:症状 有0 無7=陽性7人 1629・1630・1631・1632・1633・1634・1635
12月10日:症状 有0 無8=陽性8人 1636・1637・1638・1639・1640・1641・1642・1643
12月11日:症状 有1 無16=陽性17人 1644・1645・1646・1647・1648・1649・1650・1651・1652・1653・1654・1655・1656・1657・1658・1660
12月12日:症状 有3 無14=陽性17人 1661・1662・1663・1664・1665・1666・1667・1668・1669・1670・1671・1672・1673・1674・1675・1676・1677

12月13日:症状 有0 無15(+14)=陽性15人 1678・1679・1680・1681・1682・1683・1684・1685・1686・1687・1688・1689・1690・1691・1692
 [空港別] 成田7(+7)・羽田7(+6)・関空1(+1)
 [男女別] 男7(+7)・女8(+7)
 [年代別] 10代下1(+1)・20代6(+6)・30代1(+1)・40代5(+4)・50代2(+2)・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] フィリピン3(+3)・ロシア1(+1)・英国1(+1)・米国3(+3)・ブラジル1(+1)・非公表6(+5)
 [居住地] 東京3(+3)・神奈川3(+3)・富山2(+2)・静岡1(+1)・非公表6(+5)

12月14日:症状 有0 無1=陽性1人 1693
 [空港別] 羽田1
 [男女別] 男0・女1
 [年代別] 10代下1・20代0・30代0・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] 非公表1
 [居住地] 神奈川1


合計15人の陽性確認が発表されました。
4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、12月14日までの256日間で1,613人となりました。
1,613人のうち有症状は90人です。無症状は1,523人で、無症状率は94.4%です。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者は5人も出ました。三分の一が非公表となっています。1人羽田着で、残りは例のごとく成田着でした。
13日成田着非公表国から入国の在住地非公表者3人(20代男・30代女・50代男)、13日羽田着米国から入国の東京都在住者2人(40代女2人)がそれぞれ連番確認されており、それぞれ団体感染が疑われます。

ここのところ陽性確認が急増している米国から3人、空港検疫の罹患率が高いロシアから1人陽性者が確認されています。ロシアはまた元ロシア路線就航地の富山ですね。

新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15471.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2020年12月14日

成田・羽田_入国者専用送迎運行へ

■成田国際空港・東京国際空港 入国者専用都区内ホテル送迎バスを運行開始へ

東京空港交通は11日、16日から成田国際空港(成田空港)、東京国際空港(羽田空港)から都区内ホテルへ直行する入国者専用の送迎バスを運行開始すると発表しました。

利用できるのは、空港検疫で陰性か、検査なしでOKの国で非検査対象となっている入国者で、送迎先のホテルに宿泊する人。入国者は全員が原則14日間自主隔離しなければなりませんが、その隔離ホテルへの送迎となります。
都区内の赤坂と新宿にある12ホテルが対象で、各空港から3便ずつ運行される予定です。
有料での運行と告知されています。

空港近隣ホテル行きの入国者専用送迎バスは、成田、羽田ともに既に無料バスが運行されています。特に羽田は、空港近隣の他、品川、五反田、大森、蒲田、川崎までと幅広くカバーしており、1時間に1便が運行中です。
成田は成田空港検疫所の公式サイト、羽田は東京空港検疫所公式サイトで、ご丁寧に運行ダイヤまでアップされています。

今回は、より広範囲をカバーしているほか、成田から都内へ出られる唯一の公共交通機関となります。

正直、14日間はホテルに缶詰なわけですから、空港周辺にいようが、都内にいようが一緒です。
だから、わざわざ特例設けてバス出すことはなく、都区内行きたきゃハイヤー出してもらえば良いじゃん。と言いたいところなのですが、実は、買い物程度の外出やホテル内で過ごすのは許可されているので、それだったら、都心で!という人も多いのでしょう。そもそも、受付に買い物ですと申告する必要は一切なく、北海道で話題となった歌う部屋を買ったり(←買い物だね)、新宿で話題となった夜の街に買いに行こうが自由ですし(←買い物だね)、わたし的に多目的トイレで10分いたところで(←買い物だね?)、それこそ短時間だから、別に問題視もされないんです(((((゜д゜;))))))
それだったら何もない成田の山の中より、楽しい楽しい都心の方が良いよね。という人も多いのかもしれません。
第一波も第二波も第三波も感染拡大のきっかけは都心の夜の街が主因の一つでした。ウイルス密輸すり抜けからの二次感染気をつけていただきたいですね。

【12月16日より運行開始】入国者専用バスのご案内および注意事項について(東京空港交通公式サイト)
https://www.limousinebus.co.jp/deliver/reserve_detail/0c9f668dd1bb8baebf3ad7657f70b94e/jp/
周回バスのご案内について(東京空港検疫所支所公式サイト)
https://www.forth.go.jp/keneki/tokyo/access/201028-01.pdf
第 1 ビルから成田周辺ホテルまでの移動方法(成田空港検疫所公式サイト)
https://www.forth.go.jp/keneki/narita/202009_hotel_bus.pdf
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | ■関東地方(その他) | 更新情報をチェックする

緊急警報!爆増中 また2桁陽性!

緊急警報! 空港検疫で陽性爆増中!本日発表分また二桁人数陽性確認!

空港検疫での入国者に対する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の全員検査で、本日発表分で二桁人数の感染が確認されました。低感染九か国からの入国者や(感染急拡大地域も含む)海外短期滞在の日本人などが原則検査免除となり、検査者が激減しているなかで、陽性確認が多発するという非常に危険な状態に陥っています。

14日に、陽性が確認されたとして発表があったのは全部で15人です。13日到着分が14人、速報に近い15日到着分が1人です。行動歴と在住地の両方とも非公表者が三分の一の5人も出ている、異常状態です。

空港検疫でのCOVID-19感染確認の発表分で一日二桁人数を超えるのは3日連続です。少し収まり始めたように見えましたが甘かったですね。

入国者の感染が異常に急増しています。
国際線の発着する空港への不要不急の来港はしばらく自粛しませんか


詳細は15日0時にアップ予定の日々の記事で書きます。

新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15471.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

空港検疫12/13_連日17人陽性

◇空港検疫 連日の2桁17人陽性、インドネシアが一気に5人 12月13日発表分

厚生労働省(厚労省)は12月13日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、一部の国からの入国者を除いた全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


無検査対象者急増で検査総数が激減する中、
空港検疫での陽性確認が爆発的増加の異常事態!
有症状者も増加中という危険状態!!

(×××)
12月13日現在
罹 患 率 0.449%
←11月初旬から罹患率爆増止まらず!
無症状率 94.3%

国内の隠れ感染者数(推定値)39.0万人

(比較用)東京都:罹患率0.334%=感染46,745人、死亡率0.0037%=死亡530人/人口13,963,751人(2020年11月)←[激増中・ピーク]
(比較用)イスラエル:罹患率3.854%=感染355,786人、死亡率0.0323%=死亡2,983人/人口約923万人(2020年7月)←※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/israel/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(12月11日分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
11月30日発表分までは別にまとめています。

04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
04月04日〜12月01日:対象330,140人、陽性1,460人/罹患率0.442%
04月04日〜12月02日:対象331,532人、陽性1,470人/罹患率0.443%
04月04日〜12月03日:対象333,211人、陽性1,485人/罹患率0.445%
04月04日〜12月04日:対象335,120人、陽性1,495人/罹患率0.446%
04月04日〜12月05日:対象336,861人、陽性1,502人/罹患率0.445%
04月04日〜12月06日:対象339,564人、陽性1,519人/罹患率0.447%
04月04日〜12月07日:対象342,111人、陽性1,536人/罹患率0.448%
04月04日〜12月08日:対象344,758人、陽性1,552人/罹患率0.450%
04月04日〜12月09日:対象346,533人、陽性1,558人/罹患率0.449%
04月04日〜12月10日:対象348,421人、陽性1,566人/罹患率0.449%
04月04日〜12月11日:対象350,670人、陽性1,573人/罹患率0.448%
04月04日〜12月12日:対象352,560人、陽性1,582人/罹患率0.448%

04月04日〜12月13日:対象355,619人、陽性1,600人/罹患率0.449%

12月13日時点での罹患率をそのまま日本の人口(11月の推計人口1億2577万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約56.5万人になります。
国内のPCR検査陽性者は12月13日0時現在で175,608人ですから、隠れ感染者はあと約39.0万人もいると推定されます。

検査人数は10日連続で千五百人を超えました。11月1日以来1か月半ぶりに3千人を突破しました。
感染者は18人増加。検査人数が多かったため、罹患率は若干増加で収まっています。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年12月13日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15453.html











空港検疫検査 到着日別詳細結果(12月12日到着分までが反映と推定)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と11月30日までは別にまとめています。

04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
12月01日:症状 有1 無11=陽性12人 1533・1534・1535・1536・1537・1538・1539・1540・1541・1542・1543・1544
12月02日:症状 有0 無13=陽性13人 1545・1546・1547・1548・1549・1550・1551・1552・1553・1554・1555・1556・1557
12月03日:症状 有0 無7=陽性7人 1558・1559・1560・1561・1562・1563・1578
12月04日:症状 有0 無14=陽性14人 1564・1565・1566・1567・1568・1569・1570・1571・1572・1573・1574・1575・1576・1577
12月05日:症状 有0 無19=陽性19人 1579・1580・1581・1582・1583・1584・1585・1586・1587・1588・1589・1590・1591・1592・1593・1594・1595・1596・1597
12月06日:症状 有2 無12=陽性14人 1598・1599・1600・1601・1602・1603・1604・1605・1606・1607・1608・1609・1610・1612
12月07日:症状 有0 無9=陽性9人 1611・1613・1614・1615・1616・1617・1618・1619・1620
12月08日:症状 有1 無7=陽性8人 1621・1622・1623・1624・1625・1626・1627・1628
12月09日:症状 有0 無7=陽性7人 1629・1630・1631・1632・1633・1634・1635
12月10日:症状 有0 無8=陽性8人 1636・1637・1638・1639・1640・1641・1642・1643

12月11日:症状 有1 無16=陽性17人 1644・1645・1646・1647・1648・1649・1650・1651・1652・1653・1654・1655・1656・1657・1658・1660
12月12日:症状 有3(+2) 無14(+11)=陽性17人 1661・1662・1663・1664・1665・1666・1667・1668・1669・1670・1671・1672・1673・1674・1675・1676・1677
 [空港別] 成田8(+5)・羽田4(+3)・関空5(+5)
 [男女別] 男15(+11)・女2(+2)
 [年代別] 10代下1(+1)・20代6(+4)・30代2(+1)・40代2(+2)・50代4(+3)・60代2(+2)・70代0・80代上0
 [渡航元] フィリピン1(+1)・インドネシア5(+5)・バングラデシュ2(+2)・イスラエル1(+1)・トルコ1(+1)・リトアニア1・ハンガリー1(+1)・米国1(+1)・メキシコ2・ブラジル1(+1)・非公表1
 [居住地] 栃木1・東京5(+5)・石川1(+1)・岐阜1(+1)・愛知1・三重1(+1)・大阪3(+3)・兵庫1(+1)・広島1(+1)・佐賀1・非公表1
12月13日:症状 有0 無1=陽性1人 1678
 [空港別] 羽田1
 [男女別] 男0・女1
 [年代別] 10代下0・20代0・30代0・40代1・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] 非公表1
 [居住地] 非公表1


合計14人の陽性確認が発表されました。2人有症状者が出ました。
4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、12月13日までの255日間で1,598人となりました。
1,598人のうち有症状は2人増えて90人です。無症状は1,508人で、無症状率は94.3%です。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者は1人出ました。珍しく羽田着でした。
12日関空着インドネシアから入国の大阪府在住者2人(20代男・40代男)が連番確認されており、団体感染が疑われます。

有症状者は2人です。
12日羽田着ブラジルから入国の東京都在住者(20代男)が鼻閉感、味覚障害です。ブラジルからは直行便はなく、欧米などの別の都市を経由して半日程度の飛行ですから、その間に発症した可能性が高いです。
12日成田着バングラデシュから入国の東京都在住者(50代男)が咳嗽、発熱、倦怠感です。バングラデシュからは直行便はなく、東南アジアなどの別の都市を経由して10時間程度の飛行ですから、その間に発症した可能性が高いです。

日本では、たった2時間飛行で一人の有症状者から機内全域に感染が広まった事例が3月に発生しています。また、今月にも機内感染してそこからさらに市中感染した三次感染とみられる事例が見られます。前後左右二席の人にしか連絡も行っていないようですが、同じ便の搭乗者の14日間の自主隔離強化は呼びかけられているのでしょうか、、、。非公表じゃ搭乗便を推定も出来ませんし、不安ですね。


ここのところ陽性確認が急増している米国から1人、インドネシアから5人、南アジアから2人(バングラデシュ)から2人陽性者が確認されています。

新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15455.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2020年12月13日

緊急警報!また2桁陽性!

緊急警報! 空港検疫で陽性爆増中!本日発表分また二桁人数陽性確認!

空港検疫での入国者に対する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の全員検査で、本日発表分で二桁人数の感染が確認されました。低感染九か国からの入国者や(感染急拡大地域も含む)海外短期滞在の日本人などが原則検査免除となり、検査者が激減しているなかで、陽性確認が多発するという非常に危険な状態に陥っています。

13日に、陽性が確認されたとして発表があったのは全部で16人です。12日到着分が13人、速報に近い13日到着分が1人です。有症状者も2人出ています。

空港検疫でのCOVID-19感染確認の発表分で一日二桁人数を超えるのは2日連続です。少し収まり始めたように見えましたが甘かったですね。

入国者の感染が異常に急増しています。
国際線の発着する空港への不要不急の来港はしばらく自粛しませんか


詳細は14日0時にアップ予定の日々の記事で書きます。

新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15455.html

ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

成田_空港概要(北国内線)

情報交通ホットライン/日本空港情報館/成田国際空港(北側国内線施設)
日本空港情報館
成田国際空港
北側国内線施設

平成27年4月8日より発着する旅客便はなくなりました。

■施設の見どころ:◎==== 小規模/LCC用に整備された軽量鉄骨造の建物です。第2ターミナルに隣接し一体化しています。
■見学者への対応:===== ターミナルパンフ 有(成田国際空港内共通)/案内所 無/展望デッキ 無/ファン向け展示 無
■売店の充実度:===== 店舗は平成27年4月8日閉店
■アクセスの状況:◎◎◎== 鉄道 隣接(空港第2ビル駅)/バス 有*/*隣接する第2ターミナル発着のバス・鉄道・タクシーなどを利用できます。


※情報は特記以外平成28年9月現在のものです。
NT-00.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は平成24年11月航空便運航時期に撮影)
平成24年10月開業。巨大な第2旅客ターミナルに隣接して整備された軽量鉄骨造(=いわゆるプレハブ)のターミナルビルです。
第2ターミナルと一体化しているように見えますが、南側国内線施設と異なり、第2ターミナルとは別棟扱いとなっています。一部航空会社の出発用施設として整備され、平成27年4月8日に第3旅客ターミナルビルが出来たことから閉鎖されましたが、平成26年7月に1階部分を休憩室北ウェイティングエリアとして再整備されました。令和元年10月26日から旅客の出入り・利用ができなくなりました。
令和2年11月2日、新型コロナウイルス感染症に対応したPCRセンターとして旅客利用が再開されています。
動線方式は単層方式。2階建てですが2階は事務所エリアで、旅客は1階部分のみ利用できます。施設前に駐機スペースはなく、航空便の出発用施設として使用していた当時は、全便ランプバス輸送により沖止めされた飛行機からの搭乗になっていました。
平成24年10月23日〜平成25年10月26日にエアアジア・ジャパン(WAJ)(国内線出発のみ)、平成25年12月20日〜平成27年4月7日にバニラエア(VNL)と春秋航空日本(SJO)(国内線出発のみ)に使用されました。平成27年4月8日に出発用施設としては使用が終了しています。
ターミナル内のサインは、灰地に白文字です。
NT-01.jpgターミナル入口
(写真は平成26年9月航空便運航時期に撮影)
第2ターミナル本館1階北端がメインの入口(旧・出発口)で、その先に専用連絡通路があり、一度外部に出る形となっていました。平成27年7月の再整備以降は第3旅客ターミナルビル側に出入口が増設されていました。

NT-02.jpgかつてあった見どころ(搭乗待合室 出発バスラウンジ⇒待合室 北ウェイティングエリア)
(写真は平成26年9月航空便運航時期に撮影)
北側国内線施設は、出発用施設として運用していた当時は、保安検査場と搭乗待合室(出発バスラウンジ)のみの施設でした。広々とした待合室ですが、柱が目立つ空間で、むき出しの天井が目立ちました。特別な装飾はなく、航空会社のサイン以外モノトーンでした。
平成26年7月に休憩室北ウェイティングエリアとなり、待合室スペースのみの施設でした。多くの椅子が並べられ、トラベルブックコーナーや畳のあるファミリースペース等がありました。
令和2年11月からPCRセンターとなっています。
NT-03.jpgかつてあった見どころ(搭乗口)
(写真は平成26年9月航空便運航時期に撮影)
搭乗口はJ、K、L、Mの4か所がありました。建物外側はすべてランプバスのりばとなっています。改札は小さな台があるのみとなっていました。
NT-04.jpgかつてあった見どころ(売店・飲食店)
(写真は平成26年9月航空便運航時期に撮影)
搭乗待合室には売店1店がありました。その後はトラベルブックコーナーとなっていました。
※平成25年10月27日:AirAsia CAFE 閉店
※平成25年12月20日:Vstore 開店
※平成27年04月08日:Vstore 閉店

■就航路線(国内線)
令和2年12月13日現在、北側国内線施設発着の定期就航路線はありません。
→「就航路線」を参照

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※成田国際空港の公式サイトではありません。

開設月日 2012.11.22
初調査日 2012.11.18
前調査日 2016.09.04
ラベル:空港概要 成田
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 成田国際空港(成田空港) | 更新情報をチェックする

検疫週間別12月2_70人台0.5%超

◆空港検疫結果分析(週間別)12月2週目 陽性70人台まで減少もまだ罹患率0.5%超え

4月3日に入国者に対する新型コロナウイルス感染症検査(PCR検査または抗原検査)の全員実施が始まってから8か月が過ぎました。
12月2週目(12月4日〜12月10日)は、検査対象数15,699人中、感染者数79人、罹患率0.503%(推定値)で、前週に比べて感染者数、罹患率とも減少しました。しかし減少幅は小さく、状況は悪化したままです。


■陽性者数はまだ70人台もまだ0.5%超え
12月2週目は、1日平均2,242人が検査しました。検査人数がだいぶ増えてきました。
陽性者は週間79人と前週よりも若干減少はしたものの、高水準であることには変わりません。検査数が増えたため罹患率は下がりましたが、0.503%(推定値)とまだ0.5%超えとなっています。

グラフ化すると、検査者数はグングン増加中です。陽性者数は横ばい、罹患率は7日平均がジリジリ下がってきている状況です。
(赤が感染者数(左目盛)、青が検査者数(右目盛)、緑が罹患率(右目盛))
Quarantine20200403-20201210-1-1.gif
Quarantine20200403-20201210-1-2.gif
Quarantine20200403-20201210-1-3.gif


■羽田が増加したまま
[空港別] 79人中 成田36・羽田28・中部0・関空13・福岡2

成田国際着が相変わらず最多ですが、46%まで落ちてきました。
東京国際は前週レベルの36%です。米国からの感染者が多くなると羽田が増える傾向に見えます。
中部国際着は陽性者が出ませんでした。

■引き続き4人に3人が男性
[男女別] 79人中 男58・女21

男性は73%と高水準なままです。4人に3人は男性です。

■高年齢が増加
[年齢別] 79人中 10代下9・20代29・30代8・40代13・50代17・60代2・70代1・80代上0

20代〜40代は少し減り50人・63%です。20代が29人・37%とダントツの状態は変わりません。
高年齢が増えており、50代が17人・22%です。

■3割米国変わらず
[渡航元] 79人中 非公表は13人、66人中米国20人・インドネシア7人

非公表者は16%と前週に比べて減りました。
米国は20人・30%と高水準なままです。3人に1人は米国からの入国者になっています。
ここのところ急増しているインドネシアは7人・11%と多い状況に変わりはありません。
ロシアは5人で、直行便が飛ぶごとに陽性確認される状況は続いています。
南アジアは合計11人・17%。直行便が飛ぶごとに陽性確認される状況は続いています。
欧州は11人。トルコを含めた4か国滞在者が初確認されています。

間近の感染が急激に増加中の国:日本・インドネシア・ロシア・トルコ・スウェーデン・米国・メキシコ・ブラジル
感染状況がピークの国:日本・マレーシア・インドネシア・ロシア・トルコ・スウェーデン・米国・メキシコ・ブラジル
以上の異常状態の国からの入国者も感染確認されています。

ロイターのページが分かりやすいです。https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/

グラフにすると、相変わらず米国(桃色)が目を引きます。南アジア(緑系統)も多いです。
(東アジア:赤系統、東南アジア:黄系統、南アジア:緑系統、欧州:青系統、米州:紫系統)
※ウクライナがタイと同数になりましたので、追記しました。

Quarantine20200403-20201210-2.gif


■3人に1人東京
[居住地] 79人中非公表が13人、66人中南関東36人

非公表者は16%と前週に比べて減りました。
南関東は36人・55%と、相変わらず半分以上を占めています。東京は21人・32%。埼玉が増加しています。
陽性・陰性関係なく14日間ホテル住まいが確定の北海道・沖縄が合計3人も出ています。

グラフを見ると、関東が増加傾向、非公表も増えているのが分かります。
(関東:赤黄系統、中部:緑系統、関西:青系統、中四国九州:紫系統)
Quarantine20200403-20201210-3.gif


■団体感染疑い・完全非公表は半減
[その他] 団体感染疑い4件、完全非公表11人

・詳細は公開されていないので推定でしかないですが、同日に同一空港へ同一国からの入国で同一都道府県在住者が連番確認された場合の、団体感染の疑いが強い事例は4件と減少気味。南アジアと米国が目立ちます。非公表がなくなりました。
・行動歴、居住地とも非公表者は11人・14%と半減。羽田着が4人とやや増えてきました。
・有症状者は3人。うち1人は4か国滞在者というトンデモ事例です。残りの二人も人数の多い米国と空港検疫での陽性率が非常に高いロシアですから、来るべくして来ている有症状者と言えそうです。
・自県の感染者増加でアップアップしているのか、在住都道府県からの発表がほぼなくなっています。

■団体感染が疑われる事例(連番確認)
・12月4日 1567 成田 10代男 埼玉県 ネパール 無症状
 12月4日 1568 成田 20代男 埼玉県 ネパール 無症状
・12月5日 1580 関空 20代男 愛知県 インドネシア 無症状
 12月5日 1581 関空 20代男 愛知県 インドネシア 無症状
・12月5日 1591 羽田 30代男 東京都 米国 無症状
 12月5日 1592 羽田 10歳未満男 東京都 米国 無症状
 12月5日 1593 羽田 10歳未満男 東京都 米国 無症状
・12月8日 1626 成田 10代男 埼玉県 パキスタン 無症状
 12月8日 1627 成田 10代女 埼玉県 パキスタン 無症状

■団体感染が疑われる事例(10歳未満)
・12月5日 1592 羽田 10歳未満男 東京都 米国 無症状
・12月5日 1593 羽田 10歳未満男 東京都 米国 無症状

■行動歴と在住地が非公表の事例
・12月4日 1577 成田 30代女
・12月5日 1590 成田 50代女
・12月6日 1599 羽田 50代男
・12月6日 1603 成田 20代男
・12月6日 1607 羽田 50代男
・12月6日 1608 成田 50代女
・12月7日 1619 成田 50代男
・12月8日 1622 羽田 50代女
・12月8日 1625 成田 20代女
・12月9日 1635 羽田 60代男
・12月10日 1637 成田 70代女

■有症状事例
・12月6日 1606 成田 40代男 新潟県 ロシア 発熱、咽頭痛
・12月6日 1609 羽田 20代女 広島県 米国 咽頭違和感
・12月8日 1628 羽田 50代男 東京都 トルコ/フランス/スイス/スペイン 咳嗽、鼻汁

■2か国以上滞在者事例
・12月8日 1628 羽田 50代男 東京都 トルコ/フランス/スイス/スペイン 咳嗽、鼻汁

■空港検疫での感染確認 週間別の傾向(検査対象人数が推定値)
04/03-12/03:検査対象352,560人(1,399人/日) 感染1,566人=罹患率0.444%
(上記合計は11月5日分の過計上1,838件をマイナス済。下記各週の数値はマイナスせず。)
04/03-04/09:検査対象10,010人(1,430人/日) 感染34人=罹患率0.339%
04/10-04/16:検査対象 7,375人(1,053人/日) 感染16人=罹患率0.216%
04/17-04/23:検査対象 4,480人( 640人/日) 感染 8人=罹患率0.178%
04/24-04/30:検査対象 4,744人( 677人/日) 感染13人=罹患率0.274%
05/01-05/07:検査対象 3,861人( 551人/日) 感染 5人=罹患率0.129%
05/08-05/14:検査対象 4,130人( 590人/日) 感染 5人=罹患率0.121%
05/15-05/21:検査対象 3,948人( 564人/日) 感染 3人=罹患率0.075%
05/22-05/28:検査対象 3,988人( 569人/日) 感染23人=罹患率0.576%
05/29-06/04:検査対象 5,869人( 838人/日) 感染20人=罹患率0.340%
06/05-06/11:検査対象 6,081人( 868人/日) 感染29人=罹患率0.476%
06/12-06/18:検査対象 6,788人( 969人/日) 感染41人=罹患率0.604%
06/19-06/25:検査対象 7,677人(1,096人/日) 感染30人=罹患率0.390%
06/26-07/02:検査対象 9,458人(1,351人/日) 感染20人=罹患率0.211%
07/03-07/09:検査対象10,800人(1,542人/日) 感染41人=罹患率0.379%
07/10-07/16:検査対象 9,702人(1,386人/日) 感染76人=罹患率0.783%
07/17-07/23:検査対象 9,388人(1,341人/日) 感染64人=罹患率0.681%
07/24-07/30:検査対象 9,055人(1,293人/日) 感染84人=罹患率0.927%
07/31-08/06:検査対象12,190人(1,741人/日) 感染67人=罹患率0.549%
08/07-08/13:検査対象 9,453人(1,350人/日) 感染36人=罹患率0.380%
08/14-08/20:検査対象10,254人(1,464人/日) 感染39人=罹患率0.380%
08/21-08/27:検査対象10,612人(1,516人/日) 感染31人=罹患率0.292%
08/28-09/03:検査対象11,895人(1,699人/日) 感染47人=罹患率0.395%
09/04-09/10:検査対象 9,679人(1,382人/日) 感染27人=罹患率0.278%
09/11-09/17:検査対象11,654人(1,664人/日) 感染41人=罹患率0.351%
09/18-09/24:検査対象11,262人(1,608人/日) 感染45人=罹患率0.399%
09/25-10/01:検査対象13,766人(1,966人/日) 感染48人=罹患率0.348%
10/02-10/08:検査対象12,579人(1,797人/日) 感染51人=罹患率0.405%
10/09-10/15:検査対象12,755人(1,822人/日) 感染43人=罹患率0.337%
10/16-10/22:検査対象15,304人(2,186人/日) 感染44人=罹患率0.287%
10/23-10/29:検査対象16,650人(2,378人/日) 感染51人=罹患率0.306%
10/30-11/05:検査対象15,804人(2,257人/日) 感染54人=罹患率0.341%
11/06-11/12:検査対象10,227人(1,461人/日) 感染100人=罹患率0.977%
11/13-11/19:検査対象11,591人(1,655人/日) 感染77人=罹患率0.664%
11/20-11/26:検査対象12,322人(1,760人/日) 感染88人=罹患率0.714%
11/27-12/03:検査対象13,348人(1,906人/日) 感染83人=罹患率0.621%
12/04-12/10:検査対象15,699人(2,242人/日) 感染79人=罹患率0.503%
 [空港別] 成田36・羽田28・中部0・関空13・福岡2
 [男女別] 男58・女21
 [年代別] 10代下9・20代29・30代8・40代13・50代17・60代2・70代1・80代上0
 [渡航元] フィリピン5・マレーシア1・インドネシア7・ミャンマー2・
   バングラデシュ2・ネパール5・インド2・パキスタン2・
   ロシア5・トルコ/スイス/フランス/スペイン1・ウクライナ2・
   ルーマニア1・モンテネグロ1・スウェーデン1・マルタ1・
   オランダ1・スイス2・英国1・
   米国20・メキシコ3・ブラジル1・非公表13
 [居住地] 北海道2・福島1・群馬1・茨城1・埼玉8・千葉2・東京21・神奈川5・
   新潟1・静岡1・愛知4・三重1・滋賀1・大阪7・兵庫2・
   徳島1・香川1・広島2・福岡2・大分1・沖縄1・非公表13
 4日14、5日19、6日14(有2)、7日9、8日8(有1)、9日7、10日8=79
 36週(252日)経過


※検査対象数は、何月何日着が何人という発表ではなく、2日遅れで集計発表していると思われる数値しか公表されていません。毎日更新されているので、それほど大きくブレることはないと思いますが、確実に何月何日到着分の数値かは不明です。推定値に近い数値として捉えてください。


前週(12月第1週)の詳細 http://johokotu.seesaa.net/article/478854600.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

空港検疫12/12_また非公表有症状

◇空港検疫 5日ぶりに2桁陽性、また非公表有症状者が発生 12月12日発表分

厚生労働省(厚労省)は12月12日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、一部の国からの入国者を除いた全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


無検査対象者急増で検査総数が激減する中、
空港検疫での陽性確認が爆発的増加の異常事態!
有症状者も増加中という危険状態!!

(×××)
12月12日現在
罹 患 率 0.448%
←11月初旬から罹患率爆増止まらず!
無症状率 94.5%

国内の隠れ感染者数(推定値)39.4万人

(比較用)日 本:罹患率0.138%=感染174,299人、死亡率0.0020%=死亡2,534人/人口約1億2577万人(2020年11月)←[激増中・ピーク]
(比較用)ヨルダン:罹患率2.542%=感染253,121人、死亡率0.0326%=死亡3,250人/人口約995.6万人(2018年)←[爆増ピーク直後]※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/jordan/



※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(12月10日分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
11月30日発表分までは別にまとめています。

04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
04月04日〜12月01日:対象330,140人、陽性1,460人/罹患率0.442%
04月04日〜12月02日:対象331,532人、陽性1,470人/罹患率0.443%
04月04日〜12月03日:対象333,211人、陽性1,485人/罹患率0.445%
04月04日〜12月04日:対象335,120人、陽性1,495人/罹患率0.446%
04月04日〜12月05日:対象336,861人、陽性1,502人/罹患率0.445%
04月04日〜12月06日:対象339,564人、陽性1,519人/罹患率0.447%
04月04日〜12月07日:対象342,111人、陽性1,536人/罹患率0.448%
04月04日〜12月08日:対象344,758人、陽性1,552人/罹患率0.450%
04月04日〜12月09日:対象346,533人、陽性1,558人/罹患率0.449%
04月04日〜12月10日:対象348,421人、陽性1,566人/罹患率0.449%
04月04日〜12月11日:対象350,670人、陽性1,573人/罹患率0.448%

04月04日〜12月12日:対象352,560人、陽性1,582人/罹患率0.448%

12月12日時点での罹患率をそのまま日本の人口(11月の推計人口1億2577万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約56.4万人になります。
国内のPCR検査陽性者は12月12日0時現在で172,638人ですから、隠れ感染者はあと約39.1万人もいると推定されます。

検査人数は9日連続で千五百人を超えました。2日ぶりに二千人を。
感染者は9人増加。検査人数が多かったため、罹患率は横ばいです。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年12月12日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15450.html











空港検疫検査 到着日別詳細結果(12月11日到着分までが反映と推定)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と11月30日までは別にまとめています。

04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
12月01日:症状 有1 無11=陽性12人 1533・1534・1535・1536・1537・1538・1539・1540・1541・1542・1543・1544
12月02日:症状 有0 無13=陽性13人 1545・1546・1547・1548・1549・1550・1551・1552・1553・1554・1555・1556・1557
12月03日:症状 有0 無7=陽性7人 1558・1559・1560・1561・1562・1563・1578
12月04日:症状 有0 無14=陽性14人 1564・1565・1566・1567・1568・1569・1570・1571・1572・1573・1574・1575・1576・1577
12月05日:症状 有0 無19=陽性19人 1579・1580・1581・1582・1583・1584・1585・1586・1587・1588・1589・1590・1591・1592・1593・1594・1595・1596・1597
12月06日:症状 有2 無12=陽性14人 1598・1599・1600・1601・1602・1603・1604・1605・1606・1607・1608・1609・1610・1612
12月07日:症状 有0 無9=陽性9人 1611・1613・1614・1615・1616・1617・1618・1619・1620
12月08日:症状 有1 無7=陽性8人 1621・1622・1623・1624・1625・1626・1627・1628
12月09日:症状 有0 無7=陽性7人 1629・1630・1631・1632・1633・1634・1635
12月10日:症状 有0 無8=陽性8人 1636・1637・1638・1639・1640・1641・1642・1643

12月11日:症状 有1(+1) 無16(+13)=陽性17人 1644・1645・1646・1647・1648・1649・1650・1651・1652・1653・1654・1655・1656・1657・1658・1660
 [空港別] 成田11(+9)・羽田4(+3)・関空1(+1)・福岡1(+1)
 [男女別] 男11(+10)・女6(+4)
 [年代別] 10代下2(+2)・20代10(+8)・30代2(+1)・40代0・50代2(+2)・60代1(+1)・70代0・80代上0
 [渡航元] フィリピン2(+2)・インドネシア2・ネパール2(+2)・インド1・ヨルダン1(+1)・トルコ1(+1)・ロシア2(+2)・英国1(+1)・米国1(+1)・非公表4(+4)
 [居住地] 群馬1(+1)・栃木1(+1)・千葉2(+2)・東京2(+1)・神奈川3(+1)・静岡2(+2)・大阪1(+1)・福岡1(+1)・非公表4(+4)

12月12日:症状 有1 無3=陽性4人 1661・1662・1663・1664
 [空港別] 成田3・羽田1
 [男女別] 男4・女0
 [年代別] 10代下0・20代2・30代1・40代0・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] リトアニア1・メキシコ2・非公表1
 [居住地] 栃木1・愛知1・佐賀1・非公表1


合計18人の陽性確認が発表されました。2人有症状者が出ました。
4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、12月12日までの254日間で1,584人となりました。
1,584人のうち有症状は2人増えて88人です。無症状は1,496人で、無症状率は94.4%です。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者は4人出ました。全員成田着です。
11日成田着ネパールから入国の静岡県在住者2人(10代女・20代女)が連番確認されており、団体感染が疑われます。

有症状者は2人です。
11日成田着非公表国から入国の在住地非公表者(20代男)が発熱症状です。有症状なのに完全非公表というトンデモ事例になっています。
12日羽田着リトアニアから入国の佐賀県在住者(20代男)が嗅覚・味覚障害です。リトアニアからは直行便はなく、欧州などの別の都市を経由して半日程度の飛行ですから、その間に発症した可能性が高いです。機内食でいきなり味がないというのはかなり驚きでしょうね。

日本では、たった2時間飛行で一人の有症状者から機内全域に感染が広まった事例が3月に発生しています。また、今月にも機内感染してそこからさらに市中感染した三次感染とみられる事例が見られます。前後左右二席の人にしか連絡も行っていないようですが、同じ便の搭乗者の14日間の自主隔離強化は呼びかけられているのでしょうか、、、。非公表じゃ搭乗便を推定も出来ませんし、不安ですね。


ここのところ陽性確認が急増している米国から1人、南アジアから2人(ネパール)、空港検疫での感染率の高いロシアから2人陽性者が確認されています。ネパールやロシアは直行便が飛ぶと陽性者が出る印象ですね。

新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15451.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2020年12月12日

緊急警報!空港検疫また2桁陽性!

緊急警報! 空港検疫で陽性爆増中!本日発表分また二桁人数陽性確認!

空港検疫での入国者に対する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の全員検査で、本日発表分で二桁人数の感染が確認されました。低感染九か国からの入国者や(感染急拡大地域も含む)海外短期滞在の日本人などが原則検査免除となり、検査者が激減しているなかで、陽性確認が多発するという非常に危険な状態に陥っています。

12日に、陽性が確認されたとして発表があったのは全部で18人です。11日到着分が14人、速報に近い12日到着分が4人です。2人有症状者が出ています。

空港検疫でのCOVID-19感染確認の発表分で一日二桁人数を超えるのは7日以来5日ぶりです。少し収まり始めたように見えましたが甘いですね。

入国者の感染が異常に急増しています。
国際線の発着する空港への不要不急の来港はしばらく自粛しませんか


詳細は13日0時にアップ予定の日々の記事で書きます。

新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15451.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

検疫週間速報_米邦人と南亜外人

■空港検疫(週間速報) 米国や欧州は日本国籍者の感染人数多く、南アジアは外国籍者ばかり、非公表の隠匿者は日本国籍者が多い?

厚生労働省(厚労省)は9日、空港検疫での新型コロナウイルス感染症検査状況の11月四週目(11月22日〜11月28日)分の速報値を発表しました。
11月に陽性者が急増している背景には、欧米からの日本国籍者、南アジアからの外国籍者要因であることがはっきりしてきました。


厚労省の速報は、週間の検体数と陽性者数を、日本国籍者、外国籍者別に、滞在国ごとに出した非常に細かいデータです。11月11日以降毎週水曜日に過去4週間分が発表されています。9日の公表で、10月4日〜11月28日分が公表されたことになりました。
速報のため、日々の発表のデータとかなりのズレが生じていますが、分析に活用できます。11月3週目までは分析済みですので、4週目のみの傾向を見ていきます。

11月は罹患率が急増
11月は過去最多の陽性者数を記録してしまいましたので、速報が出た11月の四週分を少し細かく見てみます。

11月01日〜11月07日は、検体10,589・陽性84で罹患率は0.79%。
11月08日〜11月14日は、検体10,823・陽性89で罹患率は0.82%。
11月15日〜11月21日は、検体11,627・陽性79で罹患率は0.68%。
11月22日〜11月28日は、検体13,789・陽性90で罹患率は0.65%。
四週合計は、検体46,828・陽性342で罹患率は0.73%。137人に1人は感染者という超高感染状態でした。

続いて国籍別の罹患率を見ると以下のようになります。
11月01日〜11月07日は、日本国籍者0.75%、外国籍者0.83%。
11月08日〜11月14日は、日本国籍者0.54%、外国籍者1.02%。
11月15日〜11月21日は、日本国籍者0.52%、外国籍者0.79%。
11月22日〜11月28日は、日本国籍者0.61%、外国籍者0.65%。
(10月04日〜10月31日は、日本国籍者0.34%、外国籍者0.35%)

10月の4週間は日本国籍者と外国籍者の罹患率に差はなく0.35%程度でした。11月に入ってからは、日本国籍者、外国籍者ともに急上昇しています。外国籍者の割合が少し増えていますが、日本国籍者の割合も追いかけるように増えています。

欧米からは日本国籍者、アジアからは外国籍者の感染が多い
国別を細かく見ていくと、11月の3週間は以下のような印象を受けます。
・欧米は、入国者の日本国籍者比率が高く、日本人の罹患率も高め(特に米国は人数が多い)。
・アジアは、入国者の外国籍者比率が圧倒的に高く、罹患率も外国籍者の方が高い国が多い(特に南アジア)。

罹患率は、ロシア、パキスタンが先週に引き続き超高確率が続いていて、感染危険国家であることが分かります。
人数は、米国がダントツで、日本国者が倍以上確認されています(入国者も倍以上)。11月から急増していますから、ハワイ要因でしょうか??
フィリピン・インドネシアは、外国籍者の方が多いです(入国者も多い)。

米国から帰ってくる日本国籍者とロシア・南アジアから入国する外国籍者を入国制限すればかなり感染を防ぐことが出来そうな結果となっています。

非公表者は日本人が多いと思われる結果に
相変わらず非公表が多いのが米国。入国者も陽性者も日本人の方が多い国です。3週連続で誤差(≒非公表者)が出ている状況で、この国だけは非公表にする人が一定数いる、隠匿しやすい国家なのかもしれません。
非公表者のうち6人が外国籍者、8人が日本国籍者であることが確定する結果となっています。日本国籍者の方が、陽性者の総人数が少ないですから、日本人の方が非公表にしやすいと言えるかもしれません。

ウクライナとトルコが3人誤差が出ています。毎日発表では両国滞在者が1人出ているのみですので、週間発表側で3人過計上の可能性が非常に高い状況です。
先週の台湾に引き続き、原則検査なし国である韓国が確認されています。有症状だったか、原則検査なし以外の国との2か国以上訪問者の可能性がありますが、なぜ毎日の個別発表では確認されていないのか不思議な状況です。

毎週データは更新されているようですので、今後も注視してきます。


米国からの入国者の動向
10月04日〜10月10日:罹患率0.23%
日本国籍 検体1,674・陽性4=罹患率0.24%、外国籍 検体547・陽性1=罹患率0.18%
10月11日〜10月17日:罹患率0.54%
日本国籍 検体532・陽性4=罹患率0.75%、外国籍 検体215・陽性0=罹患率0.00%
10月18日〜10月24日:罹患率0.15%
日本国籍 検体823・陽性0=罹患率0.00%、外国籍 検体489・陽性2=罹患率0.41%
10月25日〜10月31日:罹患率0.13%
日本国籍 検体1,545・陽性1=罹患率0.06%、外国籍 検体783・陽性2=罹患率0.26%
11月01日〜11月07日:罹患率1.19%
日本国籍 検体1,832・陽性26=罹患率1.42%、外国籍866・陽性6=罹患率0.69%
11月08日〜11月14日:罹患率0.67%
日本国籍 検体1,829・陽性11=罹患率0.60%、外国籍851・陽性7=罹患率0.82%
11月15日〜11月21日:罹患率0.78%
日本国籍 検体2,043・陽性11=罹患率0.54%、外国籍1,017・陽性13=罹患率1.28%
11月22日〜11月28日:罹患率0.64%
日本国籍 検体3,307・陽性20=罹患率0.60%、外国籍933・陽性7=罹患率0.75%



週間速報内容
11/22-11/28
全検査
合計 検体13,789、陽性90、0.65%↓
日本 検体 6,773、陽性41、0.61%↑
外国 検体 7,016、陽性49、0.70%↓


検体数の多い国
米  国:合計 検体4,240、陽性27、0.64%/日本 検体3,307、陽性20、0.60%/外国 検体 933、陽性 7、0.75%
フィリピン:合計 検体1,899、陽性11、0.58%/日本 検体 178、陽性 2、1.12%/外国 検体1,721、陽性 9、0.52%
インドネシア:合計 検体1,226、陽性11、0.90% /日本 検体 138、陽性 2、1.45%/外国 検体1,088、陽性 9、0.83%
イ ン ド:合計 検体 430、陽性 4、0.93%/日本 検体 41、陽性 1、2.44%/外国 検体 389、陽性 3、0.77%
英  国:合計 検体 391、陽性 3、0.77%/日本 検体 304、陽性 2、0.66%/外国 検体 87、陽性 1、1.15%

罹患率の高い国(検体数100以上)
ロ シ ア:合計 検体 190、陽性 6、3.16%/日本 検体 27、陽性 0、0%/外国 検体 163、陽性 6、3.68%
パキスタン:合計 検体 212、陽性 4、1.89%/日本 検体 18、陽性 0、0%/外国 検体 194、陽性 4、2.06%
メキシコ:合計 検体 120、陽性 2、1.67%/日本 検体 104、陽性 2、1.92%/外国 検体 16、陽性 0、0%
バングラデシュ:合計 検体 227、陽性 3、1.32%/日本 検体 18、陽性 0、0%、0%/外国 検体 209、陽性 3、1.44%
ウクライナ:合計 検体 331、陽性 4、1.21%/日本 検体 285、陽性 4、1.40%/外国 検体 46、陽性 0、0%
※特記
罹患率は韓国が最悪です(検体6(日本国籍3)・陽性1(日本国籍)の16.67%)。
先週に引き続くルーマニア(4.35%)、ロシア(3.16%)が続いています。両国の感染者は全員外国籍者です。


毎日の個別発表との誤差状況(11月22日〜11月28日)
(A)週間発表(今回の滞在国・地域ごとの検査実績発表):90人
(B)毎日発表:86人中非公表19人(2か国滞在1人)

 (誤差が出ている国)
 米 国 (A)4人超過(日本籍20・外国籍7)
 インドネシア(A)2人超過(日本籍2・外国籍9)
 フィリピン(A)5人超過(日本籍2・外国籍9)=少なくとも外国籍者3人が非公表
 ロシア (A)2人超過(日本籍0・外国籍6)=非公表は2人全員外国籍者
 ウクライナ(A)3人超過(日本籍4・外国籍0)=非公表は3人全員日本国籍者※
 トルコ (A)3人超過(日本籍4・外国籍0)=非公表は3人全員日本国籍者※
 英 国 (A)1人超過(日本籍2・外国籍1)
 メキシコ(A)1人超過(日本籍2・外国籍0)=非公表は1人全員日本国籍者
 韓 国 (A)1人超過(日本籍1・外国籍0)=非公表は1人全員日本国籍者
 マレーシア(A)1人超過(日本籍0・外国籍1)=非公表は1人全員外国籍者


水際対策(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kansenkakudaiboushi-iryouteikyou.html#h2_7
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

空港検疫12/11_また米・南亜

◇空港検疫 また米国複数人、南アジアからもまた陽性者 12月11日発表分

厚生労働省(厚労省)は12月11日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、一部の国からの入国者を除いた全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


無検査対象者急増で検査総数が激減する中、
空港検疫での陽性確認が爆発的増加の異常事態!
有症状者も増加中という危険状態!!

(×××)
12月11日現在
罹 患 率 0.448%
←11月初旬から罹患率爆増止まらず!
無症状率 94.5%

国内の隠れ感染者数(推定値)39.4万人

(比較用)東京都:罹患率0.326%=感染45,529人、死亡率0.0037%=死亡530人/人口13,963,751人(2020年11月)←[激増中・ピーク]
(比較用)インドネシア:罹患率0.224%=感染598,933人、死亡率0.0068%=死亡18,336人/人口約2.67億人(2019年)←[ずっと急増中・ピーク]※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/indonesia/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(12月9日分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
11月30日発表分までは別にまとめています。

04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
04月04日〜12月01日:対象330,140人、陽性1,460人/罹患率0.442%
04月04日〜12月02日:対象331,532人、陽性1,470人/罹患率0.443%
04月04日〜12月03日:対象333,211人、陽性1,485人/罹患率0.445%
04月04日〜12月04日:対象335,120人、陽性1,495人/罹患率0.446%
04月04日〜12月05日:対象336,861人、陽性1,502人/罹患率0.445%
04月04日〜12月06日:対象339,564人、陽性1,519人/罹患率0.447%
04月04日〜12月07日:対象342,111人、陽性1,536人/罹患率0.448%
04月04日〜12月08日:対象344,758人、陽性1,552人/罹患率0.450%
04月04日〜12月09日:対象346,533人、陽性1,558人/罹患率0.449%
04月04日〜12月10日:対象348,421人、陽性1,566人/罹患率0.449%

04月04日〜12月11日:対象350,670人、陽性1,573人/罹患率0.448%

12月11日時点での罹患率をそのまま日本の人口(11月の推計人口1億2577万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約56.4万人になります。
国内のPCR検査陽性者は12月11日0時現在で169,890人ですから、隠れ感染者はあと約39.4万人もいると推定されます。

検査人数は8日連続で千五百人を超えました。3日ぶりに二千人を超えました。
感染者は7人増加。検査人数が多かったため、罹患率はやや低下しました。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年12月11日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15435.html











空港検疫検査 到着日別詳細結果(12月10日到着分までが反映と推定)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と11月30日までは別にまとめています。

04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
12月01日:症状 有1 無11=陽性12人 1533・1534・1535・1536・1537・1538・1539・1540・1541・1542・1543・1544
12月02日:症状 有0 無13=陽性13人 1545・1546・1547・1548・1549・1550・1551・1552・1553・1554・1555・1556・1557
12月03日:症状 有0 無7=陽性7人 1558・1559・1560・1561・1562・1563・1578
12月04日:症状 有0 無14=陽性14人 1564・1565・1566・1567・1568・1569・1570・1571・1572・1573・1574・1575・1576・1577
12月05日:症状 有0 無19=陽性19人 1579・1580・1581・1582・1583・1584・1585・1586・1587・1588・1589・1590・1591・1592・1593・1594・1595・1596・1597
12月06日:症状 有2 無12=陽性14人 1598・1599・1600・1601・1602・1603・1604・1605・1606・1607・1608・1609・1610・1612
12月07日:症状 有0 無9=陽性9人 1611・1613・1614・1615・1616・1617・1618・1619・1620
12月08日:症状 有1 無7=陽性8人 1621・1622・1623・1624・1625・1626・1627・1628
12月09日:症状 有0 無7=陽性7人 1629・1630・1631・1632・1633・1634・1635

12月10日:症状 有0 無8(+6)=陽性8人 1636・1637・1638・1639・1640・1641・1642・1643
 [空港別] 成田3(+1)・羽田2(+2)・関空3(+3)
 [男女別] 男5(+4)・女3(+2)
 [年代別] 10代下1(+1)・20代4(+3)・30代0・無40代1(+1)・50代1(+1)・60代0・70代1・80代上0
 [渡航元] フィリピン1(+1)・ミャンマー1(+1)・インドネシア1(+1)・ネパール1(+1)・バングラデシュ1・米国2(+2)・非公表1
 [居住地] 埼玉1(+1)・東京1(+1)・大阪2(+2)・兵庫2(+1)・広島1(+1)・非公表1
12月11日:症状 有0 無3=陽性3人 1644・1645・1646
 [空港別] 成田2・羽田1
 [男女別] 男1・女2
 [年代別] 10代下0・20代2・30代1・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] インドネシア2・インド1
 [居住地] 東京1・神奈川2


合計9人の陽性確認が発表されました。
4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、12月11日までの253日間で1,566人となりました。
1,566人のうち有症状は86人です。無症状は1,480人で、無症状率は94.5%です。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
11日成田着インドネシアから入国の神奈川県在住者2人(20代女2人)が連番確認されており、団体感染が疑われます。インドネシアの20代女は、技能実習生17人事例(広島県在住者と申告した広島県滞在予定者)がありましたが、それと似たような団体でしょうか。気になります。

ここのところ急増している米国から2人、南アジアから1人(インド・ネパール)陽性者が確認されています。直行便が飛ぶと陽性者が出る印象ですね。

新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15440.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2020年12月11日

検疫すり抜け事例続々

◇空港検疫 すり抜け事例・そこからの二次感染が続々発生中

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)陽性者が空港検疫をすり抜け、日本国内で陽性確認される事例が続々発生しています。9日と11日には新潟市が海外渡航者の感染を発表しています。

新潟市の発表によりますと、陽性が確認された海外渡航者は新潟市9日発表の210例目(40代男)と211例目(30代男)の2人。さらに11日、濃厚接触者の陽性者として213例目(20代男)が発表されています。
210例目と211例目について海外渡航から入国後の行動歴などは公開されていませんが、報道によりますと、29日に成田国際から入国、入国時の検査は陰性、前後席に空港検疫での陽性者がいたこと、新潟市内の市内施設で14日間の自主隔離を過ごしていたことが判明しました。いわゆるすり抜け案件です
213例目は211例目を成田まで迎えに行った人と発表されています。
海外渡航者の2人は、いずれも居住地が市内滞在中とされており、新潟県在住者ではない可能性があります。

機内感染だったのだとすると、213例目は三次感染だったことになります。
それにしても213例目の方はなぜ迎えに行ってしまうのでしょう。そして迎えに行ったのに、14日間の自主隔離をしていなかったため、さらに濃厚接触者が2人もいることが判明しています。

今回の2人は、同じ機内にいた別の陽性者とたまたま前後左右2席(一般的に感染するとされる範囲=2-row rule)に当たっていたため、入国後10日も経ってから濃厚接触者として検査を受け、たまたま陽性が判明しています。
連絡するのも遅いですし、いまだに2-row ruleが続いているようですね。

日本では既に3月の時点で機内全域に感染が広がった事例が確定しています。
いつまでたっても対策が進まないですね。

新型コロナウイルス感染症患者の発生について(新潟市公式サイト)
http://www.city.niigata.lg.jp/shisei/koho/houdou/2012.files/201210-4.pdf
新型コロナウイルス感染症患者の発生について(新潟市公式サイト)
http://www.city.niigata.lg.jp/iryo/kenko/yobou_kansen/kansen/covid-19/hasseizyoukyou.files/1211press.pdf
新型コロナ 県内で6人感染確認(NHK公式サイト)
https://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20201209/1030014637.html
新潟県で6人感染 計380人(NHK公式サイト)
https://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20201211/1030014661.html
航空機内集団感染(クラスター感染) 少なくとも四次感染まで確認 予防には情報提供が重要であることが明らかに(11月19日配信記事)
http://johokotu.seesaa.net/article/478570058.html
COVID-19 3月の機内クラスター感染事例半年経って確定的に(11月15日配信記事)
http://johokotu.seesaa.net/article/478495235.html

===========================

海外渡航者のすり抜け事例について、ここ1か月ほどの事例を調べてみました。
国際線到着がある都道府県で、一覧で分かりやすく公表しているのは千葉と愛知のみですので、この2県を確認しましたが、結構いる印象です。
※東京、神奈川、埼玉、大阪、福岡は、個別に一つ一つ見ていかないと調べることすらできません。

千葉県では患者2人、無症状病原体保有者1人が確認できました。うち2人は千葉県民以外です。千葉県民の1人は国内で二次感染を起こしています。
1か月前より前となりますが、11月4日にも別の海外渡航からのすり抜け陽性者の濃厚接触者が確認されています。

<千葉県で確認されている海外渡航者の感染者>
(左から「No.」「年代」「性別」「居住地」「区分」「発症日(患者のみ)」「検査確定日」)
患者
5457 30代 男性 鎌ケ谷市 海外渡航者 11月21日 11月24日
5550 20代 男性 国外 海外渡航者 11月22日 11月24日
無症状病原体保有者
1098 30代 女性 東京都 海外渡航者 11月27日
海外渡航者からの二次感染者
4378 10代 男性 浦安市 患者3972接触 11月3日 11月4日
5905 60代 女性 鎌ケ谷市 患者5457接触 11月27日 11月30日

新型コロナウイルス感染症患者等の県内発生状況について(千葉県公式サイト)
https://www.pref.chiba.lg.jp/shippei/press/2019/documents/1210kansensya.pdf


愛知県では感染者3人が確認できました。全員愛知県民です。1人は国内で2人への二次感染を起こしています(年代性別が一緒ですので家族での可能性は低いです)。

<愛知県で確認されている海外渡航者の感染者>
(左から「No」「発表日」「年代・性別」「国籍」「住居地」「接触状況」「備考」)
海外渡航者
8410 11月20日 20代男性 名古屋市 南アフリカ共和国 名古屋市発表4427
10436 12月2日 40代女性 名古屋市 パキスタン 名古屋市発表5415
11739 12月9日 20代女性 刈谷市 アメリカ 本県発表4484
海外渡航者からの二次感染者
9431 11月27日 30代男性 日進市 No.8410と接触 本県発表3475
9636 11月27日 30代男性 名古屋市 No.8410と接触 名古屋市発表5064

新型コロナウイルス感染症 県内発生事例 11月迄(愛知県公式サイト)
https://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/354550.pdf
新型コロナウイルス感染症 県内発生事例 12月(愛知県公式サイト)
https://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/356225.pdf


すり抜けるのは一定数あることは分かりますが、14日間の自主隔離をしていないと、上記のように二次感染となってしまいます。
そろそろ対策をしないお迎えの禁止、連絡は前後左右2席だけではなくて機内にいた全員(と言うか感染者のいた便名の公表)としないと、すり抜け事案なくならないですよ、、、。

空港検疫すり抜け増加中? 千葉県だけで1か月で少なくとも10人入国後陽性確認(11月23日配信記事)
http://johokotu.seesaa.net/article/478637353.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする