2020年12月12日

緊急警報!空港検疫また2桁陽性!

緊急警報! 空港検疫で陽性爆増中!本日発表分また二桁人数陽性確認!

空港検疫での入国者に対する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の全員検査で、本日発表分で二桁人数の感染が確認されました。低感染九か国からの入国者や(感染急拡大地域も含む)海外短期滞在の日本人などが原則検査免除となり、検査者が激減しているなかで、陽性確認が多発するという非常に危険な状態に陥っています。

12日に、陽性が確認されたとして発表があったのは全部で18人です。11日到着分が14人、速報に近い12日到着分が4人です。2人有症状者が出ています。

空港検疫でのCOVID-19感染確認の発表分で一日二桁人数を超えるのは7日以来5日ぶりです。少し収まり始めたように見えましたが甘いですね。

入国者の感染が異常に急増しています。
国際線の発着する空港への不要不急の来港はしばらく自粛しませんか


詳細は13日0時にアップ予定の日々の記事で書きます。

新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15451.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

検疫週間速報_米邦人と南亜外人

■空港検疫(週間速報) 米国や欧州は日本国籍者の感染人数多く、南アジアは外国籍者ばかり、非公表の隠匿者は日本国籍者が多い?

厚生労働省(厚労省)は9日、空港検疫での新型コロナウイルス感染症検査状況の11月四週目(11月22日〜11月28日)分の速報値を発表しました。
11月に陽性者が急増している背景には、欧米からの日本国籍者、南アジアからの外国籍者要因であることがはっきりしてきました。


厚労省の速報は、週間の検体数と陽性者数を、日本国籍者、外国籍者別に、滞在国ごとに出した非常に細かいデータです。11月11日以降毎週水曜日に過去4週間分が発表されています。9日の公表で、10月4日〜11月28日分が公表されたことになりました。
速報のため、日々の発表のデータとかなりのズレが生じていますが、分析に活用できます。11月3週目までは分析済みですので、4週目のみの傾向を見ていきます。

11月は罹患率が急増
11月は過去最多の陽性者数を記録してしまいましたので、速報が出た11月の四週分を少し細かく見てみます。

11月01日〜11月07日は、検体10,589・陽性84で罹患率は0.79%。
11月08日〜11月14日は、検体10,823・陽性89で罹患率は0.82%。
11月15日〜11月21日は、検体11,627・陽性79で罹患率は0.68%。
11月22日〜11月28日は、検体13,789・陽性90で罹患率は0.65%。
四週合計は、検体46,828・陽性342で罹患率は0.73%。137人に1人は感染者という超高感染状態でした。

続いて国籍別の罹患率を見ると以下のようになります。
11月01日〜11月07日は、日本国籍者0.75%、外国籍者0.83%。
11月08日〜11月14日は、日本国籍者0.54%、外国籍者1.02%。
11月15日〜11月21日は、日本国籍者0.52%、外国籍者0.79%。
11月22日〜11月28日は、日本国籍者0.61%、外国籍者0.65%。
(10月04日〜10月31日は、日本国籍者0.34%、外国籍者0.35%)

10月の4週間は日本国籍者と外国籍者の罹患率に差はなく0.35%程度でした。11月に入ってからは、日本国籍者、外国籍者ともに急上昇しています。外国籍者の割合が少し増えていますが、日本国籍者の割合も追いかけるように増えています。

欧米からは日本国籍者、アジアからは外国籍者の感染が多い
国別を細かく見ていくと、11月の3週間は以下のような印象を受けます。
・欧米は、入国者の日本国籍者比率が高く、日本人の罹患率も高め(特に米国は人数が多い)。
・アジアは、入国者の外国籍者比率が圧倒的に高く、罹患率も外国籍者の方が高い国が多い(特に南アジア)。

罹患率は、ロシア、パキスタンが先週に引き続き超高確率が続いていて、感染危険国家であることが分かります。
人数は、米国がダントツで、日本国者が倍以上確認されています(入国者も倍以上)。11月から急増していますから、ハワイ要因でしょうか??
フィリピン・インドネシアは、外国籍者の方が多いです(入国者も多い)。

米国から帰ってくる日本国籍者とロシア・南アジアから入国する外国籍者を入国制限すればかなり感染を防ぐことが出来そうな結果となっています。

非公表者は日本人が多いと思われる結果に
相変わらず非公表が多いのが米国。入国者も陽性者も日本人の方が多い国です。3週連続で誤差(≒非公表者)が出ている状況で、この国だけは非公表にする人が一定数いる、隠匿しやすい国家なのかもしれません。
非公表者のうち6人が外国籍者、8人が日本国籍者であることが確定する結果となっています。日本国籍者の方が、陽性者の総人数が少ないですから、日本人の方が非公表にしやすいと言えるかもしれません。

ウクライナとトルコが3人誤差が出ています。毎日発表では両国滞在者が1人出ているのみですので、週間発表側で3人過計上の可能性が非常に高い状況です。
先週の台湾に引き続き、原則検査なし国である韓国が確認されています。有症状だったか、原則検査なし以外の国との2か国以上訪問者の可能性がありますが、なぜ毎日の個別発表では確認されていないのか不思議な状況です。

毎週データは更新されているようですので、今後も注視してきます。


米国からの入国者の動向
10月04日〜10月10日:罹患率0.23%
日本国籍 検体1,674・陽性4=罹患率0.24%、外国籍 検体547・陽性1=罹患率0.18%
10月11日〜10月17日:罹患率0.54%
日本国籍 検体532・陽性4=罹患率0.75%、外国籍 検体215・陽性0=罹患率0.00%
10月18日〜10月24日:罹患率0.15%
日本国籍 検体823・陽性0=罹患率0.00%、外国籍 検体489・陽性2=罹患率0.41%
10月25日〜10月31日:罹患率0.13%
日本国籍 検体1,545・陽性1=罹患率0.06%、外国籍 検体783・陽性2=罹患率0.26%
11月01日〜11月07日:罹患率1.19%
日本国籍 検体1,832・陽性26=罹患率1.42%、外国籍866・陽性6=罹患率0.69%
11月08日〜11月14日:罹患率0.67%
日本国籍 検体1,829・陽性11=罹患率0.60%、外国籍851・陽性7=罹患率0.82%
11月15日〜11月21日:罹患率0.78%
日本国籍 検体2,043・陽性11=罹患率0.54%、外国籍1,017・陽性13=罹患率1.28%
11月22日〜11月28日:罹患率0.64%
日本国籍 検体3,307・陽性20=罹患率0.60%、外国籍933・陽性7=罹患率0.75%



週間速報内容
11/22-11/28
全検査
合計 検体13,789、陽性90、0.65%↓
日本 検体 6,773、陽性41、0.61%↑
外国 検体 7,016、陽性49、0.70%↓


検体数の多い国
米  国:合計 検体4,240、陽性27、0.64%/日本 検体3,307、陽性20、0.60%/外国 検体 933、陽性 7、0.75%
フィリピン:合計 検体1,899、陽性11、0.58%/日本 検体 178、陽性 2、1.12%/外国 検体1,721、陽性 9、0.52%
インドネシア:合計 検体1,226、陽性11、0.90% /日本 検体 138、陽性 2、1.45%/外国 検体1,088、陽性 9、0.83%
イ ン ド:合計 検体 430、陽性 4、0.93%/日本 検体 41、陽性 1、2.44%/外国 検体 389、陽性 3、0.77%
英  国:合計 検体 391、陽性 3、0.77%/日本 検体 304、陽性 2、0.66%/外国 検体 87、陽性 1、1.15%

罹患率の高い国(検体数100以上)
ロ シ ア:合計 検体 190、陽性 6、3.16%/日本 検体 27、陽性 0、0%/外国 検体 163、陽性 6、3.68%
パキスタン:合計 検体 212、陽性 4、1.89%/日本 検体 18、陽性 0、0%/外国 検体 194、陽性 4、2.06%
メキシコ:合計 検体 120、陽性 2、1.67%/日本 検体 104、陽性 2、1.92%/外国 検体 16、陽性 0、0%
バングラデシュ:合計 検体 227、陽性 3、1.32%/日本 検体 18、陽性 0、0%、0%/外国 検体 209、陽性 3、1.44%
ウクライナ:合計 検体 331、陽性 4、1.21%/日本 検体 285、陽性 4、1.40%/外国 検体 46、陽性 0、0%
※特記
罹患率は韓国が最悪です(検体6(日本国籍3)・陽性1(日本国籍)の16.67%)。
先週に引き続くルーマニア(4.35%)、ロシア(3.16%)が続いています。両国の感染者は全員外国籍者です。


毎日の個別発表との誤差状況(11月22日〜11月28日)
(A)週間発表(今回の滞在国・地域ごとの検査実績発表):90人
(B)毎日発表:86人中非公表19人(2か国滞在1人)

 (誤差が出ている国)
 米 国 (A)4人超過(日本籍20・外国籍7)
 インドネシア(A)2人超過(日本籍2・外国籍9)
 フィリピン(A)5人超過(日本籍2・外国籍9)=少なくとも外国籍者3人が非公表
 ロシア (A)2人超過(日本籍0・外国籍6)=非公表は2人全員外国籍者
 ウクライナ(A)3人超過(日本籍4・外国籍0)=非公表は3人全員日本国籍者※
 トルコ (A)3人超過(日本籍4・外国籍0)=非公表は3人全員日本国籍者※
 英 国 (A)1人超過(日本籍2・外国籍1)
 メキシコ(A)1人超過(日本籍2・外国籍0)=非公表は1人全員日本国籍者
 韓 国 (A)1人超過(日本籍1・外国籍0)=非公表は1人全員日本国籍者
 マレーシア(A)1人超過(日本籍0・外国籍1)=非公表は1人全員外国籍者


水際対策(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kansenkakudaiboushi-iryouteikyou.html#h2_7
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

空港検疫12/11_また米・南亜

◇空港検疫 また米国複数人、南アジアからもまた陽性者 12月11日発表分

厚生労働省(厚労省)は12月11日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、一部の国からの入国者を除いた全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


無検査対象者急増で検査総数が激減する中、
空港検疫での陽性確認が爆発的増加の異常事態!
有症状者も増加中という危険状態!!

(×××)
12月11日現在
罹 患 率 0.448%
←11月初旬から罹患率爆増止まらず!
無症状率 94.5%

国内の隠れ感染者数(推定値)39.4万人

(比較用)東京都:罹患率0.326%=感染45,529人、死亡率0.0037%=死亡530人/人口13,963,751人(2020年11月)←[激増中・ピーク]
(比較用)インドネシア:罹患率0.224%=感染598,933人、死亡率0.0068%=死亡18,336人/人口約2.67億人(2019年)←[ずっと急増中・ピーク]※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/indonesia/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(12月9日分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
11月30日発表分までは別にまとめています。

04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
04月04日〜12月01日:対象330,140人、陽性1,460人/罹患率0.442%
04月04日〜12月02日:対象331,532人、陽性1,470人/罹患率0.443%
04月04日〜12月03日:対象333,211人、陽性1,485人/罹患率0.445%
04月04日〜12月04日:対象335,120人、陽性1,495人/罹患率0.446%
04月04日〜12月05日:対象336,861人、陽性1,502人/罹患率0.445%
04月04日〜12月06日:対象339,564人、陽性1,519人/罹患率0.447%
04月04日〜12月07日:対象342,111人、陽性1,536人/罹患率0.448%
04月04日〜12月08日:対象344,758人、陽性1,552人/罹患率0.450%
04月04日〜12月09日:対象346,533人、陽性1,558人/罹患率0.449%
04月04日〜12月10日:対象348,421人、陽性1,566人/罹患率0.449%

04月04日〜12月11日:対象350,670人、陽性1,573人/罹患率0.448%

12月11日時点での罹患率をそのまま日本の人口(11月の推計人口1億2577万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約56.4万人になります。
国内のPCR検査陽性者は12月11日0時現在で169,890人ですから、隠れ感染者はあと約39.4万人もいると推定されます。

検査人数は8日連続で千五百人を超えました。3日ぶりに二千人を超えました。
感染者は7人増加。検査人数が多かったため、罹患率はやや低下しました。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年12月11日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15435.html











空港検疫検査 到着日別詳細結果(12月10日到着分までが反映と推定)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と11月30日までは別にまとめています。

04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
12月01日:症状 有1 無11=陽性12人 1533・1534・1535・1536・1537・1538・1539・1540・1541・1542・1543・1544
12月02日:症状 有0 無13=陽性13人 1545・1546・1547・1548・1549・1550・1551・1552・1553・1554・1555・1556・1557
12月03日:症状 有0 無7=陽性7人 1558・1559・1560・1561・1562・1563・1578
12月04日:症状 有0 無14=陽性14人 1564・1565・1566・1567・1568・1569・1570・1571・1572・1573・1574・1575・1576・1577
12月05日:症状 有0 無19=陽性19人 1579・1580・1581・1582・1583・1584・1585・1586・1587・1588・1589・1590・1591・1592・1593・1594・1595・1596・1597
12月06日:症状 有2 無12=陽性14人 1598・1599・1600・1601・1602・1603・1604・1605・1606・1607・1608・1609・1610・1612
12月07日:症状 有0 無9=陽性9人 1611・1613・1614・1615・1616・1617・1618・1619・1620
12月08日:症状 有1 無7=陽性8人 1621・1622・1623・1624・1625・1626・1627・1628
12月09日:症状 有0 無7=陽性7人 1629・1630・1631・1632・1633・1634・1635

12月10日:症状 有0 無8(+6)=陽性8人 1636・1637・1638・1639・1640・1641・1642・1643
 [空港別] 成田3(+1)・羽田2(+2)・関空3(+3)
 [男女別] 男5(+4)・女3(+2)
 [年代別] 10代下1(+1)・20代4(+3)・30代0・無40代1(+1)・50代1(+1)・60代0・70代1・80代上0
 [渡航元] フィリピン1(+1)・ミャンマー1(+1)・インドネシア1(+1)・ネパール1(+1)・バングラデシュ1・米国2(+2)・非公表1
 [居住地] 埼玉1(+1)・東京1(+1)・大阪2(+2)・兵庫2(+1)・広島1(+1)・非公表1
12月11日:症状 有0 無3=陽性3人 1644・1645・1646
 [空港別] 成田2・羽田1
 [男女別] 男1・女2
 [年代別] 10代下0・20代2・30代1・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] インドネシア2・インド1
 [居住地] 東京1・神奈川2


合計9人の陽性確認が発表されました。
4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、12月11日までの253日間で1,566人となりました。
1,566人のうち有症状は86人です。無症状は1,480人で、無症状率は94.5%です。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
11日成田着インドネシアから入国の神奈川県在住者2人(20代女2人)が連番確認されており、団体感染が疑われます。インドネシアの20代女は、技能実習生17人事例(広島県在住者と申告した広島県滞在予定者)がありましたが、それと似たような団体でしょうか。気になります。

ここのところ急増している米国から2人、南アジアから1人(インド・ネパール)陽性者が確認されています。直行便が飛ぶと陽性者が出る印象ですね。

新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15440.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする