2021年02月24日

空港検疫2/23_10歳未満陽性

◇空港検疫 10歳未満の陽性確認、米国がジリジリ再増加中 2月23日発表分

厚生労働省(厚労省)は2月23日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施しています。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定で臨時的に実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


(×××)
2月23日現在
罹 患 率 0.419%

無症状率 93.2%

国内の隠れ感染者数(推定値)10.3万人

(比較用)東京都:罹患率0.787%=感染109,912人、死亡率0.0091%=死亡1,276人/人口13,960,236人(2021年1月)←[死亡激増中・ピーク]
(比較用)コートジボワール:罹患率0.127%=感染32,039人、死亡率0.0007%=死亡188人/人口約2,507万人(2018年)←[急増中・ピーク]※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/ivory-coast/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(2月19日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
1月31日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html

2020年04月04日〜2021年02月01日:対象478,218人、陽性2,082人/罹患率0.435%
2020年04月04日〜2021年02月02日:対象480,642人、陽性2,091人/罹患率0.435%
2020年04月04日〜2021年02月03日:対象481,678人、陽性2,093人/罹患率0.434%
2020年04月04日〜2021年02月04日:対象483,087人、陽性2,095人/罹患率0.433%
2020年04月04日〜2021年02月05日:対象484,221人、陽性2,098人/罹患率0.433%
2020年04月04日〜2021年02月06日:対象485,436人、陽性2,099人/罹患率0.432%
2020年04月04日〜2021年02月07日:対象487,177人、陽性2,101人/罹患率0.431%
2020年04月04日〜2021年02月08日:対象488,536人、陽性2,103人/罹患率0.430%
2020年04月04日〜2021年02月09日:対象490,391人、陽性2,104人/罹患率0.429%
2020年04月04日〜2021年02月10日:対象491,217人、陽性2,105人/罹患率0.428%
2020年04月04日〜2021年02月11日:対象492,547人、陽性2,107人/罹患率0.427%
2020年04月04日〜2021年02月12日:対象493,789人、陽性2,109人/罹患率0.427%
2020年04月04日〜2021年02月13日:対象495,165人、陽性2,113人/罹患率0.426%
2020年04月04日〜2021年02月14日:対象496,647人、陽性2,119人/罹患率0.426%
2020年04月04日〜2021年02月15日:対象497,862人、陽性2,121人/罹患率0.426%
2020年04月04日〜2021年02月16日:対象499,536人、陽性2,122人/罹患率0.424%
2020年04月04日〜2021年02月17日:対象500,342人、陽性2,123人/罹患率0.424%
2020年04月04日〜2021年02月18日:対象501,624人、陽性2,127人/罹患率0.424%
2020年04月04日〜2021年02月19日:対象502,725人、陽性2,127人/罹患率0.423%
2020年04月04日〜2021年02月20日:対象503,881人、陽性2,131人/罹患率0.422%
2020年04月04日〜2021年02月21日:対象505,743人、陽性2,136人/罹患率0.422%
2020年04月04日〜2021年02月22日:対象507,274人、陽性2,137人/罹患率0.421%

2020年04月04日〜2021年02月23日:対象509,356人、陽性2,139人/罹患率0.419%

2021年2月23日時点での罹患率をそのまま日本の人口(1月の推計人口1億2557万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約52.7万人になります。
国内のPCR検査陽性者は2021年2月23日0時現在で424,239人ですから、隠れ感染者はあと約10.3万人もいると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は2,082人と、2千人を超えました。2月2日発表分(1月31日到着分と推定)以来、21日ぶりです。
感染者は2人増加。罹患率は横ばいでした。
※2021年1月9日到着分(2021年1月11日発表分)から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年2月23日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16920.html


















空港検疫検査 到着日別詳細結果(2月22日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と1月31日までは、別にまとめています。

2020年04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月03日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月03日〜2021年1月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html

02月01日:症状 有0 無2=陽性2人 2144・2145
02月02日:症状 有0 無2=陽性2人 2146・2147
02月03日:症状 有1 無2=陽性3人 2148・2149・2150
02月04日:症状 有0 無1=陽性1人 2151
02月05日:症状 有0 無2=陽性2人 2152・2153
02月06日:症状 有1 無0=陽性1人 2154
02月07日:症状 有0 無2=陽性2人 2155・2156
02月08日:症状 有1 無1=陽性2人 2157・2159
02月09日:症状 有0 無1=陽性1人 2158
02月10日:症状 有0 無2=陽性2人 2160・2161
02月11日:症状 有0 無2=陽性2人 2162・2163
02月12日:症状 有0 無7=陽性7人 2164・2165・2166・2167・2168・2169・2170
02月13日:症状 有0 無2=陽性2人 2171・2172
02月14日:症状 有0 無1=陽性1人 2173
02月15日:症状 有1 無0=陽性1人 2174
02月16日:症状 有0 無3=陽性3人 2175・2176・2177
02月17日:症状 有1 無1=陽性2人 2178・2186
02月18日:症状 有1 無1=陽性2人 2179・2180

02月19日:症状 有3 無3(+1)=陽性6人 2181・2182・2183・2184・2185・2191
 [空港別] 成田3・羽田2(+1)・関空1
 [男女別] 男4・女2(+1)
 [年代別] 10代下1(+1)・20代3・30代0・40代1・50代0・60代0・70代1・80代上0
 [渡航元] インドネシア1・インド1・パキスタン1・米国2(+1)・ブラジル1
 [居住地] 茨城2・埼玉1・東京1(+1)・神奈川1・島根1

02月20日:症状 有0 無2=陽性2人 2187・2188
 [空港別] 成田2
 [男女別] 男1・女1
 [年代別] 10代下1・20代0・30代1・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] フィリピン1・パキスタン1
 [居住地] 群馬1・栃木1
02月21日:症状 有0 無2=陽性2人 2189・2190
 [空港別] 羽田1・関空1
 [男女別] 男1・女1
 [年代別] 10代下1・20代1・30代0・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] 米国2
 [居住地] 滋賀1・非公表1
02月22日:症状 有0 無0=陽性0人
 [空港別]
 [男女別] 男0・女0
 [年代別] 10代下0・20代0・30代0・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元]
 [居住地]

02月23日:症状 有0 無1=陽性1人 2192
 [空港別] 成田1
 [男女別] 男1・女0
 [年代別] 10代下0・20代0・30代0・40代0・50代0・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] コートジボワール1
 [居住地] 東京1


合計2人の陽性確認が発表されました。
2020年4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、2021年2月23日までの327日間で2,113人になりました。
2,113人のうち有症状は143人です。無症状は1,970人で、無症状率は93.2%です。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
19日着米国から入国の東京都在住者(女)が10歳未満です。同行者がいる団体感染が疑われる事例です。

19日着米国から入国の10歳未満女は、入国後3日目での発表です。強制隔離後の再検査での陽性と思われます。米国は3日間の強制隔離対象国ではないため、陰性証明を取らずにきた人と推定されます。
10歳未満ですから親も一緒でしょうから、家族共々初めから検査など気にもしていない可能性がありますね。米国は12人に1人は感染している国ですから、大した病気ではないという感覚の人が多いということでしょうか。
米国からは日本一多くの便の国際線路線が日本へ毎日運航中です。

女性が少し増えたと思ったら、それらとともに、米国や10代以下が増えています。

新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16919.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2021年02月23日

地震_2/23 臨時便一部増加

□地震の影響 2/23 臨時便一部増加

航空各社や空港アクセス各社は22日までに、福島県沖地震の影響に関する23日の予定を発表しています。

周辺空港を発着する航空各社は既に運航再開しています(新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックに伴う欠航あり)。

22日の周辺空港発着臨時便予定(23日5時現在各社発表まとめ)
※COVID-19パンデミックに伴う欠航で元々大幅減便されています。各社で臨時便が多数設定されていますが、臨時便分が純増しているのではなく、当初予定ダイヤよりも減便体制での運航となっている点ご注意ください。
※他の要因(悪天候等)による運休は記載していません(下記定期便の運航予定で欠航になっていることがあります)。
※正確な情報は各航空会社公式サイトで必ずご確認ください。

・青森空港
 千歳 2:JAL1(定期1←3)・ANA1(定期1←2)
 羽田 4JAL4(定期2←6・臨時2、+2)
 小牧 1:FDA1(定期1←3)
 伊丹 2:JAL1(定期1←3)・ANA1(定期1←3)
 神戸 1:FDA1(定期0←1・臨時1)

・三沢飛行場
 札幌 週4:JAL週4(定期週4)
 羽田 3JAL3(定期3←4、+1)
 伊丹 0:JAL0(定期0←1)

・大館能代空港
 羽田 週3:ANA週3(定期週3←2)

・秋田空港
 千歳 1:ANA1(定期1←2)・JAL0(定期0←2)
 羽田 3:ANA3(定期2←5・臨時1)・JAL1(定期0←4)
 中部 1:ANA1(定期1←2)
 伊丹 2:JAL1(定期1←3)・ANA1(定期1←3)

・花巻空港
 千歳 1:JAL1(定期1←3)
 羽田 2:JAL2(臨時2)
 小牧 2:FDA2(定期1〜2←4・臨時1)
 伊丹 1:JAL1(定期1←4)
 福岡 0:JAL0(定期0←1)

・庄内空港
 羽田 4:ANA1(定期1←4)

・山形空港
 千歳 0:FDA0(定期0←1)
 羽田 3JAL3(定期0←2・臨時3、+1)
 小牧 1:FDA1(定期1←2)
 伊丹 0:JAL0(定期0←3)

・仙台空港
 千歳 7:IBX3(定期3)・JAL1(定期1←5)・APJ1(定期1←3)・ANA1(定期1←2)・ADO1(定期1←2)
 成田 0:ANA0(定期0←2)
 羽田 7ANA4(臨時4)・JAL3(臨時3)・SKY0(臨時0、-1)
 中部 3.5:IBX2.5(定期2.5←3)・ANA1(定期1←2)・APJ0(定期0←1)
 伊丹 9JAL3(定期2←8、臨時1、+1)・ANA3(定期2←5・臨時1)・IBX3(定期2・臨時1)
 関空 2:APJ2(定期2←3)
 神戸 1:SKY1(定期0←2・臨時1)
 出雲 0:FDA0(定期0←1)
 福岡 5:IBX4(定期4←5)・JAL1(定期1←2)
 那覇 0:APJ0(定期0←1)・ANA0(定期0←1)

・福島空港
 千歳 0:ANA0(定期0←1)
 伊丹 1IBX1(定期1←2・臨時1、-1)・ANA0(定期0←2)

航空便に地震に伴う欠航はないため、今後は、大きな状況変更がある場合のみ更新します。
交通情報などのリンクを貼っておきます。公式な情報は各自ご確認ください。

国土交通省 http://www.mlit.go.jp/
 ・統合災害情報システム(DiMAPS) http://www.mlit.go.jp/saigai/dimaps/index.html
 ・災害・防災情報 http://www.mlit.go.jp/saigai/index.html
宮城県 https://www.pref.miyagi.jp/
福島県 https://www.pref.fukushima.lg.jp/
茨城県 https://www.pref.ibaraki.jp/

仙台国際空港公式サイト https://www.sendai-airport.co.jp/
福島空港公式サイト https://www.fks-ab.co.jp/
百里飛行場公式サイト http://www.ibaraki-airport.net/(COVID-19パンデミックの影響で全便欠航中・閉鎖中)

ANA http://www.ana.co.jp/
JAL https://www.jal.co.jp/
IBX https://www.ibexair.co.jp/index.html
ADO https://www.airdo.jp/
APJ https://www.flypeach.com/
FDA https://www.fujidream.co.jp/
SKY https://www.skymark.co.jp/ja/
ラベル:地震 臨時便 JAL
posted by johokotu at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

検疫週間別2月3_率0.20%台

◇空港検疫結果分析(週間別)2月3週目 検査数減少で罹患率は0.20%台に逆戻り

4月3日に入国者に対する新型コロナウイルス感染症検査(PCR検査または抗原検査)の全員実施が始まってから10か月が過ぎました。
2月2週目(2月12日〜2月18日)は、検査対象数8,716人中、陽性者数18人、罹患率0.206%(推定値)となりました。


■検査数千人減少
2月3週目は、1日平均1,245人が検査しました。検査数(≒入国者数)は千人ほど減少して9千人を切っています。全入国者に対する検査が始まっていますが、許可済みの入国が完了したせいか一気に人数が落ちた状態です。
陽性者は週間18人と前週から増加しています。
罹患率は上昇し0.206%(推定値)と再び0.20%台に逆戻りとなりました。
罹患率0.20%台は一見かなり低くなったように見えますが、感染が緊急事態の今年1月初旬の日本国内ですら罹患率は0.06%弱ほど(人口1億2571万人中治療必要者7万人)なので、空港検疫が、まだ国内よりも危険な状態には変わりません。

グラフ化すると、検査者数(青)は減少傾向、陽性者数(赤)は増加。罹患率(緑)は上昇しています
(赤が感染者数(左目盛)、青が検査者数(右目盛)、緑が罹患率(右目盛))
Quarantine20200403-20210218-1-1.gif
Quarantine20200403-20210218-1-2.gif
Quarantine20200403-20210218-1-3.gif


■羽田着と関空着が増加傾向
[空港別] 18人中 成田10・羽田4・中部0・関空4・福岡0

成田国際着が相変わらず最多ですが56%(前週-11P)と割合は減少。
代わりに増えたのが東京国際着と関西国際着でいずれも22%(前週比+5%)でした。
中部国際着と福岡着は陽性者が出ませんでした。

■男性だらけ続く
[男女別] 18人中 男17・女1

男性は94%(前週比+2P)と圧倒的に男性だらけが続いています
家族渡航が一気に減っているのか、ここ数週間の男女比はいまいち謎推移です。

■20代と40代がメイン
[年齢別] 18人中 10代下0・20代6・30代3・40代4・50代4・60代1・70代0・80代上0

20代〜40代は13人72%(前週比+14P)と前々週レベルに戻っています
10歳未満は3週連続0人、10代も0人でした。30代が少ない傾向は変わらないです。
女性が減り、子供の渡航が減り、20代と高年代が増えていることから、家族渡航が減ったと推定されます。

■パキスタン増加続く・UAE急増中
[渡航元] 18人中 パキスタン5人・UAE4人・非上陸拒否国0人

米国は1人6%(前週比-19P)と収まってきました。
急激に悪化しているのがパキスタン5人28%(前週比+-4P)、アラブ首長国連邦4人22%(前週は無し)
欧州は合計2人11%(前週比+11P)で、そのうちの1人はアイルランド含む3か国もの周遊者です。
アフリカは0人(前週比-25P)でした
9日から全入国者に対する検査が始まって、ポツポツ陽性者が出ていた非上陸拒否国の陽性は3週連続でいませんでした

間近の感染が急激に増加中の国:該当無し!
感染状況がピークの国:該当無し!
以上の異常状態の国からの入国者も感染確認されています。

ロイターのページが分かりやすいです。https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/

グラフにすると、ここのところ少なかった南アジアや中東(緑系統)がグッと目立つようになりました。
(東アジア:赤系統、東南アジア:黄系統、南アジア:緑系統、欧州:青系統、米州:紫系統)
Quarantine20200403-20210218-2.gif


■東京目立つも地方増加
[居住地] 18人中非公表が1人、東京6人

非公表者は1人6%(前週比-2P)と減少しました。
南関東は8人47%(前週比-17P)と減少。東京ばかりで6人35%(前週比+17P)でした
代わりに地方が増えていますが、唯一2人確認の長野は二人ともパキスタンでした。昨年6月のパキスタン急増期にも中部地方が多かった印象があります。

グラフを見ると、色々な色が出てきており、少しばらけ始めている印象です。
(関東:赤黄系統、中部:緑系統、関西:青系統、中四国九州:紫系統)
Quarantine20200403-20210218-3.gif


■有症状は悪化したまま
[その他] 有症状者が3人と悪いまま

・詳細は公開されていないので推定でしかないですが、同日に同一空港へ同一国からの入国で同一都道府県在住者が連番確認された場合の、団体感染の疑いが強い事例はありませんでした。
・行動歴、居住地とも非公表者の人はいませんでした。
有症状者は3人18%(前週比+1P)と悪い状態が続いています
・2か国以上滞在者は1人でした。アイルランドを含む3か国周遊者ですが、3日間強制隔離後の再検査で陽性だったとみられます。強制隔離が効果を発揮しています。それにしても、なぜこの時期に変異株危険国を含む3か国も周遊しているのでしょうか、、、。
変異株はいまのところ未確認です。
・自県の感染者増加でアップアップしているのか、在住都道府県からの発表がほぼなくなっています。

■団体感染が疑われる事例(連番確認)
・該当なし

■団体感染が疑われる事例(10歳未満)
・該当なし

■在住地が非公表の事例
・2月12日 2166 羽田 60代 男性 非公表 インドネシア 無症状

■有症状事例
・2月15日 2174 成田 20代 男性 大阪府 メキシコ 咳
・2月18日 2180 成田 40代 男性 長野県 パキスタン 喀痰、頭痛、発熱
・2月17日 2186 羽田 20代 男性 東京都 アイルランド、フランス、スイス 発熱、頭痛

■2か国以上滞在者事例
・2月17日 2186 羽田 20代 男性 東京都 アイルランド/フランス/スイス 発熱、頭痛

■変異株
・該当なし

■非上陸拒否国からの入国者
・該当なし

■空港検疫での感染確認 週間別の傾向(検査対象人数が推定値)
2020/04/03-2021/02/18:検査対象503,881人(1,564人/日) 感染2,217人=罹患率0.439%
(上記合計は11月5日分の過計上1,838件をマイナス済。下記各週の数値はマイナスせず。)
2020年
04/03-04/09:検査対象10,010人(1,430人/日) 感染34人=罹患率0.339%
04/10-04/16:検査対象 7,375人(1,053人/日) 感染16人=罹患率0.216%
04/17-04/23:検査対象 4,480人( 640人/日) 感染 8人=罹患率0.178%
04/24-04/30:検査対象 4,744人( 677人/日) 感染13人=罹患率0.274%
05/01-05/07:検査対象 3,861人( 551人/日) 感染 5人=罹患率0.129%
05/08-05/14:検査対象 4,130人( 590人/日) 感染 5人=罹患率0.121%
05/15-05/21:検査対象 3,948人( 564人/日) 感染 3人=罹患率0.075%
05/22-05/28:検査対象 3,988人( 569人/日) 感染23人=罹患率0.576%
05/29-06/04:検査対象 5,869人( 838人/日) 感染20人=罹患率0.340%
06/05-06/11:検査対象 6,081人( 868人/日) 感染29人=罹患率0.476%
06/12-06/18:検査対象 6,788人( 969人/日) 感染41人=罹患率0.604%
06/19-06/25:検査対象 7,677人(1,096人/日) 感染30人=罹患率0.390%
06/26-07/02:検査対象 9,458人(1,351人/日) 感染20人=罹患率0.211%
07/03-07/09:検査対象10,800人(1,542人/日) 感染41人=罹患率0.379%
07/10-07/16:検査対象 9,702人(1,386人/日) 感染76人=罹患率0.783%
07/17-07/23:検査対象 9,388人(1,341人/日) 感染64人=罹患率0.681%
07/24-07/30:検査対象 9,055人(1,293人/日) 感染84人=罹患率0.927%
07/31-08/06:検査対象12,190人(1,741人/日) 感染67人=罹患率0.549%
08/07-08/13:検査対象 9,453人(1,350人/日) 感染36人=罹患率0.380%
08/14-08/20:検査対象10,254人(1,464人/日) 感染39人=罹患率0.380%
08/21-08/27:検査対象10,612人(1,516人/日) 感染31人=罹患率0.292%
08/28-09/03:検査対象11,895人(1,699人/日) 感染47人=罹患率0.395%
09/04-09/10:検査対象 9,679人(1,382人/日) 感染27人=罹患率0.278%
09/11-09/17:検査対象11,654人(1,664人/日) 感染41人=罹患率0.351%
09/18-09/24:検査対象11,262人(1,608人/日) 感染45人=罹患率0.399%
09/25-10/01:検査対象13,766人(1,966人/日) 感染48人=罹患率0.348%
10/02-10/08:検査対象12,579人(1,797人/日) 感染51人=罹患率0.405%
10/09-10/15:検査対象12,755人(1,822人/日) 感染43人=罹患率0.337%
10/16-10/22:検査対象15,304人(2,186人/日) 感染44人=罹患率0.287%
10/23-10/29:検査対象16,650人(2,378人/日) 感染51人=罹患率0.306%
10/30-11/05:検査対象15,804人(2,257人/日) 感染54人=罹患率0.341%
11/06-11/12:検査対象10,227人(1,461人/日) 感染100人=罹患率0.977%
11/13-11/19:検査対象11,591人(1,655人/日) 感染77人=罹患率0.664%
11/20-11/26:検査対象12,322人(1,760人/日) 感染88人=罹患率0.714%
11/27-12/03:検査対象13,348人(1,906人/日) 感染83人=罹患率0.621%
12/04-12/10:検査対象15,699人(2,242人/日) 感染79人=罹患率0.503%
12/11-12/17:検査対象17,378人(2,482人/日) 感染69人=罹患率0.397%
12/18-12/24:検査対象21,365人(3,052人/日) 感染115人=罹患率0.538%
12/25-12/31:検査対象13,804人(1,972人/日) 感染63人=罹患率0.456%
2021年
01/01-01/07:検査対象13,130人(1,875人/日) 感染92人=罹患率0.701%
01/08-01/14:検査対象19,668人(2,809人/日) 感染63人=罹患率0.320%
01/15-01/21:検査対象27,317人(3,902人/日) 感染53人=罹患率0.194%
01/22-01/28:検査対象 9,694人(1,384人/日) 感染28人=罹患率0.288%
01/29-02/04:検査対象10,520人(1,502人/日) 感染23人=罹患率0.247%
02/05-02/11:検査対象 9,729人(1,389人/日) 感染12人=罹患率0.123%
02/12-02/18:検査対象 8,716人(1,245人/日) 感染18人=罹患率0.206%
 [空港別] 成田10・羽田4・中部0・関空4・福岡0
 [男女別] 男17・女1
 [年代別] 10代下0・20代6・30代3・40代4・50代4・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] フィリピン1・インドネシア3・パキスタン5・UAE4・フランス1・アイルランド/フランス/スイス1・米国1・メキシコ1・ブラジル1・非公表0
 [居住地] 千葉1・東京6・神奈川1・長野2・静岡1・岐阜1・愛知1・滋賀1・大阪1・広島1・福岡1・非公表1
 12日7、13日1、14日2、15日1(1)、16日3、17日2(1)、18日2(1)=18
 46週(322日)経過


※検査対象数は、何月何日着が何人という発表ではなく、2日遅れで集計発表していると思われる数値しか公表されていません。毎日更新されているので、それほど大きくブレることはないと思いますが、確実に何月何日到着分の数値かは不明です。推定値に近い数値として捉えてください。
※上記数字は、検査者数は海港検疫を含めた数値、陽性者数は海港検疫を含めない数値で記載しています。


■これまでの毎週配信している期間集計(週間別)の記事
<2020年07月から週間分析>
2021年
02月16日 検疫週間別2月2_率最低に肉薄
02月09日 検疫週間別2月1_検査増陽性減
02月02日 検疫週間別1月4_検査急減0.2%台
01月26日 検疫週間別1月3_検査増で0.1%台
01月19日 検疫週間別1月2_検査あまり増えず
01月12日 検疫週間別1月1_激増0.7%超
01月03日 検疫週間別12月5_減少も0.45%超
2020年
12月27日 検疫週間別12月4_過去最悪陽性115人
12月20日 検疫週間別12月3_検査最多 陽性60人台
12月13日 検疫週間別12月2_70人台0.5%超
12月06日 検疫週間別12月1_悪化続き80台
11月29日 検疫週間別11月4_悪化したまま
11月22日 検疫週間別11月3_まだ率0.6%超
11月15日 検疫週間別11月2_状況過去最悪
11月08日 検疫週間別11月1_検査前増後減
11月01日 検疫週間別10月4_罹患率0.3%超
10月25日 検疫週間別10月3_検査1日2千人超
10月18日 検疫週間別10月2_南亜急増中
10月11日 検疫週間別10月1_9週ぶり50人超 グラフ掲出開始
10月04日 検疫結果週間別9月5_最多検査0.3%超
09月27日 検疫結果週間別9月4_罹患0.4%肉薄
09月20日 検疫結果分析9月3_陽性40人台
09月13日 検疫結果分析9月2_9週ぶり20人台
09月06日 検疫結果分析9月1_4週ぶり40人超
08月30日 検疫結果分析8月4_罹患0.3%切
08月23日 検疫結果分析8月3_罹患横ばい
08月16日 検疫結果分析8月2_若干落ち着き
08月09日 検疫結果分析8月1_検査増で罹患減
08月02日 検疫結果分析7月4_最悪0.9%超
07月26日 検疫結果分析7月3_高水準続く
07月19日 検疫結果分析7月2_過去最悪
07月12日 検疫結果分析7月1_感染拡大戻り
07月05日 検疫結果分析(6月4週)_少し落ち着き
06月28日 検疫結果分析(6月3週目)_罹患高率(4月1〜6月3迄分析)
<07月まで上中下順別分析>
08月03日 検疫結果分析7月下_最悪悪化
07月23日 検疫結果分析7月中_最悪更に大悪化
07月13日 検疫結果分析7月上_感染数最悪
07月03日 検疫結果分析_6月下旬変化?
06月23日 検疫結果分析_6月中旬率最悪
06月13日 検疫結果分析_6月上旬も異常
06月04日 検疫結果分析_5月下旬異常(4月上〜5月下迄分析)

ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

空港検疫2/22_米から2人

◇空港検疫 米国から2人陽性者確認 2月22日発表分

厚生労働省(厚労省)は2月22日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施しています。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定で臨時的に実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


(×××)
2月22日現在
罹 患 率 0.421%

無症状率 93.2%

国内の隠れ感染者数(推定値)10.5万人

(比較用)日 本:罹患率0.338%=感染425,597人、死亡率0.0059%=死亡7,474人/人口約1億2557万人(2021年1月)←[死亡激増中・ピーク]
(比較用)米 国:罹患率8.523%=感染28,133,699人、死亡率0.1511%=死亡498,883人/人口約3億3,006万人(2021年1月)←※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/united-states/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(2月20日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
1月31日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html

2020年04月04日〜2021年02月01日:対象478,218人、陽性2,082人/罹患率0.435%
2020年04月04日〜2021年02月02日:対象480,642人、陽性2,091人/罹患率0.435%
2020年04月04日〜2021年02月03日:対象481,678人、陽性2,093人/罹患率0.434%
2020年04月04日〜2021年02月04日:対象483,087人、陽性2,095人/罹患率0.433%
2020年04月04日〜2021年02月05日:対象484,221人、陽性2,098人/罹患率0.433%
2020年04月04日〜2021年02月06日:対象485,436人、陽性2,099人/罹患率0.432%
2020年04月04日〜2021年02月07日:対象487,177人、陽性2,101人/罹患率0.431%
2020年04月04日〜2021年02月08日:対象488,536人、陽性2,103人/罹患率0.430%
2020年04月04日〜2021年02月09日:対象490,391人、陽性2,104人/罹患率0.429%
2020年04月04日〜2021年02月10日:対象491,217人、陽性2,105人/罹患率0.428%
2020年04月04日〜2021年02月11日:対象492,547人、陽性2,107人/罹患率0.427%
2020年04月04日〜2021年02月12日:対象493,789人、陽性2,109人/罹患率0.427%
2020年04月04日〜2021年02月13日:対象495,165人、陽性2,113人/罹患率0.426%
2020年04月04日〜2021年02月14日:対象496,647人、陽性2,119人/罹患率0.426%
2020年04月04日〜2021年02月15日:対象497,862人、陽性2,121人/罹患率0.426%
2020年04月04日〜2021年02月16日:対象499,536人、陽性2,122人/罹患率0.424%
2020年04月04日〜2021年02月17日:対象500,342人、陽性2,123人/罹患率0.424%
2020年04月04日〜2021年02月18日:対象501,624人、陽性2,127人/罹患率0.424%
2020年04月04日〜2021年02月19日:対象502,725人、陽性2,127人/罹患率0.423%
2020年04月04日〜2021年02月20日:対象503,881人、陽性2,131人/罹患率0.422%
2020年04月04日〜2021年02月21日:対象505,743人、陽性2,136人/罹患率0.422%

2020年04月04日〜2021年02月22日:対象507,274人、陽性2,137人/罹患率0.421%

2021年2月21日時点での罹患率をそのまま日本の人口(1月の推計人口1億2557万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約52.8万人になります。
国内のPCR検査陽性者は2021年2月21日0時現在で423,382人ですから、隠れ感染者はあと約10.5万人もいると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は1,531人と千人台でした。 
感染者は1人増加。罹患率は横ばいでした。
※2021年1月9日到着分(2021年1月11日発表分)から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年2月22日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16900.html


















空港検疫検査 到着日別詳細結果(2月21日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と1月31日までは、別にまとめています。

2020年04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月03日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月03日〜2021年1月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html

02月01日:症状 有0 無2=陽性2人 2144・2145
02月02日:症状 有0 無2=陽性2人 2146・2147
02月03日:症状 有1 無2=陽性3人 2148・2149・2150
02月04日:症状 有0 無1=陽性1人 2151
02月05日:症状 有0 無2=陽性2人 2152・2153
02月06日:症状 有1 無0=陽性1人 2154
02月07日:症状 有0 無2=陽性2人 2155・2156
02月08日:症状 有1 無1=陽性2人 2157・2159
02月09日:症状 有0 無1=陽性1人 2158
02月10日:症状 有0 無2=陽性2人 2160・2161
02月11日:症状 有0 無2=陽性2人 2162・2163
02月12日:症状 有0 無7=陽性7人 2164・2165・2166・2167・2168・2169・2170
02月13日:症状 有0 無2=陽性2人 2171・2172
02月14日:症状 有0 無1=陽性1人 2173
02月15日:症状 有1 無0=陽性1人 2174
02月16日:症状 有0 無3=陽性3人 2175・2176・2177
02月17日:症状 有1 無1=陽性2人 2178・2186

02月18日:症状 有1 無1=陽性2人 2179・2180
 [空港別] 成田2
 [男女別] 男2・女0
 [年代別] 10代下0・20代0・30代0・40代1・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] パキスタン1・UAE1
 [居住地] 東京1・長野1
02月19日:症状 有3 無2=陽性5人 2181・2182・2183・2184・2185
 [空港別] 成田3・羽田1・関空1
 [男女別] 男4・女1
 [年代別] 10代下0・20代3・30代0・40代1・50代0・60代0・70代1・80代上0
 [渡航元] インドネシア1・インド1・パキスタン1・米国1・ブラジル1
 [居住地] 茨城2・埼玉1・神奈川1・島根1
02月20日:症状 有0 無2=陽性2人 2187・2188
 [空港別] 成田2
 [男女別] 男1・女1
 [年代別] 10代下1・20代0・30代1・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] フィリピン1・パキスタン1
 [居住地] 群馬1・栃木1
02月21日:症状 有0 無2=陽性2人 2189・2190
 [空港別] 羽田1・関空1
 [男女別] 男1・女1
 [年代別] 10代下1・20代1・30代0・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] 米国2
 [居住地] 滋賀1・非公表1


合計2人の陽性確認が発表されました。
2020年4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、2021年2月21日までの325日間で2,111人になりました。
2,111人のうち有症状は143人です。無症状は1,968人で、無症状率は93.2%です。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
本日発表分は、団体感染が疑われる事例はありませんでした。

新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16905.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

天草_20周年1年遅れ開催へ

■天草飛行場 20周年イベントを1年遅れでオンライン開催へ

天草空港「空の日・空の旬間」実行委員会事務局は15日、3月20日に「天草空港開港・天草エアライン就航20周年記念オンラインイベント」を開催すると発表しました。

実施されるのは、Youtubeでの配信によるオンラインイベントで、天草空港と天草エアライン共同イベントです。
当日配信前に回答を受け付け、生配信にて答え合わせを行うクイズや空港紹介動画、航空教室、ヘリコプター事業部の紹介などが行われる予定です。

天草飛行場開港20周年を記念して行うイベントですが、開港20周年は今年ではなく、昨年2020年3月23日。昨年空港でのイベント開催が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響で延期となり、代わりの秋開催もできなかったことから、1年遅れで、しかもオンラインでの実施となりました。

天草空港開港・天草エアライン就航20周年記念オンラインイベントを開催します(熊本県公式サイト)
https://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/113/83005.html
ラベル:天草飛行場 AMX
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 天草飛行場 | 更新情報をチェックする

青い空から、結び付けよう福島!

青い空から、結び付けよう福島!結び付けよう東北!

福島県沖地震で被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。


地震発生から10日となりました。
この10日間はどのようなものだったのでしょうか。

地震からもう10日、でしょうか。それともまだ10日、でしょうか。

今回の地震では、東北新幹線が橋脚破損などにより運休。東日本大震災時と同様に復旧に時間がかかっています。その一方で、地上をほとんど必要としない航空ネットワークは平常運航を続け、全国の航空会社が物資輸送と人々の輸送を担っています。
今回の東北新幹線運休については、幸いなことに在来線は被害がなかったため、昨年3月に全線再開したばかりの常磐線や、羽越本線を活用した日本海側ルートなど鉄道での代替手段が多数あり、臨時特急なども運行されています。しかし、長距離高速輸送と言う点は、航空以外に代替はなく、被害の大きかった福島周辺だけでなく、東北各地と首都圏を結ぶ交通機関として活用されています。
日々空港をクローズアップしている身としては、非常に心強く感じています。

緊急事態宣言下で全体の輸送量は激減していますし、24日には暫定ながらも東北新幹線が全線再開するため、あっという間に航空の臨時便運航はなくなりそう。既に福島-東京国際(羽田)線は20日をもって臨時便運航を終了。24日をもって花巻-羽田線も臨時便運航が終了する予定です。

今回被害が集中した福島について言えば、東京からだと、東京-那須塩原間1時間10分+那須塩原-福島間2時間です。
一方航空利用の場合、羽田-福島空港間はわずか50分でも、福島空港-郡山間50分+郡山-福島間50分ですから、新幹線とあまり差はありません(実際には鉄道の場合那須塩原-郡山間で乗り継ぎが何度もあって上記表記より+30分はかかりますが、航空利用の場合も郡山での乗り継ぎが時間がかかります)。

東日本大震災から10年経って再び、航空が、長距離高速交通手段として必要不可欠であることが判明しました。しかし、新幹線は便利で快適。そして日本の技術の象徴です。それだけに航空よりも鉄道と言う人も多いですから、普段から、どうしたら維持していけるのか、どうしたらもっと乗ってもらえるのかを考えていく必要があるのかもしれませんね。

まずは、長距離高速輸送の一翼として、航空が空から街を結び付け、空港はその拠点として存在感を示してほしいですね。

青い空から、街を、人を、物を、そして心を、結びつけよう。
被災地域の皆さんが早くホッとできますように。


ラベル:地震
posted by johokotu at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

地震_2/22JAL一部臨時減

□地震の影響 2/22 JAL一部臨時便終了

航空各社や空港アクセス各社は21日までに、福島県沖地震の影響に関する22日の予定を発表しています。

周辺空港を発着する航空各社は既に運航再開しています(新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックに伴う欠航あり)。

周辺空港周辺のアクセス鉄道便(22日5時現在各社発表まとめ)
※COVID-19パンデミックの影響による運休は記載していません。
※悪天候による運休は記載していません。
新幹線
 東北新幹線:那須塩原-仙台間 23日まで運休(24日再開予定)、仙台-一ノ関間 22日運行再開
 ※仙台が仙台空港へのアクセスバス発着駅、郡山が福島空港へのアクセスバス発着駅

22日の周辺空港発着臨時便予定(22日5時現在各社発表まとめ)
※COVID-19パンデミックに伴う欠航で元々大幅減便されています。各社で臨時便が多数設定されていますが、臨時便分が純増しているのではなく、当初予定ダイヤよりも減便体制での運航となっている点ご注意ください。
※他の要因(悪天候等)による運休は記載していません(下記定期便の運航予定で欠航になっていることがあります)。
※正確な情報は各航空会社公式サイトで必ずご確認ください。

・青森空港
 千歳 2:JAL1(定期1←3)・ANA1(定期1←2)
 羽田 2JAL2(定期2←6・臨時0、-2)
 小牧 1:FDA1(定期1←3)
 伊丹 2:JAL1(定期1←3)・ANA1(定期1←3)
 神戸 1:FDA1(定期0←1・臨時1)

・三沢飛行場
 札幌 週4:JAL週4(定期週4)
 羽田 2JAL2(定期2←4、-1)
 伊丹 0:JAL0(定期0←1)

・大館能代空港
 羽田 週3:ANA週3(定期週3←2)

・秋田空港
 千歳 1:ANA1(定期1←2)・JAL0(定期0←2)
 羽田 3ANA3(定期2←5・臨時1)・JAL1(定期0←4、 臨時0、-1)
 中部 1:ANA1(定期1←2)
 伊丹 2:JAL1(定期1←3)・ANA1(定期1←3)

・花巻空港
 千歳 1:JAL1(定期1←3)
 羽田 2:JAL2(臨時2)
 小牧 2:FDA2(定期1〜2←4・臨時1)
 伊丹 1:JAL1(定期1←4)
 福岡 0:JAL0(定期0←1)

・庄内空港
 羽田 4:ANA1(定期1←4)

・山形空港
 千歳 0:FDA0(定期0←1)
 羽田 2JAL2(定期0←2・臨時2、-2)
 小牧 1:FDA1(定期1←2)
 伊丹 0:JAL0(定期0←3)

・仙台空港
 千歳 7:IBX3(定期3)・JAL1(定期1←5)・APJ1(定期1←3)・ANA1(定期1←2)・ADO1(定期1←2)
 成田 0:ANA0(定期0←2)
 羽田 8:ANA4(臨時4)・JAL3(臨時3)・SKY1(臨時1)
 中部 3.5:IBX2.5(定期2.5←3)・ANA1(定期1←2)・APJ0(定期0←1)
 伊丹 8:JAL2(定期2←8)・ANA3(定期2←5・臨時1)・IBX3(定期2・臨時1)
 関空 2:APJ2(定期2←3)
 神戸 1:SKY1(定期0←2・臨時1)
 出雲 0:FDA0(定期0←1)
 福岡 5:IBX4(定期4←5)・JAL1(定期1←2)
 那覇 0:APJ0(定期0←1)・ANA0(定期0←1)

・福島空港
 千歳 0:ANA0(定期0←1)
 伊丹 2:IBX2(定期1←2・臨時1)・ANA0(定期0←2)

航空便に地震に伴う欠航はないため、今後は、大きな状況変更がある場合のみ更新します。
交通情報などのリンクを貼っておきます。公式な情報は各自ご確認ください。

国土交通省 http://www.mlit.go.jp/
 ・統合災害情報システム(DiMAPS) http://www.mlit.go.jp/saigai/dimaps/index.html
 ・災害・防災情報 http://www.mlit.go.jp/saigai/index.html
宮城県 https://www.pref.miyagi.jp/
福島県 https://www.pref.fukushima.lg.jp/
茨城県 https://www.pref.ibaraki.jp/

仙台国際空港公式サイト https://www.sendai-airport.co.jp/
福島空港公式サイト https://www.fks-ab.co.jp/
百里飛行場公式サイト http://www.ibaraki-airport.net/(COVID-19パンデミックの影響で全便欠航中・閉鎖中)

ANA http://www.ana.co.jp/
JAL https://www.jal.co.jp/
IBX https://www.ibexair.co.jp/index.html
ADO https://www.airdo.jp/
APJ https://www.flypeach.com/
FDA https://www.fujidream.co.jp/
SKY https://www.skymark.co.jp/ja/
posted by johokotu at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

訪日外客_1月入国減4万6千人

◆訪日外国人 1月 訪日外客数46,500人と入国減少、出国日本人は増加し48,700人

日本政府観光局(JNTO)は17日、1月の訪日外客数、出国日本人数の推計値を発表しました。訪日外客数は46,500人、出国日本人数は48,700人でした。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響を受け、国際線の利用は極端に減少しています。
推計値の前年同月比は、訪日外客数が98.3%減(前年2,661,022人)、出国日本人数が96.5%減(前年1,380,762人)でした。訪日外客は前月より約1万2千人も減少(約21%も減少)、一方で出国日本人は約1万4千人増加しています。

世界から見れば日本国内のごくごく一部地域だけに発出されている緊急事態宣言発令に基づいて行われた、数々の入国規制により、訪日外客数の増加はついにストップし、減少してしまいました。JNTOは「、日本における新規入国の一時停止や検疫の強化等の措置が取られたこと」を理由に挙げています。
出国日本人が増加した理由についてJNTOは触れていませんが、12月に入国した日本人が激増していたので、年末年始の帰省需要が在留地へ帰って行ったためと推定されます。

1月は9日以降、全入国者の全員に検査が課せられ、ビジネストラックの運用が停止された結果、全入国者に対して入国後14日間の外出禁止が要請されています。
世界各国も似たような制限をしているところが多くなっていますが、それでも、46,500人もの外国人が入国していることが分かりました。

最も多いと推定される国はベトナムからで20,000人でした。全体では減少する中、なぜかこの国は、昨年11月14,700人→12月15,700人と急増傾向になっています。
続いては中国で10,200人(11月18,100人→12月18,400人)。千人を超えたのは、このほかに、韓国から2,500人(11月・12月は2,800人)、米国1,200人(11月1,100人→12月1,300人)、フィリピンから1,000人(11月1,700人→12月2,300人)のみで、各国とも減少傾向です。
訪日外客数の前年同月比は98.3%減なので、多くの国がその前後の減少率ですが、ベトナムだけは60.3%減と昨年の4割程度も利用。インドも93.5%減で、一部の国はそれなりの入国者が見られる状況です。

こうやって見ると、ベトナムだけは異常であることが際立っていますね。
これまで判明している検体数などから推定すると、1月は下旬以降、ベトナムからの入国者の検体数は激減しているので、入国規制直前の駆け込み需要が異常に多かったと推定される結果です。

1月は、成田国際、東京国際、関西国際、中部国際、福岡の5空港で、細々と国際線の運航が続いていました。

訪日外客数(2021 年 1 月推計値)(JNTO公式サイト)
https://www.jnto.go.jp/jpn/news/press_releases/pdf/210217_monthly.pdf
ラベル:感染症 国際線
posted by johokotu at 05:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

空港検疫2/21 またパキスタン

◇空港検疫 またパキスタンからの陽性者確認 2月21日発表分

厚生労働省(厚労省)は2月21日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施しています。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定で臨時的に実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


(×××)
2月21日現在
罹 患 率 0.422%

無症状率 93.2%

国内の隠れ感染者数(推定値)110.8万人

(比較用)東京都:罹患率0.784%=感染109,462人、死亡率0.0089%=死亡1,248人/人口13,960,236人(2021年1月)←[死亡激増中・ピーク]
(比較用)パキスタン:罹患率0.274%=感染571,174人、死亡率0.0060%=死亡12,601人/人口約2億777万人(2017年)←※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/pakistan/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(2月19日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
1月31日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html

2020年04月04日〜2021年02月01日:対象478,218人、陽性2,082人/罹患率0.435%
2020年04月04日〜2021年02月02日:対象480,642人、陽性2,091人/罹患率0.435%
2020年04月04日〜2021年02月03日:対象481,678人、陽性2,093人/罹患率0.434%
2020年04月04日〜2021年02月04日:対象483,087人、陽性2,095人/罹患率0.433%
2020年04月04日〜2021年02月05日:対象484,221人、陽性2,098人/罹患率0.433%
2020年04月04日〜2021年02月06日:対象485,436人、陽性2,099人/罹患率0.432%
2020年04月04日〜2021年02月07日:対象487,177人、陽性2,101人/罹患率0.431%
2020年04月04日〜2021年02月08日:対象488,536人、陽性2,103人/罹患率0.430%
2020年04月04日〜2021年02月09日:対象490,391人、陽性2,104人/罹患率0.429%
2020年04月04日〜2021年02月10日:対象491,217人、陽性2,105人/罹患率0.428%
2020年04月04日〜2021年02月11日:対象492,547人、陽性2,107人/罹患率0.427%
2020年04月04日〜2021年02月12日:対象493,789人、陽性2,109人/罹患率0.427%
2020年04月04日〜2021年02月13日:対象495,165人、陽性2,113人/罹患率0.426%
2020年04月04日〜2021年02月14日:対象496,647人、陽性2,119人/罹患率0.426%
2020年04月04日〜2021年02月15日:対象497,862人、陽性2,121人/罹患率0.426%
2020年04月04日〜2021年02月16日:対象499,536人、陽性2,122人/罹患率0.424%
2020年04月04日〜2021年02月17日:対象500,342人、陽性2,123人/罹患率0.424%
2020年04月04日〜2021年02月18日:対象501,624人、陽性2,127人/罹患率0.424%
2020年04月04日〜2021年02月19日:対象502,725人、陽性2,127人/罹患率0.423%
2020年04月04日〜2021年02月20日:対象503,881人、陽性2,131人/罹患率0.422%

2020年04月04日〜2021年02月21日:対象505,743人、陽性2,136人/罹患率0.422%

2021年2月21日時点での罹患率をそのまま日本の人口(1月の推計人口1億2557万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約53.0万人になります。
国内のPCR検査陽性者は2021年2月21日0時現在で422,293人ですから、隠れ感染者はあと約10.8万人もいると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は1,862人と千人台でした。 
感染者は5人増加。罹患率は横ばいでした。
※2021年1月9日到着分(2021年1月11日発表分)から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年2月21日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16877.html


















空港検疫検査 到着日別詳細結果(2月20日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と1月31日までは、別にまとめています。

2020年04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月03日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月03日〜2021年1月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html

02月01日:症状 有0 無2=陽性2人 2144・2145
02月02日:症状 有0 無2=陽性2人 2146・2147
02月03日:症状 有1 無2=陽性3人 2148・2149・2150
02月04日:症状 有0 無1=陽性1人 2151
02月05日:症状 有0 無2=陽性2人 2152・2153
02月06日:症状 有1 無0=陽性1人 2154
02月07日:症状 有0 無2=陽性2人 2155・2156
02月08日:症状 有1 無1=陽性2人 2157・2159
02月09日:症状 有0 無1=陽性1人 2158
02月10日:症状 有0 無2=陽性2人 2160・2161
02月11日:症状 有0 無2=陽性2人 2162・2163
02月12日:症状 有0 無7=陽性7人 2164・2165・2166・2167・2168・2169・2170
02月13日:症状 有0 無2=陽性2人 2171・2172
02月14日:症状 有0 無1=陽性1人 2173
02月15日:症状 有1 無0=陽性1人 2174
02月16日:症状 有0 無3=陽性3人 2175・2176・2177

02月17日:症状 有1 無1=陽性2人 2178・2186
 [空港別] 成田1・羽田1
 [男女別] 男2・女0
 [年代別] 10代下0・20代1・30代0・40代1・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] インドネシア1・アイルランド/フランス/スイス1
 [居住地] 東京2
02月18日:症状 有1 無1=陽性2人 2179・2180
 [空港別] 成田2
 [男女別] 男2・女0
 [年代別] 10代下0・20代0・30代0・40代1・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] パキスタン1・UAE1
 [居住地] 東京1・長野1
02月19日:症状 有3 無2=陽性5人 2181・2182・2183・2184・2185
 [空港別] 成田3・羽田1・関空1
 [男女別] 男4・女1
 [年代別] 10代下0・20代3・30代0・40代1・50代0・60代0・70代1・80代上0
 [渡航元] インドネシア1・インド1・パキスタン1・米国1・ブラジル1
 [居住地] 茨城2・埼玉1・神奈川1・島根1
02月20日:症状 有0 無2(+1)=陽性2人 2187・2188
 [空港別] 成田2(+1)
 [男女別] 男1(+1)・女1
 [年代別] 10代下1・20代0・30代1(+1)・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] フィリピン1・パキスタン1(+1)
 [居住地] 群馬1・栃木1(+1)


合計1人の陽性確認が発表されました。
2020年4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、2021年2月20日までの324日間で2,109人になりました。
2,109人のうち有症状は143人です。無症状は1,966人で、無症状率は93.2%です。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
本日発表分は、団体感染が疑われる事例はありませんでした。

ここのところ急増しているパキスタンからの入国者の陽性がまた出ました。極少推移後に急にパキスタンが増えた昨年6月のデジャブのよう。

男性の勢いが全く止まりません。


新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16878.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2021年02月21日

お家いよう 今週はお家でお休み

◇お家にいようプロジェクト 今週はお休みさせていただきます

パンデミックはまだまだ延長中
STAY HOMEはまだまだ延長中
公園散歩も自粛はまだまだ延長中
買い物外出も自粛はまだまだまだまだ延長中
まだまだ収まらない
そろそろ持たなくなってきた
そんな時はお家で空港を学びましょう!


緊急事態宣言を受け、お家にいようプロジェクトを毎週更新に変更しておりましたが、福島県沖地震に伴う臨時便情報の連日更新でアップアップしておりますため、今週はお休みとさせていただきます。スミマセン。

連日空港の話題を提供していますので、お家で空港について調べてみてください。
ラベル:#お家にいよう
posted by johokotu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

地震_2/21ANA福島臨時終了

□地震の影響 2/21ANA福島臨時終了

航空各社や空港アクセス各社は20日までに、福島県沖地震の影響に関する21日の予定を発表しています。

周辺空港を発着する航空各社は既に運航再開しています(新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックに伴う欠航あり)。

21日の周辺空港発着臨時便予定(21日5時現在各社発表まとめ)
※COVID-19パンデミックに伴う欠航で元々大幅減便されています。各社で臨時便が多数設定されていますが、臨時便分が純増しているのではなく、当初予定ダイヤよりも減便体制での運航となっている点ご注意ください。
※他の要因(悪天候等)による運休は記載していません(下記定期便の運航予定で欠航になっていることがあります)。
※正確な情報は各航空会社公式サイトで必ずご確認ください。

・青森空港
 千歳 2:JAL1(定期1←3)・ANA1(定期1←2)
 羽田 3:JAL3(定期1←6・臨時2)
 小牧 1:FDA1(定期1←3)
 伊丹 2:JAL1(定期1←3)・ANA1(定期1←3)
 神戸 1:FDA1(定期0←1・臨時1)

・三沢飛行場
 札幌 週4:JAL週4(定期週4)
 羽田 3:JAL3(定期3←4)
 伊丹 0:JAL0(定期0←1)

・大館能代空港
 羽田 週3:ANA週3(定期週3←2)

・秋田空港
 千歳 1:ANA1(定期1←2)・JAL0(定期0←2)
 羽田 4:ANA3(定期2←5・臨時1)・JAL1(定期0←4、臨時1)
 中部 1:ANA1(定期1←2)
 伊丹 2:JAL1(定期1←3)・ANA1(定期1←3)

・花巻空港
 千歳 1:JAL1(定期1←3)
 羽田 2:JAL2(臨時2)
 小牧 2:FDA2(定期1〜2←4・臨時1)
 伊丹 1JAL1(定期1←4・臨時0、-1)
 福岡 0:JAL0(定期0←1)

・庄内空港
 羽田 4:ANA1(定期1←4)

・山形空港
 千歳 0:FDA0(定期0←1)
 羽田 4:JAL4(定期0←2・臨時4)
 小牧 1:FDA1(定期1←2)
 伊丹 0:JAL0(定期0←3)

・仙台空港
 千歳 7:IBX3(定期3)・JAL1(定期1←5)・APJ1(定期1←3)・ANA1(定期1←2)・ADO1(定期1←2)
 成田 0:ANA0(定期0←2)
 羽田 8ANA4(臨時4)・JAL3(臨時3、-1)・SKY1(臨時1)
 中部 3.5:IBX2.5(定期2.5←3)・ANA1(定期1←2)・APJ0(定期0←1)
 伊丹 8JAL2(定期2←8・臨時0、-1)・ANA3(定期2←5・臨時1)・IBX3(定期2・臨時1)
 関空 2:APJ2(定期2←3)
 神戸 1:SKY1(定期0←2・臨時1)
 出雲 0:FDA0(定期0←1)
 福岡 5:IBX4(定期4←5)・JAL1(定期1←2)
 那覇 0:APJ0(定期0←1)・ANA0(定期0←1)

・福島空港
 千歳 0:ANA0(定期0←1)
 羽田 0ANA0(臨時0,-2)
 伊丹 2:IBX2(定期1←2・臨時1)・ANA0(定期0←2)

航空便に地震に伴う欠航はないため、今後は、大きな状況変更がある場合のみ更新します。
交通情報などのリンクを貼っておきます。公式な情報は各自ご確認ください。

国土交通省 http://www.mlit.go.jp/
 ・統合災害情報システム(DiMAPS) http://www.mlit.go.jp/saigai/dimaps/index.html
 ・災害・防災情報 http://www.mlit.go.jp/saigai/index.html
宮城県 https://www.pref.miyagi.jp/
福島県 https://www.pref.fukushima.lg.jp/
茨城県 https://www.pref.ibaraki.jp/

仙台国際空港公式サイト https://www.sendai-airport.co.jp/
福島空港公式サイト https://www.fks-ab.co.jp/
百里飛行場公式サイト http://www.ibaraki-airport.net/(COVID-19パンデミックの影響で全便欠航中・閉鎖中)

ANA http://www.ana.co.jp/
JAL https://www.jal.co.jp/
IBX https://www.ibexair.co.jp/index.html
ADO https://www.airdo.jp/
APJ https://www.flypeach.com/
FDA https://www.fujidream.co.jp/
SKY https://www.skymark.co.jp/ja/
posted by johokotu at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

空港検疫2/20_強制待機効果

◇空港検疫 5人中3人陽性、3日遅れで捕捉も強制待機に効果 2月20日発表分

厚生労働省(厚労省)は2月20日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施しています。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定で臨時的に実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


(×××)
2月20日現在
罹 患 率 0.422%

無症状率 93.2%

国内の隠れ感染者数(推定値)10.9万人

(比較用)日 本:罹患率0.337%=感染423,311人、死亡率0.0058%=死亡7,333人/人口約1億2557万人(2021年1月)←[死亡激増中・ピーク]
(比較用)アイルランド:罹患率4.322%=感染212,647人、死亡率0.0829%=死亡4,082人/人口約492万人(2019年)←※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/ireland/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(2月18日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
1月31日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html

2020年04月04日〜2021年02月01日:対象478,218人、陽性2,082人/罹患率0.435%
2020年04月04日〜2021年02月02日:対象480,642人、陽性2,091人/罹患率0.435%
2020年04月04日〜2021年02月03日:対象481,678人、陽性2,093人/罹患率0.434%
2020年04月04日〜2021年02月04日:対象483,087人、陽性2,095人/罹患率0.433%
2020年04月04日〜2021年02月05日:対象484,221人、陽性2,098人/罹患率0.433%
2020年04月04日〜2021年02月06日:対象485,436人、陽性2,099人/罹患率0.432%
2020年04月04日〜2021年02月07日:対象487,177人、陽性2,101人/罹患率0.431%
2020年04月04日〜2021年02月08日:対象488,536人、陽性2,103人/罹患率0.430%
2020年04月04日〜2021年02月09日:対象490,391人、陽性2,104人/罹患率0.429%
2020年04月04日〜2021年02月10日:対象491,217人、陽性2,105人/罹患率0.428%
2020年04月04日〜2021年02月11日:対象492,547人、陽性2,107人/罹患率0.427%
2020年04月04日〜2021年02月12日:対象493,789人、陽性2,109人/罹患率0.427%
2020年04月04日〜2021年02月13日:対象495,165人、陽性2,113人/罹患率0.426%
2020年04月04日〜2021年02月14日:対象496,647人、陽性2,119人/罹患率0.426%
2020年04月04日〜2021年02月15日:対象497,862人、陽性2,121人/罹患率0.426%
2020年04月04日〜2021年02月16日:対象499,536人、陽性2,122人/罹患率0.424%
2020年04月04日〜2021年02月17日:対象500,342人、陽性2,123人/罹患率0.424%
2020年04月04日〜2021年02月18日:対象501,624人、陽性2,127人/罹患率0.424%
2020年04月04日〜2021年02月19日:対象502,725人、陽性2,127人/罹患率0.423%

2020年04月04日〜2021年02月20日:対象503,881人、陽性2,131人/罹患率0.422%

2021年2月20日時点での罹患率をそのまま日本の人口(1月の推計人口1億2557万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約53.1万人になります。
国内のPCR検査陽性者は2021年2月20日0時現在で421,102人ですから、隠れ感染者はあと約10.9万人もいると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は1,156人と千人台が続いています。 
感染者は4人増加。罹患率は低下しました。
※2021年1月9日到着分(2021年1月11日発表分)から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年2月20日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16869.html


















空港検疫検査 到着日別詳細結果(2月19日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と1月31日までは、別にまとめています。

2020年04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月03日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月03日〜2021年1月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html

02月01日:症状 有0 無2=陽性2人 2144・2145
02月02日:症状 有0 無2=陽性2人 2146・2147
02月03日:症状 有1 無2=陽性3人 2148・2149・2150
02月04日:症状 有0 無1=陽性1人 2151
02月05日:症状 有0 無2=陽性2人 2152・2153
02月06日:症状 有1 無0=陽性1人 2154
02月07日:症状 有0 無2=陽性2人 2155・2156
02月08日:症状 有1 無1=陽性2人 2157・2159
02月09日:症状 有0 無1=陽性1人 2158
02月10日:症状 有0 無2=陽性2人 2160・2161
02月11日:症状 有0 無2=陽性2人 2162・2163
02月12日:症状 有0 無7=陽性7人 2164・2165・2166・2167・2168・2169・2170
02月13日:症状 有0 無2=陽性2人 2171・2172
02月14日:症状 有0 無1=陽性1人 2173
02月15日:症状 有1 無0=陽性1人 2174

02月16日:症状 有0 無3=陽性3人 2175・2176・2177
 [空港別] 成田2・関空1
 [男女別] 男3・女0
 [年代別] 10代下0・20代0・30代1・40代0・50代2・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] パキスタン2・UAE1
 [居住地] 長野1・静岡1・滋賀1
02月17日:症状 有1(+1) 無1=陽性2人 2178・2186
 [空港別] 成田1・羽田1(+1)
 [男女別] 男2(+1)・女0
 [年代別] 10代下0・20代1(+1)・30代0・40代1・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] インドネシア1・アイルランド/フランス/スイス1(+1)
 [居住地] 東京2(+1)

02月18日:症状 有1 無1=陽性2人 2179・2180
 [空港別] 成田2
 [男女別] 男2・女0
 [年代別] 10代下0・20代0・30代0・40代1・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] パキスタン1・UAE1
 [居住地] 東京1・長野1
02月19日:症状 有3(+2) 無2(+1)=陽性5人 2181・2182・2183・2184・2185
 [空港別] 成田3(+2)・羽田1・関空1(+1)
 [男女別] 男4(+2)・女1(+1)
 [年代別] 10代下0・20代3(+3)・30代0・40代1・50代0・60代0・70代1・80代上0
 [渡航元] インドネシア1・インド1・パキスタン1(+1)・米国1(+1)・ブラジル1(+1)
 [居住地] 茨城2(+2)・埼玉1・神奈川1・島根1(+1)

02月20日:症状 有0 無1=陽性1人 2187
 [空港別] 成田1
 [男女別] 男0・女1
 [年代別] 10代下1・20代0・30代0・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] フィリピン1
 [居住地] 群馬1


合計5人の陽性確認が発表されました。有症状者が3人も出ています。
2020年4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、2021年2月19日までの323日間で2,108人になりました。
2,108人のうち有症状は3人増えて143人です。無症状は1,965人で、無症状率は93.2%です。ここのところ有症状者が増加しており、無症状率はジリジリと悪化しています

1人は3日遅れです。アイルランド滞在者のため、3日間の強制待機でした。
通常の空港検疫では陰性で、3日目の再検査で陽性だったと推定されます。
強制待機の効果が出たと言えそうです。


本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
本日発表分は、団体感染が疑われる事例はありませんでした。

有症状者は3人です。
19日成田着米国から入国の茨城県在住者(20代男)が倦怠感症状です。
19日成田着パキスタンから入国の茨城県在住者(20代男)が発熱症状です。
17日羽田着アイルランド/フランス/スイスから入国の東京都在住者(20代男)が発熱、頭痛症状です。
米国は直行便でも半日程度の飛行。パキスタンは直行便が飛んでいないので、乗り継ぎ便で半日程度の飛行。いずれも機内で発症したものと推定されます。
欧州3か国滞在者は、3日間の強制待機中に発症したものと推定されます。なぜこんな時期に3か国も周遊しているのでしょうか、、、。


ここのところ急増しているパキスタンからの入国者の陽性がまた出ました。極少推移後に急にパキスタンが増えた昨年6月のデジャブのよう。
ここのところ南アジアと中東が増えている印象です。

男性の勢いが全く止まりません。


本日は全員が20代以下と珍しい状況です。そして珍しく女性が2人もいます。そして6割有症状者。若い人が動くと感染も広がるということでしょうか。

新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16870.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

地震_2/20 JAL臨時便拡大

□地震の影響 2/20 JAL臨時便拡大

航空各社や空港アクセス各社は19日までに、福島県沖地震の影響に関する20日の予定を発表しています。

周辺空港を発着する航空各社は既に運航再開しています(新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックに伴う欠航あり)。

20日の周辺空港発着臨時便予定(20日5時現在各社発表まとめ)
※COVID-19パンデミックに伴う欠航で元々大幅減便されています。各社で臨時便が多数設定されていますが、臨時便分が純増しているのではなく、当初予定ダイヤよりも減便体制での運航となっている点ご注意ください。
※他の要因(悪天候等)による運休は記載していません(下記定期便の運航予定で欠航になっていることがあります)。
※正確な情報は各航空会社公式サイトで必ずご確認ください。

・青森空港
 千歳 2:JAL1(定期1←3)・ANA1(定期1←2)
 羽田 3:JAL3(定期1←6・臨時2)
 小牧 1:FDA1(定期1←3)
 伊丹 2:JAL1(定期1←3)・ANA1(定期1←3)
 神戸 1:FDA1(定期0←1・臨時1)

・三沢飛行場
 札幌 週4:JAL週4(定期週4)
 羽田 3:JAL3(定期3←4)
 伊丹 0:JAL0(定期0←1)

・大館能代空港
 羽田 週3:ANA週3(定期週3←2)

・秋田空港
 千歳 1:ANA1(定期1←2)・JAL0(定期0←2)
 羽田 4:ANA3(定期2←5・臨時1)・JAL1(定期0←4、臨時1)
 中部 1:ANA1(定期1←2)
 伊丹 2:JAL1(定期1←3)・ANA1(定期1←3)

・花巻空港
 千歳 1:JAL1(定期1←3)
 羽田 2:JAL2(臨時2)
 小牧 2:FDA2(定期1〜2←4・臨時1)
 伊丹 2JAL2(定期1←4・臨時1、+1)
 福岡 0:JAL0(定期0←1)

・庄内空港
 羽田 4:ANA1(定期1←4)

・山形空港
 千歳 0:FDA0(定期0←1)
 羽田 4:JAL4(定期0←2・臨時4)
 小牧 1:FDA1(定期1←2)
 伊丹 0:JAL0(定期0←3)

・仙台空港
 千歳 7:IBX3(定期3)・JAL1(定期1←5)・APJ1(定期1←3)・ANA1(定期1←2)・ADO1(定期1←2)
 成田 0:ANA0(定期0←2)
 羽田 9:ANA4(臨時4)・JAL4(臨時4)・SKY1(臨時1)
 中部 3.5IBX2.5(定期2.5←3)・ANA1(定期1←2)・APJ0(定期0←1、-1)
 伊丹 9JAL3(定期2←8・臨時1、+1)・ANA3(定期2←5・臨時1)・IBX3(定期2・臨時1)
 関空 2:APJ2(定期2←3)
 神戸 1:SKY1(定期0←2・臨時1)
 出雲 0:FDA0(定期0←1)
 福岡 5:IBX4(定期4←5)・JAL1(定期1←2)
 那覇 0:APJ0(定期0←1)・ANA0(定期0←1)

・福島空港
 千歳 0:ANA0(定期0←1)
 羽田 2:ANA2(臨時2)
 伊丹 2:IBX2(定期1←2・臨時1)・ANA0(定期0←2)

航空便に地震に伴う欠航はないため、今後は、大きな状況変更がある場合のみ更新します。
交通情報などのリンクを貼っておきます。公式な情報は各自ご確認ください。

国土交通省 http://www.mlit.go.jp/
 ・統合災害情報システム(DiMAPS) http://www.mlit.go.jp/saigai/dimaps/index.html
 ・災害・防災情報 http://www.mlit.go.jp/saigai/index.html
宮城県 https://www.pref.miyagi.jp/
福島県 https://www.pref.fukushima.lg.jp/
茨城県 https://www.pref.ibaraki.jp/

仙台国際空港公式サイト https://www.sendai-airport.co.jp/
福島空港公式サイト https://www.fks-ab.co.jp/
百里飛行場公式サイト http://www.ibaraki-airport.net/(COVID-19パンデミックの影響で全便欠航中・閉鎖中)

ANA http://www.ana.co.jp/
JAL https://www.jal.co.jp/
IBX https://www.ibexair.co.jp/index.html
ADO https://www.airdo.jp/
APJ https://www.flypeach.com/
FDA https://www.fujidream.co.jp/
SKY https://www.skymark.co.jp/ja/
ラベル:地震 JAL
posted by johokotu at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

検疫週間速報2月1_率0.2%切る

■空港検疫(週間速報)2月1週目 罹患率0.2%切る

厚生労働省(厚労省)は17日、空港検疫での新型コロナウイルス感染症検査状況の2月1週目(1月31日〜2月6日)分の速報値を発表しました。

厚労省の速報は、週間の検体数と陽性者数を、日本国籍者、外国籍者別に、滞在国ごとに出した非常に細かいデータです。2020年11月11日以降毎週水曜日に過去4週間分が発表されています。17日の公表で、2020年10月4日〜2021年2月6日分が公表されたことになりました。
速報のため、日々の発表のデータとかなりのズレが生じてる場合もありますが、分析に活用できます。

[罹患状況推移分析] 外国籍者の罹患率が減少もまだ日本国籍者の2倍
2020年
10/04-10/10 検体12,421・陽性57=罹患率0.46%(日本国籍0.46%:外国籍0.46%)
10/11-10/17 検体 7,364・陽性24=罹患率0.33%(日本国籍0.29%:外国籍0.34%)
10/18-10/24 検体12,213・陽性46=罹患率0.38%(日本国籍0.39%:外国籍0.37%)
10/25-10/31 検体17,833・陽性47=罹患率0.26%(日本国籍0.22%:外国籍0.29%)
  <11/01〜入国者の多い低感染国9か国が検査解除>
11/01-11/07 検体10,589・陽性84=罹患率0.79%(日本国籍0.75%:外国籍0.83%)
11/08-11/14 検体10,823・陽性89=罹患率0.82%(日本国籍0.54%:外国籍1.02%)
11/15-11/21 検体11,627・陽性79=罹患率0.68%(日本国籍0.52%:外国籍0.79%)
11/22-11/28 検体13,789・陽性90=罹患率0.65%(日本国籍0.61%:外国籍0.65%)
11/29-12/05 検体14,226・陽性89=罹患率0.63%(日本国籍0.50%:外国籍0.74%)
12/06-12/12 検体16,488・陽性86=罹患率0.52%(日本国籍0.43%:外国籍0.64%)
12/13-12/19 検体18,554・陽性74=罹患率0.40%(日本国籍0.28%:外国籍0.62%)
12/20-12/26 検体18,835・陽性98=罹患率0.52%(日本国籍0.51%:外国籍0.54%)
12/27-01/02 検体13,123・陽性83=罹患率0.63%(日本国籍0.49%:外国籍0.75%)
2021年
01/03-01/09 検体14,098・陽性76=罹患率0.54%(日本国籍0.23%:外国籍0.72%)
  <01/09〜全入国者検査開始>
01/10-01/16 検体21,399・陽性67=罹患率0.31%(日本国籍0.31%:外国籍0.31%)
01/17-01/23 検体22,678・陽性41=罹患率0.18%(日本国籍0.31%:外国籍0.15%)
01/24-01/30 検体10,076・陽性25=罹患率0.25%(日本国籍0.12%:外国籍0.37%)

01/31-02/06 検体10,435・陽性20=罹患率0.19%(日本国籍0.13%:外国籍0.27%)

検査数は、12月中旬〜下旬に日本国籍者が外国籍者の二倍ほどいたのに対し、12月5週目に日本国籍:外国籍=1:1.16と逆転。1月1週目に1:1.8、1月2週目に1:2.6、1月3週目に1:3.7とどんどん外国籍者が増えていました。前週1月4週目は外国籍者が急激に減って日本国籍:外国籍=1:1.05とほぼ同じになり、今週は1:0.88と日本国籍者が多くなりました
検査対象が全入国者になっています。入国者の多さは、前週から変わらず、米国、中国、フィリピン、韓国、インドの順でした。
日本人は12月4週目に12,354人いたのに対し、1月以降は激減しており、今週も5,543人だけと、大幅減少の状況が続いています。
外国人は前週に大きく減少したところからさらに減少。前々週の1月3週目に17,873人だったものが、今週は4,892人でした。

10月の4週間は日本国籍者と外国籍者の罹患率に差はなく0.35%程度でした。
11月に入ってからは、日本国籍者、外国籍者ともに急上昇しています。外国籍者の方が多い印象ですが、差は小さく、日本国籍者の割合も追いかけるように増えていました。
前週急減した検体数は横ばいでしたが、陽性者数が減り、全体の罹患率は下がっています。
前週と比べると、日本国籍者は、検査数が13%増加に対して陽性者数は16%増加。外国籍者は検査数が6%減少に対して陽性者数は32%減少です。
このため、罹患率は、日本国籍者は微増、外国籍者は減少しています。外国籍者の方が倍高い状況です。

入国者数の多いベトナムや中国などの国が検査対象だった10月の罹患率に近いです。このため、この数値が空港検疫での平均的な数値に近いのかもしれません。

罹患率は減少したとは言ってもまだ0.19%です。
日本国内の罹患率は、最悪のピークだった1月初旬でも0.06%(人口約1億2500万人のうち治療中+死者約70,000人、現在は治療中+死者約3万5千人で罹患率0.03%)ですから、空港検疫は相変わらず国内より危険であることが分かります。

[陽性者数多い国分析] 7か国のみ、変わらず米・比・ナイジェリアがワースト3
今週陽性者が確認されたのは、米国、フィリピン、ナイジェリア、アラブ首長国連邦(UAE)、クウェート、ボリビア、インドネシアの7か国のみでした。
相変わらず数が最多なのは米国で7人でした。今週は日本国籍者が増えて5人います。
2番目に多いのは、これまた前週同様にフィリピンで5人陽性者が出ています。フィリピンは検体の9割近くが外国籍者ですが、陽性者も全員外国籍者です
さらに2週連続でナイジェリアが3人で続いています。ナイジェリアも全員外国籍者の陽性です。
英国は検体数がナイジェリアやUAEよりも多い170件ですが、二週連続陽性0人と安定してきています。

入国者の陽性を巡っては、嫌悪感からか、中韓からの入国を停止せよ!という過激な意見がとにかく多いのですが、全入国者検査しているここ数週間の推移を見ると、中韓からの入国者の陽性はほぼいないです(タイ、台湾も同様)。むしろ欧米から入国の日本人の方が陽性が格段に多いです。
韓国については、仁川国際空港の紹介ページでも記載したように空港アクセス鉄道の日本排斥映像なども有るので、個人的にも好きではありませんが、COVID-19陽性の話に限っては、現時点で特段に名指ししてまで危険視する国ではない印象です。もっと危険な国は沢山ありますから、むしろそっちからの入国規制についてもっと強行に指摘して欲しいですね。
きちんと入国規制して数値を取っているからこそ、こういったことも分かっています。3月上旬の緊急事態宣言解除以降に、再びザル入国に逆戻りしないことを願いたいです。


[罹患率高い国分析] 1%超えは7か国中4か国
罹患率は、クウェートが最も悪く33.33%(検体3人中1人陽性)でした。ナイジェリアが8.11%(検体37人中3人)、ボリビアが6.67%(検体15人中1人陽性)、UAEが1.68%(検体119人中2人陽性)と続いています。
1%超えは以上の4か国でした。

[非公表の多い国分析] 2週連続で誤差消滅
毎日の詳細発表で非公表者は消滅しています。
今週は、前週に引き続き誤差が全くなくなっています。

[航空便利用者数分析] 航空利用者は横ばい
合計の利用者数は13,826人(前週比-72人)でした

米国が3,212人(前週比+506人)と少し増えたのが目立った程度で、横ばい推移が多い状況でした。ベトナム直行便も452人と低調なまま推移しています。
ミャンマー直行便が47人減、カンボジア直行便が28人減でいずれも0人になり、インド直行便は2週連続で0人でした。
変異株で騒ぎになっている英国直行便は209人(前週比-8人)でした。

毎週データは更新されているようですので、今後も注視していきます。

米国からの入国者の動向
10月04日〜10月10日:罹患率0.23%
日本国籍 検体1,674・陽性4=罹患率0.24%、外国籍 検体547・陽性1=罹患率0.18%
10月11日〜10月17日:罹患率0.54%
日本国籍 検体532・陽性4=罹患率0.75%、外国籍 検体215・陽性0=罹患率0.00%
10月18日〜10月24日:罹患率0.15%
日本国籍 検体823・陽性0=罹患率0.00%、外国籍 検体489・陽性2=罹患率0.41%
10月25日〜10月31日:罹患率0.13%
日本国籍 検体1,545・陽性1=罹患率0.06%、外国籍 検体783・陽性2=罹患率0.26%
11月01日〜11月07日:罹患率1.19%
日本国籍 検体1,832・陽性26=罹患率1.42%、外国籍866・陽性6=罹患率0.69%
11月08日〜11月14日:罹患率0.67%
日本国籍 検体1,829・陽性11=罹患率0.60%、外国籍851・陽性7=罹患率0.82%
11月15日〜11月21日:罹患率0.78%
日本国籍 検体2,043・陽性11=罹患率0.54%、外国籍1,017・陽性13=罹患率1.28%
11月22日〜11月28日:罹患率0.64%
日本国籍 検体3,307・陽性20=罹患率0.60%、外国籍933・陽性7=罹患率0.75%
11月29日〜12月05日:罹患率0.75%
日本国籍 検体2,644・陽性14=罹患率0.53%、外国籍1,209・陽性15=罹患率1.24%
12月06日〜12月12日:罹患率0.37%
日本国籍 検体3,544・陽性10=罹患率0.28%、外国籍1,080・陽性 7=罹患率0.65%
12月13日〜12月19日:罹患率0.42%
日本国籍 検体4,300・陽性12=罹患率0.28%、外国籍 963・陽性10=罹患率1.04%
12月20日〜12月26日:罹患率0.42%
日本国籍 検体4,887・陽性20=罹患率0.41%、外国籍 789・陽性 4=罹患率0.51%
12月27日〜01月02日:罹患率0.50%
日本国籍 検体2,746・陽性11=罹患率0.40%、外国籍1,426・陽性10=罹患率0.70%
01月03日〜01月09日:罹患率0.71%
日本国籍 検体2,384・陽性 6=罹患率0.25%、外国籍1,850・陽性24=罹患率1.30%
01月10日〜01月16日:罹患率0.38%
日本国籍 検体1,782・陽性 4=罹患率0.22%、外国籍1,137・陽性 7=罹患率0.62%
01月17日〜01月23日:罹患率0.64%
日本国籍 検体1,259・陽性 9=罹患率0.71%、外国籍 934・陽性 5=罹患率0.54%
01月24日〜01月30日:罹患率0.48%
日本国籍 検体1,214・陽性 1=罹患率0.08%、外国籍 663・陽性 8=罹患率1.21%

01月31日〜02月06日:罹患率0.35%
日本国籍 検体1,297・陽性 5=罹患率0.39%、外国籍 708・陽性 2=罹患率0.28%



英国からの入国者の動向
11月22日〜11月28日:罹患率0.77%
日本国籍 検体 304・陽性 2=罹患率0.66%、外国籍 87・陽性 1=罹患率1.15%
11月29日〜12月05日:罹患率0.29%
日本国籍 検体 587・陽性 2=罹患率0.34%、外国籍 105・陽性 0=罹患率0%
12月06日〜12月12日:罹患率0.17%
日本国籍 検体1,066・陽性 2=罹患率0.19%、外国籍 136・陽性 0=罹患率0%
12月13日〜12月19日:罹患率0.33%
日本国籍 検体1,102・陽性 4=罹患率0.36%、外国籍 108・陽性 0=罹患率0%
12月20日〜12月26日:罹患率1.50%
日本国籍 検体 986・陽性17=罹患率1.72%、外国籍 149・陽性 0=罹患率0%
12月27日〜01月02日:罹患率0.39%
日本国籍 検体 168・陽性 1=罹患率0.60%、外国籍 87・陽性 0=罹患率0%
01月03日〜01月09日:罹患率0.52%
日本国籍 検体 241・陽性 1=罹患率0.41%、外国籍 141・陽性 1=罹患率0.71%
01月10日〜01月16日:罹患率0.59%
日本国籍 検体 252・陽性 2=罹患率0.79%、外国籍 89・陽性 0=罹患率0%
01月17日〜01月23日:罹患率0.40%
日本国籍 検体 203・陽性 1=罹患率0.49%、外国籍 48・陽性 0=罹患率0%
01月24日〜01月30日:罹患率0%
日本国籍 検体 148・陽性 0=罹患率0%、外国籍 36・陽性 0=罹患率0%

01月31日〜02月06日:罹患率0%
日本国籍 検体 141・陽性 0=罹患率0%、外国籍 29・陽性 0=罹患率0%


週間速報内容
01/24-01/30
全検査
合計 検体10,435陽性20 0.19%↓
日本 検体 5,543陽性 7 0.13%↑
外国 検体 4,892陽性13 0.27%↓


検体数の多い国
米  国:検体2,005 陽性 7=0.35%
  日本国籍 検体1,297 陽性 5=0.39%、外国籍 検体 708 陽性 2=0.28%
中  国:検体1,419 陽性 0=0%
  日本国籍 検体 786 陽性 0=0%/外国籍 検体 633 陽性 0=0%
フィリピン:検体1,155 陽性 5=0.43%
  日本国籍 検体 108 陽性 0=0%/外国籍 検体1,047 陽性 5=0.48%
韓  国:検体 531 陽性 0=0%
  日本国籍 検体 183 陽性 0=0%/外国籍 検体 348 陽性 0=0%
イ ン ド:検体 468 陽性 0=0%
  日本国籍 検体 119 陽性 0=0%/外国籍 検体 349 陽性 0=0%

罹患率の高い国
クウェート:合計 検体 3、陽性 1=33.33%
  日本国籍 検体 1、陽性 0=0%/外国籍 検体 2、陽性 1=50.00%
ナイジェリア:合計 検体 37、陽性 3=8.11%
  日本国籍 検体 11 陽性 0=0.00%、外国籍 検体 26 陽性 3=11.54%
ボリビア:合計 検体 15、陽性 1=6.67%
  日本国籍 検体 4、陽性 0=0.00%/外国籍 検体 11、陽性 1=9.09%
U A E:合計 検体 89、陽性 1=0.51%
  日本国籍 検体 89、陽性 2=2.25%/外国籍 検体 30、陽性 0=0%
フィリピン:合計 検体1,155 陽性 5=0.43%
  日本国籍 検体 108 陽性 0=0%/外国籍 検体1,047 陽性 5=0.48%


毎日の個別発表との誤差状況(1月17日〜1月23日)
(A)週間発表(今回の滞在国・地域ごとの検査実績発表):20人
(B)毎日発表:20人中非公表0人(複数国滞在者なし)

 (誤差が出ている国)Aが超過していると非公表の可能性有
 該当なし

水際対策(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kansenkakudaiboushi-iryouteikyou.html#h2_7
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

空港検疫2/19_4人中2人陽性

◇空港検疫 4人中2人陽性 2月19日発表分

厚生労働省(厚労省)は2月19日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施しています。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定で臨時的に実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


(×××)
2月19日現在
罹 患 率 0.423%

無症状率 93.3%

国内の隠れ感染者数(推定値)11.1万人

(比較用)東京都:罹患率0.779%=感染108,782人、死亡率0.0086%=死亡1,210人/人口13,960,236人(2021年1月)←[死亡激増中・ピーク]
(比較用)インド:罹患率0.802%=感染10,963,394人、死亡率0.0114%=死亡156,111人/人口約13億6,641万人(2019年世銀資料)←※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/india/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(2月17日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
1月31日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html

2020年04月04日〜2021年02月01日:対象478,218人、陽性2,082人/罹患率0.435%
2020年04月04日〜2021年02月02日:対象480,642人、陽性2,091人/罹患率0.435%
2020年04月04日〜2021年02月03日:対象481,678人、陽性2,093人/罹患率0.434%
2020年04月04日〜2021年02月04日:対象483,087人、陽性2,095人/罹患率0.433%
2020年04月04日〜2021年02月05日:対象484,221人、陽性2,098人/罹患率0.433%
2020年04月04日〜2021年02月06日:対象485,436人、陽性2,099人/罹患率0.432%
2020年04月04日〜2021年02月07日:対象487,177人、陽性2,101人/罹患率0.431%
2020年04月04日〜2021年02月08日:対象488,536人、陽性2,103人/罹患率0.430%
2020年04月04日〜2021年02月09日:対象490,391人、陽性2,104人/罹患率0.429%
2020年04月04日〜2021年02月10日:対象491,217人、陽性2,105人/罹患率0.428%
2020年04月04日〜2021年02月11日:対象492,547人、陽性2,107人/罹患率0.427%
2020年04月04日〜2021年02月12日:対象493,789人、陽性2,109人/罹患率0.427%
2020年04月04日〜2021年02月13日:対象495,165人、陽性2,113人/罹患率0.426%
2020年04月04日〜2021年02月14日:対象496,647人、陽性2,119人/罹患率0.426%
2020年04月04日〜2021年02月15日:対象497,862人、陽性2,121人/罹患率0.426%
2020年04月04日〜2021年02月16日:対象499,536人、陽性2,122人/罹患率0.424%
2020年04月04日〜2021年02月17日:対象500,342人、陽性2,123人/罹患率0.424%
2020年04月04日〜2021年02月18日:対象501,624人、陽性2,127人/罹患率0.424%

2020年04月04日〜2021年02月19日:対象502,725人、陽性2,127人/罹患率0.423%

2021年2月18日時点での罹患率をそのまま日本の人口(1月の推計人口1億2557万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約53.1万人になります。
国内のPCR検査陽性者は2021年2月18日0時現在で419,762人ですから、隠れ感染者はあと約11.1万人もいると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は1,101人と千人台でした。 
感染者は0人増加。罹患率は低下しました。
※2021年1月9日到着分(2021年1月11日発表分)から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年2月19日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16861.html


















空港検疫検査 到着日別詳細結果(2月18日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と1月31日までは、別にまとめています。

2020年04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月03日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月03日〜2021年1月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html

02月01日:症状 有0 無2=陽性2人 2144・2145
02月02日:症状 有0 無2=陽性2人 2146・2147
02月03日:症状 有1 無2=陽性3人 2148・2149・2150
02月04日:症状 有0 無1=陽性1人 2151
02月05日:症状 有0 無2=陽性2人 2152・2153
02月06日:症状 有1 無0=陽性1人 2154
02月07日:症状 有0 無2=陽性2人 2155・2156
02月08日:症状 有1 無1=陽性2人 2157・2159
02月09日:症状 有0 無1=陽性1人 2158
02月10日:症状 有0 無2=陽性2人 2160・2161
02月11日:症状 有0 無2=陽性2人 2162・2163
02月12日:症状 有0 無7=陽性7人 2164・2165・2166・2167・2168・2169・2170
02月13日:症状 有0 無2=陽性2人 2171・2172

02月14日:症状 有0 無1=陽性1人 2173
 [空港別] 関空1
 [男女別] 男0・女1
 [年代別] 10代下0・20代0・30代1・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] フィリピン1
 [居住地] 広島1
02月15日:症状 有1 無0=陽性1人 2174
 [空港別] 成田1
 [男女別] 男1・女0
 [年代別] 10代下0・20代1・30代0・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] メキシコ1
 [居住地] 大阪1
02月16日:症状 有0 無3=陽性3人 2175・2176・2177
 [空港別] 成田2・関空1
 [男女別] 男3・女0
 [年代別] 10代下0・20代0・30代1・40代0・50代2・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] パキスタン2・UAE1
 [居住地] 長野1・静岡1・滋賀1
02月18日:症状 有0 無1=陽性1人 2178
 [空港別] 成田1
 [男女別] 男1・女0
 [年代別] 10代下0・20代0・30代0・40代1・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] インドネシア1
 [居住地] 東京1
02月18日:症状 有1 無1=陽性2人 2179・2180
 [空港別] 成田2
 [男女別] 男2・女0
 [年代別] 10代下0・20代0・30代0・40代1・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] パキスタン1・UAE1
 [居住地] 東京1・長野1

02月19日:症状 有1 無1=陽性1人 2181・2182
 [空港別] 成田1・羽田1
 [男女別] 男2・女0
 [年代別] 10代下0・20代0・30代0・40代1・50代0・60代0・70代1・80代上0
 [渡航元] インドネシア1・インド1
 [居住地] 埼玉1・神奈川1


合計4人の陽性確認が発表されました。有症状者が2人も出ています。
2020年4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、2021年2月19日までの323日間で2,103人になりました。
2,103人のうち有症状は2人増えて140人です。無症状は1,963人で、無症状率は93.3%です。ここのところ有症状者が増加しており、無症状率はジリジリと悪化しています

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
本日発表分は、団体感染が疑われる事例はありませんでした。

有症状者は2人です。
18日成田着パキスタンから入国の長野県在住者(40代男)が喀痰、頭痛、発熱症状です。
19日成田着インドネシアから入国の埼玉県在住者(70代女)が倦怠感症状です。
パキスタンは直行便が飛んでいないので、乗り継ぎ便で半日程度の飛行。機内で発症したものと推定されます。
インドネシアからは国際線の長旅なら倦怠感くらいは起こるでしょうか。


ここのところ急増しているパキスタンからの入国者の陽性がまた出ました。極少推移後に急にパキスタンが増えた昨年6月のデジャブのよう。
ここのところ南アジアと中東が増えている印象です。

男性の勢いが全く止まりません。年齢層も上がっている印象です。


新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16860.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2021年02月19日

海外発着遊覧でPR

■海外発着遊覧飛行でPR 韓国便で鳥取県と香川県

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で観光目的での海外との行き来が出来なくなる中、鳥取県と香川県が、海外発着遊覧飛行で自県をPRします。

両県が行うのは、無着陸遊覧飛行における自県の観光PR。
21日と22日に韓国・仁川国際空港発着で行われるエアソウルの遊覧飛行が、九州など日本上空を通過することから、機内で韓国離着陸時にPR動画を流すほか、ノベルティグッズの配布、抽選会でのグッズ贈呈などを行うとしています。

COVID-19の影響で、観光目的での海外との行き来が出来ないため、遊覧飛行で海外気分を味わおうという企画が流行っています。日本でも、成田発着で、上空を飛ぶわけではありませんが、シンガポールや台湾の観光局がPRする遊覧飛行を実施しています。韓国や台湾では、日本上空を飛行することで海外気分を味わう遊覧飛行が既に複数回実施されています。
コロナ後を見据えた新しい観光PRとして、注目されます。

エアソウル無着陸遊覧飛行における鳥取県観光PR(鳥取県公式サイト)
http://db.pref.tottori.jp/pressrelease.nsf/webview/71FBF2443CBBDC614925867D00094B48?OpenDocument
エアソウル無着陸国際観光飛行(目的地の無い遊覧飛行)において、香川県の観光PRを行います(香川県公式サイト)
https://www.pref.kagawa.lg.jp/kanko/kokusaikanko/20210217.html
ラベル:鳥取 香川 韓国 ASV
posted by johokotu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

大分_APJ手続はANA側

■大分空港(SPACEPORT OITA) APJはANA側で手続き

Peach Aviation(APJ)は19日、大分空港に就航しました。チェックインカウンタは、1階チェックインロビーのうち、ANAカウンタの並びに設け出発手続きを行っています。

19日にAPJが新たに就航したのは、成田国際-大分線。
大分では、1階のチェックインロビーのうち、到着ロビー側(南側)に近い既存ANAチェックインカウンタの並びにカウンタを設け、出発手続きを行っています。

大分は、1階にチェックインロビーがありますが、既存カウンターに空きがなく、ジェットスター・ジャパンが就航当初は階段脇の狭い範囲を活用しているほど(現在は通常カウンタの並びに移転済み)。すでにカウンタを設けられるスペースがないことから、APJがカウンタをどこに設置するのか注目されていました。ANAカウンタを一部変更して設置しています。

国内線ターミナル1階(大分航空ターミナル公式サイト)
https://www.oita-airport.jp/guide/floor1.html
ラベル:大分空港 APJ
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | 大分空港(SPACEPORT OITA) | 更新情報をチェックする

地震_2/19 IBXも臨時便

□地震の影響 2/19 IBXも臨時便開始

航空各社や空港アクセス各社は18日までに、福島県沖地震の影響に関する19日の予定を発表しています。

周辺空港を発着する航空各社は既に運航再開しています(新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックに伴う欠航あり)。

19日の周辺空港発着臨時便予定(19日5時現在各社発表まとめ)
臨時便は、アイベックスエアラインズが、19日〜23日に仙台-大阪国際(伊丹)線、福島-伊丹線各1日1往復を新規に就航します。
なお、フジドリームエアラインズが、24日のみ山形-名古屋線1往復の運航を既に決めています。
※COVID-19パンデミックに伴う欠航で元々大幅減便されています。各社で臨時便が多数設定されていますが、臨時便分が純増しているのではなく、当初予定ダイヤよりも減便体制での運航となっている点ご注意ください。
※他の要因(悪天候等)による運休は記載していません(下記定期便の運航予定で欠航になっていることがあります)。
※正確な情報は各航空会社公式サイトで必ずご確認ください。

・青森空港
 千歳 2:JAL1(定期1←3)・ANA1(定期1←2)
 羽田 3:JAL3(定期1←6・臨時2)
 小牧 1:FDA1(定期1←3)
 伊丹 2:JAL1(定期1←3)・ANA1(定期1←3)
 神戸 1:FDA1(定期0←1・臨時1)

・三沢飛行場
 札幌 週4:JAL週4(定期週4)
 羽田 3:JAL3(定期3←4)
 伊丹 0:JAL0(定期0←1)

・大館能代空港
 羽田 週3:ANA週3(定期週3←2)

・秋田空港
 千歳 1:ANA1(定期1←2)・JAL0(定期0←2)
 羽田 4:ANA3(定期2←5・臨時1)・JAL1(定期0←4、臨時1)
 中部 1:ANA1(定期1←2)
 伊丹 2:JAL1(定期1←3)・ANA1(定期1←3)

・花巻空港
 千歳 1:JAL1(定期1←3)
 羽田 2:JAL2(臨時2)
 小牧 2:FDA2(定期1〜2←4・臨時1)
 伊丹 1:JAL1(定期1←4)
 福岡 0:JAL0(定期0←1)

・庄内空港
 羽田 4:ANA1(定期1←4)

・山形空港
 千歳 0:FDA0(定期0←1)
 羽田 4:JAL4(定期0←2・臨時4)
 小牧 1:FDA1(定期1←2)
 伊丹 0:JAL0(定期0←3)

・仙台空港
 千歳 7:IBX3(定期3)・JAL1(定期1←5)・APJ1(定期1←3)・ANA1(定期1←2)・ADO1(定期1←2)
 成田 0:ANA0(定期0←2)
 羽田 9ANA4(臨時4)・JAL4(臨時4、+1)・SKY1(臨時1)
 中部 4.5:IBX2.5(定期2.5←3)・ANA1(定期1←2)・APJ1(定期1)
 伊丹 8JAL2(定期2←8)・ANA3(定期2←5・臨時1)・IBX3(定期2・臨時1、+1)
 関空 2:APJ2(定期2←3)
 神戸 1:SKY1(定期0←2・臨時1)
 出雲 0:FDA0(定期0←1)
 福岡 5:IBX4(定期4←5)・JAL1(定期1←2)
 那覇 0APJ0(定期0←1、-1)・ANA0(定期0←1)

・福島空港
 千歳 0:ANA0(定期0←1)
 羽田 2:ANA2(臨時2)
 伊丹 2IBX2(定期1←2・臨時1、+1)・ANA0(定期0←2)

航空便に地震に伴う欠航はないため、今後は、大きな状況変更がある場合のみ更新します。
交通情報などのリンクを貼っておきます。公式な情報は各自ご確認ください。

国土交通省 http://www.mlit.go.jp/
 ・統合災害情報システム(DiMAPS) http://www.mlit.go.jp/saigai/dimaps/index.html
 ・災害・防災情報 http://www.mlit.go.jp/saigai/index.html
宮城県 https://www.pref.miyagi.jp/
福島県 https://www.pref.fukushima.lg.jp/
茨城県 https://www.pref.ibaraki.jp/

仙台国際空港公式サイト https://www.sendai-airport.co.jp/
福島空港公式サイト https://www.fks-ab.co.jp/
百里飛行場公式サイト http://www.ibaraki-airport.net/(COVID-19パンデミックの影響で全便欠航中・閉鎖中)

ANA http://www.ana.co.jp/
JAL https://www.jal.co.jp/
IBX https://www.ibexair.co.jp/index.html
ADO https://www.airdo.jp/
APJ https://www.flypeach.com/
FDA https://www.fujidream.co.jp/
SKY https://www.skymark.co.jp/ja/
posted by johokotu at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

入国者変異株状況_2/18

◇入国者変異株感染状況 2月18日発表分

厚生労働省(厚労省)は18日、変異株が確認されたことを発表しました。
入国者起因としてはっきりしている事例として新たに1人が確認されています。


原因となった入国者が不明の市中感染者だらけになっています(完全に面的に拡がっています)ので、今後は起因入国者がはっきりしているもののみ取り上げます。

18日発表分は、入国者からの二次感染事例1件です。
・山梨県在住 年代非公表男=2月上旬発症 海外滞在歴無 ブラジル確認変異株
※12日発表ブラジル滞在歴有山梨県在住 年代非公表男の接触者(注:濃厚接触者ではありません)


また「空港検疫すり抜け者の陽性」「空港検疫すり抜け者の国内在住者への濃厚接触感染拡大」が出てしまいました。14日間の隔離徹底できないのでしょうか。
入国日も入国空港も年代すら非公表というトンデモない事例からの拡大事例です。
元々接触者1人の陽性が発表されており、その方と推定されます。濃厚に接触しなくても感染するということが判明しました(3人いた濃厚接触者は全員陰性)。検査基準となる濃厚接触の定義を変えないと感染拡大を抑えられないことが、見事にはっきりしました。半年間も隠匿され続けてきた昨年3月の航空機内クラスターの話と合わせて考えれば、積極的情報発信と接触疑い者の検査拡大をしないと、感染拡大防止は無理ですね。

国内の変異株確認者は、18日発表分で、入国者起因とはっきりしているものは合計59人(うち入国者51人/入国者起因市中感染8人)となりました。

その他、起因入国者不明市中感染事例は105人です。
未だに一人も上流側の接触者(原因入国者)の情報は一切出ていません。100人も陽性者がいて元凶が1人も分からないなど異常過ぎます。中国の武漢の隠匿を批判している場合じゃないですね。
※14日までに57人、15日発表13人、16日発表23人、18日発表12人


17日に、1月31日〜2月6日到着分の国籍別行動歴別の陽性確認状況が発表されました。
同期間に到着した1人は新たに外国籍者と確定しました。これにより、変異株が確認された入国者51人の国籍は、日本国籍者25人、外国籍者13人、不明13人となりました変異株確認で外国籍者の入国を不安視する声がありますが、変異株の持ち込みは日本人原因の方が圧倒的に多いです。
この期間の入国者は、日外で大きな差はなく、倍の差が出るほどでもありません。
ファクターXとか民度が高い(との思い込み)とか全く関係なさそうです。国外からの持ち込みを抑え、持ち込みしちゃったら移動を制限すること、これしか対策はなさそうですね。




<空港検疫等での変異株状況>
左から到着日、到着空港、年代性別、推定される空港検疫No、推定される国籍、推定される在住地、空港検疫での症状(有症状の場合)
◆は14日間自主隔離期間の発症(空港検疫で陰性か検査対象外)、◇は空港検疫での確認、◎市中感染
▲は英国で最初に確認された変異株、△は南アフリカで最初に確認された変異株、▼ブラジルからの入国者から確認された変異株


行動歴英国からの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/01 羽田 10代男◇▲1535 邦人 非公表
・12/18 羽田 10代男◇▲1717 邦人 非公表(毎日発表)行動歴非公表
・12/19 羽田 30代女◇▲1733 邦人 東京
・12/20 羽田 60代男◇▲1765 邦人 東京倦怠感
・12/21 関空 40代男◇▲1782 邦人 大阪
・12/21 関空 40代女◇▲1783 邦人 大阪
・12/21 関空 10未男◇▲1784 邦人 大阪
・12/22 羽田 40代男◇▲1802 邦人 非公表(毎日発表)行動歴非公表
・12/24 羽田 40代女◇▲1824 邦人 東京
・12/24 羽田 40代男◇▲1825 邦人 東京発熱、咽頭痛
・12/24 羽田 40代女◇▲1826 邦人 非公表
・12/26 関空 50代女◇▲1841 邦人 香川
・12/26 関空 30代女◇▲1842 邦人 京都
・12/26 羽田 30代女◇▲1843 邦人 東京食欲低下
・12/26 羽田 10未男◇▲1844 邦人 東京
・01/03 羽田 30代男◇▲1969 ※1 大阪
・01/04 羽田 30代男◇▲1978 ※1 非公表(毎日発表)頭痛 (変異株発表)発熱、咽頭痛
 ※1:No1969、No1978はどちらかが邦人、どちらかが外人
・01/10 成田 30代男◇▲2036 邦人 神奈川
・01/22 羽田 20代女◇▲2106 邦人 愛知嗅覚障害、味覚障害
(空港検疫すり抜け事例)
・12/13 不明 50代女◆▲ 国籍不明 東京
・12/16 不明 30代男◆▲ 国籍不明 東京
⇒ <市中>濃接二次感染 20代女◎▲ 国籍不明 東京
(12/22 不明 30代男◆  国籍不明 東京 12/27発症12/29陽性 ※検査量不足で変異株と確認できず
⇒ <市中>濃接二次感染 20代男◎▲ 国籍不明 東京 12/30発症・陽性日不明
⇒ <市中>濃接二次感染 20代女◎▲ 国籍不明 東京 01/02発症・陽性日不明
・12/25 不明 20代男◆▲ 国籍不明 東京 隔離中1/6無症状も自主検査し陽性
・12/31 不明 20代男◆▲ 国籍不明 東京 1/2発症
・01/10 不明 30代女◆▲ 国籍不明 東京 1/13発症

行動歴南アフリカからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/19 成田 30代女◇△1776 邦人 東京
・01/07 関空 20代女◇△1979 外人 兵庫
・01/08 成田 10代女◇△2029 外人 東京
・01/08 成田 40代女◇△2030 外人 東京
・01/19 成田 30代女◇△2090 邦人 東京 (毎日発表)鼻汁、頭重感、咽頭痛 (変異株発表)脱水

行動歴南アフリカ/アラブ首長国連邦からの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/29 成田 30代男◇△1866 外人 愛知

行動歴アラブ首長国連邦からの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/23 成田 20代男◇▲1815 邦人 千葉
・12/24 関空 30代女◇▲1834 邦人 兵庫
⇒ <市中>濃接二次感染 40代女◎▲ 国籍不明 兵庫 1/4陽性(無症状)
・12/29 関空 30代女◇▲1870 国籍不明 愛知
・01/02 関空 70代女◇▲1925 国籍不明 福井
・01/09 成田 40代女◇▲2004 国籍不明 東京(毎日発表)無症状 (変異株発表)発熱、咽頭痛
・01/21 成田 50代男◇▲2099 邦人 秋田(毎日発表)咳嗽 (変異株発表)無症状
(空港検疫すり抜け事例)
・12/24 関空 50代女◆▲ 国籍不明 兵庫=上記1834の濃厚接触者扱い(12/31無症状も検査し陽性)

行動歴カタールからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・01/27 成田 20代女◇▲2124 邦人 神奈川

行動歴ナイジェリアからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/29 成田 30代男◇▲1867 国籍不明 大阪
・01/03 成田 40代男◇▲1939 ※2 大分
・01/07 成田 30代男◇▲1982 ※2 東京
 ※2:No1939、No1982はどちらかが外人、どちらかが国籍不明
・01/31 成田 30代男◇▲2141 外人 愛知(毎日発表)発熱 (変異株発表)無症状

行動歴ガーナからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・01/10 成田 30代男◇▲2020 外人 東京

行動歴ブラジルからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・01/02 羽田 40代男◇▼1912 外人 三重到着時無症状、呼吸状態悪化し入院
・01/02 羽田 30代女◇▼1913 外人 三重(毎日発表)咽頭痛、鼻汁 (変異株発表)咽頭痛、頭痛
・01/02 羽田 10代男◇▼1914 外人 三重(毎日発表)無症状 (変異株発表)発熱
・01/02 羽田 10代女◇▼1915 外人 三重
(空港検疫すり抜け事例)
・入国日非公表 不明 年代非公表男◆▼ 国籍不明 山梨2月上旬発症
⇒ <市中>接触二次感染 年代非公表男◎▼ 国籍不明 山梨 2月上旬発症

行動歴ベトナムからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・01/17 関空 30代女◇▲2081 外人 大阪(毎日発表)無症状 (変異株発表)咳嗽

行動歴ベルギー/タンザニアからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・01/29 成田 50代男◇△2131 邦人 東京(毎日発表)行動歴ベルギーのみ

行動歴アフリカ(国不明)からの入国者起因
(空港検疫すり抜け事例)
・入国日非公表 成田 50代女◆△ 国籍不明 神奈川 1月中旬発症
⇒<市中>濃接二次感染 10代女◎△ 国籍不明 神奈川1月下旬発症
⇒<市中>濃接二次感染 40代男◎△ 国籍不明 神奈川1月下旬発症
⇒<市中>濃接二次感染 50代女◎△ 国籍不明 神奈川1月下旬発症





感染経路不明 国内在住者(海外渡航無し)
105人確認


新型コロナウイルス感染症(変異株)の患者等の発生について(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16851.html
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

空港検疫2/18_詳細発表無

◇空港検疫 詳細発表無し 2月18日発表分

厚生労働省(厚労省)は2月18日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施しています。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定で臨時的に実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


(×××)
2月18日現在
罹 患 率 0.424%

無症状率 93.4%

国内の隠れ感染者数(推定値)11.4万人

(比較用)日 本:罹患率0.334%=感染420,408人、死亡率0.0057%=死亡7,196人/人口約1億2557万人(2021年1月)←[死亡激増中・ピーク]
(比較用)中 国:罹患率0.006%=感染89,806人、死亡率0.0003%=死亡4,636人/人口約14億人←※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/china/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(2月16日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
1月31日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html

2020年04月04日〜2021年02月01日:対象478,218人、陽性2,082人/罹患率0.435%
2020年04月04日〜2021年02月02日:対象480,642人、陽性2,091人/罹患率0.435%
2020年04月04日〜2021年02月03日:対象481,678人、陽性2,093人/罹患率0.434%
2020年04月04日〜2021年02月04日:対象483,087人、陽性2,095人/罹患率0.433%
2020年04月04日〜2021年02月05日:対象484,221人、陽性2,098人/罹患率0.433%
2020年04月04日〜2021年02月06日:対象485,436人、陽性2,099人/罹患率0.432%
2020年04月04日〜2021年02月07日:対象487,177人、陽性2,101人/罹患率0.431%
2020年04月04日〜2021年02月08日:対象488,536人、陽性2,103人/罹患率0.430%
2020年04月04日〜2021年02月09日:対象490,391人、陽性2,104人/罹患率0.429%
2020年04月04日〜2021年02月10日:対象491,217人、陽性2,105人/罹患率0.428%
2020年04月04日〜2021年02月11日:対象492,547人、陽性2,107人/罹患率0.427%
2020年04月04日〜2021年02月12日:対象493,789人、陽性2,109人/罹患率0.427%
2020年04月04日〜2021年02月13日:対象495,165人、陽性2,113人/罹患率0.426%
2020年04月04日〜2021年02月14日:対象496,647人、陽性2,119人/罹患率0.426%
2020年04月04日〜2021年02月15日:対象497,862人、陽性2,121人/罹患率0.426%
2020年04月04日〜2021年02月16日:対象499,536人、陽性2,122人/罹患率0.424%
2020年04月04日〜2021年02月17日:対象500,342人、陽性2,123人/罹患率0.424%

2020年04月04日〜2021年02月18日:対象501,624人、陽性2,127人/罹患率0.424%

2021年2月18日時点での罹患率をそのまま日本の人口(1月の推計人口1億2557万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約53.2万人になります。
国内のPCR検査陽性者は2021年2月18日0時現在で418,203人ですから、隠れ感染者はあと約11.4万人もいると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は1,282人と千人台でした。 
感染者は4人増加。罹患率は横ばいでした。
※2021年1月9日到着分(2021年1月11日発表分)から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年2月18日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16826.html



2月18日は、詳細発表がありませんでした。
詳細発表が無かったのは、1月31日以来、半月ぶりです。入国者が減って母数が減ったから陽性者も減っただけではありますが、このまま空港検疫での陽性者が少人数で推移してほしいものです。
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする