2021年03月27日

空港検疫3/27_2桁陽性悪化の一途

◇空港検疫 急増傾向止まらず二桁陽性、パキスタンから6人、3日後陽性も3人と悪化の一途 3月27日発表分

厚生労働省(厚労省)は3月27日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施しています。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定で臨時的に実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


()
3月27日現在
罹 患 率 0.396%

無症状率 92.5%
(有症状者急増中!!)
国内の隠れ感染者数(推定値)3.6万人

(比較用)東京都:罹患率0.854%=感染119,231人、死亡率0.0121%=死亡1,690人/人口13,952,915人(2021年2月)
(比較用)インドネシア:罹患率0.738%=感染1,482,559人、死亡率0.0199%=死亡40,081人/人口約2.67億人(2019年)←※ロイター公式サイトが分かりやすいです。 https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/indonesia/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(3月25日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2月28日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:https://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:https://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html
2020年04月04日〜2021年02月28日:https://johokotu.seesaa.net/article/480368929.html

2020年04月04日〜2021年03月01日:対象519,013人、陽性2,162人/罹患率0.416%
2020年04月04日〜2021年03月02日:対象521,994人、陽性2,168人/罹患率0.415%※海港検疫含む
2020年04月04日〜2021年03月03日:対象523,353人、陽性2,169人/罹患率0.414%
2020年04月04日〜2021年03月04日:対象525,117人、陽性2,172人/罹患率0.413%
2020年04月04日〜2021年03月05日:対象526,828人、陽性2,174人/罹患率0.412%
2020年04月04日〜2021年03月06日:対象528,613人、陽性2,176人/罹患率0.411%
2020年04月04日〜2021年03月07日:対象530,893人、陽性2,183人/罹患率0.411%
2020年04月04日〜2021年03月08日:対象532,902人、陽性2,186人/罹患率0.410%
2020年04月04日〜2021年03月09日:対象535,517人、陽性2,187人/罹患率0.408%
2020年04月04日〜2021年03月10日:対象536,794人、陽性2,189人/罹患率0.407%
2020年04月04日〜2021年03月11日:対象538,268人、陽性2,193人/罹患率0.407%
2020年04月04日〜2021年03月12日:対象539,975人、陽性2,196人/罹患率0.406%
2020年04月04日〜2021年03月13日:対象541,859人、陽性2,201人/罹患率0.406%
2020年04月04日〜2021年03月14日:対象544,615人、陽性2,205人/罹患率0.404%
2020年04月04日〜2021年03月15日:対象547,300人、陽性2,210人/罹患率0.403%
2020年04月04日〜2021年03月16日:対象551,276人、陽性2,216人/罹患率0.401%
2020年04月04日〜2021年03月17日:対象553,560人、陽性2,218人/罹患率0.400%
2020年04月04日〜2021年03月18日:対象555,785人、陽性2,232人/罹患率0.401%
2020年04月04日〜2021年03月19日:対象557,976人、陽性2,239人/罹患率0.401%
2020年04月04日〜2021年03月20日:対象560,154人、陽性2,242人/罹患率0.400%
2020年04月04日〜2021年03月21日:対象562,951人、陽性2,248人/罹患率0.399%
2020年04月04日〜2021年03月22日:対象565,261人、陽性2,257人/罹患率0.399%
2020年04月04日〜2021年03月23日:対象568,009人、陽性2,262人/罹患率0.398%
2020年04月04日〜2021年03月24日:対象569,562人、陽性2,266人/罹患率0.397%
2020年04月04日〜2021年03月25日:対象571,176人、陽性2,272人/罹患率0.397%
2020年04月04日〜2021年03月26日:対象572,879人、陽性2,276人/罹患率0.397%

2020年04月04日〜2021年03月27日:対象574,611人、陽性2,281人/罹患率0.396%

2021年3月27日時点での罹患率をそのまま日本の人口(2月の推計人口1億2562万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約49.8万人になります。
国内のPCR検査陽性者は2021年3月27日0時現在で462,499人ですから、隠れ感染者はあと約3.6万人いると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は1,732人と、二千人を切りました。
感染者は5人増加。罹患率はジリジリ下がっています。
※2021年1月9日到着分(2021年1月11日発表分)から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年3月27日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17701.html


















空港検疫検査 到着日別詳細結果(3月26日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と2月28日までは、別にまとめています。

2020年04月03日〜10月02日:https://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月03日〜10月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月03日〜11月30日:https://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月03日〜12月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月03日〜2021年01月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html
2020年04月03日〜2021年02月28日:https://johokotu.seesaa.net/article/480368929.html

03月01日:症状 有0 無3=陽性3人 2218・2219・2220
03月02日:症状 有0 無3=陽性3人 2221・2222・2223
03月03日:症状 有0 無2=陽性2人 2224・2225
03月04日:症状 有0 無2=陽性2人 2226・2227
03月05日:症状 有2 無6=陽性8人 2228・2229・2230・2231・2232・2233・2234・2239
03月06日:症状 有2 無1=陽性3人 2235・2236・2237
03月07日:症状 有0 無2=陽性2人 2238・2245
03月08日:症状 有0 無0=陽性0人
03月09日:症状 有2 無3=陽性5人 2240・2241・2242・2243・2244
03月10日:症状 有0 無2=陽性2人 2246・2257
03月11日:症状 有0 無5=陽性1人 2247・2248・2249・2250・2251
03月12日:症状 有1 無5=陽性5人 2252・2253・2254・2255・2256・2268
03月13日:症状 有0 無6=陽性6人 2258・2259・2260・2272・2273・2274
03月14日:症状 有0 無8=陽性8人 2261・2262・2263・2264・2265・2266・2284・2285
03月15日:症状 有1 無3=陽性4人 2267・2269・2289・2290
03月16日:症状 有3 無8=陽性11人 2770・2771・2775・2776・2777・2778・2779・2780・2781・2782・2783
03月17日:症状 有0 無3=陽性3人 2286・2287・2297
03月18日:症状 有0 無3=陽性3人 2288・2291・2292
03月19日:症状 有0 無4 陽性6人 2293・2294・2295・2296・2314・2315
03月20日:症状 有1 無9=陽性10人 2298・2299・2300・2301・2302・2303・2304・2305・2318・2319
03月21日:症状 有1 無7=陽性8人 2306・2307・2308・2309・2310・2311・2312・2313
03月22日:症状 有2 無0=陽性2人 2316・2317

03月23日:症状 有0 無6(+2)=陽性6人 2320・2321・2322・2332・2342・2343
 [空港別] 成田4(+2)・羽田1・関空1
 [男女別] 男5(+2)・女1
 [年代別] 10代下0・20代0・30代1・40代2(+1)・50代3(+1)・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] バングラデシュ1・パキスタン4(+1)・ブラジル1(+1)
 [居住地] 神奈川3(+2)・兵庫1・非公表2
03月24日:症状 有2 無4(+1)=陽性6人 2323・2324・2325・2326・2327・2344
 [空港別] 成田4(+1)・羽田1・関空1
 [男女別] 男3・女3(+1)
 [年代別] 10代下0・20代2・30代1・40代1(+1)・50代1・60代0・70代1・80代上0
 [渡航元] インドネシア1・ネパール1・パキスタン1(+1)・カメルーン1・米国2
 [居住地] 栃木1・埼玉1・東京2(+1)・大阪1・兵庫1
03月25日:症状 有0 無4=陽性4人 2328・2329・2330・2331
 [空港別] 成田2・羽田1・福岡1
 [男女別] 男3・女1
 [年代別] 10代下0・20代2・30代0・40代2・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] フィリピン2・ポーランド1・米国1
 [居住地] 東京1・静岡1・福岡1・非公表1
03月26日:症状 有1 無8=陽性9人 2333・2334・2335・2336・2337・2338・2339・2340・2341
 [空港別] 成田4・羽田2・中部1・関空2
 [男女別] 男8・女1
 [年代別] 10代下2・20代3・30代1・40代2・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] インドネシア1・バングラデシュ1・パキスタン5・米国2
 [居住地] 茨城1・栃木1・埼玉1・千葉1・東京1・新潟1・静岡1・広島2


合計12人の陽性確認が発表されました。
有症状者が1人出ています。
3日後陽性者が3人出ています。
2020年4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は2021年3月26日までの358日間で2,265人になりました。
2,265人のうち有症状は1人増えて168人です。無症状は2,097人で、無症状率は92.5%です。ここのところ有症状者が急増しており、無症状率がジリジリ悪化しています。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
26日関空着パキスタンから入国の広島県在住者2人(10代男・20代女)が連番確認されており、団体感染が疑われます。
また、26日成田着パキスタンから入国の新潟県在住者(男)が10歳未満で、同行家族がいる団体感染が疑われます。

有症状者は1人です。
26日中部着米国から入国の静岡県在住50代男が発熱症状です。
26日中部着ではアシアナ航空のソウル仁川便しか到着しておらず、乗り継ぎ利用が確実です。乗り継ぎ利用で半日程度の飛行とみられ、機内発症と推定されます。ソウルからの飛行時間は2時間弱なのでその間に発症したとは考えづらく、ソウル時点で発症していたとしても乗継便ならノーチェックで飛行機には乗れるということでしょうか。


3日後陽性者は3人です。
ブラジルから1人、パキスタンから2人です。ブラジルは5日から、パキスタンは20日から3日間強制隔離が追加された国々です。これで5日〜24日着までの20日間で20人目となりました。
従来の検疫方法ではすり抜けが多すぎるということがはっきりと証明されてしまっています。


新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17635.html


STAY HOME NOW, FLY LATER

ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

1月入国3万人減8万人

◇1月入国者は約3万人減って8万人強、技能実習生減少が入国減へのカギ

法務省は25日、出入国管理統計の2021年1月分の月報を発表しました。1月の日本への入国者数は84,540人で、外国人は59,308人が入国していたことが判明しました。

総合
2021年1月の入国者数は日本人25,232人、外国人59,308人(米軍の協定該当者含む)、合計84,540人でした。12月(130,233人)に比べて約4万6千人弱も激減しています。
前年比は98.0%減で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響がそのまま出た結果になりました。12月と比べてもかなり利用者が減っています。

前月と比べると、日本人は3万2千人も減少(前月比-56.2%)、外国人は1万3千人減少(前月比-18.3%)しています。12月は年末年始帰国需要なのか日本人の入国が異常に急増していたということがはっきりしました。
12月〜年末年始にかけての日本国内の感染者急増を入国者のせいだという意見が多いですが、そうだとすると、その原因の多くは日本人自身(在留邦人)だったということになります。日本国内では帰省すら憚られていた状況でしたから、そういう動きからすると、海外との不要不急の行き来は控えたいところでした。

空港別
最も入国者が多かった空港は成田国際で46,886人(前月比-24,205人)と2万人以上の激減です。全入国者に占める割合は55%(前月比±0P)と比率は変わりませんでした。
東京国際(羽田)は17,712人(前月比-14,149人、全入国者の21%(前月比-3P))と同じく激減です。空港別の比率は下がっており、やはり日本人の帰国が増えると羽田が増える傾向にあるのは正しいようです。
関西国際(関空)は14,666人(前月比-6,736人、同17%(前月比+1P))。相変わらず外国籍者は前月に引き続き羽田より多くなりました。便数は羽田の方が断然多いので、利用率は関空の方が全然良さそうですね。
中部国際は2,583人(同3.1%)、福岡は2,443人(同2.9%)と中部が再び福岡を超えました。
入国者が全員米軍関係者と思われる三沢を除くと、定期便が細々続いている5空港と新千歳のみで入国者がありました。新千歳は定期便は飛んでいないのでチャーター便による入国とみられます。
アジアとのつながりの強い関空が外国籍者入国に特徴を出した一方、昨年夏と同様に日本人が減ると羽田が減る傾向も変わらない印象です。12月〜年末年始にかけての日本国内の感染者急増を入国者のせいだという意見が多いですが、そうだとすると、東京の感染が突出している理由も何となく入国変動と関係がありそうです(羽田から入国する日本人が感染原因になりやすい???)。

外国籍者の在留資格別
在留資格別でみると、55,718人のうち、再入国は18,535人でした。
永住者が4,955人、日本人・永住者の配偶者は2,223人、定住者1,767人、特別永住者258人など、元からの日本在住者の割合はほぼ横ばいです。一方、留学6,368人、短期滞在1,763人、家族滞在3,233人でいずれも減少気味です。
全体はかなり減っているのに、技能実習(1号イ〜3号ロ合計)は23,541人(前月比+3,798人)とまだ増加が止まりません。技術・人文知識・国際業務は微増の5,431人でした。

外国籍者の国籍別
その国から来たかどうかは分かりませんが、国籍別でみてみます。
1月は順位が大きく入れ替わっており、ベトナムがトップになりました
ベトナム、中国、韓国、フィリピン、米国のそれぞれの国籍者の入国が上位5位を占めています。欧州国籍者の入国者数も15位以内入るようになりました。引き続き、だいたい在日外国人の多い国が上位を占めています。
1月9日から入国者全員の検査が始まり、新規入国が再び禁止されましたので、全体的に減少傾向ですが、なぜかベトナムだけは異様なほど急増していました(原因等の詳細は後述)。

外国籍者の国籍別詳細
ベトナム:入国規制が強まる中、なぜか急増した国家です。再入国者は前月からもさらに減ってわずか214人1.1%で、ほとんど新規入国者です。永住者29人、配偶者等39人、定住者18人しかいないのに家族滞在は188人。だいぶ減りましたが、永住者+配偶者等+定住者よりも多いです。また、技能実習は17,263人と急増を続けており、留学は950人まで半減以下となりました。技術・人文知識・国際業務は前月からやや減って647人でした。技能実習生の異常な駆け込み入国があったとみられます。

中国:前月同様に再入国者は3,135人で26%。平均的な割合です。留学3,582人、技能実習3,814人、永住者1,330人でした。全体的に減少しており、それぞれの目的別も減少傾向です

韓国:先月同様に再入国者は2,483人68%と増加。元々日本と行き来していた人が多めです。永住者589人、特別永住者244人。短期滞在431人、技術・人文知識・国際業務が737人、留学494人と、短期滞在が多い傾向は変わりません。比較的短期の行き来と捉えれば良いのでしょうか?

米国:再入国者は1,136人69%と高いですが、永住者186人、配偶者等209人、定住者26人とやや少なめで、家族滞在が200人を占めています。短期滞在158人、技術・人文知識・国際業務が272人、留学168人です。

インドネシア:急減した国なので、11番目ですが取り上げます。再入国者は330人31%と平均的な割合です。永住者48人、配偶者等46人、定住者28人しかおらず、家族滞在も28人と少なめです。技能実習がやはり多く584人と半数以上を占めています。前月は技能実習だけで1,943人いましたから、激減の原因は技能実習生の激減です。

=========================

ビジネス入国のユルさへの批判が多いですが、増減を大きく左右するのは技能実習生です
そして、1月は日本人の異常な急減が目立ちました

空港検疫での国籍別の感染状況については、詳細を別途アップします。

<2021年1月入国者数>
入国者計 84,540人(前年 4,326,835人/△98.0%)
日 本 人 25,232人(前年 1,608,306人/△98.4%)
外 国 人 55,718人(前年 2,698,824人/△97.9%)
協定該当者 3,590人(前年 19,705人/△81.8%)
   
<2021年1月空港別入国者数> 日本人・外国人・協定該当者の3分類
新 千 歳 2人(外国人 2人、協定該当者 0人)
三  沢 204人(外国人 0人、協定該当者 203人)
成田国際46,886人(外国人33,824人、協定該当者1,640人)
東京国際17,712人(外国人 6,569人、協定該当者1,612人)
中部国際 2,583人(外国人 2,275人、協定該当者 0人)
関西国際14,666人(外国人10,919人、協定該当者 124人)
福  岡 2,443人(外国人 2,129人、協定該当者 11人)

<2021年1月国籍別入国者数 上位15位>
◆:1月前半に入国時の検査が対象外だった国(14日間自主隔離は必須、1月9日から全入国者が検査の対象)
◇:ビジネストラック対象国(ビジネストラックは1月は全日程通して運用停止)
矢印は、12月と比較したときの人数増減状況
ベトナム◆◇20,118↑激増(前月比+4,245)
中  国◆◇12,076↓激減(前月比-9,340)
韓  国◆◇ 3,638↓急減(前月比-982)
フィリピン 3,032↓
米  国 1,633↓
ネパール 1,467↓急減(前月比-1,122)
ブラジル 1,273↑
イ ン ド 1,072↓
ミャンマー 1,070↑
パキスタン 1,058↑
インドネシア 1,044↓激減(前月比-2,420)
タ  イ◆ 908↓
台  湾◆ 822↓
フランス 648↑
ド イ ツ 405↑

出入国管理統計統計表(法務省公式サイト)
http://www.moj.go.jp/housei/toukei/toukei_ichiran_nyukan.html

2020年12月分の配信内容 https://johokotu.seesaa.net/article/480370936.html
2020年11月分の配信内容 https://johokotu.seesaa.net/article/479721270.html
2020年10月分の配信内容 https://johokotu.seesaa.net/article/479239992.html
2020年09月分の配信内容 https://johokotu.seesaa.net/article/478700697.html
2020年08月分の配信内容 https://johokotu.seesaa.net/article/478127066.html
2020年07月分の配信内容 https://johokotu.seesaa.net/article/477602353.html
2020年06月分の配信内容 https://johokotu.seesaa.net/article/477054206.html
2020年05月分の配信内容 https://johokotu.seesaa.net/article/476533684.html


STAY HOME NOW, FLY LATER

posted by johokotu at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

羽田_1月半減1.8万人入国

■東京国際空港(羽田空港) 1月運用状況を発表、半減して1.8万人弱が入国

東京国際空港(羽田空港)の国際線旅客施設を運営している東京国際空港ターミナルは26日、1月の利用実績を発表しました。

発着回数は2,177回(前年同月比28.5%)、旅客数は国際線50,928人(同3.4%/うち通過客6,172人)でした。他空港同様に、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて壊滅的な状況でした。
発着回数は12月よりも減少。利用者数は1万人近く減少して前年比3.4%まで後退しています。

入国者は12月より44%減の17,712人。昨年10月レベルまで戻りました。出国者は27,044人で増加を続けており、入国者数を上回りました。1月は新規入国拒否や入国者全員検査が始まった理由もありますが、12月に日本人が異常に帰国していた反動も出たものとみられます。
通過客は順調に上昇を続けており、遅々とはしているものの、世界的な航空利用は改善傾向と言えるかもしれません。

1月中、国際線旅客定期便は、成田国際(成田)、関西国際(関空)、中部国際(セントレア)と、羽田、福岡の5空港のみで確認されています。
成田と関空、中部は1か月前に既に速報値が出ており、単純に羽田分も合わせた4空港出入国者数(通過客除く)は171,771人と2割ほど減少しています。空港分担率は、成田が58%(前月比-1P)、羽田が26%(同+1P)、関空が14%(同±0P)、中部が2%(同±0P)でした。
出入国者数の半数が入国だとすると8万6千人ほどの入国があったとみられます。今月は、日本人の年末年始一時帰国急増を反映してか、出国者が多いです。今回発表された羽田の出入国比率をみると入国者は旅客数全体のわずか35%ですので、それを元にすると、全国の入国者は5万9千人ほどと計算できます。
1月の空港検疫での検査件数は明確になっており、羽田、福岡もあわせて7万5千件強です。5万9千人と比べると、かなり差が出ている状態で、他の4空港は入国者がそれなりに多く、羽田は入国者数の比率が少ないと思われる結果になっています。

羽田空港 国際線 旅客ターミナル利用実績(2020年度)(東京国際空港ターミナル公式サイト)
http://www.tiat.co.jp/result/docs/69ca3bc3ef38e57bd48136aa8dbbd8ae5954f8c8.pdf
民営3国際空港 1月運用状況を発表、出入国12万7千人(2月26日配信記事)
https://johokotu.seesaa.net/article/480223632.html


STAY HOME NOW, FLY LATER

posted by johokotu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

3国際空港_2月6.8万人出入国

■民営3国際空港 2月運用状況を発表、出入国6万8千人

成田国際空港(成田)、中部国際空港(中部/セントレア)と、関西国際空港(関空)を運営する関西エアポートの民営3国際空港は26日までに、2月の運用状況(速報値)を発表しました。国際線旅客便の出入国者は前月より5万9千人も減って68,039人となりました。

いずれの空港も、旅客便の発着回数・旅客数が昨年に比べて大幅に減っている状況に変化はありません。
さらに、12月や1月と比べても大幅に発着回数・旅客数が減っています

旅客便だけで確認すると、
成田は、発着回数は国際線3,106回(前年同月比24%)、国内線 630回(同14%)、旅客数は国際線80,566人(同4%/うち通過客25,576人)、国内線71,368人(同12%)でした。
中部は、発着回数は国際線 84回(前年同月比 4%)、国内線1,874回(同38%)、旅客数は国際線 1,900人(同1%/うち通過客 0人)、国内線100,085人(同20%)でした。
関空は、発着回数は国際線 435回(前年同月比 6%)、国内線1,180回(同32%)、旅客数は国際線 11,161人(同1%/うち通過客 12人)、国内線87,985人(同17%)でした。

国際線は、全空港とも1月よりも旅客数が激減しています。3空港合計の国際線出入国者数は68,039人と激減し、1月(127,015人)から5万9千人弱も減っており、昨年6月7月レベルまで激減しています。
国際線は、発着回数も激減。昨年9月10月レベルまで逆戻りしています。どこも壊滅的な状況が続いています。

国内線は、利用者数が昨年比2割以下に減少しています。発着回数も絞ってはいるものの、成田が特に絞られたぐらいで、中部は昨年比4割と減便が間に合っていない印象です。

緊急事態宣言の延長がかなり効いていることが分かります。

1月中国際線旅客便は、成田、中部、関空と、東京国際(羽田)、福岡のみで確認されています。
成田は通過客が2.6万人弱おり、3空港合わせた出入国者数は68,039人でした。出入国者数の半数が入国だとすると、3万4千人ほどの入国があったとみられます。検査を受けた人数は明確になっており、羽田、福岡もあわせて2月は41,352人でした。全員が検査対象になっていますので、出国者の方が多いとみられる結果となっています。

※2月に国際線旅客便が運航された空港のうち、羽田は2か月遅れでの発表、福岡は発表をしていないため、今月末時点でわかる数値は上記のもののみとなっています。空港検疫の結果と細かく比較するにはもう1か月の時間が必要そうです。

各空港の運用状況全て旅客便の数値、( )内は前年比、7月以降は速報値
成田国際:
2020年
04月:国際線 発着2,238回(15%)・旅客 69,849人(2%)、国内線 発着1,310回(31%)・旅客 71,172人(12%)
05月:国際線 発着2,336回(15%)・旅客 53,535人( 2%)、国内線 発着 558回(12%)・旅客 36,105人( 6%)
06月:国際線 発着2,304回(15%)・旅客 76,888人( 3%)、国内線 発着 680回(16%)・旅客 65,371人(11%)
07月:国際線 発着2,438回(15%)・旅客 98,619人( 3%)、国内線 発着1,982回(41%)・旅客193,048人(28%)
08月:国際線 発着2,443回(15%)・旅客112,959人( 3%)、国内線 発着3,236回(62%)・旅客267,325人(34%)
09月:国際線 発着2,449回(16%)・旅客103,300人( 3%)、国内線 発着1,816回(40%)・旅客210,303人(32%)
10月:国際線 発着3,111回(21%)・旅客118,739人( 4%)、国内線 発着1,905回(46%)・旅客231,904人(39%)
11月:国際線 発着3,571回(24%)・旅客145,683人( 5%)、国内線 発着2,300回(46%)・旅客255,319人(43%)
12月:国際線 発着3,872回(25%)・旅客166,399人( 5%)、国内線 発着2,194回(48%)・旅客219,222人(35%)
2021年
01月:国際線 発着3,634回(23%)・旅客133,507人( 4%)、国内線 発着1,534回(33%)・旅客137,779人(22%)
02月:国際線 発着3,106回(24%)・旅客 80,566人( 4%)、国内線 発着 630回(14%)・旅客 71,368人(12%)

中部国際:
2020年
04月:国際線 発着 0回( 0%)・旅客 39人( 0%)、国内線 発着2,486回(48%)・旅客 64,440人(13%)
05月:国際線 発着 0回( 0%)・旅客 5人( 0%)、国内線 発着1,253回(23%)・旅客 31,841人( 6%)
06月:国際線 発着 7回( 0%)・旅客 601人( 0%)、国内線 発着1,665回(32%)・旅客 88,613人(16%)
07月:国際線 発着 16回( 0%)・旅客 1,000人( 0%)、国内線 発着2,774回(51%)・旅客168,926人(29%)
08月:国際線 発着 19回( 0%)・旅客 800人( 0%)、国内線 発着4,296回(77%)・旅客180,569人(27%)
09月:国際線 発着 29回( 1%)・旅客 900人( 0%)、国内線 発着2,603回(49%)・旅客186,517人(31%)
10月:国際線 発着 45回( 1%)・旅客 1,700人( 0%)、国内線 発着3,082回(58%)・旅客268,560人(45%)
11月:国際線 発着 50回( 1%)・旅客 2,000人( 0%)、国内線 発着3,606回(70%)・旅客311,693人(55%)
12月:国際線 発着 107回( 3%)・旅客 4,000人( 1%)、国内線 発着3,921回(75%)・旅客241,064人(47%)
2021年
01月:国際線 発着 96回( 2%)・旅客 3,400人( 1%)、国内線 発着3,178回(60%)・旅客127,397人(25%)
02月:国際線 発着 84回( 4%)・旅客 1,900人( 1%)、国内線 発着1,874回(38%)・旅客100,085人(20%)

関西国際:
2020年
04月:国際線 発着 315回( 3%)・旅客 6,809人(0.3%)、国内線 発着1,710回(44%)・旅客 66,258人(12%)
05月:国際線 発着 401回( 3%)・旅客 4,953人(0.2%)、国内線 発着 800回(20%)・旅客 31,516人( 5%)
06月:国際線 発着 279回( 2%)・旅客 7,294人(0.3%)、国内線 発着 957回(25%)・旅客 74,251人(13%)
07月:国際線 発着 327回( 3%)・旅客 9,718人(0.4%)、国内線 発着2,256回(54%)・旅客192,688人(31%)
08月:国際線 発着 360回( 3%)・旅客 13,926人(0.6%)、国内線 発着3,674回(88%)・旅客242,109人(37%)
09月:国際線 発着 404回( 4%)・旅客 13,410人(0.7%)、国内線 発着2,114回(55%)・旅客211,011人(35%)
10月:国際線 発着 376回( 3%)・旅客 16,262人(0.8%)、国内線 発着2,327回(63%)・旅客278,038人(49%)
11月:国際線 発着 449回( 4%)・旅客 23,441人( 1%)、国内線 発着2,512回(68%)・旅客294,224人(52%)
12月:国際線 発着 518回( 4%)・旅客 30,539人( 2%)、国内線 発着2,984回(78%)・旅客222,544人(40%)
2021年
01月:国際線 発着 523回( 4%)・旅客 23,714人( 1%)、国内線 発着2,081回(53%)・旅客118,593人(21%)
02月:国際線 発着 435回( 6%)・旅客 11,161人( 1%)、国内線 発着1,180回(32%)・旅客87,985人(17%)


空港運用状況(2021年)(成田国際空港公式サイト)
https://www.naa.jp/jp/airport/pdf/unyou/y_20210325.pdf
中部国際空港実績一覧[2020年度](中部国際空港公式サイト)
https://www.centrair.jp/assets/doc/corporate/media-center/result/2020results_JP.pdf
関西国際空港・大阪国際空港・神戸空港 2021 年2 月利用状況(関西エアポート公式サイト)
http://www.kansai-airports.co.jp/news/2020/2937/J_TrafficReport_February2021.pdf


STAY HOME NOW, FLY LATER


posted by johokotu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

緊急警報!また2桁人数陽性!!

緊急警報! 空港検疫で陽性急増中!本日発表分また二桁人数陽性確認!

国際線到着空港 感染リスク急拡大中!!
3日間強制隔離後の検査でも続々陽性判明中!!
年末年始以来のウイルス密輸緊急事態宣言状態!!!
国内感染拡大阻止の瀬戸際です!!!!


空港検疫での入国者に対する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の全員検査で、本日発表分で二桁人数の感染が確認されました。

27日に、陽性が確認されたとして発表があったのは全部で12人です。26日到着分が9人、従来の検疫方法だとすり抜けていた3日遅れの23日到着分が2人、24日到着分が1人です。
有症状者も1人出ています。
10歳未満も久々に1人出ています。家族での出入りが多くなると陽性者が増えますね。

空港検疫でのCOVID-19感染確認の発表分で一日二桁人数となるのは17日以来10日ぶりで、今月二度目です。

完全に入国者の感染が急増傾向に入ってきました
国際線の発着する空港への不要不急の来港や
入国者のお迎え、入国者との接触はしばらく自粛しませんか

空港検疫で陽性増加(第一波3月、第二波6月、第三波11月)→
国内での陽性増加(第一波4月、第二波7月、第三波12月)→
緊急事態宣言(第一波5月、第二波8月、第三波1月)の
悪しき流れをここらで止めませんか


詳細は27日23時にアップ予定の日々の記事で書きます。

新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17702.html


STAY HOME NOW, FLY LATER

ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

国内線_長期欠航路線3/27

■新型コロナウイルス感染症関連の長期欠航路線(国内線) 3月27日更新

新型コロナウイルス感染症パンデミックに伴う需要急減で国内線でも欠航が出てきています。
航空会社公式サイトで発表されている情報で確認できた内容をまとめています。
個人で調べているため、反映しきれていない部分がありますのでご了承ください。


・状況により再開していることがあります。
・状況は毎日変化しています。欠航は、事前に予定されていた数より急に増加することもあります。
 あくまでも参考程度でご覧いただき、正確な情報は公式サイト等で各自ご確認ください。

・2020年10月24日夏ダイヤまでの長期欠航路線の一覧は別にまとめました。
 http://johokotu.seesaa.net/article/478102971.html
・2020年12月31日までの長期欠航路線の一覧は別にまとめました。
 http://johokotu.seesaa.net/article/478117856.html

■2020年度冬ダイヤ 全便欠航中の路線
ANA
冬ダイヤ
01/01-03/27
×ANA 新千歳 -成田国際( 2→ 0)
×ANA 新千歳 -富山  ( 1→ 0)
×ANA 新千歳 -岡山  ( 1→ 0)・
×ANA 新千歳 -広島  ( 1→ 0)※新千歳発1/31・広島発2/8・3/26運航
×ANA 仙台  -成田国際( 2→ 0)
×ANA 成田国際-新潟  ( 1→ 0)
×ANA 成田国際-中部国際( 3→ 0)
×ANA 成田国際-大阪国際( 2→ 0)・・
×ANA 成田国際-那覇  ( 1→ 0)
×ANA 新潟  -那覇  ( 1→ 0)
×ANA 関西国際-福岡  ( 1→ 0)・
×ANA 岩国  -那覇  ( 1→ 0)※岩国発3/15運航
×ANA 長崎  -那覇  ( 1→ 0)・
×ANA 熊本  -那覇  ( 1→ 0)
01/06-03/27
×ANA 稚内  -東京国際( 1→ 0)
×ANA 中標津 -東京国際( 1→ 0)※2/23運航
×ANA 釧路  -東京国際( 1→ 0)※1/18運航
×ANA 新千歳 -小松  ( 1→ 0)
×ANA 新千歳 -静岡  ( 1→ 0)・
×ANA 新千歳 -神戸  ( 1→ 0)※1/15・1/29運航
×ANA 新千歳 -那覇  ( 1→ 0)※3/8・3/11・3/12・新千歳発1/26・1/28・3/7・3/9・3/13・3/26・那覇発1/25・1/27・3/6・3/10運航
×ANA 静岡  -那覇  ( 1→ 0)・
01/19-03/27
×ANA 新千歳 -福島  ( 1→ 0)
×ANA 仙台  -那覇  ( 1→ 0)※仙台発3/2・那覇発3/1運航
×ANA 福島  -大阪国際( 2→ 0)※3/24・3/27運航
夏ダイヤ
03/28-03/31
×ANA 新千歳 -福島  ( 1→ 0)
×ANA 仙台  -那覇  ( 1→ 0)
×ANA 福島  -大阪国際( 2→ 0)
03/28-04/28
×ANA 稚内  -東京国際( 1→ 0)
×ANA 中標津 -東京国際( 1→ 0)
×ANA 釧路  -東京国際( 1→ 0)
×ANA 新千歳 -成田国際( 2→ 0)
×ANA 新千歳 -富山  ( 1→ 0)
×ANA 新千歳 -小松  ( 1→ 0)
×ANA 新千歳 -神戸  ( 1→ 0)
×ANA 新千歳 -広島  ( 1→ 0)※新千歳発3/30運航
×ANA 新千歳 -那覇  ( 1→ 0)※新千歳発4/21・4/25・那覇発4/20・4/24運航
×ANA 仙台  -成田国際( 2→ 0)
×ANA 成田国際-新潟  ( 1→ 0)
×ANA 成田国際-中部国際( 3→ 0)
×ANA 成田国際-那覇  ( 1→ 0)
×ANA 新潟  -那覇  ( 1→ 0)
×ANA 岩国  -那覇  ( 1→ 0)※岩国発3/28・4/13・那覇発3/30・4/16運航
×ANA 熊本  -那覇  ( 1→ 0)※熊本発4/20・4/23・那覇発4/19・4/22運航
04/01-04/28
×ANA 高松  -那覇  ( 1→ 0)

JAL/JTA/RAC
冬ダイヤ
01/01-03/27
×JAL 新千歳 -成田国際( 1→ 0)
×JAL 函館  -大阪国際( 1→ 0)※1/4・1/5・3/10・3/13運航
×JAL 成田国際-福岡  ( 1→ 0)
01/06-03/27
×JAL 新千歳 -秋田  ( 1→ 0)※1/26・1/28運航
×JAL 新千歳 -広島  ( 1→ 0)※2/13・2/23・2/26・3/8・3/9・3/11・3/15・3/19・3/25運航
02/01-03/27
×JAL 三沢  -大阪国際( 1→ 0)
02/02-03/25
×JAL 松山  -鹿児島 ( 1→ 0)※2/23・3/15・3/19・3/21・3/24運航・4/1欠航
03/01-03/27
×JAL 大阪国際-隠岐  ( 1→ 0)
夏ダイヤ
03/28-03/31
×JAL 新千歳 -秋田  ( 1→ 0)
×JAL 新千歳 -広島  ( 1→ 0)
×JAL 函館  -大阪国際( 1→ 0)
×JAL 三沢  -大阪国際( 1→ 0)
×JAL 大阪国際-隠岐  ( 1→ 0)
03/28-05/05
×JAL 新千歳 -成田国際( 1→ 0)
×JAL 成田国際-福岡  ( 1→ 0)

FDA 03/28〜全路線再開予定
冬ダイヤ
01/01-03/27
×FDA 静岡  -北九州 ( 1→ 0)・
×FDA 神戸  -出雲  ( 1→ 0)・

全路線 運航継続
ADO、ORC、SJO、NCA、NJA、TAL
全路線 運航再開済み
AMX、SFJ、IBX、SNA(03/01〜)、SKY(03/05〜)、APJ(03/13〜)、JJP(3/20〜)

■一部曜日に全便欠航中の路線
ANA
冬ダイヤ
01/19-01/29・02/08-03/27
△ANA 東京国際-能登  ( 2→週3)※月水金運航
01/19-03/27
△ANA 紋別  -東京国際( 1→週4-週5)※2/15迄日月水金・2/16-2/28日月水金土・3/1-日月水金運航
△ANA 東京国際-石見  ( 2→週3)※月水金運航
01/20-03/27
△ANA 大館能代-東京国際( 2→週3)※火木土運航
03/12-03/27
△ANA 福岡  -新石垣 ( 1→週3)※日金土運航
03/12-03/27
△ANA 中部国際-松山  ( 1→週3)※日金土運航
△ANA 中部国際-福岡  ( 2→週3)※中部国際発日金土・4/28・福岡発日月土運航
夏ダイヤ
03/28-03/31
△ANA 大館能代-東京国際( 2→週3)※火木土運航
△ANA 東京国際-能登  ( 2→週3)※月水金運航
△ANA 東京国際-石見  ( 2→週3)※月水金運航
03/28-04/27
△ANA 紋別  -東京国際( 1→週4-週5)※日月水金運航
△ANA 中部国際-松山  ( 1→週3)※日金土運航
03/28-04/28
△ANA 中部国際-福岡  ( 2→週3)※中部国際発日金土・4/28・福岡発日月土運航

JAL/JTA/RAC
冬ダイヤ
01/01-03/27
△JAL 成田国際-中部国際( 2→週1)※成田国際発土・中部国際発日運航
01/06-03/27
△RAC 奄美  -那覇  ( 1→週3)※3/6迄日月土・3/7-日月金・1/29・2/12運航
02/05-03/27
△JAL 成田国際-大阪国際( 2→週1)※成田国際発金・大阪国際発土運航
03/13-03/27
△JAL 山形  -東京国際( 2→週1)※日・3/13・3/19・3/20運航
03/17-03/27
△JAL 花巻  -福岡  ( 1→週1-週4)※金・3/17・3/23運航
夏ダイヤ
03/28-03/30
△JAL 山形  -東京国際( 2→週1)※日運航
03/28-05/04
△RAC 奄美  -那覇  ( 1→週3)※日月金・4/29・5/1運航
03/28-05/05
△JAL 成田国際-中部国際( 2→週1)※成田国際発土・中部国際発日運航
△JAL 成田国際-大阪国際( 2→週1)※成田国際発金・大阪国際発土運航
03/28-04/28
△JAL 花巻  -福岡  ( 1→週1-週4)※3/31迄金・4/1-日火木土運航
04/01-04/28
△JAL 新千歳 -秋田  ( 2→週4)※日火木土運航
△JAL 大阪国際-隠岐  ( 1→週4)※日火木土運航
04/06-05/03
△JAL 松山  -鹿児島 ( 1→週3)※日水金・4/29・5/1運航

APJ
冬ダイヤ
02/16-03/26
△APJ 女満別 -成田国際( 1→週2-週3)※日金・3/12-日木土・2/20・2/22運航
02/23-03/26
△APJ 成田国際-大分  ( 1→週4)※日金・3/12-日木土運航
03/12-03/24
△APJ 釧路  -成田国際( 1→週4)※日木金土運航
△APJ 成田国際-長崎  ( 1→週4)※日木金土運航
△APJ 関西国際-長崎  ( 1→週4)※日木金土運航
03/12-03/25
△APJ 成田国際-奄美  ( 1→週4)※日月金土運航
03/13-03/26
△APJ 新潟  -関西国際( 1→週3)※日木土運航
△APJ 成田国際-宮崎  ( 1→週3)※日木土運航
△APJ 関西国際-宮崎  ( 2→週3)※日木土運航
夏ダイヤ
03/30-04/27
△APJ 釧路  -成田国際( 1→週4)※日月金土運航
△APJ 女満別 -成田国際( 1→週4)※日月金土運航
△APJ 成田国際-大分  ( 1→週4)※日月金土運航
△APJ 成田国際-長崎  ( 1→週4)※日月金土運航
△APJ 成田国際-宮崎  ( 1→週4)※日月金土運航
△APJ 成田国際-鹿児島 ( 1→週4)※日月金土運航
△APJ 新潟  -関西国際( 1→週4)※日月金土運航
04/06-04/27
△APJ 新千歳 -那覇  ( 1→週4)※日月金土運航
△APJ 仙台  -中部国際( 1→週4)※日月金土運航
△APJ 仙台  -那覇  ( 1→週4)※日月金土運航
△APJ 関西国際-長崎  ( 1→週4)※日月金土運航
△APJ 関西国際-宮崎  ( 1→週4)※日月金土運航
04/07-04/21
△APJ 成田国際-奄美  ( 1→週6)※日月火木金土運航

SJO
冬ダイヤ
01/01-03/27
△SJO 新千歳 -成田国際( 1→週2)・※日土・1/4・1/11運航
△SJO 成田国際-広島  ( 1→週2)・※日土・1/4・1/11運航
△SJO 成田国際-佐賀  (週3-1→週1-週2)・※1/31迄土日・2/1〜日・1/4・1/11・3/22・3/23・3/24・3/25運航

JJP
03/20-03/27
冬ダイヤ
△JJP 成田国際-高知  ( 1→週5)※日月水金土運航
△JJP 成田国際-長崎  ( 1→週6)※日月火木金土運航
△JJP 成田国際-宮崎  ( 1→週5)※日月水金土運航
△JJP 成田国際-鹿児島 ( 1→週5)※日月水金土運航
夏ダイヤ
03/28-04/09
△JJP 成田国際-長崎  (週6→週4)※日月木土運航
03/28-04/10
△JJP 成田国際-鹿児島 (週6→週4)※日月木金運航
04/07・04/09のみ
△JJP 成田国際-下地島 (週6→週4)※日月木土運航

============================

■一時全便長期欠航していたものの、運航再開された路線
※運航便数は長期欠航前の便数です。再開便数が、欠航前の便数より少ない場合があります。また、運航再開し数日運航した後に運休となっている路線があります。
01/18-03/11長期欠航 ×APJ 釧路  -成田国際( 1→ 0)
03/01-03/18長期欠航 ×JAL 新千歳 -花巻  ( 3→ 0)
01/05-03/07長期欠航 ×FDA 新千歳 -山形  ( 1→ 0)
01/14-02/28長期欠航 ×SKY 新千歳 -百里  ( 2→ 0)
02/01-02/28長期欠航 ×JAL 新千歳 -新潟  ( 2→ 0)※2/11・2/23・2/26運航
01/26-03/07長期欠航 ×FDA 新千歳 -松本  ( 1→ 0)※2/23・2/26運航
01/19-02/07長期欠航 ×ANA 新千歳 -関西国際( 3→ 0)※1/28・新千歳発1/27運航
02/01-02/19長期欠航 ×JAL 新千歳 -関西国際( 3→ 0)※2/11・2/14運航
01/13-02/28長期欠航 ×SKY 新千歳 -福岡  ( 2→ 0)
01/19-03/11長期欠航 ×ANA 新千歳 -福岡  ( 1→ 0)※2/21・2/23・2/26運航
02/15-03/11長期欠航 ×APJ 新千歳 -福岡  ( 1→ 0)
02/19-03/11長期欠航 ×APJ 新千歳 -那覇  ( 1→ 0)※2/20・2/23運航
01/26-03/07長期欠航 ×FDA 青森  -神戸  ( 1→ 0)
02/01-03/17長期欠航 ×JAL 秋田  -東京国際( 4→ 0)※3/13・3/14運航
01/19-02/07長期欠航 ×ANA 秋田  -中部国際( 2→ 0)
01/07-03/16長期欠航 ×JAL 花巻  -福岡  ( 1→ 0)※1/9・1/11・2/25運航
02/01-03/12長期欠航 ×JAL 山形  -東京国際( 2→ 0)
02/20-03/11長期欠航 ×APJ 仙台  -中部国際( 1→ 0)
02/01-02/28長期欠航 ×SKY 仙台  -神戸  ( 2→ 0)
01/25-03/07長期欠航 ×FDA 仙台  -出雲  ( 1→ 0)
02/19-03/11長期欠航 ×APJ 仙台  -那覇  ( 1→ 0)※2/20・2/23運航
02/01-02/28長期欠航 ×SKY 百里  -神戸  ( 2→ 0)※百里発2/1運航
01/14-03/01長期欠航 ×SKY 百里  -福岡  ( 1→ 0)※福岡発3/1運航
01/14-02/28長期欠航 ×SKY 百里  -那覇  ( 1→ 0)
01/01-02/04長期欠航 ×JAL 成田国際-大阪国際( 2→ 0)
01/16-03/18長期欠航 ×JJP 成田国際-高松  (1-3→ 0)※1/17・1/19・3/12・3/13・3/14・3/15・3/17運航
01/21-03/18長期欠航 ×JJP 成田国際-松山  (1-3→ 0)※3/12・3/13・3/14・3/16運航
01/18-03/19長期欠航 ×JJP 成田国際-高知  ( 1→ 0)
01/20-03/17長期欠航 ×JJP 成田国際-大分  (1-2→ 0)※3/12・3/13・3/14運航
01/18-03/11長期欠航 ×APJ 成田国際-長崎  ( 1→ 0)
01/17-03/19長期欠航 ×JJP 成田国際-長崎  ( 1→ 0)
01/21-03/18長期欠航 ×JJP 成田国際-熊本  (1-2→ 0)※3/12・3/13・3/14・3/17運航
01/18-03/12長期欠航 ×APJ 成田国際-宮崎  ( 1→ 0)
01/17-03/19長期欠航 ×JJP 成田国際-宮崎  ( 1→ 0)
01/18-03/12長期欠航 ×APJ 成田国際-鹿児島 ( 1→ 0)
01/18-03/19長期欠航 ×JJP 成田国際-鹿児島 ( 1→ 0)
01/19-03/11長期欠航 ×APJ 成田国際-奄美  ( 1→ 0)
01/30-02/07長期欠航 ×ANA 東京国際-能登  ( 2→ 0)
01/19-03/12長期欠航 ×ANA 東京国際-神戸  ( 2→ 0)※東京国際発1/29・3/12・神戸発1/19運航
02/11-02/28長期欠航 ×JAL 東京国際-岡山  ( 5→ 0)
02/01-03/10長期欠航 ×JAL 東京国際-山口宇部( 4→ 0)※2/9・2/11・2/14・3/6・3/7・3/8運航
02/04-02/07・02/12-03/11長期欠航 ×ANA 東京国際-山口宇部( 3→ 0)※2/13・2/14・2/15・2/18・2/20運航
02/01-02/19長期欠航 ×JAL 東京国際-関西国際( 3→ 0)※2/11・2/14運航
02/01-02/07長期欠航 ×JTA 東京国際-宮古  ( 1→ 0)※東京国際発2/1・宮古発2/7運航
02/01-02/07長期欠航 ×JTA 東京国際-新石垣 ( 2→ 0)※東京国際発2/1・新石垣発2/7運航
01/22-03/04長期欠航 ×SKY 東京国際-下地島 ( 1→ 0)
01/14-02/28長期欠航 ×SKY 東京国際-長崎  ( 3→ 0)※神戸経由便
01/25-03/07長期欠航 ×FDA 新潟  -名古屋 ( 1→ 0)※2/26運航
01/19-03/11長期欠航 ×ANA 新潟  -中部国際( 1→ 0)
01/18-03/12長期欠航 ×APJ 新潟  -関西国際( 1→ 0)
01/25-03/07長期欠航 ×FDA 新潟  -福岡  ( 1→ 0)※3/5運航
01/25-02/28長期欠航 ×FDA 松本  -神戸  ( 1→ 0)
01/19-03/11長期欠航 ×ANA 小松  -福岡  ( 2→ 0)
01/27-02/17長期欠航 ×JTA 小松  -那覇  ( 1→ 0)※1/29・2/11・2/12・2/13・2/14・2/15運航
01/25-03/07長期欠航 ×FDA 静岡  -出雲  ( 1→ 0)※2/20・2/21・2/22・2/23・3/2・3/4運航
02/12-03/07長期欠航 ×FDA 静岡  -鹿児島 ( 1→ 0)※3/5運航
01/19-03/11長期欠航 ×ANA 中部国際-松山  ( 1→ 0)
02/26-03/11長期欠航 ×JJP 中部国際-福岡  (2-4→ 0)※福岡発3/9・3/11運航
01/19-03/11長期欠航 ×ANA 中部国際-福岡  ( 2→ 0)※中部国際発1/31・福岡発1/19運航
01/15-03/11長期欠航 ×ANA 中部国際-宮崎  ( 1→ 0)※2/24運航
02/01-02/28長期欠航 ×SKY 中部国際-鹿児島 ( 2→ 0)
01/19-03/11長期欠航 ×ANA 中部国際-鹿児島 (1〜2→ 0)※1/25・2/24運航
02/24-03/09長期欠航 ×JJP 中部国際-那覇  (1-2→ 0)
02/16-03/11長期欠航 ×APJ 中部国際-那覇  ( 1→ 0)
01/19-03/11長期欠航 ×ANA 中部国際-宮古  ( 1→ 0)※1/22運航
01/19-03/11長期欠航 ×ANA 中部国際-新石垣 ( 1→ 0)※1/20・1/23運航
02/01-02/28長期欠航 ×JAL 大阪国際-出雲  ( 4→ 0)
02/01-02/07・02/28-03/11長期欠航 ×JAL 大阪国際-松山  ( 3→ 0)※2/2運航
02/01-03/10長期欠航 ×JAL 大阪国際-大分  ( 3→ 0)※2/13・2/21・3/9運航
02/01-03/11長期欠航 ×JAL 大阪国際-長崎  ( 4→ 0)※2/20・3/5・3/7・3/9・3/10運航
02/01-03/11長期欠航 ×JAL 大阪国際-熊本  ( 3→ 0)※2/15運航
02/01-02/06長期欠航 ×JAL 大阪国際-宮崎  ( 5→ 0)
03/01-03/10長期欠航 ×JAL 大阪国際-宮崎  ( 5→ 0)※3/3運航
02/01-02/28長期欠航 ×JAL 大阪国際-奄美  ( 1→ 0)※2/11・2/14・2/19・2/20・2/21・2/23・2/25運航
01/18-03/11長期欠航 ×APJ 関西国際-長崎  ( 1→ 0)
01/18-03/12長期欠航 ×APJ 関西国際-宮崎  ( 2→ 0)
01/16-03/11長期欠航 ×APJ 関西国際-鹿児島 ( 3→ 0)※2/20・2/23運航
01/19-02/07長期欠航 ×ANA 関西国際-那覇  ( 4→ 0)※1/31運航
01/19-03/11長期欠航 ×ANA 関西国際-宮古  ( 1→ 0)※1/20運航
01/19-03/04長期欠航 ×ANA 関西国際-新石垣 ( 1→ 0)※1/23運航
01/26-03/07長期欠航 ×JTA 関西国際-新石垣 ( 1→ 0)※関西国際発1/26・2/1・新石垣発3/7運航
01/01-03/04長期欠航 ×FDA 神戸  -高知  ( 2→ 0)※1/2・1/3運航
02/01-02/28長期欠航 ×SKY 神戸  -長崎  ( 3→ 0)
02/01-02/28長期欠航 ×SKY 神戸  -鹿児島 ( 2→ 0)※2/19・2/20・2/21・2/22・2/23・神戸発2/1運航
01/22-02/28長期欠航 ×SKY 神戸  -下地島 ( 1→ 0)
02/01-02/17・03/01-03/18長期欠航 ×JTA 岡山  -那覇  ( 1→ 0)※岡山発2/1・3/1・那覇発2/17・3/18運航
02/01-03/18長期欠航 ×JAL 徳島  -福岡  ( 2→ 0)※3/13運航
01/19-03/25長期欠航 ×ANA 高松  -那覇  ( 1→ 0)
02/01-03/18長期欠航 ×JAL 高知  -福岡  ( 2→ 0)※2/24・3/11・3/13運航
01/19-02/07長期欠航 ×ANA 福岡  -福江  ( 1→ 0)
01/19-03/11長期欠航 ×ANA 福岡  -宮崎  ( 1→ 0)※2/26運航
02/01-03/11長期欠航 ×JAL 福岡  -屋久島 ( 1→ 0)※福岡発3/2・3/10運航
01/05-02/28長期欠航 ×SNA 福岡  -那覇  ( 1→ 0)1/9・1/10・1/11運航
01/19-03/11長期欠航 ×ANA 福岡  -新石垣 ( 1→ 0)
01/29-02/24・03/01-03/12長期欠航 ×JTA 那覇  -久米島 ( 1→ 0)※2/16・2/20・2/23・3/2・3/5運航

02/04・02/06のみ欠航 ×ANA 東京国際-宮崎  ( 5→ 0)
02/01・02/23のみ欠航 ×JAL 松山  -福岡  ( 4→ 0)


■一時一部曜日で長期欠航していたものの、毎日運航が再開/全日長期欠航に変更された路線
01/06-01/18一部曜日運航 △APJ 釧路  -成田国際( 1→週3)※日金土・1/11運航・1/1欠航
01/01-03/24一部曜日運航 △APJ 釧路  -関西国際( 2→週2-週4)※1/18迄日金土・1/19-日金・3/12-日木金土・1/4・1/5・1/11・2/20・運航・1/1欠航
02/01-03/14一部曜日運航 △JAL 札幌  -三沢  (週4→週1-週2)※2/28迄日土・3/5・3/13運航
01/12-01/21一部曜日運航 △FDA 新千歳 -松本  ( 1→週2)※月水・1/17運航
02/20-02/28一部曜日運航 △JAL 新千歳 -関西国際( 3→週4)※火水金土運航
01/06-02/14・03/12-03/25一部曜日運航 △APJ 新千歳 -福岡  ( 1→週2-週4)※日月金土・1/19-2/14日土・新千歳発1/6・1/19・1/22運航
02/02-02/16一部曜日運航 △FDA 青森  -名古屋 ( 3→週3)※日金土・2/11・2/15運航
01/26-01/31一部曜日運航 △JAL 秋田  -東京国際( 4→週3)※金土日運航
01/07-01/31一部曜日運航 △JAL 山形  -東京国際( 2→週2)※日土・1/8・1/11・1/15運航・1/10欠航
01/01-01/19一部曜日運航 △FDA 仙台  -出雲  ( 1→週2)※月水・1/2・1/3・1/7・1/8・1/9・1/17運航
01/07-01/17一部曜日運航 △JJP 成田国際-高知  ( 1→週2)※1/17迄日金運航、1/10欠航
01/12-01/20一部曜日運航 △JJP 成田国際-松山  (1-3→週3)※1/20迄日水金運航
01/13-01/19一部曜日運航 △JJP 成田国際-大分  (1-2→週3)※1/19迄日火金運航
01/06-01/18一部曜日運航 △APJ 成田国際-長崎  ( 1→週3)※日金土・1/11運航
01/07-01/16一部曜日運航 △JJP 成田国際-長崎  ( 1→週2-週3)※1/16迄木土・1/11運航、1/7欠航
01/14-01/20一部曜日運航 △JJP 成田国際-熊本  (1-2→週3)※1/20迄日水金運航
01/01-01/18一部曜日運航 △APJ 成田国際-宮崎  ( 1→週3)※日水土・01/04・01/11運航・01/02欠航
01/07-01/16一部曜日運航 △JJP 成田国際-宮崎  ( 1→週2)※1/16迄木土・1/11運航
01/07-01/17一部曜日運航 △JJP 成田国際-鹿児島 ( 1→週2)※1/17迄日金・1/11運航、1/10欠航
01/07-01/18一部曜日運航 △APJ 成田国際-鹿児島 ( 1→週3)※日水土・1/11運航
01/06-01/18一部曜日運航 △APJ 成田国際-奄美  ( 1→週4)※日月金土運航
02/02-02/27一部曜日運航 △JJP 成田国際-那覇  (1-3→週1-週2)※2/2-日水・2/15-日・2/9-2/14・2/18・2/20・2/22・2/23・2/24・2/26運航
02/20-02/28一部曜日/運航 △JAL 東京国際-関西国際( 3→週4)※火水金土運航
01/01-01/18一部曜日運航 △APJ 新潟  -関西国際( 1→週3)※日水土・1/4・1/11運航
03/01-03/18一部曜日運航 △JTA 小松  -那覇  ( 1→週1)※金・3/3・3/6・3/7・3/11運航
02/03-02/28一部曜日運航 △FDA 松本  -福岡  ( 2→週*)※2/4・2/6・2/11・2/14・2/15・2/19・2/20・2/21・2/22・2/23・2/26・2/27運航
01/12-02/11一部曜日運航 △FDA 静岡  -鹿児島 ( 1→週1-週6)※1/18迄水・1/19-日月火水木金・1/25-木・1/17・1/27・2/1・2/10運航
02/01-02/17一部曜日運航 △FDA 名古屋 -高知  ( 3→週3)※日木金・2/2・2/8・2/13・2/15運航
02/01-02/27一部曜日運航 △FDA 名古屋 -熊本  ( 3→週2)※日金・2/4・2/9・2/17・2/23・2/25運航・2/26欠航
01/21-02/25一部曜日運航 △JJP 中部国際-福岡  (2-4→週*)※1/31迄日月火水金土・2/1-土・2/2・2/4・2/5・2/8・2/11・2/14・2/15・2/16・2/17・2/19・2/22・2/23・中部国際発2/24・2/25運航
01/22-02/15一部曜日運航 △APJ 中部国際-那覇  ( 1→週4)※日月金土運航
01/22-02/20一部曜日運航 △JJP 中部国際-那覇  (1-2→週*)※1/31迄日月火水木土・2/1-日・2/1・2/3・2/9・2/10・2/12・2/13・2/18運航
01/22-03/11一部曜日運航 △APJ 中部国際-新石垣 ( 1→週4)※日月金土・2/16-日金・2/23運航
02/08-02/27一部曜日運航 △JAL 大阪国際-松山  ( 3→週3)※月火土・2/24運航・2/23欠航
02/08-02/25一部曜日運航 △JAL 大阪国際-宮崎  ( 5→週2)※日土・2/10・2/11・2/12・2/15・2/23・2/24運航
02/05-03/11一部曜日運航 △JAL 大阪国際-屋久島 ( 1→0.5)※屋久島発のみ運航・大阪国際発3/10運航
01/06-01/18一部曜日運航 △APJ 関西国際-長崎  ( 1→週3)※日金土・1/11運航
01/07-01/18一部曜日運航 △APJ 関西国際-宮崎  ( 2→週3)※日水土・1/11運航・1/2欠航
01/06-03/25一部曜日運航 △APJ 関西国際-奄美  ( 1→週2-週4)※1/18迄日月金土・1/22-日金・3/12-日月金土運航
03/05-03/11一部曜日運航 △ANA 関西国際-新石垣 ( 1→週4)※日月水金運航
02/01-03/11一部曜日運航 △JAL 出雲  -福岡  ( 2→0.5)※出雲発のみ運航
02/01-03/09一部曜日運航 △JAL 福岡  -鹿児島 ( 1→0.5)※福岡発のみ運航・鹿児島発3/2運航
01/19-01/28一部曜日運航 △JTA 那覇  -久米島 ( 1→週4)※日月金土・1/26・1/28運航


STAY HOME NOW, FLY LATER

posted by johokotu at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

聖火リレー複数空港通過へ

□東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレー 一年遅れでスタート、複数空港を通過へ

3月25日22時配信
3月27日12時追記

東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレーが一年遅れで始まりました。空港関連施設も通過することが決まっています。
生中継もされていますので、お家にいながら感染せずに観戦できます。


空港区域では、全国4空港で聖火リレーが行われます。
長崎県の上五島空港の5月7日が一番最初。14時37分にスタートします。この空港は定期便は飛んでいませんので、航空機との共演は難しそうです。
5月16日には、島根県の隠岐空港周辺で実施。16時10分出発で、ここは定期便があるものの、運航は終了しています。
静岡空港は空港区域内のみで行われますが、9時20分〜9時30分のわずか10分と超短時間(6月24日)。昨年開催予定よりも実施時刻が遅くなったため、すでに朝の便は出発した後。残念なことに富士山・FUJIの飛行機・聖火の共演は見られなさそうです。代わりに石雲院展望デッキを通過するタイミングでチャーター便を飛ばす人が現れるかは見ものですね。
最後は、開催都市東京都の八丈島空港。7月16日11時に駐車場がスタート地点になります。このコースのゴールは縁起の良い名前の富士中学校ですが、通過する領域は旧日本軍基地跡地です。11時19分までの19分間です。こちらも定期便は飛んでいない時間帯です。

空港ではありませんが、八丈町のあと、7月16日13時30分には、お隣青ヶ島村で、青ヶ島ヘリポートからリレーが行われます。こちらはヘリコプター定期便がありますが、やはり運航時間外です。

航空関係のリレー地では、岐阜かかみがはら航空宇宙博物館が一番最初で、4月4日11時に同地出発でリレーが行われます。
千葉では成田国際空港周辺で7月2日に実施。航空科学博物館を14時20分に出発し、三里塚さくらの丘に14時49分に到着するルートで、29分と比較的長い時間、滑走路脇を聖火が走ります。実際に動く航空機と聖火を一緒に見るならばここが唯一の狙い目かもしれません。
航空関係で最後に登場するのは、埼玉・所沢で、所沢市民体育館から所沢航空発祥記念館前芝生広場までルート上全てが日本初飛行場跡地。残念ながら宙に思いを馳せる七夕からは一日早くなってしましましたが、航空関係唯一の夜間飛行で19時37分に出発、20時07分にゴールします。途中、街中の展示機材としてエアーニッポン塗装のYS-11、到着地でC-46A輸送機を聖火と同時に見られます。

飛行機はなく、現在は全く航空関連施設ではありませんが、7月12日の立川市の開催ルートも飛行場跡地を通るルートで、到着地でセレブレーション会場になっているTACHIKAWA STAGE GARDENは立川飛行場跡地です。飛行場や航空関連施設の跡地だと、東京都内だけでも、昭島市開催の昭和公園、渋谷区開催の代々木公園などで開催が予定されています。広い公園などは飛行場跡地のことも多いですから、全国ほかにもいろいろ航空関連施設跡地での開催はありそうです。

仙台空港が望める千年希望の丘相野釜公園発着のリレーは、6月21日12時00分〜12時11分の11分間で走り抜けます。
このほか、一年延びたことで空港脇にルートが変更されたのが宮古島で、ゴール地の宮古島市役所(新庁舎)の直前で、旧空港前を通過します(空港はあまり見えません)。

聖火リレーは、昨年3月26日から始まる予定でしたが、一年延期され、25日にスタートしました。一年延期されたために一部経路が変更になっており、山口県で山口宇部空港ふれあい公園出発だったものがなくなりました(バラ園のきれいな時期なのですが、、、)。
新型コロナウイルス感染症の蔓延国となってしまっているので、このまま7月まで予定通り開催されるのか、気になる状況です。

観客は沿道に出るなと注意喚起されていても、走るのは公道ですから、ゼイゼイ飛沫を飛ばす聖火ランナーは当然マスク着用必須でしょうし、何とも難しい運営になりそう。
公式サイトで生中継もありますので、「お家にいよう」でSTAY HOMEで応援したいですね。

■空港
・長崎県:上五島空港(5月7日14時37分発=出発側)
・島根県:隠岐空港 空港ふれあい公園駐車場前(5月16日16時10分発=出発側)
・静岡県:静岡空港 富士山静岡空港貨物ターミナル地区前→石雲院展望デッキ(6月24日09時20分発→09時30分着)
・東京都:八丈島空港 駐車場→八丈町立富士中学校(7月16日11時00分発→11時19分着)=旧日本軍飛行場跡地も通過

・東京都:青ヶ島ヘリポート(7月16日13時30分発=出発側)

■航空関連施設
・岐阜県:岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(4月4日11時00分発=出発側)
・千葉県:航空科学博物館→三里塚さくらの丘(7月2日14時20分発→14時49分着)
・埼玉県:所沢市民体育館→所沢航空発祥記念館前芝生広場(7月6日19時37分発→20時07分着)※セレブレーション会場:所沢航空記念公園
・東京都:TACHIKAWA STAGE GARDEN(7月12日19時40分着=到着側)※セレブレーション会場:TACHIKAWA STAGE GARDEN(旧立川飛行場跡地)

■空港周辺
・沖縄県:宮古島市役所(新庁舎)(5月2日15時43分着)=旧空港前通過予定
・宮城県:千年希望の丘相野釜公園→千年希望の丘相野釜公園慰霊碑前(6月21日12時00分発→12時11分着)

聖火リレー(東京2020オリンピック・パラリンピック公式サイト)
https://tokyo2020.org/ja/torch/


STAY HOME NOW, FLY LATER

posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

成田・羽田_顔認証手続開始へ

■成田国際空港(成田空港)・東京国際空港(羽田空港) 顔認証技術による搭乗手続きを開始へ

成田国際空港(成田空港)と、東京国際空港(羽田空港)の国際線旅客施設を運営する東京国際空港ターミナルは25日、4月13日から顔認証技術による搭乗手続きを開始すると発表しました。

開始される手続きは、OneIDと呼ばれる新しい搭乗手続き。顔写真を登録し、空港でのその後の手続きを、搭乗券やパスポートを提示することなく顔パスで通過・手続きできるようになるとしています。成田、羽田とも4月13日に実証実験を開始し、7月から本格運用を開始します。
対象となるのは、成田は全日本空輸と日本航空のみ、羽田は全航空会社です。成田は第1・第2の各チェックイ1か所ずつのみ、一部の搭乗ゲートのみの導入。羽田は一部のチェックインカウンタと全搭乗ゲートで導入されます。(成田はエアージャパンは対象になっていません)

今回のサービス導入に当たり、サービス名称を「Face Express」と決定しています。

顔認証技術による搭乗手続き“Face Express”が 成田・羽田ではじまります
(成田国際空港公式サイト)https://www.naa.jp/jp/docs/20210325-FaceExpress.pdf
(東京国際空港ターミナル公式サイト)http://www.tiat.co.jp/news/b8259fddab0509594ed190d175f06c113a954432.pdf


STAY HOME NOW, FLY LATER

ラベル:羽田 成田
posted by johokotu at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■関東地方(その他) | 更新情報をチェックする

関空_展望ホール特別開館へ

■関西国際空港(関空) 展望ホールを特別開館へ

関西国際空港(関空)を運営する関西エアポートは、4月と5月に展望ホールSky Viewを特別開館すると発表しました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で閉館してから一年以上経って久々に開館します。

特別開館するのは、4月17日、4月18日、5月3日、5月4日、5月5日の5日間。いずれも10時〜17時に開館します。
スカイミュージアムは引き続き閉館される予定で、団体の利用、バスツアーなどについては近日中にお知らせするとしています。

Sky Viewは、COVID-19の影響で昨年2月27日から閉館しています。一年以上経って久々に開館することになりますが、「新型コロナウイルスによる感染拡大の防止のため」「感染状況を見極めるため」という理由から閉館しているにもかかわらず、なぜか人が集まる休日に限定しての特別開館です。特に4月17日と18日はANAの超大型機A380型機(特別塗装機)が特別に運航される予定で、人が集まる要素が大きくなっています。

✈4/17(土)18(日)・5/3(月・祝)〜5(水・祝)特別開館のお知らせ(関空公式サイト)
https://www.kansai-airport.or.jp/shop-and-dine/skyview/notices/3180


STAY HOME NOW, FLY LATER

posted by johokotu at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 関西国際空港(関空) | 更新情報をチェックする

検疫週間速報3月2_邦人入増も横這

◇空港検疫(週間速報)3月2週目 検体数≒入国者数は日本人増加・外人減少の中、横ばい傾向続く

厚生労働省(厚労省)は24日、空港検疫での新型コロナウイルス感染症検査状況の3月2週目(3月7日〜3月13日)分の速報値を発表しました。

厚労省の速報は、週間の検体数と陽性者数を、日本国籍者、外国籍者別に、滞在国ごとに出した非常に細かいデータです。2020年11月11日以降毎週水曜日に過去4週間分が発表されています。今回の公表で、2020年10月4日〜2021年3月13日分が公表されたことになりました。
速報のため、日々の発表のデータとかなりのズレが生じてる場合もありますが、分析に活用できます。

[罹患状況推移分析] 罹患率はさらに横ばい続く
2020年
10/04-10/10 検体12,421・陽性57=罹患率0.46%(日本国籍0.46%:外国籍0.46%)
10/11-10/17 検体 7,364・陽性24=罹患率0.33%(日本国籍0.29%:外国籍0.34%)
10/18-10/24 検体12,213・陽性46=罹患率0.38%(日本国籍0.39%:外国籍0.37%)
10/25-10/31 検体17,833・陽性47=罹患率0.26%(日本国籍0.22%:外国籍0.29%)
  <11/01〜入国者の多い低感染国9か国が検査解除>
11/01-11/07 検体10,589・陽性84=罹患率0.79%(日本国籍0.75%:外国籍0.83%)
11/08-11/14 検体10,823・陽性89=罹患率0.82%(日本国籍0.54%:外国籍1.02%)
11/15-11/21 検体11,627・陽性79=罹患率0.68%(日本国籍0.52%:外国籍0.79%)
11/22-11/28 検体13,789・陽性90=罹患率0.65%(日本国籍0.61%:外国籍0.65%)
11/29-12/05 検体14,226・陽性89=罹患率0.63%(日本国籍0.50%:外国籍0.74%)
12/06-12/12 検体16,488・陽性86=罹患率0.52%(日本国籍0.43%:外国籍0.64%)
12/13-12/19 検体18,554・陽性74=罹患率0.40%(日本国籍0.28%:外国籍0.62%)
12/20-12/26 検体18,835・陽性98=罹患率0.52%(日本国籍0.51%:外国籍0.54%)
12/27-01/02 検体13,123・陽性83=罹患率0.63%(日本国籍0.49%:外国籍0.75%)
2021年
01/03-01/09 検体14,098・陽性76=罹患率0.54%(日本国籍0.23%:外国籍0.72%)
  <01/09〜全入国者検査開始>
01/10-01/16 検体21,399・陽性67=罹患率0.31%(日本国籍0.31%:外国籍0.31%)
01/17-01/23 検体22,678・陽性41=罹患率0.18%(日本国籍0.31%:外国籍0.15%)
01/24-01/30 検体10,076・陽性25=罹患率0.25%(日本国籍0.12%:外国籍0.37%)
01/31-02/06 検体10,435・陽性20=罹患率0.19%(日本国籍0.13%:外国籍0.27%)
02/07-02/13 検体 9,423・陽性19=罹患率0.20%(日本国籍0.15%:外国籍0.26%)
02/14-02/20 検体 9,523・陽性19=罹患率0.20%(日本国籍0.11%:外国籍0.28%)
02/21-02/27 検体11,779・陽性23=罹患率0.20%(日本国籍0.22%:外国籍0.17%)
02/28-03/06 検体14,086・陽性29=罹患率0.21%(日本国籍0.16%:外国籍0.26%)

03/07-03/13 検体14,467・陽性27=罹患率0.19%(日本国籍0.14%:外国籍0.25%)

検査数は、12月中旬〜下旬に日本国籍者が外国籍者の二倍ほどいたのに対し、12月5週目に日本国籍:外国籍=1:1.16と逆転。1月1週目に1:1.8、1月2週目に1:2.6、1月3週目に1:3.7とどんどん外国籍者が増えていました。1月4週目に外国籍者が急激に減って日本国籍:外国籍=1:1.05とほぼ同じになり、2月1週目に1:0.88と日本国籍者が逆転。2月2週目は1:0.82でしたが、2月3週目は再び外国籍者が多くなり1:1.11になりました。2月4週目は再び1:1.02とほぼ同数になり、先週3月1週目に再び1:0.86と日本国籍者が増加しています。
今週はさらに日本国籍者が増加し、1:0.63となっています。完全に年度末需要と推定されます

検査対象が全入国者になっています。検査数(≒入国者)の多さは、米国、中国、フィリピン、韓国、タイの順でした。
日本人は12月4週目に12,354人いたのに対し、1月以降は激減していますが少しずつ増えつつあり、今週は8,891人でした。
外国人は大幅に減少。1月3週目に17,873人だったものが、今週は5,576人と3分の1になっています。

10月の4週間は日本国籍者と外国籍者の罹患率に差はなく0.35%程度でした。
11月に入ってからは、日本国籍者、外国籍者ともに急上昇しました。外国籍者の方が多かった印象ですが、差は小さく、日本国籍者の割合も追いかけるように増えていました。
陽性者数が同数で、全体の罹患率もほぼ横ばいです。
前週と比べると、日本国籍者は、検査数が17%増加に対して陽性者数は8%増加。外国籍者は検査数が14%減少に対して陽性者数は18%減少です。
このため、罹患率は、日本国籍者、外国籍者とも若干改善。全体は8週連続同水準の0.19%でほぼ横ばいですが、外国籍者の方が悪い状況には変わりありません。

罹患率は、0.8%超えもあった一時期に比べれば、ここのところ少なめで安定した印象です。しかし、それでもまだ0.19%です。
日本国内の罹患率は、最悪のピークだった1月初旬でも0.06%(人口約1億2500万人のうち治療中+死者約70,000人)ですから、空港検疫は相変わらず国内より危険であることが分かります。

[陽性者数多い国分析] 全14か国でフィリピンが急激悪化
今週陽性者が確認されたのは、前週に続いて陽性者が出ているフィリピン、パキスタン、ウクライナ、インド、ブラジル、ネパールなどを含めて14か国でした。
最多だったのはフィリピンで6人で急激悪化しています。日外3人ずつでした。
アラブ首長国連邦(UAE)、パキスタン、ウクライナがそれぞれ3人で続き、インドとブラジルが各2人です。パキスタンとブラジルは全員外国籍者ですが、UAEとウクライナは日本国籍者2人・外国籍者1人、インドは日外1人ずつでした。
残り8か国は1人ずつで、インドネシア、カナダ、ポーランド、ナイジェリア、マルタは日本国籍者でした。シリアとモルドバは入国者数が1桁でいずれも外国籍者が陽性です。
相変わらず西欧は日本国籍者が多い印象です。

12月に変異株ばかりだった英国は7週連続陽性0人と安定。同じく2月に変異株ばかりで急増していたアラブ首長国連邦は再び増加傾向です。

[罹患率高い国分析] 1%超えは14か国中8か国
罹患率は、モルドバが最も悪く33.33%(検体3人中1人陽性=外国籍者1人中1人)。シリアが25.00%(検体4人中1人陽性=外国籍者2人中1人)と2か国は二桁割合の超危険状態でした。マルタが3.45%(検体29人中1人陽性)、ウクライナが前週と同レベルの2.86%(検体105人中3人陽性)、ナイジェリアが2.78%(検体36人中1人陽性)、ポーランド2.38%(検体42人中1人陽性)、パキスタンが1.55%(検体194人中3人陽性)、UAEが1.48%(検体203人中3人陽性)と続いています。
1%超えは以上の8か国でした。ウクライナとパキスタンは前週から連続で1%超えの危険状態です。相変わらずアフリカと東欧が多い印象です。

[航空便利用者数分析] 航空利用者は横ばい
合計の利用者数は、18,429人(前週比+38人)と前週から横ばいでした
国によって増減はバラバラ。タイ直行便が968人(前週比+179人)と比較的多めに増加、UAE直行便が793人(前週比-379人)、フィリピン直行便が1,898人(前週比-299人)と比較的多めに減少しています。
皆増したのがベルギー35人、モンゴル17人、ハンガリー10人。インドが44人皆減の0人でした。
変異株で騒ぎになっている英国直行便は331人(前週比-7人)でわずかながら減りました。

[変異株陽性者数分析] 変異株陽性者半数弱!!
27人の陽性者のうち、13人が英国で確認された変異株と確認されています。実に48%も占めています。
そのうち1人は3日遅れ陽性で、従来の入国方法ではすり抜けていた事例でした。

毎週データは更新されているようですので、今後も注視していきます。

週間速報内容
03/07-03/13
全検査
合計 検体14,467陽性27 0.19%
日本 検体 8,891陽性13 0.14%
外国 検体 5,576陽性14 0.25%


検体数の多い国
米  国:検体3,069 陽性 0=0%
  日本国籍 検体2,454 陽性 0=0%/外国籍 検体 65 陽性 0=0%
中  国:検体2,084 陽性 0=0%
  日本国籍 検体 791 陽性 0=0%/外国籍 検体1,293 陽性 0=0%
フィリピン:検体1,036 陽性 6=0.58%
  日本国籍 検体 172 陽性 3=1.74%/外国籍 検体 864 陽性 3=0.34%
韓  国:検体 864 陽性 0=0%
  日本国籍 検体 288 陽性 0=0%/外国籍 検体 576 陽性 0=0%
タ  イ:検体 711 陽性 0=0%
  日本国籍 検体 650 陽性 0=0%/外国籍 検体 61 陽性 0=0%

罹患率の高い国
モルドバ:合計 検体 3、陽性 1=33.33%
  日本国籍 検体 2 陽性 0=0%/外国籍 検体 1 陽性 1=:100.00%
シ リ ア:合計 検体 4、陽性 1=25.00%
  日本国籍 検体 2 陽性 0=0%、外国籍 検体 2 陽性 1=50.00%
マ ル タ:合計 検体 29、陽性 1=3.45%
  日本国籍 検体 14 陽性 1=7.14%/外国籍 検体 6 陽性 0=0%
ウクライナ:合計 検体 105、陽性 3=2.86%
  日本国籍 検体 69 陽性 2=2.90%/外国籍 検体 36 陽性 1=2.78%
ナイジェリア:合計 検体 36 陽性 1=2.78%
  日本国籍 検体 8 陽性 1=1.25%/外国籍 検体 28 陽性 0=0%


毎日の個別発表との誤差状況(3月7日〜3月13日)
(A)週間発表(今回の滞在国・地域ごとの検査実績発表):27人
(B)毎日発表:26人中非公表0人(2か国滞在者0人)

 (誤差が出ている国)Aが超過していると非公表の可能性有
 シリア (A)1人(B)0人=Aが1人超過(日本国籍0・外国籍1)

水際対策(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kansenkakudaiboushi-iryouteikyou.html#h2_7


STAY HOME NOW, FLY LATER

ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2021年03月26日

空港検疫3/26_また3日後陽性

◇空港検疫 また3日後陽性確認、パキスタンから 3月26日発表分

厚生労働省(厚労省)は3月26日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施しています。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定で臨時的に実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


()
3月26日現在
罹 患 率 0.397%

無症状率 92.5%
(有症状者急増中!!)
国内の隠れ感染者数(推定値)3.8万人

(比較用)日 本:罹患率0.368%=感染462,840人、死亡率0.0071%=死亡8,967人/人口約1億2562万人(2021年2月)
(比較用)米 国:罹患率9.113%=感染30,079,282人、死亡率0.1656%=死亡546,822人/人口約3億3,006万人(2021年1月)←※ロイター公式サイトが分かりやすいです。 https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/united-states/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(3月25日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2月28日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:https://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:https://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html
2020年04月04日〜2021年02月28日:https://johokotu.seesaa.net/article/480368929.html

2020年04月04日〜2021年03月01日:対象519,013人、陽性2,162人/罹患率0.416%
2020年04月04日〜2021年03月02日:対象521,994人、陽性2,168人/罹患率0.415%※海港検疫含む
2020年04月04日〜2021年03月03日:対象523,353人、陽性2,169人/罹患率0.414%
2020年04月04日〜2021年03月04日:対象525,117人、陽性2,172人/罹患率0.413%
2020年04月04日〜2021年03月05日:対象526,828人、陽性2,174人/罹患率0.412%
2020年04月04日〜2021年03月06日:対象528,613人、陽性2,176人/罹患率0.411%
2020年04月04日〜2021年03月07日:対象530,893人、陽性2,183人/罹患率0.411%
2020年04月04日〜2021年03月08日:対象532,902人、陽性2,186人/罹患率0.410%
2020年04月04日〜2021年03月09日:対象535,517人、陽性2,187人/罹患率0.408%
2020年04月04日〜2021年03月10日:対象536,794人、陽性2,189人/罹患率0.407%
2020年04月04日〜2021年03月11日:対象538,268人、陽性2,193人/罹患率0.407%
2020年04月04日〜2021年03月12日:対象539,975人、陽性2,196人/罹患率0.406%
2020年04月04日〜2021年03月13日:対象541,859人、陽性2,201人/罹患率0.406%
2020年04月04日〜2021年03月14日:対象544,615人、陽性2,205人/罹患率0.404%
2020年04月04日〜2021年03月15日:対象547,300人、陽性2,210人/罹患率0.403%
2020年04月04日〜2021年03月16日:対象551,276人、陽性2,216人/罹患率0.401%
2020年04月04日〜2021年03月17日:対象553,560人、陽性2,218人/罹患率0.400%
2020年04月04日〜2021年03月18日:対象555,785人、陽性2,232人/罹患率0.401%
2020年04月04日〜2021年03月19日:対象557,976人、陽性2,239人/罹患率0.401%
2020年04月04日〜2021年03月20日:対象560,154人、陽性2,242人/罹患率0.400%
2020年04月04日〜2021年03月21日:対象562,951人、陽性2,248人/罹患率0.399%
2020年04月04日〜2021年03月22日:対象565,261人、陽性2,257人/罹患率0.399%
2020年04月04日〜2021年03月23日:対象568,009人、陽性2,262人/罹患率0.398%
2020年04月04日〜2021年03月24日:対象569,562人、陽性2,266人/罹患率0.397%
2020年04月04日〜2021年03月25日:対象571,176人、陽性2,272人/罹患率0.397%

2020年04月04日〜2021年03月26日:対象572,879人、陽性2,276人/罹患率0.397%

2021年3月26日時点での罹患率をそのまま日本の人口(2月の推計人口1億2562万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約49.9万人になります。
国内のPCR検査陽性者は2021年3月26日0時現在で460,478人ですから、隠れ感染者はあと約3.8万人いると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は1,703人と、二千人を切りました。
感染者は4人増加。罹患率は横ばいでした。
※2021年1月9日到着分(2021年1月11日発表分)から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年3月26日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17682.html


















空港検疫検査 到着日別詳細結果(3月25日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と2月28日までは、別にまとめています。

2020年04月03日〜10月02日:https://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月03日〜10月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月03日〜11月30日:https://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月03日〜12月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月03日〜2021年01月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html
2020年04月03日〜2021年02月28日:https://johokotu.seesaa.net/article/480368929.html

03月01日:症状 有0 無3=陽性3人 2218・2219・2220
03月02日:症状 有0 無3=陽性3人 2221・2222・2223
03月03日:症状 有0 無2=陽性2人 2224・2225
03月04日:症状 有0 無2=陽性2人 2226・2227
03月05日:症状 有2 無6=陽性8人 2228・2229・2230・2231・2232・2233・2234・2239
03月06日:症状 有2 無1=陽性3人 2235・2236・2237
03月07日:症状 有0 無2=陽性2人 2238・2245
03月08日:症状 有0 無0=陽性0人
03月09日:症状 有2 無3=陽性5人 2240・2241・2242・2243・2244
03月10日:症状 有0 無2=陽性2人 2246・2257
03月11日:症状 有0 無5=陽性1人 2247・2248・2249・2250・2251
03月12日:症状 有1 無5=陽性5人 2252・2253・2254・2255・2256・2268
03月13日:症状 有0 無6=陽性6人 2258・2259・2260・2272・2273・2274
03月14日:症状 有0 無8=陽性8人 2261・2262・2263・2264・2265・2266・2284・2285
03月15日:症状 有1 無3=陽性4人 2267・2269・2289・2290
03月16日:症状 有3 無8=陽性11人 2770・2771・2775・2776・2777・2778・2779・2780・2781・2782・2783
03月17日:症状 有0 無3=陽性3人 2286・2287・2297
03月18日:症状 有0 無3=陽性3人 2288・2291・2292
03月19日:症状 有0 無4 陽性6人 2293・2294・2295・2296・2314・2315
03月20日:症状 有1 無9(+2)=陽性10人 2298・2299・2300・2301・2302・2303・2304・2305・2318・2319
03月21日:症状 有1 無7=陽性8人 2306・2307・2308・2309・2310・2311・2312・2313

03月22日:症状 有2 無0=陽性2人 2316・2317
 [空港別] 成田2
 [男女別] 男2・女0
 [年代別] 10代下0・20代0・30代1・40代1・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] パキスタン1・ジブチ1
 [居住地] 茨城1・埼玉1
03月23日:症状 有0 無4(+1)=陽性4人 2320・2321・2322・2332
 [空港別] 成田2・羽田1・関空1(+1)
 [男女別] 男3(+1)・女1
 [年代別] 10代下0・20代0・30代1・40代1・50代2(+1)・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] バングラデシュ1・パキスタン3(+1)
 [居住地] 神奈川1・兵庫1(+1)・非公表2

03月24日:症状 有2 無3=陽性5人 2323・2324・2325・2326・2327
 [空港別] 成田3・羽田1・関空1
 [男女別] 男3・女2
 [年代別] 10代下0・20代2・30代1・40代0・50代1・60代0・70代1・80代上0
 [渡航元] インドネシア1・ネパール1・カメルーン1・米国2
 [居住地] 栃木1・埼玉1・東京1・大阪1・兵庫1
03月25日:症状 有0 無4=陽性4人 2328・2329・2330・2331
 [空港別] 成田2・羽田1・福岡1
 [男女別] 男3・女1
 [年代別] 10代下0・20代2・30代0・40代2・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] フィリピン2・ポーランド1・米国1
 [居住地] 東京1・静岡1・福岡1・非公表1


合計5人の陽性確認が発表されました。
3日後陽性者が1人出ています。
2020年4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は2021年3月24日までの357日間で2,253人になりました。
2,253人のうち有症状は167人です。無症状は2,086人で、無症状率は92.5%です。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
本日発表分は、団体感染が疑われる事例はありませんでした。

3日後陽性者は1人です。
パキスタンからで、5日に3日間強制隔離が追加された国々からの入国者です。これで5日〜23日着までの19日間で17人目となりました。
従来の検疫方法ではすり抜けが多すぎるということがはっきりと証明されてしまっています。


新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17635.html


STAY HOME NOW, FLY LATER

ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

空港検疫3/25_有症状者が半数

◇空港検疫 全4人中有症状者が半数2人 3月25日発表分

厚生労働省(厚労省)は3月25日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施しています。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定で臨時的に実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


()
3月25日現在
罹 患 率 0.397%

無症状率 92.5%
(有症状者急増中!!)
国内の隠れ感染者数(推定値)4.1万人

(比較用)東京都:罹患率0.843%=感染118,461人、死亡率0.0118%=死亡1,668人/人口13,952,915人(2021年2月)
(比較用)カメルーン:罹患率0.144%=感染40,622人、死亡率0.0063%=死亡601人/人口約2,587万人(2019年)←※ロイター公式サイトが分かりやすいです。 https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/cameroon/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(3月23日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2月28日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:https://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:https://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html
2020年04月04日〜2021年02月28日:https://johokotu.seesaa.net/article/480368929.html

2020年04月04日〜2021年03月01日:対象519,013人、陽性2,162人/罹患率0.416%
2020年04月04日〜2021年03月02日:対象521,994人、陽性2,168人/罹患率0.415%※海港検疫含む
2020年04月04日〜2021年03月03日:対象523,353人、陽性2,169人/罹患率0.414%
2020年04月04日〜2021年03月04日:対象525,117人、陽性2,172人/罹患率0.413%
2020年04月04日〜2021年03月05日:対象526,828人、陽性2,174人/罹患率0.412%
2020年04月04日〜2021年03月06日:対象528,613人、陽性2,176人/罹患率0.411%
2020年04月04日〜2021年03月07日:対象530,893人、陽性2,183人/罹患率0.411%
2020年04月04日〜2021年03月08日:対象532,902人、陽性2,186人/罹患率0.410%
2020年04月04日〜2021年03月09日:対象535,517人、陽性2,187人/罹患率0.408%
2020年04月04日〜2021年03月10日:対象536,794人、陽性2,189人/罹患率0.407%
2020年04月04日〜2021年03月11日:対象538,268人、陽性2,193人/罹患率0.407%
2020年04月04日〜2021年03月12日:対象539,975人、陽性2,196人/罹患率0.406%
2020年04月04日〜2021年03月13日:対象541,859人、陽性2,201人/罹患率0.406%
2020年04月04日〜2021年03月14日:対象544,615人、陽性2,205人/罹患率0.404%
2020年04月04日〜2021年03月15日:対象547,300人、陽性2,210人/罹患率0.403%
2020年04月04日〜2021年03月16日:対象551,276人、陽性2,216人/罹患率0.401%
2020年04月04日〜2021年03月17日:対象553,560人、陽性2,218人/罹患率0.400%
2020年04月04日〜2021年03月18日:対象555,785人、陽性2,232人/罹患率0.401%
2020年04月04日〜2021年03月19日:対象557,976人、陽性2,239人/罹患率0.401%
2020年04月04日〜2021年03月20日:対象560,154人、陽性2,242人/罹患率0.400%
2020年04月04日〜2021年03月21日:対象562,951人、陽性2,248人/罹患率0.399%
2020年04月04日〜2021年03月22日:対象565,261人、陽性2,257人/罹患率0.399%
2020年04月04日〜2021年03月23日:対象568,009人、陽性2,262人/罹患率0.398%
2020年04月04日〜2021年03月24日:対象569,562人、陽性2,266人/罹患率0.397%

2020年04月04日〜2021年03月25日:対象571,176人、陽性2,272人/罹患率0.397%

2021年3月25日時点での罹患率をそのまま日本の人口(2月の推計人口1億2562万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約49.9万人になります。
国内のPCR検査陽性者は2021年3月25日0時現在で458,539人ですから、隠れ感染者はあと約4.1万人いると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は1,614人と、二千人を切りました。
感染者は6人増加。罹患率は横ばいでした。
※2021年1月9日到着分(2021年1月11日発表分)から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年3月25日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17634.html


















空港検疫検査 到着日別詳細結果(3月24日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と2月28日までは、別にまとめています。

2020年04月03日〜10月02日:https://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月03日〜10月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月03日〜11月30日:https://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月03日〜12月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月03日〜2021年01月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html
2020年04月03日〜2021年02月28日:https://johokotu.seesaa.net/article/480368929.html

03月01日:症状 有0 無3=陽性3人 2218・2219・2220
03月02日:症状 有0 無3=陽性3人 2221・2222・2223
03月03日:症状 有0 無2=陽性2人 2224・2225
03月04日:症状 有0 無2=陽性2人 2226・2227
03月05日:症状 有2 無6=陽性8人 2228・2229・2230・2231・2232・2233・2234・2239
03月06日:症状 有2 無1=陽性3人 2235・2236・2237
03月07日:症状 有0 無2=陽性2人 2238・2245
03月08日:症状 有0 無0=陽性0人
03月09日:症状 有2 無3=陽性5人 2240・2241・2242・2243・2244
03月10日:症状 有0 無2=陽性2人 2246・2257
03月11日:症状 有0 無5=陽性1人 2247・2248・2249・2250・2251
03月12日:症状 有1 無5=陽性5人 2252・2253・2254・2255・2256・2268
03月13日:症状 有0 無6=陽性6人 2258・2259・2260・2272・2273・2274
03月14日:症状 有0 無8=陽性8人 2261・2262・2263・2264・2265・2266・2284・2285
03月15日:症状 有1 無3=陽性4人 2267・2269・2289・2290
03月16日:症状 有3 無8=陽性11人 2770・2771・2775・2776・2777・2778・2779・2780・2781・2782・2783
03月17日:症状 有0 無3=陽性3人 2286・2287・2297
03月18日:症状 有0 無3=陽性3人 2288・2291・2292
03月19日:症状 有0 無4 陽性6人 2293・2294・2295・2296・2314・2315
03月20日:症状 有1 無9(+2)=陽性10人 2298・2299・2300・2301・2302・2303・2304・2305・2318・2319

03月21日:症状 有1 無7=陽性8人 2306・2307・2308・2309・2310・2311・2312・2313
 [空港別] 成田4・羽田3・関空1
 [男女別] 男5・女3
 [年代別] 10代下0・20代1・30代2・40代2・50代2・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] バングラデシュ1・インド2・米国1・キューバ1・ペルー1・ブラジル2
 [居住地] 茨城1・埼玉2・東京1・神奈川1・静岡1・大阪1・鳥取1
03月22日:症状 有2 無0=陽性2人 2316・2317
 [空港別] 成田2
 [男女別] 男2・女0
 [年代別] 10代下0・20代0・30代1・40代1・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] パキスタン1・ジブチ1
 [居住地] 茨城1・埼玉1
03月23日:症状 有0 無3=陽性3人 2320・2321・2322
 [空港別] 成田2・羽田1
 [男女別] 男2・女1
 [年代別] 10代下0・20代0・30代1・40代1・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] バングラデシュ1・パキスタン2
 [居住地] 神奈川1・非公表2
03月24日:症状 有2(+2) 無3(+2)=陽性5人 2323・2324・2325・2326・2327
 [空港別] 成田3(+3)・羽田1(+1)・関空1
 [男女別] 男3(+2)・女2(+2)
 [年代別] 10代下0・20代2(+2)・30代1(+1)・40代0・50代1(+1)・60代0・70代1・80代上0
 [渡航元] インドネシア1・ネパール1(+1)・カメルーン1(+1)・米国2(+2)
 [居住地] 栃木1(+1)・埼玉1(+1)・東京1(+1)・大阪1・兵庫1(+1)


合計4人の陽性確認が発表されました。
有症状者が半数2人も出ています。
2020年4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は2021年3月24日までの356日間で2,248人になりました。
2,248人のうち有症状は167人です。無症状は2,081人で、無症状率は92.5%です。ここのところ有症状者が急増しており、無症状率がジリジリ悪化しています。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
本日発表分は、団体感染が疑われる事例はありませんでした。

有症状者は2人です。
24日成田着ネパールから入国の兵庫県在住20代女が咳嗽、咽頭痛症状です。
24日成田着カメルーンから入国の埼玉県在住20代女が咳嗽、鼻汁症状です。
ネパールからは直行便が飛んでおり、約6時間強と比較的短時間飛行です。機内発症でない可能性がありますね。
カメルーンからは直行便は飛んでおらず、乗り継ぎで半日程度の飛行です。機内発症と推定されます。


新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17635.html


STAY HOME NOW, FLY LATER


ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

入国者変異株状況_3/24

◇入国者変異株感染状況 3月24日

厚生労働省(厚労省)は24日、変異株が確認されたことを発表しました。
空港検疫での陽性事例として14人が確認されています。


24日発表分は、入国者の空港検疫での陽性事例14件です。
11件は英国で最初に確認された変異株(英国株)、3件はフィリピンで最初に確認された変異株(フィリピン株)です。

<入国者起因新規判明状況>
・3月7日成田着ナイジェリアから入国の40代男 無症状 英国株
  ⇒ No2245が該当。愛知県在住。日本国籍確定。3日後陽性者。
・3月9日成田着インドから入国の50代男 無症状 英国株
  ⇒ No2240が該当。茨城県在住。国籍確定できず。
・3月9日関空着フィリピンから入国の20代男 咳嗽 フィリピン株
  ⇒ No2241が該当。大阪府在住。国籍確定できず。陽性発表時は無症状。
・3月9日成田着ウクライナから入国の20代男 無症状 英国株
  ⇒ No2242が該当。群馬県在住。国籍確定できず。陽性発表時は発熱、咳嗽、下痢。
・3月9日関空着パキスタンから入国の30代男 咳嗽 英国株
  ⇒ No2244が該当。大阪府在住。外国籍確定。陽性発表時は無症状。
・3月10日成田着フィリピンから入国の30代女 咳嗽 英国株
  ⇒ No2246が該当。茨城県在住。国籍確定できず。陽性発表時は無症状。
・3月11日成田着フィリピンから入国の30代女 無症状 フィリピン株
  ⇒ No2247が該当。東京都在住。国籍確定できず。
・3月11日関空着モルドバから入国の40代女 咽頭痛、味覚障害 英国株
  ⇒ No2249が該当。大阪府在住。外国籍確定。陽性発表時は無症状。
・3月11日成田着パキスタンから入国の20代男 発熱、呼吸苦 英国株
  ⇒ No2250が該当。群馬県在住。外国籍確定。陽性発表時は無症状。
・3月11日成田着パキスタンから入国の40代男 無症状 英国株
  ⇒ No2251が該当。秋田県在住。外国籍確定。
・3月12日成田着ネパールから入国の40代男 無症状 英国株
  ⇒ No2254が該当。東京都在住。外国籍確定。
・3月12日関空着フィリピンから入国の20代男 無症状 フィリピン株
  ⇒ No2255が該当。大阪府在住。国籍確定できず。
・3月12日成田着ウクライナから入国の50代男 無症状 英国株
  ⇒ No2256が該当。東京都在住。国籍確定できず。
・3月14日羽田着ハンガリーから入国の40代男 無症状 英国株
  ⇒ No2261が該当。千葉県在住。国籍まだ未発表。

<入国者起因合計>
国内の変異株確認者は、24日発表分までで、少なくとも入国者起因とはっきりしているものは合計134人(うち入国者122人/入国者起因市中二次感染12人)となりました。

<国籍別判明合計>
24日に、3月7日〜3月13日到着分の国籍別行動歴別の陽性確認状況が発表されました。
同期間に到着した15人中、7人は外国籍者(2人は事例特定不可能)、5人は日本国籍(3人は事例特定不可能)と確定、3人は国籍不明でした。これにより、空港検疫で変異株が確認された入国者100人の国籍は、日本国籍者45人、外国籍者43人、不明・未発表12人となりました。



<空港検疫等での変異株状況>
左から到着日、到着空港、年代性別、推定される空港検疫No、推定される国籍、推定される在住地、空港検疫での症状(有症状の場合)
◆は14日間自主隔離期間の発症(空港検疫で陰性か検査対象外)、◇は空港検疫での確認、◎市中感染
▲は英国で最初に確認された変異株、△は南アフリカで最初に確認された変異株、▼ブラジルからの入国者から確認された変異株、▽フィリピンからの入国者から確認された変異株、▶は変異株もどれかは特定前


行動歴英国からの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/01 羽田 10代男◇▲1535 邦人 非公表
・12/18 羽田 10代男◇▲1717 邦人 非公表(毎日発表)行動歴非公表
・12/19 羽田 30代女◇▲1733 邦人 東京
・12/20 羽田 60代男◇▲1765 邦人 東京倦怠感
・12/21 関空 40代男◇▲1782 邦人 大阪
・12/21 関空 40代女◇▲1783 邦人 大阪
・12/21 関空 10未男◇▲1784 邦人 大阪
・12/22 羽田 40代男◇▲1802 邦人 非公表(毎日発表)行動歴非公表
・12/24 羽田 40代女◇▲1824 邦人 東京
・12/24 羽田 40代男◇▲1825 邦人 東京発熱、咽頭痛
・12/24 羽田 40代女◇▲1826 邦人 非公表
・12/26 関空 50代女◇▲1841 邦人 香川
・12/26 関空 30代女◇▲1842 邦人 京都
・12/26 羽田 30代女◇▲1843 邦人 東京食欲低下
・12/26 羽田 10未男◇▲1844 邦人 東京
・01/03 羽田 30代男◇▲1969 ※1 大阪
・01/04 羽田 30代男◇▲1978 ※1 非公表(毎日発表)頭痛 (変異株発表)発熱、咽頭痛
 ※1:No1969、No1978はどちらかが邦人、どちらかが外人
・01/10 成田 30代男◇▲2036 邦人 神奈川
・01/22 羽田 20代女◇▲2106 邦人 愛知嗅覚障害、味覚障害
(空港検疫すり抜け事例)
・12/13 不明 50代女◆▲ 国籍不明 東京
・12/16 不明 30代男◆▲ 国籍不明 東京
⇒ <市中>濃接二次感染 20代女◎▲ 国籍不明 東京
(12/22 不明 30代男◆  国籍不明 東京 12/27発症12/29陽性 ※検査量不足で変異株と確認できず
⇒ <市中>濃接二次感染 20代男◎▲ 国籍不明 東京 12/30発症・陽性日不明
⇒ <市中>濃接二次感染 20代女◎▲ 国籍不明 東京 01/02発症・陽性日不明
・12/25 不明 20代男◆▲ 国籍不明 東京 隔離中1/6無症状も自主検査し陽性
・12/31 不明 20代男◆▲ 国籍不明 東京 1/2発症
・01/10 不明 30代女◆▲ 国籍不明 東京 1/13発症

行動歴南アフリカからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/19 成田 30代女◇△1776 邦人 東京
・01/07 関空 20代女◇△1979 外人 兵庫
・01/08 成田 10代女◇△2029 外人 東京
・01/08 成田 40代女◇△2030 外人 東京
・01/19 成田 30代女◇△2090 邦人 東京 (毎日発表)鼻汁、頭重感、咽頭痛 (変異株発表)脱水

行動歴南アフリカ/アラブ首長国連邦からの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/29 成田 30代男◇△1866 外人 愛知

行動歴アラブ首長国連邦からの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/23 成田 20代男◇▲1815 邦人 千葉
・12/24 関空 30代女◇▲1834 邦人 兵庫
⇒ <市中>濃接二次感染 40代女◎▲ 国籍不明 兵庫 1/4陽性(無症状)
・12/29 関空 30代女◇▲1870 国籍不明 愛知
・01/02 関空 70代女◇▲1925 国籍不明 福井
・01/09 成田 40代女◇▲2004 国籍不明 東京(毎日発表)無症状 (変異株発表)発熱、咽頭痛
・01/21 成田 50代男◇▲2099 邦人 秋田(毎日発表)咳嗽 (変異株発表)無症状
・02/12 成田 50代男◇▲2168 邦人 神奈川
・02/16 成田 30代男◇▲2177 国籍不明 静岡(毎日発表)無症状 (変異株発表)発熱、嘔吐、下痢
・02/25 成田 30代男◇▲2198 邦人 東京
・02/25 成田 50代女◇▲2199 邦人 東京(毎日発表)咳嗽 (変異株発表)発熱、倦怠感、咳嗽、食欲不振
・02/25 成田 50代男◇▲2200 邦人 東京
・02/25 成田 40代男◇▲2201 邦人 東京(毎日発表)咳嗽、咽頭の違和感 (変異株発表)無症状
・02/26 成田 50代男◇▲2204 邦人 東京(毎日発表)咽頭痛 (変異株発表)無症状
・02/26 成田 50代男◇▲2207 邦人 沖縄(毎日発表)無症状 (変異株発表)発熱、咳嗽
・02/27 関空 30代女◇▲2211 邦人 大阪
(空港検疫すり抜け事例)
・12/24 関空 50代女◆▲ 国籍不明 兵庫=上記1834の濃厚接触者扱い(12/31無症状も検査し陽性)
・02/25 空港不明 50代男◆▲ 国籍不明 東京2月下旬発症
・02/25 空港不明 60代男◆▲ 国籍不明 東京3月上旬発症
⇒ <市中>濃接二次感染 30代女◎▲国籍不明 東京 無症状
⇒ <市中>濃接二次感染 50代男◎▲国籍不明 東京 3月上旬発症

行動歴ハンガリー/アラブ首長国連邦からの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・02/25 関空 20代男◇▲2202 邦人 広島

行動歴カタールからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・01/27 成田 20代女◇▲2124 邦人 神奈川

行動歴ナイジェリアからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/29 成田 30代男◇▲1867 国籍不明 大阪
・01/03 成田 40代男◇▲1939 ※2 大分
・01/07 成田 30代男◇▲1982 ※2 東京
 ※2:No1939、No1982はどちらかが外人、どちらかが国籍不明
・01/31 成田 30代男◇▲2141 外人 愛知(毎日発表)発熱 (変異株発表)無症状
・03/07 成田 40代男◇▲2245 邦人 愛知 3日後陽性

行動歴ガーナからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・01/10 成田 30代男◇▲2020 外人 東京

行動歴ブラジルからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・01/02 羽田 40代男◇▼1912 外人 三重到着時無症状、呼吸状態悪化し入院
・01/02 羽田 30代女◇▼1913 外人 三重(毎日発表)咽頭痛、鼻汁 (変異株発表)咽頭痛、頭痛
・01/02 羽田 10代男◇▼1914 外人 三重(毎日発表)無症状 (変異株発表)発熱
・01/02 羽田 10代女◇▼1915 外人 三重
・02/13 羽田 40代男◇▼2171 外人 愛知
(空港検疫すり抜け事例)
・入国日非公表 不明 年代非公表男◆▼ 国籍不明 山梨2月上旬発症
⇒ <市中>接触二次感染 年代非公表男◎▼ 国籍不明 山梨 2月上旬発症

行動歴ベトナムからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・01/17 関空 30代女◇▲2081 外人 大阪(毎日発表)無症状 (変異株発表)咳嗽

行動歴ベルギー/タンザニアからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・01/29 成田 50代男◇△2131 邦人 東京(毎日発表)行動歴ベルギーのみ

行動歴アフリカ(国不明)からの入国者起因
(空港検疫すり抜け事例)
・入国日非公表 成田 50代女◆△ 国籍不明 神奈川 1月中旬発症
⇒<市中>濃接二次感染 10代女◎△ 国籍不明 神奈川1月下旬発症
⇒<市中>濃接二次感染 40代男◎△ 国籍不明 神奈川1月下旬発症
⇒<市中>濃接二次感染 50代女◎△ 国籍不明 神奈川1月下旬発症

行動歴パキスタンからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・02/11 成田 60代男◇▲2162 外人 茨城
・02/11 成田 50代男◇▲2163 外人 埼玉
・02/12 関空 20代男◇▲2169 外人 岐阜
・02/16 関空 50代男◇▲2175 外人 滋賀
・02/16 成田 50代男◇▲2176 外人 長野 (毎日発表)無症状 (変異株発表)咳嗽
・02/18 成田 40代男◇▲2180 外人 長野 (毎日発表)喀痰、頭痛、発熱 (変異株発表)無症状
・02/20 成田 30代男◇▲2188 外人 栃木
・02/26 関空 30代男◇▲2203 外人 愛知 (毎日発表)無症状 (変異株発表)咳嗽
・02/27 関空 50代男◇▲2210 外人 福岡
・02/28 関空 30代男◇▲2217 ※3 埼玉
・03/02 関空 40代男◇▲2223 ※3 在住非公表 (毎日発表)無症状 (変異株発表)呼吸状態悪化
・03/03 成田 40代女◇▲2225 ※3 千葉
・03/04 成田 10未男◇▲2227 ※3 茨城
 ※3:No2217、No2223、No2225、No2227の少なくとも3人は外人
・03/09 関空 30代男◇▲2244 外人 大阪 (毎日発表)無症状 (変異株発表)咳嗽
・03/11 成田 20代男◇▲2250 外人 群馬 (毎日発表)無症状 (変異株発表)発熱、呼吸苦
・03/11 成田 40代男◇▲2251 外人 秋田


行動歴フィリピンからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・02/14 関空 30代女◇△2173 外人 広島 (毎日発表)無症状 (変異株発表)鼻汁
・02/25 成田 60代男◇△2196 外人 東京 (毎日発表)発熱 (変異株発表)無症状
・02/25 成田 60代男◇▽2197 外人 千葉
・03/09 関空 20代男◇▽2241 ※4 大阪 (毎日発表)無症状 (変異株発表)咳嗽
・03/10 成田 30代女◇▲2246 ※4 茨城 (毎日発表)無症状 (変異株発表)咳嗽
・03/11 成田 30代女◇▽2247 ※4 東京
・03/12 関空 20代男◇▽2255 ※4 大阪
 ※4:No2241、No2246、No2247、No2255の少なくとも1人は邦人・1人は外人

(空港検疫すり抜け事例)
・入国日非公表 空港不明 50代男◆▶ 国籍不明 岐阜 3月上旬発症/滞在国は報道で判明(知事発言)
→入国日非公表 空港不明 50代女◆▶ 国籍不明 岐阜 無症状/滞在国は報道で判明(知事発言)
⇒<市中>濃接二次感染 30代男◎▶ 国籍不明 岐阜 3月上旬発症
⇒<市中>濃接二次感染 20代男◎▶ 国籍不明 岐阜 無症状

行動歴アイルランド/スイス/フランスからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・02/17 羽田 20代男◇▲2186 外人 東京(毎日発表)発熱、頭痛 (変異株発表)無症状※3日後検査で判明と推定

行動歴米国からの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・02/19 成田 20代男◇▲2183 邦人 茨城(毎日発表)倦怠感 (変異株発表)無症状
・03/01 成田 20代男◇▲2220 外人 神奈川

行動歴ルーマニアからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・02/23 羽田 40代女◇▲2193 外人 非公表

行動歴コートジボワールからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・02/23 成田 60代男◇△2192 外人 東京

行動歴バングラデシュからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・02/24 成田 20代男◇△2194 外人 東京

行動歴ウクライナからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・02/26 羽田 20代男◇▲2208 国籍不明 千葉 (毎日発表)発熱 (変異株発表)無症状
・03/02 関空 40代男◇▲2222 ※5 大阪
・03/06 羽田 20代男◇▲2235 ※5 在住非公表 (毎日発表)咽頭痛、咳 (変異株発表)無症状
・03/06 羽田 20代男◇▲2236 ※5 東京 (毎日発表)咳、鼻閉 (変異株発表)鼻閉
 ※5:No2222、No2235、No2236のうち2人は邦人、1人は外人
・03/07 成田 10代男◇▲2238 ※6 神奈川
・03/09 成田 20代男◇▲2242 ※6 群馬 (毎日発表)発熱、咳嗽、下痢 (変異株発表)無症状
・03/12 成田 50代男◇▲2256 ※6 東京
 ※6:No2238、No2242、No2256のうち2人は邦人、1人は外人


行動歴ハンガリーからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・03/01 関空 30代男◇▲2218 邦人 広島
・03/14 羽田 40代男◇▲2261 国籍未発表 千葉

行動歴ロシアからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・03/05 羽田 40代男◇▲2228 邦人 在住非公表(毎日発表)無症状 (変異株発表)倦怠感

行動歴ネパールからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・03/05 成田 20代男◇▲2229 外人 福岡(毎日発表)咳嗽 (変異株発表)無症状
・03/12 成田 40代男◇▲2254 外人 東京

行動歴ケニアからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・03/05 成田 30代女◇▲2230 邦人 千葉

行動歴マルタからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・03/09 羽田 20代女◇▲2243 邦人 愛知

行動歴インドからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・03/09 成田 50代男◇▲2240 国籍不明 茨城

行動歴モルドバからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・03/11 関空 40代女◇▲2249 外人 大阪 (毎日発表)無症状 (変異株発表)咽頭痛、味覚障害


行動歴 チェコからの入国者起因
(空港検疫すり抜け事例)
・02/27 空港不明 50代男◆▶ 国籍不明 東京3月上旬発症

行動歴 西アフリカ地域(国不明)からの入国者起因
(空港検疫すり抜け事例)
・02/23 空港不明 60代女◆▶ 国籍不明 東京3月上旬発症

行動歴 国不明からの入国者起因
(空港検疫すり抜け事例)
・入国日非公表 空港不明 年代不明男◆▲ 国籍不明 鹿児島 2月中旬発症
・入国日非公表 空港不明 50代男◆▲ 国籍不明 埼玉 2月下旬発症
→入国日非公表 空港不明 10代男◆▶ 国籍不明 埼玉 2月下旬発症
・入国日非公表 空港不明 40代男◆▶ 国籍不明 埼玉 2月下旬発症
・入国日非公表 空港不明 40代女◆▶ 国籍不明 埼玉 3月上旬発症
・入国日非公表 空港不明 50代女◆▶ 国籍不明 富山 3月中旬発症
・入国日非公表 空港不明 50代男◆▶ 国籍不明 富山 3月中旬発症
・入国日非公表 空港不明 10代女◆▶ 国籍不明 富山 3月20日発症



その他、起因入国者不明市中感染事例もありますが、累計のみ発表に変わったため、割愛します。


空港検疫分は、毎週水曜日に詳細発表する形に変更されたようですね。
国内発症のように総数発表になることを恐れていましたが、何とか情報を保てた印象です。

新型コロナウイルス感染症(変異株)の患者等の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)



STAY HOME NOW, FLY LATER

posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2021年03月24日

空港検疫3/24_また3日後陽性2人

◇空港検疫 また3日後陽性2人、全6人中パキスタン3人 3月24日発表分

厚生労働省(厚労省)は3月24日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施しています。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定で臨時的に実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


()
3月24日現在
罹 患 率 0.397%

無症状率 92.6%
(有症状者急増中!!)
国内の隠れ感染者数(推定値)4.3万人

(比較用)日 本:罹患率0.365%=感染459,043人、死亡率0.0070%=死亡8,908人/人口約1億2562万人(2021年2月)
(比較用)アフガニスタン:罹患率0.144%=感染56,177人、死亡率0.0063%=死亡2,466人/人口約3,890万人(2020年)←※ロイター公式サイトが分かりやすいです。 https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/afghanistan/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(3月22日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2月28日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:https://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:https://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html
2020年04月04日〜2021年02月28日:https://johokotu.seesaa.net/article/480368929.html

2020年04月04日〜2021年03月01日:対象519,013人、陽性2,162人/罹患率0.416%
2020年04月04日〜2021年03月02日:対象521,994人、陽性2,168人/罹患率0.415%※海港検疫含む
2020年04月04日〜2021年03月03日:対象523,353人、陽性2,169人/罹患率0.414%
2020年04月04日〜2021年03月04日:対象525,117人、陽性2,172人/罹患率0.413%
2020年04月04日〜2021年03月05日:対象526,828人、陽性2,174人/罹患率0.412%
2020年04月04日〜2021年03月06日:対象528,613人、陽性2,176人/罹患率0.411%
2020年04月04日〜2021年03月07日:対象530,893人、陽性2,183人/罹患率0.411%
2020年04月04日〜2021年03月08日:対象532,902人、陽性2,186人/罹患率0.410%
2020年04月04日〜2021年03月09日:対象535,517人、陽性2,187人/罹患率0.408%
2020年04月04日〜2021年03月10日:対象536,794人、陽性2,189人/罹患率0.407%
2020年04月04日〜2021年03月11日:対象538,268人、陽性2,193人/罹患率0.407%
2020年04月04日〜2021年03月12日:対象539,975人、陽性2,196人/罹患率0.406%
2020年04月04日〜2021年03月13日:対象541,859人、陽性2,201人/罹患率0.406%
2020年04月04日〜2021年03月14日:対象544,615人、陽性2,205人/罹患率0.404%
2020年04月04日〜2021年03月15日:対象547,300人、陽性2,210人/罹患率0.403%
2020年04月04日〜2021年03月16日:対象551,276人、陽性2,216人/罹患率0.401%
2020年04月04日〜2021年03月17日:対象553,560人、陽性2,218人/罹患率0.400%
2020年04月04日〜2021年03月18日:対象555,785人、陽性2,232人/罹患率0.401%
2020年04月04日〜2021年03月19日:対象557,976人、陽性2,239人/罹患率0.401%
2020年04月04日〜2021年03月20日:対象560,154人、陽性2,242人/罹患率0.400%
2020年04月04日〜2021年03月21日:対象562,951人、陽性2,248人/罹患率0.399%
2020年04月04日〜2021年03月22日:対象565,261人、陽性2,257人/罹患率0.399%
2020年04月04日〜2021年03月23日:対象568,009人、陽性2,262人/罹患率0.398%

2020年04月04日〜2021年03月24日:対象569,562人、陽性2,266人/罹患率0.397%

2021年3月24日時点での罹患率をそのまま日本の人口(2月の推計人口1億2562万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約49.9万人になります。
国内のPCR検査陽性者は2021年3月24日0時現在で456,691人ですから、隠れ感染者はあと約4.3万人いると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は1,553人と、二千人を切りました。
感染者は4人増加。罹患率はジリジリ低下しています。
※2021年1月9日到着分(2021年1月11日発表分)から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年3月24日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17590.html


















空港検疫検査 到着日別詳細結果(3月23日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と2月28日までは、別にまとめています。

2020年04月03日〜10月02日:https://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月03日〜10月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月03日〜11月30日:https://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月03日〜12月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月03日〜2021年01月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html
2020年04月03日〜2021年02月28日:https://johokotu.seesaa.net/article/480368929.html

03月01日:症状 有0 無3=陽性3人 2218・2219・2220
03月02日:症状 有0 無3=陽性3人 2221・2222・2223
03月03日:症状 有0 無2=陽性2人 2224・2225
03月04日:症状 有0 無2=陽性2人 2226・2227
03月05日:症状 有2 無6=陽性8人 2228・2229・2230・2231・2232・2233・2234・2239
03月06日:症状 有2 無1=陽性3人 2235・2236・2237
03月07日:症状 有0 無2=陽性2人 2238・2245
03月08日:症状 有0 無0=陽性0人
03月09日:症状 有2 無3=陽性5人 2240・2241・2242・2243・2244
03月10日:症状 有0 無2=陽性2人 2246・2257
03月11日:症状 有0 無5=陽性1人 2247・2248・2249・2250・2251
03月12日:症状 有1 無5=陽性5人 2252・2253・2254・2255・2256・2268
03月13日:症状 有0 無6=陽性6人 2258・2259・2260・2272・2273・2274
03月14日:症状 有0 無8=陽性8人 2261・2262・2263・2264・2265・2266・2284・2285
03月15日:症状 有1 無3=陽性4人 2267・2269・2289・2290
03月16日:症状 有3 無8=陽性11人 2770・2771・2775・2776・2777・2778・2779・2780・2781・2782・2783
03月17日:症状 有0 無3=陽性3人 2286・2287・2297
03月18日:症状 有0 無3=陽性3人 2288・2291・2292
03月19日:症状 有0 無4 陽性6人 2293・2294・2295・2296・2314・2315

03月20日:症状 有1 無9(+2)=陽性10人 2298・2299・2300・2301・2302・2303・2304・2305・2318・2319
 [空港別] 成田4・羽田3・関空3(+2)
 [男女別] 男8(+2)・女2
 [年代別] 10代下1・20代2(+1)・30代2・40代4(+1)・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] フィリピン2・バングラデシュ2・パキスタン2(+1)・アフガニスタン/UAE1(+1)・UAE/エジプト1・イタリア1・米国1
 [居住地] 北海道1・茨城1・千葉1・東京2・奈良1・大阪1(+1)・佐賀1(+1)・非公表2

03月21日:症状 有1 無7=陽性8人 2306・2307・2308・2309・2310・2311・2312・2313
 [空港別] 成田4・羽田3・関空1
 [男女別] 男5・女3
 [年代別] 10代下0・20代1・30代2・40代2・50代2・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] バングラデシュ1・インド2・米国1・キューバ1・ペルー1・ブラジル2
 [居住地] 茨城1・埼玉2・東京1・神奈川1・静岡1・大阪1・鳥取1
03月22日:症状 有2 無0=陽性2人 2316・2317
 [空港別] 成田2
 [男女別] 男2・女0
 [年代別] 10代下0・20代0・30代1・40代1・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] パキスタン1・ジブチ1
 [居住地] 茨城1・埼玉1
03月23日:症状 有0 無3=陽性3人 2320・2321・2322
 [空港別] 成田2・羽田1
 [男女別] 男2・女1
 [年代別] 10代下0・20代0・30代1・40代1・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] バングラデシュ1・パキスタン2
 [居住地] 神奈川1・非公表2

03月24日:症状 有0 無1=陽性1人 2323
 [空港別] 関空1
 [男女別] 男1・女0
 [年代別] 10代下0・20代0・30代0・40代0・50代0・60代0・70代1・80代上0
 [渡航元] インドネシア1
 [居住地] 大阪1


合計6人の陽性確認が発表されました。
3日遅れ陽性者が2人出ています。
2020年4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は2021年3月24日までの356日間で2,244人になりました。
2,244人のうち有症状は165人です。無症状は2,079人で、無症状率は92.6%です。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
23日成田着パキスタンから入国の在住地非公表者2人(40代男・30代女)が連番確認されており、団体感染が疑われます。

3日遅れ陽性者は2人です。
アフガニスタン/アラブ首長国連邦からとパキスタンからで、5日に3日間強制隔離が追加された国々からの入国者です。これで5日〜20日着までの16日間で16人目となりました。
従来の検疫方法ではすり抜けが多すぎるということがはっきりと証明されてしまっています。


パキスタンの勢いが止まりません。
非公表が増えてくると、陽性者が増えてくる印象で、感染拡大の危険信号ですね。

年度末にまとめて在留邦人の入れ替えし大人数を行き来させる企業が多いわけではないですよね、、、。パンデミックから一年以上、いつでも行き来できるタイミングはあったわけですし、、、。


新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17532.html


STAY HOME NOW, FLY LATER

ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

3月2週入国_邦人急増続く

◇空港検疫 3月2週目検体数≒入国者は横ばいも日本国籍者急増続く、感染者多かった昨年末のような状態

入国者数のほぼ判明している状態が9週目に突入


厚生労働省(厚労省)は24日、空港検疫での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)検査状況の3月2週目(3月7日〜3月13日)分の速報値を発表しました。この数字から行動歴別の入国者数が推定できます。

厚労省の速報は、週間の検体数と陽性者数を、日本国籍者、外国籍者別に、滞在国ごとに出した非常に細かいデータです。
1月9日から全入国者が検査対象となったため、COVID-19パンデミック後初めて検査数≒入国者数となっています。複数回検査する人や14日以内に複数国滞在した人もいるので、厳密には=ではありませんし、乗員は対象外ですが、検査数が入国者数に限りなく近づきました。

今回発表は、一週間分に過ぎませんが、これまで確認することが出来なかった、行動歴別のほぼ正確な入国者数が8週連続で判明しています。

検体数≒入国者の増加は止まるも日本人は急増続く
3月2週目は、検査数は14,467件(前週比+381件)と、前週から横ばいでした。ここのところ続いていた増加が止まった状態ですが、国籍別入国者数は大きく変化しています。
日本国籍者は8,891件(前週比+1,316件)と急増が止まらず、一方で外国籍者は5,576件(前週比-935件)と一気に減りました。

各国とも増加傾向、特に米国が急増
国別で見ると、最も入国が多かったのは米国で3,069件(前週比-14件)とわずかながら減少しています。二位は中国で2,084件(前週比+253件)、三位はフィリピンで1,036件(前週比-170件)、四位は韓国で864件(前週比-28件)。四番目までは前週と同じです。
五位はタイが浮上し、711件(前週比+210件)と一気に増えました。


六番目は台湾で560件(前週比+56件)。七番目はインドネシアで478件(前週比+57件)、八番目にドイツが443件(前週比+116件)急増。かわりにインドが379件(前週比-113件)と急減しています。十位はシンガポール342件(前週比+71件)でした。

この週は、総数の増減は各国バラバラになっています。

この他に目立った国は、一気に増えたのが、モンゴル(皆増の17件)とベラルーシ(10件増の11件)。一気に減ったのがイラク(12件減の3件)、ザンビア(11件減の2件)、コソボ(12件減の0件)でした。

また、ここのところウクライナからの入国者の陽性が目立っていますが、105件(前週比-21件、日本国籍者は前々週8件→前週88件→今週69件)と日本国籍者が急に増えたまま変わりません。

年度末需要?で日本人増加
日本人が多いのは、上位十位までの国では、米国、タイ、インドネシア、ドイツ、シンガポールです。
米国は相変わらず日本人が多く、日本国籍者2,454件・外国籍者615件とさらに差が開いています。
タイ(日本国籍者650件・外国籍者61件)、ドイツ(日本国籍者404件・外国籍者39件)、シンガポール(日本国籍者303件・外国籍者39件)はずっと日本人が多い傾向が続いています。
インドネシアは、ずっとに違い拮抗していた国でしたが、今週は外国籍者が急減し、日本国籍者286件・外国籍者192件となっています。
欧米は日本人が多いのは傾向として変わっていませんね。

日本人と外国人が多い同じくらいなのは、上位十位までの国では、台湾でした。
日本国籍者304件・外国籍者256件と差がやや開いています。

外国人が多いのは、上位十位までの国では、中国、フィリピン、韓国、インドでした。
中国は日本国籍者791件・外国籍者1,293件と少し差が縮まりました。
外国人がずっと多いままの筆頭は相変わらずフィリピンで、日本国籍者172件・外国籍者864件。韓国は日本国籍者288件・外国籍者576件、インドは日本国籍者139件・外国籍者240件でした。中国以外は外国籍者が減少傾向です。

この他、十位以内に入っていませんが14位のネパールは外国籍者の方が圧倒的に多く、ほぼ外国籍者です。
一方、11位の英国、13位のメキシコが日本国籍者の方が圧倒的に多い状況に変化はありません。12位のベトナムも日本国籍者の方が多いです。
15位のブラジルは外国籍者が減少し、日外近い件数になっています。

・高感染国が多い欧米からの入国は、日本人が多い
・南アジアからは圧倒的に外国人が多い。

といった傾向が続いています。

この時期に日本国籍者が増えるというのは年度末・年度初めの異動需要でしょうか。
感染爆発が起きた昨年12月の前は、日本国籍者の入国急増(特に欧米からの入国急増)→検疫での陽性者急増→国内の陽性者急増の流れがありました。
同じこと起きないですよね、、、。

罹患状況などの詳細の分析は後日別途で記事にします。

水際対策(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kansenkakudaiboushi-iryouteikyou.html#h2_7


STAY HOME NOW, FLY LATER

posted by johokotu at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

羽田_空港概要(総合)

情報交通ホットライン/日本空港情報館/東京国際空港(羽田空港)
日本空港情報館
東京国際空港(羽田空港)

top.jpg
東京国際空港(羽田空港)

■飛行場の概要
東京都大田区にある国管理空港(旧・第1種空港)です。
日本最多の4本の滑走路を持ち、50近い国内空港と結ばれた、世界第5位の旅客利用者数を誇る、日本を代表する空港です。
大正5年、多摩川河口付近の干潟に日本飛行学校が設立されたのが飛行場としての始まり。昭和6年に羽田飛行場として整備され、立川飛行場から移転開場しました。戦後米軍占領下に周囲の穴守地区を強制立退きにより編入して拡張。米軍基地を経たのち昭和22年には民間定期便が再開され、昭和27年の日本返還と同時に東京国際空港になりました。昭和39年にオリンピック開催に合わせた3滑走路化拡張、平成5年に沖合移転するなど複数回の拡張を経過。昭和53年成田国際空港開港と同時に国内線用空港化されましたが、平成22年に4滑走路化すると同時に再国際化されています。
空港区域は多摩川河口付近の埋立地に位置し、4本の滑走路が井桁状に配置されています。平成22年にできたD滑走路は多摩川河口に突き出る形で存在し、その他の部分は一つの島のようになっています。これらの島は、飛行場設立時からある旧穴守地域につなげる形で幾度も拡張してきた埋立地で、飛行場設立時からある旧穴守地域に整備場エリア、平成5年の再拡張で誕生した埋立拡張地域に第1・第2ターミナルエリア(旧国内線エリア)、両地域の中間部に第3ターミナルエリア(旧国際線エリア)と大きく3つの地区が存在しています。
旅客が使用するターミナルは第1、第2、第3の合計3棟あります。


■飛行場種別:国管理空港(旧・第1種空港)
■設置管理者:国土交通大臣
■滑走路延長:(A)3000m/(B)2500m/(C)3000m/(D)2500m
■空港コード:HND/RJTT
■旅客ビル管理者:(第1・第2)日本空港ビルデング、(第3)東京国際空港ターミナル


※情報は特記以外令和2年7月現在のものです。
就航路線
→「就航路線」を参照

SKYVIEW
skyview.jpg skyview3.png
(写真は平成22年12月撮影)
東京国際(羽田)→那覇便の右窓席で羽田空港離陸時に撮影。空港南東側上空。
羽田空港は多摩川河口付近に造成された空港です。平成22年10月にD滑走路の運用がスタートしました。空から見ると海にD滑走路が飛び出ていることがよく分かります。

■第1・第2ターミナルエリア(旧国内線エリア)
001.jpg第1・第2ターミナルエリア(旧国内線エリア)
(写真は平成22年09月撮影)
空港島の中央やや東寄りに広がるエリアが羽田空港のメインエリアである第1・第2ターミナルエリア(旧国内線エリア)です。平成5年の沖合展開開始とともに供用が始まったエリアで、井桁上に配置された4本の滑走路の中央部に位置します。北側から国内線貨物地区、旅客地区、新整備場地区と大きく3つの地区があります。中央を首都高速湾岸線が南北に貫通しており、3つの地区はそれぞれ東西に分割されています。
空港を管理する東京空港事務所はこのエリアにあり、新旧2つの管制塔がそびえます。旅客ターミナルビルは中央西側に第1旅客ターミナルビル、同じく東側に第2旅客ターミナルビルがあり、ターミナルに面してエプロンが広がっています。
(写真は東側より撮影。手前側が第2旅客ターミナル、奥側が第1旅客ターミナル側。)
第1旅客ターミナル詳細
第2旅客ターミナル詳細
011.jpg東京空港事務所
(写真は平成22年11月撮影)
羽田空港を管理するのは国土交通省東京空港事務所で、第1・第2ターミナルエリア(旧国内線エリア)の中央部に事務所棟があります。建物は平成5年の沖合移転から使用しており、一体となっている旧管制塔と曲線が目立つデザインです。D滑走路完成に合わせて平成22年1月14日より使用を始めた新管制塔は115.7mと日本一の高さで、事務所の建物からは離れた位置にあります。
(写真は北側より撮影。奥に見えるのが新管制塔。)
014.jpg国内線貨物地区
(写真は平成22年9月撮影)
第1・第2ターミナルエリア(旧国内線エリア)の北側には国内線貨物地区が広がっています。首都高速により東西に分かれており、東貨物と西貨物があります。それぞれに2か所ずつゲートがあります。
大部分の建物は空港施設が管理しており、JAL、ANAの貨物ビルのほか、TFKなどのケータリング施設もあります。
この地区には鉄道駅はなく、国内線の旅客ターミナルに直結する駅から徒歩か路線バスでのアクセスが主流です。路線バスは、第1→東京空港事務所前→西貨物→東貨物→空港警察署前→第2→第1と結ぶ空71系統と、第1→東京空港事務所前→西貨物→東貨物→空港警察署前→第2→東新整備場→南新整備場→西新整備場→第1と結ぶ空72系統が運行されています。
(写真は東側より撮影。手前側が東貨物、奥側が西貨物側。)

※平成26年10月01日:空72系統 新設
HND013.jpg
013.jpg
新整備場地区
(写真は平成28年4月・平成22年11月撮影)
第1・第2ターミナルエリア(旧国内線エリア)の南側に位置するのが新整備場地区です。貨物地区と同じく中央の首都高速で東西に分断されており、西側には大型の格納庫が5つ並んでいます。格納庫は北側の2つがJASの流れをくむJAL、中央はSKY、南側2つはANAが使用しています。建物のほとんどは空港施設の管理です。南端部には三愛石油のガスタンクが並んでいます。
かつて日本エアシステムの本社があったほか、平成24年からSKYの本社が置かれています。
地区の北西端に東京モノレールの新整備場駅があります。路線バスは、空71系統(1日1便)と空72系統が運行されています(南新整備場バス停は東京都最南端バス停)。また、空港バスは、東新整備場発(東発後、南新整備場→西新整備場→第2→第1と停車、空港エリアは乗車のみ)・西新整備場着(西着まで、第1→第2→東新整備場→南新整備場と停車、空港エリアは下車のみ)で横浜駅(YCAT)発着便が1日4.5往復運行されています。
旅客が利用することはなく、航空関係者以外の利用者はほとんどいませんが、JAL機体整備工場とANA機体メンテナンスセンターでは一般向けの見学会が開催されており、一般人の目に触れる機会もあるようです。
また、昭和60年に起きたJAL123便の墜落機の残骸なども遺しているJAL安全啓発センターはこの地区にあります。

※平成24年07月02日:空港バス 横浜駅(YCAT) 新設
※平成26年10月01日:空72系統 新設

■第3ターミナルエリア(旧国際線エリア)
002.jpg第3ターミナルエリア(旧国際線エリア)
(写真は平成22年11月撮影)
空港島の中央南側に第3ターミナルエリア(旧国際線エリア)があります。平成22年10月から供用開始となった新しい地区です。令和2年4月にターミナルの名称が国際線旅客ターミナルビルから第3旅客ターミナルビルに代わっています。
北西側を空港アクセス道路、南側を環状八号線、北東側をA滑走路に挟まれた三角形の区域で、新たに専用のエプロンも整備されています。北側に国際線旅客地区、南側に国際線貨物地区があります。
西側半分は空港跡地第2ゾーンです(後述)。
エリア全体がPFI事業で運営されています。
第3旅客ターミナル詳細
015.jpg国際線貨物地区
(写真は平成22年11月撮影)
第3旅客ターミナルビルに隣接し、国際線用の貨物ターミナルビルがあります。空港内の貨物地区は大部分が空港施設の管理ですが、この地区はPFI募集の際に空港施設のグループは落選してしまい、東京国際エアカーゴターミナル(TIACT)により建設運営されています。
この地区には鉄道駅や路線バスのバス停はなく、羽田空港第3ターミナル駅から徒歩でのアクセスとなります。
航空会社ではANAのみが唯一専用の貨物ビルを使用しています。

■跡地エリア第1ゾーン
HNDO1-001.jpgHANEDA INNOVATION CITY
(写真は令和2年10月撮影)
羽田空港島内のうち、天空橋駅と第3ターミナルエリアの間では、跡地第1ゾーン、跡地第2ゾーン、跡地第3ゾーンと呼ばれて跡地利用が進んでいます。このうち、天空橋駅隣接の跡地第1ゾーンでは先端産業拠点・クールジャパン発信拠点「HANEDA INNOVATION CITY」が令和2年7月にオープンしました。
研究拠点施設と商業施設が点在しています。
令和2年の段階では部分開業で、今後徐々に新施設がオープンしています。
ゾーンがA〜Lの13のエリアに分かれています。1階は車道が多く、歩行の場合は2階のINNOVATION CORRIDORで各エリアを行き来できます。
ゾーンA〜ゾーンCは2022年開業予定です。研究施設などが多いため、一般利用できる施設が限られます。
ゾーンD:2階 飲食店1店舗(HANEDA SKY BREWING)
ゾーンE:2階 サービス施設1施設(羽田出島 | DEJIMA by 1→10)、3階 足湯スカイデッキ(後述)
ゾーンF:1階のみ。
ゾーンG:1階のみ。水素ステーション1店舗(後述)
ゾーンH:1階-3階 サービス施設1施設(Zepp Haneda(TOKYO))、2階 売店1店舗(駿河屋)・飲食店2店舗(春茶 harucha・さとむすび)
ゾーンI:2階 飲食店1店舗(羽田昔ばなし横丁)
ゾーンJ:2階 飲食店1店舗(春香園・とんかつ檍・Creadisce)・サービス店1店舗(LUXURY FLIGHT)・ホテル受付(後述)・ コングレスクエア羽田受付、3階 サービス施設1施設(さわやか信用金庫 ビジネスマッチングセンター)
ゾーンK:地下1階 サービス施設1施設(個室ワークスペースTELECUBE)、1階 飲食店1店舗(TULLY’S COFFEE)・サービス施設1施設(HANEDA × PiO)、2階 店舗1店舗(デイリーヤマザキ)、3階 サービス施設1施設(よい仕事おこしプラザ なんでも相談プラザHICity)
ゾーンL:1階のみ。アーティストビレッジと呼ばれる完全外部空間です。飲食店1店舗(フリスビーフライングピッツァ天空橋)

※令和02年07月03日:HANEDA INNOVATION CITY 新設
HNDO1-003.jpg足湯スカイデッキ
(写真は令和2年10月撮影)
HANEDA INNOVATION CITYのゾーンE屋上には足湯スカイデッキがあります。
足湯に浸かりながら空港を眺められます。
入場無料。営業時間も5:30〜23:30と長時間で夜景撮影もできます。
HNDO1-004.jpg足湯スカイデッキからの眺め
(写真は令和2年10月撮影)
正面にはB滑走路があります。
旧整備場エリア〜B滑走路〜第3ターミナル地区〜多摩川までの景観が広がります。
B滑走路からの離陸機を正面からやや斜め気味に撮影できます。
HNDO1-005.jpgモニュメント等
(写真は令和2年10月撮影)
天空橋駅交通広場に「旧三町顕彰の碑」があります。
HANEDA INNOVATION CITY周辺を中心に戦前、羽田鈴木町、羽田穴守町、羽田江戸見町が広がっていたことを顕彰する碑が立っています。また、床面で旧三町の地図が描かれています。
旧三町の成り立ち、戦後の強制退去、羽田空港の歴史を紹介する案内板があります。
HNDO1-006.jpgホテル(京急EXイン)
(写真は令和2年10月撮影)
ゾーンJに京急EXインがあります。
京急EXインでは初めて大浴場が提供されています。
空港のターミナルとの間には、無料シャトルバスが運行されています。
HNDO1-035.jpg天空橋駅交通広場
(写真は令和2年10月撮影)
HANEDA INNOVATION CITYは、天空橋駅直結ですが、周囲にバス停も複数整備されており、バスでのアクセスもできます。ゾーン領域内に天空橋駅(交通広場)バス停、ゾーン領域西側に隣接する道路上に天空橋駅バス停、ゾーン領域南側に隣接する道路上に羽田空港二丁目バス停があります。全て京浜急行バスの運行です。
天空橋駅(交通広場) ※2番〜4番は未使用
 1番:森21・蒲31系統 羽田空港第1ターミナル行(空港アクセス道路経由(第3・第2経由))、空71系統 羽田空港第1ターミナル行(環八経由(第3・第2未経由))
 4番:森21・蒲31・蒲43・空71・蒲73・川77系統 羽田車庫行(深夜バス有)、蒲42系統 羽田整備場行
 5番:蒲31系統 蒲田駅行(日の出通り経由/深夜バス有)、蒲40・蒲42・蒲43系統 蒲田駅行(萩中経由)
 6番:森21系統 大森駅行(深夜バス有)、蒲73系統 蒲田駅行(仲六郷経由)、川77系統 川崎駅行
羽田空港二丁目(南側道路上)=西行は全便空港始発
 東行:森21・蒲31・蒲41・空51・空71系統 羽田空港第1ターミナル行(空港アクセス道路経由(第3・第2経由))、森11・蒲30系統 羽田空港第2ターミナル行(早朝バス・空港アクセス道路経由(第3経由/第1未経由))、空71系統 羽田空港第1ターミナル行(環八経由(第3・第2未経由))
 西行:森11系統 大森駅行(深夜バス)・森21系統 大森駅行、蒲30、蒲31系統 蒲田駅行(日の出通り経由/深夜バス有)、蒲41系統 蒲田駅行(萩中経由)、空51系統 川崎駅行、空71系統 羽田車庫行

※令和02年07月03日:天空橋駅(交通広場) バス停新設(森21・蒲31・蒲40 使用開始)
※令和03年03月24日:天空橋駅(西側道路上) バス停廃止(森21(羽田車庫発着)・蒲31(羽田車庫発着)・蒲42・蒲43・空71・蒲73・川77 交通広場発着に変更)
HNDO1-007.jpg祈祷室
(写真は令和2年10月撮影)
ゾーンJ2階に祈祷室があります。
喫煙所もゾーンJ2階の1か所のみのようです。
HNDO1-033.jpg水素ステーション
(写真は令和2年10月撮影)
ゾーンGは水素ステーションです。
HNDO1-034.jpg自立走行バス
(写真は令和2年10月撮影/ゾーンL脇乗り場)
ゾーン内の移動用に日本初の自立走行バスが常時運行されています。ゾーンJの1階とゾーンL脇(後述の駐車場・駐輪場脇)を結ぶものです。
2つのバス停間は歩いても1、2分でアクセスできるため、実証運行に近いバスになっています。

■跡地エリア第2ゾーン
HND013.jpgソラムナード羽田緑地
(写真は平成31年4月撮影)
第3ターミナルエリアに隣接する跡地第2ゾーンのうち、多摩川沿いの細長い領域に緑地公園の「ソラムナード羽田緑地」が平成31年4月にオープンしました。まだ部分開業となっていますが、川沿いに散策路が設けられているほか、展望台(東屋)が3か所設置されています。中央部に羽田空港船着場があります。

ソラムナード羽田緑地付近には駅はなく、羽田空港第3ターミナル駅から徒歩でのアクセスが最も近いです(道路脇歩道を大回りしての移動)。
また、駐車場やタクシー乗り場等はありませんので、徒歩以外ではバスでのアクセスが主流。羽田空港船着場付近の環状八号線に空港二丁目交差点バス停があります。

空港二丁目交差点
 東行:森21・蒲31・蒲41・空51・空71系統 羽田空港第1ターミナル行(空港アクセス道路経由(第3・第2経由))、森11・蒲30系統 羽田空港第2ターミナル行(早朝バス・空港アクセス道路経由(第3経由/第1未経由))、空71系統 羽田空港第1ターミナル行(環八経由(第3・第2未経由))
 西行:森11系統 大森駅行(深夜バス)・森21系統 大森駅行、蒲30、蒲31系統 蒲田駅行(日の出通り経由/深夜バス有)、蒲41系統 蒲田駅行(萩中経由)、空51系統 川崎駅行、空71系統 羽田車庫行

※平成31年04月01日:ソラムナード羽田緑地 新設
HND017.jpg日航機遭難者慰霊碑
(写真は令和2年10月撮影)
ソラムナード羽田緑地第2ゲート付近に日航機遭難者慰霊碑があります。24人の死者を出した昭和57年2月9日発生の日本航空350便墜落事故(逆噴射事故)の慰霊碑です。
元々もう少し西側の河川沿いにありましたが、堤防工事の進捗に伴い、現在地に移転してきました。
川沿いの時はほとんど目立っておらず、ひっそりと設置されていましたが、移転後は、ソラムナード羽田緑地の堤防上から丸見えになりました。
HNDO2-001.jpg跡地第2ゾーン(羽田エアポートガーデン)
(写真は令和2年10月撮影)
跡地第2ゾーンのうち、第3ターミナル直結で羽田エアポートガーデンが整備されています。
建物はできているようですが、令和2年10月現在、新型コロナウイルス感染症パンデミックの影響で開業が延期されています。
外周部も含め立ち入りはできません。

■整備場エリア
HND012.jpg
HND012.jpg
整備場エリア
(写真は平成27年2月・平成31年4月撮影)
空港区域の西側、海老取川とB滑走路に挟まれているエリアが整備場エリアです。羽田が飛行場として設立された当初からある地区で、住所も大田区羽田空港1丁目。B滑走路南端付近にあった旧旅客ターミナルが昭和30年にできるまでは空港のメインエリアとして機能していました。
航空各社の格納庫や整備ビルが多数存在。新聞社や海保、航空局などの格納庫もあり、羽田の航空施設が凝縮されています。
古い格納庫があるなど羽田の歴史が感じられる地区で、旧滑走路の一部をエプロンとして使用しており、グーグルアースなどで見てもその形状がまだ分かります。
地区入口に東京モノレールの整備場駅があります。路線バスは羽田整備場バス停がありますが、運行便数は平日のみ1日1往復です。
駐機する航空機、羽田の象徴的な新交通であるモノレール、海老取川を行く船舶を同時にのんびり眺められます。

羽田整備場
 蒲42系統 蒲田駅行(萩中経由)

■鉄道アクセス施設
日本有数の広さがある空港で、エリアが点在することもあり、空港敷地内には5か所9駅の鉄道駅があります。東京モノレール羽田線と京浜急行電鉄空港線の2路線が乗り入れていて、前者は整備場、天空橋、羽田空港第3ターミナル、新整備場、羽田空港第1ターミナル、羽田空港第2ターミナルの6駅、後者は天空橋、羽田空港第3ターミナル、羽田空港第1・第2ターミナルの3駅が開設されています。
東京モノレールは浜松町-羽田空港第3ターミナル間が空港快速で13分、京急は品川-羽田空港第3ターミナル間がエアポート快特で12分で、都心から最速20分程度でアクセスできます。
HND004-1.jpg整備場駅
(写真は平成31年1月撮影)
整備場エリアには東京モノレール羽田線の整備場駅があります。昭和42年開業。羽田空港敷地内にある駅の中で最も古い駅舎を使用する駅となっています。開業当初は羽田整備場駅で平成5年に現駅名に改称されています。
004-2.jpg天空橋駅
(写真は平成22年11月撮影)
羽田空港の玄関口にあたる東端部に東京モノレール羽田線と京浜急行電鉄(京急)空港線の天空橋駅(地下駅)があります。HANEDA INNOVATION CITY直結。同じ駅でホーム間の連絡改札口もあるほど近接していますが、地上駅舎は分かれています。東京モノレールはジェット機のエンジンをイメージした駅舎です。
現在の駅舎は、沖合展開が実施された平成5年に羽田駅として開業したものです。平成5年までこの駅の東側には旧旅客ターミナル地区があり、東京モノレールは旧旅客ターミナル地下に羽田駅として乗り入れていました。東京モノレールの駅はこの旧・羽田駅からの移転扱いとされており、開業日は昭和39年とされています。一方の京急は平成5年までは海老取川を挟んだ西側に羽田空港駅を営業していましたが、同駅を廃止した新駅として設置しています。
平成10年の京急線羽田空港駅(現:羽田空港第1・第2ターミナル駅)開業に合わせ、現駅名に改称されました。日本で最もかっこいい駅名の駅としてネットユーザーに大人気なのだそうです。
令和2年7月、HANEDA INNOVATION CITY開業に合わせて、駅前交通広場、HiCity口が新設されています。

※令和02年07月03日:HiCity口新設
311-1.jpg
▲京浜急行電鉄 羽田空港第3ターミナル駅
311-2.jpg
▲東京モノレール 羽田空港第3ターミナル駅
羽田空港第3ターミナル駅
(写真は平成22年10月撮影)
第3ターミナルエリア(旧国際線エリア)には、平成22年10月の旅客ターミナルビル開業に合わせ、旅客ターミナルビルに直結して、京急空港線と東京モノレール羽田線の羽田空港第3ターミナル駅が設けられています。
開業以来、京急は羽田空港国際線ターミナル駅、東京モノレールは羽田空港国際線ビル駅と、同じ立地ながら別名称の駅になっており、やや紛らわしいことになっていましたが、令和2年3月のターミナル名称変更に合わせて、羽田空港第3ターミナル駅に統一されています。
京急のホームは地下2階にあります。下り線ホームからは地上3階まで高低差23メートルを一気に上がる直通の超ロングエスカレータがあるほか、4台の大型エレベータが上下移動をスムーズにしています。京急ツーリストインフォメーションセンターが設置されています。カートのホーム持ち込みが可能です。
東京モノレールのホームは3階に立地。下りホームは改札口を挟んでターミナル3階と直結しており、ホームに降り立ってからチェックインカウンタまで上下移動なし、もっとも近いカウンタまで徒歩1分もかからずに到達できます。2階部にJR東日本外国人旅行センターが設置されています。
いずれの駅も2階(第3旅客ターミナルビル到着階)に改札口があり、東京モノレールは3階(同出発階)に下りホーム用、京急は地下2階に下りホーム用の改札口を設けています。

※令和02年03月14日:駅名称変更(京急:羽田空港国際線ターミナル駅→羽田空港第3ターミナル駅、東京モノレール:羽田空港国際線ビル駅→羽田空港第3ターミナル駅)
HND004-5.jpg新整備場駅
(写真は平成29年11月撮影)
第1・第2ターミナルエリア(旧国内線エリア)新整備場地区には、地区の北東端に東京モノレール羽田線の新整備場駅があります。平成5年の沖合展開時に開業しました。JAL格納庫のわきにある小さな地下駅です。入口すぐわきに誘導路があり、行き交う飛行機を間近に眺められます。
004-6.jpg羽田空港第1ターミナル駅
(写真は平成22年10月撮影)
第1・第2ターミナルエリア(旧国内線エリア)旅客ターミナル地区には3つの駅があります。東京モノレールは第1旅客ターミナルビルと第2旅客ターミナルビルで別の駅を開設しており、第1旅客ターミナルビル直結駅として東京モノレール羽田線羽田空港第1ターミナル駅があります。
平成5年開業。第1旅客ターミナルビルの地下2階部にホームがあり、地下1階に南口、北口と2か所改札口が設けられています。
※令和02年03月14日:駅名称変更(羽田空港第1ビル駅→羽田空港第1ターミナル駅)
HND004-7.jpg羽田空港第1・第2ターミナル駅
(写真は平成31年1月撮影)
第1・第2ターミナルエリア(旧国内線エリア)旅客ターミナル地区にある3つの駅のうち、京急が開設しているのが羽田空港第1・第2ターミナル駅です。第1旅客ターミナルビルと第2旅客ターミナルビルを橋渡しするように設置されており、どちらのターミナルを利用する場合も間違えずに下りることができます。沖合展開には間に合わず平成10年開業、羽田空港国際線ターミナル駅開業に伴い現在の駅名に改称、さらに令和2年3月の第3ターミナル名称変更に伴い駅名をさらに改称しました。
地下3階部分にホームがあり、地下2階に各ターミナル側に1か所ずつ計2か所の改札口が設けられています。各ターミナルへ直結する通路のほか、駅舎ではありませんが、各ターミナル側とも地上への専用出口も設けられています。
※令和02年03月14日:駅名称変更(羽田空港国内線ターミナル駅→羽田空港第1・第2ターミナル駅)
004-8.jpg羽田空港第2ターミナル駅
(写真は平成22年10月撮影)
東京モノレールが設けている第2旅客ターミナルビル直結駅が東京モノレール羽田線羽田空港第2ターミナル駅です。
平成16年第2旅客ターミナルビル開業に合わせて開業しました。第2旅客ターミナルビルの地下2階部にホームがあり、地下1階に南口、北口と2か所改札口が設けられています(南口は平成22年南側拡張時に開設)。
※令和02年03月14日:駅名称変更(羽田空港第2ビル駅→羽田空港第2ターミナル駅)

■海上アクセス施設(船着場)
HND0-015.jpg羽田空港船着場
(写真は平成29年8月撮影)
平成23年7月に完成した新しい施設として、第3旅客ターミナル近くの多摩川沿いに船の発着ができる「羽田空港船着場」があります。平成5年までの旧ターミナル時代に航空機のジェット燃料等を供給する三愛石油のタンカーバースとして活用していた桟橋を、第1旅客ターミナルビルと第2旅客ターミナルビルを運営する日本空港ビルデングが、旅客船用の桟橋として整備し直した施設です。
平成23年12月に待合所も完成しましたが、平成28年に道路工事などの進捗に伴い閉鎖しています。
船着場までのアプローチは、平成29年8月5日に多摩川堤防部を通る新経路に変更されて運航時間帯以外は多摩川堤防部にある階段と堤防歩道は閉鎖されるようになりましたが、平成31年4月に堤防部を含むソラムナード羽田緑地がオープンし、常時桟橋の目の前まで行けるようになりました。
平成26年7月から船舶定期便が就航しています。
最寄りバス停は、空港二丁目交差点で、空港発は堤防前、空港行は道路(環八)を渡った場所にあります。

■のりば お台場海浜公園行、横浜みなとみらいぷかり桟橋行(ケーエムシーコーポレーション)

※平成26年07月20日:お台場海浜公園行、横浜みなとみらいぷかり桟橋行 就航
※平成29年07月09日:アクセスバス(羽田空港船着場−国際線ターミナル間) 運休
※平成29年08月05日:入口変更(多摩川堤防新経路からのアクセスへ変更)
※平成31年04月01日:ソラムナード羽田緑地新設で入口変更(堤防部への常時立入可能化)
HND015-2.jpg羽田空港天空橋船着場
(写真は平成31年1月撮影)
平成24年4月に完成した新しい船着場です。羽田空港島の東端、天空橋のすぐ脇の海老取川に設けられています。空港の船着場というよりは羽田地区の船着場のようなイメージですが、空港島内にあります。天空橋駅出入口の目の前にあるため、アクセス利便性は羽田空港船着場より高いです。

■地上アクセス施設(駐車場)
hnd-p1.jpg
▲P1
hnd-p2.jpg
▲P2
第1旅客ターミナルビル側駐車場(P1・P2)
(写真は平成26年1月撮影)
第1旅客ターミナルビル側には第1駐車場(P1)と第2駐車場(P2)の2つの駐車場があります。P1は南ウイング側、P2は北ウイング側にあります。P1は日本空港ビルデング、P2は空港環境整備協会による管理運営です。
それぞれ4階が第1旅客ターミナルビルの3階と連絡橋で結ばれています。予約ブースあり。平成22年10月に値下げが実施されており、入場30分までは無料化されています。
hnd-p3.jpg
▲P3
hnd-p4.jpg
▲P4
第2旅客ターミナルビル側駐車場(P3・P4)
(写真は平成26年1月撮影)
第2旅客ターミナルビル側にはP3とP4の2つの駐車場があります。P3は北側、P4は南側です。P3は空港環境整備協会、P4は日本空港ビルデングによる管理運営です。
P3は4階が第2旅客ターミナルビルの3階と連絡橋で結ばれています。
P4は平成22年8月に拡張され、本館と別館の2棟があります(入口は共通)。別館の5階、本館の4階、第2旅客ターミナルビルの3階がそれぞれ連絡橋で結ばれています。P4にはペットホテルが入居しており、専用のトイレも用意されています。また、電気自動車用充電器(急速充電器と一般充電器)が設置されています。
いずれも予約ブースあり。平成22年10月に値下げが実施されており、入場30分までは無料化されています。
HND-P5.jpg第3旅客ターミナルビル側駐車場(P5)
(写真は令和2年10月撮影)
第3旅客ターミナルビル前にはP5駐車場があります。楕円形をした9層の駐車場です。第3旅客ターミナルビル2階と連絡橋でつながっています。一般ブースのほか、予約車専用ブースや個室ブースも用意されています。自動二輪車も駐車可能。入場30分までは無料化されています。
※平成26年03月30日:2層拡張による9層化
※令和02年03月14日:駐車場名称変更(P国際線→P5)
HND-PO1.jpgHANEDA INNOVATION CITY駐車場
(写真は令和2年10月撮影)
HANEDA INNOVATION CITYには、同エリア東側に専用駐車場が整備されています。1か所しかありませんが、HICity P1と命名されています。190台対応の平面駐車場で、30分まで無料です。対象施設利用でさらに30分無料となるサービスがあります。

※令和02年07月03日:HANEDA INNOVATION CITY駐車場 新設

■地上アクセス施設(駐輪場/レンタサイクル)
HNDTI031.jpg地上アクセス施設(国際線駐輪場)
(写真は平成30年11月撮影)
羽田空港内には駐輪場がほとんどありません。ターミナル周りには、第3旅客ターミナル入口付近に無料駐輪場(国際線駐輪場)が設置されているのみです。
空港島内には、このほかに、下記の西端のHANEDA INNOVATION CITYの駐輪場、天空橋駅入口付近に大田区の天空橋駅駐輪場があります。

※平成30年11月01日:駐輪場 新設
HNDO1-031.jpg地上アクセス施設(HANEDA INNOVATION CITY駐輪場)
(写真は令和2年10月撮影/駐車場2)
HANEDA INNOVATION CITYには、同エリア東側に駐輪場が整備されています。ほぼ同じ箇所に駐輪場1と駐輪場2があります。いずれも有料で、駐輪場2にはバイクも駐車できます。

※令和02年07月03日:HANEDA INNOVATION CITY駐輪場 新設
HNDO1-032.jpg地上アクセス施設(レンタサイクル)
(写真は令和2年10月撮影)
HANEDA INNOVATION CITY駐輪場2の脇に、シェアサイクル(大田区コミュニティレンタル)のポートが設置されています。羽田空港内唯一のポートです。
大田区内のポートであれば、別のポートへの乗り捨て利用が可能です。
利用には、クレジットカード情報などの事前登録が必要です。

※令和02年07月03日:大田区コミュニティレンタルポート 新設

■その他の施設
HND038.jpgターミナル間連絡バス
(写真は平成29年11月撮影)
3つの旅客ターミナルは互いに離れた位置にあり、ターミナル間には、無料の連絡バスが運行されています。
無料連絡バスの系統は2系統あり、第1と第2間を結ぶ系統と第1-第3-第2間を結ぶ系統があります。前者は第1旅客ターミナルビル8番のりば→第2旅客ターミナルビル9番のりばを時計回りに行き来。後者は第2旅客ターミナルビル9番のりば→第1旅客ターミナルビル8番のりば→第3旅客ターミナル0番のりばを行き来しています。
008.jpgほじょ犬用トイレ
(写真は平成22年11月撮影)
地方空港も含め急速に設置数が増えている補助犬用トイレ。羽田空港は、第4駐車場(P4)と第3旅客ターミナル1階に設けられています。P4駐車場にはペットホテルが設けられており、ペット用エレベータなども設けられています。
009.jpgモニュメント(羽田スカイアーチ)
(写真は平成22年11月撮影)
羽田空港には旅客ターミナル館内に数多くのモニュメント類がありますが、館外は非常に少なくなっています。そのような中で、第1・第2ターミナルエリア(旧国内線地区)中央部に位置する羽田スカイアーチは羽田空港のシンボルとなっています。
第1・第2ターミナルエリア(旧国内線地区)を南北に貫く首都高速湾岸線に架かる地区を東西を結ぶ橋梁。赤色のアーチが2本の橋梁を支える構造で世界初の主塔アーチ型並列斜張橋に分類されており、平成4年度土木学会田中賞を受賞しています。
橋梁自体は利用者は非常に少ないです。
※羽田空港内では東京国際空港国際線地区GSE橋梁なども土木学会田中賞受賞。
HND014.jpgかつてあった見どころ(貴賓室)
(写真は平成31年4月撮影)
第2ターミナルと国内線貨物地区の間に、皇族や国賓が利用する専用ターミナル(貴賓室)がありました。
令和2年に貨物地区北端側に移転しています。

■周辺見所施設
006-2.jpg穴守稲荷神社
(写真は平成22年11月撮影)
羽田空港の西方、大田区羽田5丁目に穴守稲荷神社があります。この神社は、現在の羽田空港B滑走路南端付近、旧旅客ターミナル部分にあった神社で、昭和20年に米軍の命令により強制退去させられたのち、この地に移転してきた神社です。海老取川より東側の現・羽田空港区域の堤防の穴を波の浸食から守るために祀られた稲荷神社で、言ってみれば、羽田空港地域を守る神社と言えます。
HND006.jpg旧穴守稲荷神社の大鳥居
(写真は令和2年10月撮影)
羽田空港区画の南西端部で多摩川と海老取川が合流する付近の弁天橋のたもとに「平和」と書かれた大きな鳥居があります。
この大鳥居は、穴守稲荷神社が現在の空港区域にあった時に立っていた鳥居の一つです。米軍が神社もろとも強制退去させたのち、取り壊しにかかろうとしたら祟りが起こって結局取り壊しができなかったというのは有名な話。旧旅客ターミナルが現在のB滑走路南端付近にあった時代は、取り壊しができなかったこの鳥居が駐車場にポツンと残っていました。平成5年の第1旅客ターミナル完成後、現在地に無事移転してきています。
大鳥居へは、鉄道の場合最寄りは天空橋駅(300m弱徒歩)、バスの場合空港入口バス停(空港発は目の前、空港行は200m徒歩)が最寄りです。空港入口バス停は、空港発(西行)が空港島内、空港行(東行)は空港島外にあります。

空港入口
 東行:森21・蒲31・蒲41・空51系統 羽田空港第1ターミナル行(空港アクセス道路経由(第3・第2経由))、森11・蒲30系統 羽田空港第2ターミナル行(早朝バス・空港アクセス道路経由(第3経由/第1未経由))、蒲40系統 天空橋駅(交通広場)行、蒲42系統羽田整備場行、森21・蒲31・蒲43・蒲73・川77系統 羽田車庫行(深夜バス有)
 西行:森21系統 大森駅行(深夜バス有)、蒲31系統 蒲田駅行(日の出通り経由/深夜バス有)、蒲40・蒲41・蒲42・蒲43系統 蒲田駅行(萩中経由)、蒲73系統 蒲田駅行(仲六郷経由)、空51・川77系統 川崎駅行

※令和03年03月24日:森21・蒲31・蒲40・蒲42・蒲43・蒲73・川77 西行のりば停車開始
007.jpg海老取川と6橋
(写真は平成22年11月撮影)
大田区羽田と羽田空港区域の間には海老取川が横たわっています。この川には北側から首都高速羽田線橋梁2橋、穴守橋、稲荷橋、天空橋、弁天橋と6つの橋が架けられ、個性ある橋がそろっています。
首都高速羽田線の2橋はいずれも自動車専用道路橋。北端の橋は羽田可動橋という旋回橋です。現在は高速道路がトンネル化されて使用停止の状態です。
穴守橋から弁天橋は500メートルほどの区間に密集して架かっています。羽田空港の西端にあり、玄関橋の役割を果たします。穴守橋は環状八号線の橋梁で、日本にゆかりのある飛行機のレリーフがデザインされています。
稲荷橋は赤い欄干が目立つ橋梁。昭和11年陸軍撮影の空中写真にも写り込んでおり、歴史は古い橋です。2車線分の幅がある立派な橋ですが、現在は羽田空港側が行き止まりになっていて、実質廃橋状態となっています。
天空橋は人道橋。かつてこの付近に架かっていた鉄道橋に似せてデザインされたそうで、羽田地区と天空橋駅の連絡橋となっています。
弁天橋も古くからある橋でこちらは欄干に羽田地区の生活を描いたレリーフがデザインされています。
(写真は天空橋から見た稲荷橋。奥に整備場地区が広がる。)

■歴史探訪
017-2.jpg京急穴守線と(旧)羽田空港駅跡地
(写真は平成22年11月撮影)
天空橋の西側には、不自然に駐車場が細長く続く一帯があります。ここは平成5年の羽田駅(現:天空橋駅)ができるまで京急羽田線が走っていた場所で、写真の位置(天空橋西詰)には(旧)羽田空港駅がありました。この(旧)羽田空港駅は移設・改称を繰り返した複雑な歴史を持っています。
京急羽田線はかつて穴守線と言い、明治35年に写真の位置付近に(旧)穴守駅を開業したのが始まりです。大正2年に海老取川を超えて延伸し、現在のB滑走路南端付近に(新)穴守駅を開業しました。この際、(旧)穴守駅は羽田駅に改称されました。ところが2年後には稲荷橋駅と再改称。その後、何度か移動が繰り返されました。
昭和20年、連合軍により穴守地区は強制立退きが命令されたため、同年9月に稲荷橋駅-穴守駅間は廃止、同時に穴守線は連合接収にされています。連合軍接収時期は稲荷橋駅から海老取川を渡って北進する形で現在の整備場地区まで専用線が延びていたそうです。稲荷橋駅は昭和21年に現在の穴守稲荷駅の位置に移動。昭和31年に写真の位置に(旧)羽田空港駅が復活する形で開業しました。この(旧)羽田空港駅も地下化に備えて平成3年に廃止され、現在の姿となりました。
017-3.jpg旧B滑走路
(写真は平成22年11月撮影)
環状八号線で海老取川を渡った後、第3ターミナルエリア(旧国際線地区)へと抜ける途中に、上部には何もないのにわざわざ道路側を掘り下げた不可解なトンネルがあります。
このトンネルは、平成5年の沖合展開まで使用された旧B滑走路の南端部の延長部分を越えるために建設されたものです。現在、トンネル上部の海岸側は自由に入れる草地になっており、舗装部分を真正面から眺めることができます。旧B滑走路は空中写真などを見るとまだ残っているようです。
017-1.jpg
▲旧旅客ターミナル地区(東急ホテル跡地付近)
017-4.jpg
▲旧旅客ターミナル地区(旧ターミナルビル前面道路付近)
旧旅客ターミナル地区
(写真は平成22年11月撮影)
平成5年に第1旅客ターミナルビルが開業するまで、現在のB滑走路南端付近から多摩川沿いにかけての一帯に旅客ターミナルビル地区がありました。

上の写真は平成22年にP5駐車場西端から西方向を写したものです。跡地第2ゾーンに当たる部分で、現在は羽田エアポートガーデンの造成工事が行われ、様子は様変わりしています。
橙色のリムジンバスが走っているのが第3ターミナルエリアの外周道路。その奥側を左から中央奥に向かって延びる道路は環状八号線(環八)です。この部分は戦前は羽田三町があった島の最東端部分(羽田競馬場があった付近)に当たります。
写真を撮っている付近は、昭和41年に旧ターミナルエリア南端の国際線貨物ビル(→JALライン整備ビル等)が建てられていた付近。環八がくの字に曲がっている部分の手前側が国際線到着ビル付近です。道路と多摩川の間の少し広くなっている部分には羽田東急ホテルがありました(昭和39年-平成16年)。その奥、多摩川に飛び出ているのが羽田空港船着場です。
この付近のモノレールは平成5年にできた区間で、環状八号線上部を通っていましたが、国際線地区の開業に伴い付替えを実施。写真中央から右方向へ切り替えられ、正面環状八号線上ではレールの撤去が進んでいます。

下の写真は、跡地第3ゾーンに当たる部分で、空港アクセス道路南側歩道から北西方向を写したもの。旧ターミナル地区の痕跡はほとんど何も残っていませんが、前述の羽田空港船着場(旧・三愛石油桟橋)と、羽田空港2丁目交差点北側にわずかながら当時のターミナル前面道路の一部が残っています。写真に写る道路がその前面道路です。
羽田空港2丁目交差点北側は現在工事ヤードとなっており、一般人は立ち入りできませんが、空港アクセス道路や環八から眺めることは可能です。写真に写る道路右側には当時郵便局がありました。ちょうど自動車が写っている部分から左方向にまっすぐ延びる道路があり、この道路も当時の道路がそのまま残っているものです。
hnd3-020.jpg旧暫定国際線ターミナル跡地
(写真は平成26年1月撮影)
平成22年10月まで国際線は、第2旅客ターミナル脇に暫定のターミナルがありました。
ターミナル跡地は更地となり、エプロン跡地は第2旅客ターミナルビル南側のエプロンに改修。その後、前面道路部分も含めて新しい第2旅客ターミナルビル国際線施設にする工事が行われてきました。
令和2年3月に第2旅客ターミナルビル国際線施設が完成し、大部分は再びターミナル施設として活用されています。

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■東京国際空港(羽田空港)についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
東京国際空港(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※東京国際空港(羽田空港)の公式サイトではありません。

開設月日 2010.11.21
初調査日 2007.12.15
前調査日 2020.10.24
ラベル:羽田 空港概要
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

2021年03月23日

空港検疫3/23_3日後と有症者

◇空港検疫 4人中2人は3日後陽性、2人は有症状者 3月23日発表分

厚生労働省(厚労省)は3月23日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施しています。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定で臨時的に実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


()
3月23日現在
罹 患 率 0.398%

無症状率 92.6%
(有症状者急増中!!)
国内の隠れ感染者数(推定値)4.4万人

(比較用)東京都:罹患率0.843%=感染117,704人、死亡率0.0118%=死亡1,654人/人口13,952,915人(2021年2月)
(比較用)ジブチ:罹患率0.683%=感染6,658人、死亡率0.0065%=死亡64人/人口約97.4万人(2019年)←[急増中]※ロイター公式サイトが分かりやすいです。 https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/djibouti/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(3月21日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2月28日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:https://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:https://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html
2020年04月04日〜2021年02月28日:https://johokotu.seesaa.net/article/480368929.html

2020年04月04日〜2021年03月01日:対象519,013人、陽性2,162人/罹患率0.416%
2020年04月04日〜2021年03月02日:対象521,994人、陽性2,168人/罹患率0.415%※海港検疫含む
2020年04月04日〜2021年03月03日:対象523,353人、陽性2,169人/罹患率0.414%
2020年04月04日〜2021年03月04日:対象525,117人、陽性2,172人/罹患率0.413%
2020年04月04日〜2021年03月05日:対象526,828人、陽性2,174人/罹患率0.412%
2020年04月04日〜2021年03月06日:対象528,613人、陽性2,176人/罹患率0.411%
2020年04月04日〜2021年03月07日:対象530,893人、陽性2,183人/罹患率0.411%
2020年04月04日〜2021年03月08日:対象532,902人、陽性2,186人/罹患率0.410%
2020年04月04日〜2021年03月09日:対象535,517人、陽性2,187人/罹患率0.408%
2020年04月04日〜2021年03月10日:対象536,794人、陽性2,189人/罹患率0.407%
2020年04月04日〜2021年03月11日:対象538,268人、陽性2,193人/罹患率0.407%
2020年04月04日〜2021年03月12日:対象539,975人、陽性2,196人/罹患率0.406%
2020年04月04日〜2021年03月13日:対象541,859人、陽性2,201人/罹患率0.406%
2020年04月04日〜2021年03月14日:対象544,615人、陽性2,205人/罹患率0.404%
2020年04月04日〜2021年03月15日:対象547,300人、陽性2,210人/罹患率0.403%
2020年04月04日〜2021年03月16日:対象551,276人、陽性2,216人/罹患率0.401%
2020年04月04日〜2021年03月17日:対象553,560人、陽性2,218人/罹患率0.400%
2020年04月04日〜2021年03月18日:対象555,785人、陽性2,232人/罹患率0.401%
2020年04月04日〜2021年03月19日:対象557,976人、陽性2,239人/罹患率0.401%
2020年04月04日〜2021年03月20日:対象560,154人、陽性2,242人/罹患率0.400%
2020年04月04日〜2021年03月21日:対象562,951人、陽性2,248人/罹患率0.399%
2020年04月04日〜2021年03月22日:対象565,261人、陽性2,257人/罹患率0.399%

2020年04月04日〜2021年03月23日:対象568,009人、陽性2,262人/罹患率0.398%

2021年3月23日時点での罹患率をそのまま日本の人口(2月の推計人口1億2562万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約50.0万人になります。
国内のPCR検査陽性者は2021年3月23日0時現在で455,406人ですから、隠れ感染者はあと約4.4万人いると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は2,748人と、二千人を超えました。
感染者は5人増加。罹患率はジリジリ低下しています。
※2021年1月9日到着分(2021年1月11日発表分)から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年3月23日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17547.html


















空港検疫検査 到着日別詳細結果(3月22日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と2月28日までは、別にまとめています。

2020年04月03日〜10月02日:https://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月03日〜10月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月03日〜11月30日:https://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月03日〜12月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月03日〜2021年01月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html
2020年04月03日〜2021年02月28日:https://johokotu.seesaa.net/article/480368929.html

03月01日:症状 有0 無3=陽性3人 2218・2219・2220
03月02日:症状 有0 無3=陽性3人 2221・2222・2223
03月03日:症状 有0 無2=陽性2人 2224・2225
03月04日:症状 有0 無2=陽性2人 2226・2227
03月05日:症状 有2 無6=陽性8人 2228・2229・2230・2231・2232・2233・2234・2239
03月06日:症状 有2 無1=陽性3人 2235・2236・2237
03月07日:症状 有0 無2=陽性2人 2238・2245
03月08日:症状 有0 無0=陽性0人
03月09日:症状 有2 無3=陽性5人 2240・2241・2242・2243・2244
03月10日:症状 有0 無2=陽性2人 2246・2257
03月11日:症状 有0 無5=陽性1人 2247・2248・2249・2250・2251
03月12日:症状 有1 無5=陽性5人 2252・2253・2254・2255・2256・2268
03月13日:症状 有0 無6=陽性6人 2258・2259・2260・2272・2273・2274
03月14日:症状 有0 無8=陽性8人 2261・2262・2263・2264・2265・2266・2284・2285
03月15日:症状 有1 無3=陽性4人 2267・2269・2289・2290
03月16日:症状 有3 無8=陽性11人 2770・2771・2775・2776・2777・2778・2779・2780・2781・2782・2783
03月17日:症状 有0 無3=陽性3人 2286・2287・2297
03月18日:症状 有0 無3=陽性3人 2288・2291・2292

03月19日:症状 有0 無4(+2) 陽性6人 2293・2294・2295・2296・2314・2315
 [空港別] 成田3(+2)・羽田1・関空2
 [男女別] 男5(+1)・女1(+1)
 [年代別] 10代下1・20代1・30代0・40代1(+1)・50代2・60代1(+1)・70代0・80代上0
 [渡航元] パキスタン1・UAE1・ボスニア・ヘルツェゴビナ/セルビア1・ブルガリア1・フランス1(+1)・ブラジル1(+1)
 [居住地] 北海道1(+1)・埼玉1・東京2(+1)・愛知1・兵庫1
03月20日:症状 有1 無7=陽性8人 2298・2299・2300・2301・2302・2303・2304・2305
 [空港別] 成田4・羽田3・関空1
 [男女別] 男6・女2
 [年代別] 10代下1・20代1・30代2・40代3・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] フィリピン2・バングラデシュ2・パキスタン1・UAE/エジプト1・イタリア1・米国1
 [居住地] 北海道1・茨城1・千葉1・東京2・奈良1・非公表2
03月21日:症状 有1 無7=陽性8人 2306・2307・2308・2309・2310・2311・2312・2313
 [空港別] 成田4・羽田3・関空1
 [男女別] 男5・女3
 [年代別] 10代下0・20代1・30代2・40代2・50代2・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] バングラデシュ1・インド2・米国1・キューバ1・ペルー1・ブラジル2
 [居住地] 茨城1・埼玉2・東京1・神奈川1・静岡1・大阪1・鳥取1
03月21日:症状 有2 無0=陽性2人 2316・2317
 [空港別] 成田2
 [男女別] 男2・女0
 [年代別] 10代下0・20代0・30代1・40代1・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] パキスタン1・ジブチ1
 [居住地] 茨城1・埼玉1


合計4人の陽性確認が発表されました。
有症状者が2人出ています。
3日遅れ陽性者が2人出ています。
2020年4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は2021年3月22日までの354日間で2,238人になりました。
2,238人のうち有症状は2人増えて165人です。無症状は2,073人で、無症状率は92.6%です。ここのところ有症状者が増加しており、無症状率がジリジリ悪化しています。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
本日発表分は、団体感染が疑われる事例はありませんでした。

有症状者は2人です。
22日成田着ジブチから入国の埼玉県在住40代男が咽頭痛症状です。
22日成田着パキスタンから入国の茨城県在住30代男が発熱症状です。
ジブチ、パキスタンともに直行便はありません。ジブチは時々直行便が飛んでいます(自衛隊機でしょうか)。いずれも10時間以上の飛行時間で機内発症と推定されます。


3日遅れ陽性者は2人です。
ブラジルからとフランスからで、5日に3日間強制隔離が追加された国々からの入国者です。これで5日〜19日着までの2週間で14人目となりました。
従来の検疫方法ではすり抜けが多すぎるということがはっきりと証明されてしまっています。


パキスタンの勢いが止まりません。

新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17532.html


STAY HOME NOW, FLY LATER

ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

入国者変異株状況_3/23

◇入国者変異株感染状況 3月23日富山岐阜周辺6県分追加

一部の都道府県は、厚生労働省(厚労省)が変異株の市中感染の詳細発表を3月5日を最後に止めて以降、スクリーニングで変異株と確認された感染者について、詳細発表を始めています。
岐阜県と富山県で入国者変異株患者の感染が発表されましたので、周辺県の状況を確認してみました。
3月6日以降、富山、石川、福井、愛知、岐阜、三重の6県だけで、入国者起因の事例として7人確認されています。


各県の発表は、入国者起因を分けて発表しており、空港検疫すり抜け事例が明確化されています。

富山県:22日現在 3人中渡航歴有の患者3人(変異株とは未確認ですが、さらに別の3人に二次感染が確定した事例)
石川県:22日現在 1人中渡航歴有の患者0人
福井県:22日現在 2人中渡航歴有の患者0人
岐阜県:22日現在 19人中渡航歴有の患者2人・入国者からの二次感染患者2人
愛知県:22日現在 8人中渡航歴有の患者0人
三重県:22日現在 6人中渡航歴有の患者0人

相変わらず入国から14日以内の接触による二次感染が続いています。
富山県の2人は20日に発表されています。詳細は例のごとく大して中身のない内容なのですが、報道が大々的に行われており、会見で詳細が伝えられているようです。その結果、20日に発表があった50代男女2人は、富山県の923例目・924例目で、家族10人のうち、925例目・926例目・927例目・928例目の4人の陽性が判明。人数的に完全にクラスターになっています。このうち、925例目、926例目、927例目は海外渡航歴なしと発表されており、国内二次感染となりました。928例目のみ海外渡航歴ありです。
海外渡航歴がある923例目と924例目、928例目が変異株と確定しています。
なぜか、1例目確認から1年経つ中で初めて居住地が「富山県内」と隠匿されました。
それにしてもここまで核家族化が進む中で10人家族で、しかもこの大人数に14日以内に濃厚接触するってどうなのでしょう。10人もいたら1人ぐらい警戒する人が出ないものですかね、、、。

一方、岐阜県の事例は昨日記事にもした事例です。17日発表で、詳細は例のごとく大して中身のない内容なのですが、報道が大々的に行われており、会見で詳細が伝えられているようです。その結果、滞在国がフィリピンであったことが判明しています。フィリピンからの入国者はここのところ空港検疫での陽性者が増加気味で、普通に考えれば警戒国でした。

どこの都道府県もそうなのですが、いいかげん、公式発表では情報(県何例目かとか、滞在国情報とか)を隠匿するのに、記者しかいない会見で詳細を発表するの止めてほしいですね。公式発表での隠匿を止めるか、公式発表で隠匿するなら会見でも隠し通してほしいものです。そして、対策に必要な情報が報道機関というフィルターを通さないと分からないというのは、情報公開の在り方として異常です。

※都道府県発表の市中の検査は、空港検疫のように外出した者全員を対象にした検査ではなく、患者か患者の濃厚接触者のみの検査です。

<富山県発表事例>
・20日発表 到着日不明 到着空港不明 不明国から入国の50代女 富山県在住 国籍不明 3月中旬発症 変異株(種類未特定)
・20日発表 到着日不明 到着空港不明 不明国から入国の50代男 富山県在住 国籍不明 3月中旬発症 変異株(種類未特定)
・20日発表 到着日不明 到着空港不明 不明国から入国の10代女 富山県在住 国籍不明 3月20日発症 変異株(種類未特定)

<岐阜県発表事例>(報道から判明した情報含む)
・17日発表 到着日不明 到着空港不明 フィリピンから入国の50代男 岐阜県在住 国籍不明 3月上旬発症 変異株(種類未特定)
・17日発表 到着日不明 到着空港不明 フィリピンから入国の50代女 岐阜県在住 国籍不明 無症状 変異株(種類未特定)
⇒17日発表 上記50代男からの国内二次感染 30代男 岐阜県在住 国籍不明 3月上旬発症 変異株(種類未特定)
⇒17日発表 上記50代男からの国内二次感染 20代男 岐阜県在住 国籍不明 無症状 変異株(種類未特定)


国内の変異株確認者は、23日発表分までで、入国者起因とはっきりしているものは合計120人(うち入国者108人/入国者起因市中二次感染12人)となりました。


<空港検疫等での変異株状況>
左から到着日、到着空港、年代性別、推定される空港検疫No、推定される国籍、推定される在住地、空港検疫での症状(有症状の場合)
◆は14日間自主隔離期間の発症(空港検疫で陰性か検査対象外)、◇は空港検疫での確認、◎市中感染
▲は英国で最初に確認された変異株、△は南アフリカで最初に確認された変異株、▼ブラジルからの入国者から確認された変異株、▽フィリピンからの入国者から確認された変異株、▶は変異株もどれかは特定前


行動歴英国からの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/01 羽田 10代男◇▲1535 邦人 非公表
・12/18 羽田 10代男◇▲1717 邦人 非公表(毎日発表)行動歴非公表
・12/19 羽田 30代女◇▲1733 邦人 東京
・12/20 羽田 60代男◇▲1765 邦人 東京倦怠感
・12/21 関空 40代男◇▲1782 邦人 大阪
・12/21 関空 40代女◇▲1783 邦人 大阪
・12/21 関空 10未男◇▲1784 邦人 大阪
・12/22 羽田 40代男◇▲1802 邦人 非公表(毎日発表)行動歴非公表
・12/24 羽田 40代女◇▲1824 邦人 東京
・12/24 羽田 40代男◇▲1825 邦人 東京発熱、咽頭痛
・12/24 羽田 40代女◇▲1826 邦人 非公表
・12/26 関空 50代女◇▲1841 邦人 香川
・12/26 関空 30代女◇▲1842 邦人 京都
・12/26 羽田 30代女◇▲1843 邦人 東京食欲低下
・12/26 羽田 10未男◇▲1844 邦人 東京
・01/03 羽田 30代男◇▲1969 ※1 大阪
・01/04 羽田 30代男◇▲1978 ※1 非公表(毎日発表)頭痛 (変異株発表)発熱、咽頭痛
 ※1:No1969、No1978はどちらかが邦人、どちらかが外人
・01/10 成田 30代男◇▲2036 邦人 神奈川
・01/22 羽田 20代女◇▲2106 邦人 愛知嗅覚障害、味覚障害
(空港検疫すり抜け事例)
・12/13 不明 50代女◆▲ 国籍不明 東京
・12/16 不明 30代男◆▲ 国籍不明 東京
⇒ <市中>濃接二次感染 20代女◎▲ 国籍不明 東京
(12/22 不明 30代男◆  国籍不明 東京 12/27発症12/29陽性 ※検査量不足で変異株と確認できず
⇒ <市中>濃接二次感染 20代男◎▲ 国籍不明 東京 12/30発症・陽性日不明
⇒ <市中>濃接二次感染 20代女◎▲ 国籍不明 東京 01/02発症・陽性日不明
・12/25 不明 20代男◆▲ 国籍不明 東京 隔離中1/6無症状も自主検査し陽性
・12/31 不明 20代男◆▲ 国籍不明 東京 1/2発症
・01/10 不明 30代女◆▲ 国籍不明 東京 1/13発症

行動歴南アフリカからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/19 成田 30代女◇△1776 邦人 東京
・01/07 関空 20代女◇△1979 外人 兵庫
・01/08 成田 10代女◇△2029 外人 東京
・01/08 成田 40代女◇△2030 外人 東京
・01/19 成田 30代女◇△2090 邦人 東京 (毎日発表)鼻汁、頭重感、咽頭痛 (変異株発表)脱水

行動歴南アフリカ/アラブ首長国連邦からの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/29 成田 30代男◇△1866 外人 愛知

行動歴アラブ首長国連邦からの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/23 成田 20代男◇▲1815 邦人 千葉
・12/24 関空 30代女◇▲1834 邦人 兵庫
⇒ <市中>濃接二次感染 40代女◎▲ 国籍不明 兵庫 1/4陽性(無症状)
・12/29 関空 30代女◇▲1870 国籍不明 愛知
・01/02 関空 70代女◇▲1925 国籍不明 福井
・01/09 成田 40代女◇▲2004 国籍不明 東京(毎日発表)無症状 (変異株発表)発熱、咽頭痛
・01/21 成田 50代男◇▲2099 邦人 秋田(毎日発表)咳嗽 (変異株発表)無症状
・02/12 成田 50代男◇▲2168 邦人 神奈川
・02/16 成田 30代男◇▲2177 国籍不明 静岡(毎日発表)無症状 (変異株発表)発熱、嘔吐、下痢
・02/25 成田 30代男◇▲2198 邦人 東京
・02/25 成田 50代女◇▲2199 邦人 東京(毎日発表)咳嗽 (変異株発表)発熱、倦怠感、咳嗽、食欲不振
・02/25 成田 50代男◇▲2200 邦人 東京
・02/25 成田 40代男◇▲2201 邦人 東京(毎日発表)咳嗽、咽頭の違和感 (変異株発表)無症状
・02/26 成田 50代男◇▲2204 邦人 東京(毎日発表)咽頭痛 (変異株発表)無症状
・02/26 成田 50代男◇▲2207 邦人 沖縄(毎日発表)無症状 (変異株発表)発熱、咳嗽
・02/27 関空 30代女◇▲2211 邦人 大阪
(空港検疫すり抜け事例)
・12/24 関空 50代女◆▲ 国籍不明 兵庫=上記1834の濃厚接触者扱い(12/31無症状も検査し陽性)
・02/25 空港不明 50代男◆▲ 国籍不明 東京2月下旬発症
・02/25 空港不明 60代男◆▲ 国籍不明 東京3月上旬発症
⇒ <市中>濃接二次感染 30代女◎▲国籍不明 東京 無症状
⇒ <市中>濃接二次感染 50代男◎▲国籍不明 東京 3月上旬発症

行動歴ハンガリー/アラブ首長国連邦からの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・02/25 関空 20代男◇▲2202 邦人 広島

行動歴カタールからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・01/27 成田 20代女◇▲2124 邦人 神奈川

行動歴ナイジェリアからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/29 成田 30代男◇▲1867 国籍不明 大阪
・01/03 成田 40代男◇▲1939 ※2 大分
・01/07 成田 30代男◇▲1982 ※2 東京
 ※2:No1939、No1982はどちらかが外人、どちらかが国籍不明
・01/31 成田 30代男◇▲2141 外人 愛知(毎日発表)発熱 (変異株発表)無症状

行動歴ガーナからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・01/10 成田 30代男◇▲2020 外人 東京

行動歴ブラジルからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・01/02 羽田 40代男◇▼1912 外人 三重到着時無症状、呼吸状態悪化し入院
・01/02 羽田 30代女◇▼1913 外人 三重(毎日発表)咽頭痛、鼻汁 (変異株発表)咽頭痛、頭痛
・01/02 羽田 10代男◇▼1914 外人 三重(毎日発表)無症状 (変異株発表)発熱
・01/02 羽田 10代女◇▼1915 外人 三重
・02/13 羽田 40代男◇▼2171 外人 愛知
(空港検疫すり抜け事例)
・入国日非公表 不明 年代非公表男◆▼ 国籍不明 山梨2月上旬発症
⇒ <市中>接触二次感染 年代非公表男◎▼ 国籍不明 山梨 2月上旬発症

行動歴ベトナムからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・01/17 関空 30代女◇▲2081 外人 大阪(毎日発表)無症状 (変異株発表)咳嗽

行動歴ベルギー/タンザニアからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・01/29 成田 50代男◇△2131 邦人 東京(毎日発表)行動歴ベルギーのみ

行動歴アフリカ(国不明)からの入国者起因
(空港検疫すり抜け事例)
・入国日非公表 成田 50代女◆△ 国籍不明 神奈川 1月中旬発症
⇒<市中>濃接二次感染 10代女◎△ 国籍不明 神奈川1月下旬発症
⇒<市中>濃接二次感染 40代男◎△ 国籍不明 神奈川1月下旬発症
⇒<市中>濃接二次感染 50代女◎△ 国籍不明 神奈川1月下旬発症

行動歴パキスタンからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・02/11 成田 60代男◇▲2162 外人 茨城
・02/11 成田 50代男◇▲2163 外人 埼玉
・02/12 関空 20代男◇▲2169 外人 岐阜
・02/16 関空 50代男◇▲2175 外人 滋賀
・02/16 成田 50代男◇▲2176 外人 長野(毎日発表)無症状 (変異株発表)咳嗽
・02/18 成田 40代男◇▲2180 外人 長野(毎日発表)喀痰、頭痛、発熱 (変異株発表)無症状
・02/20 成田 30代男◇▲2188 外人 栃木
・02/26 関空 30代男◇▲2203 外人 愛知(毎日発表)無症状 (変異株発表)咳嗽
・02/27 関空 50代男◇▲2210 外人 福岡
・02/28 関空 30代男◇▲2217 ※3 埼玉
・03/02 関空 40代男◇▲2223 ※3 在住非公表(毎日発表)無症状 (変異株発表)呼吸状態悪化
・03/03 成田 40代女◇▲2225 ※3 千葉
・03/04 成田 10未男◇▲2227 ※3 茨城
 ※3:No2217、No2223、No2225、No2227の少なくとも3人は外人

行動歴フィリピンからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・02/14 関空 30代女◇△2173 外人 広島 (毎日発表)無症状 (変異株発表)鼻汁
・02/25 成田 60代男◇△2196 外人 東京(毎日発表)発熱 (変異株発表)無症状
・02/25 成田 60代男◇▽2197 外人 千葉
(空港検疫すり抜け事例)
・入国日非公表 空港不明 50代男◆▶ 国籍不明 岐阜 3月上旬発症/滞在国は報道で判明(知事発言)
→入国日非公表 空港不明 50代女◆▶ 国籍不明 岐阜 無症状/滞在国は報道で判明(知事発言)
⇒<市中>濃接二次感染 30代男◎▶ 国籍不明 岐阜3月上旬発症
⇒<市中>濃接二次感染 20代男◎▶ 国籍不明 岐阜無症状


行動歴アイルランド/スイス/フランスからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・02/17 羽田 20代男◇▲2186 外人 東京(毎日発表)発熱、頭痛 (変異株発表)無症状※3日後検査で判明と推定

行動歴米国からの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・02/19 成田 20代男◇▲2183 邦人 茨城(毎日発表)倦怠感 (変異株発表)無症状
・03/01 成田 20代男◇▲2220 外人 神奈川

行動歴ルーマニアからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・02/23 羽田 40代女◇▲2193 外人 非公表

行動歴コートジボワールからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・02/23 成田 60代男◇△2192 外人 東京

行動歴バングラデシュからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・02/24 成田 20代男◇△2194 外人 東京

行動歴ウクライナからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・02/26 羽田 20代男◇▲2208 国籍不明 千葉(毎日発表)発熱 (変異株発表)無症状
・03/02 関空 40代男◇▲2222 ※4 大阪
・03/06 羽田 20代男◇▲2235 ※4 在住非公表(毎日発表)咽頭痛、咳 (変異株発表)無症状
・03/06 羽田 20代男◇▲2236 ※4 東京(毎日発表)咳、鼻閉 (変異株発表)鼻閉
 ※4:No2222、No2235、No2236のうち2人は邦人、1人は外人
・03/07 成田 10代男◇▲2238 国籍未発表 神奈川

行動歴ハンガリーからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・03/01 関空 30代男◇▲2218 邦人 広島

行動歴ロシアからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・03/05 羽田 40代男◇▲2228 邦人 在住非公表(毎日発表)無症状 (変異株発表)倦怠感

行動歴ネパールからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・03/05 成田 20代男◇▲2229 外人 福岡(毎日発表)咳嗽 (変異株発表)無症状

行動歴ケニアからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・03/05 成田 30代女◇▲2230 邦人 千葉

行動歴マルタからの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・03/09 羽田 20代女◇▲2243 国籍未発表 愛知

行動歴 チェコからの入国者起因
(空港検疫すり抜け事例)
・02/27 空港不明 50代男◆▶ 国籍不明 東京3月上旬発症

行動歴 西アフリカ地域(国不明)からの入国者起因
(空港検疫すり抜け事例)
・02/23 空港不明 60代女◆▶ 国籍不明 東京3月上旬発症

行動歴 国不明からの入国者起因
(空港検疫すり抜け事例)
・入国日非公表 空港不明 年代不明男◆▲ 国籍不明 鹿児島 2月中旬発症
・入国日非公表 空港不明 50代男◆▲ 国籍不明 埼玉 2月下旬発症
→入国日非公表 空港不明 10代男◆▶ 国籍不明 埼玉 2月下旬発症
・入国日非公表 空港不明 40代男◆▶ 国籍不明 埼玉 2月下旬発症
・入国日非公表 空港不明 40代女◆▶ 国籍不明 埼玉 3月上旬発症
・入国日非公表 空港不明 50代女◆▶ 国籍不明 富山 3月中旬発症
・入国日非公表 空港不明 50代男◆▶ 国籍不明 富山 3月中旬発症
・入国日非公表 空港不明 10代女◆▶ 国籍不明 富山 3月20日発症




その他、起因入国者不明市中感染事例もありますが、累計のみ発表に変わったため、割愛します。

新型コロナウイルス感染症(変異株) の感染者の発生について(3/20発表、富山県公式サイト)
http://www.pref.toyama.jp/cms_pfile/00021798/01550854.pdf
新型コロナウイルス感染症の感染者の発生について(県内 928 目)(3/22発表、富山県公式サイト)
http://www.pref.toyama.jp/cms_pfile/00021798/01551174.pdf

入国時の検査で陰性も20日から咳...10代女性が新型コロナ陽性"変異ウイルス"感染の50代男女の家族(富山テレビ公式サイト)
https://www.bbt-app.com/app/v1/news_detail/?type=1&newsid=1729
3月上旬まで海外で帰国時「陰性」...50代男女が"コロナ変異株"陽性判明 感染力強く女性は嘔吐や下痢も(富山テレビ公式サイト)
https://www.bbt-app.com/app/v1/news_detail/?type=1&newsid=1710

新型コロナウイルス(変異株)感染者について(岐阜県公式サイト)
https://www.pref.gifu.lg.jp/uploaded/attachment/236525.pdf


STAY HOME NOW, FLY LATER
posted by johokotu at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

待機抜け出しで国内二次感染

◇待機施設から抜け出し国内二次感染 変異株で発覚

岐阜県は17日、4人の新型コロナウイル感染症患者について、変異株であったことを明らかにしましたが、うち2人が海外からの入国者で、待機施設から抜け出し、2人に二次感染させていたことが明らかになりました。

岐阜県内で確認された変異株感染の入国者2人について、20日に、古田知事が全国知事会で、詳細を暴露したことが地元紙の岐阜新聞で詳報されています。
岐阜新聞によりますと、「岐阜県の古田肇知事は20日、フィリピンから帰国後に新型コロナウイルス変異株感染が判明した県内在住者2人が、健康観察のため滞在していた千葉県内の待機所を無断で抜け出して岐阜県に移動していたと明らかにした。」と報じています。

成田空港での検疫では陰性(岐阜新聞)」とのことで、油断した可能性があります。フィリピンは3日間の強制隔離の対象にはなっておらず、自主隔離場所を千葉県内で申告していたと推定されます。

岐阜県発表の変異株確認者は、20日までに16例報告されており、そのうち海外渡航歴有とされたのは、17日発表の11例目と12例目のみ。これが該当者とみられます。
この事例のトンデモナイところは、この2人と濃厚接触した二次感染者(変異株判明)が2人いることです(13例目と14例目)。
入国後に自主隔離を守らず、また国内二次感染した事例が出てしまいました。

そして、知事が発言したからたまたま発覚しました。17日発表時の岐阜新聞の報道でも勝手に移動したことが一切触れられていないほどで、各都道府県(と発表方法を指示している厚生労働省)が多くのことを隠匿していることが垣間見れた事例となりました。
昨年3月の機内クラスター事例が半年も経った9月に初めて公に出たように、国民が知らないだけで、似たような事例はでいっぱいあるのでしょう。こんな事例がいっぱいあるのなら、国内に変異株が面的に広がる理由もよ〜く分かりますね。

なお、岐阜県内の17日迄の発表で3月上旬に発症している50代男は県発表で3人(4633、4672、4682)、岐阜市発表で1人(県4691)しかいません。県発表の3月11日発症・12日陽性判明の4682例目(輪之内町在住)が唯一渡航歴有として発表されていますが、この人からの接触者として発表された感染者が17日迄に存在していません。
一方で、岐阜市は渡航歴未発表・濃厚接触詳細関係未発表の自治体ですが、13日発症・16日陽性判明の4691例目(岐阜市在住)に引き続き、翌17日発表で、同じ岐阜市内で無症状50代女(4696例目)、14日発症30代男(4697例目)、無症状20代男(4698例目)で陽性者の家族とする事例があり、こちらが該当者と推定されます。

つまり、変異株感染の上記4人(検疫すり抜け2件+国内二次感染2件)以外に、検疫すり抜け事例が1件発覚したことになります。この事例は地元東海テレビが報じており、2月下旬にアジアの国からの入国であることが判明しています。

詳細が発表されるのが変異株だけですが、日本空港情報館ブログでもすでに配信したとおり、南関東4都県だけでも東京都や埼玉県などでも次々に検疫すり抜け陽性が発覚しています。3日強制隔離後の検査での陽性も急増しています。
これまでも、発表されていなかっただけで、検疫すり抜け事例がかなり多かったと思われる事態になっています。

既に誓約書に署名した方々ですし、指定場所での14日間待機を守らなかったということで、日本人なら、氏名・感染拡大防止に資する情報の公開、在留資格保持者なら氏名・国籍・感染拡大防止に資する情報の公開や在留資格取消手続及び退去強制手続等の対象となります。
ただしいずれも「なり得ることがある」というだけ。今後の抑止力になりますが、厚生労働省や外務省、法務省がやる気を出して氏名公表や強制退去するのか見ものですね。
これまでの発表では偏見や個人攻撃防止のため情報隠匿され続けていますし、「#広がれありがとうの輪」活動の手前、公表には二の足を踏むでしょうね。で、日本は甘々で過料すら取られないと舐められて、同じような行動をする入国者が増えるという悪循環の繰り返しでしょうか、、、。


空港検疫でのすり抜けは必ず発生します。
入国者が家族と接触しなけりゃ、家族に感染は拡がりません。
入国者が友人と接触しなけりゃ、友人に感染は拡がりません。
入国者が他人と接触しなけりゃ、他人に感染は拡がりません。
入国時検査の陽性・陰性は関係ありません。変異株かどうかも関係ありません。
いいかげん、14日間の自主隔離をしっかり行いませんか。


新型コロナウイルス(変異株)感染者について(岐阜県公式サイト)
https://www.pref.gifu.lg.jp/uploaded/attachment/236525.pdf

新型コロナウイルスに関連した患者の発生状況等について (16日発表、岐阜市公式サイト)
https://www.city.gifu.lg.jp/secure/44927/2021.03.16%20syousai_s.pdf
新型コロナウイルスに関連した患者の発生状況等について(17日発表、岐阜市公式サイト)
https://www.city.gifu.lg.jp/secure/44927/2021.03.17%20syousai_s.pdf
変異株感染の2人、帰国後に千葉県の待機所を無断で抜け出し 岐阜県で陽性判明(岐阜新聞公式サイト)
https://www.gifu-np.co.jp/news/20210320/20210320-54291.html
変異株4人増、フィリピンから帰国後に陽性 岐阜県8人新型コロナ感染、市消防本部クラスター(岐阜新聞公式サイト)=17日に報道時抜け出しについては隠匿されていた
https://www.gifu-np.co.jp/news/20210317/20210317-53367.html

新型コロナウイルスに関連した患者の県内での発生について 【第1報(3月13日公表分)】(岐阜県公式サイト)
https://www.pref.gifu.lg.jp/uploaded/attachment/235902.pdf
2月末に帰国し空港検疫では陰性…新型コロナ アジアから帰国した50代男性陽性 岐阜で新規感染4人(東海テレビ公式サイト)
https://www.tokai-tv.com/tokainews/article_20210314_163147


STAY HOME NOW, FLY LATER

ラベル:検疫 変異株
posted by johokotu at 02:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

検疫週間別3月3_3日遅れ急増

◇空港検疫結果分析(週間別)3月3週目 3日遅れ陽性急増中、陽性者急増も検体数も増加で罹患率は0.2%台にとどまる

4月3日に入国者に対する新型コロナウイルス感染症検査(PCR検査または抗原検査)の全員実施が始まってから11か月半が過ぎました。
3月3週目(3月12日〜3月18日)は、検査対象数18,295人中、陽性者数41人、罹患率0.224%(推定値)となりました。


■陽性者も検査数も急増
検査数は、3月3週目は1日平均2,613人でした。検査数(≒入国者数)は急増しています。全入国者に対する検査が始まってから一気に人数が落ちた状態でしたが、徐々に入国者が戻ってきています。3日後検査が増えたことで二回計上されている人が増えている可能性があります。
陽性者は、週間では41人と前週から急増しました。
罹患率は、やや増加の0.224%(推定値)です。陽性者は急増しましたが、検査数も急増しており、罹患率増加は小規模に収まっています。
罹患率0.22%台は一見かなり低く見えますが、感染が緊急事態の今年1月初旬の日本国内ですら罹患率は0.06%弱ほど(人口1億2571万人中治療必要者7万人)なので、空港検疫が、まだ国内よりも危険な状態には変わりません。

グラフ化すると、検査者数(青)、陽性者数(赤)は急増、罹患率(緑)横ばいに近い増加です
(赤が感染者数(左目盛)、青が検査者数(右目盛)、緑が罹患率(右目盛))
Quarantine20200403-20210318-1-1.gif
Quarantine20200403-20210318-1-2.gif
Quarantine20200403-20210318-1-3.gif


■成田着急増、関空着急減
[空港別] 41人中 成田28・羽田7・中部1・関空5・福岡0

成田国際着が最多で68%(前週+20P)と急増。逆に関西国際(関空)着は12%(前週比-20%)と急減しています。
東京国際着は17%(前週比-3%)でした。
福岡着は陽性者が出ませんでした。

■男性が4分の3
[男女別] 41人中 男31・女10

男性は76%(前週比+8P)です。
久々に男性が4分の3程度になりました。

■50代急増
[年齢別] 41人中 10代下3・20代8・30代8・40代8・50代11・60代3・70代0・80代上0

20代〜40代は20人59%(前週比-21P)と急減。50代が27%(前週比+19P)と急増しています
10歳未満はいませんでした。

■パキスタンとウクライナが多いまま
[渡航元] 41人中 パキスタン6人・ウクライナ6.5人・非上陸拒否国2人

急激に悪化中のパキスタンは6人15%(前週比-5P)、ウクライナは6.5人16%(前週比±0P)、フィリピンも5人12%(前週比±0P)と相変わらず高いままです。アラブ首長国連邦(UAE)は3人7%(前週比+3P)でした。
欧州は合計14人34%(前週比+6P)で増加が続いています。英国はから久々に陽性者が出ました。
2月以降はだいぶ落ち着いてきていた米国は2人5%(前週比+5P)でした。
アフリカは4人10%(前週比-2P)で、入国者数の送風が少ない割りに出やすいままです
非上陸拒否国が韓国と中国2人出ました。

間近の感染が急激に増加中の国:フィリピン・インド・パキスタン・ウクライナ・オランダ・ポーランド・ハンガリー・エジプト・ケニア
感染状況がピークの国:フィリピン・ハンガリー・ケニア・ブラジル
以上の異常状態の国からの入国者も感染確認されています。

ロイターのページが分かりやすいです。https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/

様々な国が出てきている状況で、欧州の青色と南アジアの緑色が特に目立ちます。
(東アジア:赤系統、東南アジア:黄系統、南アジア:緑系統、欧州:青系統、米州:紫系統)
Quarantine20200403-20210311-2.gif


■東京集中と全国にばらける
[居住地] 41人中非公表が2人、東京激増16人・茨城4人

非公表者は2人5%(前週比-3P)です。
南関東は19人49%(前週比+25P)と一気に増加していますが、神奈川は0人で東京が16人と集中しています
全国に広がっており、北海道、東北、四国などの地方在住者の陽性が目立ちました。
公共交通機関が利用できないので14日間のホテル住まいがほぼ確定の北海道在住者は2週連続の確認です。

グラフを見ると、東京とその他の県が増えています。
(関東:赤黄系統、中部:緑系統、関西:青系統、中四国九州:紫系統)
Quarantine20200403-20210311-3.gif


■3日遅れ急増中
[その他] 3日遅れ41人中8人

・詳細は公開されていないので推定でしかないですが、同日に同一空港へ同一国からの入国で同一都道府県在住者が連番確認された場合の、団体感染の疑いが強い事例は2件で、うち1件は2人とも有症状です
・行動歴、居住地とも非公表者の人はいませんでした。
有症状者は6人15%(前週比-9P)と比率はやや改善しています
・2か国以上滞在者は1人でした。
・5日から三日間強制隔離の対象国が増えましたが、3日遅れ陽性が1週間で8人と急増しています。これらの人はこれまでの枠組みでは検疫すり抜けになっていた事例で、非常に危険な結果を示していることになっています。
変異株はいまのところ未確認です。
・自県の感染者増加でアップアップしているのか、在住都道府県からの発表がほぼなくなっています。

■団体感染が疑われる事例(連番確認)
・3月14日 2262 成田 30代 男性 東京都 ウクライナ 無症状
 3月14日 2263 成田 30代 男性 東京都 ウクライナ 無症状
・3月16日 2270 羽田 50代 男性 東京都 ハンガリー 頭痛
 3月16日 2271 羽田 30代 女性 東京都 ハンガリー 咳嗽、咽頭違和感

■団体感染が疑われる事例(10歳未満)
・該当なし

■在住地が非公表の事例
・3月13日 2274 羽田 10代 男性 非公表 ブラジル 無症状
・3月16日 2277 成田 40代 男性 非公表 フィリピン 無症状

■有症状事例
・3月12日 2252 羽田 20代 男性 東京都 インド 発熱、鼻汁
・3月12日 2253 羽田 50代 男性 千葉県 インドネシア 発熱、咳嗽
・3月15日 2269 成田 30代 男性 福島県 パキスタン 咳嗽
・3月16日 2270 羽田 50代 男性 東京都 ハンガリー 頭痛
・3月16日 2271 羽田 30代 女性 東京都 ハンガリー 咳嗽、咽頭違和感
・3月16日 2280 成田 50代 男性 長野県 パキスタン 発熱

■2か国以上滞在者事例
・3月15日 2267 成田 50代 女性 宮城県 オランダ/ウクライナ 無症状

■変異株
・未確認(分析に時間がかかるため)

■非上陸拒否国からの入国者
・3月17日 2286 成田 60代 女性 東京都 韓国 無症状
・3月17日 2287 成田 60代 男性 秋田県 中国 無症状

■空港検疫での感染確認 週間別の傾向(検査対象人数が推定値)
2020/04/03-2021/03/18:検査対象560,154人(1,600人/日) 感染2,213人=罹患率0.395%
※検査対象:上記合計は11月5日分の過計上1,838件をマイナス済。下記各週の数値はマイナスせず。
2020年
04/03-04/09:検査対象10,010人(1,430人/日) 感染34人=罹患率0.339%
04/10-04/16:検査対象 7,375人(1,053人/日) 感染16人=罹患率0.216%
04/17-04/23:検査対象 4,480人( 640人/日) 感染 8人=罹患率0.178%
04/24-04/30:検査対象 4,744人( 677人/日) 感染13人=罹患率0.274%
05/01-05/07:検査対象 3,861人( 551人/日) 感染 5人=罹患率0.129%
05/08-05/14:検査対象 4,130人( 590人/日) 感染 5人=罹患率0.121%
05/15-05/21:検査対象 3,948人( 564人/日) 感染 3人=罹患率0.075%
05/22-05/28:検査対象 3,988人( 569人/日) 感染23人=罹患率0.576%
05/29-06/04:検査対象 5,869人( 838人/日) 感染20人=罹患率0.340%
06/05-06/11:検査対象 6,081人( 868人/日) 感染29人=罹患率0.476%
06/12-06/18:検査対象 6,788人( 969人/日) 感染41人=罹患率0.604%
06/19-06/25:検査対象 7,677人(1,096人/日) 感染30人=罹患率0.390%
06/26-07/02:検査対象 9,458人(1,351人/日) 感染20人=罹患率0.211%
07/03-07/09:検査対象10,800人(1,542人/日) 感染41人=罹患率0.379%
07/10-07/16:検査対象 9,702人(1,386人/日) 感染76人=罹患率0.783%
07/17-07/23:検査対象 9,388人(1,341人/日) 感染64人=罹患率0.681%
07/24-07/30:検査対象 9,055人(1,293人/日) 感染84人=罹患率0.927%
07/31-08/06:検査対象12,190人(1,741人/日) 感染67人=罹患率0.549%
08/07-08/13:検査対象 9,453人(1,350人/日) 感染36人=罹患率0.380%
08/14-08/20:検査対象10,254人(1,464人/日) 感染39人=罹患率0.380%
08/21-08/27:検査対象10,612人(1,516人/日) 感染31人=罹患率0.292%
08/28-09/03:検査対象11,895人(1,699人/日) 感染47人=罹患率0.395%
09/04-09/10:検査対象 9,679人(1,382人/日) 感染27人=罹患率0.278%
09/11-09/17:検査対象11,654人(1,664人/日) 感染41人=罹患率0.351%
09/18-09/24:検査対象11,262人(1,608人/日) 感染45人=罹患率0.399%
09/25-10/01:検査対象13,766人(1,966人/日) 感染48人=罹患率0.348%
10/02-10/08:検査対象12,579人(1,797人/日) 感染51人=罹患率0.405%
10/09-10/15:検査対象12,755人(1,822人/日) 感染43人=罹患率0.337%
10/16-10/22:検査対象15,304人(2,186人/日) 感染44人=罹患率0.287%
10/23-10/29:検査対象16,650人(2,378人/日) 感染51人=罹患率0.306%
10/30-11/05:検査対象15,804人(2,257人/日) 感染54人=罹患率0.341%
11/06-11/12:検査対象10,227人(1,461人/日) 感染100人=罹患率0.977%
11/13-11/19:検査対象11,591人(1,655人/日) 感染77人=罹患率0.664%
11/20-11/26:検査対象12,322人(1,760人/日) 感染88人=罹患率0.714%
11/27-12/03:検査対象13,348人(1,906人/日) 感染83人=罹患率0.621%
12/04-12/10:検査対象15,699人(2,242人/日) 感染79人=罹患率0.503%
12/11-12/17:検査対象17,378人(2,482人/日) 感染69人=罹患率0.397%
12/18-12/24:検査対象21,365人(3,052人/日) 感染115人=罹患率0.538%
12/25-12/31:検査対象13,804人(1,972人/日) 感染63人=罹患率0.456%
2021年
01/01-01/07:検査対象13,130人(1,875人/日) 感染92人=罹患率0.701%
01/08-01/14:検査対象19,668人(2,809人/日) 感染63人=罹患率0.320%
01/15-01/21:検査対象27,317人(3,902人/日) 感染53人=罹患率0.194%
01/22-01/28:検査対象 9,694人(1,384人/日) 感染28人=罹患率0.288%
01/29-02/04:検査対象10,520人(1,502人/日) 感染23人=罹患率0.247%
02/05-02/11:検査対象 9,729人(1,389人/日) 感染12人=罹患率0.123%
02/12-02/18:検査対象 8,716人(1,245人/日) 感染18人=罹患率0.206%
02/19-02/25:検査対象10,797人(1,542人/日) 感染23人=罹患率0.213%
02/26-03/04:検査対象13,935人(1,990人/日) 感染25人=罹患率0.179%
03/05-03/11:検査対象13,246人(1,892人/日) 感染25人=罹患率0.188%
03/12-03/18:検査対象18,295人(2,613人/日) 感染41人=罹患率0.224%
 [空港別] 成田28・羽田7・中部1・関空5・福岡0
 [男女別] 男31・女10
 [年代別] 10代下3・20代8・30代8・40代8・50代11・60代3・70代0・80代上0
 [渡航元] 韓国1・中国1・フィリピン5・インドネシア1・
   ネパール1・インド1・パキスタン6・UAE3・
   ウクライナ6・オランダ/ウクライナ1・ポーランド1・ハンガリー3・
   イタリア1・英国1・アイルランド1・
   エジプト1・カメルーン1・ナイジェリア1・ケニア1・米国2・ブラジル2・非公表0
 [居住地] 北海道1・秋田1・宮城1・福島1・茨城4・埼玉1・千葉3・東京16・
   長野1・岐阜1・愛知2・京都1・大阪1・
   岡山1・広島1・香川1・高知1・鹿児島1・非公表2
 12日6(2)、13日6、14日8、15日4(1)、16日11(3)、17日3、18日3=41
 2020年4月3日の特定国全員検査開始から50週(350日)経過


※検査対象数は、何月何日着が何人という発表ではなく、2日遅れで集計発表していると思われる数値しか公表されていません。毎日更新されているので、それほど大きくブレることはないと思いますが、確実に何月何日到着分の数値かは不明です。推定値に近い数値として捉えてください。
※上記数字は、検査者数は海港検疫を含めた数値、陽性者数は海港検疫を含めない数値で記載しています。


■これまでの毎週配信している期間集計(週間別)の記事
<2020年07月から週間分析>
2021年
03月16日 検疫週間別3月2_横ばい有症悪化
03月09日 検疫週間別3月1_検査増で率減少
03月02日 検疫週間別2月4_3割有症危険
02月23日 検疫週間別2月3_率0.20%台
02月16日 検疫週間別2月2_率最低に肉薄
02月09日 検疫週間別2月1_検査増陽性減
02月02日 検疫週間別1月4_検査急減0.2%台
01月26日 検疫週間別1月3_検査増で0.1%台
01月19日 検疫週間別1月2_検査あまり増えず
01月12日 検疫週間別1月1_激増0.7%超
01月03日 検疫週間別12月5_減少も0.45%超
2020年
12月27日 検疫週間別12月4_過去最悪陽性115人
12月20日 検疫週間別12月3_検査最多 陽性60人台
12月13日 検疫週間別12月2_70人台0.5%超
12月06日 検疫週間別12月1_悪化続き80台
11月29日 検疫週間別11月4_悪化したまま
11月22日 検疫週間別11月3_まだ率0.6%超
11月15日 検疫週間別11月2_状況過去最悪
11月08日 検疫週間別11月1_検査前増後減
11月01日 検疫週間別10月4_罹患率0.3%超
10月25日 検疫週間別10月3_検査1日2千人超
10月18日 検疫週間別10月2_南亜急増中
10月11日 検疫週間別10月1_9週ぶり50人超 グラフ掲出開始
10月04日 検疫結果週間別9月5_最多検査0.3%超
09月27日 検疫結果週間別9月4_罹患0.4%肉薄
09月20日 検疫結果分析9月3_陽性40人台
09月13日 検疫結果分析9月2_9週ぶり20人台
09月06日 検疫結果分析9月1_4週ぶり40人超
08月30日 検疫結果分析8月4_罹患0.3%切
08月23日 検疫結果分析8月3_罹患横ばい
08月16日 検疫結果分析8月2_若干落ち着き
08月09日 検疫結果分析8月1_検査増で罹患減
08月02日 検疫結果分析7月4_最悪0.9%超
07月26日 検疫結果分析7月3_高水準続く
07月19日 検疫結果分析7月2_過去最悪
07月12日 検疫結果分析7月1_感染拡大戻り
07月05日 検疫結果分析(6月4週)_少し落ち着き
06月28日 検疫結果分析(6月3週目)_罹患高率(4月1〜6月3迄分析)
<07月まで上中下順別分析>
08月03日 検疫結果分析7月下_最悪悪化
07月23日 検疫結果分析7月中_最悪更に大悪化
07月13日 検疫結果分析7月上_感染数最悪
07月03日 検疫結果分析_6月下旬変化?
06月23日 検疫結果分析_6月中旬率最悪
06月13日 検疫結果分析_6月上旬も異常
06月04日 検疫結果分析_5月下旬異常(4月上〜5月下迄分析)



STAY HOME NOW, FLY LATER


ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする