2021年03月10日

空港検疫3/10_4人中2人有症また宇国

◇空港検疫 4人中2人有症状の危険状態 またパキスタンやウクライナからの陽性も 3月10日発表分

厚生労働省(厚労省)は3月10日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施しています。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定で臨時的に実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


(×××)
3月10日現在
罹 患 率 0.407%

無症状率 92.8%

国内の隠れ感染者数(推定値)7.2万人

(比較用)日 本:罹患率0.351%=感染441,729人、死亡率0.0066%=死亡8,353人/人口約1億2562万人(2021年2月)
(比較用)マルタ:罹患率4.871%=感染24,847人、死亡率0.0656%=死亡335人/人口約51万人(2019年)←[激増中・ピーク]※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/malta/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(3月8日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
1月31日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html
2020年04月03日〜2021年2月28日:https://johokotu.seesaa.net/article/480368929.html

2020年04月04日〜2021年03月01日:対象519,013人、陽性2,162人/罹患率0.416%
2020年04月04日〜2021年03月02日:対象521,994人、陽性2,168人/罹患率0.415%※海港検疫含む
2020年04月04日〜2021年03月03日:対象523,353人、陽性2,169人/罹患率0.414%
2020年04月04日〜2021年03月04日:対象525,117人、陽性2,172人/罹患率0.413%
2020年04月04日〜2021年03月05日:対象526,828人、陽性2,174人/罹患率0.412%
2020年04月04日〜2021年03月06日:対象528,613人、陽性2,176人/罹患率0.411%
2020年04月04日〜2021年03月07日:対象530,893人、陽性2,183人/罹患率0.411%
2020年04月04日〜2021年03月08日:対象532,902人、陽性2,186人/罹患率0.410%
2020年04月04日〜2021年03月09日:対象535,517人、陽性2,187人/罹患率0.408%

2020年04月04日〜2021年03月10日:対象536,794人、陽性2,189人/罹患率0.407%

2021年3月8日時点での罹患率をそのまま日本の人口(2月の推計人口1億2562万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約51.2万人になります。
国内のPCR検査陽性者は2021年3月8日0時現在で439,454人ですから、隠れ感染者はあと約7.2万人いると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は1,277人と、二千人を切りました。
感染者は2人増加。罹患率はジリジリ下がっています。
※2021年1月9日到着分(2021年1月11日発表分)から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年3月10日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17285.html


















空港検疫検査 到着日別詳細結果(3月9日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と1月31日までは、別にまとめています。

2020年04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月03日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月03日〜2021年1月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html
2020年04月03日〜2021年2月28日:https://johokotu.seesaa.net/article/480368929.html

03月01日:症状 有0 無3=陽性3人 2218・2219・2220
03月02日:症状 有0 無3=陽性3人 2221・2222・2223
03月03日:症状 有0 無2=陽性2人 2224・2225
03月04日:症状 有0 無2=陽性2人 2226・2227
03月05日:症状 有2 無6=陽性8人 2228・2229・2230・2231・2232・2233・2234・2239

03月06日:症状 有2 無1=陽性3人 2235・2236・2237
 [空港別] 羽田2・関空1
 [男女別] 男3・女0
 [年代別] 10代下0・20代2・30代1・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] ウクライナ2・ドイツ1
 [居住地] 東京1・大阪1・非公表1
03月07日:症状 有0 無1=陽性1人 2238
 [空港別] 成田1
 [男女別] 男1・女0
 [年代別] 10代下1・20代0・30代0・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] ウクライナ1
 [居住地] 神奈川1
03月08日:症状 有0 無0=陽性0人
 [空港別]
 [男女別] 男0・女0
 [年代別] 10代下0・20代0・30代0・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元]
 [居住地]
03月09日:症状 有2(+2) 無3(+2)=陽性5人 2240・2241・2242・2243・2244
 [空港別] 成田2(+1)・羽田1(+1)・関空2(+2)
 [男女別] 男4(+3)・女1(+1)
 [年代別] 10代下0・20代3(+3)・30代1(+1)・40代0・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] フィリピン1(+1)・インド1・パキスタン1(+1)・ウクライナ1(+1)・マルタ1(+1)
 [居住地] 茨城1・群馬1(+1)・愛知1(+1)・大阪2(+2)


合計4人の陽性確認が発表されました。有症状者が2人出ています。
2020年4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、2021年3月9日までの341日間で2,165人になりました。
2,165人のうち有症状は2人増えて155人です。無症状は2,010人で、無症状率は92.8%です。ここのところ有症状者が急増しており、無症状率はジリジリ悪化しています。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
本日発表分は、団体感染が疑われる事例はありませんでした。

有症状者は2人です。
9日成田着ウクライナから入国の群馬県在住20代男が発熱、咳嗽、下痢症状です。
9日羽田着マルタから入国の愛知県在住20代女が咳嗽症状です。
ウクライナ、マルタともに直行便はなく、乗り継ぎで半日程度の飛行ですので、機内発症でしょうか。乗るとき何ともないのに、機内でいきなり咳と下痢、発熱が出てくるなど、驚きで、お医者様いらっしゃいますかレベルですかね。


またパキスタン、ウクライナからの入国者の陽性が出ました。
ウクライナは週間で50人ほどしか入国者がいませんから、かなりの悪化と推定されます。


いまのところ8日着の陽性者がゼロ人の状況です。

新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(空港・海港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17286.html


STAY HOME NOW, FLY LATER

ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2月4週入国_増加傾向二割増

◇空港検疫 2月4週目入国者は増加傾向で二割増、UAE一気に増える

入国者数のほぼ判明している状態が7週目に突入


厚生労働省(厚労省)は3日、空港検疫での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)検査状況の2月4週目(2月21日〜2月27日)分の速報値を発表しました。この数字から行動歴別の入国者数が推定できます。

厚労省の速報は、週間の検体数と陽性者数を、日本国籍者、外国籍者別に、滞在国ごとに出した非常に細かいデータです。
1月9日から全入国者が検査対象となったため、COVID-19パンデミック後初めて検査数≒入国者数となっています。複数回検査する人や14日以内に複数国滞在した人もいるので、厳密には=ではありませんし、乗員は対象外ですが、検査数が入国者数に限りなく近づきました。

今回発表は、一週間分に過ぎませんが、これまで確認することが出来なかった、行動歴別のほぼ正確な入国者数が7週連続で判明しています。

検査数≒入国者はほぼ横ばい
2月4週目は、検査数は11,779件(前週比+2,256件)と、前週から一気に増加しました。
日本国籍者は5,830件(前週比+1,327件)と久々の増加。外国籍者は5,949件(前週比+929件)と引き続き増加しています。日本国籍者と外国籍者がほぼ同数でした。

陽性者増加中のUAE急増
国別で見ると、最も入国が多かったのは米国で2,287件(前週比+372件)でした。二位は中国で1,736件(前週比+632件)、三位はフィリピンで1,092件(前週比+16件)、四位は韓国で876件(前週比+195件)、五位はインドで427件(前週比+59件)と順番は前週と同じで、総数は各国とも増加しています。
六番目〜八番目は、台湾417件(前週比+110件)、タイ379件(前週比+114件)、インドネシア351件(前週比+60件)でした。
九番目にはアラブ首長国連邦(UAE)が292件(前週比+161件)と倍増以上の急浮上。陽性者が急増する要因になっています。
前週に引き続きドイツが十位で265件(前週比+42件)でした。

この他に目立った国は、ほぼ皆増で一気に増えたのが、ジブチ(皆増の31件)とラオス(皆増の14件)。一気に減ったのがグアム(71件減の0件)でした。
これらの増減はラオスの1人を除いてすべて日本国籍者でした。

インドネシアは日本人戻る、UAEは圧倒的に日本人多い
日本人が多いのは、上位十位までの国では、米国、タイ、UAE、ドイツです。
米国は相変わらず日本人が多く、日本国籍者1,646件・外国籍者641件と差がさらに開いています。
タイ(日本国籍者295件・外国籍者84件)はずっと日本人が多い傾向が続いています。
UAE(日本国籍者251件・外国籍者41件)、ドイツ(日本国籍者225件・外国籍者40件)も同様でした。
欧米は日本人が多いのは傾向として変わっていませんね。

日本人と外国人が多い同じくらいなのは、上位十位までの国では、インドネシアでした。
少し外国籍者に偏りつつありましたが、日本国籍者165件・外国籍者186件と近づいてきています。

外国人が多いのは、上位十位までの国では、中国、フィリピン、韓国、インド、台湾でした。
中国は日本国籍者456件・外国籍者1,280件とさらに差が開きました。台湾(日本国籍者167件・外国籍者250件)も外国籍者が増えており、旧正月需要と思われる動きが続いています。
外国人がずっと多いままの筆頭はフィリピンで、日本国籍者151件・外国籍者941件。インド(日本国籍者105件・外国籍者322件)は日本人が増えたものの、圧倒的に外国籍者が多い状況は変わりません。
韓国は日本国籍者302件・外国籍者574件でした。

この他、十位以内に入っていませんが13位のネパールと14位のパキスタンは外国籍者の方が圧倒的に多く、12位のベトナムも外国籍者が多いです。
一方、12位のシンガポール、15位の英国は日本国籍者の方が圧倒的に多い状況です。

・高感染国が多い欧米からの入国は、日本人が多い
・南アジアからは圧倒的に外国人が多い。

といった傾向が続いています。
今週はこれに旧正月需要が出たといったところでしょうか。

罹患状況などの詳細の分析は後日別途で記事にします。

水際対策(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kansenkakudaiboushi-iryouteikyou.html#h2_7
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

#広がれありがとうの輪 2

#広がれありがとうの輪 2


昨日は情報発信強化日でした。この一年、検疫の苦労を見てきた日本空港情報館でも、このような気付きが抜けていたなぁと、取り上げました。

しかし、ネットサーフィンをしてみたところ、この取り組みに対して否定的な意見があったようです。
全国放送のテレビ番組や全世界対象の有名メディアでも酷評されています。

「言葉よりおカネでしょ」!厚労省「#広がれありがとうの輪」キャンペーンに批判の渦!医療従事者にSNSで感謝の声を...というが(ジェイ・キャスト公式サイト)
https://www.j-cast.com/tv/2020/12/15401075.html
「ありがとう」を広めて、それで差別・偏見が防げるのか(ニューズウィーク日本版公式サイト)
https://www.newsweekjapan.jp/mochizuki/2021/01/post-2.php

なんとも残念です。

言葉の重みとは何なのか。ちょうど良い話題がありましたので、空港の話題も交えながら、リンクを張っておきます。

“あの動物たち”は「式神」、「ポポポポ〜ン」の生みの親が語る公共広告の裏側 #あれから私は(YAHOO!JAPAN公式サイト)
https://news.yahoo.co.jp/articles/98fe76259f0e02ee1025da8ed35798ff33366007
ありがとうさぎも、魔法。です。

こだまでしょうか(平成23年3月20日投稿)(金子みすゞ記念館公式サイト)
https://www.city.nagato.yamaguchi.jp/site/misuzu/1045.html
ありがとうはこだましないのでしょうか。

祝!九州縦断ウエーブ(ダイヤモンドの記事)
https://diamond.jp/articles/-/179026
集まってくれて、手を振ってくれて、ひとつになってくれて、、、、ありがとう。

2011.4.13仙台空港(NHKのアーカイブス)
https://www9.nhk.or.jp/archives/311shogen/detail/#dasID=D0007060139_00000
ご搭乗ありがとうございますがいつもと違って見えました。

在日米海軍司令部@CNFJ 2011.3.24投稿
https://mobile.twitter.com/CNFJ/status/50728749171355649
THANK YOUでも思いは同じ。

仙台空港でのバイデン氏からのエール(在日米国大使館・領事館公式サイト)
https://japan2.usembassy.gov/j/p/2011/tpj-20111012d.html
皆さんの友情にお礼を申し上げます。

ANA 東北FLOWER JET(ANA公式サイト)
https://www.ana.co.jp/ja/jp/share/tohoku_support/report/index_160401.html
→おかえり ただいま ありがとう


ありがとうってなんだろう。
明日は10年目の3.11です。



賛同者とともに「広がれありがとうの輪」の取組を強化(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17091.html



予防ヒーローはすぐそこにいます
すべての予防ヒーローにありがとうの輪を
THANK YOU HEALTHCARE HEROES!!
THANK YOU QUARANTINE HEROES!!

STAY HOME, SAVE LIVES
皆で乗り越えましょう



STAY HOME NOW, FLY LATER

ラベル:感染症
posted by johokotu at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

仙台_震災10年飛行イベント開催へ

■仙台空港(仙台国際空港) 震災10年遊覧飛行イベント開催へ

日本旅行業協会東北支部は8日、仙台空港発着の遊覧飛行イベント「震災復興10年特別企画  JAL/ANAチャーター便で、東北の空を遊覧飛行」を開催すると発表しました。

今回のイベントは、「震災後10年となる東北を、“空から” “陸から” 体感していただくことで、これまでの復興の歩みと次なるステップの息吹を感じていただき、東北観光の新たな第一歩を踏み出す契機となる企画」として実施するとしています。
閖上中学校遺族会代表者の講話から開始し、震災語り部とともに震災伝承施設をめぐり、今年同施設に登録された仙台空港発着で約2時間の遊覧飛行が行われます。遊覧飛行では、福島、宮城、岩手の沿岸部や山形上空を飛び、空から眺めるツアーになります。
実施されるのは、3月28日、4月11日の2日間。ANAグループとJALグループの航空機がチャーターされます。

申し込みは8日から始まっています。

今月11日に東日本大震災10年となることから企画されたもので、仙台空港を拠点に空から結びつけるイベントになります。

仙台空港は、今年震災伝承施設に登録。津波に襲われた周辺地域を巡ることで、震災の教訓を伝え、これからの新たな観光復興に繋げていく復興ツーリズムの取り組みが行われています。

まもなく10年
東日本大震災から10年後の2021年、復興は次のステージへ
さあ、街を、人を、物を、そして心を、上を向いて青い空から結び付けよう!


震災復興10年特別企画 「JAL/ANAチャーター便で、東北の空を遊覧飛行」を発売(福島空港ビル公式サイト)
https://www.sendai-airport.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/notice_charter20210308.pdf


STAY HOME NOW, FLY LATER
ラベル:仙台空港 地震 ANA JAL
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | 仙台空港(仙台国際空港) | 更新情報をチェックする