2021年03月16日

空港検疫3/16_また3日後陽性UAE

◇空港検疫 また3日後陽性、UAEからの入国者 3月16日発表分

厚生労働省(厚労省)は3月16日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施しています。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定で臨時的に実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


(×××)
3月16日現在
罹 患 率 0.401%

無症状率 92.7%

国内の隠れ感染者数(推定値)5.8万人

(比較用)日 本:罹患率0.357%=感染448,688人、死亡率0.0068%=死亡8,622人/人口約1億2562万人(2021年2月)
(比較用)アラブ首長国連邦:罹患率4.383%=感染428,295人、死亡率0.0143%=死亡1,402人/人口約977万人(2019年)←超激増ピーク直後※ロイター公式サイトが分かりやすいです。 https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/united-arab-emirates/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(3月14日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2月28日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html
2020年04月03日〜2021年2月28日:https://johokotu.seesaa.net/article/480368929.html

2020年04月04日〜2021年03月01日:対象519,013人、陽性2,162人/罹患率0.416%
2020年04月04日〜2021年03月02日:対象521,994人、陽性2,168人/罹患率0.415%※海港検疫含む
2020年04月04日〜2021年03月03日:対象523,353人、陽性2,169人/罹患率0.414%
2020年04月04日〜2021年03月04日:対象525,117人、陽性2,172人/罹患率0.413%
2020年04月04日〜2021年03月05日:対象526,828人、陽性2,174人/罹患率0.412%
2020年04月04日〜2021年03月06日:対象528,613人、陽性2,176人/罹患率0.411%
2020年04月04日〜2021年03月07日:対象530,893人、陽性2,183人/罹患率0.411%
2020年04月04日〜2021年03月08日:対象532,902人、陽性2,186人/罹患率0.410%
2020年04月04日〜2021年03月09日:対象535,517人、陽性2,187人/罹患率0.408%
2020年04月04日〜2021年03月10日:対象536,794人、陽性2,189人/罹患率0.407%
2020年04月04日〜2021年03月11日:対象538,268人、陽性2,193人/罹患率0.407%
2020年04月04日〜2021年03月12日:対象539,975人、陽性2,196人/罹患率0.406%
2020年04月04日〜2021年03月13日:対象541,859人、陽性2,201人/罹患率0.406%
2020年04月04日〜2021年03月14日:対象544,615人、陽性2,205人/罹患率0.404%
2020年04月04日〜2021年03月15日:対象547,300人、陽性2,210人/罹患率0.403%

2020年04月04日〜2021年03月16日:対象551,276人、陽性2,216人/罹患率0.401%

2021年3月16日時点での罹患率をそのまま日本の人口(2月の推計人口1億2562万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約50.4万人になります。
国内のPCR検査陽性者は2021年3月16日0時現在で446,386人ですから、隠れ感染者はあと約5.8万人いると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は3,976人と、いきなり三千人を超えました1月22日発表以来2か月ぶりの3千人超えです。今日発表分は日曜日到着分なので多い傾向にはある曜日ですが、ここまでいきなり急増とは何か起こりましたかね。
ひとつ考えられるとすれば、新学期を控えた日本人の帰国需要でしょうか。昨年3月の邦人緊急帰国、昨年8月の盆帰省需要、昨年12月の年末年始需要のように、入国者自身の陽性者・有症状者続出や入国者起因の感染者急増しないことを願いたいものです、、、。
感染者は6人増加。罹患率はジリジリ下がっています。
※2021年1月9日到着分(2021年1月11日発表分)から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年3月16日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17405.html


















空港検疫検査 到着日別詳細結果(3月15日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と2月28日までは、別にまとめています。

2020年04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月03日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月03日〜2021年1月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html
2020年04月03日〜2021年2月28日:https://johokotu.seesaa.net/article/480368929.html

03月01日:症状 有0 無3=陽性3人 2218・2219・2220
03月02日:症状 有0 無3=陽性3人 2221・2222・2223
03月03日:症状 有0 無2=陽性2人 2224・2225
03月04日:症状 有0 無2=陽性2人 2226・2227
03月05日:症状 有2 無6=陽性8人 2228・2229・2230・2231・2232・2233・2234・2239
03月06日:症状 有2 無1=陽性3人 2235・2236・2237
03月07日:症状 有0 無2=陽性2人 2238・2245
03月08日:症状 有0 無0=陽性0人
03月09日:症状 有2 無3=陽性5人 2240・2241・2242・2243・2244
03月10日:症状 有0 無2=陽性2人 2246・2257
03月11日:症状 有0 無5=陽性1人 2247・2248・2249・2250・2251

03月12日:症状 有1 無5(+1)=陽性5人 2252・2253・2254・2255・2256・2268
 [空港別] 成田2・羽田2・関空2(+1)
 [男女別] 男6(+1)・女0
 [年代別] 10代下0・20代2・30代1(+1)・40代1・50代2・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] フィリピン1・インドネシア1・ネパール1・インド1・UAE1(+1)・ウクライナ1
 [居住地] 千葉1・東京3・大阪1・岡山1(+1)
03月13日:症状 有0 無3=陽性3人 2258・2259・2260
 [空港別] 成田2・中部1
 [男女別] 男3・女0
 [年代別] 10代下0・20代1・30代0・40代0・50代1・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] フィリピン2・ポーランド1
 [居住地] 埼玉1・東京1・愛知1
03月14日:症状 有0 無6=陽性6人 2261・2262・2263・2264・2265・2266
 [空港別] 成田5・羽田1
 [男女別] 男4・女2
 [年代別] 10代下0・20代1・30代2・40代2・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] ウクライナ4・ハンガリー1・カメルーン1
 [居住地] 茨城1・千葉1・東京2・岐阜1・高知1
03月15日:症状 有1(+1) 無1=陽性2人 2267・2269
 [空港別] 成田2(+1)
 [男女別] 男1(+1)・女1
 [年代別] 10代下0・20代0・30代1(+1)・40代0・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] パキスタン1(+1)・オランダ/ウクライナ1
 [居住地] 宮城1・福島1(+1)

合計2人の陽性確認が発表されました。有症状者が2人中1人出ています。
2020年4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は2021年3月15日までの347日間で2,190人になりました。
2,190人のうち有症状は1人増えて158人です。無症状は2,032人で、無症状率は92.7%です。ここのところ有症状者が急増しており、無症状率がジリジリ悪化しています。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
本日発表分は、団体感染が疑われる事例はありませんでした。

変異株ばかり確認されているアラブ首長国連邦(UAE)からの入国者で入国三日後の陽性が確認されました。5日に全員の三日間強制隔離が拡大してから、早くも4人目(UAEからは2人目)の確認です。なんとか検疫すり抜けを防いだ形ですが、3日間強制隔離を陽性確認急増中の国も指定せず、わずか13か国地域しか指定していない中で、これだけ頻繁に出てくるということは、従来の検疫方法ではすり抜けが多すぎるということがはっきりと証明されてしまっています。
対策するのなら、入国後14日間は「入国者自身が外に出ない」「家族は迎えに行かない(家に入れない)」「知人は会わない」を徹底するしかないですね。


またアラブ首長国連邦とパキスタンからの入国者の陽性が出ています。

新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17419.html


STAY HOME NOW, FLY LATER
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

羽田_3月バス便時刻変更

■東京国際空港(羽田空港) アクセスバス便時刻変更(2021年3月)

03/24
・天空橋駅停留所 のりば変更(西側道路上のりば廃止) 全て京浜急行バス
 南行(北側)→交通広場1番:空71系統 羽田空港第1ターミナル行(環八経由(第3・第2未経由))
 南行(南側)→交通広場5番:蒲31系統 蒲田駅行(羽田車庫始発・日の出通り経由)、蒲42・蒲43系統 蒲田駅行(萩中経由)
 南行(南側)→交通広場6番:蒲73系統 蒲田駅行(仲六郷経由)、川77系統 川崎駅行、森21系統 大森駅行(羽田車庫始発)
 北行(北側)→交通広場4番:森21・蒲31・蒲43・空71・蒲73・川77系統 羽田車庫行(深夜バス有)
 北行(南側)→交通広場4番:蒲42系統 羽田整備場行
・空港入口停留所 西行のりば停車系統追加 全て京浜急行バス
 森21系統 大森駅行(深夜バス有)、蒲31系統 蒲田駅行(日の出通り経由/深夜バス有)、蒲40・蒲42・蒲43系統 蒲田駅行(萩中経由)、蒲73系統 蒲田駅行(仲六郷経由)、川77系統 川崎駅行
03/16
×京浜急行バス 羽田空港(第3 7番→第2 11番→第1 10番)-横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ(横浜駅西口)( 4*→ 0)
△京浜急行バス・関東鉄道 羽田空港(第3 9番→第2 13番→第1 12番)-鹿島神宮駅( 6*→ 0***)※京浜急行バス撤退
△京浜急行バス・東武バス日光 横浜駅東口-羽田空港(第3 6番→第2 15番→第1 14番)-鬼怒川温泉駅( 2*→ 1)※京浜急行バス撤退
△京浜急行バス・東急バス・川崎鶴見臨港バス 羽田空港(第3 8番→第2 12番→第1 11番)-たまプラーザ駅(空港発42**・空港行38**→37・33)※川崎鶴見臨港バス撤退
△京浜急行バス・東急バス・川崎鶴見臨港バス 羽田空港(第3 8番→第2 12番)-たまプラーザ駅(空港発1・空港行2**→1・1)※川崎鶴見臨港バス撤退
*新型コロナウイルス感染症の影響で全便運休中です。
**新型コロナウイルス感染症の影響で減便中です。
***新型コロナウイルス感染症の影響でダイヤ未確定


03月24日:
天空橋駅前〜空港入口停留所周辺の道路変更に伴い、天空橋駅を通る全系統ののりばが交通広場に変更されます。また、羽田車庫・羽田整備場始発の系統は空港入口停留所(西行)が目の前の道路を通過するようにルート変更されるため、全系統が停車するようになります(東行=羽田車庫行・羽田整備場行はバス停が空港島外にあるため、元々停車あり)。
03月16日:
鹿嶋方面:京浜急行バスが撤退し、関東鉄道の単独運行になります。予約等は京急バスでの取り扱いは終了します(羽田空港の自動券売機は取り扱い継続)。
横浜駅西口方面:路線廃止となります。
日光方面:京浜急行バスが撤退し、東武バス日光の単独運行になります。予約等は引き続き京急バスで取り扱いが継続されます。
たまプラーザ方面:川崎鶴見臨港バスが撤退します。

天空橋駅停留所移設および経路変更等について(京浜急行バス公式サイト)
http://www.keikyu-bus.co.jp/topics/2021/0317_2356.html
鹿島神宮線の運行について(京浜急行バス公式サイト)
http://www.keikyu-bus.co.jp/topics/2021/0218_2312.html
横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ(横浜駅西口)線の廃止について(京浜急行バス公式サイト)
http://www.keikyu-bus.co.jp/topics/2021/0218_2313.html
横浜駅・羽田空港 ⇔ 日光・鬼怒川温泉線の運行について(京浜急行バス公式サイト)
http://www.keikyu-bus.co.jp/info/2021/0218_2311.html
たまプラーザ羽田空港線の当社撤退について(川崎鶴見臨港バス公式サイト)
https://www.rinkobus.co.jp/info/2021/03/post-64.html


STAY HOME NOW, FLY LATER

posted by johokotu at 06:00| 東京 ☔| Comment(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

検疫週間別3月2_横ばい有症悪化

◇空港検疫結果分析(週間別)3月2週目 横ばい推移で有症状者悪化も続く

4月3日に入国者に対する新型コロナウイルス感染症検査(PCR検査または抗原検査)の全員実施が始まってから11か月が過ぎました。
3月2週目(3月5日〜3月11日)は、検査対象数13,246人中、陽性者数25人、罹患率0.188%(推定値)となりました。


■ほぼ横ばいの傾向
検査数は、3月2週目は1日平均1,892人でした。検査数(≒入国者数)は微減でした。全入国者に対する検査が始まってから一気に人数が落ちた状態でしたが、徐々に入国者が戻ってきています。
陽性者は、週間では25人と前週と同数でした。3月8日着で陽性者が確認されませんでしたが、総数は減りませんでした。
罹患率は、微増の0.188%(推定値)です。
罹患率0.18%台は一見かなり低く見えますが、感染が緊急事態の今年1月初旬の日本国内ですら罹患率は0.06%弱ほど(人口1億2571万人中治療必要者7万人)なので、空港検疫が、まだ国内よりも危険な状態には変わりません。

グラフ化すると、検査者数(青)、陽性者数(赤)、罹患率(緑)ともに横ばいです
(赤が感染者数(左目盛)、青が検査者数(右目盛)、緑が罹患率(右目盛))
Quarantine20200403-20210311-1-1.gif
Quarantine20200403-20210311-1-2.gif
Quarantine20200403-20210311-1-3.gif


■関空着が急増
[空港別] 25人中 成田12・羽田5・中部0・関空8・福岡0

成田国際着が相変わらず最多ですが48%(前週+4P)と五割切りが続いています。
東京国際着は20%(前週比-4%)、関西国際(関空)着は32%(前週比+4%)で、たいして便数は増えていないのに関空の割合が高いままです。
中部国際着、福岡着は陽性者が出ませんでした。

■男性七割切る
[男女別] 25人中 男17・女8

男性は68%(前週比-16P)と一気に減少しています
ここ数週間の男女比はいまいち謎推移です。

■20代・30代増加
[年齢別] 25人中 10代下2・20代9・30代7・40代4・50代2・60代1・70代0・80代上0

20代〜40代は20人80%(前週比+12P)と増加。久々に30代も多くなりました
10歳未満はいませんでした。
女性が増えると家族渡航が増えるのか10代以下が増える傾向にありましたが、今週はそうではありませんでした。

■パキスタンとウクライナが多いまま
[渡航元] 25人中 パキスタン5人・ウクライナ4人・非上陸拒否国0人

急激に悪化中のパキスタンはやや減ったものの5人20%(前週比-8P)と相変わらず高いまま。ウクライナは4人16%(前週比+4P)と悪化が止まりません。アラブ首長国連邦(UAE)は、変異株持ち込みの主因である在留邦人がほぼ帰国し切ったのか1人4%(前週比-8P)でした。
欧州は合計7人28%(前週比+8P)で増加が続いています。英国は、こちらも変異株持ち込みの主因である在留邦人帰国が収まったのか0人が続いています。
2月以降はだいぶ落ち着いてきていた米国はついに0人(前週比-12P)でした。
アフリカは3人12%(前週比±0P)で、出やすいままです
非上陸拒否国の陽性未確認は2週間ぶりです

間近の感染が急激に増加中の国:フィリピン・インド・パキスタン・トルコ・ウクライナ・マルタ・ケニア・ギニア・ブラジル
感染状況がピークの国:マルタ・ブラジル
以上の異常状態の国からの入国者も感染確認されています。

ロイターのページが分かりやすいです。https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/

南アジアや欧州の緑や青が目立っている状況です。
(東アジア:赤系統、東南アジア:黄系統、南アジア:緑系統、欧州:青系統、米州:紫系統)
Quarantine20200403-20210311-2.gif


■全国にばらける
[居住地] 25人中非公表が2人、東京・愛知・大阪各4人

非公表者は2人8%(前週比-1P)です。
南関東は6人24%(前週比-37P)と一気に減少しています
全国に広がっており、秋田や島根、高知などの地方在住者の陽性が目立ちました。
公共交通機関が利用できないので14日間のホテル住まいがほぼ確定の北海道在住者が確認されています。

グラフを見ると、関東が一気に減りました。
(関東:赤黄系統、中部:緑系統、関西:青系統、中四国九州:紫系統)
Quarantine20200403-20210311-3.gif


■有症状はまた増加
[その他] 有症状者24%と高率

・詳細は公開されていないので推定でしかないですが、同日に同一空港へ同一国からの入国で同一都道府県在住者が連番確認された場合の、団体感染の疑いが強い事例はありませんでした。ただし、1件それに近い事例として、ウクライナからの入国者2人がありました。
・行動歴、居住地とも非公表者の人はいませんでした。
有症状者は6人24%(前週比+8P)と再び悪化しています。羽田着5人のうち4人は有症状者と超高確率です。
・2か国以上滞在者は1人でした。
・5日から三日間強制隔離の対象国が増えましたが、3日遅れ陽性が1週間で3人も出ています。これらの人はこれまでの枠組みでは検疫すり抜けになっていた事例で、非常に危険な結果を示していることになっています。
変異株はいまのところ未確認です。
・自県の感染者増加でアップアップしているのか、在住都道府県からの発表がほぼなくなっています。


■団体感染が疑われる事例(連番確認)
・該当なし
※2235と2236が同一団体の可能性あり(直行便のないウクライナからの入国者で同じ羽田着)

■団体感染が疑われる事例(10歳未満)
・該当なし

■在住地が非公表の事例
・3月6日 2235 羽田 20代 男性 非公表 ウクライナ 咽頭痛、咳
・3月5日 2228 羽田 40代 男性 非公表 ロシア 無症状

■有症状事例
・3月5日 2229 成田 20代 男性 福岡県 ネパール 咳嗽
・3月5日 2231 羽田 30代 男性 東京都 ロシア/トルコ 咽頭痛、痰
・3月6日 2235 羽田 20代 男性 非公表 ウクライナ 咽頭痛、咳
・3月6日 2236 羽田 20代 男性 東京都 ウクライナ 咳、鼻閉
・3月9日 2242 成田 20代 男性 群馬県 ウクライナ 発熱、咳嗽、下痢
・3月9日 2243 羽田 20代 女性 愛知県 マルタ 咳嗽

■2か国以上滞在者事例
・3月5日 2231 羽田 30代 男性 東京都 ロシア/トルコ 咽頭痛、痰

■変異株
・未確認(分析に時間がかかるため)

■非上陸拒否国からの入国者
・該当なし

■空港検疫での感染確認 週間別の傾向(検査対象人数が推定値)
2020/04/03-2021/03/11:検査対象541,859人(1,579人/日) 感染2,172人=罹患率0.400%
※検査対象:上記合計は11月5日分の過計上1,838件をマイナス済。下記各週の数値はマイナスせず。
2020年
04/03-04/09:検査対象10,010人(1,430人/日) 感染34人=罹患率0.339%
04/10-04/16:検査対象 7,375人(1,053人/日) 感染16人=罹患率0.216%
04/17-04/23:検査対象 4,480人( 640人/日) 感染 8人=罹患率0.178%
04/24-04/30:検査対象 4,744人( 677人/日) 感染13人=罹患率0.274%
05/01-05/07:検査対象 3,861人( 551人/日) 感染 5人=罹患率0.129%
05/08-05/14:検査対象 4,130人( 590人/日) 感染 5人=罹患率0.121%
05/15-05/21:検査対象 3,948人( 564人/日) 感染 3人=罹患率0.075%
05/22-05/28:検査対象 3,988人( 569人/日) 感染23人=罹患率0.576%
05/29-06/04:検査対象 5,869人( 838人/日) 感染20人=罹患率0.340%
06/05-06/11:検査対象 6,081人( 868人/日) 感染29人=罹患率0.476%
06/12-06/18:検査対象 6,788人( 969人/日) 感染41人=罹患率0.604%
06/19-06/25:検査対象 7,677人(1,096人/日) 感染30人=罹患率0.390%
06/26-07/02:検査対象 9,458人(1,351人/日) 感染20人=罹患率0.211%
07/03-07/09:検査対象10,800人(1,542人/日) 感染41人=罹患率0.379%
07/10-07/16:検査対象 9,702人(1,386人/日) 感染76人=罹患率0.783%
07/17-07/23:検査対象 9,388人(1,341人/日) 感染64人=罹患率0.681%
07/24-07/30:検査対象 9,055人(1,293人/日) 感染84人=罹患率0.927%
07/31-08/06:検査対象12,190人(1,741人/日) 感染67人=罹患率0.549%
08/07-08/13:検査対象 9,453人(1,350人/日) 感染36人=罹患率0.380%
08/14-08/20:検査対象10,254人(1,464人/日) 感染39人=罹患率0.380%
08/21-08/27:検査対象10,612人(1,516人/日) 感染31人=罹患率0.292%
08/28-09/03:検査対象11,895人(1,699人/日) 感染47人=罹患率0.395%
09/04-09/10:検査対象 9,679人(1,382人/日) 感染27人=罹患率0.278%
09/11-09/17:検査対象11,654人(1,664人/日) 感染41人=罹患率0.351%
09/18-09/24:検査対象11,262人(1,608人/日) 感染45人=罹患率0.399%
09/25-10/01:検査対象13,766人(1,966人/日) 感染48人=罹患率0.348%
10/02-10/08:検査対象12,579人(1,797人/日) 感染51人=罹患率0.405%
10/09-10/15:検査対象12,755人(1,822人/日) 感染43人=罹患率0.337%
10/16-10/22:検査対象15,304人(2,186人/日) 感染44人=罹患率0.287%
10/23-10/29:検査対象16,650人(2,378人/日) 感染51人=罹患率0.306%
10/30-11/05:検査対象15,804人(2,257人/日) 感染54人=罹患率0.341%
11/06-11/12:検査対象10,227人(1,461人/日) 感染100人=罹患率0.977%
11/13-11/19:検査対象11,591人(1,655人/日) 感染77人=罹患率0.664%
11/20-11/26:検査対象12,322人(1,760人/日) 感染88人=罹患率0.714%
11/27-12/03:検査対象13,348人(1,906人/日) 感染83人=罹患率0.621%
12/04-12/10:検査対象15,699人(2,242人/日) 感染79人=罹患率0.503%
12/11-12/17:検査対象17,378人(2,482人/日) 感染69人=罹患率0.397%
12/18-12/24:検査対象21,365人(3,052人/日) 感染115人=罹患率0.538%
12/25-12/31:検査対象13,804人(1,972人/日) 感染63人=罹患率0.456%
2021年
01/01-01/07:検査対象13,130人(1,875人/日) 感染92人=罹患率0.701%
01/08-01/14:検査対象19,668人(2,809人/日) 感染63人=罹患率0.320%
01/15-01/21:検査対象27,317人(3,902人/日) 感染53人=罹患率0.194%
01/22-01/28:検査対象 9,694人(1,384人/日) 感染28人=罹患率0.288%
01/29-02/04:検査対象10,520人(1,502人/日) 感染23人=罹患率0.247%
02/05-02/11:検査対象 9,729人(1,389人/日) 感染12人=罹患率0.123%
02/12-02/18:検査対象 8,716人(1,245人/日) 感染18人=罹患率0.206%
02/19-02/25:検査対象10,797人(1,542人/日) 感染23人=罹患率0.213%
02/26-03/04:検査対象13,935人(1,990人/日) 感染25人=罹患率0.179%
03/05-03/11:検査対象13,246人(1,892人/日) 感染25人=罹患率0.188%
 [空港別] 成田12・羽田5・中部0・関空8・福岡0
 [男女別] 男17・女8
 [年代別] 10代下2・20代9・30代7・40代4・50代2・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] フィリピン3・ネパール1・インド1・パキスタン5・UAE1・
   ロシア1・ロシア/トルコ1・モルドバ1・ウクライナ4・マルタ1・ドイツ1・
   ケニア1・ギニア1・ナイジェリア1・ブラジル1・カナダ1・非公表0
 [居住地] 北海道1・秋田1・茨城2・群馬2・千葉1・東京4・神奈川1・
   愛知4・大阪4・島根1・高知1・福岡1・非公表2
 5日8(2)、6日3(2)、7日2、8日0、9日5(2)、10日2、11日5=25
 2020年4月3日の特定国全員検査開始から49週(343日)経過


※検査対象数は、何月何日着が何人という発表ではなく、2日遅れで集計発表していると思われる数値しか公表されていません。毎日更新されているので、それほど大きくブレることはないと思いますが、確実に何月何日到着分の数値かは不明です。推定値に近い数値として捉えてください。
※上記数字は、検査者数は海港検疫を含めた数値、陽性者数は海港検疫を含めない数値で記載しています。


■これまでの毎週配信している期間集計(週間別)の記事
<2020年07月から週間分析>
2021年
03月09日 検疫週間別3月1_検査増で率減少
03月02日 検疫週間別2月4_3割有症危険
02月23日 検疫週間別2月3_率0.20%台
02月16日 検疫週間別2月2_率最低に肉薄
02月09日 検疫週間別2月1_検査増陽性減
02月02日 検疫週間別1月4_検査急減0.2%台
01月26日 検疫週間別1月3_検査増で0.1%台
01月19日 検疫週間別1月2_検査あまり増えず
01月12日 検疫週間別1月1_激増0.7%超
01月03日 検疫週間別12月5_減少も0.45%超
2020年
12月27日 検疫週間別12月4_過去最悪陽性115人
12月20日 検疫週間別12月3_検査最多 陽性60人台
12月13日 検疫週間別12月2_70人台0.5%超
12月06日 検疫週間別12月1_悪化続き80台
11月29日 検疫週間別11月4_悪化したまま
11月22日 検疫週間別11月3_まだ率0.6%超
11月15日 検疫週間別11月2_状況過去最悪
11月08日 検疫週間別11月1_検査前増後減
11月01日 検疫週間別10月4_罹患率0.3%超
10月25日 検疫週間別10月3_検査1日2千人超
10月18日 検疫週間別10月2_南亜急増中
10月11日 検疫週間別10月1_9週ぶり50人超 グラフ掲出開始
10月04日 検疫結果週間別9月5_最多検査0.3%超
09月27日 検疫結果週間別9月4_罹患0.4%肉薄
09月20日 検疫結果分析9月3_陽性40人台
09月13日 検疫結果分析9月2_9週ぶり20人台
09月06日 検疫結果分析9月1_4週ぶり40人超
08月30日 検疫結果分析8月4_罹患0.3%切
08月23日 検疫結果分析8月3_罹患横ばい
08月16日 検疫結果分析8月2_若干落ち着き
08月09日 検疫結果分析8月1_検査増で罹患減
08月02日 検疫結果分析7月4_最悪0.9%超
07月26日 検疫結果分析7月3_高水準続く
07月19日 検疫結果分析7月2_過去最悪
07月12日 検疫結果分析7月1_感染拡大戻り
07月05日 検疫結果分析(6月4週)_少し落ち着き
06月28日 検疫結果分析(6月3週目)_罹患高率(4月1〜6月3迄分析)
<07月まで上中下順別分析>
08月03日 検疫結果分析7月下_最悪悪化
07月23日 検疫結果分析7月中_最悪更に大悪化
07月13日 検疫結果分析7月上_感染数最悪
07月03日 検疫結果分析_6月下旬変化?
06月23日 検疫結果分析_6月中旬率最悪
06月13日 検疫結果分析_6月上旬も異常
06月04日 検疫結果分析_5月下旬異常(4月上〜5月下迄分析)



STAY HOME NOW, FLY LATER



ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする