2021年03月22日

空港検疫3/22_米大陸急増

◇空港検疫 米大陸からの入国者の陽性が急増 3月22日発表分

厚生労働省(厚労省)は3月22日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施しています。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定で臨時的に実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


()
3月22日現在
罹 患 率 0.399%

無症状率 92.7%
(有症状者急増中!!)
国内の隠れ感染者数(推定値)4.7万人

(比較用)日 本:罹患率0.363%=感染456,781人、死亡率0.0070%=死亡8,835人/人口約1億2562万人(2021年2月)
(比較用)ペルー:罹患率4.583%=感染1,466,326人、死亡率0.1569%=死亡50,198人/人口約3,199万人(2018年)←[第3波ピーク]※ロイター公式サイトが分かりやすいです。 https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/peru/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(3月21日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2月28日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html
2020年04月03日〜2021年2月28日:https://johokotu.seesaa.net/article/480368929.html

2020年04月04日〜2021年03月01日:対象519,013人、陽性2,162人/罹患率0.416%
2020年04月04日〜2021年03月02日:対象521,994人、陽性2,168人/罹患率0.415%※海港検疫含む
2020年04月04日〜2021年03月03日:対象523,353人、陽性2,169人/罹患率0.414%
2020年04月04日〜2021年03月04日:対象525,117人、陽性2,172人/罹患率0.413%
2020年04月04日〜2021年03月05日:対象526,828人、陽性2,174人/罹患率0.412%
2020年04月04日〜2021年03月06日:対象528,613人、陽性2,176人/罹患率0.411%
2020年04月04日〜2021年03月07日:対象530,893人、陽性2,183人/罹患率0.411%
2020年04月04日〜2021年03月08日:対象532,902人、陽性2,186人/罹患率0.410%
2020年04月04日〜2021年03月09日:対象535,517人、陽性2,187人/罹患率0.408%
2020年04月04日〜2021年03月10日:対象536,794人、陽性2,189人/罹患率0.407%
2020年04月04日〜2021年03月11日:対象538,268人、陽性2,193人/罹患率0.407%
2020年04月04日〜2021年03月12日:対象539,975人、陽性2,196人/罹患率0.406%
2020年04月04日〜2021年03月13日:対象541,859人、陽性2,201人/罹患率0.406%
2020年04月04日〜2021年03月14日:対象544,615人、陽性2,205人/罹患率0.404%
2020年04月04日〜2021年03月15日:対象547,300人、陽性2,210人/罹患率0.403%
2020年04月04日〜2021年03月16日:対象551,276人、陽性2,216人/罹患率0.401%
2020年04月04日〜2021年03月17日:対象553,560人、陽性2,218人/罹患率0.400%
2020年04月04日〜2021年03月18日:対象555,785人、陽性2,232人/罹患率0.401%
2020年04月04日〜2021年03月19日:対象557,976人、陽性2,239人/罹患率0.401%
2020年04月04日〜2021年03月20日:対象560,154人、陽性2,242人/罹患率0.400%
2020年04月04日〜2021年03月21日:対象562,951人、陽性2,248人/罹患率0.399%

2020年04月04日〜2021年03月22日:対象565,261人、陽性2,257人/罹患率0.399%

2021年3月21日時点での罹患率をそのまま日本の人口(2月の推計人口1億2562万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約50.1万人になります。
国内のPCR検査陽性者は2021年3月21日0時現在で454,438人ですから、隠れ感染者はあと約4.7万人いると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は2,310人と、二千人を超えました。
感染者は9人増加。罹患率は横ばいでした。
※2021年1月9日到着分(2021年1月11日発表分)から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年3月22日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17523.html


















空港検疫検査 到着日別詳細結果(3月21日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と2月28日までは、別にまとめています。

2020年04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月03日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月03日〜2021年1月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479921204.html
2020年04月03日〜2021年2月28日:https://johokotu.seesaa.net/article/480368929.html

03月01日:症状 有0 無3=陽性3人 2218・2219・2220
03月02日:症状 有0 無3=陽性3人 2221・2222・2223
03月03日:症状 有0 無2=陽性2人 2224・2225
03月04日:症状 有0 無2=陽性2人 2226・2227
03月05日:症状 有2 無6=陽性8人 2228・2229・2230・2231・2232・2233・2234・2239
03月06日:症状 有2 無1=陽性3人 2235・2236・2237
03月07日:症状 有0 無2=陽性2人 2238・2245
03月08日:症状 有0 無0=陽性0人
03月09日:症状 有2 無3=陽性5人 2240・2241・2242・2243・2244
03月10日:症状 有0 無2=陽性2人 2246・2257
03月11日:症状 有0 無5=陽性1人 2247・2248・2249・2250・2251
03月12日:症状 有1 無5=陽性5人 2252・2253・2254・2255・2256・2268
03月13日:症状 有0 無6=陽性6人 2258・2259・2260・2272・2273・2274
03月14日:症状 有0 無8=陽性8人 2261・2262・2263・2264・2265・2266・2284・2285
03月15日:症状 有1 無3=陽性4人 2267・2269・2289・2290
03月16日:症状 有3 無8=陽性11人 2770・2771・2775・2776・2777・2778・2779・2780・2781・2782・2783
03月17日:症状 有0 無3=陽性3人 2286・2287・2297

03月18日:症状 有0 無3=陽性3人 2288・2291・2292
 [空港別] 成田2・羽田1
 [男女別] 男3・女0
 [年代別] 10代下0・20代1・30代1・40代0・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] パキスタン1・ケニア1・米国1
 [居住地] 茨城1・東京2
03月19日:症状 有0 無4 陽性4人 2293・2294・2295・2296
 [空港別] 成田1・羽田1・関空2
 [男女別] 男4・女0
 [年代別] 10代下1・20代1・30代0・40代0・50代2・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] パキスタン1・UAE1・ボスニア・ヘルツェゴビナ/セルビア1・ブルガリア1
 [居住地] 埼玉1・東京1・愛知1・兵庫1
03月20日:症状 有1 無7=陽性8人 2298・2299・2300・2301・2302・2303・2304・2305
 [空港別] 成田4・羽田3・関空1
 [男女別] 男6・女2
 [年代別] 10代下1・20代1・30代2・40代3・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] フィリピン2・バングラデシュ2・パキスタン1・UAE/エジプト1・イタリア1・米国1
 [居住地] 北海道1・茨城1・千葉1・東京2・奈良1・非公表2
03月21日:症状 有1(+1) 無7(+4)=陽性8人 2306・2307・2308・2309・2310・2311・2312・2313
 [空港別] 成田4(+3)・羽田3(+1)・関空1(+1)
 [男女別] 男5(+2)・女3(+3)
 [年代別] 10代下0・20代1(+1)・30代2(+2)・40代2(+1)・50代2(+1)・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] バングラデシュ1(+1)・インド2・米国1(+1)・キューバ1・ペルー1(+1)・ブラジル2(+2)
 [居住地] 茨城1・埼玉2(+1)・東京1(+1)・神奈川1(+1)・静岡1(+1)・大阪1・鳥取1(+1)


合計5人の陽性確認が発表されました。有症状者が1人出ています。
2020年4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は2021年3月21日までの353日間で2,234人になりました。
2,234人のうち有症状は1人増えて163人です。無症状は2,071人で、無症状率は92.7%です。ここのところ有症状者が増加しており、無症状率がジリジリ悪化しています。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
本日発表分は、団体感染が疑われる事例はありませんでした。

有症状者は1人です。
21日羽田着米国から入国の東京都在住50代男が発熱症状です。
米国からは10時間程度の飛行で、機内発症とみられます。


新学期の帰国需要でしょうか、米大陸からの入国者の陽性が急に出始めています。

新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17532.html


STAY HOME NOW, FLY LATER

ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☔| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

引続き不要不急訪問控えよう

STAY HOME NOW, FLY LATER
引き続き不要不急の空港訪問を控えよう


国内で出ていたダラダラ緊急事態宣言が全て解除になりましたが、まだまだ感染は多いままです。
空港検疫での高感染状況や、緊急事態宣言に伴った航空利用激減を一年以上見てきた情報交通ホットライン日本空港情報館では、引き続き不要不急の空港訪問自粛の呼びかけを続けることにしました。


日本空港情報館では、
・ワクチン接種率 全人口の25%
・各都道府県の七日平均の一日あたりの感染者数 二桁人数以下
・各都道府県の七日平均の一日あたりの死者数 一桁人数以下
・空港検疫での七日平均の一日あたりの入国者数に対する罹患率 0.05%以下
以上をひとつの目安に、引き続き不要不急の空港訪問自粛の呼びかけを続けます。

空港訪問自粛は、人が減ってリスクが減るはずの20時以降だけ外食禁止といった不思議な内容ではなく、
 ・まず訪問しないを基準とし、
 ・万一訪問する場合は、公共交通を利用しない、少人数、他の人が少ない時間帯(=深夜や航空未発着時間帯)、マスク着用、黙る(黙乗、黙歩、黙用、黙食、黙買等)
を呼びかけます。
また、入国者関係者に対して、
 ・入国後14日間の完全外出自粛(公共交通利用自粛等含む)
 ・入国後14日間の家族等含め接触自粛
 ・入国時の家族等含めお迎え自粛
 ・そもそも入国の延期検討
なども呼びかけを続けます。

空港の話題をずっと取り上げてきた身からすると、緊急事態宣言中の航空利用の激減を目の当たりにし、非常に心を痛めています。このため、すぐにでも利用を促進したいのですが、結局感染が下火にならないと航空利用が維持できないことが分かりました。接触減が最も有効であることも昨年五月に証明されていますので、それをうまく活用し、とにかく早く感染を抑えたいです。
さらに、入国者によるウイルス密輸と、密輸後の二次感染があとを絶ちません。特に国際線就航空港に行くのはとにかくリスキーであることをもっと認識して欲しいです。

一方で、地方空港周辺では、感染が下火のところもありますから、そういったところは少しでも多くの人に空港を利用してもらい、少しでも売上げに貢献して欲しいです。

そんな様々な思いが重なり合い、出た結論が上のような訪問自粛呼びかけ継続になりました。


ただ、自粛を呼びかけるにしても、感染リスクは、地域や時間帯、そもそも訪問者の行動により様々です。一律で絶対禁止!などとする必要はないと考えています。不要不急の空港訪問自粛宣言は続けますが、リスクを最小限に出来るのならば、自粛を強要するものではないと思います。

例えば、同じ東京でも、東京国際空港(羽田空港)のある大田区と、神津島空港がある神津島村では感染状況が全く違います。羽田周辺は出歩くだけでかなりリスキーですが、神津島空港なら感染リスクはグッと低くなります。
つまり、全ての空港について、一律に訪問自粛を呼びかけるのはナンセンスです。

例えば、紋別空港は、一日一往復しかありません。
発着時間帯を避ければ、ほぼ他人と接触することはありません。
似たような空港は、紋別以外にも、北は利尻から始まり、大館能代や能登、北大東、南は下地島まで沢山あります。羽田空港や関西国際空港ですら深夜なら発着がなく、ほぼ他人と接触せずに済みます。
つまり、同じ空港ですら、全ての時間帯について、一律に訪問自粛を呼びかけるのはナンセンスです。

例えば、広島空港は、周囲の公園なら、場所を選べば、密にならないで撮影に興じることが出来ます。
似たような空港は、広島以外にも、北は稚内から、庄内や松本、岡山、高知、佐賀、南は喜界まで沢山あります。
つまり、同じ空港ですら、全ての空港施設について、一律に訪問自粛を呼びかけるのはナンセンスです。

例えば、羽田空港も、国内線の2ターミナルは、低感染の地方からの利用者が多いのですから、都内で最もリスクの低い公共施設と言っても過言ではありません(普段使いの多い東京駅はそうはいかない)。
一方で、国際線の第3ターミナルは、未だに国内より高い罹患率で推移しており、都内で最もリスクの高い公共施設と言っても過言ではありません。
国内線2ターミナルは利用推進したい一方、第3ターミナルは利用自粛を強く呼びかけたいといった具合です。
似たような空港は、国際線が発着を続ける5空港全てに言え、福岡などは明確に国内と国際を分けられます。
つまり、同じ空港ですら、全てのターミナルについて、一律に訪問自粛を呼びかけるのはナンセンスです。

このあたり、それぞれの空港や場所の特性に合わせた対策をしっかり考えて訪問できれば、他人とほとんど接触せずに、空港を利用することができるはずです。


そもそも、マスクしなくても注意すらされない鉄道の利用は、空港よりよっぽどリスキーなのに、何故かなんとなく暗黙で許容されています。
それなのに、比較的厳格なマスク着用(鼻まで隠す、不織布)が求められる飛行機でのGO TO移動だけは後ろ指を指されるのはおかしな話です。

そもそも、公園や道路でマスクもせずに、ゼイゼイ息はきながら走ったり、奇声を上げながらはしゃいだりするのは、空港よりよっぽどリスキーなのに、何故かなんとなく暗黙で許容されています。
それなのに、きっちりマスクして飛沫も飛ばさず黙って利用するのに、空港へGO TOするのだけは後ろ指を指されるのはおかしな話です。

そもそも、家の近くのスーパーに家族総出で買い物に行く、対策もろくにしていない地元の飲食店に20時までに食べに行くのは、空港よりよっぽどリスキーなのに、何故かなんとなく暗黙で許容されています。
それなのに、買い物や孤食しに空港にお出掛け的に行くのだけは後ろ指を指されるのはおかしな話です。


ワクチン接種が絶対ではないですが、中東や欧州などの例を見れば、軽減には確実に寄与するはずで、感染状況とワクチン接種状況を見ながら、上手に利用していきたいものです。
そして、上手に利用できるなら、地元の方が、それぞれで地元の空港で、自販機でジュース買うだけでも良いから、空港に貢献していただければ、嬉しいですね。(持ち帰り弁当やってる空港も多いです)

日本の場合、未だにろくにワクチン接種も進んでいませんから、緊急事態宣言が全域で解除されたとは言え、感染状況はまだまだ悪いままです。
いつまでやるんだよと、少しイラつきモードの方もいらっしゃるとは思いますが、まだ暫くは、不要不急の空港訪問自粛、入国者の自主隔離徹底とそれを迎える国内の人のお迎え自粛を呼びかけていきたいと思います。

昨年10月の旅行記のように、よく考えれば上手に訪問は出来るはず。
その辺りをうまくしながらSTAY HOMEと空港応援を続けたいですね。

ちなみに、羽田空港の旅客ターミナルビルでは、緊急事態宣言解除後も、引き続き、「不要不急の来館」自粛が求められています。

■羽田空港内での一部施設、店舗の運用変更について(羽田空港旅客ターミナル公式サイト)
https://tokyo-haneda.com/information/2021/detail_00205.html



STAY HOME NOW, FLY LATER

posted by johokotu at 19:00| 東京 ☔| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする