2022年11月30日

12月国際線が一気に再開へ

□新型コロナウイルス感染症の航空への影響 12月は国際線が一気に続々再開へ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による中国武漢封鎖から2年11か月、パンデミックから2年9か月になる2022年12月は、国際線が一気に続々再開しています。

パンデミック以降全世界で航空便の欠航が広がりましたが、日本国内も2022年後半は復便傾向です。

国内線
日本国内ではCOVID-19は感染症法上2類相当のままであるものの、濃厚接触確認なども放棄されていることから、外出への抵抗感が低減。全国旅行支援などの影響もあり、国内線の利用者はかなり戻ってきています。
このため、国内線は、冬ダイヤ以降欠航がほぼ消滅。幹線を中心に臨時便設定も出ているほどです。
ただ、ANAやPeach Aviation、日本トランスオーシャン航空(JTA)、ジェットスター・ジャパンなどは、そもそも路線自体を運休したり期間運航化したりするなどで実質減便しており、路線切り捨てが密かに進んでいる状態とも言えそうです。
12月は、ANAの静岡路線やJTAの宮古路線など、期間運航化した路線の一部が年末年始に期間再開する予定です。

国際線
国際線は、国際線の就航規制がなくなったことから、路線が一気に再開し始めています。
11月以降、特に東アジアの路線が急拡大中です。

その中でも著しく増えているのが韓国線。韓国社が一気に日本路線を再開しています。
韓国は航空利用に適する距離の国内線路線は少ないのに会社が著しく過剰にあります。このため、日本路線は国内幹線と似たような感覚で就航先としては魅力的。他社競合の競争が過剰な国内線では生き残れないため、日本路線をバンバン飛ばすことで稼いでおり、次々に日本路線に参入しています。韓国路線は毎日運航で再開するパターンが多く、1日4往復飛ばす路線も出てきています。
11月から12月にかけては、新千歳や那覇、さらに高松への路線も再開。ソウルだけでなく、韓国の地方都市への路線も再開が相次いでいます。

続いて再開が目立つ台湾路線は、10月まで週数便という路線が多かったですが、11月〜12月にかけて路線が増加するとともに、毎日運航への増便が相次いでいます。今月は高雄線の再開も出てきます。

ゼロコロナが続き流動があまり変化していない中国もわずかながら増便傾向。週1、2往復の増便や週数便の新規路線就航が続いていて、ジリジリと拡大している印象です。

その他の地域は、それぞれ数路線が順次再開している状況です。
航空会社別では、15日にジェットスター・ジャパンが国際線運航を再開します。

12月は年末年始の需要もにらみ、期間増便などもみられます。

国際線の運航中路線は以下にまとめています。
https://johokotu.seesaa.net/article/492924536.html

=====================

航空便が壊滅的だった一昨年、昨年に比べると、やっと平常に近付きつつある印象です。
日本国内ではまだ2類相当で外出自粛や万一の外出時の対策は欠かせませんが、運航に関する規制はなくなりました。そろそろ、復便しない路線の会社から、混雑空港の発着枠回収といった議論も出てくるかもしれません。
欠航するときは三か月ほどであっという間でしたから、平常運航に戻るのも一気に進むことを期待したいですね。
posted by johokotu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

国際線_運航中路線11/30

■国際線 運航中路線 11月30日更新

新型コロナウイルス感染症パンデミックに伴う需要急減で国際線では大幅な欠航が生じています。
運航が継続しているまたは再開した路線について、航空会社公式サイト、空港公式サイト、都道府県公式サイト、現地大使館公式サイトで発表されている情報で確認できた内容をまとめています。
個人で調べているため、反映しきれていない部分がありますのでご了承ください。


・状況は毎日変化しています。状況により運休していることがあります。
 あくまでも参考程度でご覧いただき、正確な情報は公式サイト等で各自ご確認ください。

下記は定期的に運航されている便のみです。このほかに政府や地元日本人会等が手配する帰国用チャーター便が単発的に複数運航されていますので、旅レジに登録し、各国大使館の発出する情報を確認することをお勧めします。

■10/30時点で定期的な双方向国際線旅客便の就航が確認できた空港
・新千歳
・成田国際
・東京国際
・中部国際
・関西国際
高松 11/23〜再開
・福岡
・那覇


■10/30時点で定期的な双方向の運航が確認できた国際線旅客便
※一部日程で欠航予定の路線があります、一部臨時便も記載
※10/30現在新規に就航が確認できたものを加えています。(新規に欠航になったものは未反映です)
<東アジア>
・東京国際-ソウル GMP(金浦):JAL週14
・東京国際-ソウル GMP(金浦):ANA週14 ※11/5迄週7
・東京国際-ソウル GMP(金浦):KAL週14
・東京国際-ソウル GMP(金浦):AAR週14
・関西国際-ソウル GMP(金浦):JJA週7 ※10/30〜再開
・新千歳 -ソウル ICN(仁川):JJA週7 ※10/30〜再開
・新千歳 -ソウル ICN(仁川):TWB週7 ※11/3〜再開
・成田国際-ソウル ICN(仁川)★:TZP週7
・成田国際-ソウル ICN(仁川):KAL週14
・成田国際-ソウル ICN(仁川):AAR週12 ※12/1〜週14
・成田国際-ソウル ICN(仁川):JNA週14
・成田国際-ソウル ICN(仁川):TWB週14 ※11/10迄週7、12/1〜週21、12/22〜週20
・成田国際-ソウル ICN(仁川):JJA週14
・成田国際-ソウル ICN(仁川)★:ABL週14
・成田国際-ソウル ICN(仁川):ASV週7
・成田国際-ソウル ICN(仁川):ETH週4
・東京国際-ソウル ICN(仁川):APJ週7 ※10/30〜再開
・中部国際-ソウル ICN(仁川):KAL週7 ※11/20迄週5
・中部国際-ソウル ICN(仁川):AAR週3 ※12/24〜週7
・中部国際-ソウル ICN(仁川):JJA週7 ※11/22〜再開
・関西国際-ソウル ICN(仁川):APJ週14
・関西国際-ソウル ICN(仁川):AAR週10 ※12/1〜週14
・関西国際-ソウル ICN(仁川):KAL週14 ※12/1〜週21
・関西国際-ソウル ICN(仁川):JJA週14
・関西国際-ソウル ICN(仁川):JNA週7
・関西国際-ソウル ICN(仁川):TWB週21 ※11/3迄週7、11/19迄週14
・関西国際-ソウル ICN(仁川)★:ABL週14
・関西国際-ソウル ICN(仁川):ASV週14 ※10/31〜再開
・高松  -ソウル ICN(仁川):ASV週3 ※11/23〜再開
・福岡  -ソウル ICN(仁川):JNA週20 ※10/30迄週7
・福岡  -ソウル ICN(仁川):AAR週7 ※12/1〜週14
・福岡  -ソウル ICN(仁川):TWB週14 ※12/1〜週20、12/15〜週21、2023/1/1〜週14
・福岡  -ソウル ICN(仁川)★:ABL週7
・福岡  -ソウル ICN(仁川):JJA週28 ※10/30迄週14、11/21迄週21
・福岡  -ソウル ICN(仁川):KAL週7 ※12/1〜週14
・福岡  -ソウル ICN(仁川):ASV週7 ※11/1〜再開
・成田国際-ヤンヤン★:FGW週4 ※10/30〜就航
・成田国際-テグ  :TWB週7 ※11/14〜再開
・関西国際-テグ  :TWB週7 ※11/25〜再開
・福岡  -テグ  :TWB週7 ※11/11〜再開
・新千歳 -プサン ★:ABL週7 ※11/30〜再開
・成田国際-プサン :KAL週7
・成田国際-プサン :JJA週7
・関西国際-プサン :ABL週14 ※10/29迄週7
・関西国際-プサン :JJA週7
・関西国際-プサン :TWB週7 ※11/11〜再開
・福岡  -プサン :ABL週21 ※10/29迄週14、12/8〜週28
・福岡  -プサン :JJA週21 ※11/17迄週14
・福岡  -プサン :JNA週13 ※10/30〜再開、12/1〜週14
・関西国際-チェジュ:TWB週7 ※11/11〜再開
・成田国際-北京 PEK(首都):ANA週1.5 ※日本発週1・日本着週2
・成田国際-北京 PEK(首都):CCA週1
・成田国際-哈爾浜 :SJO週2
・成田国際-瀋陽  :CSN週1 ※11/17〜再開
・関西国際-瀋陽  :CQH週1
・成田国際-大連  :JAL週4
・成田国際-大連  :ANA週2
・成田国際-大連  :CSN週1 ※10/25〜再開
・成田国際-天津  :SJO週1 ※10/16迄2週に1往復
・成田国際-天津  :JAL週3
・成田国際-天津  :CCA週1 ※11/19〜再開
・関西国際-天津  :GCR週1
・関西国際-天津  :CCA週1 ※11/18〜再開
・成田国際-青島  :ANA週4
・関西国際-青島  ★:CSH週1
・関西国際-青島  :CDG週1 ※11/10〜再開
・成田国際-済南  :CDG週1
・成田国際-上海 PVG(浦東):ANA週2 ※11/8迄週1
・成田国際-上海 PVG(浦東):JAL週2 ※11/9迄日本着のみ週1、11/17迄週1
・成田国際-上海 PVG(浦東):CQH週1
・成田国際-上海 PVG(浦東):CCA週1
・成田国際-上海 PVG(浦東):CES週2 ※11/15迄週1
・関西国際-上海 PVG(浦東):DKH週1
・成田国際-無錫  :CSZ週1 ※11/18〜再開
・成田国際-杭州  :ANA週3 ※11/28迄週2
・成田国際-杭州  :CCA週1
・成田国際-杭州  :CQH週1
・成田国際-杭州  :CES週1 ※10/30?〜再開
・関西国際-杭州  :CCA週1 ※10/23〜再開
・成田国際-南京  :SJO週1 ※11/10迄2週に1便
・成田国際-南京  :CES週1 ※10/30?〜再開
・成田国際-南京  :DKH週1 ※11/10〜再開
・関西国際-南京  :DKH週1 ※10/16〜再開
・成田国際-福州  :CXA週2
・成田国際-広州  :ANA週1
・成田国際-広州  :CSN週1
・成田国際-深圳  ★:ANA週2 ※11/25迄週1
・成田国際-深圳  :CSZ週1
・新千歳 -香港  :CRK週3 ※11/4〜再開、12/1〜週7
・成田国際-香港  :ANA週3
・成田国際-香港  :JAL週5 ※12/1〜週7
・成田国際-香港  :CPA週7
・成田国際-香港  :HKE週11 ※12/4〜週14
・成田国際-香港  :CRK週2
・東京国際-香港  :JAL週5 ※12/1〜週7
・東京国際-香港  :ANA週7 ※10/31〜再開、11/19迄週4
・東京国際-香港  :CPA週7 ※11/1〜再開
・中部国際-香港  :HKE週4
・関西国際-香港  :CPA週14
・関西国際-香港  :HKE週11 ※12/4〜週14
・関西国際-香港  :CRK週4
・福岡  -香港  :HKE週11
・那覇  -香港  :HKE週4
・那覇  -香港  :CRK週3 ※11/2〜再開、1/1〜週4
・成田国際-澳門  :AMU週1
・成田国際-西安  :CES週1
・成田国際-成都  :CSC週1
・成田国際-昆明  :CES週1 ※10/30?〜再開
・東京国際-台北 TSA(松山):ANA週7 ※12/1〜週14
・東京国際-台北 TSA(松山):JAL週14
・東京国際-台北 TSA(松山):CAL週7 ※12/1〜週14
・東京国際-台北 TSA(松山):EVA週7
・新千歳 -台北 TPE(桃園):CAL週3 ※10/31迄週1、12/1〜週7
・新千歳 -台北 TPE(桃園):TTW週3
・新千歳 -台北 TPE(桃園)★:SJX週7
・成田国際-台北 TPE(桃園):JAL週4 ※12/1〜週7
・成田国際-台北 TPE(桃園):APJ週7
・成田国際-台北 TPE(桃園):EVA週14 ※10/31迄週7
・成田国際-台北 TPE(桃園):CAL週14 ※10/31迄週7
・成田国際-台北 TPE(桃園)★:SJX週7 ※※10/31迄週4、12/1〜週14
・成田国際-台北 TPE(桃園):TTW週3
・成田国際-台北 TPE(桃園):TGW週4
・東京国際-台北 TPE(桃園):APJ週7 ※11/18〜再開
・東京国際-台北 TPE(桃園):TTW週3
・中部国際-台北 TPE(桃園):CAL週5 ※10/31迄週4
・中部国際-台北 TPE(桃園):TTW週3
・関西国際-台北 TPE(桃園):APJ週7 ※11/16迄週2
・関西国際-台北 TPE(桃園):EVA週14 ※10/31迄週7
・関西国際-台北 TPE(桃園):CAL週14
・関西国際-台北 TPE(桃園)★:SJX週7 ※※10/31迄週5、12/1〜週14
・関西国際-台北 TPE(桃園):TTW週3
・福岡  -台北 TPE(桃園):EVA週7 ※10/31迄週4
・福岡  -台北 TPE(桃園):CAL週7
・福岡  -台北 TPE(桃園)★:SJX週7 ※※10/31迄週3
・福岡  -台北 TPE(桃園):TTW週5 ※
・那覇  -台北 TPE(桃園):APJ週7 ※11/17〜再開
・那覇  -台北 TPE(桃園):TTW週3
・那覇  -台北 TPE(桃園):CAL週5
・那覇  -台北 TPE(桃園)★:SJX週7
・成田国際-高雄  :EVA週4 ※11/7〜再開
・関西国際-高雄  :TTW週2 ※11/1〜再開
・関西国際-高雄  :EVA週7 ※11/7〜再開
・成田国際-ウランバートル:MGL週3 ※※
・成田国際-ウランバートル★:MNG2週に1往復
<東南アジア>
・成田国際-マニラ :ANA週7
・成田国際-マニラ :JAL週15 ※日本発週14・日本着週16、10/30迄日本発週14・日本着週15
・成田国際-マニラ :PAL週10
・成田国際-マニラ :CEB週7
・東京国際-マニラ :ANA週7
・東京国際-マニラ :PAL週7
・東京国際-マニラ :JAL週4 ※日本発週5・日本着週3、10/31迄日本発週4・日本着週3
・中部国際-マニラ :PAL週7
・中部国際-マニラ :CEB週7
・関西国際-マニラ :PAL週7
・関西国際-マニラ :CEB週7
・福岡  -マニラ :PAL週7
・福岡  -マニラ :CEB週4 ※10/30迄週3
・成田国際-セブ  :PAL週3
・成田国際-ハノイ :ANA週7
・成田国際-ハノイ :JAL週7
・成田国際-ハノイ :HVN週7
・成田国際-ハノイ :VJC週7
・成田国際-ハノイ :BAV週4
・東京国際-ハノイ :HVN週4
・中部国際-ハノイ :HVN週4 ※12/10〜週5
・中部国際-ハノイ ★:VJC週4
・関西国際-ハノイ :HVN週5 ※12/10〜週7
・関西国際-ハノイ :VJC週7
・福岡  -ハノイ :HVN週4
・福岡  -ハノイ :VJC週3
・成田国際-ホーチミン:ANA週7
・成田国際-ホーチミン:JAL週7
・成田国際-ホーチミン:HVN週6
・成田国際-ホーチミン:VJC週7
・東京国際-ホーチミン:JAL週7
・東京国際-ホーチミン:ANA週7
・中部国際-ホーチミン:HVN週2 ※12/10〜週3
・関西国際-ホーチミン:HVN週3
・関西国際-ホーチミン:VJC週7
・福岡  -ホーチミン:HVN週2 ※12/10〜週3
・成田国際-バンコク BKK(スワンナプーム)★:TZP週7
・成田国際-バンコク BKK(スワンナプーム):JAL週11
・成田国際-バンコク BKK(スワンナプーム):ANA週7
・成田国際-バンコク BKK(スワンナプーム):THA週14
・成田国際-バンコク BKK(スワンナプーム)★:TAX週2
・東京国際-バンコク BKK(スワンナプーム):ANA週14
・東京国際-バンコク BKK(スワンナプーム):JAL週10 ※12/1〜週13、2023/1/26〜週14
・東京国際-バンコク BKK(スワンナプーム):THA週7
・中部国際-バンコク BKK(スワンナプーム):THA週7
・関西国際-バンコク BKK(スワンナプーム):JAL週1
・関西国際-バンコク BKK(スワンナプーム):THA週7
・関西国際-バンコク BKK(スワンナプーム)★:TAX週4
・福岡  -バンコク BKK(スワンナプーム)★:VTJ週7 ※11/6迄週5
・福岡  -バンコク BKK(スワンナプーム):THA週7 ※10/30〜再開
・福岡  -バンコク DMK(ドンムアン)★:AIQ週4 ※12/15〜週7
・成田国際-ヤンゴン:MMA週1 ※臨時便
・成田国際-クアラルンプール:ANA週7
・成田国際-クアラルンプール:JAL週7
・成田国際-クアラルンプール:MAS週7 ※10/31迄週5
・東京国際-クアラルンプール:ANA週3 ※10/31〜再開、1/1〜週5
・東京国際-クアラルンプール★:MAS週3 ※10/31迄週2、12/1〜週5
・東京国際-クアラルンプール:XAX週3 ※11/7〜再開
・関西国際-クアラルンプール:MAS週5
・新千歳 -シンガポール:TGW週4 ※11/2〜再開
・新千歳 -シンガポール:TGW週3 ※台北桃園経由便、11/1〜再開
・成田国際-シンガポール:AJX(ANA)週7
・成田国際-シンガポール:JAL週7
・成田国際-シンガポール★:TZP週3
・成田国際-シンガポール:SIA週14
・成田国際-シンガポール:TGW週7
・成田国際-シンガポール:TGW週7 ※台北桃園経由便
・東京国際-シンガポール:ANA週14
・東京国際-シンガポール:JAL週9 ※11/2迄週7
・東京国際-シンガポール:SIA週14
・中部国際-シンガポール:SIA週3
・関西国際-シンガポール:SIA週14
・関西国際-シンガポール:TGW週7
・福岡  -シンガポール:SIA週3
・成田国際-バンダルスリブガワン:RBA週2 ※10/30〜再開、12/23〜週4
・成田国際-ジャカルタ:JAL週14
・成田国際-ジャカルタ★:ANA週7
・東京国際-ジャカルタ:ANA週7
・東京国際-ジャカルタ:GIA週2
・成田国際-デンパサール:GIA週3 ※11/1〜再開
<南アジア・中央アジア・西アジア>
・成田国際-カトマンズ:RNA週2 ※
・成田国際-デリー :AIC週3
・東京国際-デリー :ANA週5
・東京国際-デリー :JAL週7
・成田国際-ムンバイ:ANA週3
・成田国際-ベンガルール★:JAL週3 ※12/1〜週4
・成田国際-コロンボ:ALK週3 ※
・成田国際-ドーハ :QTR週7
・成田国際-アブダビ:ETD週7 ※
・成田国際-ドバイ :UAE週7 ※
・関西国際-ドバイ :UAE週7 ※※11/6迄週6
・東京国際-イスタンブール★:THY週7
<ヨーロッパ>
・成田国際-ヘルシンキ:FIN週2
・東京国際-ヘルシンキ★:JAL週5
・東京国際-ヘルシンキ:FIN週7 ※10/31〜再開
・成田国際-ワルシャワ:LOT週2
・成田国際-フランクフルト:JAL週7 ※11/29迄週5
・東京国際-フランクフルト:ANA週14
・東京国際-フランクフルト:DLH週7
・東京国際-ミュンヘン:DLH週3
・成田国際-チューリヒ:SWR週4
・東京国際-ローマ ★:ITY週3 ※11/6〜就航
・成田国際-アムステルダム:KLM週2
・成田国際-アムステルダム:KLM週2 ※ソウル仁川経由(経由時再保安検査必要)
・関西国際-アムステルダム:KLM週2 ※ソウル仁川経由(経由時再保安検査必要)
・成田国際-パリ  :AFR週3
・東京国際-パリ  :JAL週7
・東京国際-パリ  :ANA週3
・東京国際-パリ  :AFR週5
・関西国際-パリ  :AFR週3
・東京国際-ロンドン LHR(ヒースロー):JAL週11 ※2023/1/15〜週14
・東京国際-ロンドン LHR(ヒースロー):ANA週7
・東京国際-ロンドン LHR(ヒースロー):BAW週7 ※11/14〜再開
<アフリカ>
・成田国際-アディスアベバ:ETH週2
<北米・中南米>
・成田国際-バンクーバー:JAL週7
・成田国際-バンクーバー★:ANA週7
・成田国際-バンクーバー:ACA週7
・成田国際-トロント:ACA週4 ※10/30迄週7
・成田国際-モントリオール:ACA週3
・成田国際-ワシントンD.C.★:ANA週3.5 ※日本発週4・日本着週3
・東京国際-ワシントンD.C.:ANA週3.5 ※日本発週3・日本着週4、10/30〜再開
・成田国際-ボストン:JAL週7
・成田国際-ニューヨーク JFK(ジョンFケネディ)★:JAL週4 ※12/2〜週5
・東京国際-ニューヨーク JFK(ジョンFケネディ):JAL週7
・東京国際-ニューヨーク JFK(ジョンFケネディ):ANA週7
・成田国際-ニューアーク:UAL週7
・東京国際-デトロイト:DAL週7 ※10/29迄週3
・中部国際-デトロイト:DAL週3
・成田国際-シカゴ :ANA週7
・成田国際-シカゴ ★:JAL週1.5 ※日本発週2・日本着週1、※12/2〜週3
・東京国際-シカゴ :JAL週7
・東京国際-シカゴ :ANA週7、10/30〜再開
・東京国際-シカゴ :UAL週7
・東京国際-アトランタ:DAL週7 ※10/29迄週4
・成田国際-ヒューストン★:ANA週3.5 ※日本発週3・日本着週4
・成田国際-ヒューストン:UAL週7
・東京国際-ヒューストン:ANA週3.5 ※日本発週4・日本着週3、10/30〜再開
・成田国際-ダラス ★:JAL週4 ※12/1〜週3、2023/1/14〜運休予定
・成田国際-ダラス :AAL週7
・東京国際-ダラス :JAL週7
・東京国際-ダラス ★:AAL週3
・成田国際-シアトル:JAL週7
・成田国際-シアトル★:ANA週7 ※11/28迄週6
・東京国際-シアトル:DAL週7 ※10/29迄週4
・成田国際-サンフランシスコ★:JAL週7
・成田国際-サンフランシスコ★:ANA週7
・成田国際-サンフランシスコ:UAL週7
・東京国際-サンフランシスコ★:ANA週7
・東京国際-サンフランシスコ:JAL週4 ※2023/1/14〜週7
・東京国際-サンフランシスコ:UAL週7
・成田国際-ロサンゼルス:ANA週7
・成田国際-ロサンゼルス:JAL週7 ※11/29迄日本発週10・日本着週9
・成田国際-ロサンゼルス★:TZP週7
・成田国際-ロサンゼルス:UAL週7
・成田国際-ロサンゼルス:SIA週7
・東京国際-ロサンゼルス:JAL週7
・東京国際-ロサンゼルス:ANA週14
・東京国際-ロサンゼルス:AAL週7 ※10/31〜再開
・東京国際-ロサンゼルス:DAL週3 ※10/31〜再開、12/1〜週7
・関西国際-ロサンゼルス:JAL週1.5 ※日本発週1・日本着週2、12/1〜週3
・成田国際-サンディエゴ:JAL週4
・成田国際-ホノルル:TZP週3
・成田国際-ホノルル:JAL週8 ※年末年始増便有り
・成田国際-ホノルル:ANA週3 ※11/1迄週2、12/1〜週5
・成田国際-ホノルル:HAL週7 ※10/31迄週6
・東京国際-ホノルル:ANA週7
・東京国際-ホノルル:JAL週14
・東京国際-ホノルル:HAL週7 ※10/31迄週6
・中部国際-ホノルル:JAL週1 ※年末年始増便有り
・関西国際-ホノルル:JAL週1 ※年末年始増便有り
・関西国際-ホノルル:HAL週7 ※10/31迄週6
・成田国際-グアム :UAL週14
・中部国際-グアム :UAL週2
・関西国際-グアム :UAL週2
・福岡  -グアム :UAL週2
・成田国際-サイパン★:UAL週3
・成田国際-メキシコシティ:ANA週7
<オセアニア・太平洋>
・東京国際-シドニー:ANA週7 ※年末年始増便有り
・東京国際-シドニー:JAL週7
・東京国際-シドニー:QFA週7
・成田国際-ケアンズ:JST週4 ※12/12〜週5
・関西国際-ケアンズ:JST週3 ※11/13迄週2、2023/2/6〜週4
・成田国際-ゴールドコースト:JST週3 ※2023/1/30〜週5
・成田国際-メルボルン:JAL週3 ※12/1〜週4
・成田国際-オークランド:ANZ週4 ※11/27迄週3、12/12〜週6、2023/1/16〜週7
・成田国際-ヌメア :ACI週3〜5

■10/30時点で片方向の運航が確認できた国際線旅客便
※一部日程で欠航予定の路線があります、一部臨時便も記載
※10/1現在新規に就航が確認できたものを加えています。(新規に欠航になったものは未反映です)
日本発→現地着のみ(現地発→日本着は欠航)
・成田国際→大連  :CHH週0.5 ※日本着のみ週1
・東京国際→広州  :JAL週0.5 ※日本発のみ週1

現地発→日本着のみ(日本発→現地着は欠航)
・成田国際←北京 PEK(首都):JAL週0.5 ※日本着のみ週1
・成田国際←北京 PEK(首都):CHH週0.5 ※日本着のみ週1
・成田国際←広州  ★:JAL週0.5 ※日本着のみ週1


========================
■近日中に国際線定期便が再開になる予定の空港
-

■近日中に再開になる予定の路線は新規路線)
・新千歳 -ソウル ICN(仁川):KAL週7 ※12/1〜再開予定
・新千歳 -ソウル ICN(仁川):JNA週7 ※12/1〜再開予定、12/8〜週14
・那覇  -ソウル ICN(仁川):JJA週7 ※12/1〜再開予定
・那覇  -ソウル ICN(仁川):KAL週4 ※12/1〜再開予定
・那覇 -ソウル ICN(仁川):JNA週7 ※12/1〜再開予定
・新千歳 -香港  :CPA週5 ※12/1〜再開予定
・福岡  -香港  :CPA週3 ※12/1〜再開予定
・新千歳 -台北 TPE(桃園):EVA週7 ※12/1〜再開予定
・成田国際-高雄  :CAL週6 ※12/1〜再開予定
・新千歳 -バンコク BKK(スワンナプーム)★:TAX週4 ※12/1〜就航予定
・東京国際-ブリスベン★:QFA週3 ※12/1〜就航予定
・福岡  -高雄  :TTW週2 ※12/2〜再開予定
・新千歳 -バンコク BKK(スワンナプーム):THA週7 ※12/2〜再開予定
・新千歳 -クアラルンプール:XAX週4 ※12/2〜再開予定
・成田国際-ブリュッセル:ANA週2 ※12/2〜再開予定
・成田国際-プサン :ABL週7 ※12/9〜再開予定
・成田国際-サンノゼ★:TZP週3 ※12/12〜就航予定、2023/1/11〜週5
・成田国際-マニラ :JJP週7 ※12/15〜再開予定
・成田国際-クアラルンプール★:MXD週7 ※12/15〜就航予定(リブランド)
・成田国際-イスタンブール:THY週3 ※12/15〜再開予定
・成田国際-コナ  :JAL週3 ※12/20〜2023/1/9のみ再開予定
・成田国際-グアム :JAL週2 ※12/22〜2023/1/9のみ再開予定
・那覇  -ソウル ICN(仁川):TWB週7 ※12/22〜再開予定
・那覇  -ソウル ICN(仁川):AAR週4 ※12/23〜再開予定
・新千歳 -プサン :JNA週7 ※12/23〜再開予定
・関西国際-バンコク BKK(スワンナプーム)★:APJ週6 ※12/27〜就航予定
・新千歳 -ソウル ICN(仁川):AAR週4 ※2023/1/4〜再開予定
・広島  -台北 TPE(桃園):CAL週4 ※日本発2023/1/5・日本着2023/1/4〜再開予定
・関西国際-サンフランシスコ:UAL週3 ※2022/1/7〜再開予定
・成田国際-台北 TPE(桃園):JJP週7 ※2023/1/19〜再開予定、2/1〜週4
・高松  -台北 TPE(桃園):CAL週4 ※2023/1/19〜再開予定
・関西国際-香港  :APJ週7 ※2023/1/20〜再開予定

■近日中に国際線定期便が欠航になる予定の空港
-

■近日中に欠航になる予定の路線
-

<日本>
ANA/AJX https://www.ana.co.jp/ja/jp/
JAL https://www.jal.co.jp/jp/ja/
APJ https://www.flypeach.com/
JJP/JST/JSA https://www.jetstar.com/jp/ja/
SFJ https://www.starflyer.jp/
SJO https://jp.ch.com/
SKY https://www.skymark.co.jp/ja/
TZP https://www.zipair.net/
<東アジア>
AAR https://flyasiana.com/C/JP/JA/index
ASV https://flyairseoul.com/CW/ja/main.do
ESR https://www.eastarjet.com/newstar/PGWHC00001
JJA https://www.jejuair.net/jejuair/jp/main.do
JNA https://www.jinair.com/booking/index
KAL https://www.koreanair.com/
TWB https://www.twayair.com/app/main
CCA https://www.airchina.jp/JP/JP/
CDC https://www.loongair.cn/
CDG http://www.sda.cn/
CES/CSH https://jp.ceair.com/
CHB http://www.westair.cn/portal/
CHH https://www.hainanairlines.com/JP/JP/Home
CQH https://www.ch.com/
CSC http://global.sichuanair.com/JP-JP
CSN https://global.csair.com/JP/JP/
CSZ http://www.shenzhenair.com/
CXA https://www.xiamenair.com/ja-jp/
DER http://www.jdair.net/
DKH http://www.juneyaoair.com/
GCR https://www.tianjin-air.com/
LKE http://www.luckyair.net/
OKA https://www.okair.net/
CPA/HDA https://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP.html
CRK https://www.hongkongairlines.com/ja_JP/homepage
HKE https://www.hkexpress.com/ja/
AMU https://airmacau.jp/
CAL/MDA https://www.china-airlines.com/jp/jp
EVA https://www.evaair.com/ja-jp/
TTW https://web.tigerairtw.com/jp/
SJX https://www.starlux-airlines.com/ja-JP
MGL http://www.miat.com/index.php?lang=jp
MNG https://www.aeromongolia.mn/en/
<東南アジア>
CEB https://www.cebupacificair.com/ja-jp
PAL https://www.philippineairlines.com/ja-jp/jp/home
BAV https://www.bambooairways.com/global-en/
HVN https://www.vietnamairlines.com/jp/ja/home
VJC https://www.vietjetair.com/Sites/Web/ja-JP/Home
PIC https://www.pacificairlines.com/vn/vi/
THA https://www.thaiairways.com/ja_JP/index.page
TLM https://www.lionairthai.com/jp/
RBA https://www.flyroyalbrunei.com/japan/ja/
MAS https://www.malaysiaairlines.com/
MXD https://www.malindoair.com/
EZD/TAX/XAX https://www.airasia.com/ja/jp
GIA https://www.garuda-indonesia.com/jp/ja/index
SIA/SLK https://www.singaporeair.com/ja_JP/jp/home
TGW https://www.flyscoot.com/jp/
<南アジア・中央アジア・西アジア>
RNA https://nepalairlines.com.np/home/
AIC http://www.airindia.in/→在インド日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.in.emb-japan.go.jp/
VTI https://www.airvistara.com/in/en→在インド日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.in.emb-japan.go.jp/
ALK https://www.srilankan.com/en_uk/
QTR https://www.qatarairways.com/ja-jp/homepage.html→在カタール日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.qa.emb-japan.go.jp/
UAE https://www.emirates.com/jp/japanese/
ETD https://www.etihad.com/ja-jp/
THY https://www.turkishairlines.com/ja-jp/
UZB https://www.uzairways.com/en→在ウズベキスタン日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.uz.emb-japan.go.jp/
VSV http://www.scat.kz/en/
AFL https://www.aeroflot.ru/jp-en/
SBI https://www.s7.ru/en/
SHU https://www.flyaurora.ru/jp/→在ユジノサハリンスク日本国総領事館公式サイトで情報有(https://www.sakhalin.ru.emb-japan.go.jp/
<ヨーロッパ>
FIN https://www.finnair.com/jp-ja
SAS https://www.flysas.com/jp-ja/→在デンマーク日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.dk.emb-japan.go.jp/
LOT https://www.lot.com/jp/ja→在ポーランド日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.pl.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
DLH https://www.lufthansa.com/→在ドイツ日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.de.emb-japan.go.jp/
AUA https://www.austrian.com/?sc_lang=ja&cc=JP
SWR https://www.swiss.com/jp/JA
KLM https://www.klm.com/home/jp/ja
AFR https://www.airfrance.co.jp/JP/ja/
BAW https://www.britishairways.com/travel/home/public/ja_jp/→在英国日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.uk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
ITY https://www.itaspa.com/content/itaspa/itaspa-pl/en/homepage.html
IBE https://www.iberia.com/jp/→在スペイン日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.es.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
<アフリカ>
MSR https://www.egyptair.com/en/Pages/HomePage.aspx→在エジプト日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.eg.emb-japan.go.jp/)臨時便情報豊富
ETH https://www.ethiopianairlines.com/jp/ja
<北米・中南米> 
ACA https://www.aircanada.com/jp/ja/aco/home.html#/
AAL https://www.americanairlines.jp/intl/jp/index.jsp?locale=ja_JP
DAL https://ja.delta.com/jp/ja
HAL https://www.hawaiianairlines.co.jp/
UAL https://hub.united.com/c/japan
AMX https://aeromexico.jp/
<オセアニア・太平洋>
QFA https://www.qantas.com/jp/ja.html→在オーストラリア日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
VOZ https://www.virginaustralia.com/jp/en/→在オーストラリア日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
ANZ https://www.airnewzealand.jp/
ACI https://jp.aircalin.com/jp/
ANG http://www.airniugini.jp/
FJI https://www.fijiairways.com/ja-jp/→在フィジー日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.fj.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
THT https://www.airtahitinui.com/jp-ja

再度全路線欠航になった空港

再欠航路線
10/30
・成田国際-ブリュッセル:ANA週2 ※10/30〜再欠航
10/1
・成田国際-タシケント:UZB週1


**/**(**/**現在欠航確認)

再開延期
・成田国際-プサン :ABL週14 ※10/30〜再開予定
・新千歳 -台北 TPE(桃園):EVA週7 ※11/1〜再開予定
・那覇  -台北 TPE(桃園):EVA週7 ※11/1〜再開予定

・東京国際-ホノルル★:DAL週7 ※12/1〜就航予定
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

DAK_機材繰り運休 黄信号?

□DAK 機材繰りを理由とした運休を開始、年末年始に再開予定も1月から再運休 運航継続黄信号?

第一航空(DAK)は30日、機材繰りを理由として那覇-粟国線を運休しました。年末年始に再開予定も1月から再運休となる予定です。

DAKの機材繰りを理由とした那覇-粟国線の運休は、11月30日から12月17日までと1月18日以降の予定です。
12月18日〜1月17日は週3往復と一部日程で運航されますが、1月18日に再運休となります。

DAK那覇-粟国線は定期便ではなく、定期的に飛んでいる乗合便(定期チャーター便)に過ぎず、一定期間ごとに機体の点検整備による運休が義務付けられています。
間近では、10月5日〜11月19日に「機体の点検整備および年次検査」を理由とした運休をしており、11月20日に再開したばかりです。

今回の再運休は、これまでなかった「機材繰り」を理由とした運休です。単に八重山就航に向けた事故対応で訓練が必要になったなどであれば良いのですが、利用維持が難しい離島路線だけに、運航の継続に黄信号が灯る事態となっています。

運航ダイヤ(DAK公式サイト)
https://dai1air.com/okinawa/diagram/

posted by johokotu at 03:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

2022年11月29日

9月入国_57万人強 邦人は減少

◇2022年9月入国者 約57万2千人強
前年より約50万人強増・716.6%増
前月より減少国も 邦人は前月より減少
外国籍者 韓国連続トップ 留学や技能実習が再び増加に転換


法務省は11月25日、出入国管理統計の2022年9月分の月報を発表しました。2022年9月の日本への入国者数は572,109人で、うち外国人249,327人・協定該当者10,162人が入国していたことが判明しました。

ここ数か月、判明する入国者数を基に、検査率や陽性率を計算する分析を行ってきましたが、9月24日着分をもって検体数の発表が終了したため、今回は同分析は行いません。
前月分の分析 https://johokotu.seesaa.net/article/492865814.html




総合
2022年9月の入国者数は日本人312,620人・外国人249,327人・協定該当者10,162人=合計572,109人でした。
前年(2021年)9月(70,064人)に比べて約50万人強も増加・716.6%増加です。
なぜか前月(8月)より減少でした。8月は海外旅行需要があったということなのでしょうか?

2021年9月は、「検査対象は入国者全員」「外国人新規入国は「原則」停止」「一部の国で強制隔離開始」の時期です。
2022年9月は、規制が大幅に緩和され、「検査対象は入国者の1割以下」「外国人新規入国は原則許可」「強制隔離国はわずか2か国」となっています。前年と比べるとかなり入国者が増えています。

[同年前月(2022年9月)との比較]
入国者合計 502,045人増加(+716.6%)
日本国籍者 274,514人増加(+720.4%)
外国国籍者 221,571人増加(+798.3%)
協定該当者 5,960人増加(+141.8%)


今年6月1日に入国規制が大幅緩和となり、急増後、ジリジリ増加が続いていますが、今月は前月より減少でした。

相変わらず米軍関係者は大して増えていませんね。これは、コロナ禍でも大量の米国軍人が入国していたこと=米軍関係者は入国規制の対象外であった可能性があることを示しています。
米国からの入国者は、現地出国前未検査者が多いと推定されること、協定該当者が増加する時期(前回の年末年始等)に米国からの入国者の陽性が多かった傾向がありました。また、成田や羽田から遠く遠く遠く離れた横須賀のホテルが隔離場所として指定されていた事例もあり、米軍関係者のすり抜けがあったと推定される出来事が多発していました。そろそろ、ジャーナリストなり、野党関係者なり、海外から帰国しない国会議員(存在意義が曝露の人)なりが、その辺の実態を暴露してくれませんかね。状況証拠から推定されるというだけなので、言ってみれば偏見に基づく外人差別なわけですが、米軍関係者の陽性者が大して多くなかった(=やましいことがなかった)のであれば公表しても別に何も問題はないでしょうし、こういった外人差別に繋がる疑念は早く払拭したいですよね。




空港別
最も入国者が多かった空港は成田国際(成田)。268,697人(前月比-3,027、全入国者の54%(前月比+5P))
東京国際(羽田)は180,989人(前月比+8,260、同36%(前月比+5P))
中部国際(中部)は21,295人(前月比-687、同4.2%(前月比+0.3P))
関西国際(関空)は78,336人(前月比+8,805、同16%(前月比+4P))
福岡は21,783人(前月比+2,081、同4.3%(前月比+0.8P))でした。

7月に定期便が再開した新千歳は540人(前月比-2,019、同0.1%(前月比-0.4P))、8月に定期便が一時再開した那覇は0人(前月比-272、同0.0%(前月比±0P))
このほか、百里3人の入国者が出ました(このほか出発便で名古屋4人国際線利用あり)。チャーター便でも就航しましたでしょうか。

前月と比べると、羽田と関空が目立って増加。成田と中部は前月よりも減っています。前月は空港数が増えましたが、那覇が0人となるなど再び減少気味でした。
福岡が、国際空港である中部を越えました。


入国者が全員米軍関係者と思われるのが、三沢、横田、嘉手納。合わせて403人おり、検査なしで入国している可能性があります(三沢は協定該当者、その他は日本人が多いです)。
定期便就航5空港から入国している米軍関係者(協定該当者)は10,009人いました。8月は夏季休暇からの復路需要があったためか、一気に減っています。相変わらず米国線が多い羽田が多く、3か月連続で成田を超えました。




外国籍者の在留資格別
外国人入国者249,327人のうち、再入国は102,971人でした。新規入国再開で、146,356人が新規入国でした(前月より再入国は減少、外国人入国者総数と新規入国は増加)。

在留資格別でみると、永住者26,124人、日本人・永住者の配偶者8,789人、定住者5,321人、特別永住者2,460人など。元からの日本在住者は、前言と比べると、特別永住者が微増だった以外は減少でした。家族滞在は11,943人(うち新規入国3,805人)で減少でした。
日本人・永住者の配偶者の新規入国は898人で、減少傾向が続いています。外国人配偶者が日本に入国できなくなって離れ離れになることが一時問題になっていましたが、完全に解消しているとみられます。もう、皆いったんは帰り切った感じでしょうか。夏期休暇も終わり、移動する時期でもないですし。

外国人新規入国一時停止で人材が入国できないことが問題となっていました。2022年3月以降それが解消されています。
学生関係は、留学が38,016人(うち新規入国21,488人)。ここ3か月減少気味でしたが、海外の新学年を迎えて一気に増加に転じました。
技能実習(1号イ〜3号ロ合計)は17,014人(うち新規入国11,060人)と前月より増加(3か月ぶり)。特定技能(1号〜2号合計)は6,140人(うち新規入国1,972人)で2か月連続で前月より増加でした。
若い人(学生や技能実習)の、特に新規入国は再び増加傾向に転じたと言えます。

細かい分野別で多めだったのは、
 技術・人文知識・国際業務19,711人(うち新規入国2,996人、前月より減少(新規は増加))、
 経営・管理2,925人(うち新規入国319人、前月より減少)、
 公用が急増で2,779人(うち新規入国2,516人、前月より増加)、
 企業内転勤1,762人(うち新規入国744人、前月より減少(新規は増加))、
 外交1,471人(うち新規入国1,016人、前月より増加)、
でした。教育は434人(うち新規入国59人)と前月より激減しました。
興行は4,681人(うち新規入国4,382人)で増加が止まりません。
専門家の行き来は、やや増加気味になり始めているものの、再入国による出入りがまだ多い段階でしょうか。ジリジリ増加なイメージです。

短期滞在は90,678人(全員新規入国)で前月比2万7千人弱も急増でした。
旅行者が一気の増加が再び始まっています。




外国籍者の国籍別
外国籍者は国籍別の人数が出ています。その国から来たかどうかは分かりませんが、国籍別をみてみます。
韓国が42,691人と先月より2,800人増加で3か月連続トップでした。
ベトナムは33,235人と先月比4万4千人強減少。
中国が22,133人と5千人強増加で続きました。
続いて米国が1千人強増加で20,596人。
フィリピンは880人減少の16,252でした。
以上の5か国が1万人超えでした。

今年前半多かったネパールは減少が続き4,134人でした。


軒並み大幅増加の国が多いのです。7月や8月と同じような動きですが、8月よりも減った国も見られました。まだ、10月の規制解除前で航空便再開の動きも少なかったので、夏休みの移動分がグッと減った感じでしょうか。

青国は入国が容易になったことから増え、黄国に指定されたからかネパールは減少気味でした。ベトナムは再増加局面に入った印象です。




空港検疫での国籍別の感染状況については、詳細を別途アップします。

<2022年9月入国者数>
入国者計 572,109人(前年 70,064人)
日 本 人 312,620人(前年 38,106人)前月より減
外 国 人 249,327人(前年 27,756人)
協定該当者 10,162人(前年 4,202人)前月より急減

<2022年9月空港別入国者数> 日本人・外国人・協定該当者の3分類
<空港>
新 千 歳 540人(外国人 448人、協定該当者 0人)
三  沢 155人(外国人 0人、協定該当者 153人)
百  里 3人(外国人 3人、協定該当者 0人)
成田国際268,697人(外国人121,324人、協定該当者3,147人)
東京国際180,989人(外国人58,770人、協定該当者5,998人)
中部国際 21,295人(外国人13,241人、協定該当者 79人)
関西国際 78,336人(外国人41,456人、協定該当者 356人)
福  岡 21,783人(外国人13,823人、協定該当者 429人)

<軍用飛行場>
横  田 232人(外国人 205人、協定該当者 0人)
嘉 手 納 16人(外国人 5人、協定該当者 0人)


<2022年9月外国籍者の国籍別入国者数 上位15位>※分かるのは外国籍者の国籍のみ(滞在国とは限りませんし日本人は含まれません)
矢印は前月(8月)と比較したときの増減状況、増減者数は前年同月比
韓 国42,691↑超爆増(前年比+38,720)
ベトナム33,235↓超爆増(前年比+32,132)
中 国22,133↑超爆増(前年比+16,178)
米 国20,596↑超爆増(前年比+18,119)
フィリピン16,252↓超爆増(前年比+14,789)
インドネシア 9,784↑爆増(前年比+9,116)
タ イ 9,343↑爆増(前年比+8,984)
台 湾 8,222↑爆増(前年比+7,584)
インド 6,085↓爆増(前年比+5,482)
フランス 5,883↑急増(前年比+5,223)
ドイツ 5,641↑急増(前年比+5,210)
英 国 5,262↑急増(前年比+4,836)
豪 州 5,179↑急増(前年比+5,018)
ネパール 4,134↓急増(前年比+3,024)
マレーシア 3,259↑急増(前年比+3,004)


出入国管理統計統計表(法務省公式サイト)
http://www.moj.go.jp/isa/policies/statistics/toukei_ichiran_nyukan.html

posted by johokotu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2022年11月27日

山口宇部_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/山口宇部空港
日本空港情報館
山口宇部空港

top.jpg
山口宇部空港

■飛行場の概要
山口県宇部市の海沿いに設置されている特定地方管理空港(旧・第2種空港)です。
昭和41年7月に宇部空港として開港しました。昭和54年に滑走路が2,000メートルとなりジェット化、翌昭和55年に山口宇部空港に改称しました。山口県の玄関空港で、県庁所在地の山口市と県西の主要都市下関市の中間に位置しています。
日本航空は平成になってからの就航。令和3年11月27日現在、国内線のみの運航で、スターフライヤー、日本航空により1路線が就航しています。

■飛行場種別:特定地方管理空港(旧・第2種空港)
■設置管理者:(設置)国土交通大臣、(管理)山口県
■滑走路延長:2500m
■空港コード:UBJ/RJDC
■旅客ビル管理者:山口宇部空港ビル


■施設の見どころ:◎◎=== 中規模/カーブサイドの波打った上屋が印象的なきれいなターミナル。空港周辺は公園が広がり、彫刻作品が多数展示されています。
■見学者への対応:◎◎◎== 案内所 有/ターミナルパンフ 有(A3判三つ折り)/送迎デッキ 有料/ファン向け展示 有/山口関連の展示も充実しています。
■売店の充実度:◎◎=== 売店・飲食店は出発ロビーに集中。商品数はやや多めで山口県全域の土産が手に入ります。
■アクセスの状況:◎◎=== 鉄道 有(JR宇部線草江駅)/バス 有/空港前に草江駅があります。徒歩圏内の駅ですが、本数が少なく、使い勝手は悪いです。


※就航路線は令和3年11月27日、そのほかの情報は平成29年5月現在のものです。
UBJ001.jpg国内線(旅客ターミナルの特徴)
(写真は平成29年5月撮影)
国内線と国際線、空港ビルアネックスの3種類の旅客ターミナルが並んで建っています。カーブサイドから見て左側が空港ビルアネックス、中央が国内線ターミナル、右側が国際線ターミナルです(写真は国内線ターミナル)。
国内線ターミナルは、平成12年に出来た新ターミナルです。1階にチェックインロビーと到着ロビー、2階に出発ロビーがあります。屋上には展望デッキが設置されています。
ターミナルのパンフレットによると、「利用者の利便性、快適性、更にはユニバーサルデザインを取り入れた建物」と紹介されています。建物全体を海に見立ててデザインされており、ガラスと金属を多用して「海とつながる広く明るい豊かな空間」を表現しているそうです。
設置されているサインは、出発関係は緑色、到着関係は黄色を使って目立たせています。
UBJ002.jpgターミナル前面
(写真は平成29年5月撮影)
カーブサイドに沿って続く波打った屋根が目を引きます。
ターミナルビルへの正面出入口は、国内線ターミナルが3か所、国際線ターミナルが1か所です。

バスのりばは4か所。アクセスバスのほか、県庁所在地の山口市、県西の下関市、県東の周南市、県北の萩市へ乗合タクシーが運行されています。(いずれも航空便ダイヤに合わせた程度の便数)。
■1番 新山口駅行(宇部市交通局)
■2番 宇部新川駅行(急行)、めぐりーな め11系統丸山公園行、め11系統宇部新川駅行(清水川経由)、め73系統宇部新川駅行(沼・大学病院経由)・宇部新川駅行(沼・大学病院正門口経由)、め74系統宇部新川駅行(フジグラン宇部・五十目山経由)、東12系統宇部興産中央病院行、東12系統・東S1系統宇部新川駅行(フジグラン宇部経由)
■3番 -
■4番 おいでませ山口号(防長交通・船木鉄道)

※イルミネーションバスときわ公園行・宇部新川駅行(宇部市交通局)を毎年11月下旬〜12月下旬に運行(H26 11/30-12/23、H27 11/29-12/25、H28 11/27-12/25、H29 11/19-12/25、H30 11/23-12/25、R1 11/30-12/22、R2 11/29-12/26、R3 11/28-12/26、R4 11/27-12/25/いずれも特定日のみ)

※令和03年10月01日:下関駅行・フジグラン宇部行(サンデン交通) 運休(9/30最終運行)、乗合タクシー 下関駅行(下関山電タクシー・宇部山電タクシー) 新設
※平成30年10月26日:山口駅行(防長交通・中国ジェイアールバス) 運休(10/25最終運行)
※平成29年10月01日:め19系統宇部新川駅行(ときわ公園・大学病院正門口経由)・め29系統宇部新川駅行(フジグラン宇部・清水川・大学病院正門口経由)・め39系統・め49系統 運休、め73系統宇部新川駅行(沼・大学病院経由)・宇部新川駅行(沼・大学病院正門口経由)、め74系統宇部新川駅行(フジグラン宇部・五十目山経由)、東12系統宇部興産中央病院行、東12系統・東S1系統宇部新川駅行(フジグラン宇部経由) 新設
※平成26年10月01日:め39系統宇部新川駅行(ときわ公園・大学病院経由)・め49系統宇部新川駅行(フジグラン宇部・清水川・大学病院経由) 新設
※平成24年04月01日:空港循環線 宇部新川駅行(五十目山経由、丸山公園経由)・丸山公園行(宇部市交通局) 運休、めぐりーな 宇部新川駅行(ときわ公園経由、清水川経由、フジグラン・清水川経由)・丸山公園行 新設
※平成23年08月12日:山口駅行 新設
UBJ003.jpg国内線(チェックインロビー)
(写真は平成29年5月撮影)
1階ランド側から見て左側に設置されています。
UBJ004.jpg国内線(チェックインカウンタ)
(写真は平成29年5月撮影)
建物端側から日本航空、ANAのカウンタが並びます。
スターフライヤーは、全便ANAが共同運航しており、手続きはANAカウンタで行われます。
羽田線しか飛んでいませんが、東海道・山陽新幹線や新北九州空港との競争が激しいためか1日前までの予約運賃が安く、利用者は多めです。
UBJ005.jpg国内線(出発ロビー)
(写真は平成29年5月撮影)
中央にある階段をのぼった2階に出発ロビーがあります。やや高い天井から自然光の入る明るいロビーです。ロビーをぐるりと取り囲む形で売店やレストランが配置されています。
UBJ006.jpg国内線(保安検査場入口)
(写真は平成29年5月撮影)
2階出発ロビー正面に設置されています。入口は2か所。入口付近に液晶モニタの案内板があります。案内板は、出発ロビーにもテレビモニタによるものが設置されています。
UBJ007.jpg国内線(搭乗待合室・搭乗口)
(写真は平成29年5月撮影)
搭乗待合室は、出発ロビーと同じフロアを壁で隔てただけの場所にあります。売店は1店(ANAFESTA)のみです。
搭乗口は2か所、搭乗橋も2か所あります。搭乗口とコンコースの境は低いフェンスがはられているだけになっています。
UBJ008.jpg国内線(手荷物受取場)
(写真は平成29年5月撮影)
手荷物受取場は1階にあります。ターンテーブル、到着口とも1か所。ターンテーブルには秋芳洞の模型が展示されています。
UBJ009.jpg国内線(到着口)
(写真は平成29年5月撮影)
1階ランド側から見て右側にあります。
案内表示はテレビモニタです。
UBJ010.jpg国内線(到着ロビー)
(写真は平成29年5月撮影)
到着口の前には、総合案内所が設置されているほか、乗り合いタクシーカウンタ、レンタカーカウンタ、売店1店(物産館たまや)、宇部市PRコーナーがあります。
UBJ001i.jpg国際線(旅客ターミナルの特徴)
(写真は平成29年5月撮影)
国際線ターミナルは昭和55年7月にできたターミナルです。1階にチェックインロビーと到着ロビー、2階に出発ロビーがあります。
UBJ004i.jpg国際線(チェックインロビー・カウンタ)
(写真は平成29年5月撮影)
1階ランド側から見て左側に設置されています。
長年チャーター便しか飛んでいなかったため、ご覧の通り、ガランとしていることが多かったですが、平成28年11月から平成31年4月まで冬期期間のみ国際線定期便が就航していました。令和元年の冬は再び運休しています。

※平成28年11月28日:ASV 就航(冬期のみ就航)
※平成31年04月01日:ASV 全便運休
UBJ005i.jpg国際線(出発ロビー)
(写真は平成29年5月撮影)
国際線の出発ロビーは、国際線ターミナルの2階にあります。
この階には、出発口・出国審査場と搭乗待合室のほか、空港とサンデン交通の事務所があります。
ロビーは全域が航空関係の展示コーナーのようになっており、パネルや模型が所狭しと並べられています。
UBJ006i.jpg国際線(搭乗待合室入口)
(写真は平成29年5月撮影)
出発ロビー中央に設置されています。
案内表示はモニタタイプです。国際線も国内線と同じ搭乗橋を利用しており、出発口を通ったあと、連絡橋を通って、国内線ターミナル側へ行くことになります。
UBJ009i.jpg国際線(到着口・到着ロビー)
(写真は平成29年5月撮影)
1階ランド側から見て右側にあります。
到着ロビー周辺は「おいでませ山口観光プラザ」となっていて、一見すると到着ロビーのようには見えません。
手荷物受取所のターンテーブル、到着口とも1か所です。案内表示はモニタタイプです。
UBJ011.jpg売店
(写真は平成29年5月撮影)
売店は国内線2階出発ロビーを中心に出店しています。国際線ターミナルは搭乗待合室内に免税店があるのみです。
国内線ターミナルは、1階に1店(ヤマザキYショップ)、2階は出発ロビーに3店舗(やまぐち特産品プラザ、ANAFESTA、豆子郎)、搭乗待合室内に売店1店(ANAFESTA)があります。
飲食店では各店とも山口の名産品を使ったメニューがあり、チェーン店のココスも空港限定メニューが出されています。
※平成24年03月31日:詩仙堂 閉店
※平成**年**月**日:物産館たまや 閉店、豆子郎・ヤマザキYショップ 開店
※平成28年11月28日:免税店 開店
UBJ012.jpg飲食店
(写真は平成29年5月撮影)
飲食店は国内線2階出発ロビーに飲食店3店(ココス、角打ち鍋島、あす花亭)があります。
飲食店では各店とも山口の名産品を使ったメニューがあり、チェーン店のココスも空港限定メニューが出されています。
UBJ013.jpg展望デッキ
(写真は平成29年5月撮影)
屋上に設置されています。有料。国内線ターミナル、国際線ターミナルの両方にあり、両ターミナル間を結ぶ通路がメインデッキのようになっています。
フェンスは低く、棒タイプであるため、小さな子どもでも眺められます。エプロン・滑走路側のほか、駐車場側も見えるのが特徴です。
14.jpg展望デッキからのながめ
(写真は平成23年7月撮影)
正面は周防灘が広がっています。搭乗橋のあるスポットの正面にはデッキがなく、ご覧の通り、搭乗橋に隠れた飛行機を撮影する形になります。旅客ターミナルは、エプロン・滑走路の北側に設置されており、基本的に撮影は逆光条件。離着陸する飛行機を撮影するのであれば、周囲に広がる公園を利用した方が良いかもしれません。
ターミナルビルは滑走路のちょうど中央付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はやや斜め気味の撮影になることが多いようです。
UBJ015.jpgラウンジ「きらら」
(写真は平成23年7月撮影)
国内線ターミナル2階にラウンジ「きらら」があります。有料ですが、一部のクレジットカードと当日の航空券提示で無料利用できます。
UBJ017i.jpgおいでませ山口観光プラザ
(写真は平成29年5月撮影)
国際線ターミナル1階に「おいでませ山口観光プラザ」ががあります。
観光プラザは、色鮮やかにペイントされた柱やパネルが目立つコーナーで、山口県内の名所を紹介しています。国際線ターミナルにあるため、見に来る人がほとんどおらず、閑散としていました。
UBJ017d.jpg宇部市PRコーナー
(写真は平成29年5月撮影)
国内線ターミナル1階到着口横に「宇部市PRコーナー」があります。
地元宇部の名産や名所を紹介するコーナーになっています。
19.jpg山口ケーブルビジョン
(写真は平成23年7月撮影)
国内線ターミナル2階出発ロビー中央の展示コーナーに、山口ケーブルビジョンのマルチビジョンが設置されています。
45面のモニタが並べられており、テレビ局気分を味わえます。
20.jpgモニュメント
(写真は平成23年7月撮影)
ターミナル正面には山口宇部空港のモニュメントがあります。
山口宇部空港のある宇部市は彫刻のまちとして知られており、国内線ターミナルに円Bと宇宙、国内線ターミナルと国際線ターミナル間にGravitation、駐車場周辺などに6作品、空港横のふれあい公園に3作品が飾られています。いずれもUBEビエンナーレの受賞作品で、空港では紹介チラシも配布されています。
UBJ021.jpgイベント広場
(写真は平成29年5月撮影)
国内線ターミナルビルと国際線ターミナルビルの間にはイベント広場があります。
山口宇部空港では、イベント広場や前面道路沿い、中央のガーデンゲートなどに広く薔薇を植えており、バラ園となっています。また、冬場はイルミネーションを展開しています。
毎年5月にはバラ園が満開、11月から1月にかけては光の街UBEの一部としてエアポート・イルミネーションが展開され、多くの人が訪れます。

※平成25年05月**日:バラ園 開設
UBJ001R.jpg空港ビルアネックス
(写真は平成29年5月撮影)
国内線ターミナルビルの東側に空港ビルアネックスがあります。
空港の事務所とレンタカーカウンタがあります。
空港ビルアネックスのレンタカーカウンタで受け付けたのち送迎または隣接する専用駐車場で受け渡しになります。
UBJ016.jpg地上アクセス施設(駐車場)
(写真は平成29年5月撮影)
駅前に鉄道駅がある好立地ながら、便数が少ないために使い勝手の悪い山口宇部空港。自家用車でのアクセスがかなり重要で、ターミナル前には約1500台分の無料駐車場が用意されています。
22.jpg鉄道アクセス施設(JR宇部線草江駅)
(写真は平成23年7月撮影)
空港入口から徒歩1分ほどのところにJR宇部線の草江駅があります。日本の空港の中でかなり便利な立地の鉄道駅ですが、運行便数が少なく利便性はあまり高くありません。
駅係員もいない無人駅で、小さな待合所があるのみ。きっぷは列車内の発券機で発行するか、駅前の西村商店で購入できます。
21.jpg周辺見所施設(ふれあい公園)
(写真は平成23年7月撮影)
空港の東側に「ふれあい公園」が広がっています。ミニ滑走路や風力発電機などがある公園で、飛行機の離着陸を眺められます。
18.jpgかつてあった見どころ(友好協定紹介パネル)
(写真は平成23年7月撮影)
国内線ターミナル1階到着口横に済南国際空港との友好協定を紹介するパネルがあります。
山口宇部空港は平成21年3月に中国山東省の済南国際空港と友好協定を結んでおり、観光PRやチャーター便運航などを実施しています。
16.jpgかつてあった見どころ(サテライトブース)
(写真は平成23年7月撮影)
国内線ターミナル2階出発ロビーに、地元FMラジオ局FMきららのサテライトブースがありました。毎週土曜日に「HAPPY AIRPORT 山口宇部空港」が生放送されていました。

■就航路線(国内線)
  ANA   AJX   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC  
  JAL   TZP   JTA   JJP   SJO   RAC  
  IBX   FDA   NCA   AMX   NJA   DAK   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
東京国際(羽田)SFJ(ANA)・JAL・ANA
*d0:一部曜日のみの運航
*d1:JEXによる運航便あり

就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成26年10月01日:JEX合併によりJALに変更(JAL*d1→JAL)
※平成26年10月26日:SFJ(ANA)東京国際 就航
※令和02年04月20日:ANA東京国際 長期欠航
※令和02年05月18日:JAL東京国際 長期欠航
※令和02年06月15日:JAL東京国際 再開
※令和02年06月16日:ANA東京国際 再開
※令和03年02月01日:JAL東京国際 長期欠航
※令和03年02月19日:ANA東京国際 長期欠航
※令和03年03月11日:JAL東京国際 再開
※令和03年03月12日:ANA東京国際 再開
※令和03年05月10日:ANA東京国際 一部曜日のみの運航に変更(ANA→ANA*d0)
※令和03年06月01日:ANA*d0東京国際 毎日運航に変更(ANA*d0→ANA)
※令和03年06月14日:ANA東京国際 一部曜日のみの運航に変更(ANA→ANA*d0)
※令和03年07月01日:ANA*d0東京国際 長期欠航
※令和03年07月16日:ANA東京国際 再開

※事前購入型または特定便のみしかない乗継路線は平成25年7月から公開を終了しました。(H22.4.1 ANA新千歳・大館能代・秋田・庄内・富山・能登・小松 新設、H23.2.1 JAL新千歳・青森・三沢・秋田・山形・小松 新設)


■就航路線(国際線)
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 定期就航路線なし
*i1:定期チャーター便
就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成27年01月09日:AAR*i1ソウル仁川 就航
※平成27年03月01日:AAR*i1ソウル 運休(出発便は2/27、到着便は3/1最終運航)
※平成27年12月04日:AAR*i1ソウル仁川 就航
※平成27年03月27日:AAR*i1ソウル 運休(3/25最終運航)
※平成28年11月28日:ASVソウル仁川 就航
※平成29年01月11日:ASVソウル AAR共同運航便化
※平成29年03月27日:ASV(AAR)ソウル 運休(3/25最終運航)
※平成29年10月30日:ASV(AAR)ソウル仁川 就航
※平成30年03月26日:ASV(AAR)ソウル 運休(3/24最終運航)
※平成30年10月29日:ASV(AAR)ソウル仁川 就航
※平成31年04月01日:ASV(AAR)ソウル 運休(3/30最終運航)

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■山口宇部空港についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
山口宇部空港旅客ビルの公式サイト◎(山口宇部空港ビル株式会社)
山口宇部空港の公式サイト△(山口宇部空港利用促進振興会)
山口宇部空港(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※山口宇部空港の公式サイトではありません。

開設月日 2009.03.29
初調査日 2007.03.07
前調査日 2017.05.27

posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 山口宇部空港 | 更新情報をチェックする

山口宇部_11月バス便時刻変更

■山口宇部空港 アクセスバス便時刻変更(2022年11月)

11/27
◎宇部市交通局 イルミネーションバス 山口宇部空港-ときわ公園-宇部新川駅( 0→平0土休3)

11月27日:
毎年恒例のイルミネーションバスが運行開始となります。山口宇部空港のエアポート・イルミネーションのほか、ときわ公園のTOKIWAファンタジア、中央街区公園のサンタクロスロード、ヒストリア宇部ライトアップの、宇部市のイルミネーション会場へのアクセスとして運行されるもので、夕方以降に運行されます。11月27日〜12月25日の土曜・日曜のみ運行です。途中停留所は、ときわ公園、常盤町二丁目、宇部中央。宇部新川駅まで約25分310円。
※TOKIWAファンタジア初日の点灯式では、山口宇部空港ハンドベル同好会(スカイベルトゥインクルズ)によるハンドベル演奏も実施。

イルミネーションバスの運行について(宇部市交通局公式サイト)
https://ubebus.jp/pages/124/detail=1/b_id=40/r_id=156#block40-156
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山口宇部空港 | 更新情報をチェックする

2022年11月26日

成田_11月鉄道便時刻変更

■成田国際空港(成田空港) アクセス鉄道便時刻変更(2022年11月)

11/26
<成田空港駅・空港第2ビル駅発着 京成本線系統>京成電鉄
○快速 成田空港-京成成田-京成高砂(空港発平2土休0・空港行0→平2土休1・0)
△快速特急 成田空港-京成成田-京成高砂-押上-泉岳寺-京急蒲田-羽田空港第1・第2ターミナル(空港発平1土休0・空港行平1土休0→0・平1土休0)

<成田空港駅・空港第2ビル駅発着 成田スカイアクセス線系統>成田スカイアクセス
◎スカイライナー 成田空港-新鎌ケ谷-京成高砂-京成上野(空港発0・空港行0→14・10)
×スカイライナー 成田空港-京成高砂-京成上野(空港発15・空港行10→0・0)
×アクセス特急 成田空港-新鎌ケ谷-京成高砂-押上-泉岳寺-京急蒲田-京急久里浜-三崎口(空港発平0土休1・空港行平0土休1→0・0)

<東成田発着 東成田線系統>京成電鉄・芝山鉄道
-

※種別が途中で変更になる列車があります。成田空港駅・東成田駅発着時の種別で比較しています。
※上記は新設or廃止された区間・種別を比較記載しているだけです。


11月26日:
京成電鉄・芝山鉄道・成田スカイアクセスのダイヤ改正です。
スカイライナーの一部列車(日中1時間に1便程度)が、新たに新鎌ケ谷に停車するようになります。成田空港から新鎌ケ谷まで約26分ライナー料金800円。
また、京成成田-東成田-芝山千代田間でワンマン運転が開始されます。概ね9時〜17時台の4両編成の列車のみが対象です。

京成線ダイヤ改正を実施します(京成電鉄公式サイト)
https://www.keisei.co.jp/news/detail.php?CN=5824
ダイヤ改正の実施について(芝山鉄道公式サイト)
https://www.sibatetu.co.jp/news/2022/10/post-495.html
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 成田国際空港(成田空港) | 更新情報をチェックする

2022年11月23日

祝!!国際線定期便再開 高松

 祝!!国際線定期便再開   
     高松空港       


11月23日、高松空港発着の国際線定期便が再開されました。

エアソウルの高松-韓国・ソウル(仁川)線が週3往復で再開されました。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響で2020年3月15日に長期欠航となって以降、実に2年8か月ぶりになります。
これで、国際線定期便の発着する空港は、8空港になりました。

COVID-19パンデミックに伴う国際線定期便運航再開状況
旭 川:全便欠航
新千歳:2022年07月17日再開済
函 館:全便欠航
青 森:全便欠航
花 巻:全便欠航
仙 台:全便欠航※
百 里:全便欠航
成田国際:運航継続
東京国際:運航継続
新 潟:全便欠航
富 山:全便欠航
小 松:全便欠航
静 岡:全便欠航
中部国際:2020年06月17日再開済
関西国際:運航継続
美 保:全便欠航
岡 山:全便欠航
広 島:全便欠航
高 松:2022年11月23日再開!←今回!
松 山:全便欠航
福 岡:2020年04月29日再開済
北九州:全便欠航
佐 賀:全便欠航
長 崎:全便欠航
熊 本:全便欠航※
宮 崎:全便欠航※
鹿児島:全便欠航※
那 覇:2022年08月02日再開、2022年08月16日全便再欠航、2022年10月16日再再開済
下地島:全便欠航
新石垣:全便欠航
※は、定期便長期欠航中も、2020年4月以降に出入国が記録されている空港(那覇を除きいずれも数人程度。チャーター便が飛んだものとみられます。ほかに三沢、岩国、大分なども確認。)


(関連記事)高松空港 11月23日から国際線再開へ 2年8か月ぶり(2022年10月11日配信記事)
https://johokotu.seesaa.net/article/492418283.html
posted by johokotu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高松空港 | 更新情報をチェックする

中部_年度内くつろぎ処再開へ

■中部国際空港(セントレア) 年度内にくつろぎ処をリニューアルして再開へ

中部国際空港(セントレア)は18日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響で休業しているくつろぎ処をリニューアルして2022年度中に再開すると発表しました。

くつろぎ処は、空港では珍しい温浴施設をメインとしたリラクゼーション施設です。
運営を新たにクレドインターナショナルに委託し、2022年度内に展望風呂は「SOLA SPA 風の湯」、飲食施設はサウナ飯を提供するレストランにリニューアルするとともに、アジアンスパ「SANATIO SPA」を開業するとしています。開業日などはまだ未定です。

くつろぎ処は、2020年10月になってからCOVID-19パンデミックの影響で休業していました。

〜セントレアの展望風呂がいよいよ再開!〜
『くつろぎ処』のリニューアルおよび営業再開について
(中部国際空港公式サイト)
https://www.centrair.jp/corporate/newsroom/__icsFiles/afieldfile/2022/11/17/kutsurogidokoro_renewal.pdf
ラベル:中部国際空港
posted by johokotu at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部国際空港(セントレア) | 更新情報をチェックする

2022年11月15日

◇COVID-19関係記事一覧11/15

◇COVID-19関係記事一覧 2022/11/15

情報交通ホットライン日本空港情報館ブログでは、昨年1月から、COVID-19に関連し、多数の記事を配信しています。
カテゴリで分類していますが、記事数が多すぎて検索しづらいので、内容別に一覧にしておきます。
文字数制限に引っかかってしまいましたので、2022年分以降のみを掲載します。

2021年分以前の記事は、6月15日配信の記事をご覧ください。(https://johokotu.seesaa.net/article/488803942.html

■空港検疫関係の記事
<偽陰性すり抜け・空港検疫隔離関係>
2022年
10月25日 水際放棄で検査激変 8月97%無検査/陽性の最大97%スルーと推定 new!
10月02日 国外居住陽性千葉9月4人
10月02日 戦慄!危険!空港が日本への攻撃拠点 すり抜け東京だけで9月26日間287人
09月28日 水際放棄で検査激変 7月96%無検査/陽性の最大96%スルーと推定
09月06日 国外居住陽性千葉8月14人
09月06日 戦慄!危険!空港が日本への攻撃拠点 すり抜け東京だけで8月407人 悪いまま
08月28日 6月水際放棄で検査激変明確 93%無検査・陽性の86%スルーと推定
08月17日 コロナ禍航空利用に注意しよう
08月03日 国外居住陽性千葉7月16人
08月03日 戦慄!危険!空港が日本への攻撃拠点 すり抜け東京だけで7月681人 悪化続く
07月02日 国外居住陽性千葉6月6人で収まる
07月02日 戦慄!危険!空港が日本への攻撃拠点 すり抜け東京だけで6月584人 急激悪化
06月23日 戦慄!陽性減東京都 止まらない海外渡航者陽性爆増加速!地元は大丈夫?
06月17日 戦慄!陽性減東京都 海外渡航者爆増加速中!あなたの地元は大丈夫?
06月14日 戦慄!陽性減の東京都 海外渡航者が爆増中!あなたの地元は大丈夫?
06月06日 戦慄!すり抜け陽性爆増!都人口の0.06%の海外渡航者が陽性者の1割!
06月04日 戦慄!国外居住者陽性千葉5月22人
06月04日 戦慄!すり抜け東京で5月107人
06月03日 超超超超超緊急警報!検体数激減!危険国凝縮なのに率激減!危険国すり抜け?
06月03日 データから明白!危険水際へ!
06月02日 超超超超超緊急警報!陽性95%減 百人級すり抜け水際崩壊
06月01日 えあぽーといずでんじゃらす
05月08日 戦慄!国外居住者の国内陽性確認続
05月07日 戦慄!すり抜け東京だけで百人超
04月02日 戦慄!国外居住者の国内陽性確認続
04月02日 戦慄!すり抜け東京だけで0.05%も
03月09日 隔離基準 非指定国=安全 の嘘
03月03日 注目されない隔離と公共利用
03月03日 戦慄!国外居住者検疫すり抜け続く
03月03日 戦慄!すり抜け東京だけで0.13%も
03月01日 ついにAirport is dangerous
02月06日 検査戻しただけではほぼ意味無
02月03日 戦慄!国外居住の検疫すり抜け続く
02月03日 戦慄!すり抜け東京だけで0.2%も
01月16日 入国後隔離の重要性をもう一度
01月05日 戦慄!検疫すり抜け増加中
01月04日 戦慄!強制隔離もすり抜け続く
01月04日 戦慄!すり抜け12月から超爆増
<非公表関係>
-
<入国ルール違反関係>
2022年
02月01日 空港検疫_逃亡者1月発表7人
01月11日 驚愕!日米声明に空港検疫対策無
01月09日 米14日以内キチガイ外出OK判明
01月04日 空港検疫_逃亡者12月発表27人
<航空機内・空港集団感染関係>
2022年
-
<感染傾向関係>
2022年
08月12日 日本の航空業界が安全第一を言わないなんて絶対にダメだと振り返る日です
02月19日 緊急警報!パキスタン依然2割超
02月14日 緊急警報!南亜2国30%超え!!!!!
02月05日 緊急警報!南亜3国20%超え!!!!!
01月14日 戦慄!米年末既に6%超4割邦人
<抗原検査と低感染国関係>
2022年
-
<分析関係>
2022年
-
<その他>
2022年
03月22日 行動歴別国籍別配信終了か?
03月08日 ★空港から安全に抜出方法_5)福岡
03月07日 ★空港から安全に抜出方法_4)関空
03月06日 ★空港から安全に抜出方法_3)中部
03月05日 ★空港から安全に抜出方法_2)羽田
03月04日 ★空港から安全に抜出方法_1)成田
01月17日 驚愕!検疫誤報だらけ記事配信

■空港/航空会社の対応関連の記事
<空港関係>
2022年
10月15日 中部_国際線2タミ利用再開へ new!
08月06日 38空港_無料検査拠点を設置
01月21日 コロナ_搭乗前無料検査再開
01月04日 成田・羽田_都がPCRキット配布
<ガイドライン関係>
-
<緊急事態宣言関係>
2022年
-
<航空会社関係>
2022年
09月02日 搭乗者数抑制9/7さらに緩和へ
05月25日 搭乗者数抑制6/1さらに緩和へ
04月05日 搭乗者数抑制10日から緩和へ
03月07日 搭乗者数抑制14日から緩和へ
02月22日 搭乗者数抑制3月から緩和へ

■アクセス状況の記事
2022年
03月02日 成田_入国者専用車両終了へ
03月02日 成田・羽田_入国者専用バス終了

■航空便欠航状況の記事
<月間情報関係>
2022年
-
<航空会社関係>
-
<国内線>
2022年
-
<国際線>
2022年
10月15日 広島_国際線再開へ 2年9か月振 new!
10月11日 高松_国際線再開へ 2年8か月振
08月02日 祝!国際線定期便再開 那覇
07月28日 那覇_国際線再開へ 2年4か月振
07月18日 祝!国際線定期便再開 新千歳
06月22日 新千歳_国際線再開へ 2年3か月振

■運航便情報
<国内線>
2022年
10月30日 国内線_長期欠航路線10/30◆更新継続中 new!
10月27日 国内線_長期欠航路線10/27
07月29日 国内線_長期欠航路線7/29
03月22日 国内線_長期欠航路線3/4
<国際線>
2022年
11月11日 国際線_運航中路線11/11◆更新継続中 new!
10月29日 国際線_運航中路線10/29
09月28日 国際線_運航中路線9/28
08月27日 国際線_運航中路線8/27
07月29日 国際線_運航中路線7/29
06月23日 国際線_運航中路線6/23
05月11日 国際線_運航中路線5/11
04月30日 国際線_運航中路線4/30
03月23日 国際線_運航中路線3/14
02月28日 国際線_運航中路線2/28
01月25日 国際線_運航中路線1/25

■輸送実績の記事
2022年
05月15日 2021年度利用者数 離島は減少幅小

■出入国制限状況の記事
<日本への入国制限関係>
2022年
10月11日 空港検疫_2年半振 特定国全検終了
09月26日 水際対策見直し 全検終了へ
09月02日 水際対策 赤黄青変更9/2発表
08月25日 検疫_条件付で陰性証明不要化へ
08月05日 入国後待機最長5日に短縮
07月27日 水際対策 赤黄青変更7/21発表
05月27日 青黄赤指定発表、赤は僅か4国
05月21日 入国時検査と待機期間見直しへ
05月17日 変異株 規制変更5/16発表
04月29日 変異株 規制変更4/28発表
04月07日 変異株 規制変更4/6発表
04月07日 コロナ_106国上陸拒否解除へ
04月03日 変異株 規制変更3/30発表
03月28日 変異株 規制変更3/25発表
03月17日 変異株 規制変更3/16発表
03月10日 変異株 規制変更3/9発表
03月03日 変異株 規制変更3/2発表
02月25日 条件満たした入国待機期間短縮へ
02月25日 変異株 規制変更2/24変更
02月18日 変異株 規制変更2/17発表 日本人のイメージ変えちゃおうぜのタネ1つ終了
02月17日 緊急速報!隔離0日or3日へ
02月10日 変異株 規制変更2/10変更
02月08日 空港検疫入国前WEB手続開始
02月03日 変異株 規制変更2/2変更
01月29日 変異株 規制変更1/28変更
01月29日 ο株地域から入国は隔離7日間へ
01月18日 変異株 規制変更1/18変更
01月15日 ο株地域から入国は隔離10日間へ
01月15日 変異株 規制変更1/14変更
01月12日 変異株 規制変更1/11変更
01月08日 変異株 規制変更1/7発表
01月05日 変異株 規制変更1/4発表
<渡航レベル関係>
2022年
08月25日 危険度 Lv3渡航中止国なくなる
05月27日 危険度 2年ぶりLv.1国登場
04月02日 感染症危険106国大幅引下げ
03月07日 なぜか渡航中止勧告で大騒ぎ
<世界各国の入国制限関係>
2022年
-

■入国者数の記事
<検疫検体数から判明した入国者数(推定値)推移>
2022年
06月21日 6月1週検体_入国者の6割の外人が検体の9割占める異様な偏り
06月21日 5月5週入国_邦人多い国は増加・外人多い国は減少気味?
06月14日 5月4週入国_悪化米邦人1万突破
06月04日 5月3週入国_日外数で青黄赤指定?※※
06月01日 5月2週入国_爆増8万件突破※※
05月24日 5月1週入国_GW需要?邦人急増※※
05月14日 4月4週入国_外人12週ぶり減少
05月07日 4月3週入国_邦人減 外人増続く
05月07日 4月2週入国_全体微増 外人増続く
04月23日 4月1週入国_9週ぶり微減 外人は増
04月16日 3月5週入国_外人爆増目立つ
04月09日 3月4週入国_検体爆増続くも邦人減
04月02日 3月3週入国_検体1万件超爆増
03月28日 3月2週入国_休前で?邦人/欧州増
03月26日 3月1週入国_検体数5千件超爆増
03月12日 2月4週入国_検体増続く 邦人急増
03月05日 2月3週入国_検体増 まだ外人多
02月26日 2月2週入国_検体増加 外人急増
02月19日 2月1週入国_月初も検体減
02月15日 1月4週入国_検体減も邦人増
02月05日 1月3週入国_検体数全体急減
01月29日 1月2週入国_外人過半数続く
01月22日 1月1週入国_外人過半数
01月15日 12月5週入国_邦人激減で全体減
01月08日 12月4週入国_年末帰国継続も?
01月08日 12月3週入国_検体3万件超
<入国者数(出入国管理統計)>
2022年
10月25日 8月入国_56万人弱 新規入国減も new!
09月28日 7月入国_45万人強 外人韓1位
08月28日 6月入国_35万人強 外人前月比減
07月29日 5月入国_32万人弱 日外共に増
06月26日 4月入国_26万人強 外人急増
05月31日 3月入国_17.8万人 留学/技能急増
04月30日 2月入国_6.7万人 越が千%超増
03月31日 1月入国_7.7万人 米軍1割近く
02月27日 12月入国_11.5万人 5.8%は米軍
02月16日 1月入国7万、仕事より休暇鮮明
<訪日外客数(JNTO発表)>
2022年
-
<空港別(成田国際・中部国際・関西国際)>
2022年
-
<空港別(東京国際)>
2022年
-


■毎日発表内容
2020年04月08日発表分から毎日記事にしています。
2022年
01月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
   11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日/31日
  03月15日 空港検疫_2022/02/28迄の数値
02月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
   11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日
  03月15日 空港検疫_2022/02/28迄の数値
03月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
   11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日/31日
  04月15日 空港検疫_2022/03/31迄の数値
04月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
   11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日
  05月11日 空港検疫_2022/04/30迄の数値
05月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
   11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日/31日
  06月10日 空港検疫_2022/05/31迄の数値
06月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
   11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日
  07月06日 空港検疫_2022/06/30迄の数値
07月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日/31日
  08月05日 空港検疫_2022/07/31迄の数値
08月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日
  21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日/31日
  09月07日 空港検疫_2022/08/31迄の数値
09月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
  21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日
  10月07日 空港検疫_2022/09/30迄の数値
10月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/

■期間集計(週間別)の記事
<07月から週間分析>
2022年
10月18日 検疫週間別10月2_陽性週80超 複数国や有症多め続く危険 団体は渡航先延ばし?※※ new!
10月11日 検疫週間別10月1_陽性週百 複数国や有症多め続く危険 検体/罹患率不明
10月04日 検疫週間別9月4_99%未検査・率3%超のまま不明化 再び20人/日超危険※※
09月27日 検疫週間別9月3_99%未検査? 3か月ぶり2桁機内全員濃接逃れる 集団減少※※
09月20日 検疫週間別9月2_99%未検査?で4%台 20人/日超 若年女巨大クラスター2件※※
09月13日 検疫週間別9月1_改善もまだ3%台 ギリギリ20人/日※※
09月06日 検疫週間別8月5_やや改善もまだ4%超 20人/日超 5割機内クラスター疑※※
08月30日 検疫週間別8月4_再び悪化気味5%超 30人/日超 過半数機内クラスター疑い
08月23日 検疫週間別8月3_15日前後に一時6%到達の最悪状態 悪化は盆帰国要因?
08月16日 検疫週間別8月2_再び悪化5%台 3人に1人有症状 盆帰国増加中?
08月09日 検疫週間別8月1_1日20人超5%台 黄化で隔離中消滅 青化ですり抜け危機
08月02日 検疫週間別7月4_1日30人超 5%台に急激悪化 有症4人に1人 団体疑が増加
07月26日 検疫週間別7月3_週200人突破4%台後半に悪化中 団体疑いが増加転換
07月19日 検疫週間別7月2_検体最少も150人超異常/率4%超異常/3人に1人有症異常
07月12日 検疫週間別7月1_有症状者一気に急増 率3%超で非常に危険
07月05日 検疫週間別6月4_20人/日3%超危険 青黄赤規制がおかしすぎることが判明
06月28日 検疫週間別6月3_悪化百人1.8%超
06月21日 検疫週間別6月2_率悪化1.4%超
06月14日 検疫週間別6月1_9割減も1%超の危険 データが示す青国陽性多い可能性
06月07日 検疫週間別5月5_異常!実質5日で有症/団体増 最悪1月より多い入国時有症
05月31日 検疫週間別5月4_検体1万件超続く/隔離滅/機内クラスター5割※※
05月24日 検疫週間別5月3_隔離滅/機内クラスター5割超/有症異常最悪時期より多い?※※
05月17日 検疫週間別5月2_隔離減/有症増/電車利用可/自主隔離無等=最悪1月より危険
05月10日 検疫週間別5月1_率0.7%台に再悪化 隔離中陽性ほぼ消滅のすり抜け危機
05月03日 検疫週間別4月4_検体再増 陽性減鈍化 率0.6%台迄改善 越悪いまま※※
04月26日 検疫週間別4月3_検体横ばい 陽性減、罹患率0.7%台まで改善※※
04月19日 検疫週間別4月2_検体増も横ばい 陽性減で百人/日切る 罹患率1%下回る
04月13日 検疫週間別4月1_検体増も横ばい 陽性減も百人/日超のまま 罹患率改善再開
04月05日 検疫週間別3月4_検体は過去最多で陽性者も百人/日超 隔離中は激減したまま
03月29日 検疫週間別3月3_検体爆増最多更新 隔離中陽性激減 でも罹患率横ばい=危険
03月22日 検疫週間別3月2_検体過去最多で罹患率薄まる 隔離中半減ですり抜け懸念
03月15日 検疫週間別3月1_罹患率は改善鈍化続く 隔離中激減ですり抜け懸念
03月08日 検疫週間別2月4_隔離緩和で隔離中陽性激減 すり抜け懸念
03月01日 検疫週間別2月3_隔離中4割で危険
02月22日 検疫週間別2月2_率2%台で横ばい
02月15日 検疫週間別2月1_隔離中4割も
02月08日 検疫週間別1月5_やっと3%台迄改善
02月01日 検疫週間別1月4_異次元南亜目立つ
01月25日 検疫週間別1月3_率悪化5%後半
01月18日 検疫週間別1月2_異次元千人突破
01月11日 検疫週間別1月1_異次元3段階5%
01月05日 検疫週間別12月4_異次元爆増2%超

■期間集計(国籍別)の記事
<週間分析(2020年10月以降の発表データ)>
2022年
10月22日 検疫週間速報10月1_3%超のまま最後 邦人悪化7%超 複数国も邦人ばかり※※ new!
10月15日 検疫週間速報9月4_外人連続3%切 邦人悪化6%超 越3%切るも集中続く※※ new!
10月08日 検疫週間速報9月3_外人改善3%切 邦人4%超続く 越米危険状態続く
10月01日 検疫週間速報9月2_再悪化 日外ともに4%超 越米危険状態続く※※
09月27日 検疫週間速報9月1_やっと3%台 邦人5%超+複数国も邦人多いまま※※
09月17日 検疫週間速報8月5_やっと4%台 邦人6%超+複数国も邦人多いまま※※
09月10日 検疫週間速報8月4_横ばい5%台 邦人7%超+複数国も邦人多いまま※※
09月03日 検疫週間速報8月3_横ばい5.6% 邦人8%超+複数国も邦人多いまま※※
08月31日 検疫週間速報8月2_再び悪化5.7% 邦人8%超+複数国も邦人多いまま※※
08月20日 検疫週間速報8月1_最悪脱出でも5.3% 邦人7%超+複数国も邦人多いまま
08月13日 検疫週間速報7月4_最悪6.2% 邦人10%超+複数国邦人多→密輸元凶 邦人
08月06日 検疫週間速報7月3_5%超 基国入国止級 複数国邦人多→外人意識低は嘘
07月30日 検疫週間速報7月2_4%超 米16/英11今すぐ赤化級異常 5国異常滞在は邦人
07月23日 検疫週間速報7月1_3%超続く 邦人異常悪化 米国20人今すぐ赤化すべき
07月16日 検疫週間速報6月5_急激悪化3%超 邦人異常悪化 米国29人今すぐ赤化すべき
07月09日 検疫週間速報6月4_率2%に悪化 邦人悪状態続く 複数国日5外5
07月02日 検疫週間速報6月3_邦人5%超悪化・青国米国から22人も 異常
06月25日 検疫週間速報6月2_邦人悪化3%超
06月23日 検疫週間速報6月1_傾向全く読み取れず 黄国でも検査無が多数発生?
06月23日 検疫週間速報5月5_1%超危険になってから検疫緩和 率高国青国多し
06月14日 検疫週間速報5月4_邦人悪化続く 米は2%まで悪化の危険
06月04日 検疫週間速報5月3_邦人悪化止まらず1%超/率高い国が青国ばかり
06月01日 検疫週間速報5月2_邦人急激悪化止まらず/率高い国が青国ばかり※※
05月24日 検疫週間速報5月1_GW邦人急激悪化※※
05月14日 検疫週間速報4月4_邦人悪状況続く
05月07日 検疫週間速報4月3_2週連続で罹患率1%下回る 邦人横ばい/外人大幅改善※※
05月07日 検疫週間速報4月2_5か月ぶり1%下回る 外人罹患率大幅改善※※
04月23日 検疫週間速報4月1_検体横ばい 罹患率改善再開?10%超の超危険国消滅
04月16日 検疫週間速報3月5_検体爆増・隔離中激減のなか陽性爆増続く 率完全横ばい
04月09日 検疫週間速報3月4_検体爆増も率横ばい 越/韓検体3千超で機内全員濃接危険
04月02日 検疫週間速報3月3_検体爆増も率横ばい 越/韓検体2千超で機内全員濃接危険
03月28日 検疫週間速報3月2_検体多国は外人陽性多、邦人陽性急増国も欧州多
03月26日 検疫週間速報3月1_検体数爆増で1%台
03月12日 検疫週間速報2月4_邦人陽性増加も罹患率1%台 千歳/那覇着謎人物含まず?
03月05日 検疫週間速報2月3_検体100以上10%超再び 隔離指定全く間に合わず
02月26日 検疫週間速報2月2_検体100以上10%超え消滅 異次元やっと脱出?
02月19日 検疫週間速報2月1_罹患率まだ3%超 基国2割超ウイルス運搬便続く
02月16日 検疫週間速報1月4_率最悪は脱出 南亜は異次元通り越した超危険状態続く
02月05日 検疫週間速報1月3_南亜は異次元通り越した危険 機内全域ウイルス運搬
01月29日 検疫週間速報1月2_高罹患率なのに強制隔離無危険国だらけ
01月22日 検疫週間速報1月1_最悪原因外人?
01月15日 検疫週間速報12月5_率3%超最悪
01月08日 検疫週間速報12月4_1%超最悪
01月08日 検疫週間速報12月3_激増原因邦人
<月間分析>
2022年
-

■緊急警報の記事
データを見れば一目瞭然。緊急警報の数で危険だった時期が分かります。
#は100人超えの「超緊急速報」の記事です。
2022年
01月 01日/02日/03日#/04日#/05日#/06日#/07日#/08日#/09日#/10日#
  11日#/12日#/13日#/14日#/15日#/16日#/17日#/18日/19日#/20日#
  21日#/22日#/23日#/24日#/25日#/26日#/27日#/28日/29日/30日#/31日#
02月 01日/02日#/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
  21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日
03月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
  21日/22日/23日/24日/25日/26日#/27日#/28日#/29日/30日/31日#
04月 01日#/02日#/03日#/04日#/05日/06日#/07日/08日/09日/10日#/
  11日#/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
  21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日
05月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日#/09日#/10日#/
  11日/12日/13日/14日/15日#/16日#/17日#/18日/19日/20日/
  21日/22日#/23日#/24日/25日/26日/27日/28日#/29日#/30日#/31日#
06月 01日#/04日/05日/06日/07日/09日/10日/11日/12日/13日/
  14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/22日/23日/24日/
  25日/26日/27日/28日/29日/30日
07月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
  21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日/31日
08月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/15日/以降更新停止(毎日緊急警報日のため)


■コラム等
2022年
06月04日 時間ずらしリスク避け空港へ
06月01日 経済効果無い不要不急訪問止めよう
01月10日 国際線発着週休2日の提案
01月06日 応援検疫 6日22時密着番組放映

■COVID-19に触れた旅行記の記事
2022年
-

■「お家にいよう」プロジェクト
これまでアップした「お家にいよう」プロジェクト
空港は人生の全てが学べる!
お家にいながら空港を学べます!遊べます!楽しめます!
2022年
Vol00 01/14 https://johokotu.seesaa.net/article/485210703.html お家TVでAirなAirに
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2022年11月12日

静岡_施設利用料徴収へ

■静岡空港(富士山静岡空港) 旅客取扱施設利用料を徴収へ

富士山静岡空港は4日、来年1月20日から旅客取扱施設利用料(PSFC)の徴収を開始すると発表しました。

富士山静岡空港が発表したのは、静岡空港利用時のPSFCの徴収開始。
来年1月20日搭乗分より徴収するとしており、1人あたり、
国内線到着/出発 大人(満12歳以上)140円、小人(満3歳以上満12歳未満))70円
国際線出発 大人(満12歳以上)550円、小人(満2歳以上満12歳未満))270円
を徴収するとしています。

※正式な値段・条件は、公式サイトにて各自ご確認ください。

【プレスリリース】富士山静岡空港における旅客取扱施設利用料の導入について(富士山静岡空港公式サイト)
https://www.mtfuji-shizuokaairport.jp/information/psfc/

ラベル:静岡空港
posted by johokotu at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡空港(富士山静岡空港) | 更新情報をチェックする

2022年11月11日

APZ_外国人航空経営許可

□APZ 外国人国際航空運送事業の経営許可

国土交通省(国交省)は8日、韓国のエアプレミア(APZ)から出されていた外国人国際航空運送事業の経営許可申請について同日付で許可したと発表しました。

APZが許可されたのは、外国人国際航空運送事業の経営許可。韓国との間の旅客運送事業で、具体的には、2022年12月23日から成田国際-ソウル(仁川)線週4往復の運航で許可されています。

外国航空会社の日本への新規乗入許可  〜外国人国際航空運送事業の経営許可〜(国交省公式サイト)
https://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk5_000121.html
ラベル:APZ 成田 ソウル
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

宮古_11月バス便時刻変更

■宮古空港 アクセスバス便時刻変更(2022年11月)

11/11
◎宮古協栄バス、八千代バス・タクシー、中央交通 宮古島ループバス [L1]北小前-[L3]マティダ市民劇場前-[L7]市役所前-[L10]宮古空港-[L16]来間-[L18]ホットクロスポイントサンタモニカ前-[L22]東平安名崎-[L23]オーシャンズリゾート([L1]方面0・[L18]方面0→5・4)
◎宮古協栄バス、八千代バス・タクシー、中央交通 宮古島ループバス [L1]北小前-[L3]マティダ市民劇場前-[L7]市役所前-[L10]宮古空港( 0→ 1)
△宮古協栄バス、八千代バス・タクシー、中央交通 宮古島ループバス [L1]北小前-[L3]マティダ市民劇場前-[L7]市役所前-[L10]宮古空港-[L16]来間-[L18]ホットクロスポイントサンタモニカ前([L1]方面1・[L18]方面2→1・1)
×宮古協栄バス、八千代バス・タクシー、中央交通 宮古島ループバス [L1]北小前-[L3]マティダ市民劇場前-[L7]市役所前-[L10]宮古空港-[L16]来間-[L18]ホットクロスポイントサンタモニカ前-[L22]東平安名崎-[L23]オーシャンズリゾート-[L24]吉野海岸( 7→ 0)


11月11日:
ループバスのダイヤ改正です。宮古島市市街地-空港間の区間便が新設されるほか、吉野海岸から路線短縮されます。2023年2月28日までの期間限定。
途中停留所は、[L2]公設市場前、[L6]イオンタウン南店、[L13]宮古島東急ホテル&リゾーツ、[L17]ホテルブリーズベイマリーナ前、[L21]保良川ビーチ・海宝館前など22か所。
空港から[L23]オーシャンズリゾートまで約1時間24分。島外利用者は、1回500円(どの区間でも)・1日券1,000円。宮古島市民向け運賃あり。

宮古島ループバス公式サイト
https://miyakoislandbus.com/index.php
ループバスの11月以降ダイヤについて(宮古島ループバス公式サイト)
https://miyakoislandbus.com/info2201026.php
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮古空港 | 更新情報をチェックする

2022年11月07日

羽田_11月鉄道便時刻変更

■東京国際空港(羽田空港) アクセス鉄道便時刻変更(2022年11月)

11/26
<都心方面>京浜急行電鉄 急行=エアポート急行、エ快=エアポート快特
快特 羽田空港第1・第2ターミナル-羽田空港第3ターミナル-京急蒲田-品川(空港発平1土休1・空港行平2土休0→平1土休0・0)
エ快 羽田空港第1・第2ターミナル-羽田空港第3ターミナル-京急蒲田-品川-押上-青砥(空港発平0土休1・空港行0→0・0)
特急 羽田空港第1・第2ターミナル-羽田空港第3ターミナル-京急蒲田-品川-押上-青砥-京成高砂(空港発0・空港行0→平0土休1・0)
快特 羽田空港第1・第2ターミナル-羽田空港第3ターミナル-京急蒲田-品川-押上-青砥-京成高砂-京成佐倉(空港発0・空港行平1土休0→0・0)
特急 羽田空港第1・第2ターミナル-羽田空港第3ターミナル-京急蒲田-品川-押上-青砥-京成高砂-京成佐倉(空港発0・空港行0→0・平1土休0)
快特 羽田空港第1・第2ターミナル-羽田空港第3ターミナル-京急蒲田-品川-押上-青砥-京成高砂-京成佐倉-宗吾参道(空港発0・空港行0→0・平1土休0)
エ快 羽田空港第1・第2ターミナル-羽田空港第3ターミナル-京急蒲田-品川-押上-青砥-京成高砂-京成佐倉-宗吾参道(空港発平0土休1・空港行0→0・0)
急行 羽田空港第1・第2ターミナル-羽田空港第3ターミナル-京急蒲田-品川-押上-青砥-京成高砂-京成佐倉-宗吾参道-成田空港(空港発平4土休1・空港行平1土休0→平1土休1・0)
快特 羽田空港第1・第2ターミナル-羽田空港第3ターミナル-京急蒲田-品川-押上-青砥-京成高砂-印西牧の原(空港発平1土休1・空港行平0土休4→平1土休0・0)
特急 羽田空港第1・第2ターミナル-羽田空港第3ターミナル-京急蒲田-品川-押上-青砥-京成高砂-印西牧の原(空港発0・空港行0→平0土休1・平0土休2)
特急 羽田空港第1・第2ターミナル-羽田空港第3ターミナル-京急蒲田-品川-押上-青砥-京成高砂-印西牧の原-印旛日本医大(空港発0・空港行0→平14土休33・平12土休27)
<横浜方面>京浜急行電鉄 急行=エアポート急行
急行 羽田空港第1・第2ターミナル-羽田空港第3ターミナル-京急蒲田-京急川崎(空港発0・空港行0→平1土休0・0)
急行 羽田空港第1・第2ターミナル-羽田空港第3ターミナル-京急蒲田-京急川崎-神奈川新町(空港発平1土休2・空港行平1土休0→平0土休2・平2土休0)
快特 羽田空港第1・第2ターミナル-羽田空港第3ターミナル-京急蒲田-京急川崎-神奈川新町-三浦海岸(空港発0・空港行0→0・平1土休1)
普通 羽田空港第1・第2ターミナル-羽田空港第3ターミナル-京急蒲田-京急川崎-神奈川新町-三浦海岸(空港発0・空港行平1土休1→0・0)
特急 羽田空港第1・第2ターミナル-羽田空港第3ターミナル-京急蒲田-京急川崎-神奈川新町-三浦海岸-三崎口(空港発0・空港行平0土休1→0・0)
※種別が途中で変更になる列車があります。羽田空港第3ターミナル駅着発時の種別で比較しています。
※上記は新設or廃止された区間・種別を比較記載しているだけです。


11/07
○東京モノレール 区間快速 羽田空港第2ターミナル-浜松町(空港発1・空港行0→1・1)


11月26日:
京浜急行電鉄(京急)のダイヤ変更です。
今回は大規模な変更となります。羽田発着便の大きな変更点は、以下の通りです。
日中時間帯の大幅変更。
・都心方面:
 (現 行)6便/時 快特10分間隔(40分に1便はエアポート快特)
 (変更後)6便/時 エアポート快特40分間隔/快特40分間隔/特急20分間隔
・横浜方面
 (現 行)6便/時 エアポート急行10分間隔
 (変更後)3便/時 エアポート急行20分間隔
→日中時間帯は、羽田発着便が1時間あたり12便から9便に減便となります。
都心方面は、速達列車(快特)が実質的に1時間あたり6便から3便に減便。ほぼ10分間隔だったものが分かりにくくなります。
横浜方面は、1時間あたり6便から3便に減便です。
普通しか止まらない天空橋は、1時間あたり6便のまま、6便とも横浜方面であるものが3便都心方面/3便横浜方面に変更されます。
供給過多だったのでしょうか。国際線が一気に戻りつつある中で大幅減便の変更になるのは、残念な変更ですね。

11月07日:
東京モノレール羽田線のダイヤが小規模変更されます
空港行の区間快速が1便のみですが新設されます。

11.26 京急線が23年ぶりの大幅ダイヤ改正を実施します(京急公式サイト)
https://www.keikyu.co.jp/company/news/2022/20221024_22098TE.html
平日9時台に下り区間快速を運転 平日夜間帯に普通列車2本を増発(東京モノレール公式サイト)
http://www.tokyo-monorail.co.jp/news/pdf/press_20221018.pdf
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

2022年11月03日

三沢_11月バス便時刻変更

■三沢飛行場 アクセスバス便時刻変更(2022年11月)

11/03
□MISAWAぐるっとバス 三沢駅東口-三沢空港-寺山修司記念館(空港発1・空港行0→0・1)※土日祝のみ


11月03日:
無料のMISAWAぐるっとバスが時刻変更されます。寺山修司記念館止まりの区間便が運休となり、逆の寺山修司記念館始発の区間便が設定されます。一日当たり、斗南藩記念観光村方面行が4→3、三沢駅方面行が4→4。1月4日〜2月16日のみ市民の森運動公園にも停車します。
三沢空港から三沢駅方面へは乗車できません(三沢駅方面から三沢空港へは乗車可)。

MISAWAぐるっとバス運行について(三沢航空科学館公式サイト)
https://kokukagaku.jp/info/3314/
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 三沢飛行場 | 更新情報をチェックする

2022年11月01日

中部_空港概要(総合)

情報交通ホットライン/日本空港情報館/中部国際空港(セントレア)(総合)
日本空港情報館
中部国際空港(セントレア)(総合)

top.jpg
中部国際空港(セントレア)

■飛行場の概要
愛知県知多市沖合いの人工空港島にある会社管理空港(旧第1種空港)です。
平成17年2月に開業した日本で最も新しい国際空港です。本格的な海上空港で、中部地方の中心空港となっています。中部空港を表す「セントラル」と「エア」から作った造語「セントレア」という愛称を持ち、住所にも使われています。特徴ある商業施設を設置したり、ユニバーサルデザインを積極的に推進したりするなど、新しい空港像を追求しています。
旅客ターミナルビルは、第1ターミナル、第2ターミナルの2か所。このほか、交通拠点としてアクセスプラザ、船舶ターミナル、複合商業施設のFLIGHT OF DREAMS、国際展示場などの施設が空港島内に配置されています。


■飛行場種別:会社管理空港(旧第1種空港)
■設置管理者:中部国際空港
■滑走路延長:3500m
■空港コード:NGO/RJGG
■旅客ビル管理者:中部国際空港


第1ターミナル詳細
第2ターミナル詳細


※就航路線は令和4年10月、そのほかの情報は特記以外令和元年9月現在のものです。
SKYVIEW
skyview.jpg skyview2.jpg
東京国際(羽田)→神戸便の左窓席から撮影。空港北側上空。
セントレアは知多半島沖の伊勢湾に浮かぶ海上空港です。上空から眺めると、ぽっかりと島が浮かんでいる様子がよく見えます。

■就航路線
就航路線はクリック
■周辺施設
NGO021-0.jpg
▲アクセスプラザ中央
NGO000-1.jpg
▲アクセスプラザサービス店
交通結接施設(アクセスプラザ)
(写真は令和元年9月・令和2年1月撮影)
空港島の中央部にある施設です。第1ターミナルと鉄道駅、高速船のりば、バスのりば、駐車場の接点となる部分に「アクセスプラザ」があります。地上2階建て。24時間開館の施設です。
北側に鉄道駅(名古屋鉄道 中部国際空港駅)、西側に第1ターミナル、南側にセントレアホテルがそれぞれ直結。東側は駐車場・高速船のりば・第2ターミナル・Aichi Sky Expoへの連絡通路が配置され、空港の入口施設となっています。
各施設からの連絡通路が接続する2階は中央に総合案内所がある天井の高い大空間施設で、空港の入口らしい雰囲気です。複数の店舗が出店しています。1階部分には、第1ターミナルバス停のバスのりば、タクシーのりば、団体バスのりば、レンタカー施設があります。

2階北東端部(駐車場連絡通路側)にサービス店舗がまとまった区画があります。

アクセスプラザ(2階)
売店2店舗(ファミリーマート、世界のおみやげ受付カウンター)
飲食店1店舗(プロント)
サービス店3店舗(名鉄トラベルプラザ、モバイルセンター、グローバルWifi)
NGOFOD001.jpg
▲FLIGHT OF DREAMS外観
NGOFOD002.jpg
▲FLIGHT OF DREAMS内部
NGOFOD003.jpg
▲FLIGHT OF DREAMS店舗(BOEING STORE)
複合商業施設 FLIGHT OF DREAMS (写真は令和元年9月撮影)
第2ターミナル近くに、複合商業施設のFLIGHT OF DREAMSがあります。ボーイング787型機を丸々収めて展示している空港らしい施設です。
1階に同機をメイン展示物とする有料の見学施設を設けています。1階見学施設出入口付近に米国外では初めてとなるボーイングのオフィシャル店舗BOEING STOREがあるほか、2階と3階は誰でも入れるフードコートを設置しています。ボーイングの拠点である米国シアトルをイメージした内装で、飛行機を間近に見ながら、翼の下で食事を楽しめるようになっています。

第1ターミナル・駅と第2ターミナルを行き来する場合、第3駐車場と各ターミナルを行き来する場合、この建物を経由することになります。

FLIGHT OF DREAMS内
売店5店舗(FRAN'S CHOCOLATES、Beecher's Handmade Cheese、HELLO SEATTLE、OREGON ATTIC、Foodie's Stand)
飲食店11店舗(Ethan Stowell PIZZA & PASTA、THE PIKE BREWING RESTAURANT & CRAFT BEER BAR、THE PIKE SHOP BEER, WINE & MORE、Eltana、STARBUCKS、Chowder's、CAMPFIRED GRILL BEEF STEAK TahomaFuji、SEATTLE FISH MARKET、MOLNODA、FUJIYAMA GO★GO SEATTLE RAMEN STAND、SHIRO KASHIBA)

※平成30年10月12日:FLIGHT OF DREAMS 開業、売店5店舗・飲食店11店舗 開店
NGOEXPO001.jpg愛知県国際展示場 Aichi Sky Expo (写真は令和元年9月撮影)
空港島南東側に愛知県国際展示場 Aichi Sky Expoがあります。
ターミナルほどもある巨大な建物で、国際展示場として国内有数の規模を誇ります。合計約60,000平米のホール、約40,000平米の屋外多目的スペース、約3,400平米の会議スペースが整備されています。
日本で初めてとなる国際空港直結の立地を活かし、日本で唯一、保税展示場を常設しています。
前述のアクセスプラザの北東端部に「Aichi Sky Expo インフォメーションセンター」があり、イベント開催時にはご案内が行われています。

※令和元年08月30日:愛知県国際展示場 Aichi Sky Expo 開業
NGO031-1.jpg
▲セントレアホテル
NGO031-2.jpg
▲東側のホテル群
空港島内のホテル
(写真は令和元年9月撮影)
空港島内には、5社7か所のホテルがあります。空港敷地内で展開しているホテル数は国内の空港で最多です。

ターミナル外では、アクセスプラザに直結した中央部にセントレアホテルとセントレアホテル(新棟)の2棟があります。また、東側にホテルが集まった区画があり、コンフォートホテル、東横INN中部国際空港T、東横INN中部国際空港U、フォーポイントバイシェラトン名古屋の4棟が営業しています。
ターミナル内は、第1ターミナルにカプセルホテルのTUBE sqがあります。

※平成29年04月08日:TUBE sq 開業
※平成30年10月01日:セントレアホテル(新棟) 開業
※平成30年11月01日:フォーポイントバイシェラトン名古屋 開業
※平成31年03月29日:東横INN中部国際空港U 開業
NGOB2001.jpg事務所棟(第2セントレアビル)
(写真は令和元年6月撮影)
第1ターミナル北側には、事務所などが入る第1セントレアビル、第2セントレアビルがあります。
このうち、第2セントレアビルの一部には旅客も入れるようになっています。第1ターミナル3階北端と連絡橋で結ばれており、この接続部周辺(4階南側)と1階北側入口周辺、それらを結ぶアクセス通路に立ち入り可能です(それ以外の区域は、航空会社などの事務所エリアのため、旅客は立入禁止となっています)。
15.jpgセントレアホール
(写真は平成22年1月撮影)
第2セントレアビル4階には、ステージ付きのセントレアホールがあります。7室の貸会議室もあり、セントレアホール前は展示スペースホワイエになっています。
同所には飲食店1店舗(スターバックス)が出店しています。
NGO033.jpgペットホテル
(写真は令和元年9月撮影)
第2セントレアビルの北側にペットホテル「セントレア スカイペットホテル」があります。
北側に隣接する第2セントレアビルを通して第1ターミナル3階からもアクセスできます。

※平成29年12月13日:セントレア スカイペットホテル 開業
chubu026.jpgオラレ・とこなめ観光案内所
(写真は平成24年8月撮影)
アクセスプラザ1階に「オラレ・とこなめ観光案内所」があります。空港がある常滑市の観光案内所と、空港対岸にある常滑競艇場(オートレースとこなめ)の場外舟券発売場が一緒になった施設です。
6色の招き猫が展示されています。オープン直後には上海万博に出品された地元常滑のメーカーINAXの「黄金のトイレ」が設置され、話題になりました。
NGO045.jpgセントレア水素ステーション
(写真は平成24年8月撮影、旧ステーション)
水素をその場で製造しているオンサイト型ステーションです。
平成18年7月に愛・地球博水素ステーションを移設して旧セントレア水素ステーションを運用開始し、平成23年〜平成27年に経済産業省の「地域水素供給インフラ技術・社会実証」を行っています。平成30年7月に一度解体し、新たにセントレア水素ステーションとして整備しなおしています。

※平成31年3月20日:東邦ガス セントレア水素ステーション 新設

■アクセス施設
NGO021.jpg鉄道アクセス施設(名古屋鉄道 中部国際空港駅)
(写真は令和元年9月撮影)
空港島のほぼ中央、アクセスプラザに面して中部国際空港駅があります。名古屋鉄道のみが乗り入れています。
日中1時間に6本の運転で、有料の快速特急ミュースカイだと名鉄名古屋まで約30分(ミューチケットは運賃とは別に特別車両券が必要)。
NGO026.jpg海上アクセス施設(高速船のりば)
(写真は平成22年1月撮影)
空港の東側に高速船のりばがあります。 海上空港の特徴を生かし、伊勢湾対岸へのアクセス船舶が就航しています。
桟橋脇には1階建ての待合ターミナルがあります。第1ターミナルからは徒歩10分、第2ターミナルからは徒歩15分程度かかります。
令和2年9月現在、津エアポートラインにより1路線のみが運行されています。(1時間に1本程度約40分)
■高速船のりば 津なぎさまち行(津エアポートライン)

路線変遷
※平成20年09月01日:松阪高速船松阪港行運休(8/31最終運行)、津エアポートライン松阪港行新設
※平成28年12月20日:松阪港行・松阪港行(津なぎさまち経由)(津エアポートライン) 運休(12/19最終運航)
NGO024-1.jpg
▲第1駐車場
NGO024-2.jpg
▲第2駐車場
NGO024-3.jpg
▲第3駐車場
NGO023-P4.jpg
▲第4駐車場
NGO024-4.jpg
▲国際展示場駐車場
地上アクセス施設(駐車場)
(写真は令和元年6月・令和2年1月撮影)
航空旅客向けの駐車場は、第1駐車場(P1)、第2駐車場(P2)、第3駐車場(P3)、第4駐車場(P4)の3つあり、約7,800台分の駐車スペースが確保されています。30分以内の出庫は無料。
P1は、高速船のりばとアクセスプラザを結ぶ連絡橋の南側にあります。南側からA-EとGの6つの立体棟が配置され、アクセスプラザに近いE棟とG棟は事前予約専用駐車場となっています。約3,300台収容。
P2は、高速船のりばとアクセスプラザを結ぶ連絡橋の北側にあります。中央側からHとJ-Lの4つの立体棟とMの平面駐車場が配置されています。約2,200台収容。
P3は、南側のFLIGHT OF DREAMSの先にあります。SとUの2つの立体棟が配置されています。約1,200台収容。
P4は、第2ターミナルの先の最南端部にあります。約1,100台収容。

空港島内には、このほかに、国際展示場用として同展示場隣接地に約3,400台収容の2つの平面駐車場(第1駐車場、第2駐車場)があります。
上記の他、年末年始やお盆などの繁忙期に臨時駐車場が開設されます。

駐車場位置把握のため、マークを使う駐車場は多いですが、この空港では識別マークに、空港キャラクターのセントレアフレンズを起用。Aはひこーきくん、Bはなぞのトリ、Cはねこちゃん、Dはいぬくん、Eはなぞの荷物持ち、Gはくろくもくん、Hはなぞの旅人フー、Jはジェットくん、Kはかもめちゃん、Lはくもくん、Mはちびくもくんが採用されています。

※令和元年07月20日:P3 開業
※令和元年08月30日:国際展示場駐車場(P1・P2) 開業
※令和元年12月20日:P4 開業
NGO023.jpg地上アクセス施設(レンタカー受付)
(写真は令和元年9月撮影)
アクセスプラザ1階部、バスのりば脇にレンタカー受付があります。
日産レンタカー、タイムズカー、オリックスレンタカー、ニッポンレンタカー、トヨタレンタカーが出店しています。一部のレンタカー会社は海外のレンタカー会社と提携しています。
NGO025.jpg地上アクセス施設(セントレアバレーパーキングサービス)
(写真は令和元年6月撮影)
トヨタのお膝元だけあって、自動車サービスは充実しており、国内空港会社直営では日本初となるバレーパーキングサービスが提供されています。
第2セントレアビル1階北側入口付近に受付窓口があり、目の前の駐車スペースで、車の預け・受取が可能です。

※平成27年10月21日:セントレアバレーパーキングサービス 開設
====================
地上アクセス施設(バスのりば)
(写真は令和元年9月・令和2年1月撮影)
旅客が利用できるバスのりばは、第1ターミナル、第2ターミナルの2か所あります。第2では発着しないバス路線があります。

・第1ターミナルバス停
アクセスプラザ1階にあります。停留所番号はNGO1。
この部分には、第1ターミナルのカーブサイドから地上を伝ってはアクセスできず、アクセスプラザから専用階段で上下移動することになります。
のりばは1番から10番まで10か所あります。
1番: 静岡県 県西部方面([HA]浜松駅行・[HA]掛川インター行=遠州鉄道)
2番: 三重県 県東部方面([YK]四日市(新正車庫)行、[KW]桑名駅前行=三重交通)、京都府 京 都方面([KY]京都駅八条口行=名阪近鉄バス)
3番: 愛知県 県北部方面([FJ]藤が丘行、愛・地球博記念公園(ジブリパーク)行=名鉄バス)、愛知県 県西部方面([KL]金城ふ頭駅行、[KL]レゴランド・ジャパン・リゾート行=ジェイアール東海バス・三重交通)
4番: 愛知県 県東部方面([TY]豊田市駅行=名鉄バス)
5番: 愛知県 県南部方面([CR]知立駅行・刈谷駅前行、[CH]知多半田駅行=知多乗合)
6番: 愛知県 名古屋方面([NE]名鉄バスセンター行=名鉄バス)、岐阜県 高山方面([TK]高山濃飛バスセンター行=名鉄バス・濃飛乗合自動車・ジェイアール東海バス)
7番: 愛知県 名古屋方面([NW]深夜 名古屋駅西口行=名古屋バス)、長野県 白馬方面([HC]白馬コルチナ行・栂池高原Cホテルグランジャム栂池行=ジャムジャムエクスプレス・菰野東部交通)
9番: 無料シャトルバス イオンモール常滑行

・第2ターミナルバス停
第2ターミナル1階前面にあります。停留所番号はNGO2。
のりばは21番から25番まで5か所あります。
21番:静岡県 県西部方面([HA]浜松駅行・[HA]掛川インター行=遠州鉄道)
22番:愛知県 名古屋方面([NE]名鉄バスセンター行=名鉄バス)、愛知県 県西部方面([KL]金城ふ頭駅行=ジェイアール東海バス・三重交通) 、三重県 県東部方面([YK]四日市(新正車庫)行、[KW]桑名駅前行=三重交通)、長野県 白馬方面([HC]白馬コルチナ行・栂池高原Cホテルグランジャム栂池行=ジャムジャムエクスプレス・菰野東部交通)
23番:(発着なし)
24番:(発着なし)
25番:(発着なし)

■路線変遷
※平成20年11月01日:長野駅行(川中島バス)運休(10/31最終運行)
※平成21年04月01日:西尾駅行・蒲郡駅前行(名鉄バス・知多乗合)運休(03/31最終運行)
※平成21年06月04日:富士山静岡空港行(遠州鉄道)新設
※平成21年09月19日:桑名駅前行(三重交通)新設
※平成21年10月19日:磐田IC行・富士山静岡空港行(遠州鉄道)運休(10/18最終運行/静岡空港発はあり)
※平成22年04月01日:豊橋駅前行・植田車庫前行(豊鉄バス・知多乗合)運休(03/31最終運行)
※平成23年04月01日:箕輪行(伊那バス)運休(03/31最終運行)
※平成24年04月01日:清水駅行(しずてつジャストライン)運休(03/31最終運行)、岡崎駅行が名鉄バスから知多乗合に移管
※平成24年05月18日:6番のりば使用開始、伏見町行 新設
※平成24年08月01日:7番のりば使用開始、近鉄宇治山田駅行 新設
※平成25年04月01日:河和駅行(知多乗合) 運休(3/31最終運行)
※平成26年02月01日:高山濃飛バスセンター行(濃飛乗合自動車) 新設
※平成26年04月06日:近鉄宇治山田駅行(青木バス) 運休(3/30最終運行)
※平成26年07月01日:伏見町行を名鉄バスセンター行に変更
※平成26年11月01日:高山濃飛バスセンター行 運休(10/31最終運行)
※平成27年04月01日:舘山寺温泉行 新設
※平成27年07月01日:舘山寺温泉行をホテル九重行に延長
※平成27年07月11日:三河安城駅前行 運休
※平成27年11月21日:ホテル九重行(遠州鉄道) 運休(11/20最終運行)、浜松西インター行 新設
※平成27年12月01日:無料シャトルバス イオンモール常滑行 新設
※平成28年03月01日:桑名駅前行 長島温泉経由新設
※平成28年04月01日:浜松西インター行(遠州鉄道)・南安城駅行(知多乗合)運休(3/31最終運行)
※平成28年04月22日:(深夜)名古屋駅西口行 新設
※平成29年04月01日:金城ふ頭駅行 新設
※平成30年02月09日:京都駅八条口行 新設
※平成30年04月01日:桑名駅前行(ノンストップ便) 運休
※平成30年04月28日:レゴランド・ジャパン・リゾート行 新設
※平成30年12月21日:白馬コルチナ行(大町温泉経由有=ジャムジャムエクスプレス) 新設
※平成31年04月01日:白馬コルチナ行 運休(3/31最終運行)
※令和元年08月05日:岡崎駅行(知多乗合) 運休(8/4最終運行)
※令和元年09月20日:中部国際空港バス停 名称変更(中部国際空港第1ターミナル)、第2ターミナルバス停 新設(浜松駅行・掛川インター行、四日市(新正車庫)行、桑名駅前行、名鉄バスセンター行 新設)、路線番号 新設
※令和元年12月01日:[TK]高山濃飛バスセンター行 新設
※令和元年12月20日:[HC]白馬コルチナ行・栂池高原Cホテルグランジャム栂池行 新設
※令和03年03月19日:豊田市駅行([TT]東名豊田経由・[TM]トヨタ本社経由)=名鉄バス 運休、[TY]豊田市駅行(直行) 新設
※令和04年08月01日:[CR]刈谷駅前行 新設
※令和04年11月01日:[FJ]愛・地球博記念公園(ジブリパーク)行 新設

NGO022-1.jpg NGO022-2.jpg
バスのりば(第1)▲       ▲バスのりば(第2)

■その他の施設
23.jpgセントレアガーデン(サウスガーデン)
(写真は平成22年1月撮影)
第1ターミナルの南側、第2ターミナルとの間には緑と憩いの広場「セントレアガーデン」が広がっています。混雑する土日も全く人がおらず、ゆったりとした時間が流れています。
このガーデンには、開港を記念して植えられた桜があるほか、常滑産の瓦を使ったアート、地域の人の名前等が入った3万780枚の常滑焼の陶製プレート「開港記念プレート」が敷設されています。

第1ターミナルから地上ルートで第2ターミナルへ行く場合は、このガーデンを横切ることになります(歩く距離は最短ですが、動く歩道がないため意外と時間がかかります)。
24.jpgUD空港
(写真は平成22年1月撮影)
中部国際空港は、計画段階からユニバーサルデザイン(UD)に取り組んだ空港として知られています。
特に第1ターミナルは、天井から床面まであらゆる点で、探しやすさや見やすさなど利用しやすさをとことん追求したデザインになっています。また、日本の空港としては初めてボランティアを導入。大文字のガイドブックや点字版ガイドブックを配布するなど、UDに基づくサービスが多数提供されています。
写真は南側にある傾斜の緩いエスカレータ。上部に掲げられているサインは盤面と文字のコントラストを高めて読みやすさを向上させたものだそうです。
中部国際空港のUDについては「中部国際空港のユニバーサルデザイン」(鹿島出版会、監修中部国際空港)に詳しいです。
chubu027.jpg数々の受賞たて
(写真は平成24年8月撮影)
中部国際空港は、そのすぐれた施設や顧客サービスなどから数々の賞を受賞しています。3階チェックインロビーの中には、数々の受賞たて等が展示されています。

セントレアフレンズ
(写真は平成22年1月撮影)
中部国際空港では、オリジナルキャラクターとして「セントレアフレンズ」を制作し、配布物などにキャラクターを使っています。
第1ターミナル4階に専門店「セントレアフレンズ」を出店し、キャラクターグッズを多数販売しているほか、イベントプラザにはキャラクターのひとつ「なぞの旅人フー」の巨大モニュメントを置くなど、親しみやすさを前面に出しています。

21-1.jpg 21-2.jpg
▲専門店セントレアフレンズ(臨時店)   なぞの旅人フーの巨大モニュメント▲

18.jpgかつてあった見どころ(海上アクセス施設(高速船のりば/松阪市セントレア旅客ターミナル))
(写真は平成22年1月撮影)
高速船乗り場には元々3つの旅客ターミナルがありました。現在のターミナルの西側(陸側)に松阪航路(松阪高速船)、さらに西側に四日市航路(セラヴィ観光汽船→四日市エアポートライン)のものがありました。
航空のターミナルは各社の共通運用に統一化したのに、船舶は別々となっており、航路も次から次へと変更されています。

松阪航路のものは松阪木綿の模様をあしらった特徴的なものでした。平成29年頃に撤去されています。

路線変遷(平成21年4月以降)
※平成21年09月01日:松阪ベルライン 松阪港行(松阪高速船) 運休(8/31最終運行)
※平成29年?*月**日:松阪市セントレア旅客ターミナル 建物撤去

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■中部国際空港(セントレア)についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
中部国際空港の公式サイト(旅客向け)◎(中部国際空港株式会社) 中部国際空港 セントレア
中部国際空港の公式サイト(会社サイト)△(中部国際空港株式会社)
中部国際空港(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)
愛知県公式サイト(ネットあいち)◎(地域振興部航空対策課の項目中に中部国際空港の紹介ページあり)

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※中部国際空港(セントレア)の公式サイトではありません。

開設月日 2009.04.27
初調査日 2008.10.18
前調査日 2020.01.16

posted by johokotu at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | 中部国際空港(セントレア) | 更新情報をチェックする

高松_11月バス便時刻変更

■高松空港 アクセスバス便時刻変更(2022年11月)

11/01
×琴平バス 高松空港-Kotori-ゆめタウン三豊-父母ヶ浜(空港発3*・空港行4*→0・0)
×琴平バス 高松空港-Kotori-ゆめタウン三豊(空港発2*・空港行1*→0・0)
*新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響で2020年3月9日から運休中

11月01日:
三豊方面が廃止されます。COVID-19)パンデミックの影響で2020年3月9日から運休したまま廃止です。

高松空港ー三豊間の空港バス(琴平バス公式サイト)
https://www.kotobus-express.jp/udon_airport_shuttle/
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高松空港 | 更新情報をチェックする

中部_11月バス便時刻変更

■中部国際空港(セントレア) アクセスバス便時刻変更(2022年11月)

11/01
◎名鉄バス [FJ] 中部国際空港(第1 3番)-[FJ1]藤が丘-[FJ2]愛・地球博記念公園(ジブリパーク)( 0→ 1)


11月01日:
藤が丘方面の1往復が長久手方面(愛・地球博記念公園)まで延伸します。新たに加わる途中停留所はありません。ジブリパーク開園日のみ延伸。愛・地球博記念公園まで約1時間17分2,000円。
※藤が丘で利用者がいない場合回送となる効率化運行届出済の路線です。

ジブリパークのオープンにあわせて「愛・地球博記念公園」まで路線を拡充!  名鉄バスセンターから直行便を運行します。(名鉄バス公式サイト)
http://www.meitetsu-bus.co.jp/info/detail/906
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部国際空港(セントレア) | 更新情報をチェックする

■11月国際線時刻変更

■国際線航空便ダイヤ変更(2022年11月)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による需要急減で大幅な長期欠航が生じていますが、COVID-19に起因する欠航・再開に関する情報はこちらには記載していません。(路線としての新規就航のみ記載)

11/30
◎(国際線)ABL 新千歳 -プサン 金海( 0→週7)

11/06
◎(国際線)ITY 東京国際-ローマ ( 0→週3)

posted by johokotu at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

■11月国内線時刻変更

■国内線航空便ダイヤ変更(2022年11月)

今月の時刻表から
SKY 
SFJ  
ORC 人をつなぐ、 長崎を結ぶ。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックによる需要急減で大幅な長期欠航が生じていますが、COVID-19に起因する欠航・再開に関する情報はこちらには記載していません。 

11/30
全便運休:那覇DAK、粟国DAK
○JJP 成田国際-鹿児島 (週6→ 1)
×DAK 那覇  -粟国  (週4→ 0)※定期乗合便、機体機材繰りのため運休

11/20
新規就航:那覇DAK、粟国DAK
◎DAK 那覇  -粟国  ( 0→週4)※定期乗合便、年次検査運休の終了

11/01
×JTA 中部国際-宮古  ( 1→ 0)
×JTA 中部国際-新石垣 ( 1→ 0)
×JTA 関西国際-宮古  ( 1→ 0)

※以下の航空会社は11月中は新規就航・運休等の変更はありません。
-

※以下の航空会社は11月中は新規就航・運休等の変更があります。
  DAK  第一航空

※以下の航空会社の変更点は現在調査中です。
  ANA  全日本空輸グループ(ANA、AKX)
  APJ  Peach Aviation
  SKY  スカイマーク
  JJP  ジェットスター・ジャパン
  FDA  フジドリームエアラインズ
  NJA  新日本航空
  JAL  日本航空(JAL、JAR、JAC、HAC)
  AJX  エアージャパン
  SFJ  スターフライヤー
  SNA  ソラシド エア
  ADO  AIR DO
  IBX  アイベックスエアラインズ
  ORC  オリエンタルエアブリッジ
  JTA  日本トランスオーシャン航空
  RAC  琉球エアーコミューター
  TZP  ZIPAIR
  SJO  スプリング・ジャパン
  NCA  新中央航空
  AMX  天草エアライン
  TAL  東邦航空
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする