2022年12月01日

仙台_国際線再開へ 2年10か月振

■仙台空港 1月18日から国際線再開へ 2年10か月ぶり

台湾のエバー航空(EVA)は1日、仙台-台北(桃園)線を1月18日に再開すると発表しました。仙台発着の国際線は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響で、2020年3月9日に長期欠航となって以降、実に2年10か月ぶりになります。

EVAが再開するのは仙台-台北(桃園)線で、1月18日から週4往復するとしています。
仙台発着の国際線定期便は、COVID-19パンデミックの影響で、2020年3月9日以降長期欠航が続いています。定期便は実に2年10か月ぶりの運航となります。
国内では既に8空港で国際線が再開しており、1月初旬には広島発着の国際線が再開されることが決まっています。このまま再開が行われれば、国内10空港目の国際線再開となります。

COVID-19パンデミック前の地方空港に就航する国際線は、中国や韓国からの就航が多く、仙台も例外ではありませんでしたが、2020年3月以降、なぜか中国と韓国のみは到着空港を成田国際(成田)と関西国際(関空)に強制限定されました(2020年冬以降は、原則成田・関空とし、許可取れれば他空港も就航可能にする運用に変更)。このため、中国や韓国よりも現地感染者・感染率の悪い国の到着空港制限が全く行われずに他空港で次々国際線が再開する中、仙台をはじめとする地方空港は取り残された状態になっていました。

国際線を巡っては、10月11日に各空港の就航制限をほぼ緩和しており、そこから3か月遅れとなるものの、再開が実現します。
それにしても、6月に国際線再開が高らかに宣言されてから、実際の再開まで半年もかかってしまいました。そして、日本国内の経済対策優先で就航再開を急いだにもかかわらず、福岡などに続いて、また、本邦社ではなく、日本経済にはあまり寄与しない外国社による就航から再開ですね。なぜ半年も前に、明日にでも再開のようなガセネタが大本営発表されたのか謎な感じですね、、、。

エバー航空、台北−仙台線の運航を再開!  2023 年 1 月 18 日(水)から週 4 便の運航(仙台国際空港公式サイト)
https://www.sendai-airport.co.jp/wp/wp-content/uploads/2022/11/20221201_PressRelease_HP-BR_TPESDJ.pdf
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台空港(仙台国際空港) | 更新情報をチェックする

屋久島_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/屋久島空港
日本空港情報館
屋久島空港

top.jpg
屋久島空港

■飛行場の概要
鹿児島県熊毛郡屋久島町にある地方管理空港(旧第3種空港)です。薩摩半島南方にある屋久島の東海岸沿いに位置する離島空港です。
昭和38年に開業した島の玄関空港。1100m滑走路で開業後、昭和51年に1500m化しました。平成5年に屋久島が世界遺産に登録されてから旅客数も増加。平成16年には舗装強化も行われています。
令和4年12月1日現在、国内線のみの運航で、JAL(日本エアコミューター)により3路線が運航されています。


■飛行場種別:地方管理空港(旧・第3種空港)
■設置管理者:鹿児島県
■滑走路延長:1500m
■空港コード:KUM/RJFC
■旅客ビル管理者:屋久島空港ターミナルビル


■施設の見どころ:◎==== 小規模/横に長い簡素な平屋建て。
■見学者への対応:===== ターミナルパンフ 無/空港案内所 無/展望デッキ 無/ファン向け展示 無
■売店の充実度:◎==== 売店1店・飲食店1店/売店は屋久島土産が豊富。飲食店は地元料理もあり。
■アクセスの状況:◎==== 鉄道 無/バス 有/空港前を通過するものの空港に乗り入れないバスも有。


※就航路線は令和4年12月1日、そのほかの情報は平成21年3月現在のものです。
01.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は平成21年12月撮影)
地上1階建。駐機方式はフロンタル方式、動線方式は単層方式です。ボーディングブリッジはなく、全便地上搭乗になります。
館内サインはあまりなく、到着系に紺地に白文字のものが見られる程度です。
02.jpgターミナル前面
(写真は平成21年12月撮影)
中央付近にはターミナルからのびた庇があり、その両側にガラス屋根が伸びています。床面はレンガ敷。
ターミナル前のバスのりば(空港バス停)は1か所です(路線バスは日中1-2時間に1本程度)。空港前の道路上に空港前バス停(種子島・屋久島交通のバス停名称は塩ノ道)があります。

■「空港バス停」のりば
宮之浦方面 永田行・宮之浦港行・シーサイドホテル行*a(種子島・屋久島交通)、宮之浦港行(まつばんだ交通)
安 房方面 安房港行*a・栗生橋行・大川の滝行・いわさきホテル行(安房港経由あり)(種子島・屋久島交通)、屋久杉自然館行・荒川登山口行*b(まつばんだ交通)
*a:シーサイドホテル行と安房港行は、例年夏期のみの運行(H26 3/1-11/30、H27 3/1-11/30、H28 3/1-11/30、H29 3/1-11/30、H30 3/1-11/30、H31 3/1-11/30、R2 3/1-11/30、R3 3/1-11/30、R4 3/1-11/30)
*b:荒川登山口行は、平成29年度以降冬期のみの運行(H29 12/1-2/28、H30 12/1-2/28、R1 12/1-2/29、R2 12/14-2/28、R3 12/1-2/28、R4 12/1-2/28)

※平成**年**月**日:牧野行(まつばんだ交通) 運休、屋久杉自然館行・JRホテル行 新設
※平成25年03月01日:紀元杉行(まつばんだ交通) 運休
※平成26年03月01日:荒川登山口行(まつばんだ交通) 運休
※平成26年04月01日:種子島・屋久島交通のみ空港前バス停を塩ノ道バス停に名称変更
※平成26年07月01日:JRホテル行 新設
※平成29年01月08日:荒川登山口行 運休
03.jpgロビー
(写真は平成21年12月撮影)
ランド側がロビー区間になっており、航空旅客施設はランド側から見て右側にまとまっています。右端から、到着、チェックイン、出発の区画があり、左端に飲食店があります。
04.jpgチェックインカウンタ
(写真は平成21年12月撮影)
1階ランド側から見て左側に設置されています。JALグループ(JAC)のカウンタです。
05.jpg出発口
(写真は平成21年12月撮影)
1階中央やや左寄りにあります。ロビーと搭乗待合室間はガラスパーティションで区切られているのみで、設けられたパーティション扉の中に保安検査場があります。
出発口付近に搭乗案内掲示はありません。
05-1.jpg搭乗待合室
(写真は平成21年12月撮影)
1階中央やや左寄りにあります。搭乗改札口は1か所。
イスが所狭しと並べられた待合室です。
06.jpg到着口
(写真は平成21年12月撮影)
1階ランド側から見て右側にあります。到着口は1か所。出口周囲の壁面はコの字型に黄色のサインが貼られ目立つようにしてあります。風除室との間の空間を到着スペースとして到着旅客以外立入禁止にして対応しています。
手荷物の受け渡しは区画内にある台にて行われます。
出発口同様、到着口付近に搭乗案内掲示はありません。
07.jpg売店/サービス店
(写真は平成21年12月撮影)
1階中央に売店1店(屋久島観光センター)があります。
小規模の売店ですが、食品から雑貨までひと通りの土産は揃っており、雑貨の割合が高いラインナップです。出店者は鹿児島市にも店舗を持つ屋久島の菓子屋で、屋久島内限定商品なども販売。

空港入口付近の別棟に屋久島観光協会案内所が設置されています。
08.jpg飲食店
(写真は平成21年12月撮影)
1階ランド側から見て左側に飲食店1店(レストランエアポートやくしま)があります。
飛魚唐揚定食やグァバアイスなど屋久島名産のものも見られます。
09.jpg送迎デッキ?
(写真は平成21年12月撮影)
ターミナルには送迎デッキがありませんが、ターミナル右側の専用車両入場口付近でエプロンを眺められるところがあります。飛行機はターミナルの左側に泊まることが多いので、眺めるにはやや不向きです(飲食店からの眺めが抜群)。
ターミナルは滑走路の南西側に設置されており、正面には太平洋が広がり、視界が良ければ海の先に種子島が見えます。午前中逆光。
ターミナルビルは滑走路のちょうど中央付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はやや斜め気味の撮影になることが多いようです。
10.jpg陸上アクセス施設(駐車場)
(写真は平成21年12月撮影)
ターミナルの前に91台分の無料駐車場があります。また、南邦石油横に75台分の第2駐車場があります。
レンタカー各社は、空港周辺に数店が点在しています。事前に予約を入れておけば、空港駐車場にて受け渡しまたはレンタカー事務所に送迎がある場合があります。
11.jpgモニュメント
(写真は平成21年12月撮影)
館内にはこれといったモニュメントは見当たりません。
ターミナルを出た正面にある駐車場奥の法面に「世界の遺産屋久島」と大きな文字が書かれ、これから屋久島に来たことを実感します。

■就航路線(国内線)
  ANA   AJX   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC  
  JAL   TZP   JTA   JJP   SJO   RAC  
  IBX   FDA   NCA   AMX   NJA   DAK   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
大阪国際(伊丹)JAL*3
福岡JAL(ANA)*3
鹿児島JAL(ANA)*3
*1:出発便のみの運航
*2:到着便のみの運航
*3:JACによる運航便あり

就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成21年09月01日:JAC大阪国際 就航
※平成23年03月27日:JAC福岡 就航
※令和02年05月01日:JAC福岡 長期欠航
※令和02年05月07日:JAC大阪国際 長期欠航(出発便のみ欠航、JAC→JAC*2)
※令和02年06月15日:JAC大阪国際 出発便再開(JAC*2→JAC)
※令和02年07月17日:JAC福岡 再開
※令和02年10月25日:JAC大阪国際・JAC福岡・JAC鹿児島 運休(10/24最終運航)、JAL*3大阪国際・JAL*3福岡・JAL*3鹿児島 就航
※令和03年02月01日:JAL*3福岡 長期欠航、JAL*3大阪国際 到着便のみ長期欠航
※令和03年03月12日:JAL*3福岡 再開、JAL*1*3大阪国際 到着便再開
※令和04年10月30日:JAL*3福岡・JAL*3鹿児島 ANA共同運航便化(JAL*3→JAL*(ANA)3)


■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■屋久島空港についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
屋久島空港(Wikipedia)◎
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※屋久島空港の公式サイトではありません。

開設月日 2010.02.01
初調査日 2009.12.13
前調査日 2009.12.13
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 屋久島空港 | 更新情報をチェックする

屋久島_12月バス便時刻変更

■屋久島空港 アクセスバス便時刻変更(2022年12月)

12/01
◎まつばんだ交通 宮之浦港-空港-安房港-屋久島自然館-荒川登山口( 0→ 1)※荒川登山口発は、空港を含め牧野-宮之浦港間は降車のみ
△まつばんだ交通 宮之浦港-空港-安房港-屋久島自然館-荒川登山口(宮之浦側発2・安房側発1→1・0)※荒川登山口発は、空港を含め牧野-宮之浦港間は降車のみ
×種子島・屋久島交通 宮之浦港→シーサイドホテル→屋久島空港→合庁前→安房港(宮之浦側発1・安房側発0→ 0・ 0)
×種子島・屋久島交通 シーサイドホテル←屋久島空港←合庁前←屋久杉自然館(宮之浦側発0・安房側発1→ 0・ 0)

12月01日:
例年通りの季節変更です。
まつばんだ交通の荒川登山口乗り入れ便が新設されます(屋久杉自然館の延伸)。新たに止まる途中停留所は荒川三叉路。令和5年2月28日までの運行。空港に停車しますが、宮之浦港発は早朝便(04:24)、荒川登山口発は夜便(18:00頃)で航空便運航時間帯ではない便です。荒川登山口まで約59分1,120円。
種子島・屋久島交通の期間運行便が運休となります。

屋久島を巡りたいTravel around Yakushima!(屋久島観光協会公式サイト)
http://yakukan.jp/trans/


posted by johokotu at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 屋久島空港 | 更新情報をチェックする

札幌_12月バス便時刻変更

■札幌飛行場(札幌丘珠空港) アクセスバス便時刻変更(2022年12月)

12/01
◎北都交通 丘珠空港-地下鉄栄町駅(空港発0・空港行0→15*・13*)
×北都交通 丘珠空港←地下鉄栄町駅←札幌駅前(空港発0・空港行9*→0・0)
×北都交通 丘珠空港→地下鉄栄町駅→ANAクラウンプラザホテル札幌→札幌駅前(空港発15*・空港行0→0・0)
*一部曜日は便数が異なります。

12月01日:
例年通り、冬季期間のみ、札幌都心部方面が栄町駅発着に短縮されます。栄町駅は交通広場発着です。
なお、12月1日から運賃が改定され、栄町駅まで350円になります(現行は250円)。

北都交通 丘珠空港空港連絡バス 時刻表案内(北都交通公式サイト)
http://www.hokto.co.jp/a_okadama_t.htm
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌飛行場(札幌丘珠空港) | 更新情報をチェックする

■12月国内線時刻変更

■国内線航空便ダイヤ変更(2022年12月)

今月の時刻表から
SKY 
SFJ  
ORC 人をつなぐ、 長崎を結ぶ。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックによる需要急減で大幅な長期欠航が生じていますが、COVID-19に起因する欠航・再開に関する情報はこちらには記載していません。 

12/30
新規就航:那覇DAK、粟国DAK
◎DAK 那覇  -粟国  ( 0→週4)※定期的乗合便、機材トラブル運休の終了

12/28
◎ANA 函館  -中部国際( 0→ 1)※年末年始期間就航、1/1除く

12/25
◎JAL 大阪国際-種子島 ( 0→ 1)※年末年始期間就航、1/1除く

12/23
新規就航:静岡ANA
◎APJ 釧路  -成田国際( 0→ 1)※年末年始期間就航
◎APJ 女満別 -成田国際( 0→ 1)※年末年始期間就航
◎ANA 新千歳 -静岡  ( 0→ 1)※年末年始期間就航
◎ANA 静岡  -那覇  ( 0→ 1)※年末年始期間就航
◎JTA 中部国際-宮古  ( 0→ 1)※年末年始期間就航
◎JTA 中部国際-新石垣 ( 0→ 1)※年末年始期間就航
◎JTA 関西国際-宮古  ( 0→ 1)※年末年始期間就航
○APJ 新潟  -関西国際(週4→ 1)※年末年始期間増便
○APJ 関西国際-奄美  (週4→ 1)※年末年始期間増便

12/22
○APJ 成田国際-奄美  (週5→ 1)※年末年始期間増便
○APJ 福岡  -新石垣 (週5→ 1)※年末年始期間増便

12/21
新規就航:那覇DAK、粟国DAK
◎DAK 那覇  -粟国  ( 0→週4)※定期乗合便、機材繰り運休の終了


12/20
○JJP 中部国際-那覇  (週4+週1→ 1)

12/18
新規就航:那覇DAK、粟国DAK
◎DAK 那覇  -粟国  ( 0→週4)※定期乗合便、機材繰り運休の終了


12/01
×JAL 成田国際-福岡  ( 1→ 0)※12/1・1/12は片方向のみ運航(コロナ減便で欠航中)

※以下の航空会社は12月中は新規就航・運休等の変更はありません。
-

※以下の航空会社は12月中は新規就航・運休等の変更があります。
  ANA  全日本空輸グループ(ANA、AKX)
  APJ  Peach Aviation
  JAL  日本航空(JAL、JAR、JAC、HAC)
  JTA  日本トランスオーシャン航空
  DAK  第一航空

※以下の航空会社の変更点は現在調査中です。
  SKY  スカイマーク
  JJP  ジェットスター・ジャパン
  FDA  フジドリームエアラインズ
  NJA  新日本航空
  AJX  エアージャパン
  SFJ  スターフライヤー
  SNA  ソラシド エア
  ADO  AIR DO
  IBX  アイベックスエアラインズ
  ORC  オリエンタルエアブリッジ
  RAC  琉球エアーコミューター
  TZP  ZIPAIR
  SJO  スプリング・ジャパン
  NCA  新中央航空
  AMX  天草エアライン
  TAL  東邦航空
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

■12月国際線時刻変更

■国際線航空便ダイヤ変更(2022年12月)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による需要急減で大幅な長期欠航が生じていますが、COVID-19に起因する欠航・再開に関する情報はこちらには記載していません。(路線としての新規就航のみ記載)

12/27
◎(国際線)APJ 関西国際-バンコク スワンナプーム( 0→週6)

12/23
◎(国際線)APZ 成田国際-ソウル 仁川( 0→週4)

12/15
◎(国際線)MXD 成田国際-クアラルンプール( 0→週7)※リブランドでの就航

12/12
◎(国際線)TZP 成田国際-サンノゼ( 0→週3)

12/03
◎(国際線)JJA 関西国際-ムアン ( 0→週3)

12/01
◎(国際線)TAX 新千歳 -バンコク スワンナプーム( 0→週4)
◎(国際線)QFA 東京国際-ブリスベン( 0→週3)

posted by johokotu at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする