2024年01月31日

TOK_国内定期便運航開始

□TOK 国内線定期便運航開始、新会社参入は6年3か月ぶり

1月31日、トキエア(TOK)が新潟空港を拠点に運航を開始しました。国内線定期便への新規航空会社参入は6年3か月ぶりとなります。

1月31日に運航を開始したのはTOK。新潟を拠点に札幌(札幌丘珠)線週8往復で運航を開始しました。
国内線定期便への新規航空会社参入は、2017年10月のエアアジア・ジャパン以来6年3か月ぶりとなります。
TOKは昨年3月に航空運送事業許可を取得。昨年6月の新規就航が発表されましたが、その後何度も延期し、半年以上遅れての難産就航となりました。

日本海側を拠点に国内線定期便を展開する航空会社グループは、唯一の存在となります(長崎のオリエンタルエアブリッジは東シナ海側?)。6年定期便のない佐渡への就航も期待されており、安定飛行できるのか注目です。

TOK公式サイト
https://tokiair.com/

posted by johokotu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

◆今月の定期更新:定期的運航無

◆今月の定期更新:定期的運航便のない空港

今月は、定期的運航便のない空港のページを定期更新しました。

これらの空港は、なかなか行く機会がないかもしれませんが、地域の防災拠点などになっている所もあります。ぜひ普段から気にしておいてみませんか。

01/16 礼文空港(北海道)
01/15 千歳飛行場(北海道)
01/14 佐渡空港(新潟県)
01/13 福井空港(福井県)
01/12 八尾空港(大阪府)
01/11 岡南飛行場(岡山県)
01/10 大分県央飛行場(大分県)
01/09 小値賀空港(長崎県)
01/08 上五島空港(長崎県)
01/07 伊江島空港(沖縄県)
01/06 慶良間空港(沖縄県)

■注目空港 Pick up!
今月定期更新した空港で、最も注目の空港を取り上げます。

福井空港(福井県)
今月取り上げた定期更新空港で注目なのは福井空港です。
なかなか話題にのぼることがない定期的運航便のない空港。そんな中でコロナ禍以降、良くも悪くも話題を振りまいています。
2022年、突如ヘリコプター定期便を就航すると発表したものの実現せず、騒動に発展して注目を集めます。騒動はあったものの、小型機を活用する動きが近年加速しており、2023年にはビジネスジェットの積極的な呼び込みをスタート。運航費の半額と回送費を出す太っ腹補助も行っています。
また、防災拠点として、ドクターヘリが毎日運航。今年は元日から震災対応でも活躍中であるなど、存在感が高まっています。
今年は競合交通の新幹線が延伸し、日本中から注目が集まる福井イヤー。でも、せっかくなら地べた這いつくばるより空に舞い上がりませんか。前略空の下より空の上から。
社長さんの多い県だけに、ぜひプライベートジェットでの飛来もぜひご検討ください!

202401RJNF.jpg
小型機が運航しやすい福井空港へ、是非空路から!

posted by johokotu at 03:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

国際線_運航中路線1/31

■国際線 運航中路線 1月31日更新

新型コロナウイルス感染症パンデミックに伴う需要急減で国際線では大幅な欠航が生じています。
運航が継続しているまたは再開した路線について、航空会社公式サイト、空港公式サイト、都道府県公式サイト、現地大使館公式サイトで発表されている情報で確認できた内容をまとめています。
個人で調べているため、反映しきれていない部分がありますのでご了承ください。


・状況は毎日変化しています。状況により運休していることがあります。
 あくまでも参考程度でご覧いただき、正確な情報は公式サイト等で各自ご確認ください。

下記は定期的に運航されている便のみです(一部定期チャーター便も含めています)。このほかに単発のチャーター便、特に定期的な運航のインバウンドチャーター便が増加しています。各航空会社のサイトなどでご確認ください。

■1/1時点で双方向の国際線定期便(旅客便)の就航が確認できた空港
28空港再開、1空港新規就航
・旭川★
(公式 一覧時刻表)https://www.aapb.co.jp/time/
(公式 特設ページ)提供無し
・新千歳★
(公式 一覧時刻表)https://www.new-chitose-airport.jp/ja/airport/time/result?ap=int&type=dep&po=&co=
(公式 特設ページ)提供無し
・函館★
(公式 一覧時刻表)https://airport.ne.jp/get_on/
(公式 特設ページ)提供無し
・青森★ ※1/20再開!
(公式 一覧時刻表)https://www.aomori-airport.co.jp/flight/departures
(公式 特設ページ)提供無し

・花巻★
(公式 一覧時刻表)https://www.hna-terminal.co.jp/international-flight/
(公式 特設ページ)提供無し
・仙台★
(公式 一覧時刻表)https://www.sendai-airport.co.jp/flight/intl-area/
(公式 特設ページ)提供無し
・百里(茨城)★
(公式 一覧時刻表)https://www.ibaraki-airport.net/flight/#flight-timetable
(公式 特設ページ)提供無し
・成田国際★
(公式 一覧時刻表)https://www.narita-airport.jp/jp/flight/
(公式 特設ページ)提供無し
・東京国際×
(公式 一覧時刻表)提供無し
(公式 特設ページ)提供無し
・新潟★
(公式 一覧時刻表)https://www.niigata-airport.gr.jp/flight/
(公式 特設ページ)提供無し
・富山★
(公式 一覧時刻表)https://www.toyama-airport.co.jp/
(公式 特設ページ)提供無し
・小松★
(公式 一覧時刻表)https://www.komatsuairport.jp/flight/
(公式 特設ページ)https://www.komatsuairport.jp/info/20221220104716.html
・静岡★
(公式 一覧時刻表)https://www.mtfuji-shizuokaairport.jp/information/flight-schedule-2023s/
(公式 特設ページ)提供無し
・中部国際★
(公式 一覧時刻表)https://www.centrair.jp/flight/schedule/
(公式 特設ページ)https://www.centrair.jp/news/1273454_1781.html
・関西国際▼
(公式 一覧時刻表)提供無し
(公式 特設ページ)https://www.kansai-airport.or.jp/flight/notice_international-flight
・美保(米子)★
(公式 一覧時刻表)https://www.yonago-air.com/flight
(公式 特設ページ)http://www.yonago-seoul.com/
・岡山★
(公式 一覧時刻表)https://www.okayama-airport.org/timetable
(公式 特設ページ)提供無し
・広島★
(公式 一覧時刻表)https://www.hij.airport.jp/flight/diagram/
(公式 特設ページ)提供無し
・高松★
(公式 一覧時刻表)https://www.takamatsu-airport.com/timetable/int.php
(公式 特設ページ)提供無し
・松山★
(公式 一覧時刻表)https://www.matsuyama-airport.co.jp/inter/index.html
(公式 特設ページ)https://www.matsuyama-airport.co.jp/inter/index.html
・大分★
(公式 一覧時刻表)https://www.oita-airport.jp/timetable/
(公式 特設ページ)提供無し
・福岡★
(公式 一覧時刻表)https://www.fukuoka-airport.jp/flight/schedule/index.html?intdom=int
(公式 特設ページ)https://flyfromfukuoka.jp/
・北九州★
(公式 一覧時刻表)https://www.kitakyu-air.jp/rev-boarding/timetable.html
(公式 特設ページ)https://www.kitakyu-air.jp/rev-campaign-jinair-2304.html
・佐賀★
(公式 一覧時刻表)https://www.pref.saga.lg.jp/airport/list05032.html
(公式 特設ページ)https://www.pref.saga.lg.jp/airport/kiji00395896/index.html
・長崎★
(公式 一覧時刻表)https://nagasaki-airport.jp/flight/timetable/
(公式 特設ページ)https://nagasaki-airport.jp/news/detail.php?id=947
・熊本★
(公式 一覧時刻表)https://www.kumamoto-airport.co.jp/timetable-int/
(公式 特設ページ)提供無し
・宮崎★
(公式 一覧時刻表)https://www.miyazaki-airport.co.jp/flight/int_dep
(公式 特設ページ)提供無し
・鹿児島★
(公式 一覧時刻表)https://www.koj-ab.co.jp/flight/monthly/hkg_d.html
(公式 特設ページ)提供無し
・那覇▼
(公式 一覧時刻表)https://www.naha-airport.co.jp/flight/month/
(公式 特設ページ)提供無し
★:公式サイトで月間時刻表を掲出している非常に分かりやすい空港
▼:一覧は検索しかないやや分かりにくい空港
×:日々の検索しかない分かりにくい空港


1/1時点で定期的な双方向の運航が確認できた国際線旅客便
※一部日程で欠航予定の路線があります、一部臨時便も記載
※1/1現在新規に就航が確認できたものを加えています。(再欠航になったものは把握が著しく遅れている場合があります=航空会社も発表しないもので、、、)
<東アジア>
・東京国際-ソウル GMP(金浦):JAL週21
・東京国際-ソウル GMP(金浦):ANA週21
・東京国際-ソウル GMP(金浦):KAL週21
・東京国際-ソウル GMP(金浦):AAR週21
・関西国際-ソウル GMP(金浦):JJA週14
・関西国際-ソウル GMP(金浦):AAR週14
・関西国際-ソウル GMP(金浦):KAL週14
・新千歳 -ソウル ICN(仁川):JJA週7
・新千歳 -ソウル ICN(仁川):TWB週7
・新千歳 -ソウル ICN(仁川):KAL週11 ※1/13〜週14
・新千歳 -ソウル ICN(仁川):JNA週10
・新千歳 -ソウル ICN(仁川):AAR週7
・新千歳 -ソウル ICN(仁川)★:ABL週7
・青森  -ソウル ICN(仁川):KAL週3 ※1/20〜再開
・仙台  -ソウル ICN(仁川):AAR週7 ※12/31迄週4
・成田国際-ソウル ICN(仁川)★:TZP週7
・成田国際-ソウル ICN(仁川):KAL週28
・成田国際-ソウル ICN(仁川):AAR週28
・成田国際-ソウル ICN(仁川):JNA週21
・成田国際-ソウル ICN(仁川):TWB週21
・成田国際-ソウル ICN(仁川):JJA週32
・成田国際-ソウル ICN(仁川)★:ABL週14
・成田国際-ソウル ICN(仁川):ASV週2
・成田国際-ソウル ICN(仁川)★:APZ週5
・成田国際-ソウル ICN(仁川):ESR週7
・成田国際-ソウル ICN(仁川):ETH週6
・東京国際-ソウル ICN(仁川):APJ週7
・東京国際-ソウル ICN(仁川):KAL週7
・東京国際-ソウル ICN(仁川):AAR週7 ※日本発1/2〜・日本着1/1〜再開
・新潟  -ソウル ICN(仁川):KAL週3
・小松  -ソウル ICN(仁川):KAL週3
・静岡  -ソウル ICN(仁川):JJA週7
・中部国際-ソウル ICN(仁川):KAL週14
・中部国際-ソウル ICN(仁川):AAR週14
・中部国際-ソウル ICN(仁川):JJA週14
・中部国際-ソウル ICN(仁川)★:JNA週14
・関西国際-ソウル ICN(仁川):APJ週28
・関西国際-ソウル ICN(仁川):AAR週21
・関西国際-ソウル ICN(仁川):KAL週28
・関西国際-ソウル ICN(仁川):JJA週27
・関西国際-ソウル ICN(仁川):JNA週28
・関西国際-ソウル ICN(仁川):TWB週21
・関西国際-ソウル ICN(仁川)★:ABL週21
・関西国際-ソウル ICN(仁川):ASV週14
・関西国際-ソウル ICN(仁川):ESR週14
・美保  -ソウル ICN(仁川):ASV週3
・岡山  -ソウル ICN(仁川):KAL週3
・広島  -ソウル ICN(仁川)★:JJA週7 ※1/12〜週14
・高松  -ソウル ICN(仁川):ASV週7
・松山  -ソウル ICN(仁川):JJA週7
・大分  -ソウル ICN(仁川)★:JJA週3 ※1/12〜週5
・大分  -ソウル ICN(仁川)★:KAL週3 ※1/20〜3/30就航
・福岡  -ソウル ICN(仁川):JNA週21
・福岡  -ソウル ICN(仁川):AAR週21
・福岡  -ソウル ICN(仁川):TWB週21
・福岡  -ソウル ICN(仁川)★:ABL週14
・福岡  -ソウル ICN(仁川):JJA週31 ※2/1〜週32
・福岡  -ソウル ICN(仁川):KAL週28
・福岡  -ソウル ICN(仁川):ASV週14
・福岡  -ソウル ICN(仁川):ESR週7
・北九州 -ソウル ICN(仁川):JNA週7
・佐賀  -ソウル ICN(仁川)★:TWB週4
・熊本  -ソウル ICN(仁川)★:TWB週7
・宮崎  -ソウル ICN(仁川):AAR週3
・鹿児島 -ソウル ICN(仁川):KAL週3
・那覇  -ソウル ICN(仁川):JJA週7
・那覇  -ソウル ICN(仁川):KAL週7
・那覇  -ソウル ICN(仁川):JNA週7
・那覇  -ソウル ICN(仁川):TWB週7
・那覇  -ソウル ICN(仁川):AAR週7
・成田国際-チョンジュ★:EOK週14
・関西国際-チョンジュ:TWB週7
・関西国際-チョンジュ★:EOK週14
・福岡  -チョンジュ★:TWB週7
・新千歳 -テグ  ★:TWB週*(6日周期で4往復) ※1/6〜就航
・成田国際-テグ  :TWB週7
・関西国際-テグ  :TWB週7
・福岡  -テグ  :TWB週7
・新千歳 -プサン ★:ABL週7
・新千歳 -プサン :JNA週7
・成田国際-プサン :KAL週14
・成田国際-プサン :JJA週14
・成田国際-プサン :ABL週7
・成田国際-プサン ★:JNA週7
・中部国際-プサン :KAL週7
・関西国際-プサン :ABL週21
・関西国際-プサン :JJA週14
・関西国際-プサン :TWB週7
・関西国際-プサン ★:JNA週7
・松山  -プサン ★:ABL週3
・福岡  -プサン :ABL週28
・福岡  -プサン :JJA週14
・福岡  -プサン :KAL週14
・那覇  -プサン :JNA週7 ※
・関西国際-チェジュ:TWB週7
・新千歳 -北京 PEK(首都):CCA週4
・仙台  -北京 PEK(首都):CCA週2 ※大連経由便
・成田国際-北京 PEK(首都):ANA週3
・成田国際-北京 PEK(首都):CCA週7
・成田国際-北京 PEK(首都):CHH週4
・東京国際-北京 PEK(首都):JAL週14
・東京国際-北京 PEK(首都):ANA週7
・東京国際-北京 PEK(首都):CCA週14
・中部国際-北京 PEK(首都):CCA週4
・関西国際-北京 PEK(首都):ANA週3
・関西国際-北京 PEK(首都):CCA週7
・関西国際-北京 PEK(首都):CHH週4
・広島  -北京 PEK(首都):CCA週2 ※大連経由便
・福岡  -北京 PEK(首都):CCA週5 ※大連経由便
・那覇  -北京 PEK(首都):CCA週2
・東京国際-北京 PKX(大興)★:CSN週7
・東京国際-北京 PKX(大興)★:CES週7
・関西国際-北京 PKX(大興)★:CSN週4
・関西国際-北京 PKX(大興)★:DKH週7
・関西国際-北京 PKX(大興)★:CES週7
・成田国際-哈爾浜 :SJO週7
・成田国際-哈爾浜 :CSN週3
・新潟  -哈爾浜 :CSN週1 ※1/15〜再開
・関西国際-哈爾浜 :CSN週2
・成田国際-長春  :CSN週3
・成田国際-瀋陽  :CSN週7
・関西国際-瀋陽  :CQH週1
・関西国際-瀋陽  :CSN週3
・仙台  -大連  :CCA週2
・成田国際-大連  :ANA週7
・成田国際-大連  :CSN週5
・成田国際-大連  :CCA週4 ※1/21〜再開
・東京国際-大連  ★:JAL週7
・中部国際-大連  :CSN週4
・中部国際-大連  ★:CQH週3
・関西国際-大連  :CSN週3
・関西国際-大連  :CQH週4
・広島  -大連  :CCA週2
・福岡  -大連  :CCA週5
・福岡  -大連  ★:CQH週3
・新千歳 -天津  :GCR週2
・成田国際-天津  :SJO週7
・成田国際-天津  :CCA週4 ※大連経由、1/21〜再開
・東京国際-天津  :GCR週4
・中部国際-天津  :GCR週4
・中部国際-天津  :JAL週2
・関西国際-天津  :GCR週3
・北九州 -天津  ★:GCR週2 ※1/8〜就航
・東京国際-青島  ★:ANA週7
・関西国際-青島  :CES週3
・関西国際-青島  :CDG週1
・関西国際-石家庄 ★:CBJ週2 ※合肥経由便
・関西国際-済南  :CDG週7
・東京国際-上海 SHA(虹橋):JAL週7
・東京国際-上海 SHA(虹橋):ANA週7
・東京国際-上海 SHA(虹橋):CES週7
・東京国際-上海 SHA(虹橋):CSH週7
・旭川  -上海 PVG(浦東)★:DKH週2 ※1/23〜2/27のみ就航
・新千歳 -上海 PVG(浦東):CQH週7 ※1/4迄週4
・新千歳 -上海 PVG(浦東):CES週7 ※12/31迄週4
・新千歳 -上海 PVG(浦東):DKH週3
・仙台  -上海 PVG(浦東):CCA週2
・成田国際-上海 PVG(浦東):ANA週10
・成田国際-上海 PVG(浦東):SJO週7 ※12/22〜1/4は運休
・成田国際-上海 PVG(浦東):JJP週4
・成田国際-上海 PVG(浦東):CQH週7
・成田国際-上海 PVG(浦東):CCA週28
・成田国際-上海 PVG(浦東):CES週28
・成田国際-上海 PVG(浦東):DKH週7
・成田国際-上海 PVG(浦東):CSN週7
・東京国際-上海 PVG(浦東):JAL週14
・東京国際-上海 PVG(浦東):ANA週7
・東京国際-上海 PVG(浦東):APJ週7
・東京国際-上海 PVG(浦東):DKH週3
・東京国際-上海 PVG(浦東):CQH週4
・東京国際-上海 PVG(浦東):CES週7
・東京国際-上海 PVG(浦東):CSH週7
・新潟  -上海 PVG(浦東):CES週2
・富山  -上海 PVG(浦東):CSH週2
・小松  -上海 PVG(浦東):CES週2
・静岡  -上海 PVG(浦東):CES週2
・中部国際-上海 PVG(浦東):CES週5
・中部国際-上海 PVG(浦東):CQH週2
・中部国際-上海 PVG(浦東):DKH週7
・中部国際-上海 PVG(浦東):CSH週7
・中部国際-上海 PVG(浦東):CCA週7
・関西国際-上海 PVG(浦東):JAL週3
・関西国際-上海 PVG(浦東):APJ週7
・関西国際-上海 PVG(浦東):ANA週8
・関西国際-上海 PVG(浦東):DKH週21 ※
・関西国際-上海 PVG(浦東):CQH週7
・関西国際-上海 PVG(浦東):CES週18
・関西国際-上海 PVG(浦東):CCA週7
・関西国際-上海 PVG(浦東):CSN週7
・関西国際-上海 PVG(浦東):CSH週7 ※1/1〜再開
・岡山  -上海 PVG(浦東):CES週3
・広島  -上海 PVG(浦東):CES週3
・福岡  -上海 PVG(浦東)★:CQH週4
・福岡  -上海 PVG(浦東):CES週14
・福岡  -上海 PVG(浦東):CCA週5
・福岡  -上海 PVG(浦東)★:CSH週3 ※2/1〜週7
・佐賀  -上海 PVG(浦東):CQH週2
・長崎  -上海 PVG(浦東):CES週2
・那覇  -上海 PVG(浦東):CES週7 ※1/26〜週12
・那覇  -上海 PVG(浦東):DKH週7
・那覇  -上海 PVG(浦東)★:CQH週4 ※1/26〜就航
・関西国際-無錫  :CSZ週7
・新千歳 -杭州  :CHH週2
・成田国際-杭州  :ANA週3
・成田国際-杭州  :CCA週4
・関西国際-杭州  :CCA週7
・関西国際-杭州  :CDC週4
・関西国際-杭州  :CXA週7
・関西国際-杭州  :CBJ週2
・成田国際-寧波  :SJO週7
・関西国際-寧波  :CQH週2
・成田国際-南京  :CES週3
・中部国際-南京  ★:DKH週4
・関西国際-南京  :DKH週7
・関西国際-南京  :CSZ週7
・関西国際-合肥  ★:CBJ週2
・成田国際-福州  :CXA週5
・関西国際-福州  :CXA週4
・成田国際-厦門  :CXA週2
・関西国際-厦門  :CXA週7
・成田国際-広州  :ANA週3
・東京国際-広州  :JAL週7
・東京国際-広州  :ANA週7 ※12/31迄週4
・東京国際-広州  :CSN週14
・関西国際-広州  :CSN週3
・関西国際-広州  :JYH週3
・新千歳 -深圳  ★:CSZ週3 ※1/18〜就航
・成田国際-深圳  :CSZ週7
・東京国際-深圳  :ANA週7
・関西国際-深圳  :CSZ週7
・新千歳 -香港  :CPA週14
・新千歳 -香港  :CRK週3
・函館  -香港  ★:CRK週4 ※12/18〜2/26就航
・成田国際-香港  :JAL週5
・成田国際-香港  :CPA週35
・成田国際-香港  :HKE週31
・成田国際-香港  :CRK週21
・成田国際-香港  ★:HGB週7
・成田国際-香港  :CPA週7 ※台北桃園経由便
・東京国際-香港  :JAL週7
・東京国際-香港  :ANA週7
・東京国際-香港  :CPA週14
・東京国際-香港  :HKE週7
・中部国際-香港  :HKE週7
・中部国際-香港  :CPA週7
・中部国際-香港  ★:CRK週7
・中部国際-香港  :CPA週7 ※台北桃園経由便
・関西国際-香港  :APJ週21
・関西国際-香港  :CPA週28
・関西国際-香港  :HKE週21
・関西国際-香港  :CRK週14
・関西国際-香港  ★:HGB週3
・関西国際-香港  :CPA週7 ※台北桃園経由便
・美保  -香港  :CRK週4 ※12/18〜2/26再開
・高松  -香港  :HKE週3
・福岡  -香港  :HKE週19
・福岡  -香港  :CPA週11 ※2/6〜週12
・福岡  -香港  :CRK週7
・熊本  -香港  :HKE週3
・熊本  -香港  ★:CRK週3
・鹿児島 -香港  :HKE週3
・那覇  -香港  :HKE週7
・那覇  -香港  :CRK週14 ※
・成田国際-澳門  :AMU週4
・関西国際-澳門  :AMU週4
・関西国際-海口  ★:DKH週4 ※上海浦東経由、1/10〜就航
・成田国際-武漢  :CES週2
・成田国際-西安  :CES週1
・成田国際-西安  :CHH週3
・成田国際-成都 TFU(天府)★:CSC週3
・関西国際-成都 TFU(天府)★:CSC週3
・関西国際-重慶  ★:CXA週3
・成田国際-昆明  :CES週1
・東京国際-台北 TSA(松山):ANA週14
・東京国際-台北 TSA(松山):JAL週14
・東京国際-台北 TSA(松山):CAL週14
・東京国際-台北 TSA(松山):EVA週14
・旭川  -台北 TPE(桃園):TTW週2
・新千歳 -台北 TPE(桃園):CAL週7 ※1/29〜週14
・新千歳 -台北 TPE(桃園):TTW週7
・新千歳 -台北 TPE(桃園)★:SJX週7
・新千歳 -台北 TPE(桃園):EVA週14 ※1/1迄週7
・函館  -台北 TPE(桃園):TTW週5
・花巻  -台北 TPE(桃園):TTW週2
・仙台  -台北 TPE(桃園):EVA週7
・仙台  -台北 TPE(桃園):TTW週3
・仙台  -台北 TPE(桃園)★:SJX週7
・仙台  -台北 TPE(桃園)★:TVJ週3 ※1/31〜就航
・百里  -台北 TPE(桃園):TTW週2
・成田国際-台北 TPE(桃園):JAL週7
・成田国際-台北 TPE(桃園):APJ週14
・成田国際-台北 TPE(桃園):JJP週7 ※1/9〜週14
・成田国際-台北 TPE(桃園):EVA週21
・成田国際-台北 TPE(桃園):CAL週24
・成田国際-台北 TPE(桃園)★:SJX週21
・成田国際-台北 TPE(桃園):TTW週14
・成田国際-台北 TPE(桃園):TGW週7
・成田国際-台北 TPE(桃園):CPA週7
・成田国際-台北 TPE(桃園)★:TLM週5
・東京国際-台北 TPE(桃園):APJ週7
・東京国際-台北 TPE(桃園):TTW週7
・新潟  -台北 TPE(桃園)★:TTW週2
・富山  -台北 TPE(桃園):CAL週2 ※1/31〜再開
・小松  -台北 TPE(桃園):EVA週7
・小松  -台北 TPE(桃園):TTW週2
・中部国際-台北 TPE(桃園)★:APJ週7
・中部国際-台北 TPE(桃園):CAL週7
・中部国際-台北 TPE(桃園):TTW週5
・中部国際-台北 TPE(桃園)★:SJX週7
・中部国際-台北 TPE(桃園)★:MXD週3
・中部国際-台北 TPE(桃園):CPA週7
・関西国際-台北 TPE(桃園):APJ週21
・関西国際-台北 TPE(桃園):JAL週4
・関西国際-台北 TPE(桃園):EVA週21
・関西国際-台北 TPE(桃園):CAL週21
・関西国際-台北 TPE(桃園)★:SJX週14
・関西国際-台北 TPE(桃園):TTW週12
・関西国際-台北 TPE(桃園)★:MXD週4
・関西国際-台北 TPE(桃園):CPA週7
・関西国際-台北 TPE(桃園)★:TVJ週4
・岡山  -台北 TPE(桃園):TTW週7
・広島  -台北 TPE(桃園):CAL週4
・高松  -台北 TPE(桃園):CAL週4
・福岡  -台北 TPE(桃園):EVA週14
・福岡  -台北 TPE(桃園):CAL週16 ※1/1迄週14
・福岡  -台北 TPE(桃園)★:SJX週7
・福岡  -台北 TPE(桃園):TTW週7
・佐賀  -台北 TPE(桃園):TTW週2
・熊本  -台北 TPE(桃園)★:SJX週7
・熊本  -台北 TPE(桃園)★:CAL週4
・那覇  -台北 TPE(桃園):APJ週21
・那覇  -台北 TPE(桃園):TTW週7
・那覇  -台北 TPE(桃園):CAL週11 ※12/31迄週7
・那覇  -台北 TPE(桃園)★:SJX週7
・那覇  -台北 TPE(桃園):EVA週14 ※
・那覇  -台北 TPE(桃園)★:MXD週4
・成田国際-高雄  :EVA週7
・成田国際-高雄  :CAL週7
・成田国際-高雄  :TTW週5
・中部国際-高雄  :TTW週3
・関西国際-高雄  :APJ週7
・関西国際-高雄  :TTW週2
・関西国際-高雄  :EVA週7
・関西国際-高雄  :CAL週7
・福岡  -高雄  :TTW週2
・福岡  -高雄  :EVA週5
・那覇  -高雄  :CAL週3 ※1/1〜再開
・成田国際-ウランバートル:MGL週5
・成田国際-ウランバートル★:MNG週2
<東南アジア>
・成田国際-マニラ :ANA週7
・成田国際-マニラ :JAL週7
・成田国際-マニラ :JJP週7 ※1/17〜週4、2/12〜週5、2/29〜週6、3/11〜週7
・成田国際-マニラ ★:TZP週7
・成田国際-マニラ :PAL週14
・成田国際-マニラ :CEB週14
・成田国際-マニラ ★:EZD週7
・東京国際-マニラ :ANA週7
・東京国際-マニラ :PAL週7
・東京国際-マニラ :JAL週7
・中部国際-マニラ :JJP週7 ※1/16〜2/10週3、2/11〜2/24週2、2/25〜3/2週7、3/3〜3/11週6、3/12〜週7
・中部国際-マニラ :PAL週7
・中部国際-マニラ :CEB週7
・関西国際-マニラ :PAL週14
・関西国際-マニラ :CEB週7
・関西国際-マニラ :EZD週7
・関西国際-マニラ :JSA週7
・福岡  -マニラ :PAL週7
・福岡  -マニラ :CEB週7
・成田国際-クラーク:CEB週7
・成田国際-セブ  :PAL週7
・成田国際-セブ  :CEB週7
・成田国際-セブ  ★:APG週7
・成田国際-ハノイ :ANA週7
・成田国際-ハノイ :JAL週7
・成田国際-ハノイ :HVN週7
・成田国際-ハノイ :VJC週14
・東京国際-ハノイ :HVN週7
・中部国際-ハノイ :HVN週7
・中部国際-ハノイ ★:VJC週4
・関西国際-ハノイ :HVN週7
・関西国際-ハノイ :VJC週14
・福岡  -ハノイ :HVN週5
・福岡  -ハノイ :VJC週3
・成田国際-ダナン :HVN週7
・成田国際-ホーチミン:ANA週7
・成田国際-ホーチミン:JAL週7
・成田国際-ホーチミン:HVN週14
・成田国際-ホーチミン:VJC週7
・東京国際-ホーチミン:JAL週7
・東京国際-ホーチミン:ANA週7
・東京国際-ホーチミン★:VJC週7
・中部国際-ホーチミン:HVN週5
・関西国際-ホーチミン:HVN週7
・関西国際-ホーチミン:VJC週7
・福岡  -ホーチミン:HVN週2
・新千歳 -バンコク BKK(スワンナプーム):THA週7
・新千歳 -バンコク BKK(スワンナプーム):TAX週7
・仙台  -バンコク BKK(スワンナプーム)★:TVJ週3 ※台北桃園経由便、1/31〜就航
・成田国際-バンコク BKK(スワンナプーム)★:TZP週7
・成田国際-バンコク BKK(スワンナプーム):JAL週7
・成田国際-バンコク BKK(スワンナプーム):ANA週7
・成田国際-バンコク BKK(スワンナプーム):THA週14
・成田国際-バンコク BKK(スワンナプーム)★:TAX週14
・東京国際-バンコク BKK(スワンナプーム):ANA週14
・東京国際-バンコク BKK(スワンナプーム):JAL週14
・東京国際-バンコク BKK(スワンナプーム):THA週14
・中部国際-バンコク BKK(スワンナプーム):THA週7
・関西国際-バンコク BKK(スワンナプーム):JAL週7
・関西国際-バンコク BKK(スワンナプーム)★:APJ週7
・関西国際-バンコク BKK(スワンナプーム):THA週14
・関西国際-バンコク BKK(スワンナプーム)★:TAX週11
・関西国際-バンコク BKK(スワンナプーム)★:TVJ週4 ※台北桃園経由便
・福岡  -バンコク BKK(スワンナプーム)★:TVJ週7
・福岡  -バンコク BKK(スワンナプーム):THA週7
・成田国際-バンコク DMK(ドンムアン)★:TLM週5 ※台北桃園経由便
・福岡  -バンコク DMK(ドンムアン)★:AIQ週7
・関西国際-チェンマイ★:TVJ週3
・新千歳 -クアラルンプール★:XAX週4
・成田国際-クアラルンプール:ANA週7
・成田国際-クアラルンプール:JAL週7
・成田国際-クアラルンプール:MAS週12
・成田国際-クアラルンプール★:MXD週4
・東京国際-クアラルンプール:ANA週5
・東京国際-クアラルンプール:XAX週3
・中部国際-クアラルンプール★:MXD週3 ※台北桃園経由便
・関西国際-クアラルンプール:MAS週7
・関西国際-クアラルンプール:XAX週4
・関西国際-クアラルンプール★:MXD週4 ※台北桃園経由便
・那覇  -クアラルンプール★:MXD週4 ※台北桃園経由便
・成田国際-コタキナバル:MAS週2
・新千歳 -シンガポール:TGW週4 ※台北桃園経由便
・成田国際-シンガポール:AJX(ANA)週7
・成田国際-シンガポール:JAL週7
・成田国際-シンガポール★:TZP週7
・成田国際-シンガポール:SIA週14
・成田国際-シンガポール:TGW週7
・成田国際-シンガポール:TGW週7 ※台北桃園経由便
・東京国際-シンガポール:ANA週14
・東京国際-シンガポール:JAL週14
・東京国際-シンガポール:SIA週21
・中部国際-シンガポール:SIA週3
・関西国際-シンガポール:SIA週14
・関西国際-シンガポール:TGW週7
・関西国際-シンガポール:JSA週7 ※マニラ経由便
・福岡  -シンガポール:SIA週5
・那覇  -シンガポール:JSA週3
・成田国際-バンダルスリブガワン:RBA週4
・成田国際-ジャカルタ:JAL週11
・成田国際-ジャカルタ★:ANA週7
・東京国際-ジャカルタ:ANA週12
・東京国際-ジャカルタ:GIA週4
・成田国際-デンパサール:GIA週6
・成田国際-デンパサール★:GIA週1 ※マナド経由
・成田国際-マナド ★:GIA週1
<南アジア・中央アジア・西アジア>
・成田国際-ダッカ ★:BBC週3
・成田国際-カトマンズ:RNA週3
・成田国際-デリー :AIC週4
・東京国際-デリー :ANA週7
・東京国際-デリー :JAL週7
・成田国際-ムンバイ:ANA週3
・成田国際-ベンガルール★:JAL週3
・成田国際-コロンボ:ALK週3
・成田国際-ドーハ :QTR週7
・東京国際-ドーハ :QTR週7
・成田国際-アブダビ:ETD週7
・関西国際-アブダビ★:ETD週5
・成田国際-ドバイ :UAE週7
・東京国際-ドバイ :UAE週7
・関西国際-ドバイ :UAE週7
・成田国際-イスタンブール:THY週7
・東京国際-イスタンブール★:THY週7
・関西国際-イスタンブール★:THY週4
・成田国際-タシケント:UZB週1
<ヨーロッパ>
・成田国際-ヘルシンキ:FIN週4
・東京国際-ヘルシンキ★:JAL週3
・東京国際-ヘルシンキ:FIN週7
・関西国際-ヘルシンキ:FIN週3
・東京国際-コペンハーゲン:SAS週3
・成田国際-ワルシャワ:LOT週4
・成田国際-フランクフルト:JAL週7
・東京国際-フランクフルト:ANA週14
・東京国際-フランクフルト:DLH週7
・東京国際-ミュンヘン:ANA週4
・東京国際-ミュンヘン:DLH週5
・関西国際-ミュンヘン:DLH週3
・成田国際-チューリヒ:SWR週5
・東京国際-ローマ ★:ITY週5
・成田国際-アムステルダム:KLM週7
・関西国際-アムステルダム:KLM週3
・成田国際-ブリュッセル:ANA週2
・成田国際-パリ  :AFR週3
・東京国際-パリ  :JAL週7
・東京国際-パリ  :ANA週3
・東京国際-パリ  :AFR週14
・関西国際-パリ  :AFR週3
・東京国際-ロンドン LHR(ヒースロー):JAL週14
・東京国際-ロンドン LHR(ヒースロー):ANA週7
・東京国際-ロンドン LHR(ヒースロー):BAW週11
<アフリカ>
・成田国際-カイロ :MSR週2
・成田国際-アディスアベバ:ETH週6 ※ソウル仁川経由
<北米・中南米>
・成田国際-バンクーバー:JAL週7
・成田国際-バンクーバー:ACA週7
・東京国際-バンクーバー:ANA週7
・関西国際-バンクーバー★:ACA週4
・成田国際-トロント:ACA週3
・東京国際-トロント:ACA週7
・成田国際-モントリオール:ACA週4
・東京国際-ワシントンD.C.:ANA週7
・東京国際-ワシントンD.C.:UAL週7
・成田国際-ボストン:JAL週7
・東京国際-ニューヨーク JFK(ジョンFケネディ):JAL週14
・東京国際-ニューヨーク JFK(ジョンFケネディ):ANA週14
・成田国際-ニューアーク:UAL週7
・東京国際-ニューアーク★:UAL週7
・東京国際-デトロイト:DAL週7
・成田国際-シカゴ :ANA週7
・東京国際-シカゴ :JAL週7
・東京国際-シカゴ :ANA週7
・東京国際-シカゴ :UAL週7
・東京国際-ミネアポリス★:DAL週7
・東京国際-アトランタ:DAL週7
・成田国際-ヒューストン:UAL週7
・東京国際-ヒューストン:ANA週7
・成田国際-ダラス :AAL週7
・東京国際-ダラス :JAL週7
・成田国際-デンバー:UAL週7
・成田国際-シアトル:JAL週7
・東京国際-シアトル:ANA週7
・東京国際-シアトル:DAL週7
・成田国際-サンフランシスコ★:JAL週7
・成田国際-サンフランシスコ★:ANA週7
・成田国際-サンフランシスコ★:TZP週6
・成田国際-サンフランシスコ:UAL週7
・東京国際-サンフランシスコ★:ANA週7
・東京国際-サンフランシスコ:JAL週7
・東京国際-サンフランシスコ:UAL週7
・関西国際-サンフランシスコ:UAL週7
・成田国際-サンノゼ★:TZP週5
・成田国際-ロサンゼルス:ANA週7
・成田国際-ロサンゼルス:JAL週7
・成田国際-ロサンゼルス★:TZP週7
・成田国際-ロサンゼルス:UAL週7
・成田国際-ロサンゼルス:SIA週7
・東京国際-ロサンゼルス:JAL週7
・東京国際-ロサンゼルス:ANA週14
・東京国際-ロサンゼルス:AAL週7
・東京国際-ロサンゼルス:DAL週7
・東京国際-ロサンゼルス:UAL週7
・関西国際-ロサンゼルス:JAL週4
・成田国際-サンディエゴ:JAL週4
・成田国際-ホノルル:TZP週3
・成田国際-ホノルル:JAL週7
・成田国際-ホノルル:ANA週10
・成田国際-ホノルル:HAL週6
・東京国際-ホノルル:ANA週7
・東京国際-ホノルル:JAL週14
・東京国際-ホノルル:HAL週12
・東京国際-ホノルル★:DAL週7
・中部国際-ホノルル:JAL週4
・関西国際-ホノルル:JAL週5
・関西国際-ホノルル:HAL週7
・福岡  -ホノルル:HAL週3
・成田国際-コナ  :JAL週3 ※12/23〜1/6のみ再開
・東京国際-コナ  :HAL週1
・成田国際-グアム :JAL週4
・成田国際-グアム :UAL週25
・中部国際-グアム :UAL週14
・関西国際-グアム :UAL週10
・福岡  -グアム :UAL週7
・成田国際-サイパン★:UAL週3
・成田国際-メキシコシティ:ANA週7
・成田国際-メキシコシティ:AMX週7
<オセアニア・太平洋>
・東京国際-シドニー:ANA週14
・東京国際-シドニー:JAL週7
・東京国際-シドニー:QFA週14
・成田国際-ケアンズ:JST週7
・東京国際-ケアンズ★:VOZ週7
・関西国際-ケアンズ:JST週7 ※2/5〜週5
・成田国際-ブリスベン★:JST週7
・成田国際-ブリスベン★:QFA週7
・成田国際-メルボルン:JAL週3
・成田国際-メルボルン★:QFA週7
・成田国際-パース ★:ANA週3
・成田国際-オークランド:ANZ週7
・成田国際-ナンディ:FJI週2
・成田国際-パペーテ:THT週2
・成田国際-ヌメア :ACI週3

■1/1時点で片方向の運航が確認できた国際線旅客便
※一部日程で欠航予定の路線があります、一部臨時便も記載
※1/1現在新規に就航が確認できたものを加えています。(再欠航になったものは把握が著しく遅れている場合があります=航空会社も発表しないもので、、、)
日本発→現地着のみ(現地発→日本着は欠航)
該当無し

現地発→日本着のみ(日本発→現地着は欠航)
該当無し


========================
■近日中に国際線定期便が再開になる予定の空港は新規就航)
-

■近日中に再開になる予定の路線は新規路線)予定
・函館  -台北 TPE(桃園)★:SJX週* ※4日ごとに2往復、2/1〜就航予定、3/1-3/30週7、3/31〜週5
・関西国際-ブリスベン:JST週4 ※2/2〜再開予定
・成田国際-バンコク BKK(スワンナプーム)★:AJX週6 ※日本発2/9〜・日本着2/10〜就航予定
・成田国際-ソウル ICN(仁川)★:AJX週5 ※2/22〜就航予定
・成田国際-バンクーバー★:TZP週3 ※日本発3/13〜・日本着3/14〜就航予定

■国際線定期便の全便欠航が継続中の空港 残り2空港
下地島:全便欠航
新石垣:全便欠航※
*国際線対応空港ではなく、コロナ禍直前〜初期(2020年1月〜3月)に国際線定期便が飛んでいたかどうかを基準としています。(例:国際線対応空港でも釧路や大分などは上記期間に国際線定期便が飛んでいませんでしたので表示対象外)

■近日中に国際線定期便が全便欠航になる予定の空港
-

■近日中に欠航になる予定の路線
・旭川  -上海 PVG(浦東)★:DKH週2 ※1/23〜2/27のみ就航、2/28〜運休予定

<日本>
ANA/AJX https://www.ana.co.jp/ja/jp/
JAL https://www.jal.co.jp/jp/ja/
APJ https://www.flypeach.com/
JJP/JST/JSA https://www.jetstar.com/jp/ja/
SFJ https://www.starflyer.jp/
SJO https://jp.ch.com/
SKY https://www.skymark.co.jp/ja/
TZP https://www.zipair.net/
<東アジア>
AAR https://flyasiana.com/C/JP/JA/index
ASV https://flyairseoul.com/CW/ja/main.do
ESR https://www.eastarjet.com/newstar/PGWHC00001
JJA https://www.jejuair.net/jejuair/jp/main.do
JNA https://www.jinair.com/booking/index
KAL https://www.koreanair.com/
TWB https://www.twayair.com/app/main
CCA https://www.airchina.jp/JP/JP/
CDC https://www.loongair.cn/
CDG http://www.sda.cn/
CES/CSH https://jp.ceair.com/
CHB http://www.westair.cn/portal/
CHH https://www.hainanairlines.com/JP/JP/Home
CQH https://www.ch.com/
CSC http://global.sichuanair.com/JP-JP
CSN https://global.csair.com/JP/JP/
CSZ http://www.shenzhenair.com/
CXA https://www.xiamenair.com/ja-jp/
DER http://www.jdair.net/
DKH http://www.juneyaoair.com/
GCR https://www.tianjin-air.com/
LKE http://www.luckyair.net/
OKA https://www.okair.net/
CPA/HDA https://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP.html
CRK https://www.hongkongairlines.com/ja_JP/homepage
HKE https://www.hkexpress.com/ja/
AMU https://airmacau.jp/
CAL/MDA https://www.china-airlines.com/jp/jp
EVA https://www.evaair.com/ja-jp/
TTW https://web.tigerairtw.com/jp/
SJX https://www.starlux-airlines.com/ja-JP
MGL http://www.miat.com/index.php?lang=jp
MNG https://www.aeromongolia.mn/en/
<東南アジア>
CEB https://www.cebupacificair.com/ja-jp
PAL https://www.philippineairlines.com/ja-jp/jp/home
BAV https://www.bambooairways.com/global-en/
HVN https://www.vietnamairlines.com/jp/ja/home
VJC https://www.vietjetair.com/Sites/Web/ja-JP/Home
PIC https://www.pacificairlines.com/vn/vi/
THA https://www.thaiairways.com/ja_JP/index.page
TLM https://www.lionairthai.com/jp/
RBA https://www.flyroyalbrunei.com/japan/ja/
MAS https://www.malaysiaairlines.com/
MXD https://www.malindoair.com/
EZD/TAX/XAX https://www.airasia.com/ja/jp
GIA https://www.garuda-indonesia.com/jp/ja/index
SIA/SLK https://www.singaporeair.com/ja_JP/jp/home
TGW https://www.flyscoot.com/jp/
<南アジア・中央アジア・西アジア>
RNA https://nepalairlines.com.np/home/
AIC http://www.airindia.in/→在インド日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.in.emb-japan.go.jp/
VTI https://www.airvistara.com/in/en→在インド日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.in.emb-japan.go.jp/
ALK https://www.srilankan.com/en_uk/
QTR https://www.qatarairways.com/ja-jp/homepage.html→在カタール日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.qa.emb-japan.go.jp/
UAE https://www.emirates.com/jp/japanese/
ETD https://www.etihad.com/ja-jp/
THY https://www.turkishairlines.com/ja-jp/
UZB https://www.uzairways.com/en→在ウズベキスタン日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.uz.emb-japan.go.jp/
VSV http://www.scat.kz/en/
AFL https://www.aeroflot.ru/jp-en/
SBI https://www.s7.ru/en/
SHU https://www.flyaurora.ru/jp/→在ユジノサハリンスク日本国総領事館公式サイトで情報有(https://www.sakhalin.ru.emb-japan.go.jp/
<ヨーロッパ>
FIN https://www.finnair.com/jp-ja
SAS https://www.flysas.com/jp-ja/→在デンマーク日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.dk.emb-japan.go.jp/
LOT https://www.lot.com/jp/ja→在ポーランド日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.pl.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
DLH https://www.lufthansa.com/→在ドイツ日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.de.emb-japan.go.jp/
AUA https://www.austrian.com/?sc_lang=ja&cc=JP
SWR https://www.swiss.com/jp/JA
KLM https://www.klm.com/home/jp/ja
AFR https://www.airfrance.co.jp/JP/ja/
BAW https://www.britishairways.com/travel/home/public/ja_jp/→在英国日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.uk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
ITY https://www.itaspa.com/content/itaspa/itaspa-pl/en/homepage.html
IBE https://www.iberia.com/jp/→在スペイン日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.es.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
<アフリカ>
MSR https://www.egyptair.com/en/Pages/HomePage.aspx→在エジプト日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.eg.emb-japan.go.jp/)臨時便情報豊富
ETH https://www.ethiopianairlines.com/jp/ja
<北米・中南米> 
ACA https://www.aircanada.com/jp/ja/aco/home.html#/
AAL https://www.americanairlines.jp/intl/jp/index.jsp?locale=ja_JP
DAL https://ja.delta.com/jp/ja
HAL https://www.hawaiianairlines.co.jp/
UAL https://hub.united.com/c/japan
AMX https://aeromexico.jp/
<オセアニア・太平洋>
QFA https://www.qantas.com/jp/ja.html→在オーストラリア日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
VOZ https://www.virginaustralia.com/jp/en/→在オーストラリア日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
ANZ https://www.airnewzealand.jp/
ACI https://jp.aircalin.com/jp/
ANG http://www.airniugini.jp/
FJI https://www.fijiairways.com/ja-jp/→在フィジー日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.fj.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
THT https://www.airtahitinui.com/jp-ja

再度全路線欠航になった空港
該当無し

再欠航路線
01/07
・成田国際-コナ  :JAL週3 ※1/7〜運休

**/**(**/**現在欠航確認)

再開延期
該当無し
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

2024年01月30日

JJP_夏 国内1新設/国際1新設へ

□JJP 夏ダイヤ発表 国内線1路線新設、国際線1路線新設へ

ジェットスター・ジャパン(JJP)は30日、2024年度夏期運航スケジュール(2024年3月31日〜2024年10月26日)を発表しました。

国内線:1路線新設へ
新設:3月31日から新千歳-福岡線1日1往復を新設します。
増便:3月31日から、成田国際(成田)-関西国際(関空)線を1日1往復、成田-松山線を週3往復増便します。(一部期間は運航便数が異なります)
減便:3月31日から、中部国際(中部)-福岡線を週2往復減便します。(一部期間は運航便数が異なります)
運休:ありません。
※新千歳-成田線と成田-福岡線は、期間によって細かく増減便します。

国際線:1路線新設へ
新設:3月31日から関空-台北桃園線週7往復を新設します。
増便:ありません。
減便:ありません。
運休:ありません。
※成田-台北桃園線、成田-マニラ線、中部-マニラ線は、期間によって細かく減便します。

下地島発着便はついに消滅しました。

JJPは期間や日程により運航便数が大きく異なるため、最多便数で発表されています。
特に、リリース発表上表記されている便数なのはごくごく短い期間のみという路線が多く、大きく見せかけた発表となっているので要注意です。

*変更前は3月設定ダイヤをベースに、運航便数で比較しています。いずれも一部日程を除く。
03/31-
◎JJP 新千歳 -福岡  ( 0→ 1)
◎(国際線)JJP 関西国際-台北 桃園( 0→週7)
○JJP 成田国際-関西国際( 4→ 5)※発表上も5、3/31-4/25は3+週4+週4、6/4-7/4・8/1-8/8・8/20-9/26は4+週4、7/5-7/30・10/1-10/26は4+週6、10/2は4
○JJP 成田国際-松山  (2*〜3→2+週3)※発表上は3、4/27-5/7・8/10-8/19のみ3、5/8-6/30は2+週2、3/31-4/26・10/7-10/26は2
○JJP 成田国際-福岡  ( 7→4〜9)※発表上は9、日程により便数が細かく異なります。
△JJP 新千歳 -成田国際(7〜9*→4〜8)※発表上は8、日程により便数が細かく異なります。
△JJP 中部国際-福岡  (3+週2*〜4→ 3)※発表上も3、3/31-4/24は2+週6、9/24-10/10は2+週4

<便数にほぼ変更がない路線>
03/31-
□JJP 旭川  -成田国際( 1→ 1)※発表上も1
□JJP 新千歳 -関西国際( 2→ 2)※発表上も2、3/31-4/25は1+週4、5/7-5/29は1+週5、10/2・10/22-10/24は1
□JJP 成田国際-高松  (2*〜3→ 2)※発表上は3、4/26-5/9・8/10-8/17・8/19・9/16のみ3、3/31-4/25は2+週2、5/10-5/29・7/12-8/9・8/20-10/6は2+週3、5/30-7/11は2+週1、8/7・10/9・10/11は1
□JJP 成田国際-高知  ( 1→ 1)※発表上も1
□JJP 成田国際-大分  (1*〜2→ 1)※発表上は2、3/31-4/25・5/27-6/23・9/1-9/16は1+週1、4/26-5/7・8/9-8/19は2、5/8-5/26は1+週2
□JJP 成田国際-長崎  ( 1→ 1)※発表上も1
□JJP 成田国際-熊本  ( 2→ 2)※発表上も2、5/8は1、9/4-10/23は1+週6
□JJP 成田国際-宮崎  ( 1→ 1)※発表上も1
□JJP 成田国際-鹿児島 ( 1→ 1)※発表上は2、4/26-5/30のみ2
□JJP 成田国際-那覇  ( 3→ 3)※発表上も3、6/4-6/13は2+週4
□JJP 中部国際-那覇  (週4〜1*→ 1)※発表上も1、3/31-4/24は週6、9/24-10/10は週4
□JJP 関西国際-那覇  ( 2→ 2)※発表上も2、3/31-4/29は1+週4、6/1-6/30は1+週5
□(国際線)JJP 成田国際-上海 浦東(週4→週4)※発表上も週4
□(国際線)JJP 成田国際-台北 桃園(週14→週14)※発表上も週14、4/15-4/18・4/25-5/7・6/17-6/20・6/24-6/27・7/13-8/12・9/6-9/21・10/14-10/17は1、8/13-9/5は週4、10/18-10/26 1+週3
□(国際線)JJP 成田国際-マニラ (週7→週7)※発表上も週7、4/17-4/19・6/5-6/22・8/18-9/17・10/9-10/26は週4
□(国際線)JJP 中部国際-マニラ (週7→週7)※発表上も週7、4/7-4/30・5/22-5/31・6/9-7/16・7/31-8/2・8/28-9/17・10/9-10/26は週4、8/18-8/27は週3


ジェットスター 時刻表/運賃・料金表(JJP公式サイト)
https://www.jetstar.com/jp/ja/help/articles/flight-schedules
2024 年度夏期運航スケジュールを決定(JJP公式サイト)
https://www.jetstar.com/_/media/files/japan-and-korea/japan/news/2024/20240130.pdf
ラベル:夏ダイヤ JJP
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

北大東・南大東_日本最短消滅へ

■北大東空港・南大東空港 日本最短路線消滅へ 航空便での島間移動は大回り化

日本航空グループと日本トランスオーシャン航空グループの夏ダイヤ発表で、8月1日から北大東、南大東の発着便を再編し、日本最短路線の北大東-南大東線を運休することが発表されました。
これにより、大東諸島として二島一緒に訪問するハードルが高くなってしまいました。波照間航路再開に続く、沖縄離島便のビッグニュースです。


北大東と南大東のダイヤは、
現在、
(日月金土)
 那覇08:00→08:55南大東09:25→10:35那覇
 那覇13:10→14:00北大東14:40→15:00南大東15:30→16:40那覇
(火水木)
 那覇08:00→08:55南大東09:25→10:35那覇
 那覇13:10→14:10南大東14:40→15:00北大東15:30→16:40那覇

と、午後便が北大東と南大東を組み合わせた三角運航になっています。
※ダイヤは1月現在で比較、いずれも琉球エアーコミューター(RAC)の運航

これが、8月1日以降は、
(日月火水木金土)
 ・那覇11:15→12:15北大東12:45→13:50那覇
 ・那覇07:55→08:55南大東09:25→10:30那覇
 ・那覇14:20→15:20南大東15:50→16:55那覇

と、三角運航を解消。北大東と南大東間の直行便はなくなり、島ごとに完全分離されることになります。
※ダイヤは8月1日分で比較、いずれもRACの運航

ダイヤが島ごとに分離されるので、
・那覇との間の提供座席数増加(北大東は2倍、南大東は1.3倍)
・乗り継ぎ便がなくなるので、所要時間短縮
・北大東は、夕方便から日中便へ変更となり、利便性向上
・曜日により経由が変わる分かりにくさの解消

等のメリットが生じます。
しかし、今回の変更で大東諸島の二島間の移動がかなり難しくなってしまいます
北大東-南大東間の船舶便は、運行日程が直前に決まる不定期運行なので使いづらいため、航空直行便はかなり重宝されていました。それがなくなってしまうからです。

現行ダイヤでは、午後の北大東発着便は、那覇、北大東、南大東の三角運航です。曜日により回り方が異なるものの、毎日、片道が那覇直行便、もう片道は南大東乗り継ぎになります。
火水木の場合は、午前中の南大東往復便で南大東にいったん降り立ち、午後便で北大東へ向かうことが出来ました。この乗り継ぎ待ち時間に南大東観光をしてしまえば、二島を最短二日で回ることが出来ました。
しかも、北大東と南大東は、同日乗り継ぎだと直行と同じ値段が設定されており、この行程だと、実質的に二区間分の運賃で二島を回ることが出来ました。

自分も南北大東を訪問した際は、これを上手く使いました。
https://johokotu.seesaa.net/article/127399737.html

しかし、改正後は、
 初日 那覇11:15→12:15北大東
 二日目 北大東12:45→13:50那覇14:20→15:20南大東
 三日目 南大東→那覇(午前便、午後便の二択)
か、
 初日 那覇07:55→08:55南大東15:50→16:55那覇
 二日目 那覇11:15→12:15北大東
 三日目 北大東12:45→13:50那覇
か、
 初日 那覇→南大東(午前便、午後便の二択)
 二日目 南大東09:25→10:30那覇11:15→12:15北大東
 三日目 北大東12:45→13:50那覇
と、どんなに頑張っても三日、しかも、四区間分の運賃(驚愕の14万円前後)が必要になってしまいます。那覇での乗り継ぎ時間が短いのがまだマシですが、なんとも残念な変更です。

各島に別々に行く分にはあまり影響はない変化ですが、大東諸島として二島一緒の訪問を狙っているなら、かなり行きづらくなってしまう印象です。

南北大東路線は観光路線と言うよりは生活路線ですし、行政も別々でそんなに南北間の行き来はないでしょう。そう考えると仕方がない変更なのかもしれませんが、観光客には非常に残念な変更になってしまいました。

日本最短路線への搭乗は7月末まで。お急ぎください!

北大東空港 https://johokotu.seesaa.net/category/7345685-1.html
南大東空港 https://johokotu.seesaa.net/category/7345686-1.html
posted by johokotu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■沖縄地方(伊江島・慶良間・その他) | 更新情報をチェックする

波照間_那覇から午前到着実現!

■波照間空港 定期的運航便復活で那覇からなら午前中に到着が実現!

1月22日、日本最南端空港 波照間空港を発着する定期的運航便が15年ぶりに復活しました!
これにより、那覇から午前中の到着も実現できるようになりました。


1月22日、第一航空が波照間-新石垣線(定期チャーター便)を就航しました。この就航で、那覇から午前中の到着も実現できるようになりました。

波照間へは、航空便がなかった15年間は、石垣港から船で向かうしかありませんでした。
石垣港を出る船は、08:00、11:45、14:30の高速船と09:00発のフェリーです。
一方で、新石垣空港への初便到着は、
 那覇発が08:20(JTA)
 関西国際(関空)発が09:55(APJ)
 東京国際(羽田)発が10:15(JTA)
 成田国際(成田)発が11:30(APJ)
 中部国際(中部)発が13:55(ANA)
 福岡発が14:35(APJ)
航空便で石垣入りした場合、どんなに頑張っても、石垣港11:45発の船(成田発は14:30発、中部発や福岡発は間に合わず)にしか間に合いませんでした。この船舶便での波照間への到着は早くても12:45(大原を経由すると13:05)。最終の波照間発の船舶便が16:20発なので、日帰りできないことはないですが、滞在時間が短い印象でした。

今回、ここに新石垣空港09:30発の航空便が登場。那覇からなら、往路那覇07:20→08:20新石垣09:30→10:00波照間と、午前中の到着が可能になりました。
波照間発の最終船舶便が16:20発なので、ゆっくり波照間を満喫してその日中に石垣に戻れる時程になっています(石垣港17:20着)。(滞在時間は短いですが、昼の船舶便(波照間港13:15発)を利用すれば、14:15には石垣島に戻れます。)
この行程なら、新石垣発の最終の那覇行が19:55発なので、那覇までもその日中に帰還可能。那覇から日本最南端空港のある波照間を6時間も満喫できる日帰り旅が実現します。(復路は羽田行新石垣19:30発、関空行新石垣20:05発も利用可能です。)

さらに、この往路那覇便を活用すれば、本土からも波照間へかなり行きやすくなっています。
例えば、仕事終わりに最終便で那覇に飛び、那覇空港近くに一泊すれば、実質旅行初日の午前中に波照間入りが実現します(各地からの那覇行の最終便は羽田20:15発、中部18:45発、関空20:20発、神戸17:35発、福岡20:45発)。
離島の離島は天候悪化による島流しが怖いので、出来れば旅行の早い段階で行っておいた方が無難。そして、本土からの朝一の新石垣直行便はすぐ満席になり、予約を取りにくいです。それなら、那覇経由を上手く活用すれば、休み初日の午前中から波照間上陸が叶います。
本土直行便は予約を取るのがハードルが高いですが、たった一日の休みで東京や大阪から、日本最南端空港のある波照間6時間満喫の弾丸旅も可能になります。

那覇からは仕事での波照間行きも多いでしょうし、仕事、観光ともに一気に便利になりました。
波照間の星空は素晴らしいので、ぜひ宿泊して訪れたいところです。しかし、宿泊施設の収容人数不足も指摘されており、日帰りを活用した方が良い背景もあります。
是非、飛行機が飛び始めたこの機会に、日本最南端空港のある波照間への弾丸旅もいかがでしょうか。

※一日複数便(夕方便)の設定や二日連続での運航があると利便性が格段に増します。ただ、定期便でなく、月に15往復までしか運航できないため、実現は厳しそうです。
週3日各日1往復を、例えば水曜は隔週で、土曜だけ隔週1日2往復にするとか何かひと工夫出来ないでしょうか。15往復ってかなり少ないですね、、、。
ラベル:波照間空港
posted by johokotu at 03:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 波照間空港 | 更新情報をチェックする

2024年01月29日

JAL_夏 国内1運休/国際2新設へ

□JAL 夏ダイヤ発表、国内線1路線運休、国際線1路線新設・1路線期間就航へ

日本航空と日本トランスオーシャン航空は29日、JALグループの2024年度路線便数計画(2024年3月31日〜2024年10月26日)を発表しました。

東京国際空港の事故で大型機が1機消失して、急遽計画に変更でも出たのでしょうか。例年より1週間程度遅く、発売開始直前での発表となりました。既に航空券は販売開始されています。また、例年は夏ダイヤ開始日と同じ1月の日付(今回の場合は31日)から販売開始になりますが、今回発表された新規分は1日早く30日から予約が始まります。

国内線:1路線運休へ(特定日数日のみ運航は未記載)
新設:ありません。
増便:3月31日から新千歳-東京国際(羽田)線を1日1往復、8月1日から那覇-北大東線、那覇-南大東線を各1日0.5往復増便します。6月1日〜9月30日新千歳-大阪国際(伊丹)線、7月12日〜8月31日に与論-那覇線、新石垣-与那国線を各1日1往復期間増便します。
減便:3月31日から羽田-北九州線、那覇-久米島線を各1日1往復、宮古-新石垣線を最多で1日1往復減便します。6月1日〜9月30日に伊丹-福岡線を1日1往復期間増便します。
運休:8月1日から北大東-南大東線1日0.5往復を運休します。
※期間増減便は下記参照。

国際線:1路線新設、1路線期間就航へ(特定日数日のみ運航は未記載)
新設:3月31日から羽田-ドーハ線週7往復を新設します。7月22日〜8月19日に成田国際(成田)-コナ線週4往復を期間就航します。
増便:3月31日から羽田-ヘルシンキ線を週2往復、成田-グアム線を週1往復増便します。7月1日〜7月31日に成田国際-サンディエゴ線を週3往復期間増便します。
減便:ありません。
運休:ありません。

北大東と南大東は、現在、
(日月金土)
 ・那覇→南大東→那覇 1便ずつ
 ・那覇→北大東→南大東→那覇 1便ずつ
(火水木)
 ・那覇→南大東→那覇 1便ずつ
 ・那覇→南大東→北大東→那覇 1便ずつ
と組み合わせの運航ですが、8月1日以降は、
(日月火水木金土)
 ・那覇→北大東→那覇 1便ずつ
 ・那覇→南大東→那覇 2便ずつ
と完全分離型になります。大東諸島の二島間の移動が難しくなります。

国内線はJAL、JTA、RACのいずれかで運航
08/01-
○RAC 那覇  -北大東  (0.5→ 1)
○RAC 那覇  -南大東  (1.5→ 2)
×RAC 北大東 -南大東  (0.5→ 0)

03/31-
○JAL 新千歳 -東京国際(16→17)
△JAL 東京国際-北九州 ( 4→ 3)
△JTA/RAC 那覇  -久米島 ( 7→ 6)
△RAC 宮古  -新石垣 ( 3→2〜3)※3/31のみ4
◎(国際線)JAL 東京国際-ドーハ ( 0→週7)※日本着は4/1〜
○(国際線)JAL 東京国際-ヘルシンキ(週3→週5)
○(国際線)JAL 成田国際-グアム (週4→週5)

<期間就航・期間運休・期間増減便>(ごく少数日数のみの場合未記載)
06/01-09/30
○JAL 新千歳 -大阪国際( 4→ 5)
△JAL 大阪国際-福岡  ( 4→ 3)
07/12-08/31
○JAL/RAC 与論  -那覇  (1.5→2.5)
○RAC 新石垣 -与那国 (2.5→3.5)※3/31は2.5
07/01-07/31
○(国際線)JAL 成田国際-サンディエゴ(週4→週7)
07/22-08/19
◎(国際線)JAL 成田国際-コナ  ( 0→週4)※日本着は7/23-08/20

期間中一部日程のみ
○JAL 鹿児島 -種子島 ( 4→ 5)※27日間のみ
○JAL 鹿児島 -屋久島 ( 4→ 5)※7日間のみ
○JAL 鹿児島 -奄美  ( 7→ 8)※69日間のみ
○JAL 鹿児島 -徳之島 ( 4→ 5)※40日間のみ
○JAL 鹿児島 -沖永良部( 2→ 3)※3日間のみ

JAL、2024年度路線便数計画を決定(JAL公式サイト)
https://press.jal.co.jp/ja/release/202401/007876.html
JTA・RAC、2024年度基本便数計画を決定(JTA公式サイト)
https://jta-okinawa.com/pressrelease/23069/
ラベル:JAL 夏ダイヤ JTA RAC
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

地震_1/29- 穴水以南バス開始

□地震の影響 1/29以降 穴水以南でのと鉄道代行バス運行開始へ

航空各社や空港アクセス各社は1月28日までに、令和6年能登半島地震の影響に関する1月29日以降の運航予定等を発表しています。

能登以外の空港は、通常運用、通常運航に戻っています。

1月29日以降の周辺空港発着予定(1月29日0時現在各社発表まとめ)
※正確な情報は各航空会社公式サイトで必ずご確認ください。

・能登空港:
 (1月27日〜2月29日)定期便全便欠航、臨時便運航予定
 羽田 週3:ANA週3(+週3、定期0・臨時週3)※火木土に各日1往復

アクセス手段を利用者自身で確保するよう注意喚起されています
→能登空港周辺は、道路の通行止区間が多数有り。開通している道路も渋滞しています。鉄道・バスとも運休で足の確保が難しい状況。

※令和6年能登半島地震における被害と対応について(第55報)(国土交通省公式サイト)
https://www.mlit.go.jp/common/001720409.pdf

周辺空港周辺のアクセス運行状況(1月29日0時現在各社発表まとめ)
※COVID-19パンデミックの影響による運休は記載しません。
※悪天候等による運休は記載しません。

能登空港近辺
 能登空港発着バス・ふるさとタクシー:珠洲市の一部(指定場所)、能登町の一部(指定場所)のみ運行再開済(事前予約制)
 タクシー:待ちタクシーは無し。事前予約を強く推奨されています。

 のと鉄道:七尾-能登中島間 運休中(2月中旬の再開目指し)、能登中島-穴水間 運休中(再開時期未定)(1/29〜七尾-穴水間 代行バス運行開始予定)
 JR七尾線:金沢-七尾間 運行再開済(特別ダイヤ、特急も一部便運行再開済)、七尾-和倉温泉間 運休中(2月中ごろの再開目指し)
 北陸鉄道路線バス能登地区:七尾以南を中心に一部路線のみ運行再開済、七尾より北を中心に奥能登地区は大部分の路線 運休中(運行再開の見込みは立たず)
 北陸鉄道県内特急バス 輪島特急線(金沢駅-穴水-のと里山空港-輪島マリンタウン):運行再開済(特別ダイヤ・特別停留所・被災者および親族優先・約1か月間無料予定)
 北陸鉄道県内特急バス 珠洲特急線(金沢駅-穴水-のと里山空港-柳田-すずなり館前):運行再開済(特別ダイヤ・特別停留所・被災者および親族優先・約1か月間無料予定)
 北陸鉄道県内特急バス 珠洲宇出津特急線(金沢駅-穴水-のと里山空港-宇出津-すずなり館前):運行再開済(特別ダイヤ・特別停留所・被災者および親族優先・約1か月間無料予定)

小松飛行場近辺
 ほぼ通常運行再開済(影響が残るJR七尾線、北陸鉄道県内特急バスは能登空港の項目を参照ください=影響拡大しない限り次回更新以降小松関係は載せません。)
 ※小松が小松空港へのアクセスバス発着駅

==================================
状況は刻々と変化しています。上記情報は参考程度にご覧ください。
交通情報などのリンクを貼っておきます。正確な情報は、公式サイトや現地で各自ご確認ください。

国土交通省 http://www.mlit.go.jp/
 ・防災ポータル https://www.mlit.go.jp/river/bousai/olympic/index.html
 ・統合災害情報システム(DiMAPS) https://dimaps.mlit.go.jp/dimaps/index.html
 ・災害・防災情報 https://www.mlit.go.jp/saigai/index.html
 ・令和6年能登半島地震における被害と対応について https://www.mlit.go.jp/saigai/saigai_240101.html
石川県 https://www.pref.ishikawa.lg.jp/
 防災ポータル https://pref-ishikawa.my.salesforce-sites.com/

(影響の大きい空港)
能登空港公式サイト
https://www.noto-airport.jp/

ANA http://www.ana.co.jp/

<アクセス関係> 能登周辺
西日本旅客鉄道 https://www.westjr.co.jp/
のと鉄道 http://www.nototetsu.jp/
北陸鉄道(鉄道・バス) http://www.hokutetsu.co.jp/
能登空港ふるさとタクシー https://www.noto-airport.jp/access/furutaku2024.html

中日本高速道路 https://www.c-nexco.co.jp/
石川みち情報ネット https://douro.pref.ishikawa.lg.jp/
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

2024年01月28日

台北桃園_日本の入国審査実施へ

■(台湾)台北桃園空港 日本国内10空港への入国審査を実施へ

台湾台北の桃園国際空港は26日、2月に同空港で日本への事前入国審査を行うと発表しました。

実施されるのは、日本国内への入国審査を桃園国際空港内で行う事前手続き(プレクリアランス)。出発時刻の30分前まで、桃園国際空港内設置する窓口で、入国審査の一部の手続き(パスポート確認、顔写真撮影、指紋採取)を完了できるとしています。2005年〜2009年と昨年に引き続き行われるもので、今年は2月1日〜2月29日と、少し長めの1か月間にわたり行われます。
対象となるのは、日本国内10空港(旭川、函館、秋田、花巻、山形、仙台、福島、新潟、小松、高松)の到着便で、チャイナエアライン、Tigerair Taiwan、スターラックス航空の計12便に搭乗する短期滞在者としています。

日本国内では、コロナ明けで国際線の就航が急回復していますが、入国審査の人員など受け入れ態勢が整わずに、就航を断っている事例が多発しています。今回、日本の入国審査官が桃園国際空港に派遣されますが、10空港分を行うため、日本側の人員削減にも寄与するとみられます。
国際線の少ない空港では対応する入国審査員の数が少なく、外国籍者の入国待ち時間が長いことが課題となっています。今後、通年稼働につなげられるのか注目です。

対象空港発着の台北桃園便
・旭川:TTW
・函館:TTW、SJX(2/1就航)
・花巻:TTW
・仙台:TTW、SJX(ほかにEVA便あり)
・新潟:TTW
・小松:TTW(ほかにEVA便あり)
・高松:CAL
※対象10空港のうち、秋田(TTW)、山形(CAL)、福島(TTW)は定期チャーター便。

入境日本更便利! 臺日合作「入境事先確認」作業 2月份飛往日本10機場 可在桃園機場辦理預先審查(台北桃園空港公式サイト)=台湾語
https://www.taoyuan-airport.com/news/0BC53D69-2FBC-EE11-BBEC-0050569094FE?lang=ch

※日本側は、国土交通省と法務省が記者会見して発表したようですが、公式サイトでのプレスリリース公開が見当たりません。一部報道機関が報じているのみです。(ほとんどの日本人には関係ないから???)
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■海外空港 | 更新情報をチェックする

徳之島_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/徳之島空港(徳之島子宝空港)
日本空港情報館
徳之島空港(徳之島子宝空港)

TKNtop.JPG
徳之島空港(徳之島子宝空港)

■飛行場の概要
鹿児島県大島郡天城町にある地方管理空港(旧第3種空港)。奄美群島中部に位置する日本一長寿の島、徳之島にある離島空港です。
島北西部の海上(サンゴ礁リーフ上)を埋め立てて造成した空港です。昭和37年、東亜航空の場外離着陸場として開港しました。昭和45年に県営化。昭和55年には全国の離島で初めて本格ジェット化されています。
平成24年2月、開港50周年を記念して、「徳之島子宝空港」という愛称が付きました。
令和6年1月28日現在、国内線のみの運航で、JAL(ジェイエア・日本エアコミューター)により3路線が運航されています。


■飛行場種別:地方管理空港(旧・第3種空港)
■設置管理者:鹿児島県
■滑走路延長:2000m
■空港コード:TKN/RJKN
■旅客ビル管理者:徳之島空港ビル


■施設の見どころ:◎◎=== 小規模/三つの丸い屋根が目を引くターミナルです。大規模な構造はありませんが、出発と到着が左右に分かれており、その中央に店舗区画がある分かりやすい配置。
■見学者への対応:◎◎=== ターミナルパンフ 無/空港案内所 有(観光案内所併設)/展望デッキ 無料/ファン向け展示 無
■売店の充実度:◎◎=== 売店4店・飲食店1店/飲食店は最小限。売店は徳之島全域の土産が手に入ります。
■アクセスの状況:◎==== 鉄道 無/バス 有/天城町中心部からは自転車圏内。主要港がある徳之島町中心部(亀津地区)との間を連絡するバスが航空便に合わせて運行


※就航路線は令和6年1月28日、そのほかの情報は令和5年12月現在のものです。
SKY VIEW
奄美→徳之島の機内左側窓から撮影。空港北側上空。
skyview2.jpg skyview.jpg
リーフ上にある珍しい徳之島空港は、御覧の通り、島から飛び出るように設置されています。
空港がある地域は天城町で写真左上(東側)に町中心部があります。空港の右側(西側)は東シナ海です。空港滑走路と島との間、茶色っぽい部分が残っているリーフ部分です。後述する松原漁港は写真下部のぎりぎり写っていない場所にあります。

TKN001.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は令和5年12月撮影)
昭和55年7月のジェット化にあわせて供用開始したターミナルビルです。
地上1階建(一部2階建)。駐機方式はフロンタル方式、動線方式は単層方式です。ほぼすべての施設が1階にあり、2階は屋上送迎デッキへの出口があるだけです。ボーディングブリッジはなく、全便地上搭乗になります。
左右に出発ロビーと到着ロビー、中央に売店区画があります。
緑色の丸い屋根と白壁がマッチした外観。エプロン側にある背の高い赤色の照明がアクセントになっています。ロビーの旅客トイレ入口には暖簾あり。
館内のサインは、濃灰地に白文字です。
TKN002.jpgターミナル前面
(写真は令和5年12月撮影)
後付けの屋根が目立つ前面です。この屋根のせいで徳之島空港の文字が見づらくなってしまいました。
出入口は左右の2か所。いずれも歩道側に飛び出るように設置されています。また、屋上に上がる階段も歩道側に飛び出ています。
車道は2本が接続しています。

バスのりばは1か所です。(航空便接続)
■のりば 亀津行(徳之島総合陸運)
TKN003.jpgチェックインロビー・出発ロビー
(写真は令和5年12月撮影)
1階ランド側から見て左側がチェックインロビー・出発ロビーです。横に多数のラインが入った銀色の天井が目を引くロビーで、チェックインロビー側は丸天井部分が高くなっています。
04.jpgチェックインカウンタ
(写真は平成21年3月撮影)
1階ランド側から見て左端に設置されています。日本航空グループ(JAL・JAR・JAC)のカウンタです。
05.jpg出発口
(写真は平成21年3月撮影)
出発ロビーの中央寄りに設置されています。入口は1か所。入口前に衝立とポールを立てて仕切った狭い入口です。搭乗待合室との間は曇りガラスで覆われています。
上部に出発案内板があり、黒地に白文字のフラップ板が採用されています。
TKN007.jpg搭乗待合室
(写真は令和5年12月撮影)
1階ランド側から見て中央やや左のランド側が搭乗待合室です。出発改札は1か所で、すべての飛行機が地上搭乗です。
TKN008.jpg到着手荷物受取所
(写真は令和5年12月撮影)
1階ランド側から見て右のエプロン側が到着手荷物受取所です。ターンテーブルは1か所です。
中央部に奄美の伝統建築である高倉模型が展示されています。その手前には、徳之島と奄美大島にしかいないアマミノクロウサギのマスコットが置かれています。ロードキル防止のPR看板です。
TKN009.jpg到着口
(写真は令和5年12月撮影)
1階ランド側から見て右側に設置されています。
出口は1か所です。出発口同様上部に到着案内板があり、黒地に白文字のフラップ板が採用されています。
ちょうど到着口上部が丸天井部分にあたり、天井が高くなっています。
TKN010.jpg到着ロビー
(写真は令和5年12月撮影)
1階ランド側から見て右側が到着ロビーです。
やや広くなった空間です。脇に観光案内所があります。
TKN011.jpg売店
(写真は令和5年12月撮影)
・中央部(保安検査前エリア):2店舗(徳之島空港物産館(仙太織物)、徳之島エアポートおみやげセンター)
・搭乗待合室(保安検査後エリア):1店舗(スカイカフェ)

品数は各店とも多め。徳之島の土産が充実しています。
中央部の一角にキッズコーナー(授乳室等)があります。元々おかばやしがあった場所を有効活用しています。

※令和**年**月**日:おかばやし 閉店
※平成**年**月**日:スカイカフェ 開店
TKN012.jpg飲食店
(写真は令和5年12月撮影)
・中央部(保安検査前エリア):1店舗(ブルーマリン)

メニューがかなり豊富です。徳之島特産品飲料やアイス等も多数有り、喫茶使用もお勧めです。奄美黒糖焼酎も徳之島以外のものも含め数多く提供されています。雑貨販売の取り扱いもあり。
最終便より早くに閉店するので要注意です。

※平成24年?*月**日:スカイショップハイビスカス 閉店
TKN013-2.jpgサービス店
(写真は令和5年12月撮影)
・中央部(保安検査前エリア):1店舗(西川グループ案内所兼徳之島空港売店)

売店部分の品数は少なく、昼間に閉店している時間帯あり。
14.jpgサービス施設(徳之島観光案内所)
(写真は平成21年3月撮影)
1階到着ロビーわきに徳之島観光連盟による観光案内所があります。3町からなる徳之島全域の観光案内を実施しています。
徳之島は有名なアスリートが多数合宿するスポーツ合宿の名所で、案内所内には有名人のサイン色紙が所狭しと並べられています。
TKN015.jpg送迎デッキ
(写真は令和5年12月撮影)
2階屋上が送迎デッキになっています。入場無料。屋根はついていません。1階出発ロビーのランド側に飛び出るような形で設置されているらせん階段をのぼると到達できます。
エプロン側、ランド側とも眺めることができます。柵は背の高い金網で、大型カメラでの撮影は不向きです。
TKN014.jpg送迎デッキからのながめ
(写真は令和5年12月撮影)
ターミナルは滑走路の東側に設置されており、午前中が順光条件です。
滑走路の向こう側は東シナ海が広がっています。
ターミナルビルは滑走路の南側付近に設置されており、北側に向かって飛行機が離陸する瞬間は撮影しにくいことが多いようです。
TKN019.jpg花ブロックと花植栽
(写真は令和5年12月撮影)
琉球文化の影響も受けている徳之島。ターミナル前面には、沖縄建築で良く使われる花ブロックが見られます。
その前には、プランターに花が植えられています。鹿児島県の花・緑豊かなまちづくり協働事業の回遊拠点に指定されており、徳之島フラワーロード運動を進めている徳之島「夢」振興会議が管理しています。
前面部分には、ソテツなども植えられ、奄美群島に来たことが感じられます。
TKN016-2.jpg
▲徳ノ島闘牛ワイド ワイド
TKN016-1.jpg
▲チェーンソーアートと記念撮影パネル
館内モニュメント
(写真は令和5年12月撮影)
到着ロビーの上部にある闘牛を描いた絵画「徳ノ島闘牛ワイド ワイド(前田誠海氏)」が目立つでしょうか。
チェックインカウンタ横には撮影パネルが設置され、チェーンソーアートの闘牛(林隆雄氏)が置かれています。
前述の通り、到着手荷物受取場に高倉模型が展示されているほか、出発ロビーには近海でとれた貝殻等の展示等があります。
TKN018.jpg館外モニュメント
(写真は令和5年12月撮影)
旅客ターミナルの南側に「塩田発祥之地記念碑」があります。
空港がある一帯は塩浜と呼ばれ、明治11年から昭和34年まで塩田が広がっていたそうです。塩田発祥之地記念碑はそれを記念する碑になっています。
TKN032.jpg望郷の樹
(写真は令和5年12月撮影)
空港入口付近の緑地帯に望郷の樹と命名されたビロウがあります。
島外の郷友会会員が寄贈したものです。
※車道に囲まれた中央分離帯にあるため、近付く際には注意が必要。草むらです。

※平成27年05月**日:望郷の樹 植樹
TKN021.jpg陸上アクセス施設(駐車場)
(写真は令和5年12月撮影)
ターミナルの前と南側に270台収容の無料駐車場があります。
なぜか夜通しの利用はできません。このため、島民が出掛ける際は、日帰りでない限り、バス・タクシーか、送迎してもらうしか方法がありません。便数が少なく、日帰りはかなり難しそうですが、、、。

レンタカー各社は空港出入口付近に集中しています。予約を入れておけば、空港駐車場にて受け渡しまたはレンタカー事務所に送迎がある場合があります。
飲食店ブルーマリンで徳之島レンタカーとタイムズカー、西川グループ案内所でオリックスレンタカーの取り扱いがあります(予約済みの場合は到着出口前に送迎係員が来ているようです)。
TKN041.jpg
▲館内に掲げられたポスター
TKN033.jpg
▲空港北側に見える通称寝姿山
愛称(子宝)と世界遺産
(写真は令和5年12月撮影)
徳之島空港は、平成24年に「徳之島子宝空港」という愛称が付きました。
徳之島は、ギネス記録の年齢まで生きた人もいたほどで、子宝と言うよりは長寿が有名。子宝は少し意表をつかれる命名です。
これは、当時徳之島の三町が厚生労働省発表の合計特殊出生率でトップを独占していたことと、この空港の北側にそびえる寝姿山が見えることが大きな由来になっています。
長寿で子に恵まれる=人が生きやすい島であることを玄関口でPRする愛称です。

寝姿山は、世界遺産奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島の構成エリアおよびその緩衝区域である、猫鼻(まゆんはな)、中盛岳、平山、天城岳の連山です。南側から見ると、妊婦があお向けに寝ている形に見えます。全国各地に人の寝姿に見立てる山々はありますが、胸もお腹も張った妊婦の形に見えるのは非常に珍しいです。しかも、空港付近から見るのが最も妊婦に見えるというから不思議です。

面白いのは、寝姿山の命名者。昭和30〜40年代の新婚旅行ブームで、島を訪れた旅行者が呼び始めたとされています。沖縄返還前の当時、沖永良部や与論は空港整備が遅く、訪れやすい日本最南端の島が徳之島でした。ここに空港があり、航空便があり、そして新婚さんが押し寄せたからこそ、寝姿山も見出されたというわけ。
この空港の愛称は、初めて聞くと多くの人はなんだこの名称?と疑問に感じるかもしれませんが、まさに世界で唯一この空港だからこそ命名できた世界遺産級の愛称と言えそうです。

館内には、当時妊婦だった空港職員と寝姿山を採用した空港のPRポスターが貼られていました。同じJALグループで人気が高いカレンダーA WORLD OF BEAUTYですら全く相手にならないと思えるほど、完璧なPRポスターですね。
子宝にあやかりたい全国の皆様、ぜひ徳之島空港へ!
TKN031.jpg貨物ターミナル
(写真は令和5年12月撮影)
旅客ターミナルの南隣に貨物ターミナルがあります。かなり色褪せている赤いコンクリート壁面と丸い窓が目を引くデザインです。
昭和55年まで使われた旧・旅客ターミナルで、ターミナル前は小型機用のエプロンになっています。

18.jpg周辺見所施設(浅間陸軍飛行場跡)
(写真は平成21年3月撮影)
空港から東へ1キロ弱のところに南北に一直線の道路があります。この道路は、昭和19年に完成した浅間陸軍飛行場の滑走路跡です。1500mの滑走路を持っていたこの飛行場は、第二次世界大戦時に特攻隊が飛び立った「攻撃の前線基地」でしたが、「米軍による昼夜分かたずの攻撃で、飛行場としての機能を失」ったそうです。(「 」内は現地案内板による)
現在の徳之島空港の前身ともいえる飛行場です。
19.jpg周辺見所施設(空港周辺のリーフ)
(写真は平成21年3月撮影)
空港は遠浅のリーフの中に建設されています。
空港開港まで空港の領域には前述したように塩田が広がっていたようです。現在春になるとあおさが繁茂します。

空港から3キロほど北上したところに松原漁港があります。観光客向けに整備されているわけではない単なる漁港ですが、徳之島空港があるリーフの北端側から滑走路を眺められ、海上空港でありながら海と陸を合わせて撮影できるスポットになっています。
また、ターミナル地区に近い側には岡前干潟があります。人工的に植えられたメヒルギが茂っています。航空の天敵である野鳥の飛来が多いようで、平成25年に空港と松原漁港の間に野鳥観察台トリトリデッキが出来ているほどです。トリトリデッキは滑走路を横から眺められるスポットとなっています。

徳之島空港は、奄美トレイルのうち、与名間・松原・浅間コース、徳之島空港・平土野・大津川コースの拠点となっており、前者コースでは、トリトリデッキなどを経由するルートが設定されています。

■就航路線(国内線)
  ANA   AJX   APJ   SFJ   ADO   SNA   ORC  
  JAL   TZP   JTA   JJP   SJO   RAC  
  IBX   FDA   SKY   NCA   AMX   NJA   DAK   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
鹿児島JAL(ANA)*d4*d5
奄美(奄美大島)JAL(ANA)*d5
沖永良部(えらぶゆりの島)JAL(ANA)*d5
*d1:特定曜日のみの運航
*d2:経由便=沖永良部経由で直行便運賃でアクセスできる空港(同一便に沖永良部で乗継の場合)
*d3:DAKによる不定期乗合便
*d4:JARによる運航便あり
*d5:JACによる運航便あり


就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成21年06月20日:DAK*d2*d3(経由便)那覇(不定期乗合方式) 就航
※平成21年10月01日:DAK*d3沖永良部(不定期乗合方式) 就航(沖永良部間旅客取扱開始)
※平成21年11月01日?:DAK*d3沖永良部 休止(沖永良部間旅客取扱休止)
※平成21年12月01日?:DAK*d3沖永良部(不定期乗合方式) 就航(沖永良部間旅客取扱開始)
※平成22年04月01日:JAL鹿児島 運休、JAC鹿児島 就航
※平成26年08月01日:DAK*d3沖永良部・DAK*d2*d3(経由便)那覇 運休(7/30最終運航)
※平成26年10月01日:DAK*d3沖永良部・DAK*d2*d3(経由便)那覇 就航
※平成27年03月02日:DAK*d3沖永良部・DAK*d2*d3(経由便)那覇 運休(2/28最終運航)
※平成29年10月29日:JAL*d4鹿児島 就航
※平成30年03月01日:JAC鹿児島 運休(2/28最終運航)
※平成30年07月01日:JAC沖永良部 就航
※平成30年08月09日:JAC鹿児島 就航
※平成30年08月27日:JAC鹿児島 運休(8/26最終運航)
※平成30年12月28日:JAC鹿児島 就航
※平成31年01月07日:JAC鹿児島 運休(1/6最終運航)
※令和元年08月08日:JAC鹿児島 就航
※令和元年08月27日:JAC鹿児島 運休(8/26最終運航)
※令和元年10月27日:JAC鹿児島 就航
※令和02年05月18日:JAL*d4鹿児島 特定曜日のみ運航に変更(JAL*d4→JAL*d1*d4)
※令和02年08月01日:JAL*d4鹿児島 毎日運航再開(JAL*d1*d4→JAL*d4)
※令和02年10月25日:JAC鹿児島・JAC奄美・JAC沖永良部 運休(10/24最終運航)、JAL*d5奄美・JAL*d5沖永良部 就航
※令和02年10月30日:JAL(ANA)*d4*d5鹿児島・JAL(ANA)*d5奄美・JAL(ANA)*d5沖永良部 ANA共同運航便化(JAL*d4*d5・JAL*d5→JAL(ANA)*d4*d5・JAL(ANA)*d5)

※事前購入型または特定便のみしかない乗り継ぎ割引設定路線は平成26年3月に公開を終了しました。(H23.2.1 JAL東京国際・大阪国際・福岡 新設)

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■徳之島空港(徳之島子宝空港)についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
徳之島空港(Wikipedia)◎
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※徳之島空港(徳之島子宝空港)の公式サイトはありません。

開設月日 2009.04.13
初調査日 2009.03.14
前調査日 2023.12.16
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 徳之島空港(徳之島子宝空港) | 更新情報をチェックする

2024年01月27日

能登_旅客便再開を各社報道

■能登空港(のと里山空港) 旅客便再開を各社で報道

27日、能登空港(のと里山空港)の旅客便が再開されました!
旅客便再開は復興のシンボル。報道各社でもトップ級の扱いで報道がなされています。

■能登空港、羽田便が再開 着便に62人搭乗 久々の実家や被災地支援へ(北國新聞)
https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/1301592

■能登空港、羽田旅客便の運航再開 全日空1カ月ぶり、復旧加速へ(中日新聞)
https://www.chunichi.co.jp/article/844264


■能登空港が再開 週3往復「待ち遠しかった」―復旧支援に弾み・石川県輪島市(時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024012700141&g=ieq

■能登空港、羽田旅客便の運航再開 全日空1カ月ぶり、復旧加速へ(共同通信)
https://nordot.app/1123795232257229116?c=39550187727945729

■能登空港、旅客便が再開 久々の再会に涙「娘に会えてうれしい」(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASS1W513KS1VPXLB018.html?iref=comtop_7_04

■能登空港で民間機の運航再開、七尾・穴水・志賀でボランティア始動…生活再建の支援が本格化(読売新聞)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20240127-OYT1T50050/

■能登空港、旅客便が1カ月ぶり再開 首都圏と被災地、再び1時間(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20240127/k00/00m/040/177000c

■能登ー羽田、旅客便再開 復旧加速も(産経新聞)
https://www.sankei.com/article/20240127-Q7LKDVY7NZIMFBISU47KGIR3MU/

■能登空港で旅客便再開 1カ月ぶり、復旧加速も(日本経済新聞)共同通信引用
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE270AY0X20C24A1000000/

■ANA、羽田−能登再開 臨時便週3往復、初便にボランティアら(Aviation Wire)
https://www.aviationwire.jp/archives/293371


■能登空港が運航を再開(NHK石川)
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kanazawa/20240127/3020018565.html

■能登半島地震で滑走路が被災…ようやく民間機の運航再開 能登空港(MRO北陸放送)TBS配信
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/mro/965904?display=1

■「のと里山空港」羽田便が到着(日本テレビ放送網)テレビ金沢
https://news.ntv.co.jp/category/society/61550d22e85b4652b8db4fe0c56b3e76

■能登空港再開で第1便が到着 「涙が出るが家を見に行く」(テレビ朝日)HAB北陸朝日放送
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000334572.html

■全日空 羽田〜能登便1カ月ぶり運航再開 2月末までは週3日・1日1往復(フジテレビ)石川テレビ
https://www.fnn.jp/articles/-/648958

青い空から、人を、物を、街を、結びつけよう
復旧への想いを翼に載せて
復興加速へ一歩一歩

ラベル:能登空港 地震
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 能登空港(のと里山空港) | 更新情報をチェックする

能登_今日から旅客便限定再開

■能登空港(のと里山空港) 今日27日から旅客便が臨時便運行で限定再開

ANAは27日、能登空港(のと里山空港)発着の旅客便を再開します。

運航再開となるのは、今月1日に発生した令和6年能登半島地震の影響で欠航していたANAの旅客便。能登空港(のと里山空港)を発着する東京国際(羽田)線です。
定期便は2月29日までの全便欠航が決まっており、27日からは週3往復(週3日(火木土)各日1往復ずつ)の臨時便での運航となります。

能登空港発着の旅客便は、今月2日から全便欠航が続いており、25日ぶりの再開となります。

アクセス交通の確保が必要
航空旅客便は再開されますが、アクセス交通を利用者自身で確保するよう注意喚起されています。
バスは、県内特急バスの輪島特急線、珠洲特急線、珠洲宇出津特急線が特別な経路・特別ダイヤ・被災者とその親族優先で再開しています。ダイヤ上は航空臨時便→空港→輪島特急線の穴水、輪島→空港→航空臨時便は乗り継ぎしやすいですが、航空便接続は約束されていないので、実質的に利用は難しいとみられます。その他の能登空港発着便(穴水輪島線、路線バス)はいずれも運休が続いています。
ふるさとタクシー(乗合タクシー)は、珠洲市の一部(指定場所)と能登町の一部(指定場所)のみ運行再開しますが、その他のゾーンは運休が続いています。前日17時までの完全予約制です。
タクシーは、待ち車はなく、事前予約が強く推奨されています。
レンタカーは、トヨタレンタカーが2月末まで、日産レンタカーとニッポンレンタカーは当面の間、それぞれ休業しています。したがって利用できません。

のと里山海道など空港周辺道路はまだ通行止や緊急車両等専用となっている区間があり、通常よりも所要時間が長くかかるとしています。

ターミナルはまだ仮復旧
ターミナルビルは地震で被害を受けました。
22日に仮復旧したと発表されましたが、利用制限があるとしています。のと里山空港利用促進協議会公式サイトでは、制限の具体的な内容について記載はありませんが、国土交通省の速報では、空調・ガス使用不可、給水は輪島市からの給水車にて飲料水の供給。トイレ、固定電話、携帯電話、Wi-Fiは使用可能とされています。

飲食店(レストランあんのん)は、当面の間休業のため、食事はできません。
売店は、つくしは当面の間休業。セレンディピティは運航再開に合わせた営業で再開予定です。物流が滞っていますので、品数等は限定される可能性があるとみられます。

ANAカウンターは、毎日10時30分〜15時にオープン、搭乗手続き等は出発時刻の90分前から実施するとしています。

道の駅としては、27日から営業再開となります。(平常時から夜間は閉館。)

なお、石川県などからは、能登方面への不要不急の移動は控えるよう要請されています。

青い空から、人を、物を、街を、結びつけよう。
被災地域の皆さんが早くホッとできますように。


能登‐羽田便運航再開のお知らせ(のと里山空港利用促進協議会公式サイト)
https://www.noto-airport.jp/info/info_981.html
令和6年能登半島地震に伴う運休および臨時便の設定について(ANA公式サイト)
https://www.ana.co.jp/ja/jp/special-notice/000873.html
道の駅リスト(北陸「道の駅」連絡会公式サイト)→休業情報あり
https://www.hokuriku-michinoeki.jp/contents/station/
ラベル:能登空港 ANA 羽田
posted by johokotu at 03:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 能登空港(のと里山空港) | 更新情報をチェックする

2024年01月26日

AJX_夏国際追加_1路線就航?へ

□AJX 夏ダイヤ追加発表、国際線シンガポール就航?へ

ANAホールディングスは26日、グループのAirJapan(AJX)が4月26日から成田国際-シンガポール線を就航すると発表しました。
AJXは、23日にANAグループで一括して2024年度 ANAグループ航空輸送事業計画(2024年3月31日〜2024年10月26日)を発表しており、わずか3日で追加するという異例の発表になっています。


国内線は未就航の航空会社です。

国際線:1路線新規就航?
新設:4月26日から成田国際(成田)-シンガポール線週5往復を新設します。
増便:4月29日から成田-ソウル 仁川線を週2往復、4月30日から成田-バンコクスワンナプーム線を週1往復増便します。
減便:ありません。
運休:ありません。

わずか3日で発表内容をひっくり返すという異例の発表であることに加え、AJXは既に今冬ダイヤでも成田-シンガポール線を発表より多い週7往復しています。併せて成田-ソウル仁川線の増便もわずかな一文で追加発表するなど、謎過ぎる追加発表となっています。

04/26-
◎(国際線)AJX 成田国際-シンガポール(0*→週5)
*2023年度冬ダイヤ期間に既に週7往復(NQ801/802便(共同運航NH801/802便))を運航中です。グループの2024年度夏ダイヤの発表ではこの便はNH801/802便としては運航されることは決まっていますが、AJX便として運休になるのか明確になっていません(プレスリリース上は、2023年度冬ダイヤはNQ801/802、3日前発表の2024年度夏ダイヤはNH801/802便として発表されており、NH便の予約ページではエアージャパン運航ではない表示がなされています)。この便がANA便になったり、AJXが運航するANA便となったりした場合には、この路線は、AirJapanとしては1か月弱の運休期間を経たうえで便名を変えての減便再開(しかも機内サービス品質を落としての再開)となります。

04/29
○(国際線)AJX 成田国際-ソウル 仁川(週5→週7)


04/30-
○(国際線)AJX 成田国際-バンコク(週6→週7)

AirJapan、2024年4月26日より成田=シンガポール線に新規就航!(ANA公式サイト)
https://www.anahd.co.jp/group/pr/202401/20240126-2.html
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

道3空港_予約制バス開始

■北海道四空港 ひがし北海道予約制バスの運行を開始

ひがし北海道自然美への道DMOは26日、冬のひがし北海道エクスプレスバスの運行を開始しました。多くの路線は1月27日〜3月3日の運行となる予定です。

運行開始となるバスは、いずれも道東を中心とした観光地に経由する予約制バス。特定の宿泊施設利用者限定で、かつ事前予約が必要ですが、雪道運転が不安な冬期の北海道を移動するのに便利なバスとなっています。
路線数は激減した昨年より1路線増加、空港を経由する路線も2路線増加しています。

全9路線のうち5路線が北海道3空港(女満別、中標津、釧路)のいずれかを経由して運行されます。路線によって、空港での乗降が乗車のみ、下車のみとなる場合があります。
道東・道北エリア宿泊施設利用者限定です。

なお、北海道エアポートから昨年10月に流氷観光シーズンに定期観光バスの実証運行を行うとリリースがありましたが、この路線のことでした。毎年恒例の冬のひがし北海道エクスプレスバスの新ルートというだけです。

※紋別空港のすぐそばを通る路線はありますが、空港は経由しません。
※いずれも特定宿泊施設利用者限定・予約制バスですので、空港概要ページには反映させません。

空港を経由する路線=全9路線中5路線が空港経由
01/27-03/03
3号 北見駅→網走湖畔各ホテル→釧路空港(降車のみ)→阿寒湖温泉各ホテル→女満別空港(降車のみ)→北見駅

02/01-03/09
4号 釧路駅前→阿寒湖温泉各ホテル→美幌峠→女満別空港(降車のみ)→ウトロ温泉各ホテル

02/02-03/10
5号 ウトロ温泉各ホテル→野付半島ネイチャーセンター→中標津空港(乗車・降車)→阿寒湖温泉各ホテル→釧路空港(降車のみ)→釧路駅前→釧路プリンスホテル

01/26-02/25
8号 北見バスターミナル→女満別空港(乗車のみ)→おーろらターミナル(道の駅流氷街道網走)→女満別空港(降車のみ)→美幌峠→北見バスターミナル

01/26-02/25
9号 網走駅→女満別空港(降車のみ)→美幌峠→女満別空港(乗車・降車)→北見バスターミナル→女満別空港(降車のみ)→網走駅

※いずれの路線も道東・道北エリアに宿泊が条件、事前予約制

ひがし北海道エクスプレスバス 2023 冬(ひがし北海道自然美への道DMO公式サイト)
https://easthokkaido.com/expressbus_winter/
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■北海道地方(礼文・その他) | 更新情報をチェックする

2024年01月25日

FDA_夏 5新設/1期就/1運休へ

□FDA 夏ダイヤ発表、2路線期間就航化、5路線新設へ

フジドリームエアラインズ(FDA)は25日、2024年夏ダイヤ(2024年3月31日〜2024年10月26日)期間の路線・便数を発表しました。

国内線:5路線新設・2路線期間就航へ
新設:3月31日から札幌丘珠-名古屋線1日2往復、札幌(札幌丘珠)-松本線、札幌丘珠-静岡(富士山静岡)線、静岡-出雲線(出雲縁結び)、中部国際(中部)-出雲線各1日1往復を新設します。4月27日〜5月6日・8月9日〜8月18日に静岡-熊本線1日1往復を期間就航します。
増便:ありません。
減便:3月31日から新千歳-松本線、新千歳-静岡線を各1日1往復減便します。期間により、静岡-福岡線、名古屋-福岡線を各最大1日1往復期間減便します。
運休:3月31日から神戸-高知線1日1往復を運休します(4月27日〜5月6日・8月9日〜8月18日のみ期間運航、8月19日以降は運休)。
※期間増減便は下記参照。

※国際線は未就航の航空会社です。

例年通り、札幌丘珠発着が夏ダイヤ期間のみ就航されます。
新千歳-松本線や新千歳-静岡線は冬ダイヤから継続設定されます。

03/31-
◎FDA 札幌  -松本  ( 0→ 1)※JAL共同運航便
◎FDA 札幌  -静岡  ( 0→ 1)※JAL共同運航便
◎FDA 札幌  -名古屋 ( 0→ 2)※JAL共同運航便
◎FDA 静岡  -出雲  ( 0→ 1)
◎FDA 中部国際-出雲  ( 0→ 1)
△FDA 新千歳 -松本  ( 2→ 1)※JAL共同運航便
△FDA 新千歳 -静岡  ( 2→ 1)※JAL共同運航便

<期間就航・期間運休>
04/27-05/06・08/09-08/18
◎FDA 静岡  -熊本  ( 0→ 1)※JAL共同運航便
03/31-04/26・05/07-08/08・08/19-
×FDA 神戸  -高知  ( 1→ 0)※JAL共同運航便

<期間減便>
03/31-04/26・06 01-07/12・08/26-09/13
△FDA 静岡  -福岡  ( 4→ 3)※JAL共同運航便
△FDA 名古屋 -福岡  ( 5→ 4)※JAL共同運航便
05/07-05/31
△FDA 静岡  -福岡  ( 4→3+週4)※JAL共同運航便
△FDA 名古屋 -福岡  ( 5→4+週4)※JAL共同運航便

2024 年 3 月 31 日(日)以降の路線・便数・各種運賃額について(FDA公式サイト)
https://www.fujidream.co.jp/company/press/doc/240125_2.pdf
posted by johokotu at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

能登_バス特別運行で再開へ

■能登空港(のと里山空港) 25日から特急バスが特別運行で再開

北鉄奥能登バスは25日、能登空港(のと里山空港)を経由する県内特急バスの運行を再開します。

運行再開となるのは、今月1日に発生した令和6年能登半島地震の影響で運休していた北鉄奥能登バスの県内特急バス。能登空港(のと里山空港)を経由する路線のうち、輪島特急線、珠洲特急線、珠洲宇出津特急線の3路線です。
いずれも、特別なダイヤ、特別な停留所での運行。被災者および親族優先で、約1か月間は運賃無料で運行するとしています。

輪島特急線は、1日2往復で、停留所は金沢駅西口、穴水駅前、穴水此の木、のと里山空港、輪島駅前、輪島市役所のみ。能登空港は金沢方面行きのみの停車となります(輪島方面行きは空港通過=空港周辺道路が輪島方面からの一方通行になっているためと思われます)。
珠洲特急線は、1日1往復で、停留所は金沢駅西口、穴水駅前、穴水此の木、のと里山空港、珠洲市役所前、すずなり館前のみです。
珠洲宇出津特急線は、1日1往復で、停留所は金沢駅西口、穴水駅前、穴水此の木、のと里山空港、柳田天坂、能登町役場前のみ。すずなり館前までは行きません。

のと里山海道など空港周辺道路はまだ通行止や緊急車両等専用となっている区間が有り、通常よりも所要時間が長く見込まれています。
また、25日は石川県内降雪の予報が出ており、天候不良による運休に注意が必要です。

能登空港発着のバスは、今月2日から運休が続いており、23日ぶりの再開となります。
その他の能登空港発着便(穴水輪島線、路線バス)はいずれも運休が続いています。

なお、石川県などからは、能登方面への不要不急の移動は控えるよう要請されています。

能登方面特急バス 運賃無料で一部運行再開(北陸鉄道公式サイト)
http://www.hokutetsu.co.jp/archives/51867
能登エリアにおける最新の運行情報について(北陸鉄道公式サイト)
http://www.hokutetsu.co.jp/archives/51749
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 能登空港(のと里山空港) | 更新情報をチェックする

SKY_夏国内 1路線期就へ

□SKY 国内線夏ダイヤ発表、1路線期間就航へ

スカイマーク(SKY)は24日、2024年3月31日〜2024年10月26日の運航ダイヤ(国内線)を発表しました。

国内線:1路線期間就航へ
新設:7月1日〜8月31日に福岡-下地島線1日1往復を期間就航します。
増便:3月31日から新千歳-東京国際(羽田)線、新千歳-中部国際(中部)線、新千歳-神戸線を各1日1往復増便します。4月26日〜5月6日と7月26日〜8月30日(那覇発は1日後日)に神戸-那覇線、3月31日〜6月30日と9月1日〜10月26日に福岡-那覇線を各1日1往復期間増便します。
減便:3月31日から新千歳-福岡線、羽田-福岡線を各1日1往復減便します。
運休:ありません。

国際線は未発表です。

また、新千歳-鹿児島間と百里(茨城)-鹿児島間(いずれも神戸乗継)に格安の乗継運賃が設定されることになりました。
1日2往復の神戸-鹿児島線と組み合わせ、1日2往復の乗り継ぎ設定がなされます。

03/31-
○SKY 新千歳 -東京国際( 8→ 9)
○SKY 新千歳 -中部国際( 2→ 3)
○SKY 新千歳 -神戸  ( 3→ 4)
△SKY 新千歳 -福岡  ( 2→ 1)
△SKY 東京国際-福岡  (13→12)

07/01-08/31
◎SKY 福岡  -下地島 ( 0→ 1)
04/26-05/06・07/26〜08/30*
○SKY 神戸  -那覇  ( 4→ 5)
03/31-06/30・09/01-10/26
○SKY 福岡  -那覇  ( 2→ 3)

2024年3月31日〜2024年10月26日 運航ダイヤおよび各種運賃について(SKY公式サイト)
https://www.skymark.co.jp/ja/company/press/pdf/__icsFiles/afieldfile/2024/01/24/20240124_press.pdf
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

2024年01月24日

SFJ_夏国内 路便数変更無

□SFJ 国内線夏ダイヤ発表、路線数・便数に変更なし

スターフライヤー(SFJ)は24日、国内線サマーダイヤ(2024年3月31日〜2024年10月26日)の国内線ダイヤを発表しました。冬ダイヤから路線数・便数に変更はありません。

国内線:路線数・便数に変更なし
新設:ありません。
増便:ありません。
減便:ありません。
運休:ありません。

国際線は未発表です。

2024 年度 国内線サマーダイヤおよび運賃のお知らせ(SFJ公式サイト)
https://www.starflyer.jp/news/2023/news_20240124_fare.html
ラベル:SFJ 夏ダイヤ
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

中部_市中チェックイン実験へ

■中部国際空港(セントレア) 市中手荷物預かりのオフエアポートチェックイン実証実験を実施へ

名古屋鉄道(名鉄)は24日、中部国際空港、北海道エアポート、全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)、Airporter、エージーピー、次世代空港技術研究会等とオフエアポート・チェックインの実証実験を行うと発表しました。

8社が「オフエアポート・チェックイン推進プロジェクト」を立ち上げ、航空旅客の手荷物を市中で預かり、目的地の空港まで直送する実証実験を実施します。国土交通省の「共創モデル実証プロジェクト」を活用するとしています。

実施期間は、2月4日〜同11日。名鉄生活創研が運営する名鉄商店(名鉄百貨店本店)の店舗内に設置する受付ブースで手荷物を預け、新千歳空港で手荷物を受け取るサービスになります。
預けられた手荷物は、名鉄名古屋駅まで運搬されたのち、中部国際空港まで専用列車で輸送。その後、対象の航空便に積み込まれ、新千歳空港で返却されます。
対象となるのは、ANA715 便またはJAL3117 便(中部国際→千歳)利用でスマートフォンで搭乗手続きが可能な旅客です。

新千歳発中部国際行でも同様の実験を実施するとしていますが、新千歳側のサービス展開場所などの詳細は示されませんでした。

今回のサービスは、かつてシティチェックインと呼ばれていたサービスの手荷物特化版と言えます。シティチェックインは、テロ対策の観点から全国から姿を消しています。
実験に参加しているANAやJALはかつてシティチェックインを展開しており、全国でノウハウは残っているはずですので、実験などせずにいきなりサービス開始でも良かったのに、かなり慎重ですね。
今回は市中でのチェックイン作業が不要なこと(オンラインで利用者が適切な場所でチェックイン)、専用列車で輸送することなどかつてのシティチェックインにはなかった手順もいくつか見られます。サービス展開までたどりつくのか注目です。

オフエアポート・チェックインの実証実験を実施します(名古屋鉄道公式サイト)
https://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2023/__icsFiles/afieldfile/2024/01/24/24-01-24hpOAC.pdf
posted by johokotu at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部国際空港(セントレア) | 更新情報をチェックする

波照間に続くのはどこだ!

◆波照間に続くのはどこだ!定期的運航旅客便のない空港たち

1月22日、波照間空港で定期的運航旅客便の運航が再開されました。
これにより、定期的運航旅客便の運航がない空港は一つ減って残り11空港となりました。


全国97空港のうち、まだ11か所もある定期的運航旅客便の運航がない空港。波照間に続いて旅客便が復活する所はあるのか、まとめてみました。

定期的運航旅客便の運航がない空港
86空港定期運航中定期的運航旅客便の運航がないのは残り11空港

・礼 文:17年間定期運航無し(2007年03月 定期便運休)
現在休止中で、定期運航の復活の可能性は限りなく低いです。

・千 歳:28年間定期運航無し(1996年07月 定期便が隣接の新千歳に全便移転)
新千歳とはほぼ一体ですが、千歳として定期運航の復活の可能性は限りなく低いです。

・佐 渡:6年間定期運航無し(2018年01月 定期的運航便運休)
今月飛び始めるトキエアが復活を目指しています。数年後には定期便復活?11空港の中で、復活可能性がおそらく最も高そうに感じる空港。

・福 井:48年間定期運航無し(1976年04月 定期便運休)
2022年に県・市町村と協働でのヘリ定期便参入妄想はあったものの有耶無耶に。防災ヘリは毎日飛んで活用されており、定期運航復活に期待。11空港の中で、行政の動きは一番軽そうに感じる空港。

・八 尾:59年間定期運航無し(1965年09月 定期的運航便運休)
旅客便以外は飛び回っている空港。しかし、定期運航便の復活はハードルが高いようです。11空港の中で、飛べば最も客集めは容易そうに感じる空港

・岡 南:36年間定期運航無し(1988年03月 定期便が新設の岡山に全便移転)
旅客便以外は飛び回っている空港。しかし、岡山空港への集約の考え方もあり、定期運航便の復活はハードルが高いようです。

・大分県央:27? 年間定期運航無し(1997年*?月 定期的運航便運休)
現在も大分空港との間で比較的安いチャーター便手配が可能です。元々定期的運航していた路線です。11空港の中で、定期的運航への移行が最も簡単そうに感じる空港。

・小値賀:18年間定期運航無し(2006年03月 定期便運休)
町が主導して福岡との間の格安乗合チャーター便を運航したことはあるものの、その後は動きはほぼありません。無人航空機による物資輸送の実験拠点としての活用例もあり。

・上五島:18年間定期運航無し(2006年03月 定期便運休)
2018年に空港入口の目の前から世界遺産になったものの、追い風にはならず。ターミナルはパークアンドライド拠点として活用もされましたが、定期的運航復活は兆しも見えません。11空港の中で、最も利用目的がありそうに感じる空港。

・伊江島:16年間定期運航無し(2008年10月 定期的運航便運休)
米軍による使用制限がキツく、定期的運航復活は厳しい状況です。ヘリコプターによる運航はチャーター便で可能ですが、船舶欠航時の補助はなく定着していません。

・慶良間:11年間定期運航無し(2013年10月 定期的運航便運休)
ヘリコプターによる運航は、チャーター便で可能です。船舶欠航時の補助があり、その際には比較的格安で利用できます。11空港の中で、ヘリでの定期的運航は最も移行しやすいように感じる空港。

・波照間:15年間定期運航無し(2008年11月 定期的運航便運休)
2024年01月22日定期的運航便再開!←今回!

posted by johokotu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする