2013年01月31日

神戸_夏 2社就航も微増止

■神戸空港(マリンレア) 夏ダイヤで新興2社が就航も総便数は微増止まり

国内航空各社の多くは30日までに、今夏のダイヤ(平成25年3月31日〜平成25年10月26日)を発表しました。神戸空港(マリンエア)には、AIRDO(ADO)とソラシド エア(スカイネットアジア航空=SNA)が新規就航します。

夏ダイヤで一番の注目点は、ADOとSNAの新規就航。ADOは6月21日、SNAは6月1日に就航します。
ADOは新千歳線2往復、SNAは那覇線3往復が予定されています。

既存各社は増便などの計画は少なめ。
ANAは、3月31日〜6月30日の期間限定で東京国際線を1往復増便する一方で、6月1日から那覇線3往復を運休、6月21日から新千歳線2往復を減便。これにより3路線8往復から2路線4往復に大幅減便します(共同運航便を含めると3路線9往復)。
スカイマークは増減便はありません。

新興航空会社が新規就航する2路線は、1月31日現在、ANAがそれぞれ3往復しています。純粋な増便が期待されましたが、両社就航に伴い、ANAは同便数を減便し、両社便にANA便名を付ける共同運航便化を行うため、総便数は変わらない予定です。

今回のダイヤ変更により、神戸発着は、2社6路線26往復から4社6路線27往復となり、就航会社は倍増するものの、路線数は変わらず、総便数も微増にとどまる変更となる予定です。

関空救済のためと言われている30枠の総便規制はまだ全便が埋まらず、3枠分が余ったままになっています。

3月31日以降の神戸発着便就航先と便数
千歳 SKY2、ANA1(▲2)*、ADO(ANA)2(+2)*
茨城 SKY2
羽田 SKY5、ANA3(+1)
長崎 SKY4
鹿児島 SKY2
那覇 SKY3、SNA(ANA)3(+3)
*那覇 ANA3運休、SNA3就航は6/1〜
*新千歳 ANA2減便、ADO2就航は6/21〜
ラベル:神戸空港
posted by johokotu at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸空港(マリンエア) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック