2016年10月12日

神戸_委託選定手続き開始

■神戸空港(マリンエア) 民間委託の公募選定手続きを開始

神戸市は11日、平成30年4月からの開始を目指す神戸空港(マリンエア)の運営民間委託について、神戸空港特定運営事業等実施方針の内容を具体的に詳細に示す募集要項等の配布を開始しました。

神戸市が開始したのは、神戸空港特定運営事業等募集要項等の配布と参加資格審査書類の受付。
滑走路やターミナルビルなどの運営を、民間の資金と経営能力を活用する、いわゆる民営化を行うもので、その内容や今後のスケジュールなどが示されました。

事業期間は、平成30〜71年度の42年間(不可抗力等による合意延長10年間)。事業の範囲は、運営・維持管理業務、環境対策業務、附帯業務など神戸空港運営の全般に渡ります。

今回の発表では、提案書の審査項目(200点満点)も示され、運営権対価等の提案額が配点25点、具体的な事業実施方針及び事業計画の適切性が配点100点、事業運営の技術的基礎が配点40点、経理的基礎が配点35点とするとしています。

今後は、11月30日が参加資格審査書類の受付期限。平成29年8月頃には優先交渉権者を選定し、平成30年4月からの運営開始を目指します。
まずは、10月28日に説明会を開催し、同日から11月18日まで質問を受け付ける予定となっています。

神戸空港の運営事業者の公募(コンセッション)の開始−神戸空港特定運営事業等募集要項等の配布−(神戸市公式サイト)
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2016/10/20161011172501.html
ラベル:神戸空港
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸空港(マリンエア) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック