2018年06月28日

成田_3日臨タミ整備へ

■成田国際空港(成田空港) オリンピックに向けた取り組みを発表、3日間の臨時ターミナルも整備へ

成田国際空港(成田空港)は28日、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた取り組みを発表しました。3日間だけ使用する臨時ターミナルも整備するとしています。

取り組みは、「安全・安定運用の徹底」「選手・関係者の安全確保やスムーズな移動の実現」「ユニバーサルデザインの更なる充実」「おもてなしの心でお迎え」を基本方針として掲げています。
「安全・安定運用の徹底」では、2019年末までにCT型X線検査装置の導入等を実施するとしています。
「選手・関係者の安全確保やスムーズな移動の実現」では、各国選手団用の臨時専用ターミナルと臨時手荷物集積所の整備、臨時ビジネスジェット(BJ)用スポットと臨時のプレミアゲートの設置が発表されました。
「ユニバーサルデザインの更なる充実」では、エレベーターの増設等を実施。
「おもてなしの心でお迎え」では、“訪日歓迎ムード”や“日本らしさ”を表現する空間演出をするとしています。

注目される臨時専用ターミナルは、オリンピック閉会式翌日から3日間のみ運用する暫定施設として整備するとしています。第2ターミナルの南側暫定国内線施設と内際乗継施設を活用するものと、第2ターミナル横のJALオペレーションセンターと第2のバスゲートを活用るものの2か所が整備されます。
臨時手荷物集積所は、選手村で空港外チェックインされた手荷物を扱うもので、整備地区(暫定貨物上屋)に整備するとしています。
BJ向け施設も増設される予定で、臨時BJ用スポットを東側誘導路と整備地区に整備し、整備地区に臨時のプレミアゲートを設置すると発表されています。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた成田空港の取り組み(成田空港公式サイト)
https://www.naa.jp/jp/20180628-OlympicandParalympic.pdf
ラベル:成田
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 成田国際空港(成田空港) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: