2021年06月02日

ADO・SNA_共同持株設立へ

□ADO・SNA 来年秋目途に共同持株会社設立へ、事業会社はそれぞれ残存

AIRDO(ADO)とソラシドエア(SNA)は5月31日、共同持株会社設立に関する基本合意書を締結したと発表しました。

2022年10月を目途に、株式移転による共同持株会社を設立し、2社が共同持株会社の傘下に入るとしています。
2社は「引き続きそれぞれが航空運送事業会社として経営の独立性を確保し、両社の業務提携・協力関係を深化させつつ、それぞれ切磋琢磨して企業価値を高め、さらなる成長と持続的な発展を目指」すと発表されました。両社ともに事業会社として存続することになります。

今回の共同持株会社設立発表に合わせて、早速協業をスタート。共同特設サイトを開設しました。また、7月1日からMy AIRDOのAIRDOポイントとソラシド スマイルクラブのソラシドエアマイルの相互交換が可能となるキャンペーンを開始する予定です。

2社は地域を限定した航空会社同士です。東京国際、中部国際、神戸からADOは北海道路線、SNAは九州・沖縄路線を運航。この他にADOは新千歳-仙台線、SNAは九州・沖縄内の路線も運航しています。重複する路線はなく、相乗効果が高いとみられます。

【共同リリース】 株式会社AIRDOと株式会社ソラシドエアによる 共同持株会社設立に関する「基本合意書」の締結について(ADO/SNA各公式サイト)
https://www.airdo.jp/corporate/release/2021/release-8370.html
https://www.solaseedair.jp/corporate/pdf/press210531-3-1.pdf
「ふたつの翼で全国を旅しよう」特設サイト(ADO/SNA各公式サイト)
https://www.airdo.jp/information/two-wings/
https://www.solaseedair.jp/two-wings/


STAY HOME NOW, FLY LATER

ラベル:ADO SNA
posted by johokotu at 02:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: