2022年06月26日

都東京HP_施設概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/特別編 東京都東京ヘリポート
日本空港情報館 特別編
東京都東京ヘリポート

TOKYOHP000.jpg
東京都東京ヘリポート

■ヘリポートの概要
東京都江東区にある公共用ヘリポートです。昭和39年に辰巳に出来た旧ヘリポートが昭和47年6月15日に移転・開場しました。東京都を付けた名称が正式名称で、通称「東京へリポート」です。
東京都庁から南東15キロ弱、東京駅から南東8キロほどの沿岸部、荒川の河口右岸付近に設置されています。「東京湾埋立14号地その1」(島名通称:夢の島、住所は夢の島ではなく新木場)の南東角に位置しています。この埋立地は、東京市飛行場設置も予定されていた埋立地から始まったもので、一部は廃棄物の埋め立てで出来たためゴミの島として全国的に有名になった人工島です。廃棄物埋立地の島ですが、現在はどこに廃棄物が埋まっているのかも分からないほど普通の島で、蠅の代わりにヘリが飛んでいます。
東京港埋立地の立地もあってか、管理は東京都の東京港管理事務所が行っており、空港と言うよりは海港に近い扱いのようです。
消防や警察などの行政機関以外にも民間航空会社が多数事務所・格納庫を構えており、1日の着陸回数は31回程度と日本最大規模になっています。
令和4年6月26日現在、定期的乗合便は、AirXによりヘリ1路線が運航されています。


■飛行場種別:公共用ヘリポート
■設置管理者:東京都
■滑走路延長:90×30
■空港コード:-/-
■旅客ビル管理者:東京都


■施設の見どころ:◎==== 大規模/公共用ヘリポート
■見学者への対応:◎==== ターミナルパンフ 無/案内所 無/展望デッキ 無/航空ファン向け展示 有(外周公園内)/見学者は立入不可
■売店の充実度:===== 売店0店・飲食店0店
■アクセスの状況:===== 鉄道 無/バス 有/最寄駅はJR京葉線・東京臨海高速鉄道りんかい線新木場駅で約2キロ(自転車圏内)


※就航路線は令和4年6月26日、そのほかの情報は令和3年10月現在のものです。
TOKYOHP001.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は令和3年11月撮影)
ターミナルはなく、中心となるのは管理事務所です。平成23年5月完成の建物です。遊覧飛行などは各航空会社の事務所・格納庫を利用して搭乗することになります。
駐機方式はオープンエプロン方式、動線方式は1層方式です。ボーディングブリッジはなく、全便地上搭乗になります。
空港入口は区画の西側、各航空会社事務所の建物は西側と北側の一部にまとまっています。

このヘリポートでは定期的運航便・遊覧飛行もかなりの回数が離着陸しています。しかし、テロ対策の一環で、ヘリポート区画の正面入口には警備員がおり、関係者以外は立入禁止・敷地内での撮影禁止が徹底されています(遊覧飛行などの予約ページでもヘリコプター前での撮影などは不可能である注意があります。/ヘリ内・飛行中は撮影OK)。このため、夢の島にあるのに気軽に入れる夢のような雰囲気は一切ありません(トップ写真は敢えて「気軽さのある」船のシンボルを入れてみました)。
TOKYOHP002.jpg駐機場・滑走路
(写真は令和3年11月撮影、滑走路)
建物が立ち並ぶ領域の東側に駐機場があり、スポットは38バース(大型ヘリ用10・小型ヘリ用28)もあります。
東側中央に滑走路(ヘリパッド)10/19があります。
安全施設として、コンパス修正場やスクエア・パターンテスト場(ホバリングテスト場兼用)なども整備されています。

年間着陸回数は公共へリポートの中では日本一ですが、周辺環境の保護及び騒音対策の一環で、運用時間は8:30〜16:30と超短め。夜間使用(日没から日の出まで)は原則許可されていません(日没〜20:30の帰還機及び夜間遊覧は1日10回が限度(夜間遊覧は平成14年11月26日から試行)、20:30〜日の出は、警視庁航空隊、東京消防庁、川崎市消防航空隊、国土交通省、東海旅客鉄道、報道機関等又公的機関から要請を受けた者が、災害、事故、事件その他の緊急事態に対応する場合にのみ飛行許可を出す場合があります。騒音対策とのことですが、島内の住民は令和2年6月1日現在で47人)。
TOKYO004.jpg地上アクセス施設(駐車場・バス乗り場)
(写真は令和3年10月撮影)
地上アクセス施設は、管理事務所の前に駐車場が整備されています。前述のとおりテロ対策のため立入制限が厳しいヘリポートであるため、ヘリ便利用で駐車場を利用する際ですら事前の問合せが必要ですので要注意です。
バス乗り場は、ヘリポート区画正面出入口前にあります。周辺は循環経路のため、一方向のみです。

東京へリポート前バス停
南行のみ:木11甲系統 若洲キャンプ場前行、木11甲系統 木場駅前行・東陽町駅前行・新木場駅前行(東京都交通局)
TOKYO003.jpg周辺見どころ施設(新木場緑道公園)
(写真は令和3年10月撮影)
ヘリポート区画の南側と東側(海沿い)に細長く新木場緑道公園が整備されており、広々としたヘリポート全体をフェンス越しに眺められます。
滑走路の真正面がヘリ広場となっており、木製デッキや操縦席を模したベンチなどが設置されています。
建物の壁ばかりが見える西側の正面出入口ではテロ対策で施設撮影禁止がこれでもかと強調されていますが、格納庫の中が丸見えとなるこちら側からはなぜか撮り放題です。
TOKYOHP006.jpg
TOKYOHP005.jpg
周辺見どころ施設(東京都東京HPと富士山)
(写真は令和3年11月撮影)
空に飛び上がれば容易に分かる自分の位置も地上からは分かりづらい。それを解消するため、関東平野では、昔から富士山と筑波山の見え方から自分の位置を把握していました。そして、距離が近く見えることが当たり前の静岡・山梨と異なり、東京では富士山はその日の視程を知るのにちょうど良い対象でもあります。さらに、首都から見える日本一富士山の見える風景は、世界から見てもTOKYOの象徴的なものになっています。
へリポートから富士山までは西南西に約105キロ。東京都東京へリポートというTOKYOの代表地の名が付いているだけあって、冬の澄んだ日などには、江戸時代からたくさんの浮世絵にも描かれた東京と富士山の風景を、地上からも眺めることが出来ます。東京へリポート付近からは、手前の丹沢山系に隠れるものの、上の方、冬に雪をかぶる切れ目付近まで見ることが出来ます(ちょうど丹沢山の向こう側)。
(写真上)葛西臨海公園から見たヘリポートと富士山
(写真下)新木場緑道公園から見た回転翼機と富士山
TOKYOHP007.jpg周辺見どころ施設(旧東京へリポート跡地(辰巳の森海浜公園))
(写真は令和3年11月撮影)
東京へリポートは、昭和47年6月14日まで、隣接する東京湾埋立7号地(江東区辰巳)にありました。
現在辰巳の森海浜公園となっている一角〜日本赤十字社辰巳ビル付近にあり、正面入口が三ツ目通り側にありました。
辰巳の森海浜公園の入口には、ヘリポートがあった昭和40年代の様子を写真入りで紹介する看板が立っています。

■就航路線(国内線)
  ANA   AJX   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC  
  JAL   TZP   JTA   JJP   SJO   RAC  
  IBX   FDA   NCA   AMX   NJA   DAK   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
成田国際*d1AirX*d1
*d1:ヘリコプターによる運航(定期乗合便、KRSによる運航)
※細かい時刻で予約できるヘリ輸送便が会津若松、日光、横須賀、房総、箱根、伊豆半島、志摩方面等に運航されています。

就航路線変遷(令和3年11月以降)
-


■ヘリポート所在地
ヘリポート所在地はクリック(Googleマップ)
■東京都東京へリポートについてもっと詳しく調べたい方のリンク集
東京へリポート(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※東京都東京へリポートの公式サイトではありません。

開設月日 2021.11.17
初調査日 2021.10.16
前調査日 2021.11.27

posted by johokotu at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | ■関東地方(その他) | 更新情報をチェックする

2022年06月10日

つくばHP_6/30公共用供用廃止へ

■つくばヘリポート 6月30日をもって公共用供用廃止へ

国土交通省は2日、6月30日をもってつくばヘリポートを供用廃止すると告示しました。同日をもって公共用として廃止され、つくば航空に民間譲渡するとしています。

今回廃止が発表されたのはつくばヘリポート。6月30日をもって廃止するとしています。
公共用としての廃止後は、つくば航空に譲渡するとしています。

つくばヘリポートは、平成3年7月23日に開場した、茨城県つくば市にある公共用ヘリポートです。
設置管理者は茨城県。2015年4月から7年間、日本空港コンサルタンツ・大成有楽不動産連合体による指定管理となっていましたが、2022年4月1日から茨城県の直営となっています。

つくばヘリポートの公共用供用廃止で、公共用ヘリポートは残り12か所になります。

つくばヘリポートの民間譲渡について(お知らせ)(茨城県公式サイト)
https://www.pref.ibaraki.jp/soshiki/kikaku/kutai/documents/notice.pdf
令和4年6月2日(本紙 第746号) 7ページ(インターネット版官報公式サイト)
https://kanpou.npb.go.jp/20220602/20220602h00746/20220602h007460007f.html
posted by johokotu at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■関東地方(その他) | 更新情報をチェックする

2022年03月02日

成田・羽田_入国者専用バス終了

■成田国際空港(成田空港)・東京国際空港(羽田空港) 入国者専用バスの運行が終了

東京空港交通は1日、入国者専用バスの運行を終了しました。

入国者専用バスは、成田国際空港(成田空港)、東京国際空港(羽田空港)から東京シティエア ターミナルと都区内ホテルへ直行する入国者専用の送迎バスで、2020年12月16日から運行されてきました。
入国者は隔離期間中の公共交通利用が出来なかったため、特例的な交通機関として利用が認められてきました。3月1日から、一部の入国者について、入国後24時間以内限定で待機場所への移動に公共交通が使用できるようになり、意味がなくなったため、サービスが終了されました。

入国者専用バスのご案内および注意事項について(2022年2月24日更新)(東京空港交通公式サイト)
https://www.limousinebus.co.jp/deliver/reserve_detail/0c9f668dd1bb8baebf3ad7657f70b94e/jp/


STAY HOME NOW, FLY LATER

posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■関東地方(その他) | 更新情報をチェックする

2022年01月26日

神奈川県警察HP_施設概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/特別編 神奈川県警察ヘリポート
日本空港情報館 特別編
神奈川県警察ヘリポート

Kanagawakenkeisatu000.jpg
神奈川県警察ヘリポート

■ヘリポートの概要
神奈川県横浜市にある非公共用ヘリポートです。
関内地区の最も海側、横浜港最初の開港場波止場である象の鼻近くに、平成4年5月1日に開港しました。
行政機関が業務活用等のために庁舎に設置したヘリポートです。神奈川県警察本部の建物屋上にあり、神奈川県警察が装備する警察用航空機が重要事件、重大事故、大規模災害等の発生時における初動活動及び捜索救助活動等に活用しています。
令和4年1月26日現在、定期就航路線はありません。


■飛行場種別:非公共用ヘリポート
■設置管理者:神奈川県警察
■滑走路延長:-(屋上設置)
■空港コード:-/-
■旅客ビル管理者:神奈川県警察


■施設の見どころ:===== 小規模/非公共用ヘリポート/屋上設置
■見学者への対応:===== ターミナルパンフ 無/案内所 無/展望デッキ 無/航空ファン向け展示 無
■売店の充実度:=====
■アクセスの状況:◎◎◎◎= 鉄道 無/バス 有/馬車道駅・日本大通り駅徒歩5分


※就航路線は令和4年1月26日、そのほかの情報は令和3年11月現在のものです。
 施設の特徴
(写真は令和3年12月撮影)
神奈川県警察本部の屋上に設置されている行政使用のへリポートです。(トップ写真の高い建物の屋上にあります)
屋上に着陸帯1か所が設置されています。
海に面しているため目の前に桟橋もあり、陸海空すべての発着が可能な施設が揃っている珍しい警察本部です。

目の前に警察本部前バス停があります。東行は建物の前、西行は道路の反対側です。(昼間1時間に3便程度)
警察本部前バス停
・東行:26系統 横浜駅前行・急行 横浜駅前行(横浜市交通局)
・西行:26系統 本牧ポートハイツ前行・港湾カレッジ前行・海づり桟橋行・横浜港シンボルタワー行・本牧TOC行・本牧車庫前行(横浜市交通局)

■就航路線(国内線)
  ANA   AJX   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC  
  JAL   TZP   JTA   JJP   SJO   RAC  
  IBX   FDA   NCA   AMX   NJA   DAK   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線はありません)
就航路線変遷(令和4年1月以降)
-


■ヘリポート所在地
ヘリポート所在地はクリック(Googleマップ)
■神奈川県警察ヘリポートについてもっと詳しく調べたい方のリンク集
-
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※神奈川県警察ヘリポートの公式サイトではありません。

開設月日 2022.01.26
初調査日 2021.11.06
前調査日 2021.11.06

posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■関東地方(その他) | 更新情報をチェックする

2022年01月19日

警視庁本部屋上HP_施設概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/特別編 警視庁本部屋上ヘリポート
日本空港情報館 特別編
警視庁本部屋上ヘリポート

keishichoHP000.jpg
警視庁本部屋上ヘリポート

■ヘリポートの概要
東京都千代田区にある非公共用ヘリポートです。
皇居の城南、桜田門の目の前にあります。
行政機関が業務活用等のために庁舎に設置したヘリポートです。警視庁本部の建物屋上にあり、警視庁航空隊がパトロール、捜索救助、情報収集等に活用しています。
令和4年1月19日現在、定期就航路線はありません。


■飛行場種別:非公共用ヘリポート
■設置管理者:警視庁
■滑走路延長:-(屋上設置)
■空港コード:-/-
■旅客ビル管理者:警視庁


■施設の見どころ:===== 小規模/非公共用ヘリポート/屋上設置
■見学者への対応:===== ターミナルパンフ 無/案内所 無/展望デッキ 無/航空ファン向け展示 無
■売店の充実度:=====
■アクセスの状況:◎◎◎◎= 鉄道 有/バス 有/桜田門駅徒歩1分


※就航路線は令和4年1月19日、そのほかの情報は令和3年12月現在のものです。
 施設の特徴
(写真は令和3年12月撮影)
警視庁本部の屋上に設置されている行政使用のへリポートです。
屋上に着陸帯1か所が設置されています。

■就航路線(国内線)
  ANA   AJX   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC  
  JAL   TZP   JTA   JJP   SJO   RAC  
  IBX   FDA   NCA   AMX   NJA   DAK   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線はありません)
就航路線変遷(令和4年1月以降)
-


■ヘリポート所在地
ヘリポート所在地はクリック(Googleマップ)
■警視庁本部屋上ヘリポートについてもっと詳しく調べたい方のリンク集
-
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※警視庁本部屋上ヘリポートの公式サイトではありません。

開設月日 2022.01.19
初調査日 2021.12.04
前調査日 2021.12.04

posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■関東地方(その他) | 更新情報をチェックする

2022年01月12日

中央合同庁舎第2号館HP_施設概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/特別編 中央合同庁舎第2号館ヘリポート
日本空港情報館 特別編
中央合同庁舎第2号館ヘリポート

chuogodochoshaHP000.jpg
中央合同庁舎第2号館ヘリポート

■ヘリポートの概要
東京都千代田区にある非公共用ヘリポートです。
皇居の城南、霞が関のど真ん中に、平成16年7月20日に開港しました。
行政機関が業務活用等のために庁舎に設置したヘリポートです。中央合同庁舎第2号館の建物屋上にあり、関係省庁が防災活動などで活用しています。
令和4年1月12日現在、定期就航路線はありません。


■飛行場種別:非公共用ヘリポート
■設置管理者:総務省
■滑走路延長:-(屋上設置)
■空港コード:-/-
■旅客ビル管理者:総務省


■施設の見どころ:===== 小規模/非公共用ヘリポート/屋上設置
■見学者への対応:===== ターミナルパンフ 無/案内所 無/展望デッキ 無/航空ファン向け展示 無
■売店の充実度:=====
■アクセスの状況:◎◎◎◎= 鉄道 有/バス 有/霞が関駅徒歩1分


※就航路線は令和4年1月12日、そのほかの情報は令和3年12月現在のものです。
chuogodochoshaHP001.jpg施設の特徴
(写真は令和3年12月撮影)
中央合同庁舎第2号館の屋上に設置されている行政使用のへリポートです。
屋上に着陸帯1か所が設置されています。
写真では端の方しか映っていませんが、八角形をした着陸帯です。

■就航路線(国内線)
  ANA   AJX   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC  
  JAL   TZP   JTA   JJP   SJO   RAC  
  IBX   FDA   NCA   AMX   NJA   DAK   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線はありません)
就航路線変遷(令和4年1月以降)
-


■ヘリポート所在地
ヘリポート所在地はクリック(Googleマップ)
■中央合同庁舎第2号館ヘリポートについてもっと詳しく調べたい方のリンク集
-
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※中央合同庁舎第2号館ヘリポートの公式サイトではありません。

開設月日 2022.01.12
初調査日 2021.12.04
前調査日 2021.12.04

posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■関東地方(その他) | 更新情報をチェックする

2022年01月05日

アークヒルズHP_施設概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/特別編 アークヒルズヘリポート
日本空港情報館 特別編
アークヒルズヘリポート

arkhillsHP000.jpg
アークヒルズヘリポート

■ヘリポートの概要
東京都港区にある非公共用ヘリポートです。
赤坂・六本木地区にあるアーク森ビルの建物屋上に設けられている都心型ヘリポートです。
平成元年にアーク森ビルに入居する全国朝日放送(現・テレビ朝日)のヘリポートとして開港しました。令和4年1月現在、ビルの所有者である森ビルが設置管理者となっています。
令和3年6月1日から令和6年12月31日まで運用が休止されています。


■飛行場種別:非公共用ヘリポート
■設置管理者:森ビル
■滑走路延長:-(屋上設置)
■空港コード:-/-
■旅客ビル管理者:森ビル


■施設の見どころ:===== 小規模/非公共用ヘリポート/屋上設置
■見学者への対応:===== ターミナルパンフ 無/案内所 無/展望デッキ 無/航空ファン向け展示 無
■売店の充実度:=====
■アクセスの状況:◎◎◎== 鉄道 有/バス 有/六本木一丁目駅徒歩1分


※就航路線は令和4年1月5日、そのほかの情報は令和3年12月現在のものです。
 施設の特徴
(写真は令和3年12月撮影)
ヘリポート名になっているアークヒルズの中核ビルであるアーク森ビルの屋上に設置されているへリポートです。
屋上に着陸帯1か所が設置されています。
自社使用のテレビ朝日管理から、森ビル管理で一般も利用できるように変更された際に、エレベータ増設などが行われています。

平成21年9月16日〜平成27年12月31日まで、森ビルシティエアサービスにより、成田空港との間を結ぶヘリコプター定期便を就航していました(成田側の発着へリポートは佐倉)。また、東日本大震災後には、森ビルが災害時の利用プランなどを出したことがあるなど、都心型を活かした運用が行われています。

■就航路線(国内線)
  ANA   AJX   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC  
  JAL   TZP   JTA   JJP   SJO   RAC  
  IBX   FDA   NCA   AMX   NJA   DAK   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線はありません)
就航路線変遷(令和4年1月以降)
-


■ヘリポート所在地
ヘリポート所在地はクリック(Googleマップ)
■アークヒルズヘリポートについてもっと詳しく調べたい方のリンク集
-
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※アークヒルズヘリポートの公式サイトではありません。

開設月日 2022.01.05
初調査日 2021.12.04
前調査日 2021.12.04

posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■関東地方(その他) | 更新情報をチェックする

2021年12月22日

芝浦HP_施設概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/特別編 芝浦ヘリポート
日本空港情報館 特別編
芝浦ヘリポート

shibauraHP000.jpg
芝浦ヘリポート

■ヘリポートの概要
東京都港区にある非公共用ヘリポートです。
昭和41年9月に朝日ヘリコプター(現・朝日航洋)のヘリポートとして開港しました。令和3年12月現在、ビルの所有者である東京倉庫運輸が設置管理者となっています。
西側に芝浦運河、南側に高浜運河を望む埋立地に建つ第1東運ビル・五色橋ビルの屋上に設けられています。
住所は港区芝浦ではなく港区海岸で、芝浦ふ頭のある埋立地の南端に立地しています。
令和3年12月22日現在、定期就航路線はありません。


■飛行場種別:非公共用ヘリポート
■設置管理者:東京倉庫運輸
■滑走路延長:-(屋上設置)
■空港コード:-/-
■旅客ビル管理者:東京倉庫運輸


■施設の見どころ:===== 小規模/非公共用ヘリポート/屋上設置
■見学者への対応:===== ターミナルパンフ 無/案内所 無/展望デッキ 無/航空ファン向け展示 無
■売店の充実度:=====
■アクセスの状況:◎◎◎== 鉄道 無/バス 有/五色橋バス停前/最寄駅の芝浦ふ頭駅まで約1キロ・田町駅まで約1.3キロ(徒歩圏内)/芝浦アイランド船着場まで約650メートル


※就航路線は令和3年12月22日、そのほかの情報は令和3年12月現在のものです。
shibauraHP001.jpg施設の特徴
第1東運ビル・五色橋ビルの建物屋上に設置されているへリポートです。
非公共用ですが、元々朝日ヘリコプターが設置したこともあり、自社使用ではなく、様々な運航事業者が利用しています。
開港から半世紀以上の長い歴史を持つ、都心の屋上へリポートの先駆け的存在です。長く報道機関などが活用してきましたが、平成年代に拠点を東京へリポートなどへ移転。2010年代前半頃までは遊覧飛行の発着もあったようですが、令和3年12月現在、運営・運航は休止されている状況のようです。

目の前に五色橋バス停があります。北行は建物の前、南行は道路の反対側です。(朝夕1時間に1便程度)
五色橋バス停
・北行:田99系統 田町駅東口行・波01出入系統 東京テレポート駅前行(東京都交通局)
・南行:田99系統・波01出入系統 品川駅港南口行
shibauraHP002.jpg滑走路
着陸帯1か所、駐機場3バースが設置されています(着陸帯は第1東運ビル側、駐機場は五色橋ビル側)。
着陸帯部分は、ビル屋上から飛び出したような形状となっており、地上から見ても目立ちます。
shibauraHP003.jpg地上アクセス施設(シェアサイクル)
五色橋ビル1階に港区自転車シェアリングのポート(C5-34.五色橋ビル)があります。
24時間営業です。

■就航路線(国内線)
  ANA   AJX   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC  
  JAL   TZP   JTA   JJP   SJO   RAC  
  IBX   FDA   NCA   AMX   NJA   DAK   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線はありません)
就航路線変遷(令和3年12月以降)
-


■ヘリポート所在地
ヘリポート所在地はクリック(Googleマップ)
■芝浦ヘリポートについてもっと詳しく調べたい方のリンク集
-
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※芝浦ヘリポートの公式サイトではありません。

開設月日 2021.12.22
初調査日 2021.11.27
前調査日 2021.11.27

posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■関東地方(その他) | 更新情報をチェックする

2021年12月15日

東京朝日HP_施設概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/特別編 東京朝日ヘリポート
日本空港情報館 特別編
東京朝日ヘリポート

tokyoasahiHP000.jpg
東京朝日ヘリポート

■ヘリポートの概要
東京都中央区にある非公共用ヘリポートです。旧築地市場の目の前に位置しています。
朝日新聞社東京本社の建物屋上にあり、同社の航空部が取材に活用しています。
私企業が自社使用のために自社ビルに設置したヘリポートです。
令和3年12月15日現在、定期就航路線はありません。


■飛行場種別:非公共用ヘリポート
■設置管理者:朝日新聞社
■滑走路延長:-(屋上設置)
■空港コード:-/-
■旅客ビル管理者:朝日新聞社


■施設の見どころ:===== 小規模/非公共用ヘリポート/屋上設置
■見学者への対応:===== ターミナルパンフ 無/案内所 無/展望デッキ 無/航空ファン向け展示 不明
■売店の充実度:=====
■アクセスの状況:◎◎◎◎◎ 鉄道 有/バス 有/築地市場駅直結


※就航路線は令和3年12月15日、そのほかの情報は令和3年12月現在のものです。
tokyoasahiHP001.jpg施設の特徴
(写真は令和3年12月撮影)
朝日新聞社東京本社の屋上に設置されている自社使用のへリポートです。
tokyoasahiHP002.jpg滑走路
(写真は令和3年12月撮影)
屋上に着陸帯1か所が設置されています。
すぐわきに朝日新聞社の社旗と「ASAHI」の文字が書かれています。

■就航路線(国内線)
  ANA   AJX   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC  
  JAL   TZP   JTA   JJP   SJO   RAC  
  IBX   FDA   NCA   AMX   NJA   DAK   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線はありません)
就航路線変遷(令和3年12月以降)
-


■ヘリポート所在地
ヘリポート所在地はクリック(Googleマップ)
■東京朝日ヘリポートについてもっと詳しく調べたい方のリンク集
東京朝日ヘリポートの公式サイト◎(朝日新聞社 航空部 公式サイト)
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※東京朝日ヘリポートの公式サイトではありません。

開設月日 2021.12.15
初調査日 2021.11.27
前調査日 2021.12.04

posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■関東地方(その他) | 更新情報をチェックする

2021年12月08日

浦安HP_施設概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/特別編 浦安ヘリポート
日本空港情報館 特別編
浦安ヘリポート

urayasuHP000.jpg
浦安ヘリポート

■ヘリポートの概要
千葉県浦安市にある非公共用ヘリポートです。平成3年6月に開場しました。
エクセル航空が管理運営している24時間運用のへリポートです。昭和50年代に完成した浦安市南端の公有海面埋立地、千鳥地区にあります。東京湾を望む場所で、全国的に知られる舞浜地区のすぐ南隣にあります。千鳥地区は工場などが立ち並ぶ埋立地で人口は1人のため、関東の中でも騒音の心配がないヘリポートとしてPRされています。
隣接する大規模リゾート施設も、工場も、アクセスに使える路線バス会社も皆「東京」を名乗っていますが、ヘリポートだけはきちんと千葉の地名を使っています。
令和3年12月8日現在、定期就航路線はありません。


■飛行場種別:非公共用ヘリポート
■設置管理者:エクセル航空
■滑走路延長:25×20
■空港コード:-/-
■旅客ビル管理者:エクセル航空


■施設の見どころ:◎◎=== 小規模/非公共用ヘリポート/24時間運用
■見学者への対応:◎==== (見学時閉館中だったため詳細不明)ターミナルパンフ 不明/案内所 不明/展望デッキ 有/航空ファン向け展示 不明
■売店の充実度:===== (見学時閉館中だったため詳細不明)
■アクセスの状況:◎◎=== 鉄道 無/バス 無/最寄駅のJR舞浜駅まで約2キロ(徒歩圏内)


※就航路線は令和3年12月8日、そのほかの情報は令和3年11月現在のものです。
urayasuHP001.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は令和3年11月撮影、見学時閉館中だったため詳細不明)
事務所棟は地上2階建。駐機方式は格納庫直結、動線方式は単層方式(ただし搭乗施設は2階)です。2階に展望デッキがあります。
館内にはラウンジ、プライベートルーム、テラス席が設置されています(写真はデッキ側外観)。

ターミナル前に26台分(2台は大型用)の無料駐車場が整備されています。
エクセル航空の元々の親会社であるヒロセ東京工場の敷地内にあります。このため、公道(浦安市道幹線6号)に面するヘリポートの入口(=工場入口)は、旅客ターミナルから400メートル弱ほど東側にあり、工場敷地内を通過していくことになります。

最寄駅の東日本旅客鉄道(JR東日本)京葉線舞浜駅から約2キロ(直線距離ではディズニーリゾートラインの東京ディズニーシー・ステーションが圧倒的に近いですが、道路を通ると大回りになるため舞浜と変わりません)。最寄バス停は千鳥車庫で、ヘリポート入口から120メートル〜260メートルほどのところにあります。
千鳥車庫バス停(いずれも東京ベイシティ交通)=東行バス停のバスは4分後に北行バス停にも停車
・北行(浦安市道幹線6号上):20系統舞浜駅行・22系統新浦安駅行(順天堂病院前経由)
・南行(浦安市道幹線6号上):20系統クリーンセンター行・20系統千鳥西行・20系統舞浜駅行(千鳥循環=千鳥西経由)・22系統千鳥車庫行(千鳥東経由)
・東行(車庫出入口前東側):20系統舞浜駅行(千鳥東経由)・22系統新浦安駅行(千鳥東・順天堂病院前経由)
・西行(車庫出入口前西側):2系統浦安駅入口行(新浦安駅北口経由)・4系統浦安駅入口行(南小入口経由)・6系統浦安駅入口行(市役所入口経由)・14系統新浦安駅行(弁天中央経由)
urayasuHP002.jpg格納庫と滑走路
(写真は令和3年11月撮影、見学時閉館中だったため詳細不明)
ターミナルの南側に、格納庫が2つと滑走路(ヘリパッド)があります。ヘリパットは高架となっており、格納庫と滑走路の間にスロープがあります。
駐機は格納庫内およびその前になります。

■就航路線(国内線)
  ANA   AJX   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC  
  JAL   TZP   JTA   JJP   SJO   RAC  
  IBX   FDA   NCA   AMX   NJA   DAK   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線はありません)
就航路線変遷(令和3年12月以降)
-


■ヘリポート所在地
ヘリポート所在地はクリック(Googleマップ)
■浦安ヘリポートについてもっと詳しく調べたい方のリンク集
浦安ヘリポートの公式サイト△(エクセル航空 浦安ヘリポート 公式サイト)
エクセル航空(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内/本文中に浦安ヘリポートに言及有)

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※浦安ヘリポートの公式サイトではありません。

開設月日 2021.12.08
初調査日 2021.11.27
前調査日 2021.11.27

posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■関東地方(その他) | 更新情報をチェックする

2021年11月15日

竜ヶ崎_飛行場概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/特別編 竜ヶ崎飛行場
日本空港情報館 特別編
竜ヶ崎飛行場

RYUGASAKITOP.jpg
竜ヶ崎飛行場

■飛行場の概要
茨城県龍ケ崎市にある非公共用飛行場です。
龍ケ崎市と稲敷市、稲敷郡河内町の三市町の境目付近、利根川北側の平地にある民間飛行場です(龍ケ崎市役所よりも河内町役場の方が近い場所に位置しています)。昭和44年、日商岩井により開設。令和3年11月現在は、KTI川田グループの川田工業が所有、同グループの航空会社新中央航空(NCA)が運営しています。
設置位置の市名は平成8年から旧字体の「龍」+大文字の「ケ」に統一されていますが、飛行場名は新字体の「竜」+小文字「ヶ」で表記されています。
NCAが新島に飛行機を飛ばした時期もありましたが、令和3年11月15日現在、定期就航路線はありません。NCAが毎日遊覧飛行を行っています。


■飛行場種別:非公共用飛行場
■設置管理者:川田工業
■滑走路延長:600m
■空港コード:===/====
■旅客ビル管理者:新中央航空


■施設の見どころ:◎==== 小規模飛行場/ターミナルは事務所棟です。
■見学者への対応:===== 案内所 無/飛行場パンフ 無/展望デッキ 無/航空ファン向け展示 無/新中央航空が毎日遊覧飛行を実施
■売店の充実度:===== 売店・飲食店 無/周囲にもお店はありません。
■アクセスの状況:◎==== 鉄道 無/バス 無/関東鉄道竜ヶ崎駅が最寄駅ですが約6キロ離れています(自転車圏内)。最寄バス停まで2キロ程(半田)。


※就航路線は令和3年11月15日、そのほかの情報は平成31年1月現在のものです。
SKYVIEW
成田国際→広島便の右窓席から撮影。空港南側上空。

ryu-000a.jpg ryu-000b.jpg
霞ケ浦と利根川の間に広がる平野に位置しており、龍ケ崎市中心部からは少し離れたところにあるのが分かります。
飛行場周辺は田んぼが広範囲に広がる地域です。龍ケ崎市の観光案内などでは地平線が見えると紹介しているものがあるほど広々としています。地上部からは、飛行場入口のアプローチ道路から真正面に富士山、北方には筑波山が見えます。

RYUGASAKI001.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は平成31年1月撮影)
平成27年10月に完成したターミナルビルです。
地上1階建。NCA本社が入る事務所棟です(NCAは調布飛行場で定期便を飛ばしていますが、拠点はここ竜ヶ崎)。旅客が利用できるのは待合スペース(受付、お手洗あり)のみです。
駐機方式はオープンエプロン方式、動線方式は単層方式です。ボーディングブリッジはなく、全便地上搭乗になります。館内のサインは、ほぼありません。
NCAが遊覧飛行を実施しています。年中無休の9時-17時(冬期は日没)、最低運航人数は大人2人です。A〜Pまで16コースを設けています。過去には空港ファンに向いている成田空港通過コースもありましたが、平成31年現在、成田山方面コースに統合されています。
※平成27年10月**日:新ターミナルビル 新設
RYUGASAKI002.jpgターミナル前面
(写真は平成31年1月撮影)
ターミナルの目の前は駐車場に直接面した配置です。館内に売店等はありませんが、前面部に飲料の自動販売機があります。

前面部分にバス停などはなく、最寄バスのりばは約2キロ北方の「半田」か、約2キロ南方の「幸谷入口」「宮渕」です(いずれも1日数便)。
半田バス停(飛行場から約2キロ北方)
東行:
 江戸崎行=関東鉄道
 龍ケ崎市コミュニティバスBルート 総合福祉センター行(湯ったり館経由)・竜ヶ崎駅行(湯ったり館・市役所経由)
西行
 龍ケ崎市駅行(済生会病院経由・竜ヶ崎駅経由)=関東鉄道
 龍ケ崎市コミュニティバスBルート 総合福祉センター行・竜ヶ崎駅行(市役所経由)

幸谷入口バス停/宮渕バス停(飛行場から約2キロ南方)同一系統
北行:河内町コミュニティバス 龍ケ崎済生会病院行(愛戸経由有)・竜ヶ崎駅行
南行:河内町コミュニティバス 十三間戸行

※令和02年03月14日:佐貫駅行を龍ケ崎市駅行に変更(バス停名変更)
※令和03年11月15日:竜ヶ崎駅行(済生会病院経由) 廃止、龍ケ崎市駅行(済生会病院経由) 新設
RYUGASAKI015.jpg展望エリア
(写真は平成31年1月撮影)
ターミナルには送迎デッキがありませんが、エプロン横に展望エリアがあります。
駐車場と駐機場に挟まれた小さなスペースにベンチが複数置かれています。
RYUGASAKI016.jpg展望エリアからのながめ
(写真は平成31年1月撮影)
ターミナルは滑走路の南側に設置されています。展望エリアは駐機場の西側にあり、正面は東向き。東の駐機場を向いて、左の北側に滑走路、右の南側に格納庫を見ることができます。
ターミナルは滑走路のちょうど西端に設置されており、飛行機が離陸する瞬間を撮影するのは難しいことが多いようです。
RYUGASAKI021.jpg地上アクセス施設(駐車場)
(写真は平成31年1月撮影)
ターミナル前に無料駐車場があります。空港周辺にレンタカー各社はありません。
RYUGASAKI031.jpg周辺の見どころ施設(太陽光発電設備)
(写真は平成31年1月撮影)
平成30年3月に飛行場敷地内、ターミナルの南側に太陽光発電設備が設置されました。KTI川田グループである富士前鋼業が施工したもので、1180枚の太陽光パネルが並んでいます。
01.jpgかつてあった見所(旧旅客ターミナル)
(写真は平成21年4月撮影)
平成27年10月に現在のターミナルビルが供用されるまでは、開港に合わせて完成したターミナルビル(事務所棟)を使用していました。横に広い三角屋根が目立つ建物でした。
現在のターミナルの北東側にありましたが、既に解体されています。

■就航路線(国内線)
  ANA   AJX   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC
  JAL   TZP   JTA   JJP   SJO   RAC
  IBX   FDA   NCA   AMX   NJA   DAK   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線なし)
就航路線変遷(平成21年4月1日以降)
-

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■竜ヶ崎飛行場についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
竜ヶ崎飛行場(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※竜ヶ崎飛行場の公式サイトではありません。

開設月日 2009.07.01
初調査日 2009.04.12
前調査日 2019.01.19
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■関東地方(その他) | 更新情報をチェックする

竜ヶ崎_11月バス便時刻変更

■竜ヶ崎飛行場 アクセスバス便時刻変更(2021年11月)

11/15
◎関東鉄道 龍ケ崎市駅東口-済生会病院-半田-新利根公民館-江戸崎( 0→平5休4)
◎関東鉄道 龍ケ崎市駅東口-竜ヶ崎駅-戸張-半田-新利根公民館-江戸崎( 0→ 1)
×関東鉄道 竜ヶ崎駅-済生会病院-半田-江戸崎(平5休4→ 0)
×関東鉄道 龍ケ崎市駅東口-竜ヶ崎駅-戸張-半田-江戸崎( 1→ 0)
※竜ヶ崎飛行場最寄りバス停は半田で飛行場から約2キロです。


11月15日:
竜ヶ崎駅発着(済生会病院経由)が廃止となり、代わりに龍ケ崎市駅発着(済生会病院経由)となります。(龍ケ崎市駅発着(戸張経由、1日1往復)は残存します。)
また、江戸崎方面は、角崎坂下-新利根小学校前間で新利根体育館、新利根公民館を新たに経由します。
龍ケ崎市駅までの途中停留所は、長峰沖、済生会病院、中根台、竜ヶ崎ニュータウン中央、若柴など20か所。新設の済生会病院経由は龍ケ崎市駅まで約32分。

路線バス運行経路変更及びダイヤ改正のお知らせ(関東鉄道公式サイト)
https://www.kantetsu.co.jp/img/news/2021/21110101_bus/info.pdf
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | ■関東地方(その他) | 更新情報をチェックする

2021年03月27日

成田・羽田_顔認証手続開始へ

■成田国際空港(成田空港)・東京国際空港(羽田空港) 顔認証技術による搭乗手続きを開始へ

成田国際空港(成田空港)と、東京国際空港(羽田空港)の国際線旅客施設を運営する東京国際空港ターミナルは25日、4月13日から顔認証技術による搭乗手続きを開始すると発表しました。

開始される手続きは、OneIDと呼ばれる新しい搭乗手続き。顔写真を登録し、空港でのその後の手続きを、搭乗券やパスポートを提示することなく顔パスで通過・手続きできるようになるとしています。成田、羽田とも4月13日に実証実験を開始し、7月から本格運用を開始します。
対象となるのは、成田は全日本空輸と日本航空のみ、羽田は全航空会社です。成田は第1・第2の各チェックイ1か所ずつのみ、一部の搭乗ゲートのみの導入。羽田は一部のチェックインカウンタと全搭乗ゲートで導入されます。(成田はエアージャパンは対象になっていません)

今回のサービス導入に当たり、サービス名称を「Face Express」と決定しています。

顔認証技術による搭乗手続き“Face Express”が 成田・羽田ではじまります
(成田国際空港公式サイト)https://www.naa.jp/jp/docs/20210325-FaceExpress.pdf
(東京国際空港ターミナル公式サイト)http://www.tiat.co.jp/news/b8259fddab0509594ed190d175f06c113a954432.pdf


STAY HOME NOW, FLY LATER

ラベル:羽田 成田
posted by johokotu at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■関東地方(その他) | 更新情報をチェックする

2021年03月13日

震災10年 米軍横田も振り返り

■東日本大震災10年 米軍横田基地が民間機受け入れ状況を振り返り

在日米軍横田基地は11日と12日、東日本大震災10年に合わせて、当時の民間機受け入れの様子を公開しました。

公式サイトでは11日に行われた震災10年式典の様子を公開。合わせて当時の民間機受け入れの様子を公開しています。
一方、公式Twitterでは、民間機受け入れの振り返ったインタビューを公開しています。

横田飛行場では2011年3月11日、空港閉鎖で成田国際空港などに着陸できなかった11機の民間機の代替着陸を受け入れ、在日米軍が約600人の乗客に避難待機スペースを提供しています。アメリカン航空、ユナイテッド航空などの米国の航空会社だけでなく、KLMオランダ航空なども受け入れていたようです。
その後は、トモダチ作戦の支援を行っています。

震災当日は、空港の一時閉鎖で86機の航空機が着陸できなくなり、新千歳から那覇まで13空港(東京国際含む)に代替着陸しています。このうち横田飛行場は唯一空港以外での受け入れでした。

東日本大震災から10年後の2021年、復興は次のステージへ
さあ、街を、人を、物を、そして心を、上を向いて青い空から結び付けよう!


U.S., Japan remember the Great East Japan Earthquake(YOKOTA AIR BASE公式サイト=英語)
https://www.yokota.af.mil/News/Article-Display/Article/2534933/us-japan-remember-the-great-east-japan-earthquake/
3:30 PM ・ Mar 11, 2021配信(YOKOTA AIR BASE横田基地公式サイト)
https://twitter.com/374AirliftWing/status/1369898381103919106


STAY HOME NOW, FLY LATER

posted by johokotu at 03:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■関東地方(その他) | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

東京離島_緊急事態で来島自粛要請

■東京都離島空港 緊急事態宣言で来島自粛等を要請

7日に南関東4都県を対象にした緊急事態宣言が出されたことに伴い、航空便が就航する東京都の離島が来島自粛等を要請しています。

東京都の離島には、大島、新島、神津島、三宅島、八丈島の5島に空港があり、利島、御蔵島、青ヶ島にもヘリコプター定期便が就航しています。
離島は、感染者が出た場合の医療対応が難しいため、来島に関して条件等を付けているところが多いです。今回の緊急事態宣言を受けた対応は、これら航空便就航8島は、島によってまちまちになっています。

八丈島と御蔵島は不要不急の来島自粛、利島は観光目的の来島自粛の要請を始めました。
大島は、明確に来島自粛は要請されていません。
新島は、明確に来島自粛は要請されていませんが、住民向けには上京の自粛を要請しています。
神津島は、来島者に対して、来島条件を設定しました。
三宅島は、明確に来島自粛は要請されていませんが、住民向けに上京の自粛を要請。観光協会が来島時のガイドラインを公表しています。
青ケ島は、7日の緊急事態宣言を受けた対応はまだ非公表で、感染者急増を受けて12月25日に公表した発熱や体調不良の症状のある方の来島自粛要請となっています。

いずれの島も夜間外出自粛要請などは共通して要請されています。また、島内キャンプ場などは閉鎖されているところばかりで、宿泊施設への宿泊予約していない場合に上陸拒否される場合があります。

東京都では、8月に調布飛行場など離島各空港で「感染リスクをお知らせするサービス」を実施中になっています。

新型コロナウィルス感染症緊急事態宣言について(大島町公式サイト)
https://www.town.oshima.tokyo.jp/soshiki/soumu/covid19-2021010801.html
新島村公式サイト
https://www.niijima.com/
神津島へご来島を計画中の皆様へ ※必ずお読みください 1月8日更新(神津島村公式サイト)
https://vill.kouzushima.tokyo.jp/blog/2021/01/18.html
三宅村公式サイト
https://www.vill.miyake.tokyo.jp/
午後3:41 ・ 2021年1月8日(三宅島観光協会公式Twitter @miyakejimaTA)
https://twitter.com/miyakejimaTA/status/1347433179909681152
八丈島へご来島予定の皆様へのお願い(八丈町公式サイト)
https://www.town.hachijo.tokyo.jp/idc/visitors.html
【利島へ来島を予定されている皆様へ】緊急事態宣言発出に伴う観光目的での来島自粛のお願い(利島村公式サイト)
http://www.toshimamura.org/news/1679
新型コロナウイルス感染症予防対策への協力について(御蔵島村公式サイト)
http://www.mikurasima.jp/section/covid-19/20210108_covid19.pdf
青ケ島村公式サイト
http://www.vill.aogashima.tokyo.jp/top.html
伊豆諸島の航路・航空路における感染拡大防止対策について(第650報)(「感染リスクをお知らせするサービス」の開始)(東京都公式サイト)
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/08/07/14.html
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■関東地方(その他) | 更新情報をチェックする