2022年09月17日

空港検疫9/17_日本の7.6倍超危険

◇空港検疫 9月17日発表分
[検体数] 504件 98%自動すり抜け 入国者2.5倍なのに増えず!
[陽性数] 11人も異常発生 本当に出発前陰性?
[有症状] 5人も異常発生 本当に出発前陰性?
[複数国] 0人
[青国から陽性] 2人
[罹患率] 4%台再悪化? 機内はまだ全員濃厚接触状態


最近「日本は世界最悪だから、水際対策意味ない」という人が増加中。
意味???断然ありますよ???
入国者は、世界最悪らしい日本より7.6倍高い罹患率。
なんで?空港検疫が世界最悪より高い感染率?
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
入国者は、全員72時間前に陰性なのに、日本より7.6倍高い罹患率。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
2020年4月以降一回も入国者の罹患率が日本を下回ったことなし。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
謎の異常異変が起きているからこそ、水際対策を止められないんです。

  ついに罹患率三%突破    
自動的に機内全員濃厚接触者に  
 飛行機移動が危険な割合に   


     国際線到着空港       
どのデータ見ても大量すり抜け確定的  
 国内悪化で水際緩和の危険が証明   


厚生労働省(厚労省)は9月17日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無、ワクチン摂取状況等に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施してきました。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定として臨時的に実施してきました。日本で唯一正確な罹患率を把握できました。
※2022年6月1日より非上陸拒否国も含めた入国者全員検査は廃止され、上陸拒否国からの入国者全員検査も一部の国では行われなくなりました。現在は、特定国(赤国、指定国無し)からの入国者全員と、特定国(黄国)からの入国者の一部に対して検査を実施しています。


  【直前7日間の罹患率】4.989%  
▲近々7日間国際線到着空港は現在の日本国内より7.6倍危険!
(比較用)日本国内 現罹患率0.648%=要治療809,619人/人口約1億2478万人(2022年8月)

(比較用)日 本:罹患率16.419%=感染20,488,312人、死亡率0.0347%=死亡43,347人/約1億2478万人(2022年8月)

※罹患率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で出発前に有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。





空港検疫 全員検査結果(9月15日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2022年8月31日発表分までは別にまとめています。
2020年4月4日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html

2020年04月04日〜2022年09月01日:対象2,338,566件、陽性21,425人/罹患率0.916% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月02日:対象2,339,241件、陽性21,463人/罹患率0.916%
2020年04月04日〜2022年09月03日:対象2,339,882件、陽性21,500人/罹患率0.918%
2020年04月04日〜2022年09月04日:対象2,340,517件、陽性21,528人/罹患率0.919%
2020年04月04日〜2022年09月05日:対象2,341,046件、陽性21,550人/罹患率0.920%
2020年04月04日〜2022年09月06日:対象2,341,470件、陽性21,574人/罹患率0.921%
2020年04月04日〜2022年09月07日:対象2,342,028件、陽性21,597人/罹患率0.922% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月08日:対象2,342,549件、陽性21,619人/罹患率0.922%
2020年04月04日〜2022年09月09日:対象2,343,120件、陽性21,632人/罹患率0.923%
2020年04月04日〜2022年09月10日:対象2,343,661件、陽性21,649人/罹患率0.923%
2020年04月04日〜2022年09月11日:対象2,344,031件、陽性21,669人/罹患率0.924%
2020年04月04日〜2022年09月12日:対象2,344,515件、陽性21,690人/罹患率0.925%
2020年04月04日〜2022年09月13日:対象2,345,011件、陽性21,711人/罹患率0.925%
2020年04月04日〜2022年09月14日:対象2,345,495件、陽性21,735人/罹患率0.926%
2020年04月04日〜2022年09月15日:対象2,345,961件、陽性21,763人/罹患率0.927%
2020年04月04日〜2022年09月15日:対象2,346,464件、陽性21,779人/罹患率0.928%

2020年04月04日〜2022年09月16日:対象2,346,968件、陽性21,814人/罹患率0.929% 




・昨日単日データでの罹患率:6.944%=陽性35人/検体504件  

・直前7日間の罹患率:4.989%=陽性165人/検体3,307件  
本日発表された昨日分とみられる検体数と、昨日発表の陽性者数を踏まえ、直前7日間の罹患率(海港検疫含む、発表日ベース)を計算しました。

[週間検体数] 4,000件/週を下回り続けています。検査しない人が多過ぎです。
9月8日発表分から、入国上限が2万人から5万人に2.5倍拡大されましたが、検体数は減少を続けています。相当数がすり抜けていると思われます。
[週間陽性数] 140人/週(1日20人)前後が続いています。緩和を受けてか、一気に下がってきましたが、ここ数日は少し増加傾向に転換しつつある印象です。
[週間罹患率] 4%台。横ばい気味ですが、ここ数日は少し悪化傾向に転換しつつある印象です。
9月7日の水際対策緩和の影響が出てきている模様です。
減少気味になったとは言え、まだ約20人に1人は陽性者で、まだまだ異様で異常な状況です。
それだけ世界の感染が異常なのか、もしくは、入国者は感染しやすい行動をしている、いわゆる危険人物の割合が異常に多いかのどちらかですね。


通常の検疫措置(2-row rules)ですと、機内全員が自動的に濃厚接触者となってしまう罹患率3%を超え続けています。
異常に異常に異常に異常に異常に異常に危険です。


新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和4年9月17日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_28084.html

















空港検疫検査 到着日別詳細結果(9月16日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
2022年8月31日到着分までは、別にまとめています。
2020年4月3日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html

09月01日:症状 有8 無29=陽性37人 21149・21150・21151・21152・21153・21154・21155・21156・21157・21158・21159・21160・21161・21162・21163・21164・21165・21166・21167・21168・21169・21170・21171・21172・21173・21174・21175・21176・21177・21178・21179・21180・21181・21182・21183・21184・21185
09月02日:症状 有8 無20=陽性28人 21186・21187・21188・21189・21190・21191・21192・21193・21194・21195・21196・21197・21198・21199・21200・21201・21202・21203・21204・21205・21206・21207・21208・21209・21210・21211・21212・21213
09月03日:症状 有9 無13=陽性22人 21214・21215・21216・21217・21218・21219・21220・21221・21222・21223・21224・21225・21226・21227・21228・21229・21230・21231・21232・21233・21234・21235
09月04日:症状 有8 無16=陽性24人 21236・21237・21238・21239・21240・21241・21242・21243・21244・21245・21246・21247・21248・21249・21250・21251・21252・21253・21254・21255・21256・21257・21258・21259
09月05日:症状 有3 無12=陽性15人 21260・21261・21262・21263・21264・21265・21266・21267・21268・21269・21270・21271・21272・21273・21274
09月06日:症状 有6 無16=陽性22人 21275・21276・21277・21278・21279・21280・21281・21282・21283・21284・21285・21286・21287・21288・21289・21290・21291・21292・21293・21294・21295・21296

09月07日:症状 有5 無8=陽性13人 21297・21298・21299・21300・21301・21302・21303・21304・21305・21306・21307・21308・21309
 [空港別] 成田2・羽田4・中部3・関空3・福岡1
 [男女別] 男8・女5
 [年代別] 10下1・20代7・30代2・40代0・50代2・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] ベトナム8・シンガポール1・英国1・英国/フランス1・英国/スペイン1・米国1
 [居住地] 福島1・千葉2・東京1・神奈川2・石川1・愛知3・大阪2・沖縄1
09月08日:症状 有2 無15=陽性17人 21310・21311・21312・21313・21314・21315・21316・21317・21318・21319・21320・21321・21322・21323・21324・21325・21326
 [空港別] 成田12・関空4・福岡1
 [男女別] 男11・女6
 [年代別] 10下4・20代4・30代7・40代1・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・スリランカ4・シリア1・UAE/インド2・ポーランド1
 [居住地] 山形1・茨城3・千葉1・東京7・福井1・愛知1・京都1・兵庫1・福岡1
09月09日:症状 有4 無16=陽性20人 21327・21328・21329・21330・21331・21332・21333・21334・21335・21336・21337・21338・21339・21340・21341・21342・21343・21344・21345・21346
 [空港別] 成田12・羽田5・関空2・福岡1
 [男女別] 男12・女8
 [年代別] 10下2・20代6・30代9・40代2・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム6・タイ1・インド3・スリランカ1・パキスタン1・サウジアラビア1・トルコ1・セネガル1・米国5
 [居住地] 群馬2・埼玉3・千葉1・東京5・神奈川1・愛知3・福岡5
09月10日:症状 有8 無13=陽性21人 21347・21348・21349・21350・21351・21352・21353・21354・21355・21356・21357・21358・21359・21360・21361・21362・21363・21364・21365・21366・21367
 [空港別] 成田2・羽田8・中部2・関空5・福岡4
 [男女別] 男11・女10
 [年代別] 10下1・20代13・30代2・40代4・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム14・タイ1・インド2・スリランカ1・スイス1・ポルトガル1・豪州1
 [居住地] 茨城1・埼玉1・東京3・富山1・愛知1・三重1・京都2・大阪5・岡山1・広島1・大分1・長崎1・熊本1・沖縄1
09月11日:症状 有7 無14=陽性21人 21368・21369・21370・21371・21372・21373・21374・21375・21376・21377・21378・21379・21380・21381・21382・21383・21384・21385・21386・21387・21388
 [空港別] 成田8・羽田4・中部1・関空6・福岡2
 [男女別] 男16・女5
 [年代別] 10下2・20代8・30代7・40代1・50代3・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム10・カンボジア/ベトナム1・スリランカ2・ウズベキスタン1・オーストリア1・英国1・イタリア/ギリシャ1・オーストリア/ギリシャ1・英国/オランダ1・米国2
 [居住地] 栃木2・埼玉1・千葉1・東京2・神奈川2・新潟1・岐阜1・愛知1・奈良1・大阪2・兵庫2・広島1・香川1・福岡1・沖縄2
09月12日:症状 有6 無18=陽性24人 21389・21390・21391・21392・21393・21394・21395・21396・21397・21398・21399・21400・21401・21402・21403・21404・21405・21406・21407・21408・21409・21410・21411・21412
 [空港別] 成田14・羽田5・中部2・関空2・福岡1
 [男女別] 男17・女7
 [年代別] 10下2・20代11・30代3・40代6・50代1・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] フィリピン2・ベトナム12・タイ1・ウズベキスタン1・米国7・ブラジル1
 [居住地] 栃木1・千葉5・東京2・神奈川4・岐阜2・大阪2・兵庫1・山口4・宮崎1・鹿児島1・沖縄1
09月13日:症状 有6 無22=陽性28人 21413・21414・21415・21416・21417・21418・21419・21420・21421・21422・21423・21424・21425・21426・21427・21428・21429・21430・21431・21432・21433・21434・21435・21436・21437・21438・21439・21440
 [空港別] 成田4・羽田4・中部2・関空14・福岡4
 [男女別] 男12・女16
 [年代別] 10下4・20代14・30代7・40代2・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] 中国1・ベトナム21・インド1・UAE/エジプト/シンガポール1・米国4
 [居住地] 栃木1・東京2・神奈川2・愛知1・京都1・大阪1・兵庫2・岡山1・広島2・香川10・福岡4・沖縄1
09月14日:症状 有2 無14=陽性16人 21441・21442・21443・21444・21445・21446・21447・21448・21449・21450・21451・21452・21453・21454・21455・21456
 [空港別] 成田8・羽田1・中部4・関空1・福岡2
 [男女別] 男8・女8
 [年代別] 10下2・20代6・30代8・40代0・50代0・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・インド1・ウズベキスタン3・スイス/ドイツ/フランス1・米国2
 [居住地] 青森3・栃木1・千葉1・東京3・愛知4・大阪1・愛媛1・福岡1・熊本1
09月15日:症状 有7 無18=陽性25人 21457・21458・21459・21460・21461・21462・21463・21464・21465・21466・21467・21468・21469・21470・21471・21472・21473・21474・21475・21476・21477・21478・21479・21480・21481
 [空港別] 成田6・羽田2・関空3・福岡14
 [男女別] 男7・女18
 [年代別] 10下5・20代16・30代2・40代1・50代0・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム21・インド2・エジプト1・フィジー1
 [居住地] 福島1・群馬1・東京2・新潟1・静岡1・滋賀1・大阪1・兵庫1・山口14・福岡2
09月16日:症状 有5 無6=陽性11人 21482・21483・21484・21485・21486・21487・21488・21489・21490・21491・21492
 [空港別] 成田3・羽田1・中部3・関空4
 [男女別] 男5・女6
 [年代別] 10下0・20代7・30代2・40代2・50代0・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム8・スリランカ1・イタリア1・米国1
 [居住地] 北海道1・千葉1・東京3・新潟1・岐阜1・愛知2・大阪2





空港検疫でのCOVID-19陽性確認数(到着日ベース)
・2020年4月3日〜2022年9月16日着累計(896日間):21,409人  
・本日発表された空港検疫での陽性者数:11人  
 [入国時陽性分と推定] 9月16日着 11人
 [隔離後陽性分と推定] 該当無し

異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
少ないように見える数字に騙されやすいですが、検体数が著しく少ない中での数値であることに注意が必要です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





有症状者状況
・累計:有症状4,249人・無症状17,160人=無症状率80.1%  
・本日発表された空港検疫での有症状者数:5人  

21483 中部 9月16日 20代 女性 岐阜県 ベトナム 咳、咽頭痛
21484 中部 9月16日 20代 男性 愛知県 ベトナム 咳
21488 関空 9月16日 40代 男性 大阪府 イタリア 発熱
21491 成田 9月16日 40代 女性 東京都 米国 咳、咽頭痛、発熱
21492 成田 9月16日 30代 男性 千葉県 スリランカ 咳

(入国時検査に当たる9月14日着以降)
ベトナム:中部まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
その他各国は直行便・乗継便いずれも10時間程度以上の飛行で、機内発症とみられます。(米国は機内発症か微妙な短距離路線としてグアムが含まれています)

それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。




国別陽性確認数
・10人以上の超危険国:該当無し  
・5人以上の危険国:ベトナム8人  

・複数国滞在者:0人  

・青国からの陽性者:2人  
・青国のうち無症状:該当無し  

それにしても特定国から異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。


それにしても検査も隔離も不要な安全国である青国からの「無症状」陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の青国無症状陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





団体感染疑い状況
・団体感染が疑われる事例:0組0人  
(1)連番確認(同一日同一空港着同一国からの同一地域居住者=同一団体疑い):0組0人
該当無し

(2)10歳未満(同行者がいる団体感染すり抜け疑い):0人(※は上記のうちの1人)
該当無し

それにしても団体疑い、10歳以下が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の団体疑いや10歳以下が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





強制隔離中の影響
・強制隔離中の陽性とみられる事例:0人(全体の0%)  

・対象国増2021年3月5日-2021年9月19日200日間 強制隔離中陽性563人(2.8人/日)
・対象国減2021年9月20日-2021年11月7日49日間 強制隔離中陽性79人(1.6人/日)
・対象国減2021年11月8日-2021年11月26日19日間 強制隔離中陽性23人(1.2人/日)
・対象国増2021年11月27日-2022年2月28日94日間 強制隔離中の陽性2,151人(22.8人/日)
・対象国減2022年3月1日着-2022年4月28日着の59日間 強制隔離中陽性840人(14.2人/日)
・対象国減2022年4月29日着-2022年5月31日着の33日間 強制隔離中陽性22人(0.7人/日)
・対象国壊滅2022年6月1日着-2022年9月6日着の98日間 強制隔離中陽性36人(0.4人/日)

・対象国壊滅2022年9月7日着-2022年9月13日着の6日間 強制隔離中陽性0人(0人/日)

それにしても、これだけ多数の陽性が出ているのに、強制隔離中陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる少なさが続いています。完全にすり抜け危機です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、強制隔離を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





大量すり抜け危機勃発
結果を見れば一目瞭然
隔離規制緩和は大失敗!!!
結局、隔離規制をしないとダメなんです。



新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_28085.html

ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

検疫週間速報8月5_やっと4%台 邦人6%超+複数国も邦人多いまま

◇空港検疫(週間速報)8月5週目
[罹患率]異常 やや改善でやっと4.4% 全世界赤国級
[国籍別]異常 邦人6%超、外人横這4%超
[陽性国]異常 越国百人超続く、特定国に集中?


検体100件以上で3%超4国出現
ベトナムが超危険状態継続中
邦人6%超危険/複数国邦人多
→やはりウイルス密輸の元凶は邦人。今年は旅行帰国者もいるので密輸状態悪化はまだまだ続きそうですね。


厚生労働省(厚労省)は9月16日、空港検疫での新型コロナウイルス感染症検査状況の8月5週目(8月28日〜9月3日)分の速報値を発表しました。

厚労省の速報は、週間の検体数と陽性者数を、日本国籍者、外国籍者別に、滞在国ごとに出した非常に細かいデータです。2020年11月11日以降毎週金曜日に過去4週間分が発表されています。9月16日の公表で、2020年10月4日〜2022年9月3日分が公表されたことになります。
速報のため、日々の発表のデータとかなりのズレが生じてる場合もありますが、分析に活用できます。




[罹患状況推移分析] 罹患率 減少も4%台のまま
 外人 増加中 やっと3%超 超危険状態は続く
 邦人 減少中 罹患率は6%超の超危険状態 今すぐ全検すべきレベル

2020年
10/04-10/10 検体12,421・陽性57=罹患率0.46%(日本国籍0.46%:外国籍0.46%)
10/11-10/17 検体 7,364・陽性24=罹患率0.33%(日本国籍0.29%:外国籍0.34%)
10/18-10/24 検体12,213・陽性46=罹患率0.38%(日本国籍0.39%:外国籍0.37%)
10/25-10/31 検体17,833・陽性47=罹患率0.26%(日本国籍0.22%:外国籍0.29%)
  <11/01〜入国者の多い低感染国9か国が検査解除>
11/01-11/07 検体10,589・陽性84=罹患率0.79%(日本国籍0.75%:外国籍0.83%)
11/08-11/14 検体10,823・陽性89=罹患率0.82%(日本国籍0.54%:外国籍1.02%)
11/15-11/21 検体11,627・陽性79=罹患率0.68%(日本国籍0.52%:外国籍0.79%)
11/22-11/28 検体13,789・陽性90=罹患率0.65%(日本国籍0.61%:外国籍0.65%)
11/29-12/05 検体14,226・陽性89=罹患率0.63%(日本国籍0.50%:外国籍0.74%)
12/06-12/12 検体16,488・陽性86=罹患率0.52%(日本国籍0.43%:外国籍0.64%)
12/13-12/19 検体18,554・陽性74=罹患率0.40%(日本国籍0.28%:外国籍0.62%)
12/20-12/26 検体18,835・陽性98=罹患率0.52%(日本国籍0.51%:外国籍0.54%)
12/27-01/02 検体13,123・陽性83=罹患率0.63%(日本国籍0.49%:外国籍0.75%)
2021年
01/03-01/09 検体14,098・陽性76=罹患率0.54%(日本国籍0.23%:外国籍0.72%)
  <01/09〜全入国者検査開始>
01/10-01/16 検体21,399・陽性67=罹患率0.31%(日本国籍0.31%:外国籍0.31%)
01/17-01/23 検体22,678・陽性41=罹患率0.18%(日本国籍0.31%:外国籍0.15%)
01/24-01/30 検体10,076・陽性25=罹患率0.25%(日本国籍0.12%:外国籍0.37%)
01/31-02/06 検体10,435・陽性20=罹患率0.19%(日本国籍0.13%:外国籍0.27%)
02/07-02/13 検体 9,423・陽性19=罹患率0.20%(日本国籍0.15%:外国籍0.26%)
02/14-02/20 検体 9,523・陽性19=罹患率0.20%(日本国籍0.11%:外国籍0.28%)
02/21-02/27 検体11,779・陽性23=罹患率0.20%(日本国籍0.22%:外国籍0.17%)
02/28-03/06 検体14,086・陽性29=罹患率0.21%(日本国籍0.16%:外国籍0.26%)
03/07-03/13 検体14,467・陽性27=罹患率0.19%(日本国籍0.14%:外国籍0.25%)
03/14-03/20 検体17,879・陽性49=罹患率0.27%(日本国籍0.20%:外国籍0.41%)
03/21-03/27 検体14,040・陽性42=罹患率0.30%(日本国籍0.15%:外国籍0.48%)
03/28-04/03 検体14,615・陽性70=罹患率0.48%(日本国籍0.24%:外国籍0.81%)
04/04-04/10 検体12,694・陽性62=罹患率0.49%(日本国籍0.16%:外国籍0.85%)
04/11-04/17 検体11,974・陽性74=罹患率0.62%(日本国籍0.40%:外国籍0.90%)
04/18-04/24 検体11,268・陽性60=罹患率0.53%(日本国籍0.26%:外国籍0.89%)
04/25-05/01 検体13,039・陽性95=罹患率0.73%(日本国籍0.29%:外国籍1.30%)
05/02-05/08 検体11,551・陽性82=罹患率0.71%(日本国籍0.25%:外国籍1.29%)
05/09-05/15 検体12,891・陽性50=罹患率0.39%(日本国籍0.23%:外国籍0.59%)
05/16-05/22 検体11,644・陽性39=罹患率0.33%(日本国籍0.33%:外国籍0.34%)
05/23-05/29 検体13,680・陽性32=罹患率0.23%(日本国籍0.19%:外国籍0.29%)
05/30-06/05 検体16,066・陽性40=罹患率0.25%(日本国籍0.14%:外国籍0.41%)
06/06-06/12 検体16,515・陽性17=罹患率0.10%(日本国籍0.08%:外国籍0.14%)
06/13-06/19 検体16,771・陽性44=罹患率0.26%(日本国籍0.18%:外国籍0.39%)
06/20-06/26 検体16,536・陽性45=罹患率0.27%(日本国籍0.19%:外国籍0.41%)
06/27-07/03 検体22,338・陽性60=罹患率0.27%(日本国籍0.24%:外国籍0.32%)
07/04-07/10 検体23,362・陽性79=罹患率0.34%(日本国籍0.38%:外国籍0.29%)
07/11-07/17 検体32,329・陽性97=罹患率0.30%(日本国籍0.44%:外国籍0.22%)
07/18-07/24 検体35,885・陽性67=罹患率0.19%(日本国籍0.33%:外国籍0.13%)
07/25-07/31 検体24,273・陽性89=罹患率0.37%(日本国籍0.50%:外国籍0.24%)
08/01-08/07 検体21,987・陽性94=罹患率0.43%(日本国籍0.33%:外国籍0.57%)
08/08-08/14 検体19,809・陽性78=罹患率0.39%(日本国籍0.37%:外国籍0.42%)
08/15-08/21 検体25,444・陽性101=罹患率0.40%(日本国籍0.38%:外国籍0.40%)
08/22-08/28 検体20,067・陽性69=罹患率0.34%(日本国籍0.30%:外国籍0.38%)
08/29-09/04 検体18,832・陽性86=罹患率0.46%(日本国籍0.32%:外国籍0.60%)
09/05-09/11 検体17,834・陽性78=罹患率0.44%(日本国籍0.29%:外国籍0.58%)
09/12-09/18 検体16,952・陽性56=罹患率0.33%(日本国籍0.19%:外国籍0.49%)
09/19-09/25 検体16,964・陽性56=罹患率0.33%(日本国籍0.13%:外国籍0.48%)
09/26-10/02 検体21,484・陽性71=罹患率0.33%(日本国籍0.17%:外国籍0.49%)
10/03-10/09 検体17,264・陽性43=罹患率0.25%(日本国籍0.10%:外国籍0.40%)
10/10-10/16 検体18,780・陽性46=罹患率0.24%(日本国籍0.23%:外国籍0.26%)
10/17-10/23 検体19,305・陽性45=罹患率0.23%(日本国籍0.19%:外国籍0.27%)
10/24-10/30 検体20,038・陽性34=罹患率0.17%(日本国籍0.13%:外国籍0.21%)
10/31-11/06 検体21,718・陽性58=罹患率0.27%(日本国籍0.27%:外国籍0.27%)
11/07-11/13 検体21,462・陽性47=罹患率0.22%(日本国籍0.18%:外国籍0.26%)
11/14-11/20 検体21,739・陽性45=罹患率0.21%(日本国籍0.16%:外国籍0.26%)
11/21-11/27 検体24,309・陽性46=罹患率0.19%(日本国籍0.16%:外国籍0.22%)
11/28-12/04 検体28,216・陽性71=罹患率0.25%(日本国籍0.20%:外国籍0.33%)
12/05-12/11 検体29,138・陽性86=罹患率0.30%(日本国籍0.28%:外国籍0.32%)
12/12-12/18 検体30,643・陽性167=罹患率0.54%(日本国籍0.56%:外国籍0.48%)
12/19-12/25 検体27,769・陽性321=罹患率1.16%(日本国籍1.22%:外国籍0.94%)
12/26-01/01 検体17,094・陽性494=罹患率2.89%(日本国籍2.11%:外国籍4.05%)※
01/02-01/08 検体21,488・陽性1,135=罹患率5.28%(日本国籍5.00%:外国籍5.54%)
01/09-01/15 検体20,185・陽性1,087=罹患率5.39%(日本国籍4.14%:外国籍6.42%)
01/16-01/22 検体16,973・陽性1,051=罹患率6.19%(日本国籍3.33%:外国籍8.84%)
01/23-01/29 検体16,342・陽性745=罹患率4.56%(日本国籍2.57%:外国籍6.90%)
01/30-02/05 検体15,382・陽性604=罹患率3.93%(日本国籍2.72%:外国籍5.30%)
02/06-02/12 検体16,881・陽性357=罹患率2.11%(日本国籍1.65%:外国籍2.53%)
02/13-02/19 検体18,436・陽性380=罹患率2.06%(日本国籍1.74%:外国籍2.37%)
02/20-02/26 検体20,729・陽性395=罹患率1.91%(日本国籍1.70%:外国籍2.14%)
02/27-03/05 検体26,014・陽性393=罹患率1.51%(日本国籍1.15%:外国籍1.95%)
03/06-03/12 検体32,360・陽性476=罹患率1.47%(日本国籍1.04%:外国籍2.04%)
03/13-03/19 検体44,626・陽性615=罹患率1.38%(日本国籍0.98%:外国籍1.89%)
03/20-03/26 検体51,546・陽性702=罹患率1.36%(日本国籍1.05%:外国籍1.62%)
03/27-04/02 検体63,169・陽性821=罹患率1.30%(日本国籍0.99%:外国籍1.51%)
04/03-04/09 検体62,997・陽性725=罹患率1.15%(日本国籍0.99%:外国籍1.25%)
04/10-04/16 検体63,038・陽性541=罹患率0.86%(日本国籍0.97%:外国籍0.79%)
04/17-04/23 検体64,145・陽性491=罹患率0.77%(日本国籍0.90%:外国籍0.69%)
04/24-04/30 検体68,473・陽性450=罹患率0.66%(日本国籍0.77%:外国籍0.58%)
05/01-05/07 検体69,831・陽性565=罹患率0.81%(日本国籍1.00%:外国籍0.63%)
05/08-05/14 検体83,082・陽性763=罹患率0.92%(日本国籍1.34%:外国籍0.64%)
05/15-05/21 検体79,888・陽性697=罹患率0.87%(日本国籍1.36%:外国籍0.55%)
05/22-05/28 検体78,884・陽性761=罹患率0.96%(日本国籍1.47%:外国籍0.55%)
05/29-05/31 検体30,514・陽性403=罹患率1.32%(日本国籍1.86%:外国籍0.83%)3日間
  <05/31全入国者検査終了>
06/01-06/04 検体 4,896・陽性 35=罹患率0.71%(日本国籍1.09%:外国籍0.67%)4日間
06/05-06/11 検体 7,400・陽性101=罹患率1.36%(日本国籍3.88%:外国籍0.95%)
06/12-06/18 検体 6,412・陽性115=罹患率1.79%(日本国籍5.34%:外国籍1.14%)
06/19-06/25 検体 5,871・陽性125=罹患率2.13%(日本国籍4.33%:外国籍1.59%)
06/26-07/02 検体 4,656・陽性167=罹患率3.59%(日本国籍7.59%:外国籍2.42%)
07/03-07/09 検体 4,333・陽性168=罹患率3.88%(日本国籍8.17%:外国籍2.58%)
07/10-07/16 検体 4,264・陽性171=罹患率4.01%(日本国籍7.50%:外国籍2.79%)
07/17-07/23 検体 4,547・陽性245=罹患率5.39%(日本国籍7.75%:外国籍4.49%)
07/24-07/30 検体 4,242・陽性263=罹患率6.20%(日本国籍10.69%:外国籍4.55%)
07/31-08/06 検体 3,640・陽性193=罹患率5.30%(日本国籍7.89%:外国籍4.20%)
08/07-08/13 検体 3,524・陽性203=罹患率5.76%(日本国籍8.48%:外国籍4.55%)
08/14-08/20 検体 3,933・陽性221=罹患率5.62%(日本国籍8.64%:外国籍4.19%)
08/21-08/27 検体 4,217・陽性229=罹患率5.43%(日本国籍7.37%:外国籍4.69%)

08/28-09/03 検体 4,345・陽性194=罹患率4.46%(日本国籍6.44%:外国籍3.84%)




・検体数(発表値)
 日本人:1,040件 前週比-127の急減
 外国人:3,305件 前週比+255の急増
 合 計:4,345件 前週比+128の急増
日外比率は前週1:2.61→今週1:3.18で、外国籍者の増加が目立ちました。
検査対象が全入国者になっています。検査数(≒入国者)の多さは、ベトナム、検査不要のはずの青国の米国、インド、スリランカ、トルコの順でした。

・陽性数(発表値)
 日本人: 67人 前週比-19の急減
 外国人:127人 前週比-16の急減
 合 計:194人 前週比-35の急減
日外比率は前週1:1.66→今週1:1.90です。日本国籍者が一気に減り、外国籍者が一気に増えました。(検体数の偏りからすると、日本国籍者に異常過ぎる偏りになっています。)

・罹患率(計算値)
 日本人:6.44% 前週比-0.93Pと急減(改善)。
 外国人:3.84% 前週比-0.85Pと急減(改善)。
 合 計:4.46% 前週比-0.97Pと急減(改善)。

この結果、罹患率は、日本国籍者、外国籍者ともに急減(改善)でした。日本国籍者はまだまだ6%超、外国籍者は3%超の超危険状態が続いています。
全体の罹患率は前週5.43%→今週4.46%と連続で急減(改善)。4%台まで下がってきましたが、まだまだ異常状態のままです。

日本国籍者の方が状況は著しく悪いです。




[検体数]傾向変わらず千件超はベトナムのみ
 黄国化でパキスタン激減
 青国の米国が謎の多い状態続く

最 多 ベトナム:2,415件(前週比+34)=5月末まで(推定9,079件)と比較し-73.4%の急減。
二番目 米  国: 296件(前週比+42)=5月末まで(推定17,071件)と比較し-98.2%の急減。青国ですので、有症状者がいなければゼロ人のはずです。異常に多いのは何か理由があるのでしょうか。多い状態が続いてい異常に不気味な存在です。
三番目 イ ン ド: 294件(前週比-18)=5月末まで(推定1,526件)と比較し-80.7%の急減。
四番目 スリランカ: 241件(前週比+73)=5月末まで(推定476件)と比較し-49.4%の急減。
五番目 ト ル コ: 135件(前週比-1)

100件以上だったのは、上記にウズベキスタン、パキスタンを加えた7か国のみ、千件超は1か国(前週比±0)でした。
黄国化されたパキスタンは7番目まで下っています。かなりのすり抜けが危惧されます。
6番目に入ったウズベキスタンは圧倒的に外国籍者が多いです(日16/外104)。

6月1日から提供座席数制限が1万人から2万人に2倍に増加しており、5月末までと比べると単純に検体数は2倍になるはずですが、減少が続いています。ここのところ傾向はほとんど変わらない状況です。

一部検査無しの人もいる黄国は、減った分は検査未対象者と推定できます。
インドは8割程の減少。入国者が2.0倍になっているのだとすると、検査対象はわずかに入国者の10人に1人程度(=0.2/2.0)と推定できます。
ベトナムは7割程の減少。入国者が2.0倍になっているのだとすると、検査対象はわずかに入国者の7人に1人程度(=0.3/2.0)と推定できます。
スリランカは5割程の減少。少し入国者が増えているのでしょうか?入国者が2.0倍になっているのだとすると、検査対象は入国者の4人に1人程度(=0.5/2.0)と推定できます。


=======================
検体数の変化状況

<入国者の多い国>
米 国
 5月5週目3日間:7,316件(7日間換算で17,071)
 6月1週目4日間:2件(7日間換算で4)
 6月2週目7日間:51件
 6月3週目7日間:198件(日20/外178) 青国なのに異常な急増中!
 6月4週目7日間:210件(日23/外187) 青国なのに異常な急増中!
 6月5週目7日間:237件(日33/外204) 青国なのに異常な急増中!
 7月1週目7日間:272件(日16/外256) 青国なのに異常な急増中!邦人帰国有症隠し増加?
 7月2週目7日間:302件(日22/外280) 青国なのに異常な急増中!邦人帰国有症隠し増加?
 7月3週目7日間:305件(日29/外276) 青国なのに異常な急増中!邦人帰国有症隠し増加?
 7月4週目7日間:323件(日26/外297) 青国なのに異常な急増中!邦人帰国有症隠し増加?
 8月1週目7日間:372件(日25/外347) 青国なのに異常な急増中!邦人帰国有症隠し増加?
 8月2週目7日間:331件(日25/外306) 青国なのに多い状況継続中!
 8月3週目7日間:328件(日34/外294) 青国なのに多い状況継続中!
 8月4週目7日間:254件(日11/外243) 青国なのに多い状況継続中!
 8月5週目7日間:296件(日31/外265) 青国なのに多い状況継続中!
ベトナム
 5月5週目3日間:3,891件(7日間換算で9,079)
 6月1週目4日間:2,218件(7日間換算で3,882)
 6月2週目7日間:3,326件
 6月3週目7日間:2,835件(日349/外2,486)
 6月4週目7日間:2,688件(日425/外2,263)
 6月5週目7日間:2,136件(日348/外1,788)
 7月1週目7日間:1,799件(日353/外1,446)
 7月2週目7日間:1,853件(日474/外1,379)
 7月3週目7日間:1,888件(日556/外1,332)
 7月4週目7日間:2,112件(日533/外1,579)
 8月1週目7日間:1,827件(日511/外1,316)
 8月2週目7日間:1,975件(日536/外1,439)
 8月3週目7日間:2,249件(日666/外1,583)
 8月4週目7日間:2,381件(日551/外1,830)
 8月5週目7日間:2,415件(日476/外1,940)
フィリピン
 5月5週目3日間:2,172件(7日間換算で5,068)
 6月1週目4日間:4件(7日間換算で7)
 6月2週目7日間:10件
 6月3週目7日間:9件
 6月4週目7日間:17件
 6月5週目7日間:21件
 7月1週目7日間:28件
 7月2週目7日間:16件
 7月3週目7日間:22件
 7月4週目7日間:28件
 8月1週目7日間:23件
 8月2週目7日間:21件
 8月3週目7日間:35件
 8月4週目7日間:19件
 8月5週目7日間:20件
タ イ
 5月5週目3日間:1,619件(7日間換算で3,778)
 6月1週目4日間:16件(7日間換算で28)
 6月2週目7日間:35件
 6月3週目7日間:52件(日25/外27) 青国なのに増加中!
 6月4週目7日間:36件(日21/外15)
 6月5週目7日間:43件(日26/外17)
 7月1週目7日間:59件(日35/外24) 青国なのに増加中!
 7月2週目7日間:49件(日36/外13)
 7月3週目7日間:64件(日43/外21) 青国なのに増加中!
 7月4週目7日間:66件(日45/外21) 青国なのに増加中!
 8月1週目7日間:46件
 8月2週目7日間:70件(日52/外18) 青国なのに多い状況継続中!
 8月3週目7日間:62件(日46/外16) 青国なのに多い状況継続中!
 8月4週目7日間:68件(日54/外14) 青国なのに多い状況継続中!
 8月5週目7日間:49件(日32/外17)
中 国香港、澳門 含む)
 5月5週目3日間:1,515件(7日間換算で3,535)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:1件
 6月3週目7日間:1件
 6月4週目7日間:3件
 6月5週目7日間:0件
 7月1週目7日間:3件
 7月2週目7日間:7件
 7月3週目7日間:12件
 7月4週目7日間:7件
 8月1週目7日間:3件
 8月2週目7日間:4件
 8月3週目7日間:4件
 8月4週目7日間:7件
 8月5週目7日間:4件
韓 国
 5月5週目3日間:1,447件(7日間換算で3,376)
 6月1週目4日間:3件(7日間換算で5)
 6月2週目7日間:3件
 6月3週目7日間:5件
 6月4週目7日間:11件
 6月5週目7日間:8件
 7月1週目7日間:6件
 7月2週目7日間:25件
 7月3週目7日間:20件
 7月4週目7日間:17件
 8月1週目7日間:19件
 8月2週目7日間:22件
 8月3週目7日間:30件 飛行時間短い青国なのに多い状況継続中!(有症状の時のみ検査すると推定すると短距離での発症の多さは異常)
 8月4週目7日間:39件 飛行時間短い青国なのに多い状況継続中!(有症状の時のみ検査すると推定すると短距離での発症の多さは異常)
 8月5週目7日間:32件 飛行時間短い青国なのに多い状況継続中!(有症状の時のみ検査すると推定すると短距離での発症の多さは異常)
シンガポール
 5月5週目3日間:1,323件(7日間換算で3,087)
 6月1週目4日間:13件(7日間換算で23)
 6月2週目7日間:15件
 6月3週目7日間:19件
 6月4週目7日間:30件
 6月5週目7日間:23件
 7月1週目7日間:19件
 7月2週目7日間:20件
 7月3週目7日間:28件
 7月4週目7日間:28件
 8月1週目7日間:8件
 8月2週目7日間:16件
 8月3週目7日間:17件
 8月4週目7日間:44件(日22/外22)
 8月5週目7日間:42件(日21/外21)
ネパール
 5月5週目3日間:966件(7日間換算で2,254)
 6月1週目4日間:1,145件(7日間換算で2,004)
 6月2週目7日間:1,464件
 6月3週目7日間:1,298件(日15/外1,283)
 6月4週目7日間:991件(日22/外969)
 6月5週目7日間:602件(日16/外586)
 7月1週目7日間:588件(日 7/外581)
 7月2週目7日間:483件(日15/外468)
 7月3週目7日間:385件(日14/外371)
 7月4週目7日間:153件(日 5/外148)
 8月1週目7日間:0件 青国化で一気に消滅!(これまでの傾向と、他国の発症状況を見るともう少し有症状者がいてもおかしくないのに、、、)
 8月2週目7日間:1件 青国化で一気に消滅!(これまでの傾向と、他国の発症状況を見るともう少し有症状者がいてもおかしくないのに、、、)
 8月3週目7日間:0件 青国化で一気に消滅!(これまでの傾向と、他国の発症状況を見るともう少し有症状者がいてもおかしくないのに、、、)
 8月4週目7日間:2件 青国化で一気に消滅!(これまでの傾向と、他国の発症状況を見るともう少し有症状者がいてもおかしくないのに、、、)
 8月5週目7日間:1件 青国化で一気に消滅!(これまでの傾向と、他国の発症状況を見るともう少し有症状者がいてもおかしくないのに、、、)
インドネシア
 5月5週目3日間:895件(7日間換算で2,088)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:3件
 6月3週目7日間:10件
 6月4週目7日間:10件
 6月5週目7日間:14件
 7月1週目7日間:8件
 7月2週目7日間:8件
 7月3週目7日間:19件
 7月4週目7日間:21件
 8月1週目7日間:22件
 8月2週目7日間:23件
 8月3週目7日間:6件
 8月4週目7日間:11件
 8月5週目7日間:12件
英 国
 5月5週目3日間:731件(7日間換算で1,706)
 6月1週目4日間:1件(7日間換算で2)
 6月2週目7日間:13件
 6月3週目7日間:6件
 6月4週目7日間:15件
 6月5週目7日間:9件
 7月1週目7日間:18件
 7月2週目7日間:18件
 7月3週目7日間:11件
 7月4週目7日間:10件
 8月1週目7日間:22件
 8月2週目7日間:10件
 8月3週目7日間:13件
 8月4週目7日間:12件
 8月5週目7日間:10件
ドイツ
 5月5週目3日間:685件(7日間換算で1,598)
 6月1週目4日間:5件(7日間換算で9)
 6月2週目7日間:15件
 6月3週目7日間:11件
 6月4週目7日間:7件
 6月5週目7日間:7件
 7月1週目7日間:13件
 7月2週目7日間:6件
 7月3週目7日間:11件
 7月4週目7日間:20件
 8月1週目7日間:15件
 8月2週目7日間:10件
 8月3週目7日間:9件
 8月4週目7日間:10件
 8月5週目7日間:7件
インド
 5月5週目3日間:654件(7日間換算で1,526)
 6月1週目4日間:592件(7日間換算で1,036)
 6月2週目7日間:1,026件
 6月3週目7日間:837件(日225/外612)
 6月4週目7日間:739件(日202/外537)
 6月5週目7日間:554件(日172/外382)
 7月1週目7日間:397件(日118/外279)
 7月2週目7日間:429件(日140/外289)
 7月3週目7日間:489件(日173/外316)
 7月4週目7日間:405件(日144/外261)
 8月1週目7日間:342件(日137/外205)
 8月2週目7日間:229件(日101/外128)
 8月3週目7日間:270件(日104/外166)
 8月4週目7日間:312件(日105/外207)
 8月5週目7日間:294件(日 86/外208)
フランス
 5月5週目3日間:641件(7日間換算で1,496)
 6月1週目4日間:3件(7日間換算で5)
 6月2週目7日間:11件
 6月3週目7日間:8件
 6月4週目7日間:13件
 6月5週目7日間:18件
 7月1週目7日間:11件
 7月2週目7日間:23件
 7月3週目7日間:16件
 7月4週目7日間:18件
 8月1週目7日間:3件
 8月2週目7日間:7件
 8月3週目7日間:15件
 8月4週目7日間:18件
 8月5週目7日間:15件
豪 州
 5月5週目3日間:496件(7日間換算で1,157)
 6月1週目4日間:1件(7日間換算で2)
 6月2週目7日間:5件
 6月3週目7日間:13件
 6月4週目7日間:8件
 6月5週目7日間:8件
 7月1週目7日間:11件
 7月2週目7日間:12件
 7月3週目7日間:9件
 7月4週目7日間:4件
 8月1週目7日間:22件
 8月2週目7日間:8件
 8月3週目7日間:14件
 8月4週目7日間:12件
 8月5週目7日間:10件
カナダ
 5月5週目3日間:462件(7日間換算で1,078)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:1件
 6月3週目7日間:3件
 6月4週目7日間:2件
 6月5週目7日間:3件
 7月1週目7日間:2件
 7月2週目7日間:13件
 7月3週目7日間:7件
 7月4週目7日間:7件
 8月1週目7日間:6件
 8月2週目7日間:8件
 8月3週目7日間:3件
 8月4週目7日間:1件
 8月5週目7日間:2件

<デルタ株等で10日間隔離経験国>※インド、インドネシア、ネパールは上述
アフガニスタン
 5月5週目3日間:12件(7日間換算で28)
 6月1週目4日間:2件(7日間換算で4)
 6月2週目7日間:3件
 6月3週目7日間:2件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:3件
 7月1週目7日間:2件
 7月2週目7日間:1件
 7月3週目7日間:3件
 7月4週目7日間:1件
 8月1週目7日間:1件
 8月2週目7日間:0件
 8月3週目7日間:0件
 8月4週目7日間:0件
 8月5週目7日間:1件
キルギス
 5月5週目3日間:16件(7日間換算で37)
 6月1週目4日間:3件(7日間換算で5)
 6月2週目7日間:0件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:1件
 6月5週目7日間:2件
 7月1週目7日間:3件
 7月2週目7日間:2件
 7月3週目7日間:1件
 7月4週目7日間:4件
 8月1週目7日間:0件
 8月2週目7日間:1件
 8月3週目7日間:4件
 8月4週目7日間:1件
 8月5週目7日間:2件
ザンビア
 5月5週目3日間:6件(7日間換算で14)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:0件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:1件
 7月1週目7日間:1件
 7月2週目7日間:0件
 7月3週目7日間:1件
 7月4週目7日間:0件
 8月1週目7日間:0件
 8月2週目7日間:0件
 8月3週目7日間:2件
 8月4週目7日間:1件
 8月5週目7日間:0件
スリランカ
 5月5週目3日間:204件(7日間換算で476)
 6月1週目4日間:190件(7日間換算で333)
 6月2週目7日間:164件
 6月3週目7日間:166件(日12/外154)
 6月4週目7日間:125件(日15/外110)
 6月5週目7日間:133件(日11/外122)
 7月1週目7日間:143件(日15/外128)
 7月2週目7日間:112件(日10/外102)
 7月3週目7日間:131件(日 9/外122)
 7月4週目7日間:129件(日 7/外122)
 8月1週目7日間:118件(日 9/外109)
 8月2週目7日間:124件(日21/外103)
 8月3週目7日間:102件(日15/外87)
 8月4週目7日間:168件(日27/外141)
 8月5週目7日間:241件(日17/外224)
パキスタン
 5月5週目3日間:155件(7日間換算で362)
 6月1週目4日間:343件(7日間換算で600)
 6月2週目7日間:578件
 6月3週目7日間:376件(日52/外324)
 6月4週目7日間:209件(日37/外172)
 6月5週目7日間:219件(日67/外152)
 7月1週目7日間:312件(日81/外231)
 7月2週目7日間:280件(日53/外227)
 7月3週目7日間:370件(日72/外298)
 7月4週目7日間:250件(日44/外206)
 8月1週目7日間:127件(日15/外112) 黄国化で一気に急減!
 8月2週目7日間: 96件(日10/外86) 黄国化で一気に急減!
 8月3週目7日間: 64件(日 9/外55) 黄国化で一気に急減!
 8月4週目7日間: 97件(日14/外83) 黄国化で一気に急減!
 8月5週目7日間:103件(日15/外88) 黄国化で一気に急減!
バングラデシュ
 5月5週目3日間:249件(7日間換算で581)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:2件
 6月3週目7日間:3件
 6月4週目7日間:2件
 6月5週目7日間:2件
 7月1週目7日間:1件
 7月2週目7日間:0件
 7月3週目7日間:2件
 7月4週目7日間:0件
 8月1週目7日間:1件
 8月2週目7日間:5件
 8月3週目7日間:0件
 8月4週目7日間:1件
 8月5週目7日間:2件
モルディブ
 5月5週目3日間:14件(7日間換算で33)
 6月1週目4日間:4件(7日間換算で7)
 6月2週目7日間:5件
 6月3週目7日間:7件
 6月4週目7日間:40件(日33/外7) 急増
 6月5週目7日間:20件(日16/外4)
 7月1週目7日間:12件(日10/外2)
 7月2週目7日間:9件
 7月3週目7日間:17件(日 9/外8)
 7月4週目7日間:25件(日20/外5)
 8月1週目7日間:20件(日19/外1)
 8月2週目7日間:33件(日33/外0)
 8月3週目7日間:36件(日29/外7)
 8月4週目7日間:49件(日41/外8) 急増
 8月5週目7日間:47件(日42/外5) 急増

<オミクロン株で10日間隔離経験国>※ザンビアは上述
アンゴラ
 5月5週目3日間:1件(7日間換算で2)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:24件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:1件
 6月5週目7日間:0件
 7月1週目7日間:1件
 7月2週目7日間:2件
 7月3週目7日間:0件
 7月4週目7日間:0件
 8月1週目7日間:1件
 8月2週目7日間:1件
 8月3週目7日間:1件
 8月4週目7日間:4件
 8月5週目7日間:1件
エスワティニ
 5月5週目3日間:0件(7日間換算で0)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:0件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:0件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:0件
 7月3週目7日間:0件
 7月4週目7日間:0件
 8月1週目7日間:1件
 8月2週目7日間:0件
 8月3週目7日間:0件
 8月4週目7日間:0件
 8月5週目7日間:0件
コンゴ民主共和国
 5月5週目3日間:2件(7日間換算で5)
 6月1週目4日間:2件(7日間換算で4)
 6月2週目7日間:3件
 6月3週目7日間:8件
 6月4週目7日間:6件
 6月5週目7日間:4件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:2件
 7月3週目7日間:5件
 7月4週目7日間:1件
 8月1週目7日間:6件
 8月2週目7日間:3件
 8月3週目7日間:0件
 8月4週目7日間:3件
 8月5週目7日間:5件
ジンバブエ
 5月5週目3日間:3件(7日間換算で7)
 6月1週目4日間:2件(7日間換算で4)
 6月2週目7日間:2件
 6月3週目7日間:0件
 6月3週目7日間:5件
 6月5週目7日間:2件
 7月1週目7日間:6件
 7月2週目7日間:1件
 7月3週目7日間:5件
 7月4週目7日間:3件
 8月1週目7日間:1件
 8月2週目7日間:0件
 8月3週目7日間:6件
 8月4週目7日間:2件
 8月5週目7日間:11件
ナミビア
 5月5週目3日間:0件(7日間換算で0)
 6月1週目4日間:1件(7日間換算で2)
 6月2週目7日間:3件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:6件
 6月5週目7日間:1件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:3件
 7月3週目7日間:1件
 7月4週目7日間:0件
 8月1週目7日間:0件
 8月2週目7日間:1件
 8月3週目7日間:4件
 8月4週目7日間:3件
 8月5週目7日間:0件
ボツワナ
 5月5週目3日間:1件(7日間換算で2)
 6月1週目4日間:1件(7日間換算で2)
 6月2週目7日間:18件
 6月3週目7日間:1件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:3件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:3件
 7月3週目7日間:2件
 7月4週目7日間:0件
 8月1週目7日間:3件
 8月2週目7日間:5件
 8月3週目7日間:2件
 8月4週目7日間:5件
 8月5週目7日間:1件
マラウイ
 5月5週目3日間:6件(7日間換算で14)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:0件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:0件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:0件
 7月3週目7日間:0件
 7月4週目7日間:0件
 8月1週目7日間:0件
 8月2週目7日間:1件
 8月3週目7日間:0件
 8月4週目7日間:0件
 8月5週目7日間:1件
南アフリカ
 5月5週目3日間:37件(7日間換算で86)
 6月1週目4日間:1件(7日間換算で2)
 6月2週目7日間:1件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:2件
 6月5週目7日間:2件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:1件
 7月3週目7日間:0件
 7月4週目7日間:3件
 8月1週目7日間:3件
 8月2週目7日間:0件
 8月3週目7日間:1件
 8月4週目7日間:0件
 8月5週目7日間:3件
モザンビーク
 5月5週目3日間:12件(7日間換算で28)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:0件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:0件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:0件
 7月3週目7日間:0件
 7月4週目7日間:0件
 8月1週目7日間:1件
 8月2週目7日間:0件
 8月3週目7日間:0件
 8月4週目7日間:0件
 8月5週目7日間:0件
レソト
 5月5週目3日間:0件(7日間換算で0)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:0件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:0件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:0件
 7月3週目7日間:1件
 7月4週目7日間:0件
 8月1週目7日間:0件
 8月2週目7日間:0件
 8月3週目7日間:0件
 8月4週目7日間:0件
 8月5週目7日間:0件

青国()は、原則検査不要国です。
入国者数は分かりませんが、検体数を見てみると、なぜか欧米の青国で十人単位で検体が出ている国があります。唯一「有症状」の場合に、入国時検査になると推定されますが、超安全なはずなのに有症状者が多い国ということであり、非常に危険です。
「有症状」の場合にのみ入国時検査になると推定されていますが、なぜか「無症状」でも陽性者が出ている場合があります。
「無症状」の場合、「72時間前検査をしていないため、入国時検査で代用」した可能性が考えられますが、公式には、強制退去対象になることになっていますし、対象になるとすると日本人のみと考えられます。ところが、米国は検体数が296件も出ていますが、入国者に日本人が多いにもかかわらず、検体のほとんどが外国人。一方でタイなどは日本人の方が多く、米国特有の何かがある可能性があります(キチガイ関係だとは思いますが、、、)。

黄国()も、減少気味でしょうか。検査対象外となるワクチン接種等が進んでいることも一因とみられます。

は6月1日以降の国分けの色を示したものです。(中国は、本土と香港は青、澳門は黄)
それにしてもアフリカは入国者数少ないのに黄国が多いですね。入国者数が少ないということはすり抜けられても国内への影響は少ないのですが、、、。ウイルスを入れない検疫の考え方を優先するなら、入国者の多い国こそ積極的に赤や黄側に指定すべきもので、この指定一つとってみても、検疫は二の次であることが分かります。
この青黄赤指定は、陽性率で判断しているとか検査の信用度で分類しているとかいった報道もありました。実際には現地感染や空港検疫での感染状況(罹患率)にもあっておらず、検査の信頼度は図りようがないので、基準が不明確です。
上記のような分析をしてみると、細かくは見ていませんが、何となく、日本国籍者の多い国は優先的に青、外国籍者の多い国は優先的に黄や赤としているように見えます。まさか人種で判断してないですよね、、、。

ちなみに、この国分けをする基準として、一部の報道で「現地検査の不正確さ」を考慮していると報じられています。仮にそうなのだとすると、青国なのに296件も検査対象者が出て、15人も陽性者がいる米国こそ、「現地検査の不正確」な危険国家と言わざるを得ませんが、、、。
キチガイが72時間前検査を免除されているのなら、現地検査の不正確さは無関係になるので、その点では納得なわけですが、一方で、免除されていることが問題になります。いずれにせよ、おかしなことになってしまいます。そして、有症状がこれだけの人数がいたのだとすると、陽性じゃなくても「風邪ひいた状態で飛行機乗るなよ」状態ですね。どう捉えても異常です。





[陽性者数多い国分析] 29か国から発生 特定国に集中?
 ベトナム、米国、スリランカ、インドは今すぐ規制すべきレベル


今週陽性者が確認されたのは、前週に続いて陽性者が出ているベトナム30、米国・、スリランカ11、インド17、フランス2、シンガポール2、ウズベキスタン10、マレーシア2、タイ12、スイス1、韓国5、インドネシア1、モルディブ1、トルコ12、イタリア2などを含めて29か国(前週比+5)からの入国者に陽性者が出ました。一気に増加に転換しています。

フィリピンが9週ぶりに陽性者が出ませんでした
ネパールは立て続けに陽性者が出ていませんが、青国になった途端陽性者確認ゼロですから、実際には陽性者が多数いるのに捉えられていない、明らかなすり抜け危機ですね。パキスタンは黄国なので検査している人はいますから、ゼロ人はすり抜け危機かどうかの判断が難しいです。

青国が原則検査無しになりましたので、国数としては5月末までと比べると爆減するはずですが、欧米を中心に再び増加傾向です。原則検査が必要ないのに、普通に陽性者がいる(しかも有症状が多い)わけですから、それだけ危険ということですね。


==========================
[ベトナム] この週は強制隔離なし!!!!!
現地感染は収まり気味なのにいつまで経っても陽性者確認が続くベトナムが最悪。今週も百人超の121人(前週比-27)。激烈に危険な状況です。
・日本人:検体 475件(前週比 -76)/陽性27人(前週比-11)/前週6.90%→今週5.68%
・外国人:検体1,940件(前週比+110)/陽性94人(前週比-16)/前週6.01%→今週4.85%
日本国籍者は5%、外国籍者は4%超の非常に危険な状態が続いています。全体の罹患率は5%超です。
検体数が7割程減っており、検査対象になっていない人が相当いるとみられます。検査している国なのに、すり抜けが相当増えている可能性があります。

20人以上だったのは1か国(前週比±0)でした。

[米 国] この週は強制隔離なし!!!!!
15人(前週比+8)。多めが続いており、非常に危険な状況です。
・日本人:検体 31件(前週比+20)/陽性11人(前週比+8)/前週27.27%→今週35.48%
・外国人:検体265件(前週比+22)/陽性 4人(前週比±0)/前週1.65%→今週1.51%
日本国籍者は27%超の異常に危険な状態、外国籍者は1%超の非常に危険な状態です。全体の罹患率は5%超の非常に危険な状況です。
陽性者が日本国籍者に異常に偏りました。異常に危険です。

[スリランカ] この週は強制隔離なし!!!!!
11人(前週比+6)。多めが続いており、非常に危険な状況です。
・日本人:検体 17件(前週比-10)/陽性 1人(前週比+1)/前週0%→今週5.88%
・外国人:検体224件(前週比+83)/陽性10人(前週比+5)/前週3.55%→今週4.46%
日本国籍者は5%超、外国籍者は4%超の非常に危険な状態です。全体の罹患率は4%超の非常に危険な状況です。

[インド] この週は強制隔離なし!!!!!
11人(前週比-8)。急減したもののまだ人数は多く、非常に危険な状況です。
・日本人:検体 86件(前週比-19)/陽性4人(前週比-4)/前週7.62%→今週4.65%
・外国人:検体208件(前週比 +1)/陽性7人(前週比-4)/前週5.31%→今週3.37%
日本国籍者は4%超、外国籍者は3%超の非常に危険な状態です。全体の罹患率は3%超の非常に危険な状況です。
検体数が8割程減っており、検査対象になっていない人が相当いるとみられます。検査している国なのに、すり抜けが相当増えている可能性があります。

10人超えは、以上の4か国(前週比+2)。今週は少し国数が増えました。
検査国でも、黄国ですら相当のすり抜けが出ている可能性があり、赤国以外特徴が全く読めなくなってしまっています。



==========================
[その他の国]
10人未満のその他の国の状況です。

9人:0か国
8人:0か国
7人:0か国
6人:0か国
5人:0か国
4人:0か国

3人:3か国 フランス(前週比+2)、シンガポール(前週比-2)、ウズベキスタン(前週比+2)
フランスは、日2・外1。罹患率は、日本国籍者は20%、外国籍者は20%の異常に危険な状態。全体では20%の異常に危険な状態です。
シンガポールは、日3・外0。日本国籍者に偏りました。罹患率は、日本国籍者は14%超の異常に危険な状態。全体では7%超の非常に危険な状態です。
ウズベキスタンは、日2・外1。罹患率は、日本国籍者は12%超の異常に危険な状態。一方で外国籍者は1%未満に収まりました。全体では2%超の非常に危険な状態です。

2人:5か国 インドネシア(前週比-3)、韓国(前週比+1)、スイス(前週比-3)、タイ(前週比-5)、マレーシア(前週比-1)
マレーシアは2人とも日本国籍者、韓国は2人とも外国籍者、残り3か国は日外1人ずつでした。

1人:17か国 +6か国の急増
(日本国籍者)イタリア、英国、エジプト、オマーン、コスタリカ、スペイン、チュニジア、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、マルタ、モルディブ
(外国籍者)台湾、中国、トルコ、ナイジェリア、パキスタン

外国籍者は特定国に集中している印象です。
国数は増加。1人の国が前週比+6か国と急増。人数の少ない国と多すぎる国に完全に分かれており、特定国に完全集中傾向が続いています。
4か国は、毎日発表で複数国滞在のみの国です。




[罹患率高い国分析] 陽性確認29か国中23か国が1%超え

罹患率1%超えが23か国(前週比-12)。うち罹患率10%超えは15か国(前週比+3)です。

・検体数100人以上または陽性者数10人以上の国には◆印をつけました。◆印付きの国は特に危険な国家と言えるかと思います。
」「」「」の表示は、6月1日からの区分です。


==========================
[10%超えの超異常/超危険国・地域]
最悪 (青)[欧州]デンマーク:100.00%(検体1件中1人陽性=全員邦人)
最悪 (青)[中米]コスタリカ:100.00%(検体1件中1人陽性=全員邦人)
(青)[欧州]ノルウェー:50.00%(検体2件中1人陽性=邦人 検体1件中1人陽性)
(青)[阿州]ナイジェリア:50.00%(検体2件中1人陽性=全員外人)
(青)[欧州]スイス:40.00%(検体5件中2人陽性=邦人 検体2件中1人陽性)
(黄)[中東]オマーン:33.33%(検体3件中1人陽性=邦人 検体2件中1人陽性)
(青)[東亜]中 国:25.00%(検体4件中1人陽性=外人 検体2件中1人陽性)
(青)[東亜]台 湾:25.00%(検体4件中1人陽性=外人 検体2件中1人陽性)
(青)[欧州]イタリア:25.00%(検体4件中1人陽性=全員邦人)
(青)[欧州]フランス:20.00%(検体15件中3人陽性=邦人 検体10件中2人陽性)
(青)[東南]インドネシア:16.67%(検体12件中2人陽性=邦人 検体6件中1人陽性)
(青)[欧州]ドイツ:14.29%(検体7件中1人陽性=邦人 検体5件中1人陽性)
(青)[欧州]スペイン:14.29%(検体7件中1人陽性=邦人 検体5件中1人陽性)
(青)[東南]マレーシア:11.76%(検体17件中2人陽性=邦人 検体4件中2人陽性)
(青)[欧州]英 国:10.00%(検体10件中1人陽性=邦人 検体7件中1人陽性)

二桁割合の超異常国は15か国(前週比+3)でした。青国は有症状者などごく少数しか検査しないため、罹患率が跳ね上がっています。
国数は前週から大幅減少。だいぶ減ってきています。割合の高い国は邦人が多い印象です。



==========================
[1%超えの異常/危険国・地域]
(青)[東南]シンガポール:7.14%(検体42件中3人陽性=邦人 検体21件中3人陽性)
(青)[東亜]韓 国:6.25%(検体32件中2人陽性=外人 検体16件中2人陽性)
(青)[北米]◆米 国:5.07%(検体296件中15人陽性=邦人 検体31件中11人陽性)
(黄)[東南]◆◆ベトナム:5.01%(検体2,415件中121人陽性=邦人 検体475件中27人陽性)
(黄)[南亜]◆スリランカ:4.56%(検体241件中11人陽性=邦人 検体17件中1人陽性)

(黄)[欧州]マルタ:4.35%(検体23件中1人陽性=全員邦人)
(青)[東南]タ イ:4.08%(検体49件中2人陽性=外人 検体17件中1人陽性)
(黄)[南亜]◆インド:3.74%(検体294件中11人陽性=邦人 検体86件中4人陽性)
▲自動的に機内の全員が濃厚接触者となる超危険な罹患率(3%以上)▲
(黄)[中央]ウズベキスタン:2.50%(検体120件中3人陽性=邦人 検体16件中2人陽性)
(黄)[阿州]チュニジア:2.33%(検体43件中1人陽性=邦人 検体25件中1人陽性)
(黄)[阿州]エジプト:2.22%(検体45件中1人陽性=邦人 検体21件中1人陽性)
(黄)[南亜]モルディブ:2.13%(検体47件中4人陽性=邦人 検体42件中1人陽性)
▲オミクロン前の空港検疫の最悪の時の瞬間罹患率(約1.2%)=2020年11月の外人新規入国解禁・低感染国無検査化による濃化(自動的悪化)直後▲
▲搭乗者数上限100人搭乗だと自動的に機内に2人以上陽性がいる危険な罹患率(1%以上)▲
▼日本の第六波(オミクロン後)で最悪の時の罹患率(約0.7%)▼
▼オミクロン前の空港検疫の罹患率平均(約0.3〜0.4%)▼
▼日本の第五波(オミクロン前)で最悪の時の罹患率(約0.2%)▼


1%(100人に1人陽性)超えは以上の27か国(前週比+4)でした。
邦人の悪い国が目立ちます。

3%以上で検体100件以上の国が出ました。米国、ベトナム、スリランカ、インドです。異常です。常連だったパキスタンは黄国化によってか、今週も消滅。

陽性者発生も1%未満だったのは、2か国(前週比+1)でした。3%未満もジリジリ増えています。


少なくとも、検体100件以上で3%超の国は今すぐ赤国、検体100件未満でも3%超の国は今すぐ黄国すべき危険なレベルですね。


==========================
[連続で10%超えの超異常国] 3か国(前週比+2)
スイス、インドネシア、マレーシア
[連続で1%超えの異常国] 9か国(前週比-3)
イタリア、フランス、シンガポール、韓国、◆米国、◆◆ベトナム、◆スリランカ、タイ、◆インド、モルディブ
「2週連続で1%超の異常な国」は12か国(前週比-1)で減少傾向が続いています。常連国ばかりになってきていると言えます。




毎週データは更新されているようですので、今後も注視していきます。

週間速報内容
2022/08/28-2022/09/03
全検査
合計 検体4,345/陽性194 4.46%↓ 急減(改善)
邦人 検体1,040/陽性 67 6.44%↓ 急減(改善)
外人 検体3,305/陽性127 3.84%↓ 急減(改善)


検体数の多い国
(黄)ベトナム:合計 検体2,415、陽性121=5.01% <悪化状態継続中>
  日本人 検体 475、陽性27=5.68% <悪化状態継続中>
  外国人 検体1,940、陽性94=4.85% <悪化状態継続中>
(青)米  国:合計 検体296、陽性11=3.74% <悪化状態継続中>
  日本人 検体 31、陽性11=35.48% <激烈に危険状態!!>
  外国人 検体 265、陽性 4=1.51%
(黄)イ ン ド:合計 検体294、陽性11=3.74% <悪化状態継続中>
  日本人 検体 86、陽性 4=4.65% <悪化状態継続中>
  外国人 検体 208、陽性 7=3.37% <悪化状態継続中>
(黄)スリランカ:合計 検体241、陽性11=4.56%<急激悪化>
  日本人 検体 17、陽性 1=5.88% <急激悪化>
  外国人 検体 224、陽性10=4.46% <悪化状態継続中>
(黄)ト ル コ:合計 検体135、陽性 1=0.74% <改善>
  日本人 検体 49、陽性 0=0% <改善>
  外国人 検体 86、陽性 1=1.16%

罹患率の高い国
(青)デンマーク:合計 検体1、陽性1=100.00%
  日本人 検体 1、陽性 1=100.00%
  外国人 検体 0、陽性 0=0%
(青)コスタリカ:合計 検体1、陽性1=100.00%
  日本人 検体 1、陽性 1=100.00%
  外国人 検体 0、陽性 0=0%
(青)ノルウェー:合計 検体2、陽性1=50.00%
  日本人 検体 1、陽性 1=100.00%
  外国人 検体 1、陽性 0=0%
(青)ナイジェリア:合計 検体2、陽性1=50.00%
  日本人 検体 0、陽性 0=0%
  外国人 検体 2、陽性 1=50.00%
(青)スイス:合計 検体5、陽性2=40.00%
  日本人 検体 2、陽性 1=50.00%
  外国人 検体 3、陽性 1=33.33%




毎日の個別発表との誤差状況(8月28日〜9月3日)
(A)週間発表(今回の滞在国・地域ごとの検査実績発表):194人
(B)毎日発表:178人中非公表0人(複数国滞在者12人(うち3か国4人)=インド/ベトナム・コスタリカ/米国・シンガポール/マレーシア・シンガポール/ベトナム・スイス/米国・フランス/ベトナム・韓国/ベトナム・中国/ベトナム・シンガポール/ベトナム/タイ・スイス/スペイン/フランス・デンマーク/ドイツ/ノルウェー・米国/イタリア/エジプト)194

 (誤差が出ている国)Aが超過していると非公表の可能性有
 誤差は出ませんでした。

 
 <感染予防する気が薄いと思われる複数国滞在者12人の国籍>
 コスタリカ/米国=邦人
 シンガポール/マレーシア=邦人
 シンガポール/ベトナム=邦人
 韓国/ベトナム=外人
 中国/ベトナム=外人
 シンガポール/ベトナム/タイ=邦人
 デンマーク/ドイツ/ノルウェー=邦人
 米国/イタリア/エジプト=邦人

 スイス/スペイン/フランス=邦人
 →スイス/米国=外人

 フランス/ベトナム
 インド/ベトナム
 →上記2人は不明

 ということで、感染予防する気が薄いと思われる複数国滞在者12人は10人が国籍判明し、邦人7人、外人3人でした。。
 検体数が著しく少ないにもかかわらず、複数国滞在は邦人が圧倒的に多い状況が続いています。複数国滞在して動き回っている意識低い系はむしろ邦人であることが明白となってしまいました。「外人は衛生意識が低いから、あまり気にせずウイルス密輸をする=だから外人の新規入国を禁止すべし!!」といった過激な差別発言を時々聞きますが、複数国滞在者を分析すると、それが嘘であることが非常によく分かります。
複数国滞在者がどういう方々なのかはよく分かりませんが、乗り継ぎ以外の理由だとすると、
 ・旅行者→このコロナ禍に、海外で動き回って感染する非常識
 ・仕事で短期渡航→このコロナ禍に、海外で動き回るよう指示して感染させる非常識
 ・在留邦人→このコロナ禍に、帰国前に海外で動き回って感染する非常識
と言ったところでしょうか。
せめて入国前14日間ぐらいは動き回るの自重できないんですかね、、、。
あなたの母国を危険にさらしていることが分からないんでしょうか。たぶん、海外に活躍の場を求めている時点で、グローバルな視点をお持ちでしょうから、母国がどうとか関係ないんでしょうね、、、。やってること、元々同じ民族だと難癖付けて自分の住んでいない国土を蹂躙している某国と変わらないことが露となってますよ、、、。


検疫に関するデータ(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/border_data.html

2022/09/23 追いかけアップ
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2022年09月16日

空港検疫9/16_東京の7.8倍超危険

◇空港検疫 9月16日発表分
[検体数] 503件 98%自動すり抜け 入国者2.5倍なのに増えず!
[陽性数] 25人も異常発生 本当に出発前陰性?
[有症状] 8人も異常発生 本当に出発前陰性?
[複数国] 0人
[青国から陽性] 0人
[罹患率] 4%台横ばい 機内はまだ全員濃厚接触状態


最近「日本は世界最悪だから、水際対策意味ない」という人が増加中。
意味???断然ありますよ???
入国者は、世界最悪らしい日本より5.5倍高い罹患率。
なんで?空港検疫が世界最悪より高い感染率?
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
入国者は、全員72時間前に陰性なのに、日本より4倍高い罹患率。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
2020年4月以降一回も入国者の罹患率が日本を下回ったことなし。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
謎の異常異変が起きているからこそ、水際対策を止められないんです。

  ついに罹患率三%突破    
自動的に機内全員濃厚接触者に  
 飛行機移動が危険な割合に   


     国際線到着空港       
どのデータ見ても大量すり抜け確定的  
 国内悪化で水際緩和の危険が証明   


厚生労働省(厚労省)は9月16日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無、ワクチン摂取状況等に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施してきました。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定として臨時的に実施してきました。日本で唯一正確な罹患率を把握できました。
※2022年6月1日より非上陸拒否国も含めた入国者全員検査は廃止され、上陸拒否国からの入国者全員検査も一部の国では行われなくなりました。現在は、特定国(赤国、指定国無し)からの入国者全員と、特定国(黄国)からの入国者の一部に対して検査を実施しています。


  【直前7日間の罹患率】4.396%  
▲近々7日間国際線到着空港は現在の東京都内より7.8倍危険!
(比較用)東京都:現罹患率0.558%=要治療78,466人/人口14,036,936人(2022年8月)

(比較用)東京都:罹患率21.917%=感染3,076,574人、死亡率0.0406%=死亡5,705人/人口14,036,936人(2022年8月)

※罹患率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で出発前に有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。





空港検疫 全員検査結果(9月14日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2022年8月31日発表分までは別にまとめています。
2020年4月4日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html

2020年04月04日〜2022年09月01日:対象2,338,566件、陽性21,425人/罹患率0.916% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月02日:対象2,339,241件、陽性21,463人/罹患率0.916%
2020年04月04日〜2022年09月03日:対象2,339,882件、陽性21,500人/罹患率0.918%
2020年04月04日〜2022年09月04日:対象2,340,517件、陽性21,528人/罹患率0.919%
2020年04月04日〜2022年09月05日:対象2,341,046件、陽性21,550人/罹患率0.920%
2020年04月04日〜2022年09月06日:対象2,341,470件、陽性21,574人/罹患率0.921%
2020年04月04日〜2022年09月07日:対象2,342,028件、陽性21,597人/罹患率0.922% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月08日:対象2,342,549件、陽性21,619人/罹患率0.922%
2020年04月04日〜2022年09月09日:対象2,343,120件、陽性21,632人/罹患率0.923%
2020年04月04日〜2022年09月10日:対象2,343,661件、陽性21,649人/罹患率0.923%
2020年04月04日〜2022年09月11日:対象2,344,031件、陽性21,669人/罹患率0.924%
2020年04月04日〜2022年09月12日:対象2,344,515件、陽性21,690人/罹患率0.925%
2020年04月04日〜2022年09月13日:対象2,345,011件、陽性21,711人/罹患率0.925%
2020年04月04日〜2022年09月14日:対象2,345,495件、陽性21,735人/罹患率0.926%
2020年04月04日〜2022年09月15日:対象2,345,961件、陽性21,763人/罹患率0.927%

2020年04月04日〜2022年09月15日:対象2,346,464件、陽性21,779人/罹患率0.928% 




・昨日単日データでの罹患率:3.181%=陽性16人/検体503件  

・直前7日間の罹患率:4.396%=陽性147人/検体3,344件  
本日発表された昨日分とみられる検体数と、昨日発表の陽性者数を踏まえ、直前7日間の罹患率(海港検疫含む、発表日ベース)を計算しました。

[週間検体数] 4,000件/週を下回り続けています。検査しない人が多過ぎです。
9月8日発表分から、入国上限が2万人から5万人に2.5倍拡大されましたが、検体数は減少を続けています。相当数がすり抜けていると思われます。
[週間陽性数] 140人/週(1日20人)前後が続いています。緩和を受けてか、一気に下がってきましたが、ここ数日は少し増加傾向に転換しつつある印象です。
[週間罹患率] 3%台と4%台を行ったり来たりです。横ばい気味ですが、ここ数日は少し悪化傾向に転換しつつある印象です。
9月7日の水際対策緩和の影響が出てきている模様です。
減少気味になったとは言え、まだ約24人に1人は陽性者で、まだまだ異様で異常な状況です。
それだけ世界の感染が異常なのか、もしくは、入国者は感染しやすい行動をしている、いわゆる危険人物の割合が異常に多いかのどちらかですね。


通常の検疫措置(2-row rules)ですと、機内全員が自動的に濃厚接触者となってしまう罹患率3%を超え続けています。
異常に異常に異常に異常に異常に異常に危険です。


新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和4年9月16日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_28061.html

















空港検疫検査 到着日別詳細結果(9月15日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
2022年8月31日到着分までは、別にまとめています。
2020年4月3日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html

09月01日:症状 有8 無29=陽性37人 21149・21150・21151・21152・21153・21154・21155・21156・21157・21158・21159・21160・21161・21162・21163・21164・21165・21166・21167・21168・21169・21170・21171・21172・21173・21174・21175・21176・21177・21178・21179・21180・21181・21182・21183・21184・21185
09月02日:症状 有8 無20=陽性28人 21186・21187・21188・21189・21190・21191・21192・21193・21194・21195・21196・21197・21198・21199・21200・21201・21202・21203・21204・21205・21206・21207・21208・21209・21210・21211・21212・21213
09月03日:症状 有9 無13=陽性22人 21214・21215・21216・21217・21218・21219・21220・21221・21222・21223・21224・21225・21226・21227・21228・21229・21230・21231・21232・21233・21234・21235
09月04日:症状 有8 無16=陽性24人 21236・21237・21238・21239・21240・21241・21242・21243・21244・21245・21246・21247・21248・21249・21250・21251・21252・21253・21254・21255・21256・21257・21258・21259
09月05日:症状 有3 無12=陽性15人 21260・21261・21262・21263・21264・21265・21266・21267・21268・21269・21270・21271・21272・21273・21274

09月06日:症状 有6 無16=陽性22人 21275・21276・21277・21278・21279・21280・21281・21282・21283・21284・21285・21286・21287・21288・21289・21290・21291・21292・21293・21294・21295・21296
 [空港別] 成田7・羽田2・中部5・関空3・福岡5
 [男女別] 男13・女9
 [年代別] 10下2・20代10・30代7・40代0・50代1・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] フィリピン3・ベトナム15・シンガポール1・韓国/ベトナム1・スリランカ1・ドイツ/トルコ1
 [居住地] 埼玉1・東京3・神奈川2・静岡1・石川1・岐阜3・愛知3・三重1・奈良1・兵庫1・広島1・大分1・福岡3
09月07日:症状 有5 無8=陽性13人 21297・21298・21299・21300・21301・21302・21303・21304・21305・21306・21307・21308・21309
 [空港別] 成田2・羽田4・中部3・関空3・福岡1
 [男女別] 男8・女5
 [年代別] 10下1・20代7・30代2・40代0・50代2・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] ベトナム8・シンガポール1・英国1・英国/フランス1・英国/スペイン1・米国1
 [居住地] 福島1・千葉2・東京1・神奈川2・石川1・愛知3・大阪2・沖縄1
09月08日:症状 有2 無15=陽性17人 21310・21311・21312・21313・21314・21315・21316・21317・21318・21319・21320・21321・21322・21323・21324・21325・21326
 [空港別] 成田12・関空4・福岡1
 [男女別] 男11・女6
 [年代別] 10下4・20代4・30代7・40代1・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・スリランカ4・シリア1・UAE/インド2・ポーランド1
 [居住地] 山形1・茨城3・千葉1・東京7・福井1・愛知1・京都1・兵庫1・福岡1
09月09日:症状 有4 無16=陽性20人 21327・21328・21329・21330・21331・21332・21333・21334・21335・21336・21337・21338・21339・21340・21341・21342・21343・21344・21345・21346
 [空港別] 成田12・羽田5・関空2・福岡1
 [男女別] 男12・女8
 [年代別] 10下2・20代6・30代9・40代2・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム6・タイ1・インド3・スリランカ1・パキスタン1・サウジアラビア1・トルコ1・セネガル1・米国5
 [居住地] 群馬2・埼玉3・千葉1・東京5・神奈川1・愛知3・福岡5
09月10日:症状 有8 無13=陽性21人 21347・21348・21349・21350・21351・21352・21353・21354・21355・21356・21357・21358・21359・21360・21361・21362・21363・21364・21365・21366・21367
 [空港別] 成田2・羽田8・中部2・関空5・福岡4
 [男女別] 男11・女10
 [年代別] 10下1・20代13・30代2・40代4・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム14・タイ1・インド2・スリランカ1・スイス1・ポルトガル1・豪州1
 [居住地] 茨城1・埼玉1・東京3・富山1・愛知1・三重1・京都2・大阪5・岡山1・広島1・大分1・長崎1・熊本1・沖縄1
09月11日:症状 有7 無14=陽性21人 21368・21369・21370・21371・21372・21373・21374・21375・21376・21377・21378・21379・21380・21381・21382・21383・21384・21385・21386・21387・21388
 [空港別] 成田8・羽田4・中部1・関空6・福岡2
 [男女別] 男16・女5
 [年代別] 10下2・20代8・30代7・40代1・50代3・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム10・カンボジア/ベトナム1・スリランカ2・ウズベキスタン1・オーストリア1・英国1・イタリア/ギリシャ1・オーストリア/ギリシャ1・英国/オランダ1・米国2
 [居住地] 栃木2・埼玉1・千葉1・東京2・神奈川2・新潟1・岐阜1・愛知1・奈良1・大阪2・兵庫2・広島1・香川1・福岡1・沖縄2
09月12日:症状 有6 無18=陽性24人 21389・21390・21391・21392・21393・21394・21395・21396・21397・21398・21399・21400・21401・21402・21403・21404・21405・21406・21407・21408・21409・21410・21411・21412
 [空港別] 成田14・羽田5・中部2・関空2・福岡1
 [男女別] 男17・女7
 [年代別] 10下2・20代11・30代3・40代6・50代1・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] フィリピン2・ベトナム12・タイ1・ウズベキスタン1・米国7・ブラジル1
 [居住地] 栃木1・千葉5・東京2・神奈川4・岐阜2・大阪2・兵庫1・山口4・宮崎1・鹿児島1・沖縄1
09月13日:症状 有6 無22=陽性28人 21413・21414・21415・21416・21417・21418・21419・21420・21421・21422・21423・21424・21425・21426・21427・21428・21429・21430・21431・21432・21433・21434・21435・21436・21437・21438・21439・21440
 [空港別] 成田4・羽田4・中部2・関空14・福岡4
 [男女別] 男12・女16
 [年代別] 10下4・20代14・30代7・40代2・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] 中国1・ベトナム21・インド1・UAE/エジプト/シンガポール1・米国4
 [居住地] 栃木1・東京2・神奈川2・愛知1・京都1・大阪1・兵庫2・岡山1・広島2・香川10・福岡4・沖縄1
09月14日:症状 有2 無14=陽性16人 21441・21442・21443・21444・21445・21446・21447・21448・21449・21450・21451・21452・21453・21454・21455・21456
 [空港別] 成田8・羽田1・中部4・関空1・福岡2
 [男女別] 男8・女8
 [年代別] 10下2・20代6・30代8・40代0・50代0・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・インド1・ウズベキスタン3・スイス/ドイツ/フランス1・米国2
 [居住地] 青森3・栃木1・千葉1・東京3・愛知4・大阪1・愛媛1・福岡1・熊本1
09月15日:症状 有7 無18=陽性25人 21457・21458・21459・21460・21461・21462・21463・21464・21465・21466・21467・21468・21469・21470・21471・21472・21473・21474・21475・21476・21477・21478・21479・21480・21481
 [空港別] 成田6・羽田2・関空3・福岡14
 [男女別] 男7・女18
 [年代別] 10下5・20代16・30代2・40代1・50代0・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム21・インド2・エジプト1・フィジー1
 [居住地] 福島1・群馬1・東京2・新潟1・静岡1・滋賀1・大阪1・兵庫1・山口14・福岡2






空港検疫でのCOVID-19陽性確認数(到着日ベース)
・2020年4月3日〜2022年9月15日着累計(895日間):21,398人  
・本日発表された空港検疫での陽性者数:25人  
 [入国時陽性分と推定] 9月15日着 25人
 [隔離後陽性分と推定] 該当無し

異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
少ないように見える数字に騙されやすいですが、検体数が著しく少ない中での数値であることに注意が必要です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





有症状者状況
・累計:有症状4,244人・無症状17,154人=無症状率80.1%  
・本日発表された空港検疫での有症状者数:7人  

21461 福岡 9月15日 10代 女性 山口県 ベトナム 咳
21466 福岡 9月15日 10代 女性 山口県 ベトナム 咳
21468 福岡 9月15日 20代 女性 山口県 ベトナム 咳
21470 福岡 9月15日 20代 女性 山口県 ベトナム 咽頭痛、咳
21473 成田 9月15日 20代 男性 新潟県 ベトナム 頭痛
21478 関空 9月15日 20代 男性 群馬県 ベトナム 発熱、咽頭痛
21480 羽田 9月15日 40代 男性 福岡県 エジプト 咽頭痛

(入国時検査に当たる9月10日着以降)
ベトナム:成田・関空・福岡まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。ベトナムは何故か福岡が多い印象です。
その他各国は直行便・乗継便いずれも10時間程度以上の飛行で、機内発症とみられます。(米国は機内発症か微妙な短距離路線としてグアムが含まれています)

それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。




国別陽性確認数
・10人以上の超危険国:ベトナム21人  
・5人以上の危険国:該当無し  

・複数国滞在者:0人  

・青国からの陽性者:0人  
・青国のうち無症状:該当無し  

それにしても特定国から異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。


それにしても検査も隔離も不要な安全国である青国からの「無症状」陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の青国無症状陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





団体感染疑い状況
・団体感染が疑われる事例:1組14人  
(1)連番確認(同一日同一空港着同一国からの同一地域居住者=同一団体疑い):1組14人
・21457 福岡 9月15日 20代 女性 山口県 ベトナム 無症状
 21458 福岡 9月15日 20代 女性 山口県 ベトナム 無症状
 21459 福岡 9月15日 10代 女性 山口県 ベトナム 無症状
 21460 福岡 9月15日 10代 女性 山口県 ベトナム 無症状
 21461 福岡 9月15日 10代 女性 山口県 ベトナム 咳
 21462 福岡 9月15日 10代 女性 山口県 ベトナム 無症状
 21463 福岡 9月15日 20代 女性 山口県 ベトナム 無症状
 21464 福岡 9月15日 20代 女性 山口県 ベトナム 無症状
 21465 福岡 9月15日 20代 女性 山口県 ベトナム 無症状
 21466 福岡 9月15日 10代 女性 山口県 ベトナム 咳
 21467 福岡 9月15日 20代 女性 山口県 ベトナム 無症状
 21468 福岡 9月15日 20代 女性 山口県 ベトナム 咳
 21469 福岡 9月15日 20代 女性 山口県 ベトナム 無症状
 21470 福岡 9月15日 20代 女性 山口県 ベトナム 咽頭痛、咳

(2)10歳未満(同行者がいる団体感染すり抜け疑い):0人(※は上記のうちの1人)
該当無し

何これ?山口居住など絶対数は多くないですから、明らかに機内クラスター、と言いますか、同一団体クラスターですね。こういうのを抑えないと流入は止められないですよ、、、。20代、中国地方、東南アジア、こういうの目立ちますね。山口はキチ有り県で、絶対数少ないのに、1月などに米国からのウイルス攻撃が目立ちましたし、山口とか(2020年11月にウイルスの集団持ち込みが水際で見つかった)広島とか、中国地方は、統一的に?協会的なウイルス持ち込み集団が生まれるお国柄なんですかね??県民性をそういう風に思われてしまうのはなんだか可哀想ですね。
同一団体で、四人も機内発症など天文学的確率でしょうから、確信犯的渡航者団体なんでしょう。
9月7日に水際緩和してから、こんな事例が増えてきました。かなり緩んできています。ベトナムは黄国なので検査して発見できていますが、99%の入国者は検査していない訳ですから、ダダ漏れ状態なんでしょうね。
世界はどうであれ、日本ではまだ2類相当の危険な感染症です。

それにしても団体疑い、10歳以下が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の団体疑いや10歳以下が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





強制隔離中の影響
・強制隔離中の陽性とみられる事例:0人(全体の0%)  

・対象国増2021年3月5日-2021年9月19日200日間 強制隔離中陽性563人(2.8人/日)
・対象国減2021年9月20日-2021年11月7日49日間 強制隔離中陽性79人(1.6人/日)
・対象国減2021年11月8日-2021年11月26日19日間 強制隔離中陽性23人(1.2人/日)
・対象国増2021年11月27日-2022年2月28日94日間 強制隔離中の陽性2,151人(22.8人/日)
・対象国減2022年3月1日着-2022年4月28日着の59日間 強制隔離中陽性840人(14.2人/日)
・対象国減2022年4月29日着-2022年5月31日着の33日間 強制隔離中陽性22人(0.7人/日)
・対象国壊滅2022年6月1日着-2022年9月6日着の98日間 強制隔離中陽性36人(0.4人/日)

・対象国壊滅2022年9月7日着-2022年9月12日着の5日間 強制隔離中陽性0人(0人/日)

それにしても、これだけ多数の陽性が出ているのに、強制隔離中陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる少なさが続いています。完全にすり抜け危機です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、強制隔離を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





本日発表分は海港検疫の陽性者が出ました。
全部で10人で、全員9月12日千葉港着です。有症状は2人。行動歴は、1人台湾、11人台湾/中国。居住地は「-」でした。




大量すり抜け危機勃発
結果を見れば一目瞭然
隔離規制緩和は大失敗!!!
結局、隔離規制をしないとダメなんです。



新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_28068.html

ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2022年09月15日

空港検疫9/15_日本の5.5倍超危険

◇空港検疫 9月15日発表分
[検体数] 466件 99%自動すり抜け 入国者2.5倍なのに増えず!
[陽性数] 16人も異常発生 本当に出発前陰性?
[有症状] 2人発生 本当に出発前陰性?
[複数国] 1人発生
[青国から陽性] 3人も異常発生 本当に青?
[罹患率] 水際対策放棄効果か?4%台 機内はまだ全員濃厚接触状態


最近「日本は世界最悪だから、水際対策意味ない」という人が増加中。
意味???断然ありますよ???
入国者は、世界最悪らしい日本より5.5倍高い罹患率。
なんで?空港検疫が世界最悪より高い感染率?
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
入国者は、全員72時間前に陰性なのに、日本より4倍高い罹患率。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
2020年4月以降一回も入国者の罹患率が日本を下回ったことなし。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
謎の異常異変が起きているからこそ、水際対策を止められないんです。

  ついに罹患率三%突破    
自動的に機内全員濃厚接触者に  
 飛行機移動が危険な割合に   


     国際線到着空港       
どのデータ見ても大量すり抜け確定的  
 国内悪化で水際緩和の危険が証明   


厚生労働省(厚労省)は9月15日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無、ワクチン摂取状況等に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施してきました。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定として臨時的に実施してきました。日本で唯一正確な罹患率を把握できました。
※2022年6月1日より非上陸拒否国も含めた入国者全員検査は廃止され、上陸拒否国からの入国者全員検査も一部の国では行われなくなりました。現在は、特定国(赤国、指定国無し)からの入国者全員と、特定国(黄国)からの入国者の一部に対して検査を実施しています。


  【直前7日間の罹患率】4.220%  
▲近々7日間国際線到着空港は現在の日本国内より5.5倍危険!
(比較用)日本国内 現罹患率0.754%=要治療941,199人/人口約1億2478万人(2022年8月)

(比較用)日 本:罹患率16.348%=感染20,399,933人、死亡率0.0346%=死亡43,177人/約1億2478万人(2022年8月)

※罹患率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で出発前に有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。





空港検疫 全員検査結果(9月13日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2022年8月31日発表分までは別にまとめています。
2020年4月4日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html

2020年04月04日〜2022年09月01日:対象2,338,566件、陽性21,425人/罹患率0.916% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月02日:対象2,339,241件、陽性21,463人/罹患率0.916%
2020年04月04日〜2022年09月03日:対象2,339,882件、陽性21,500人/罹患率0.918%
2020年04月04日〜2022年09月04日:対象2,340,517件、陽性21,528人/罹患率0.919%
2020年04月04日〜2022年09月05日:対象2,341,046件、陽性21,550人/罹患率0.920%
2020年04月04日〜2022年09月06日:対象2,341,470件、陽性21,574人/罹患率0.921%
2020年04月04日〜2022年09月07日:対象2,342,028件、陽性21,597人/罹患率0.922% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月08日:対象2,342,549件、陽性21,619人/罹患率0.922%
2020年04月04日〜2022年09月09日:対象2,343,120件、陽性21,632人/罹患率0.923%
2020年04月04日〜2022年09月10日:対象2,343,661件、陽性21,649人/罹患率0.923%
2020年04月04日〜2022年09月11日:対象2,344,031件、陽性21,669人/罹患率0.924%
2020年04月04日〜2022年09月12日:対象2,344,515件、陽性21,690人/罹患率0.925%
2020年04月04日〜2022年09月13日:対象2,345,011件、陽性21,711人/罹患率0.925%
2020年04月04日〜2022年09月14日:対象2,345,495件、陽性21,735人/罹患率0.926%

2020年04月04日〜2022年09月15日:対象2,345,961件、陽性21,763人/罹患率0.927% 




・昨日単日データでの罹患率:6.009%=陽性28人/検体466件  

・直前7日間の罹患率:4.220%=陽性144人/検体3,412件  
本日発表された昨日分とみられる検体数と、昨日発表の陽性者数を踏まえ、直前7日間の罹患率(海港検疫含む、発表日ベース)を計算しました。

[週間検体数] 4,000件/週を下回り続けています。検査しない人が多過ぎです。
9月8日発表分から、入国上限が2万人から5万人に2.5倍拡大されましたが、検体数は減少を続けています。相当数がすり抜けていると思われます。
[週間陽性数] 140人/週(1日20人)前後が続いています。緩和を受けてか、一気に下がってきました。
[週間罹患率] 3%台と4%台を行ったり来たりです。横ばい気味から少し減少気味に変化しつつある印象です。9月7日の水際対策緩和の影響が出てきている模様です。
減少気味になったとは言え、まだ約24人に1人は陽性者で、まだまだ異様で異常な状況です。
それだけ世界の感染が異常なのか、もしくは、入国者は感染しやすい行動をしている、いわゆる危険人物の割合が異常に多いかのどちらかですね。


通常の検疫措置(2-row rules)ですと、機内全員が自動的に濃厚接触者となってしまう罹患率3%を超え続けています。
異常に異常に異常に異常に異常に異常に危険です。


新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和4年9月15日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_28033.html

















空港検疫検査 到着日別詳細結果(9月14日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
2022年8月31日到着分までは、別にまとめています。
2020年4月3日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html

09月01日:症状 有8 無29=陽性37人 21149・21150・21151・21152・21153・21154・21155・21156・21157・21158・21159・21160・21161・21162・21163・21164・21165・21166・21167・21168・21169・21170・21171・21172・21173・21174・21175・21176・21177・21178・21179・21180・21181・21182・21183・21184・21185
09月02日:症状 有8 無20=陽性28人 21186・21187・21188・21189・21190・21191・21192・21193・21194・21195・21196・21197・21198・21199・21200・21201・21202・21203・21204・21205・21206・21207・21208・21209・21210・21211・21212・21213
09月03日:症状 有9 無13=陽性22人 21214・21215・21216・21217・21218・21219・21220・21221・21222・21223・21224・21225・21226・21227・21228・21229・21230・21231・21232・21233・21234・21235
09月04日:症状 有8 無16=陽性24人 21236・21237・21238・21239・21240・21241・21242・21243・21244・21245・21246・21247・21248・21249・21250・21251・21252・21253・21254・21255・21256・21257・21258・21259

09月05日:症状 有3 無12=陽性15人 21260・21261・21262・21263・21264・21265・21266・21267・21268・21269・21270・21271・21272・21273・21274
 [空港別] 成田3・羽田5・中部2・関空5
 [男女別] 男11・女4
 [年代別] 10下1・20代6・30代3・40代2・50代3・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・バングラデシュ1・インド2・米国1・豪州1・バヌアツ1
 [居住地] 群馬1・千葉1・東京3・神奈川2・愛知2・滋賀1・大阪3・兵庫1・山口1
09月06日:症状 有6 無16=陽性22人 21275・21276・21277・21278・21279・21280・21281・21282・21283・21284・21285・21286・21287・21288・21289・21290・21291・21292・21293・21294・21295・21296
 [空港別] 成田7・羽田2・中部5・関空3・福岡5
 [男女別] 男13・女9
 [年代別] 10下2・20代10・30代7・40代0・50代1・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] フィリピン3・ベトナム15・シンガポール1・韓国/ベトナム1・スリランカ1・ドイツ/トルコ1
 [居住地] 埼玉1・東京3・神奈川2・静岡1・石川1・岐阜3・愛知3・三重1・奈良1・兵庫1・広島1・大分1・福岡3
09月07日:症状 有5 無8=陽性13人 21297・21298・21299・21300・21301・21302・21303・21304・21305・21306・21307・21308・21309
 [空港別] 成田2・羽田4・中部3・関空3・福岡1
 [男女別] 男8・女5
 [年代別] 10下1・20代7・30代2・40代0・50代2・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] ベトナム8・シンガポール1・英国1・英国/フランス1・英国/スペイン1・米国1
 [居住地] 福島1・千葉2・東京1・神奈川2・石川1・愛知3・大阪2・沖縄1
09月08日:症状 有2 無15=陽性17人 21310・21311・21312・21313・21314・21315・21316・21317・21318・21319・21320・21321・21322・21323・21324・21325・21326
 [空港別] 成田12・関空4・福岡1
 [男女別] 男11・女6
 [年代別] 10下4・20代4・30代7・40代1・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・スリランカ4・シリア1・UAE/インド2・ポーランド1
 [居住地] 山形1・茨城3・千葉1・東京7・福井1・愛知1・京都1・兵庫1・福岡1
09月09日:症状 有4 無16=陽性20人 21327・21328・21329・21330・21331・21332・21333・21334・21335・21336・21337・21338・21339・21340・21341・21342・21343・21344・21345・21346
 [空港別] 成田12・羽田5・関空2・福岡1
 [男女別] 男12・女8
 [年代別] 10下2・20代6・30代9・40代2・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム6・タイ1・インド3・スリランカ1・パキスタン1・サウジアラビア1・トルコ1・セネガル1・米国5
 [居住地] 群馬2・埼玉3・千葉1・東京5・神奈川1・愛知3・福岡5
09月10日:症状 有8 無13=陽性21人 21347・21348・21349・21350・21351・21352・21353・21354・21355・21356・21357・21358・21359・21360・21361・21362・21363・21364・21365・21366・21367
 [空港別] 成田2・羽田8・中部2・関空5・福岡4
 [男女別] 男11・女10
 [年代別] 10下1・20代13・30代2・40代4・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム14・タイ1・インド2・スリランカ1・スイス1・ポルトガル1・豪州1
 [居住地] 茨城1・埼玉1・東京3・富山1・愛知1・三重1・京都2・大阪5・岡山1・広島1・大分1・長崎1・熊本1・沖縄1
09月11日:症状 有7 無14=陽性21人 21368・21369・21370・21371・21372・21373・21374・21375・21376・21377・21378・21379・21380・21381・21382・21383・21384・21385・21386・21387・21388
 [空港別] 成田8・羽田4・中部1・関空6・福岡2
 [男女別] 男16・女5
 [年代別] 10下2・20代8・30代7・40代1・50代3・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム10・カンボジア/ベトナム1・スリランカ2・ウズベキスタン1・オーストリア1・英国1・イタリア/ギリシャ1・オーストリア/ギリシャ1・英国/オランダ1・米国2
 [居住地] 栃木2・埼玉1・千葉1・東京2・神奈川2・新潟1・岐阜1・愛知1・奈良1・大阪2・兵庫2・広島1・香川1・福岡1・沖縄2
09月12日:症状 有6 無18=陽性24人 21389・21390・21391・21392・21393・21394・21395・21396・21397・21398・21399・21400・21401・21402・21403・21404・21405・21406・21407・21408・21409・21410・21411・21412
 [空港別] 成田14・羽田5・中部2・関空2・福岡1
 [男女別] 男17・女7
 [年代別] 10下2・20代11・30代3・40代6・50代1・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] フィリピン2・ベトナム12・タイ1・ウズベキスタン1・米国7・ブラジル1
 [居住地] 栃木1・千葉5・東京2・神奈川4・岐阜2・大阪2・兵庫1・山口4・宮崎1・鹿児島1・沖縄1
09月13日:症状 有6 無22=陽性28人 21413・21414・21415・21416・21417・21418・21419・21420・21421・21422・21423・21424・21425・21426・21427・21428・21429・21430・21431・21432・21433・21434・21435・21436・21437・21438・21439・21440
 [空港別] 成田4・羽田4・中部2・関空14・福岡4
 [男女別] 男12・女16
 [年代別] 10下4・20代14・30代7・40代2・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] 中国1・ベトナム21・インド1・UAE/エジプト/シンガポール1・米国4
 [居住地] 栃木1・東京2・神奈川2・愛知1・京都1・大阪1・兵庫2・岡山1・広島2・香川10・福岡4・沖縄1
09月14日:症状 有2 無14=陽性16人 21441・21442・21443・21444・21445・21446・21447・21448・21449・21450・21451・21452・21453・21454・21455・21456
 [空港別] 成田8・羽田1・中部4・関空1・福岡2
 [男女別] 男8・女8
 [年代別] 10下2・20代6・30代8・40代0・50代0・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・インド1・ウズベキスタン3・スイス/ドイツ/フランス1・米国2
 [居住地] 青森3・栃木1・千葉1・東京3・愛知4・大阪1・愛媛1・福岡1・熊本1





空港検疫でのCOVID-19陽性確認数(到着日ベース)
・2020年4月3日〜2022年9月14日着累計(894日間):21,373人  
・本日発表された空港検疫での陽性者数:16人  
 [入国時陽性分と推定] 9月14日着 16人
 [隔離後陽性分と推定] 該当無し

元々の数値自体が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
少ないように見える数字に騙されやすいですが、検体数が著しく少ない中での数値であることに注意が必要です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





有症状者状況
・累計:有症状4,237人・無症状17,136人=無症状率80.1%  
・本日発表された空港検疫での有症状者数:2人  

21442 福岡 9月14日 20代 男性 熊本県 ベトナム 下痢、咽頭痛
21445 中部 9月14日 30代 女性 愛知県 ウズベキスタン 発熱

(入国時検査に当たる9月10日着以降)
ベトナム:福岡まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。福岡が多い印象です。
その他各国は直行便・乗継便いずれも10時間程度以上の飛行で、機内発症とみられます。(米国は機内発症か微妙な短距離路線としてグアムが含まれています)

それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。




国別陽性確認数
・10人以上の超危険国:該当無し  
・5人以上の危険国:ベトナム9人  

・複数国滞在者:1人  

・青国からの陽性者:3人  
・青国のうち無症状:スイス/ドイツ/フランス1人、米国2人(東京居住★キチ有県、千葉居住☆キチ無県)  

それにしても特定国から異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。


それにしても検査も隔離も不要な安全国である青国からの「無症状」陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の青国無症状陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





団体感染疑い状況
・団体感染が疑われる事例:5組7人  
(1)連番確認(同一日同一空港着同一国からの同一地域居住者=同一団体疑い):3組6人
・21444 中部 9月14日 30代 男性 愛知県 ウズベキスタン 無症状
 21445 中部 9月14日 30代 女性 愛知県 ウズベキスタン 発熱
 21446 中部 9月14日 10歳未満 男性 愛知県 ウズベキスタン 無症状
・21451 成田 9月14日 20代 男性 青森県 ベトナム 無症状
 21452 成田 9月14日 20代 男性 青森県 ベトナム 無症状
 21453 成田 9月14日 20代 女性 青森県 ベトナム 無症状

(2)10歳未満(同行者がいる団体感染すり抜け疑い):2人(※は上記のうちの1人)
21446 中部 9月14日 10歳未満 男性 愛知県 ウズベキスタン 無症状※
21456 成田 9月14日 10歳未満 女性 東京都 米国 無症状

それにしても団体疑い、10歳以下が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の団体疑いや10歳以下が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





強制隔離中の影響
・強制隔離中の陽性とみられる事例:0人(全体の0%)  

・対象国増2021年3月5日-2021年9月19日200日間 強制隔離中陽性563人(2.8人/日)
・対象国減2021年9月20日-2021年11月7日49日間 強制隔離中陽性79人(1.6人/日)
・対象国減2021年11月8日-2021年11月26日19日間 強制隔離中陽性23人(1.2人/日)
・対象国増2021年11月27日-2022年2月28日94日間 強制隔離中の陽性2,151人(22.8人/日)
・対象国減2022年3月1日着-2022年4月28日着の59日間 強制隔離中陽性840人(14.2人/日)
・対象国減2022年4月29日着-2022年5月31日着の33日間 強制隔離中陽性22人(0.7人/日)
・対象国壊滅2022年6月1日着-2022年9月6日着の98日間 強制隔離中陽性36人(0.4人/日)

・対象国壊滅2022年9月7日着-2022年9月11日着の5日間 強制隔離中陽性0人(0人/日)

それにしても、これだけ多数の陽性が出ているのに、強制隔離中陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる少なさが続いています。完全にすり抜け危機です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、強制隔離を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





大量すり抜け危機勃発
結果を見れば一目瞭然
隔離規制緩和は大失敗!!!
結局、隔離規制をしないとダメなんです。



新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_28044.html

ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

◇COVID-19関係記事一覧9/15

◇COVID-19関係記事一覧 2022/9/15

情報交通ホットライン日本空港情報館ブログでは、昨年1月から、COVID-19に関連し、多数の記事を配信しています。
カテゴリで分類していますが、記事数が多すぎて検索しづらいので、内容別に一覧にしておきます。
文字数制限に引っかかってしまいましたので、2022年分以降のみを掲載します。

2021年分以前の記事は、6月15日配信の記事をご覧ください。(https://johokotu.seesaa.net/article/488803942.html

■空港検疫関係の記事
<偽陰性すり抜け・空港検疫隔離関係>
2022年
09月06日 国外居住陽性千葉8月14人 new!
09月06日 戦慄!危険!空港が日本への攻撃拠点 すり抜け東京だけで8月407人 悪いまま new!
08月28日 6月水際放棄で検査激変明確 93%無検査・陽性の86%スルーと推定 new!
08月17日 コロナ禍航空利用に注意しよう new!
08月03日 国外居住陽性千葉7月16人
08月03日 戦慄!危険!空港が日本への攻撃拠点 すり抜け東京だけで7月681人 悪化続く
07月02日 国外居住陽性千葉6月6人で収まる
07月02日 戦慄!危険!空港が日本への攻撃拠点 すり抜け東京だけで6月584人 急激悪化
06月23日 戦慄!陽性減東京都 止まらない海外渡航者陽性爆増加速!地元は大丈夫?
06月17日 戦慄!陽性減東京都 海外渡航者爆増加速中!あなたの地元は大丈夫?
06月14日 戦慄!陽性減の東京都 海外渡航者が爆増中!あなたの地元は大丈夫?
06月06日 戦慄!すり抜け陽性爆増!都人口の0.06%の海外渡航者が陽性者の1割!
06月04日 戦慄!国外居住者陽性千葉5月22人
06月04日 戦慄!すり抜け東京で5月107人
06月03日 超超超超超緊急警報!検体数激減!危険国凝縮なのに率激減!危険国すり抜け?
06月03日 データから明白!危険水際へ!
06月02日 超超超超超緊急警報!陽性95%減 百人級すり抜け水際崩壊
06月01日 えあぽーといずでんじゃらす
05月08日 戦慄!国外居住者の国内陽性確認続
05月07日 戦慄!すり抜け東京だけで百人超
04月02日 戦慄!国外居住者の国内陽性確認続
04月02日 戦慄!すり抜け東京だけで0.05%も
03月09日 隔離基準 非指定国=安全 の嘘
03月03日 注目されない隔離と公共利用
03月03日 戦慄!国外居住者検疫すり抜け続く
03月03日 戦慄!すり抜け東京だけで0.13%も
03月01日 ついにAirport is dangerous
02月06日 検査戻しただけではほぼ意味無
02月03日 戦慄!国外居住の検疫すり抜け続く
02月03日 戦慄!すり抜け東京だけで0.2%も
01月16日 入国後隔離の重要性をもう一度
01月05日 戦慄!検疫すり抜け増加中
01月04日 戦慄!強制隔離もすり抜け続く
01月04日 戦慄!すり抜け12月から超爆増
<非公表関係>
-
<入国ルール違反関係>
2022年
02月01日 空港検疫_逃亡者1月発表7人
01月11日 驚愕!日米声明に空港検疫対策無
01月09日 米14日以内キチガイ外出OK判明
01月04日 空港検疫_逃亡者12月発表27人
<航空機内・空港集団感染関係>
2022年
-
<感染傾向関係>
2022年
08月12日 日本の航空業界が安全第一を言わないなんて絶対にダメだと振り返る日です
02月19日 緊急警報!パキスタン依然2割超
02月14日 緊急警報!南亜2国30%超え!!!!!
02月05日 緊急警報!南亜3国20%超え!!!!!
01月14日 戦慄!米年末既に6%超4割邦人
<抗原検査と低感染国関係>
2022年
-
<分析関係>
2022年
-
<その他>
2022年
03月22日 行動歴別国籍別配信終了か?
03月08日 ★空港から安全に抜出方法_5)福岡
03月07日 ★空港から安全に抜出方法_4)関空
03月06日 ★空港から安全に抜出方法_3)中部
03月05日 ★空港から安全に抜出方法_2)羽田
03月04日 ★空港から安全に抜出方法_1)成田
01月17日 驚愕!検疫誤報だらけ記事配信

■空港/航空会社の対応関連の記事
<空港関係>
2022年
08月06日 38空港_無料検査拠点を設置
01月21日 コロナ_搭乗前無料検査再開
01月04日 成田・羽田_都がPCRキット配布
<ガイドライン関係>
-
<緊急事態宣言関係>
2022年
-
<航空会社関係>
2022年
09月02日 搭乗者数抑制9/7さらに緩和へ new!
05月25日 搭乗者数抑制6/1さらに緩和へ
04月05日 搭乗者数抑制10日から緩和へ
03月07日 搭乗者数抑制14日から緩和へ
02月22日 搭乗者数抑制3月から緩和へ

■アクセス状況の記事
2022年
03月02日 成田_入国者専用車両終了へ
03月02日 成田・羽田_入国者専用バス終了

■航空便欠航状況の記事
<月間情報関係>
2022年
-
<航空会社関係>
-
<国内線>
2022年
-
<国際線>
2022年
08月02日 祝!国際線定期便再開 那覇
07月28日 那覇_国際線再開へ 2年4か月振
07月18日 祝!国際線定期便再開 新千歳
06月22日 新千歳_国際線再開へ 2年3か月振

■運航便情報
<国内線>
2022年
09月10日 国内線_長期欠航路線9/10◆更新継続中 new!
07月29日 国内線_長期欠航路線7/29
03月22日 国内線_長期欠航路線3/4
<国際線>
2022年
09月10日 国際線_運航中路線9/10◆更新継続中 new!
08月27日 国際線_運航中路線8/27
07月29日 国際線_運航中路線7/29
06月23日 国際線_運航中路線6/23
05月11日 国際線_運航中路線5/11
04月30日 国際線_運航中路線4/30
03月23日 国際線_運航中路線3/14
02月28日 国際線_運航中路線2/28
01月25日 国際線_運航中路線1/25

■輸送実績の記事
2022年
05月15日 2021年度利用者数 離島は減少幅小

■出入国制限状況の記事
<日本への入国制限関係>
2022年
09月02日 水際対策 赤黄青変更9/2発表 new!
08月25日 検疫_条件付で陰性証明不要化へ new!
08月05日 入国後待機最長5日に短縮
07月27日 水際対策 赤黄青変更7/21発表
05月27日 青黄赤指定発表、赤は僅か4国
05月21日 入国時検査と待機期間見直しへ
05月17日 変異株 規制変更5/16発表
04月29日 変異株 規制変更4/28発表
04月07日 変異株 規制変更4/6発表
04月07日 コロナ_106国上陸拒否解除へ
04月03日 変異株 規制変更3/30発表
03月28日 変異株 規制変更3/25発表
03月17日 変異株 規制変更3/16発表
03月10日 変異株 規制変更3/9発表
03月03日 変異株 規制変更3/2発表
02月25日 条件満たした入国待機期間短縮へ
02月25日 変異株 規制変更2/24変更
02月18日 変異株 規制変更2/17発表 日本人のイメージ変えちゃおうぜのタネ1つ終了
02月17日 緊急速報!隔離0日or3日へ
02月10日 変異株 規制変更2/10変更
02月08日 空港検疫入国前WEB手続開始
02月03日 変異株 規制変更2/2変更
01月29日 変異株 規制変更1/28変更
01月29日 ο株地域から入国は隔離7日間へ
01月18日 変異株 規制変更1/18変更
01月15日 ο株地域から入国は隔離10日間へ
01月15日 変異株 規制変更1/14変更
01月12日 変異株 規制変更1/11変更
01月08日 変異株 規制変更1/7発表
01月05日 変異株 規制変更1/4発表
<渡航レベル関係>
2022年
08月25日 危険度 Lv3渡航中止国なくなる new!
05月27日 危険度 2年ぶりLv.1国登場
04月02日 感染症危険106国大幅引下げ
03月07日 なぜか渡航中止勧告で大騒ぎ
<世界各国の入国制限関係>
2022年
-

■入国者数の記事
<検疫検体数から判明した入国者数(推定値)推移>
2022年
06月21日 6月1週検体_入国者の6割の外人が検体の9割占める異様な偏り
06月21日 5月5週入国_邦人多い国は増加・外人多い国は減少気味?
06月14日 5月4週入国_悪化米邦人1万突破
06月04日 5月3週入国_日外数で青黄赤指定?※※
06月01日 5月2週入国_爆増8万件突破※※
05月24日 5月1週入国_GW需要?邦人急増※※
05月14日 4月4週入国_外人12週ぶり減少
05月07日 4月3週入国_邦人減 外人増続く
05月07日 4月2週入国_全体微増 外人増続く
04月23日 4月1週入国_9週ぶり微減 外人は増
04月16日 3月5週入国_外人爆増目立つ
04月09日 3月4週入国_検体爆増続くも邦人減
04月02日 3月3週入国_検体1万件超爆増
03月28日 3月2週入国_休前で?邦人/欧州増
03月26日 3月1週入国_検体数5千件超爆増
03月12日 2月4週入国_検体増続く 邦人急増
03月05日 2月3週入国_検体増 まだ外人多
02月26日 2月2週入国_検体増加 外人急増
02月19日 2月1週入国_月初も検体減
02月15日 1月4週入国_検体減も邦人増
02月05日 1月3週入国_検体数全体急減
01月29日 1月2週入国_外人過半数続く
01月22日 1月1週入国_外人過半数
01月15日 12月5週入国_邦人激減で全体減
01月08日 12月4週入国_年末帰国継続も?
01月08日 12月3週入国_検体3万件超
<入国者数(出入国管理統計)>
2022年
08月28日 6月入国_35万人強 外人前月比減 new!
07月29日 5月入国_32万人弱 日外共に増
06月26日 4月入国_26万人強 外人急増
05月31日 3月入国_17.8万人 留学/技能急増
04月30日 2月入国_6.7万人 越が千%超増
03月31日 1月入国_7.7万人 米軍1割近く
02月27日 12月入国_11.5万人 5.8%は米軍
02月16日 1月入国7万、仕事より休暇鮮明
<訪日外客数(JNTO発表)>
2022年
-
<空港別(成田国際・中部国際・関西国際)>
2022年
-
<空港別(東京国際)>
2022年
-


■毎日発表内容
2020年04月08日発表分から毎日記事にしています。
2022年
01月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
   11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日/31日
  03月15日 空港検疫_2022/02/28迄の数値
02月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
   11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日
  03月15日 空港検疫_2022/02/28迄の数値
03月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
   11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日/31日
  04月15日 空港検疫_2022/03/31迄の数値
04月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
   11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日
  05月11日 空港検疫_2022/04/30迄の数値
05月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
   11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日/31日
  06月10日 空港検疫_2022/05/31迄の数値
06月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
   11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日
  07月06日 空港検疫_2022/06/30迄の数値
07月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日/31日
  08月05日 空港検疫_2022/07/31迄の数値
08月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日
  21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日/31日
  09月07日 空港検疫_2022/08/31迄の数値 new!
09月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/


■期間集計(週間別)の記事
週間集計の記事化が半月にわたり遅れております。
申し訳ありません。
編集次第、順次アップしていきます。

<07月から週間分析>
2022年
08月30日 検疫週間別8月4_再び悪化気味5%超 30人/日超 過半数機内クラスター疑い new!
08月23日 検疫週間別8月3_15日前後に一時6%到達の最悪状態 悪化は盆帰国要因? new!
08月16日 検疫週間別8月2_再び悪化5%台 3人に1人有症状 盆帰国増加中? new!
08月09日 検疫週間別8月1_1日20人超5%台 黄化で隔離中消滅 青化ですり抜け危機
08月02日 検疫週間別7月4_1日30人超 5%台に急激悪化 有症4人に1人 団体疑が増加
07月26日 検疫週間別7月3_週200人突破4%台後半に悪化中 団体疑いが増加転換
07月19日 検疫週間別7月2_検体最少も150人超異常/率4%超異常/3人に1人有症異常
07月12日 検疫週間別7月1_有症状者一気に急増 率3%超で非常に危険
07月05日 検疫週間別6月4_20人/日3%超危険 青黄赤規制がおかしすぎることが判明
06月28日 検疫週間別6月3_悪化百人1.8%超
06月21日 検疫週間別6月2_率悪化1.4%超
06月14日 検疫週間別6月1_9割減も1%超の危険 データが示す青国陽性多い可能性
06月07日 検疫週間別5月5_異常!実質5日で有症/団体増 最悪1月より多い入国時有症
05月31日 検疫週間別5月4_検体1万件超続く/隔離滅/機内クラスター5割※※
05月24日 検疫週間別5月3_隔離滅/機内クラスター5割超/有症異常最悪時期より多い?※※
05月17日 検疫週間別5月2_隔離減/有症増/電車利用可/自主隔離無等=最悪1月より危険
05月10日 検疫週間別5月1_率0.7%台に再悪化 隔離中陽性ほぼ消滅のすり抜け危機
05月03日 検疫週間別4月4_検体再増 陽性減鈍化 率0.6%台迄改善 越悪いまま※※
04月26日 検疫週間別4月3_検体横ばい 陽性減、罹患率0.7%台まで改善※※
04月19日 検疫週間別4月2_検体増も横ばい 陽性減で百人/日切る 罹患率1%下回る
04月13日 検疫週間別4月1_検体増も横ばい 陽性減も百人/日超のまま 罹患率改善再開
04月05日 検疫週間別3月4_検体は過去最多で陽性者も百人/日超 隔離中は激減したまま
03月29日 検疫週間別3月3_検体爆増最多更新 隔離中陽性激減 でも罹患率横ばい=危険
03月22日 検疫週間別3月2_検体過去最多で罹患率薄まる 隔離中半減ですり抜け懸念
03月15日 検疫週間別3月1_罹患率は改善鈍化続く 隔離中激減ですり抜け懸念
03月08日 検疫週間別2月4_隔離緩和で隔離中陽性激減 すり抜け懸念
03月01日 検疫週間別2月3_隔離中4割で危険
02月22日 検疫週間別2月2_率2%台で横ばい
02月15日 検疫週間別2月1_隔離中4割も
02月08日 検疫週間別1月5_やっと3%台迄改善
02月01日 検疫週間別1月4_異次元南亜目立つ
01月25日 検疫週間別1月3_率悪化5%後半
01月18日 検疫週間別1月2_異次元千人突破
01月11日 検疫週間別1月1_異次元3段階5%
01月05日 検疫週間別12月4_異次元爆増2%超

■期間集計(国籍別)の記事
<週間分析(2020年10月以降の発表データ)>
2022年
08月31日 検疫週間速報8月2_再び悪化5.7% 邦人8%超+複数国も邦人多いまま※※ new!
08月20日 検疫週間速報8月1_最悪脱出でも5.3% 邦人7%超+複数国も邦人多いまま new!
08月13日 検疫週間速報7月4_最悪6.2% 邦人10%超+複数国邦人多→密輸元凶 邦人
08月06日 検疫週間速報7月3_5%超 基国入国止級 複数国邦人多→外人意識低は嘘
07月30日 検疫週間速報7月2_4%超 米16/英11今すぐ赤化級異常 5国異常滞在は邦人
07月23日 検疫週間速報7月1_3%超続く 邦人異常悪化 米国20人今すぐ赤化すべき
07月16日 検疫週間速報6月5_急激悪化3%超 邦人異常悪化 米国29人今すぐ赤化すべき
07月09日 検疫週間速報6月4_率2%に悪化 邦人悪状態続く 複数国日5外5
07月02日 検疫週間速報6月3_邦人5%超悪化・青国米国から22人も 異常
06月25日 検疫週間速報6月2_邦人悪化3%超
06月23日 検疫週間速報6月1_傾向全く読み取れず 黄国でも検査無が多数発生?
06月23日 検疫週間速報5月5_1%超危険になってから検疫緩和 率高国青国多し
06月14日 検疫週間速報5月4_邦人悪化続く 米は2%まで悪化の危険
06月04日 検疫週間速報5月3_邦人悪化止まらず1%超/率高い国が青国ばかり
06月01日 検疫週間速報5月2_邦人急激悪化止まらず/率高い国が青国ばかり※※
05月24日 検疫週間速報5月1_GW邦人急激悪化※※
05月14日 検疫週間速報4月4_邦人悪状況続く
05月07日 検疫週間速報4月3_2週連続で罹患率1%下回る 邦人横ばい/外人大幅改善※※
05月07日 検疫週間速報4月2_5か月ぶり1%下回る 外人罹患率大幅改善※※
04月23日 検疫週間速報4月1_検体横ばい 罹患率改善再開?10%超の超危険国消滅
04月16日 検疫週間速報3月5_検体爆増・隔離中激減のなか陽性爆増続く 率完全横ばい
04月09日 検疫週間速報3月4_検体爆増も率横ばい 越/韓検体3千超で機内全員濃接危険
04月02日 検疫週間速報3月3_検体爆増も率横ばい 越/韓検体2千超で機内全員濃接危険
03月28日 検疫週間速報3月2_検体多国は外人陽性多、邦人陽性急増国も欧州多
03月26日 検疫週間速報3月1_検体数爆増で1%台
03月12日 検疫週間速報2月4_邦人陽性増加も罹患率1%台 千歳/那覇着謎人物含まず?
03月05日 検疫週間速報2月3_検体100以上10%超再び 隔離指定全く間に合わず
02月26日 検疫週間速報2月2_検体100以上10%超え消滅 異次元やっと脱出?
02月19日 検疫週間速報2月1_罹患率まだ3%超 基国2割超ウイルス運搬便続く
02月16日 検疫週間速報1月4_率最悪は脱出 南亜は異次元通り越した超危険状態続く
02月05日 検疫週間速報1月3_南亜は異次元通り越した危険 機内全域ウイルス運搬
01月29日 検疫週間速報1月2_高罹患率なのに強制隔離無危険国だらけ
01月22日 検疫週間速報1月1_最悪原因外人?
01月15日 検疫週間速報12月5_率3%超最悪
01月08日 検疫週間速報12月4_1%超最悪
01月08日 検疫週間速報12月3_激増原因邦人
<月間分析>
2022年
-

■緊急警報の記事
データを見れば一目瞭然。緊急警報の数で危険だった時期が分かります。
#は100人超えの「超緊急速報」の記事です。
2022年
01月 01日/02日/03日#/04日#/05日#/06日#/07日#/08日#/09日#/10日#
  11日#/12日#/13日#/14日#/15日#/16日#/17日#/18日/19日#/20日#
  21日#/22日#/23日#/24日#/25日#/26日#/27日#/28日/29日/30日#/31日#
02月 01日/02日#/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
  21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日
03月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
  21日/22日/23日/24日/25日/26日#/27日#/28日#/29日/30日/31日#
04月 01日#/02日#/03日#/04日#/05日/06日#/07日/08日/09日/10日#/
  11日#/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
  21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日
05月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日#/09日#/10日#/
  11日/12日/13日/14日/15日#/16日#/17日#/18日/19日/20日/
  21日/22日#/23日#/24日/25日/26日/27日/28日#/29日#/30日#/31日#
06月 01日#/04日/05日/06日/07日/09日/10日/11日/12日/13日/
  14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/22日/23日/24日/
  25日/26日/27日/28日/29日/30日
07月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
  21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日/31日
08月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/15日/以降更新停止(毎日緊急警報日のため)


■コラム等
2022年
06月04日 時間ずらしリスク避け空港へ
06月01日 経済効果無い不要不急訪問止めよう
01月10日 国際線発着週休2日の提案
01月06日 応援検疫 6日22時密着番組放映

■COVID-19に触れた旅行記の記事
2022年
-

■「お家にいよう」プロジェクト
これまでアップした「お家にいよう」プロジェクト
空港は人生の全てが学べる!
お家にいながら空港を学べます!遊べます!楽しめます!
2022年
Vol00 01/14 https://johokotu.seesaa.net/article/485210703.html お家TVでAirなAirに
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2022年09月14日

空港検疫9/14_東京の6.9倍超危険

◇空港検疫 9月14日発表分
[検体数] 484件 99%自動すり抜け 入国者2.5倍なのに増えず!
[陽性数] 28人も異常発生 本当に出発前陰性?
[有症状] 6人も異常発生 本当に出発前陰性?
[複数国] 1人発生
[青国から陽性] 5.7人も異常発生 本当に青?
[罹患率] 水際対策放棄効果か?3%台まで下がる 機内はまだ全員濃厚接触状態


最近「日本は世界最悪だから、水際対策意味ない」という人が増加中。
意味???断然ありますよ???
入国者は、世界最悪らしい日本より4倍高い罹患率。
なんで?空港検疫が世界最悪より高い感染率?
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
入国者は、全員72時間前に陰性なのに、日本より4倍高い罹患率。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
2020年4月以降一回も入国者の罹患率が日本を下回ったことなし。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
謎の異常異変が起きているからこそ、水際対策を止められないんです。

  ついに罹患率三%突破    
自動的に機内全員濃厚接触者に  
 飛行機移動が危険な割合に   


     国際線到着空港       
どのデータ見ても大量すり抜け確定的  
 国内悪化で水際緩和の危険が証明   


厚生労働省(厚労省)は9月14日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無、ワクチン摂取状況等に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施してきました。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定として臨時的に実施してきました。日本で唯一正確な罹患率を把握できました。
※2022年6月1日より非上陸拒否国も含めた入国者全員検査は廃止され、上陸拒否国からの入国者全員検査も一部の国では行われなくなりました。現在は、特定国(赤国、指定国無し)からの入国者全員と、特定国(黄国)からの入国者の一部に対して検査を実施しています。


  【直前7日間の罹患率】3.980%  
▲近々7日間国際線到着空港は現在の東京都内より6.9倍危険!
(比較用)東京都:現罹患率0.574%=要治療80,583人/人口14,036,936人(2022年8月)

(比較用)東京都:罹患率21.779%=感染3,057,156人、死亡率0.0404%=死亡5,675人/人口14,036,936人(2022年8月)

※罹患率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で出発前に有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。





空港検疫 全員検査結果(9月12日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2022年8月31日発表分までは別にまとめています。
2020年4月4日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html

2020年04月04日〜2022年09月01日:対象2,338,566件、陽性21,425人/罹患率0.916% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月02日:対象2,339,241件、陽性21,463人/罹患率0.916%
2020年04月04日〜2022年09月03日:対象2,339,882件、陽性21,500人/罹患率0.918%
2020年04月04日〜2022年09月04日:対象2,340,517件、陽性21,528人/罹患率0.919%
2020年04月04日〜2022年09月05日:対象2,341,046件、陽性21,550人/罹患率0.920%
2020年04月04日〜2022年09月06日:対象2,341,470件、陽性21,574人/罹患率0.921%
2020年04月04日〜2022年09月07日:対象2,342,028件、陽性21,597人/罹患率0.922% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月08日:対象2,342,549件、陽性21,619人/罹患率0.922%
2020年04月04日〜2022年09月09日:対象2,343,120件、陽性21,632人/罹患率0.923%
2020年04月04日〜2022年09月10日:対象2,343,661件、陽性21,649人/罹患率0.923%
2020年04月04日〜2022年09月11日:対象2,344,031件、陽性21,669人/罹患率0.924%
2020年04月04日〜2022年09月12日:対象2,344,515件、陽性21,690人/罹患率0.925%
2020年04月04日〜2022年09月13日:対象2,345,011件、陽性21,711人/罹患率0.925%

2020年04月04日〜2022年09月14日:対象2,345,495件、陽性21,735人/罹患率0.926% 




・昨日単日データでの罹患率:4.959%=陽性24人/検体484件  

・直前7日間の罹患率:3.980%=陽性138人/検体3,467件  
本日発表された昨日分とみられる検体数と、昨日発表の陽性者数を踏まえ、直前7日間の罹患率(海港検疫含む、発表日ベース)を計算しました。

[週間検体数] 4,000件/週を下回り続けています。検査しない人が多過ぎです。
9月8日発表分から、入国上限が2万人から5万人に2.5倍拡大されましたが、検体数は減少を続けています。相当数がすり抜けていると思われます。
[週間陽性数] 140人/週(1日20人)を切りました。緩和を受けてか、一気に下がってきました。
[週間罹患率] 3%台まで下がってきました。横ばい気味から少し減少気味に変化しつつある印象です。9月7日の水際対策緩和の影響が出てきている模様です。
減少気味になったとは言え、まだ約26人に1人は陽性者で、まだまだ異様で異常な状況です。
それだけ世界の感染が異常なのか、もしくは、入国者は感染しやすい行動をしている、いわゆる危険人物の割合が異常に多いかのどちらかですね。


通常の検疫措置(2-row rules)ですと、機内全員が自動的に濃厚接触者となってしまう罹患率3%を超え続けています。
異常に異常に異常に異常に異常に異常に危険です。


新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和4年9月14日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27964.html

















空港検疫検査 到着日別詳細結果(9月13日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
2022年8月31日到着分までは、別にまとめています。
2020年4月3日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html

09月01日:症状 有8 無29=陽性37人 21149・21150・21151・21152・21153・21154・21155・21156・21157・21158・21159・21160・21161・21162・21163・21164・21165・21166・21167・21168・21169・21170・21171・21172・21173・21174・21175・21176・21177・21178・21179・21180・21181・21182・21183・21184・21185
09月02日:症状 有8 無20=陽性28人 21186・21187・21188・21189・21190・21191・21192・21193・21194・21195・21196・21197・21198・21199・21200・21201・21202・21203・21204・21205・21206・21207・21208・21209・21210・21211・21212・21213
09月03日:症状 有9 無13=陽性22人 21214・21215・21216・21217・21218・21219・21220・21221・21222・21223・21224・21225・21226・21227・21228・21229・21230・21231・21232・21233・21234・21235

09月04日:症状 有8 無16=陽性24人 21236・21237・21238・21239・21240・21241・21242・21243・21244・21245・21246・21247・21248・21249・21250・21251・21252・21253・21254・21255・21256・21257・21258・21259
 [空港別] 成田11・羽田3・中部3・関空6・福岡1
 [男女別] 男14・女10
 [年代別] 10下3・20代10・30代5・40代2・50代4・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] フィリピン1・ベトナム13・マレーシア1・ベトナム/マレーシア1・インド2・スリランカ2・タイ/バングラデシュ1・カナダ1・米国2
 [居住地] 群馬1・埼玉6・東京1・神奈川3・山梨1・静岡1・愛知2・三重1・滋賀1・大阪3・兵庫3・福岡1
09月05日:症状 有3 無12=陽性15人 21260・21261・21262・21263・21264・21265・21266・21267・21268・21269・21270・21271・21272・21273・21274
 [空港別] 成田3・羽田5・中部2・関空5
 [男女別] 男11・女4
 [年代別] 10下1・20代6・30代3・40代2・50代3・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・バングラデシュ1・インド2・米国1・豪州1・バヌアツ1
 [居住地] 群馬1・千葉1・東京3・神奈川2・愛知2・滋賀1・大阪3・兵庫1・山口1
09月06日:症状 有6 無16=陽性22人 21275・21276・21277・21278・21279・21280・21281・21282・21283・21284・21285・21286・21287・21288・21289・21290・21291・21292・21293・21294・21295・21296
 [空港別] 成田7・羽田2・中部5・関空3・福岡5
 [男女別] 男13・女9
 [年代別] 10下2・20代10・30代7・40代0・50代1・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] フィリピン3・ベトナム15・シンガポール1・韓国/ベトナム1・スリランカ1・ドイツ/トルコ1
 [居住地] 埼玉1・東京3・神奈川2・静岡1・石川1・岐阜3・愛知3・三重1・奈良1・兵庫1・広島1・大分1・福岡3
09月07日:症状 有5 無8=陽性13人 21297・21298・21299・21300・21301・21302・21303・21304・21305・21306・21307・21308・21309
 [空港別] 成田2・羽田4・中部3・関空3・福岡1
 [男女別] 男8・女5
 [年代別] 10下1・20代7・30代2・40代0・50代2・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] ベトナム8・シンガポール1・英国1・英国/フランス1・英国/スペイン1・米国1
 [居住地] 福島1・千葉2・東京1・神奈川2・石川1・愛知3・大阪2・沖縄1
09月08日:症状 有2 無15=陽性17人 21310・21311・21312・21313・21314・21315・21316・21317・21318・21319・21320・21321・21322・21323・21324・21325・21326
 [空港別] 成田12・関空4・福岡1
 [男女別] 男11・女6
 [年代別] 10下4・20代4・30代7・40代1・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・スリランカ4・シリア1・UAE/インド2・ポーランド1
 [居住地] 山形1・茨城3・千葉1・東京7・福井1・愛知1・京都1・兵庫1・福岡1
09月09日:症状 有4 無16=陽性20人 21327・21328・21329・21330・21331・21332・21333・21334・21335・21336・21337・21338・21339・21340・21341・21342・21343・21344・21345・21346
 [空港別] 成田12・羽田5・関空2・福岡1
 [男女別] 男12・女8
 [年代別] 10下2・20代6・30代9・40代2・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム6・タイ1・インド3・スリランカ1・パキスタン1・サウジアラビア1・トルコ1・セネガル1・米国5
 [居住地] 群馬2・埼玉3・千葉1・東京5・神奈川1・愛知3・福岡5
09月10日:症状 有8 無13=陽性21人 21347・21348・21349・21350・21351・21352・21353・21354・21355・21356・21357・21358・21359・21360・21361・21362・21363・21364・21365・21366・21367
 [空港別] 成田2・羽田8・中部2・関空5・福岡4
 [男女別] 男11・女10
 [年代別] 10下1・20代13・30代2・40代4・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム14・タイ1・インド2・スリランカ1・スイス1・ポルトガル1・豪州1
 [居住地] 茨城1・埼玉1・東京3・富山1・愛知1・三重1・京都2・大阪5・岡山1・広島1・大分1・長崎1・熊本1・沖縄1
09月11日:症状 有7 無14=陽性21人 21368・21369・21370・21371・21372・21373・21374・21375・21376・21377・21378・21379・21380・21381・21382・21383・21384・21385・21386・21387・21388
 [空港別] 成田8・羽田4・中部1・関空6・福岡2
 [男女別] 男16・女5
 [年代別] 10下2・20代8・30代7・40代1・50代3・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム10・カンボジア/ベトナム1・スリランカ2・ウズベキスタン1・オーストリア1・英国1・イタリア/ギリシャ1・オーストリア/ギリシャ1・英国/オランダ1・米国2
 [居住地] 栃木2・埼玉1・千葉1・東京2・神奈川2・新潟1・岐阜1・愛知1・奈良1・大阪2・兵庫2・広島1・香川1・福岡1・沖縄2
09月12日:症状 有6 無18=陽性24人 21389・21390・21391・21392・21393・21394・21395・21396・21397・21398・21399・21400・21401・21402・21403・21404・21405・21406・21407・21408・21409・21410・21411・21412
 [空港別] 成田14・羽田5・中部2・関空2・福岡1
 [男女別] 男17・女7
 [年代別] 10下2・20代11・30代3・40代6・50代1・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] フィリピン2・ベトナム12・タイ1・ウズベキスタン1・米国7・ブラジル1
 [居住地] 栃木1・千葉5・東京2・神奈川4・岐阜2・大阪2・兵庫1・山口4・宮崎1・鹿児島1・沖縄1
09月13日:症状 有6 無22=陽性28人 21413・21414・21415・21416・21417・21418・21419・21420・21421・21422・21423・21424・21425・21426・21427・21428・21429・21430・21431・21432・21433・21434・21435・21436・21437・21438・21439・21440
 [空港別] 成田4・羽田4・中部2・関空14・福岡4
 [男女別] 男12・女16
 [年代別] 10下4・20代14・30代7・40代2・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] 中国1・ベトナム21・インド1・UAE/エジプト/シンガポール1・米国4
 [居住地] 栃木1・東京2・神奈川2・愛知1・京都1・大阪1・兵庫2・岡山1・広島2・香川10・福岡4・沖縄1





空港検疫でのCOVID-19陽性確認数(到着日ベース)
・2020年4月3日〜2022年9月13日着累計(893日間):21,357人  
・本日発表された空港検疫での陽性者数:28人  
 [入国時陽性分と推定] 9月13日着 28人
 [隔離後陽性分と推定] 該当無し

9月7日の水際対策緩和で異常急減した陽性者が少し増加してきていますでしょうか。
それでも元々の数値自体が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
少ないように見える数字に騙されやすいですが、検体数が著しく少ない中での数値であることに注意が必要です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





有症状者状況
・累計:有症状4,235人・無症状17,122人=無症状率80.1%  
・本日発表された空港検疫での有症状者数:6人  

21415 福岡 9月13日 10歳未満 男性 福岡県 ベトナム 発熱、咳
21416 福岡 9月13日 30代 女性 福岡県 ベトナム 咳
21419 羽田 9月13日 30代 男性 広島県 インド 咽頭痛
21421 羽田 9月13日 30代 男性 兵庫県 米国 咽頭痛
21422 羽田 9月13日 40代 男性 東京都 米国 咳、咽頭痛、倦怠感
21439 成田 9月13日 20代 男性 栃木県 ベトナム 咳

(入国時検査に当たる9月10日着以降)
ベトナム:成田、福岡まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
インド:羽田まで直行便で8時間程度の飛行で、機内発症か微妙です。
その他各国は直行便・乗継便いずれも10時間程度以上の飛行で、機内発症とみられます。(米国は機内発症か微妙な短距離路線としてグアムが含まれています)

それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。




国別陽性確認数
・10人以上の超危険国:ベトナム21人  
・5人以上の危険国:該当無し  

・複数国滞在者:1人  

・青国からの陽性者:5.7人*  
・青国のうち無症状:中国1人、米国2人(神奈川居住★キチ有県、沖縄居住★キチ有県)  

それにしても特定国から異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。


それにしても検査も隔離も不要な安全国である青国からの「無症状」陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の青国無症状陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





団体感染疑い状況
・団体感染が疑われる事例:4組17人  
(1)連番確認(同一日同一空港着同一国からの同一地域居住者=同一団体疑い):3組14人
・21413 福岡 9月13日 20代 男性 福岡県 ベトナム 無症状
 21414 福岡 9月13日 10代 女性 福岡県 ベトナム 無症状
 21415 福岡 9月13日 10歳未満 男性 福岡県 ベトナム 発熱、咳
 21416 福岡 9月13日 30代 女性 福岡県 ベトナム 咳
・21423 関空 9月13日 20代 女性 香川県 ベトナム 無症状
 21424 関空 9月13日 20代 女性 香川県 ベトナム 無症状
 21425 関空 9月13日 20代 女性 香川県 ベトナム 無症状
・21427 関空 9月13日 20代 女性 香川県 ベトナム 無症状
 21428 関空 9月13日 10代 女性 香川県 ベトナム 無症状
 21429 関空 9月13日 20代 女性 香川県 ベトナム 無症状
 21430 関空 9月13日 20代 女性 香川県 ベトナム 無症状
 21431 関空 9月13日 20代 女性 香川県 ベトナム 無症状
 21432 関空 9月13日 30代 女性 香川県 ベトナム 無症状
 21433 関空 9月13日 10代 女性 香川県 ベトナム 無症状

(2)10歳未満(同行者がいる団体感染すり抜け疑い):1人(※は上記のうちの1人)
21415 福岡 9月13日 10歳未満 男性 福岡県 ベトナム 発熱、咳※

何これ?香川居住など絶対数は多くないですから、明らかに機内クラスター、と言いますか、同一団体クラスターですね。こういうのを抑えないと流入は止められないですよ、、、。20代、中国四国地方、東南アジア、こういうの目立ちますね。

それにしても団体疑い、10歳以下が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の団体疑いや10歳以下が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





強制隔離中の影響
・強制隔離中の陽性とみられる事例:0人(全体の0%)  

・対象国増2021年3月5日-2021年9月19日200日間 強制隔離中陽性563人(2.8人/日)
・対象国減2021年9月20日-2021年11月7日49日間 強制隔離中陽性79人(1.6人/日)
・対象国減2021年11月8日-2021年11月26日19日間 強制隔離中陽性23人(1.2人/日)
・対象国増2021年11月27日-2022年2月28日94日間 強制隔離中の陽性2,151人(22.8人/日)
・対象国減2022年3月1日着-2022年4月28日着の59日間 強制隔離中陽性840人(14.2人/日)
・対象国減2022年4月29日着-2022年5月31日着の33日間 強制隔離中陽性22人(0.7人/日)
・対象国壊滅2022年6月1日着-2022年9月6日着の98日間 強制隔離中陽性36人(0.4人/日)

・対象国壊滅2022年9月7日着-2022年9月10日着の4日間 強制隔離中陽性0人(0人/日)

それにしても、これだけ多数の陽性が出ているのに、強制隔離中陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる少なさが続いています。完全にすり抜け危機です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、強制隔離を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





大量すり抜け危機勃発
結果を見れば一目瞭然
隔離規制緩和は大失敗!!!
結局、隔離規制をしないとダメなんです。



新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_28022.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2022年09月13日

空港検疫9/13_日本の4.7倍超危険

◇空港検疫 9月13日発表分
[検体数] 496件 99%自動すり抜け 入国者2.5倍なのに増えず!
[陽性数] 24人も異常発生 本当に出発前陰性?
[有症状] 6人も異常発生 本当に出発前陰性?
[複数国] 0人
[青国から陽性] 11人も異常発生 本当に青?
[罹患率] 水際対策放棄効果か?3%台まで下がる 機内はまだ全員濃厚接触状態


最近「日本は世界最悪だから、水際対策意味ない」という人が増加中。
意味???断然ありますよ???
入国者は、世界最悪らしい日本より4.7倍高い罹患率。
なんで?空港検疫が世界最悪より高い感染率?
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
2020年4月以降一回も入国者の罹患率が日本を下回ったことなし。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
謎の異常異変が起きているからこそ、水際対策を止められないんです。

  ついに罹患率三%突破    
自動的に機内全員濃厚接触者に  
 飛行機移動が危険な割合に   


     国際線到着空港       
どのデータ見ても大量すり抜け確定的  
 国内悪化で水際緩和の危険が証明   


厚生労働省(厚労省)は9月13日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無、ワクチン摂取状況等に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施してきました。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定として臨時的に実施してきました。日本で唯一正確な罹患率を把握できました。
※2022年6月1日より非上陸拒否国も含めた入国者全員検査は廃止され、上陸拒否国からの入国者全員検査も一部の国では行われなくなりました。現在は、特定国(赤国、指定国無し)からの入国者全員と、特定国(黄国)からの入国者の一部に対して検査を実施しています。


  【直前7日間の罹患率】3.869%  
▲近々7日間国際線到着空港は現在の日本国内より4.7倍危険!
(比較用)日本国内 現罹患率0.821%=要治療1,024,930人/人口約1億2478万人(2022年8月)

(比較用)日 本:罹患率16.205%=感染20,221,686人、死亡率0.0342%=死亡42,794人/約1億2478万人(2022年8月)

※罹患率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で出発前に有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。





空港検疫 全員検査結果(9月11日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2022年8月31日発表分までは別にまとめています。
2020年4月4日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html

2020年04月04日〜2022年09月01日:対象2,338,566件、陽性21,425人/罹患率0.916% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月02日:対象2,339,241件、陽性21,463人/罹患率0.916%
2020年04月04日〜2022年09月03日:対象2,339,882件、陽性21,500人/罹患率0.918%
2020年04月04日〜2022年09月04日:対象2,340,517件、陽性21,528人/罹患率0.919%
2020年04月04日〜2022年09月05日:対象2,341,046件、陽性21,550人/罹患率0.920%
2020年04月04日〜2022年09月06日:対象2,341,470件、陽性21,574人/罹患率0.921%
2020年04月04日〜2022年09月07日:対象2,342,028件、陽性21,597人/罹患率0.922% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月08日:対象2,342,549件、陽性21,619人/罹患率0.922%
2020年04月04日〜2022年09月09日:対象2,343,120件、陽性21,632人/罹患率0.923%
2020年04月04日〜2022年09月10日:対象2,343,661件、陽性21,649人/罹患率0.923%
2020年04月04日〜2022年09月11日:対象2,344,031件、陽性21,669人/罹患率0.924%
2020年04月04日〜2022年09月12日:対象2,344,515件、陽性21,690人/罹患率0.925%

2020年04月04日〜2022年09月13日:対象2,345,011件、陽性21,711人/罹患率0.925% 




・昨日単日データでの罹患率:4.234%=陽性21人/検体496件  

・直前7日間の罹患率:3.869%=陽性137人/検体3,541件  
本日発表された昨日分とみられる検体数と、昨日発表の陽性者数を踏まえ、直前7日間の罹患率(海港検疫含む、発表日ベース)を計算しました。

[週間検体数] 4,000件/週を下回り続けています。検査しない人が多過ぎです。
9月8日発表分から、入国上限が2万人から5万人に2.5倍拡大されましたが、検体数は減少を続けています。相当数がすり抜けていると思われます。
[週間陽性数] 140人/週(1日20人)を切りました。緩和を受けてか、一気に下がってきました。
[週間罹患率] 3%台まで下がってきました。横ばい気味から少し減少気味に変化しつつある印象です。9月7日の水際対策緩和の影響が出てきている模様です。
減少気味になったとは言え、まだ約27人に1人は陽性者で、まだまだ異様で異常な状況です。
それだけ世界の感染が異常なのか、もしくは、入国者は感染しやすい行動をしている、いわゆる危険人物の割合が異常に多いかのどちらかですね。


通常の検疫措置(2-row rules)ですと、機内全員が自動的に濃厚接触者となってしまう罹患率3%を超え続けています。
異常に異常に異常に異常に異常に異常に危険です。


新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和4年9月13日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27964.html

















空港検疫検査 到着日別詳細結果(9月12日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
2022年8月31日到着分までは、別にまとめています。
2020年4月3日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html

09月01日:症状 有8 無29=陽性37人 21149・21150・21151・21152・21153・21154・21155・21156・21157・21158・21159・21160・21161・21162・21163・21164・21165・21166・21167・21168・21169・21170・21171・21172・21173・21174・21175・21176・21177・21178・21179・21180・21181・21182・21183・21184・21185
09月02日:症状 有8 無20=陽性28人 21186・21187・21188・21189・21190・21191・21192・21193・21194・21195・21196・21197・21198・21199・21200・21201・21202・21203・21204・21205・21206・21207・21208・21209・21210・21211・21212・21213

09月03日:症状 有9 無13=陽性22人 21214・21215・21216・21217・21218・21219・21220・21221・21222・21223・21224・21225・21226・21227・21228・21229・21230・21231・21232・21233・21234・21235
 [空港別] 成田10・羽田4・中部6・関空1・福岡1
 [男女別] 男16・女12
 [年代別] 10下5・20代4・30代8・40代3・50代1・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム15・スリランカ2・インド/ベトナム1・英国1・米国3
 [居住地] 北海道1・宮城2・茨城5・東京4・愛知6・奈良1・大分2・福岡1
09月04日:症状 有8 無16=陽性24人 21236・21237・21238・21239・21240・21241・21242・21243・21244・21245・21246・21247・21248・21249・21250・21251・21252・21253・21254・21255・21256・21257・21258・21259
 [空港別] 成田11・羽田3・中部3・関空6・福岡1
 [男女別] 男14・女10
 [年代別] 10下3・20代10・30代5・40代2・50代4・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] フィリピン1・ベトナム13・マレーシア1・ベトナム/マレーシア1・インド2・スリランカ2・タイ/バングラデシュ1・カナダ1・米国2
 [居住地] 群馬1・埼玉6・東京1・神奈川3・山梨1・静岡1・愛知2・三重1・滋賀1・大阪3・兵庫3・福岡1
09月05日:症状 有3 無12=陽性15人 21260・21261・21262・21263・21264・21265・21266・21267・21268・21269・21270・21271・21272・21273・21274
 [空港別] 成田3・羽田5・中部2・関空5
 [男女別] 男11・女4
 [年代別] 10下1・20代6・30代3・40代2・50代3・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・バングラデシュ1・インド2・米国1・豪州1・バヌアツ1
 [居住地] 群馬1・千葉1・東京3・神奈川2・愛知2・滋賀1・大阪3・兵庫1・山口1
09月06日:症状 有6 無16=陽性22人 21275・21276・21277・21278・21279・21280・21281・21282・21283・21284・21285・21286・21287・21288・21289・21290・21291・21292・21293・21294・21295・21296
 [空港別] 成田7・羽田2・中部5・関空3・福岡5
 [男女別] 男13・女9
 [年代別] 10下2・20代10・30代7・40代0・50代1・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] フィリピン3・ベトナム15・シンガポール1・韓国/ベトナム1・スリランカ1・ドイツ/トルコ1
 [居住地] 埼玉1・東京3・神奈川2・静岡1・石川1・岐阜3・愛知3・三重1・奈良1・兵庫1・広島1・大分1・福岡3
09月07日:症状 有5 無8=陽性13人 21297・21298・21299・21300・21301・21302・21303・21304・21305・21306・21307・21308・21309
 [空港別] 成田2・羽田4・中部3・関空3・福岡1
 [男女別] 男8・女5
 [年代別] 10下1・20代7・30代2・40代0・50代2・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] ベトナム8・シンガポール1・英国1・英国/フランス1・英国/スペイン1・米国1
 [居住地] 福島1・千葉2・東京1・神奈川2・石川1・愛知3・大阪2・沖縄1
09月08日:症状 有2 無15=陽性17人 21310・21311・21312・21313・21314・21315・21316・21317・21318・21319・21320・21321・21322・21323・21324・21325・21326
 [空港別] 成田12・関空4・福岡1
 [男女別] 男11・女6
 [年代別] 10下4・20代4・30代7・40代1・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・スリランカ4・シリア1・UAE/インド2・ポーランド1
 [居住地] 山形1・茨城3・千葉1・東京7・福井1・愛知1・京都1・兵庫1・福岡1
09月09日:症状 有4 無16=陽性20人 21327・21328・21329・21330・21331・21332・21333・21334・21335・21336・21337・21338・21339・21340・21341・21342・21343・21344・21345・21346
 [空港別] 成田12・羽田5・関空2・福岡1
 [男女別] 男12・女8
 [年代別] 10下2・20代6・30代9・40代2・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム6・タイ1・インド3・スリランカ1・パキスタン1・サウジアラビア1・トルコ1・セネガル1・米国5
 [居住地] 群馬2・埼玉3・千葉1・東京5・神奈川1・愛知3・福岡5
09月10日:症状 有8 無13=陽性21人 21347・21348・21349・21350・21351・21352・21353・21354・21355・21356・21357・21358・21359・21360・21361・21362・21363・21364・21365・21366・21367
 [空港別] 成田2・羽田8・中部2・関空5・福岡4
 [男女別] 男11・女10
 [年代別] 10下1・20代13・30代2・40代4・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム14・タイ1・インド2・スリランカ1・スイス1・ポルトガル1・豪州1
 [居住地] 茨城1・埼玉1・東京3・富山1・愛知1・三重1・京都2・大阪5・岡山1・広島1・大分1・長崎1・熊本1・沖縄1
09月11日:症状 有7 無14=陽性21人 21368・21369・21370・21371・21372・21373・21374・21375・21376・21377・21378・21379・21380・21381・21382・21383・21384・21385・21386・21387・21388
 [空港別] 成田8・羽田4・中部1・関空6・福岡2
 [男女別] 男16・女5
 [年代別] 10下2・20代8・30代7・40代1・50代3・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム10・カンボジア/ベトナム1・スリランカ2・ウズベキスタン1・オーストリア1・英国1・イタリア/ギリシャ1・オーストリア/ギリシャ1・英国/オランダ1・米国2
 [居住地] 栃木2・埼玉1・千葉1・東京2・神奈川2・新潟1・岐阜1・愛知1・奈良1・大阪2・兵庫2・広島1・香川1・福岡1・沖縄2
09月12日:症状 有6 無18=陽性24人 21389・21390・21391・21392・21393・21394・21395・21396・21397・21398・21399・21400・21401・21402・21403・21404・21405・21406・21407・21408・21409・21410・21411・21412
 [空港別] 成田14・羽田5・中部2・関空2・福岡1
 [男女別] 男17・女7
 [年代別] 10下2・20代11・30代3・40代6・50代1・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] フィリピン2・ベトナム12・タイ1・ウズベキスタン1・米国7・ブラジル1
 [居住地] 栃木1・千葉5・東京2・神奈川4・岐阜2・大阪2・兵庫1・山口4・宮崎1・鹿児島1・沖縄1





空港検疫でのCOVID-19陽性確認数(到着日ベース)
・2020年4月3日〜2022年9月12日着累計(892日間):21,329人  
・本日発表された空港検疫での陽性者数:24人  
 [入国時陽性分と推定] 9月12日着 24人
 [隔離後陽性分と推定] 該当無し

9月7日の水際対策緩和で異常急減した陽性者が少し増加してきていますでしょうか。
それでも元々の数値自体が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
少ないように見える数字に騙されやすいですが、検体数が著しく少ない中での数値であることに注意が必要です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





有症状者状況
・累計:有症状4,229人・無症状17,100人=無症状率80.1%  
・本日発表された空港検疫での有症状者数:6人  

21389 福岡 9月12日 20代 女性 山口県 タイ 咽頭痛、倦怠感
21390 中部 9月12日 20代 男性 岐阜県 フィリピン 発熱
21391 中部 9月12日 20代 男性 岐阜県 フィリピン 発熱
21397 成田 9月12日 40代 男性 千葉県 ブラジル 発熱、咳
21404 成田 9月12日 40代 男性 東京都 米国 発熱、倦怠感
21408 羽田 9月12日 20代 女性 山口県 米国 発熱、咽頭痛、倦怠感、頭痛

(入国時検査に当たる9月10日着以降)
タイ:福岡まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
フィリピン:中部まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
その他各国は直行便・乗継便いずれも10時間程度以上の飛行で、機内発症とみられます。(米国は機内発症か微妙な短距離路線としてグアムが含まれています)

それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。




国別陽性確認数
・10人以上の超危険国:ベトナム12人  
・5人以上の危険国:米国7人  

・複数国滞在者:0人  

・青国からの陽性者:11人  
・青国のうち無症状:米国5人(神奈川居住3★キチ有県、山口居住2★キチ有県)  

それにしても特定国から異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。


それにしても検査も隔離も不要な安全国である青国からの「無症状」陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の青国無症状陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





団体感染疑い状況
・団体感染が疑われる事例:6組9人  
(1)連番確認(同一日同一空港着同一国からの同一地域居住者=同一団体疑い):4組9人
・21390 中部 9月12日 20代 男性 岐阜県 フィリピン 発熱
 21391 中部 9月12日 20代 男性 岐阜県 フィリピン 発熱
・21394 成田 9月12日 50代 男性 千葉県 ベトナム 無症状
 21395 成田 9月12日 20代 男性 千葉県 ベトナム 無症状
・21405 成田 9月12日 40代 男性 神奈川県 米国 無症状
 21406 成田 9月12日 30代 女性 神奈川県 米国 無症状
 21407 成田 9月12日 10歳未満 女性 神奈川県 米国 無症状
・21408 羽田 9月12日 20代 女性 山口県 米国 発熱、咽頭痛、倦怠感、頭痛
 21409 羽田 9月12日 10歳未満 女性 山口県 米国 無症状

(2)10歳未満(同行者がいる団体感染すり抜け疑い):2人(※は上記のうちの1人)
21407 成田 9月12日 10歳未満 女性 神奈川県 米国 無症状※
21409 羽田 9月12日 10歳未満 女性 山口県 米国 無症状※

それにしても団体疑い、10歳以下が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の団体疑いや10歳以下が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





強制隔離中の影響
・強制隔離中の陽性とみられる事例:0人(全体の0%)  

・対象国増2021年3月5日-2021年9月19日200日間 強制隔離中陽性563人(2.8人/日)
・対象国減2021年9月20日-2021年11月7日49日間 強制隔離中陽性79人(1.6人/日)
・対象国減2021年11月8日-2021年11月26日19日間 強制隔離中陽性23人(1.2人/日)
・対象国増2021年11月27日-2022年2月28日94日間 強制隔離中の陽性2,151人(22.8人/日)
・対象国減2022年3月1日着-2022年4月28日着の59日間 強制隔離中陽性840人(14.2人/日)
・対象国減2022年4月29日着-2022年5月31日着の33日間 強制隔離中陽性22人(0.7人/日)
・対象国壊滅2022年6月1日着-2022年9月6日着の98日間 強制隔離中陽性36人(0.4人/日)

・対象国壊滅2022年9月7日着-2022年9月9日着の3日間 強制隔離中陽性0人(0人/日)

それにしても、これだけ多数の陽性が出ているのに、強制隔離中陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる少なさが続いています。完全にすり抜け危機です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、強制隔離を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





大量すり抜け危機勃発
結果を見れば一目瞭然
隔離規制緩和は大失敗!!!
結局、隔離規制をしないとダメなんです。



新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27982.html

ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

検疫週間別9月1_改善もまだ3%台 ギリギリ20人/日

◇空港検疫結果分析(週間別)9月1週目
[検体数] 非常に危険 500件台/日 検査は3%未満?
[陽性数] 非常に危険 減少もまだ20人/日超
[罹患率] 非常に危険 改善もやっと3%台

非常に危険 3割弱有症状者の悪い状況続く
非常に危険 3人に1人機内クラスター疑い 多い状態続く
非常に危険 黄国化・青国化で減少 すり抜け危機


入国者に対する新型コロナウイルス感染症検査(PCR検査または抗原検査)について、2020年4月3日に特定国全員実施が始まってから2年4か月、2021年1月9日に入国者全員実施が始まってから1年8か月が過ぎました。
厚生労働省より毎日発表されている数値を集計してみました。(グラフはすべて厚生労働省発表数値より集計し作成しています)

  2022年9月1週目(2022年9月2日〜2022年9月8日)  
  罹患率3.731%=陽性141人/検体3,779件  




■検体・陽性減少、罹患率乱高下しながら3%台まで改善 非常に危険な状態はまだ続く
・7日間検体数:540件/日(前週比-28)  
 減少が続いています。9月7日着からの大幅緩和が発表されましたので、入国を延期した人も多かったのかもしれません。13週連続で1日千件を切りで極少数であることには変わりありません。現在は、入国者数が1日2万人まで拡大していますので、検査している人は3%を切っている可能性があります。

・7日間陽性者:141人(前週比-29)  
 減少が続いています。140人/週(1日20人)に迫りました。
 前回検体数500件級だった2020年4月頃は多くても陽性者10人/週(=1日1〜2人)程度でしたから、陽性者数が減少したとは言っても、まだまだ異常な状態であることが分かります。

・7日間罹患率:3.731%(前週比-0.541P)  
 減少が続いています。3%台まで改善しています。これでも機内全員濃厚接触者状態には変わりありませんので、非常に危険な状況です。

・2020年4月3日からの平均罹患率:0.920%(前週比+0.005P)  
 上昇(悪化)が止まりません。過去最悪を更新し続けています。やや悪化幅が縮小した印象です。

検査者数(青)、陽性者数(赤)、罹患率(緑)ともに減少です。罹患率が乱高下しながらジリジリ下がってきています。
(赤が陽性者数(左目盛)、青が検体数(右目盛)、緑が罹患率(右目盛))
検体数・陽性者数
Quarantine20200403-20220908-1-1.gif
Quarantine20200403-20220908-1-1b-2.gif
Quarantine20200403-20220908-1-1b.gif
罹患率
Quarantine20200403-20220908-1-2.gif
Quarantine20200403-20220908-1-2b.gif
累計(検体数・陽性者数)
Quarantine20200403-20220908-1-3.gif





■中部が急増
・[空港別] 141人中 千歳0・成田55・羽田23・中部23・関空28・福岡12・那覇0  
・成田国際(成田)着:39%(前週比-9P)と一気に減少に転換。
・東京国際(羽田)着:16%(前週比+2P)と増加に転換。
・中部国際(中部)着:16%(前週比+8P)と連続増加で急増。
・関西国際(関空)着:20%(前週比+4P)と一気に増加に転換。
・福岡着:9%(前週比-5P)と一気に減少に転換。
新千歳、那覇は連続で陽性確認無し。
福岡の急激悪化がやっと止まりました。一方で中部が一気に悪くなっています。
ベトナムが増え続け、米国が減っていることから、何となく納得の結果でしょうか。関空が羽田超え、中部が羽田と並ぶという異常な状況です。




■まだ女性いつもより多め
・[男女別] 141人中 男90・女51  
男性は64%(前週比+4P)と一気に増加。
普段は7割強が男性です。女性がいつもより多い状況です。
後述する20代増加・ベトナム増加と合わせて考えると、技能実習生がだいぶ入国してきていますでしょうか。




■20代集中続く
・[年齢別] 141人中 10未12・10代6・20代56・30代42・40代9・50代12・60代3・70代1・80上0  
・中年代:20代〜40代は107人76%(前週比-22人/±0P)。人数は減少していますが、割合は横ばい。20代集中が続いています。
・高年代:50代は12人9%(前週比+3人/+4P)。やや増加したでしょうか。
・10歳未満:10歳未満は12人9%(前週比-1人/+1P)。1割切ったものの、まだ多めの状況が続いています。10歳未満は同行者がいるはずですので、団体感染すり抜けの疑いが非常強い事例で、危険です。隔離中陽性は0人(前週比±0)でした。

10歳未満は、今週は横ばいですが、多い状況が続いていることが分かります。
Quarantine20200403-20220908-6.gif
Quarantine20200403-20220908-6b.gif





■陽性者発生22か国、ベトナムやっと百人切るも集中続く
・[渡航元] 141人中 越86.8*  

■陽性者が出た国数
国数は22か国(前週比-9)と減少に転じました。
有症状と申告しない限り検査がない青国が14か国(前週比-4)も出ています(2か国は黄国との複数国滞在者)。


==========================
■主な国別
・[ベトナム]
86.8人*62%(前週比-23.2人/-3P)。著しく悪い状況が続いています。人数は百人を切ったものの、割合はあまり落ちていません。
72時間前までに陰性だった人たちで、しかも入国者のうちの2割程度しか検査していないと推定される状態で、こんなに多くの陽性が出るなど、異常に異常に異常に異常に異常に異常に異常に異常に危険な状況です。全員検査していた時期に匹敵する多さという異常さです。この状態が続いているにもかかわらず、赤国にしないのは、国分けの設定がおかしいですね。
機内クラスター疑いも複数出ており、まだ3〜4人程度の陽性者が出る団体疑い気味の陽性事例が連続的に出ています。総数は成田着の方が多いですが、他国ではほとんど陽性者が出ない福岡着がかなり多く目立ちます。

20人以上だったのは、以上の1か国(前週比-1)でした。
5月末までと比べ激減しており、すり抜けを許している可能性が非常に非常に非常に高く、非常に非常に非常に危険です。



==========================
■主な地域別
[亜州(アジア各国)]
・東アジア:合計1.5人1%(前週比-0.5/±0P)
東アジアは、澳門が黄国なだけで、韓国、中国、香港、台湾、モンゴル共に青国のため、検査が原則なくなっています。
韓国や台湾は何のきっかけもなく5月末までと比べて爆減。すり抜けが異常に多い可能性が非常に高い危険な状況です。

・東南アジア:合計95.5人*68%(前週比-24.2人/-2P)
減少でした。過半数のままです。
前述のとおりベトナムが20人超え。現地感染は限りなくゼロに近いですが何故か陽性者が出続ける異常が止まりません。
東南アジアは、ブルネイ、ベトナムが黄国である以外は青国で、ほとんどの国は検査が原則なくなっています。ブルネイからは入国者がほぼいませんので、実質ベトナムのみ検査対象状態です。
主な国は、フィリピンが4人3%(前週比+4人/+3P)、タイが0.8人*1%(前週比-3人/-1P)、シンガポールが2.3人*2%(前週比+0.3人/+1P)で、完全にベトナム一点集中型でした。
タイやシンガポールは何のきっかけもなく5月末までと比べて爆減。すり抜けが異常に多い可能性が非常に高い危険な状況です。

・南亜+パキスタン:合計20人*14%(前週比-1.8人/+1P)
人数は減少、割合は増加でした。
主な国は、スリランカが10人7%(前週比+2人/+2P)で2桁。インドが6.5人*5%(前週比-3.3人/-1P)、ネパールが0人0%(前週比±0人/±0P)、パキスタンが0人0%(前週比-1人/-1P)。ネパールは青国になって即消滅、パキスタンは黄国になって激減しました。すり抜け危機です。
南アジアは、インド、スリランカ、ネパール、ブータン、モルディブ、パキスタンが黄国。バングラデシュとネパールが青国です。
ほとんどの入国者が検査対象ですから、陽性者数が横ばいなのも頷けます。この結果から、6月1日を境に、全世界からの入国者のなかの陽性者数が爆減しているわけではないことがはっきり分かります。

・中東/中央アジア:合計4.5人*3%(前週比-1人/±0P)
横ばいです。
複数国滞在の陽性者が多いトルコは1.5人*0%(前週比+1人/+1P)、陽性確認が続いているウズベキスタンは0人0%(前週比-4人/-2P)でした。
中東は、アフガニスタン、UAE、イスラエル、イラク、イラン、カタール、バーレーン、ヨルダンが青国。イエメン、オマーン、クウェート、サウジアラビア、シリア、トルコ、パレスチナ、レバノンは黄国。
黄国のトルコが陽性者が出続け、多かったUAEが一気に消滅したことを考えると、6月1日を境に、全世界からの入国者のなかの陽性者数が爆減しているわけではないことがはっきり分かります。
UAEは何のきっかけもなく5月末までと比べて爆減。すり抜けが異常に多い可能性が非常に高い危険な状況です。

[欧州(ヨーロッパ各国)]:合計5.5人*4%(前週比-1.3人/±0P)
ほぼ横ばいでした。
5月迄多い状況が続いていた国では、ドイツ0.5人0%(前週比+0.2人/±0P)、フランス0.5人0%(前週比-1.3人/-1P)、英国3人*2%(前週比+3人/+2P)、スペイン0.5人0%(前週比+0.2人/±0P)と爆減したまま。
欧州で黄国なのは、アンドラ、ウクライナ、北マケドニア、キプロス、コソボ、サンマリノ、バチカン市国、ベラルーシ、ポルトガル、マルタ、モルドバ、リヒテンシュタインのみ。赤国もアルバニアのみです。なぜか入国者の少ない国が多いです。
ドイツやフランス、スペイン、英国などは何のきっかけもなく5月末までと比べて爆減。すり抜けが異常に多い可能性が非常に高い危険な状況です。

[阿州(アフリカ各国)]:合計0人0%(前週比-2.3人/-1P)
国数は0か国(-3)。入国者が少ないので、全体的には少ない状況に変わりありません。
アフリカは、アルジェリア、ウガンダ、エチオピア、ガーナ、カメルーン、ケニア、コートジボワール、ザンビア、ジブチ、タンザニア、ナイジェリア、ベナン、マダガスカル、マラウイ、南アフリカ、南スーダン、モザンビーク、モロッコ、ルワンダ、西サハラが青国。シエラレオネが赤国。残りは黄国です。全体的に入国者は少ないので、差が出ていない印象です。

[米州(南北アメリカ各国)]:合計12人9%(前週比+3.2人/+4P)
増加でした。
陽性者が確認された国は2か国(前週比±0)。米国は11人8%(前週比+2.7人/+3P)。
南北アメリカで黄国なのは、アンティグア・バーブーダ、ウルグアイ、ガイアナ、キューバ、グレナダ、スリナム、セントクリストファー・ネービス、セントビンセント及びグレナディーン諸島、セントルシア、ドミニカ国、トリニダード・トバゴ、ニカラグア、ハイチ、バハマ、バルバドス、ベネズエラ、ベリーズ、ホンジュラスのみ。入国者の少ない国ばかりです。
米国、カナダ、ブラジルなどは何のきっかけもなく5月末までと比べて爆減。すり抜けが異常に多い可能性が非常に高い危険な状況です。米国は完全にすり抜け確定的ですね。

[大洋州(オセアニア各国)]:合計2人1%(前週比-1人/±0P)
横ばいでした。
オセアニアでは、フィジー、キリバス、クック諸島、サモア、ソロモン諸島、ツバル、トンガ、ナウル、ニウエ、バヌアツ、マーシャル諸島、ミクロネシアが黄国、豪州、ニュージーランド、パプアニューギニア、パラオのみが青国。
入国者の多い国は青国なので、激減状態です。
豪州は何のきっかけもなく5月末までと比べて爆減。すり抜けが異常に多い可能性が非常に高い危険な状況です。


==========================
■複数国滞在者
今週も複数国滞在者が多く出ました。全部で10人(前週比-3)。減少傾向とみられます。
欧州関係の複数国滞在者は2.5人(前週比-1.3)。欧州はだいぶ減り、他地域が増えています。
これらの人数は本当に異常な数値です。感染などそっちのけで動き回っている人が大量に沸いていたかもしれませんね。

■珍しい国の状況
・2020年4月3日以来初確認:バヌアツ


=========================
30人切ってきていますので、拡大図で隙間が出てきました。とにかくベトナムが目立ちます。
(東アジア:赤系統、東南アジア:黄系統、南アジア:緑系統、欧州:青系統、米州:紫系統)
Quarantine20200403-20220908-2.gif
Quarantine20200403-20220908-2b.gif





■29都道府県確認、南関東減少
・[居住地] 141人中 東京24・愛知20・大阪12  
・南関東:49人35%(前週比-14人/-2P)
減少が続いています。最多の東京は24人17%(前週比-8人/-2P)、埼玉7人5%(前週比-7人/-3P)、成田空港を抱える千葉7人5%(前週比+1人/+1P)、神奈川11人8%(前週比±0人/+2P)でした。

・東日本:
北海道は連続で1人のみ。北関東は横ばい気味でした。
家族渡航が増えると陽性者が増加気味になるのが中部地方。愛知が20人14%(前週比+11人/+9P)と激増したのが目立ちます。

・西日本:
最多は大阪で12人9%(前週比+3人/+4P)。
6月頃まで多めだった県では、京都は1人1%(前週比-2人/-1P)、兵庫7人5%(前週比-1人/±0P)、福岡8人6%(前週比-7人/-3P)、沖縄1人1%(前週比-1人/±0P)でした。前週急激悪化した広島は4人3%(前週比-8人/-4P)でした。

29都府県(前週比-4)で減少に転じました。
再び全国への散らばった印象です。

人口が多いわけでもない沖縄が多い状態で陽性確認が続いていましたが、3週連続で2人以下でした。合わせるように米国からの陽性事例が減っています。
同じく定期便が再開した北海道とは対照的で、現地の感染状況が落ちてこないのは、海外からの持ち込みが疑われるところでしたが、まさにそのせいと言えるかもしれませんね。

青国の米国無症状者4人は、東京2人、大阪、山口でした。東京と山口はキチ有り県。
1月同じ状況です。検査せずに搭乗してきている可能性が強く疑われますが、キチガイの特例で間違いないのではないでしょうか、、、。

今週も関東が引き続き減少しています。
(北海道東北:紫系統、関東:青系統、中部:緑黄系統、関西:赤系統、中四国九州:桃系統)
Quarantine20200403-20220908-3.gif
Quarantine20200403-20220908-3b.gif





■有症状 3割程度の危険水準続く
・[症状別] 141人中 41人29%(前週比-7人/+1P)  
人数は減りましたが、割合は増加。高い水準が続いています。
9月7日着までは72時間前までに陰性を確認した集団なのに、陽性者の3割は有症状という異様な状態。異常過ぎます。危険過ぎます。
また、検査も隔離も不要なほど安全な国とされている青国からの有症状者が20.8人*(前週比+3.3)も出ています。相変わらず多過ぎます。異常です。
6月1日以降有症状者が激減しているのに、有症状者の割合は高いまま。
6月1日以降、急に有症状者が減るとは考えられませんので、青国の有症状者がダンマリで入国している可能性が高いです。

入国時陽性が増加していますので、無理して渡航しようとしている人が増えている可能性があります。
複数国滞在者が増えていることや、有症状でもダンマリで入国しようとする人が多いと考えられる点と合わせ、もう感染対策など無視している人が多くなっているのでしょう。異常に異常に危険です。


現在の入国者は、「出国前72時間以内の陰性証明取得」「出発時発症している場合は搭乗拒否」なので、本来、入国者で有症状の人はゼロのはずです。そのような中で、2割以上も入国時有症状という超異常事態です。2020年初期のころは有症状率はずっと5%前後で推移していたことから考えても、ここのところの有症状増加は異常です。

グラフを見ると、とにかく多い状況です。(入国時の有症状率を点線で表示しています。)
Quarantine20200403-20220908-5.gif
Quarantine20200403-20220908-5b.gif





■強制隔離中陽性 3週連続0人、パキスタン・フィジー黄化効果
・[隔離中陽性] 141人中 0人0%(前週比±0/±0P)  
6週連続の0%。3週連続の0人。
これまで陽性者数の多かったパキスタンやフィジーが、7月27日着から黄国に変更されました。3日間強制隔離の赤国は、入国者がほぼいないアルバニアとシエラレオネだけになったため、強制隔離中陽性がいなくなるのは当然の結果でしょうか。
そして、9月8日着からは赤国がなくなりました。強制隔離は基本いなくなっています。

強制隔離国が少ないため、強制隔離国が多かった時期は4割程度だったものが一気に減ったままです。この差は、すり抜けている可能性が非常に高いです。グラフにはっきり出てしまっています。

結局、強制隔離国が減ると、ただすり抜けが増えるだけということが明白になりました。
外国籍者の新規入国をOKにするのは良いにしても、空港検疫の結果データから分かるとおり、強制隔離・自主隔離緩和は「”絶対に”」してはダメですね。

強制隔離中陽性の割合
Quarantine20200403-20220908-4-1.gif
Quarantine20200403-20220908-4-1b.gif
強制隔離がなかったとした場合の推定グラフ
Quarantine20200403-20220908-4-2.gif
Quarantine20200403-20220908-4-2b.gif





■3人に1人団体感染疑い・機内クラスター疑い
・[団体感染の疑いが強い事例] 141人中 18件46人33%(前週比±0件/-1人/+5P)  
詳細は公開されていないので推定でしかないですが、団体感染の疑いが強い事例(同日に同一空港へ同一国からの入国で同一都道府県在住者が連番確認された事例)は、増加(悪化)でした。
陽性者全体の33%が団体感染疑い事例です。人数は減少したものの、まだまだ異常に多く、危険な状態は続いています。
6月1日以降検体数が激減しており、相当数の感染団体がすり抜けているものとみられます。


・[機内クラスター疑い事例] 141人中 8件45人32%(前週比-3件/-36人/-16P)  
機内クラスター(集団感染)疑い事例(同日に同一空港に同一国から到着した陽性者が5人以上いる事例)は、減少(改善)でした。
陽性者全体の32%が機内クラスター疑い事例でした。
6月1日以降検体数が激減しており、相当数の感染団体がすり抜けているものとみられます。

青国も含め、同日に同一空港に同一国から到着した、珍しい国+珍しい県の組み合わせで2人、3人、4人というケースが今回もかなり多く見られました。まだまだ多くの機内クラスターが心配されます。




■団体感染が疑われる事例(連番確認):18件46人(前週比±0件/-1人)
・21186 中部 9月2日 10歳未満 女性 愛知県 ベトナム 無症状
 21187 中部 9月2日 30代 男性 愛知県 ベトナム 無症状
 21188 中部 9月2日 10歳未満 女性 愛知県 ベトナム 無症状
・21204 成田 9月2日 20代 男性 千葉県 米国 発熱、咳
 21205 成田 9月2日 20代 男性 千葉県 米国 発熱、咳、倦怠感、咽頭痛
・21214 中部 9月3日 30代 男性 愛知県 ベトナム 無症状
 21215 中部 9月3日 20代 男性 愛知県 ベトナム 無症状
 21216 中部 9月3日 40代 女性 愛知県 ベトナム 無症状
 21217 中部 9月3日 10代 男性 愛知県 ベトナム 無症状
 21218 中部 9月3日 10歳未満 男性 愛知県 ベトナム 無症状
 21219 中部 9月3日 10歳未満 女性 愛知県 ベトナム 無症状
・21228 成田 9月3日 30代 男性 大分県 ベトナム 発熱
 21229 成田 9月3日 20代 男性 大分県 ベトナム 頭痛
・21233 成田 9月3日 30代 男性 茨城県 ベトナム 無症状
 21234 成田 9月3日 10歳未満 女性 茨城県 ベトナム 無症状
 21235 成田 9月3日 10歳未満 男性 茨城県 ベトナム 無症状
・21242 関空 9月4日 20代 男性 大阪府 ベトナム 無症状
 21243 関空 9月4日 20代 男性 大阪府 ベトナム 無症状
・21252 成田 9月4日 20代 男性 埼玉県 ベトナム 無症状
 21253 成田 9月4日 20代 女性 埼玉県 ベトナム 無症状
・21255 成田 9月4日 30代 男性 埼玉県 スリランカ 無症状
 21256 成田 9月4日 10歳未満 男性 埼玉県 スリランカ 無症状
・21260 中部 9月5日 30代 男性 愛知県 ベトナム 発熱
 21261 中部 9月5日 20代 女性 愛知県 ベトナム 咽頭痛
・21262 関空 9月5日 20代 男性 大阪府 ベトナム 無症状
 21263 関空 9月5日 20代 男性 大阪府 ベトナム 無症状
・21267 羽田 9月5日 50代 男性 東京都 インド 無症状
 21268 羽田 9月5日 20代 女性 東京都 インド 無症状
・21276 中部 9月6日 10歳未満 男性 岐阜県 ベトナム 無症状
 21277 中部 9月6日 10歳未満 男性 岐阜県 ベトナム 無症状
・21278 中部 9月6日 50代 女性 愛知県 ベトナム 無症状
 21279 中部 9月6日 20代 男性 愛知県 ベトナム 無症状
・21280 福岡 9月6日 20代 女性 福岡県 ベトナム 無症状
 21281 福岡 9月6日 20代 女性 福岡県 ベトナム 無症状
・21298 中部 9月7日 20代 男性 愛知県 ベトナム 発熱
 21299 中部 9月7日 20代 男性 愛知県 ベトナム 無症状
 21300 中部 9月7日 20代 女性 愛知県 ベトナム 無症状
・21315 成田 9月8日 30代 女性 東京都 ベトナム 咳
 21316 成田 9月8日 20代 女性 東京都 ベトナム 咳
 21317 成田 9月8日 30代 男性 東京都 ベトナム 無症状
 21318 成田 9月8日 30代 男性 東京都 ベトナム 無症状
・21322 成田 9月8日 50代 男性 茨城県 スリランカ 無症状
 21323 成田 9月8日 20代 男性 茨城県 スリランカ 無症状
 21324 成田 9月8日 10代 男性 茨城県 スリランカ 無症状
・21325 成田 9月8日 30代 男性 東京都 アラブ首長国連邦、インド 無症状
 21326 成田 9月8日 40代 男性 東京都 アラブ首長国連邦、インド 無症状

■団体感染すり抜けが疑われる事例(10歳未満=同行者ありのはずの為):12人(前週比-1)
9月2日 21186 中部 10歳未満 女性 愛知県 ベトナム 無症状 黄
9月2日 21188 中部 10歳未満 女性 愛知県 ベトナム 無症状 黄
9月3日 21218 中部 10歳未満 男性 愛知県 ベトナム 無症状 黄
9月3日 21219 中部 10歳未満 女性 愛知県 ベトナム 無症状 黄
9月3日 21234 成田 10歳未満 女性 茨城県 ベトナム 無症状 黄
9月3日 21235 成田 10歳未満 男性 茨城県 ベトナム 無症状 黄
9月4日 21256 成田 10歳未満 男性 埼玉県 スリランカ 無症状 黄
9月5日 21274 成田 10歳未満 男性 東京都 米国 無症状 青
9月6日 21276 中部 10歳未満 男性 岐阜県 ベトナム 無症状 黄
9月6日 21277 中部 10歳未満 男性 岐阜県 ベトナム 無症状 黄
9月8日 21319 成田 10歳未満 男性 千葉県 ベトナム 無症状 黄
9月8日 21320 成田 10歳未満 女性 東京都 ベトナム 無症状 黄

■機内クラスターが疑われる事例(同一日同一空港同一国から入国5人以上):8件45人(前週比-3件/-36人)
・9月3日 成田着 ベトナム 7人
・9月3日 中部着 ベトナム 6人
・9月4日 関空着 ベトナム 5人
・9月4日 成田着 ベトナム 5人
・9月5日 関空着 ベトナム 5人
・9月6日 成田着 ベトナム 5人
・9月6日 中部着 ベトナム 5人
・9月8日 成田着 ベトナム 7人

■有症状事例:41人(前週比-7)
9月2日 21189 中部 30代 男性 三重県 韓国 咳、咽頭痛 青
9月2日 21192 福岡 20代 男性 福岡県 ベトナム 発熱、咳 黄
9月2日 21200 羽田 30代 女性 東京都 ベトナム 咽頭痛、倦怠感 黄
9月2日 21202 羽田 20代 女性 東京都 ベトナム 鼻汁 黄
9月2日 21204 成田 20代 男性 千葉県 米国 発熱、咳 青
9月2日 21205 成田 20代 男性 千葉県 米国 発熱、咳、倦怠感、咽頭痛 青
9月2日 21208 成田 20代 男性 広島県 シンガポール ベトナム、タイ 発熱、咳 青黄青
9月2日 21213 成田 30代 女性 東京都 モルディブ 頭痛 黄
9月3日 21220 福岡 40代 女性 福岡県 インド ベトナム 咳 黄黄
9月3日 21222 羽田 20代 女性 東京都 ベトナム 咳、咽頭痛 黄
9月3日 21223 羽田 50代 男性 東京都 米国 発熱、咽頭痛、倦怠感 青
9月3日 21224 羽田 60代 男性 宮城県 英国 咳、鼻汁、咽頭痛 青
9月3日 21225 羽田 30代 男性 東京都 米国 発熱、咽頭痛 青
9月3日 21228 成田 30代 男性 大分県 ベトナム 発熱 黄
9月3日 21229 成田 20代 男性 大分県 ベトナム 頭痛 黄
9月3日 21231 成田 30代 男性 茨城県 スリランカ 咳、倦怠感 黄
9月3日 21232 成田 40代 男性 東京都 米国 発熱、咳、倦怠感、鼻汁 青
9月4日 21244 関空 20代 女性 兵庫県 ベトナム 発熱、咳 黄
9月4日 21245 関空 40代 男性 大阪府 マレーシア 咳 青
9月4日 21246 羽田 40代 男性 東京都 タイ バングラデシュ 発熱、咽頭痛 青青
9月4日 21248 羽田 30代 女性 兵庫県 米国 咳 青
9月4日 21249 成田 20代 女性 埼玉県 ベトナム 咳 黄
9月4日 21250 成田 50代 女性 群馬県 カナダ 発熱、倦怠感 青
9月4日 21251 成田 50代 男性 神奈川県 米国 咽頭痛、咳 青
9月4日 21258 成田 50代 男性 愛知県 インド 発熱 黄
9月5日 21260 中部 30代 男性 愛知県 ベトナム 発熱 黄
9月5日 21261 中部 20代 女性 愛知県 ベトナム 咽頭痛 黄
9月5日 21271 羽田 50代 男性 群馬県 バングラデシュ 咳、咽頭痛 青
9月6日 21284 福岡 30代 男性 広島県 フィリピン 発熱 青
9月6日 21285 関空 30代 男性 兵庫県 フィリピン 発熱 青
9月6日 21288 成田 30代 女性 東京都 シンガポール 発熱、咽頭痛 青
9月6日 21289 成田 20代 女性 東京都 ベトナム 咽頭痛 黄
9月6日 21292 成田 30代 男性 静岡県 ベトナム 頭痛 黄
9月6日 21296 羽田 20代 男性 東京都 ドイツ トルコ 咳 青黄
9月7日 21298 中部 20代 男性 愛知県 ベトナム 発熱 黄
9月7日 21304 羽田 20代 女性 千葉県 英国 発熱、倦怠感、頭痛 青
9月7日 21305 羽田 30代 男性 東京都 シンガポール 発熱、倦怠感、頭痛 青
9月7日 21306 羽田 50代 男性 神奈川県 英国 フランス 咽頭痛、倦怠感、頭痛 青青
9月7日 21307 羽田 60代 男性 神奈川県 英国 スペイン 咳 青青
9月8日 21315 成田 30代 女性 東京都 ベトナム 咳 黄
9月8日 21316 成田 20代 女性 東京都 ベトナム 咳 黄

■2か国以上滞在者事例:10人(前週比-3)
9月2日 21208 成田 20代 男性 広島県 シンガポール ベトナム、タイ 発熱、咳 青黄青
9月3日 21220 福岡 40代 女性 福岡県 インド ベトナム 咳 黄黄
9月4日 21236 中部 30代 女性 愛知県 ベトナム マレーシア 無症状 黄青
9月4日 21246 羽田 40代 男性 東京都 タイ バングラデシュ 発熱、咽頭痛 青青
9月6日 21283 福岡 30代 男性 福岡県 韓国 ベトナム 無症状 青黄
9月6日 21296 羽田 20代 男性 東京都 ドイツ トルコ 咳 青黄
9月7日 21306 羽田 50代 男性 神奈川県 英国 フランス 咽頭痛、倦怠感、頭痛 青青
9月7日 21307 羽田 60代 男性 神奈川県 英国 スペイン 咳 青青
9月8日 21325 成田 30代 男性 東京都 アラブ首長国連邦 インド 無症状 青黄
9月8日 21326 成田 40代 男性 東京都 アラブ首長国連邦 インド 無症状 青黄

■強制隔離中陽性(3日後陽性他)とみられる入国者:0人(前週比±0)
-

■青国のみからの陽性事例:28人(前週比+3)
9月2日 21189 中部 30代 男性 三重県 韓国 咳、咽頭痛 青
9月2日 21199 羽田 30代 男性 山口県 米国 無症状 青
9月2日 21204 成田 20代 男性 千葉県 米国 発熱、咳 青
9月2日 21205 成田 20代 男性 千葉県 米国 発熱、咳、倦怠感、咽頭痛 青
9月2日 21212 成田 40代 女性 東京都 米国 無症状 青
9月3日 21223 羽田 50代 男性 東京都 米国 発熱、咽頭痛、倦怠感 青
9月3日 21224 羽田 60代 男性 宮城県 英国 咳、鼻汁、咽頭痛 青
9月3日 21225 羽田 30代 男性 東京都 米国 発熱、咽頭痛 青
9月3日 21232 成田 40代 男性 東京都 米国 発熱、咳、倦怠感、鼻汁 青
9月4日 21238 中部 30代 女性 三重県 フィリピン 無症状 青
9月4日 21245 関空 40代 男性 大阪府 マレーシア 咳 青
9月4日 21246 羽田 40代 男性 東京都 タイ バングラデシュ 発熱、咽頭痛 青青
9月4日 21248 羽田 30代 女性 兵庫県 米国 咳 青
9月4日 21250 成田 50代 女性 群馬県 カナダ 発熱、倦怠感 青
9月4日 21251 成田 50代 男性 神奈川県 米国 咽頭痛、咳 青
9月5日 21269 羽田 40代 男性 山口県 オーストラリア 無症状 青
9月5日 21271 羽田 50代 男性 群馬県 バングラデシュ 咳、咽頭痛 青
9月5日 21274 成田 10歳未満 男性 東京都 米国 無症状 青
9月6日 21284 福岡 30代 男性 広島県 フィリピン 発熱 青
9月6日 21285 関空 30代 男性 兵庫県 フィリピン 発熱 青
9月6日 21288 成田 30代 女性 東京都 シンガポール 発熱、咽頭痛 青
9月6日 21295 羽田 60代 男性 神奈川県 フィリピン 無症状 青
9月7日 21301 関空 10代 女性 大阪府 米国 無症状 青
9月7日 21304 羽田 20代 女性 千葉県 英国 発熱、倦怠感、頭痛 青
9月7日 21305 羽田 30代 男性 東京都 シンガポール 発熱、倦怠感、頭痛 青
9月7日 21306 羽田 50代 男性 神奈川県 英国 フランス 咽頭痛、倦怠感、頭痛 青青
9月7日 21307 羽田 60代 男性 神奈川県 英国 スペイン 咳 青青
9月8日 21313 関空 10代 女性 福井県 ポーランド 無症状 青

■空港検疫での陽性確認 週間別の傾向
2020/04/03-2022/09/08:検体2,347,167件(2,640件/日) 陽性21,598人=罹患率0.920%
※検体数:上記合計は2020年11月5日分の過計上1,838件をマイナス済。下記各週の数値はマイナスせず。
2020年
04/03-04/09:検体10,010件(1,430件/日) 陽性34人=罹患率0.339%
04/10-04/16:検体 7,375件(1,053件/日) 陽性16人=罹患率0.216%
04/17-04/23:検体 4,480件( 640件/日) 陽性 8人=罹患率0.178%
04/24-04/30:検体 4,744件( 677件/日) 陽性13人=罹患率0.274%
05/01-05/07:検体 3,861件( 551件/日) 陽性 5人=罹患率0.129%
05/08-05/14:検体 4,130件( 590件/日) 陽性 5人=罹患率0.121%
05/15-05/21:検体 3,948件( 564件/日) 陽性 3人=罹患率0.075%
05/22-05/28:検体 3,988件( 569件/日) 陽性23人=罹患率0.576%
05/29-06/04:検体 5,869件( 838件/日) 陽性20人=罹患率0.340%
06/05-06/11:検体 6,081件( 868件/日) 陽性29人=罹患率0.476%
06/12-06/18:検体 6,788件( 969件/日) 陽性41人=罹患率0.604%
06/19-06/25:検体 7,677件(1,096件/日) 陽性30人=罹患率0.390%
06/26-07/02:検体 9,458件(1,351件/日) 陽性20人=罹患率0.211%
07/03-07/09:検体10,800件(1,542件/日) 陽性41人=罹患率0.379%
07/10-07/16:検体 9,702件(1,386件/日) 陽性76人=罹患率0.783%
07/17-07/23:検体 9,388件(1,341件/日) 陽性64人=罹患率0.681%
07/24-07/30:検体 9,055件(1,293件/日) 陽性84人=罹患率0.927%
07/31-08/06:検体12,190件(1,741件/日) 陽性67人=罹患率0.549%
08/07-08/13:検体 9,453件(1,350件/日) 陽性36人=罹患率0.380%
08/14-08/20:検体10,254件(1,464件/日) 陽性39人=罹患率0.380%
08/21-08/27:検体10,612件(1,516件/日) 陽性31人=罹患率0.292%
08/28-09/03:検体11,895件(1,699件/日) 陽性47人=罹患率0.395%
09/04-09/10:検体 9,679件(1,382件/日) 陽性27人=罹患率0.278%
09/11-09/17:検体11,654件(1,664件/日) 陽性41人=罹患率0.351%
09/18-09/24:検体11,262件(1,608件/日) 陽性45人=罹患率0.399%
09/25-10/01:検体13,766件(1,966件/日) 陽性48人=罹患率0.348%
10/02-10/08:検体12,579件(1,797件/日) 陽性51人=罹患率0.405%
10/09-10/15:検体12,755件(1,822件/日) 陽性43人=罹患率0.337%
10/16-10/22:検体15,304件(2,186件/日) 陽性44人=罹患率0.287%
10/23-10/29:検体16,650件(2,378件/日) 陽性51人=罹患率0.306%
10/30-11/05:検体15,804件(2,257件/日) 陽性54人=罹患率0.341%
11/06-11/12:検体10,227件(1,461件/日) 陽性100人=罹患率0.977%
11/13-11/19:検体11,591件(1,655件/日) 陽性77人=罹患率0.664%
11/20-11/26:検体12,322件(1,760件/日) 陽性88人=罹患率0.714%
11/27-12/03:検体13,348件(1,906件/日) 陽性83人=罹患率0.621%
12/04-12/10:検体15,699件(2,242件/日) 陽性79人=罹患率0.503%
12/11-12/17:検体17,378件(2,482件/日) 陽性69人=罹患率0.397%
12/18-12/24:検体21,365件(3,052件/日) 陽性115人=罹患率0.538%
12/25-12/31:検体13,804件(1,972件/日) 陽性63人=罹患率0.456%
2021年
01/01-01/07:検体13,130件(1,875件/日) 陽性92人=罹患率0.701%
01/08-01/14:検体19,668件(2,809件/日) 陽性63人=罹患率0.320%
01/15-01/21:検体27,317件(3,902件/日) 陽性53人=罹患率0.194%
01/22-01/28:検体 9,694件(1,384件/日) 陽性28人=罹患率0.288%
01/29-02/04:検体10,520件(1,502件/日) 陽性23人=罹患率0.247%
02/05-02/11:検体 9,729件(1,389件/日) 陽性12人=罹患率0.123%
02/12-02/18:検体 8,716件(1,245件/日) 陽性18人=罹患率0.206%
02/19-02/25:検体10,797件(1,542件/日) 陽性23人=罹患率0.213%
02/26-03/04:検体13,935件(1,990件/日) 陽性25人=罹患率0.179%
03/05-03/11:検体13,246件(1,892件/日) 陽性25人=罹患率0.188%
03/12-03/18:検体18,295件(2,613件/日) 陽性41人=罹患率0.224%
03/19-03/25:検体14,457件(2,065件/日) 陽性43人=罹患率0.297%
03/26-04/01:検体15,027件(2,146件/日) 陽性67人=罹患率0.445%
04/02-04/08:検体13,548件(1,935件/日) 陽性60人=罹患率0.442%
04/09-04/15:検体12,448件(1,778件/日) 陽性76人=罹患率0.610%
04/16-04/22:検体11,403件(1,629件/日) 陽性71人=罹患率0.622%
04/23-04/29:検体12,609件(1,801件/日) 陽性62人=罹患率0.491%
04/30-05/06:検体12,642件(1,806件/日) 陽性100人=罹患率0.791%
05/07-05/13:検体12,599件(1,799件/日) 陽性67人=罹患率0.531%
05/14-05/20:検体12,131件(1,733件/日) 陽性36人=罹患率0.296%
05/21-05/27:検体12,690件(1,812件/日) 陽性41人=罹患率0.323%
05/28-06/03:検体15,759件(2,251件/日) 陽性42人=罹患率0.266%
06/04-06/10:検体14,654件(2,093件/日) 陽性18人=罹患率0.122%
06/11-06/17:検体16,536件(2,362件/日) 陽性29人=罹患率0.175%
06/18-06/24:検体15,823件(2,260件/日) 陽性42人=罹患率0.265%
06/25-07/01:検体20,733件(2,961件/日) 陽性52人=罹患率0.250%
07/02-07/08:検体22,139件(3,162件/日) 陽性84人=罹患率0.379%
07/09-07/15:検体27,373件(3,910件/日) 陽性86人=罹患率0.314%
07/16-07/22:検体38,079件(5,439件/日) 陽性76人=罹患率0.199%
07/23-07/29:検体23,868件(3,409件/日) 陽性90人=罹患率0.377%
07/30-08/05:検体22,090件(3,155件/日) 陽性80人=罹患率0.362%
08/06-08/12:検体20,128件(2,875件/日) 陽性87人=罹患率0.432%
08/13-08/19:検体21,466件(3,066件/日) 陽性79人=罹患率0.368%
08/20-08/26:検体22,723件(3,246件/日) 陽性90人=罹患率0.396%
08/27-09/02:検体18,292件(2,613件/日) 陽性81人=罹患率0.442%
09/03-09/09:検体17,491件(2,498件/日) 陽性73人=罹患率0.417%
09/10-09/16:検体17,065件(2,437件/日) 陽性58人=罹患率0.339%
09/17-09/23:検体15,664件(2,237件/日) 陽性54人=罹患率0.344%
09/24-09/30:検体19,152件(2,736件/日) 陽性50人=罹患率0.261%
10/01-10/07:検体19,943件(2,849件/日) 陽性64人=罹患率0.320%
10/08-10/14:検体18,048件(2,578件/日) 陽性43人=罹患率0.238%
10/15-10/21:検体18,407件(2,629件/日) 陽性43人=罹患率0.233%
10/22-10/28:検体18,458件(2,636件/日) 陽性34人=罹患率0.184%
10/29-11/04:検体21,347件(3,049件/日) 陽性49人=罹患率0.229%
11/05-11/11:検体20,263件(2,895件/日) 陽性51人=罹患率0.251%
11/12-11/18:検体20,366件(2,909件/日) 陽性38人=罹患率0.186%
11/19-11/25:検体22,530件(3,218件/日) 陽性34人=罹患率0.150%
11/26-12/02:検体25,659件(3,666件/日) 陽性56人=罹患率0.218%
12/03-12/09:検体26,848件(3,835件/日) 陽性77人=罹患率0.286%
12/10-12/16:検体29,788件(4,255件/日) 陽性119人=罹患率0.399%
12/17-12/23:検体29,458件(4,208件/日) 陽性279人=罹患率0.947%
12/24-12/30:検体21,841件(3,120件/日) 陽性495人=罹患率2.266%
2022年
12/31-01/06:検体18,514件(2,644件/日) 陽性933人=罹患率5.039%
01/07-01/13:検体20,646件(2,949件/日) 陽性1,118人=罹患率5.415%
01/14-01/20:検体17,510件(2,501件/日) 陽性971人=罹患率5.545%
01/21-01/27:検体15,564件(2,223件/日) 陽性850人=罹患率5.461%
01/28-02/03:検体16,337件(2,334件/日) 陽性625人=罹患率3.826%
02/04-02/10:検体15,199件(2,171件/日) 陽性368人=罹患率2.421%
02/11-02/17:検体17,671件(2,524件/日) 陽性360人=罹患率2.037%
02/18-02/24:検体19,730件(2,818件/日) 陽性374人=罹患率1.896%
02/25-03/03:検体23,749件(3,392件/日) 陽性381人=罹患率1.604%
03/04-03/10:検体28,263件(4,037件/日) 陽性397人=罹患率1.404%
03/11-03/17:検体40,579件(5,797件/日) 陽性558人=罹患率1.375%
03/18-03/24:検体46,072件(6,581件/日) 陽性623人=罹患率1.352%
03/25-03/31:検体57,724件(8,246件/日) 陽性781人=罹患率1.352%
04/01-04/07:検体60,128件(8,691件/日) 陽性715人=罹患率1.189%
04/08-04/14:検体62,156件(8,879件/日) 陽性584人=罹患率0.939%
04/15-04/21:検体61,260件(8,751件/日) 陽性458人=罹患率0.747%
04/22-04/28:検体65,096件(9,299件/日) 陽性433人=罹患率0.665%
04/29-05/05:検体63,386件(9,055件/日) 陽性452人=罹患率0.713%
05/06-05/12:検体78,669件(11,238件/日) 陽性709人=罹患率0.901%
05/13-05/19:検体75,928件(10,846件/日) 陽性625人=罹患率0.823%
05/20-05/26:検体73,801件(10,543件/日) 陽性626人=罹患率0.848%
05/27-06/02:検体53,429件(7,632件/日) 陽性606人=罹患率1.134%
06/03-06/09:検体 7,561件(1,080件/日) 陽性89人=罹患率1.177%
06/10-06/16:検体 6,489件( 927件/日) 陽性91人=罹患率1.402%
06/17-06/23:検体 5,691件( 813件/日) 陽性105人=罹患率1.845%
06/24-06/30:検体 4,547件( 650件/日) 陽性140人=罹患率3.078%
07/01-07/07:検体 4,432件( 633件/日) 陽性151人=罹患率3.407%
07/08-07/14:検体 3,768件( 538件/日) 陽性153人=罹患率4.060%
07/15-07/21:検体 4,353件( 622件/日) 陽性204人=罹患率4.686%
07/22-07/28:検体 4,080件( 583件/日) 陽性240人=罹患率5.882%
07/29-08/04:検体 3,607件( 515件/日) 陽性187人=罹患率5.184%
08/05-08/11:検体 3,629件( 518件/日) 陽性201人=罹患率5.539%
08/12-08/18:検体 3,608件( 515件/日) 陽性194人=罹患率5.377%
08/19-08/25:検体 4,433件( 633件/日) 陽性229人=罹患率5.166%
08/26-09/01:検体 3,979件( 568件/日) 陽性170人=罹患率4.272%
09/02-09/08:検体 3,779件( 540件/日) 陽性141人=罹患率3.731%
 [空港別] 千歳0・成田55・羽田23・中部23・関空28・福岡12・那覇0
 [男女別] 男90・女51
 [年代別] 10未12・10代6・20代56・30代42・40代9・50代12・60代3・70代1・80上0
 [渡航元] 韓国1・フィリピン4・ベトナム85・マレーシア1・シンガポール2・
   バングラデシュ1・インド6・スリランカ10・モルディブ1・
   オマーン1・シリア1・トルコ1・
   ポーランド1・英国2・カナダ1・米国11・豪州1・バヌアツ1・
   韓国/ベトナム1・ベトナム/マレーシア1・インド/ベトナム1・
   タイ/バングラデシュ1・UAE#/インド2・ドイツ#/トルコ1・
   英国/フランス#1・英国/スペイン#1・
   シンガポール/ベトナム/タイ1
 [居住地] 北海道1・青森1・山形1・宮城3・福島1・
   茨城8・群馬2・埼玉7・千葉7・東京24・神奈川11・
   山梨1・静岡2・石川2・福井1・岐阜3・愛知20・三重3・
   滋賀2・京都1・奈良2・大阪12・兵庫7・広島4・山口2・徳島1・
   大分3・福岡8・沖縄1

 2日28(8)、3日22(9)、4日24(8)、5日15(3)、6日22(6)、7日13(5)、8日17(2)=141(41)
 2020年4月3日の特定国全員検査開始から127週(889日)経過


※検査対象数は、何月何日着が何人という発表ではなく、2日遅れで集計発表していると思われる数値しか公表されていません。毎日更新されているので、それほど大きくブレることはないと思いますが、確実に何月何日到着分の数値かは不明です。推定値に近い数値して捉えてください。
※上記数字は、検査者数は海港検疫を含めた数値、陽性者数は海港検疫を含めない数値で記載しています。


※数値を見る上で注意したいのは、3日後以降に検査する(複数回検査する)対象者が増えたことで2回計上されている人が増えている可能性があることです。この場合、実際の入国者数は検査数よりも少なくなり、罹患率が出てきた数値より高いことになります。状況は見えている数値以上に悪化していることになります。



■これまでの毎週配信している期間集計(週間別)の記事
<2020年7月から週間分析>
2022年
09月06日 検疫週間別8月5_やや改善もまだ4%超 20人/日超 5割機内クラスター疑※※
08月30日 検疫週間別8月4_再び悪化気味5%超 30人/日超 過半数機内クラスター疑い※※
08月23日 検疫週間別8月3_15日前後に一時6%到達の最悪状態 悪化は盆帰国要因?
08月16日 検疫週間別8月2_再び悪化5%台 3人に1人有症状 盆帰国増加中?※※
08月09日 検疫週間別8月1_1日20人超5%台 黄化で隔離中消滅 青化ですり抜け危機※※
08月02日 検疫週間別7月4_1日30人超 5%台に急激悪化 有症4人に1人 団体疑が増加※※
07月26日 検疫週間別7月3_週200人突破4%台後半に悪化中 団体疑いが増加転換※※
07月19日 検疫週間別7月2_検体最少も150人超異常/率4%超異常/3人に1人有症異常
07月12日 検疫週間別7月1_有症状者一気に急増 率3%超で非常に危険
07月05日 検疫週間別6月4_20人/日3%超危険 青黄赤規制がおかしすぎることが判明
06月28日 検疫週間別6月3_悪化百人1.8%超
06月21日 検疫週間別6月2_率悪化1.4%超
06月14日 検疫週間別6月1_9割減も1%超の危険 データが示す青国陽性多い可能性
06月07日 検疫週間別5月5_異常!実質5日で有症/団体増 最悪1月より多い入国時有症
05月31日 検疫週間別5月4_検体1万件超続く/隔離滅/機内クラスター5割※※
05月24日 検疫週間別5月3_隔離滅/機内クラスター5割超/有症異常最悪時期より多い?※※
05月17日 検疫週間別5月2_隔離減/有症増/電車利用可/自主隔離無等=最悪1月より危険
05月10日 検疫週間別5月1_率0.7%台に再悪化 隔離中陽性ほぼ消滅のすり抜け危機
05月03日 検疫週間別4月4_検体再増 陽性減鈍化 率0.6%台迄改善 越悪いまま※※
04月26日 検疫週間別4月3_検体横ばい 陽性減、罹患率0.7%台まで改善※※
04月19日 検疫週間別4月2_検体増も横ばい 陽性減で百人/日切る 罹患率1%下回る
04月13日 検疫週間別4月1_検体増も横ばい 陽性減も百人/日超のまま 罹患率改善再開
04月05日 検疫週間別3月4_検体は過去最多で陽性者も百人/日超 隔離中は激減したまま
03月29日 検疫週間別3月3_検体爆増最多更新 隔離中陽性激減 でも罹患率横ばい=危険
03月22日 検疫週間別3月2_検体過去最多で罹患率薄まる 隔離中半減ですり抜け懸念
03月15日 検疫週間別3月1_罹患率は改善鈍化続く 隔離中激減ですり抜け懸念
03月08日 検疫週間別2月3_隔離緩和で隔離中陽性激減 すり抜け懸念
03月01日 検疫週間別2月3_隔離中4割で危険
02月22日 検疫週間別2月2_率2%台で横ばい
02月15日 検疫週間別2月1_隔離中4割も
02月08日 検疫週間別1月5_やっと3%台迄改善
02月01日 検疫週間別1月4_異次元南亜目立つ
01月25日 検疫週間別1月3_率悪化5%後半
01月18日 検疫週間別1月2_異次元千人突破
01月11日 検疫週間別1月1_異次元3段階5%
01月05日 検疫週間別12月4_異次元爆増2%超
2021年
12月29日 検疫週間別12月3_陽性爆増0.9%
12月21日 検疫週間別12月2_陽性過去最悪
12月14日 検疫週間別12月1_隔離中爆増で危険
12月07日 検疫週間別11月5_罹患率0.2%台
11月30日 検疫週間別11月4_悪化傾向に変化?
11月24日 検疫週間別11月3_1/4隔離中続く
11月16日 検疫週間別11月2_隔離中4人に1人
11月09日 検疫週間別11月1_陽性数/率悪化
11月02日 検疫週間別10月4_0.1%台迄改善
10月27日 検疫週間別10月3_前週級 率0.2%台
10月19日 検疫週間別10月2_率0.2%台迄改善
10月12日 検疫週間別10月1_強制隔離減も悪化
10月06日 検疫週間別9月4_率改善も団体増
09月28日 検疫週間別9月3_陽性減も率増
09月21日 検疫週間別9月2_50人台迄減少
09月14日 検疫週間別9月1_率0.4%台のまま
09月07日 検疫週間別8月5_検体減で率悪化
08月31日 検疫週間別8月4_90人台迄悪化
08月24日 検疫週間別8月3_罹患率0.3%台
08月17日 検疫週間別8月2_率0.4%台迄悪化
08月10日 検疫週間別8月1_罹患横ばい
08月03日 検疫週間別7月4_検査激減で率悪化
07月27日 検疫週間別7月3_1万増で過去最多
07月20日 検疫週間別7月2_検査過去最多
07月13日 検疫週間別7月1_陽性急増80人超
07月06日 検疫週間別6月4_超危険も率横ばい
06月29日 検疫週間別6月3_3週ぶり40人台
06月22日 検疫週間別6月2_罹患率久々0.3%台へ
06月15日 検疫週間別6月1_陽性激減で改善
06月08日 検疫週間別5月5_検体増0.2%台
06月01日 検疫週間別5月4_横ばい0.3%
05月25日 検疫週間別5月3_ネパール全滅で0.3%
05月18日 検疫週間別5月2_集団感染疑い多数
05月11日 検疫週間別5月1_百人陽性急悪化
05月04日 検疫週間別4月4_0.4%台やや改善
04月27日 検疫週間別4月3_70人0.6%台続く
04月20日 検疫週間別4月2_急激悪化0.6%台
04月13日 検疫週間別4月1_3日後陽性激増
04月06日 検疫週間別3月5_罹患率急激悪化
03月30日 検疫週間別3月4_3日後陽性週9人
03月23日 検疫週間別3月3_3日遅れ急増
03月16日 検疫週間別3月2_横ばい有症悪化
03月09日 検疫週間別3月1_検査増で率減少
03月02日 検疫週間別2月4_3割有症危険
02月23日 検疫週間別2月3_率0.20%台
02月16日 検疫週間別2月2_率最低に肉薄
02月09日 検疫週間別2月1_検査増陽性減
02月02日 検疫週間別1月4_検査急減0.2%台
01月26日 検疫週間別1月3_検査増で0.1%台
01月19日 検疫週間別1月2_検査あまり増えず
01月12日 検疫週間別1月1_激増0.7%超
01月03日 検疫週間別12月5_減少も0.45%超
2020年
12月27日 検疫週間別12月4_過去最悪陽性115人
12月20日 検疫週間別12月3_検査最多 陽性60人台
12月13日 検疫週間別12月2_70人台0.5%超
12月06日 検疫週間別12月1_悪化続き80台
11月29日 検疫週間別11月4_悪化したまま
11月22日 検疫週間別11月3_まだ率0.6%超
11月15日 検疫週間別11月2_状況過去最悪
11月08日 検疫週間別11月1_検査前増後減
11月01日 検疫週間別10月4_罹患率0.3%超
10月25日 検疫週間別10月3_検査1日2千人超
10月18日 検疫週間別10月2_南亜急増中
10月11日 検疫週間別10月1_9週ぶり50人超 グラフ掲出開始
10月04日 検疫結果週間別9月5_最多検査0.3%超
09月27日 検疫結果週間別9月4_罹患0.4%肉薄
09月20日 検疫結果分析9月3_陽性40人台
09月13日 検疫結果分析9月2_9週ぶり20人台
09月06日 検疫結果分析9月1_4週ぶり40人超
08月30日 検疫結果分析8月4_罹患0.3%切
08月23日 検疫結果分析8月3_罹患横ばい
08月16日 検疫結果分析8月2_若干落ち着き
08月09日 検疫結果分析8月1_検査増で罹患減
08月02日 検疫結果分析7月4_最悪0.9%超
07月26日 検疫結果分析7月3_高水準続く
07月19日 検疫結果分析7月2_過去最悪
07月12日 検疫結果分析7月1_感染拡大戻り
07月05日 検疫結果分析(6月4週)_少し落ち着き
06月28日 検疫結果分析(6月3週目)_罹患高率(4月1〜6月3迄分析)
<2020年07月まで上中下順別分析>
08月03日 検疫結果分析7月下_最悪悪化
07月23日 検疫結果分析7月中_最悪更に大悪化
07月13日 検疫結果分析7月上_感染数最悪
07月03日 検疫結果分析_6月下旬変化?
06月23日 検疫結果分析_6月中旬率最悪
06月13日 検疫結果分析_6月上旬も異常
06月04日 検疫結果分析_5月下旬異常(4月上〜5月下迄分析)



2022/09/22 追いかけアップ
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2022年09月12日

空港検疫9/12_入国増も横ばい

◇空港検疫 9月12日発表分
[検体数] 484件 99%自動すり抜け 入国者2.5倍なのに増えず!
[陽性数] 21人も異常発生 本当に出発前陰性?
[有症状] 7人も異常発生 本当に出発前陰性?
[複数国] 4人も異常発生
[青国から陽性] 7.5人も異常発生 本当に青?
[罹患率] 水際対策放棄効果か?4%ギリギリ 機内はまだ全員濃厚接触状態


最近「日本は世界最悪だから、水際対策意味ない」という人が増加中。
意味???断然ありますよ???
入国者は、世界最悪らしい日本より4倍高い罹患率。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
2020年4月以降一回も入国者の罹患率が日本を下回ったことなし。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
謎の異常異変が起きているからこそ、水際対策を止められないんです。

  ついに罹患率三%突破    
自動的に機内全員濃厚接触者に  
 飛行機移動が危険な割合に   


     国際線到着空港       
どのデータ見ても大量すり抜け確定的  
 国内悪化で水際緩和の危険が証明   


厚生労働省(厚労省)は9月12日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無、ワクチン摂取状況等に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施してきました。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定として臨時的に実施してきました。日本で唯一正確な罹患率を把握できました。
※2022年6月1日より非上陸拒否国も含めた入国者全員検査は廃止され、上陸拒否国からの入国者全員検査も一部の国では行われなくなりました。現在は、特定国(赤国、指定国無し)からの入国者全員と、特定国(黄国)からの入国者の一部に対して検査を実施しています。


  【直前7日間の罹患率】4.036%  
▲近々7日間国際線到着空港は現在の東京都内より6.3倍危険!
(比較用)東京都:現罹患率0.640%=要治療89,842人/人口14,036,936人(2022年8月)

(比較用)東京都:罹患率21.676%=感染3,042,647人、死亡率0.0401%=死亡5,636人/人口14,036,936人(2022年8月)

※罹患率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で出発前に有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。





空港検疫 全員検査結果(9月10日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2022年8月31日発表分までは別にまとめています。
2020年4月4日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html

2020年04月04日〜2022年09月01日:対象2,338,566件、陽性21,425人/罹患率0.916% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月02日:対象2,339,241件、陽性21,463人/罹患率0.916%
2020年04月04日〜2022年09月03日:対象2,339,882件、陽性21,500人/罹患率0.918%
2020年04月04日〜2022年09月04日:対象2,340,517件、陽性21,528人/罹患率0.919%
2020年04月04日〜2022年09月05日:対象2,341,046件、陽性21,550人/罹患率0.920%
2020年04月04日〜2022年09月06日:対象2,341,470件、陽性21,574人/罹患率0.921%
2020年04月04日〜2022年09月07日:対象2,342,028件、陽性21,597人/罹患率0.922% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月08日:対象2,342,549件、陽性21,619人/罹患率0.922%
2020年04月04日〜2022年09月09日:対象2,343,120件、陽性21,632人/罹患率0.923%
2020年04月04日〜2022年09月10日:対象2,343,661件、陽性21,649人/罹患率0.923%
2020年04月04日〜2022年09月11日:対象2,344,031件、陽性21,669人/罹患率0.924%

2020年04月04日〜2022年09月12日:対象2,344,515件、陽性21,690人/罹患率0.925% 




・昨日単日データでの罹患率:4.339%=陽性21人/検体484件  

・直前7日間の罹患率:4.036%=陽性140人/検体3,469件  
本日発表された昨日分とみられる検体数と、昨日発表の陽性者数を踏まえ、直前7日間の罹患率(海港検疫含む、発表日ベース)を計算しました。

[週間検体数] 4,000件/週を下回り続けています。検査しない人が多過ぎです。
9月8日発表分から、入国上限が2万人から5万人に2.5倍拡大されましたが、検体数は減少を続けています。相当数がすり抜けていると思われます。
[週間陽性数] 140人/週(1日20人)まで下がってきました。緩和を受けてか、一気に下がってきました。
[週間罹患率] 再び4%台。横ばい気味から少し減少気味に変化しつつある印象です。9月7日の水際対策緩和の影響が出てきている模様です。
減少気味になったとは言え、まだ約25人に1人は陽性者で、まだまだ異様で異常な状況です。
それだけ世界の感染が異常なのか、もしくは、入国者は感染しやすい行動をしている、いわゆる危険人物の割合が異常に多いかのどちらかですね。


通常の検疫措置(2-row rules)ですと、機内全員が自動的に濃厚接触者となってしまう罹患率3%を超え続けています。
異常に異常に異常に異常に異常に異常に危険です。


新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和4年9月12日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27933.html

















空港検疫検査 到着日別詳細結果(9月11日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
2022年8月31日到着分までは、別にまとめています。
2020年4月3日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html

09月01日:症状 有8 無29=陽性37人 21149・21150・21151・21152・21153・21154・21155・21156・21157・21158・21159・21160・21161・21162・21163・21164・21165・21166・21167・21168・21169・21170・21171・21172・21173・21174・21175・21176・21177・21178・21179・21180・21181・21182・21183・21184・21185
09月02日:症状 有8 無20=陽性28人 21186・21187・21188・21189・21190・21191・21192・21193・21194・21195・21196・21197・21198・21199・21200・21201・21202・21203・21204・21205・21206・21207・21208・21209・21210・21211・21212・21213
 [空港別] 成田10・羽田5・中部4・関空6・福岡3
 [男女別] 男16・女12
 [年代別] 10下2・20代15・30代10・40代1・50代0・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] 韓国1・ベトナム16・シンガポール/ベトナム/タイ1・インド2・スリランカ1・モルディブ1・オマーン1・トルコ1・米国4
 [居住地] 青森1・宮城1・千葉3・東京5・神奈川2・愛知3・三重1・大阪4・兵庫1・広島3・山口1・徳島1・福岡2
09月03日:症状 有9 無13=陽性22人 21214・21215・21216・21217・21218・21219・21220・21221・21222・21223・21224・21225・21226・21227・21228・21229・21230・21231・21232・21233・21234・21235
 [空港別] 成田10・羽田4・中部6・関空1・福岡1
 [男女別] 男16・女12
 [年代別] 10下5・20代4・30代8・40代3・50代1・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム15・スリランカ2・インド/ベトナム1・英国1・米国3
 [居住地] 北海道1・宮城2・茨城5・東京4・愛知6・奈良1・大分2・福岡1
09月04日:症状 有8 無16=陽性24人 21236・21237・21238・21239・21240・21241・21242・21243・21244・21245・21246・21247・21248・21249・21250・21251・21252・21253・21254・21255・21256・21257・21258・21259
 [空港別] 成田11・羽田3・中部3・関空6・福岡1
 [男女別] 男14・女10
 [年代別] 10下3・20代10・30代5・40代2・50代4・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] フィリピン1・ベトナム13・マレーシア1・ベトナム/マレーシア1・インド2・スリランカ2・タイ/バングラデシュ1・カナダ1・米国2
 [居住地] 群馬1・埼玉6・東京1・神奈川3・山梨1・静岡1・愛知2・三重1・滋賀1・大阪3・兵庫3・福岡1
09月05日:症状 有3 無12=陽性15人 21260・21261・21262・21263・21264・21265・21266・21267・21268・21269・21270・21271・21272・21273・21274
 [空港別] 成田3・羽田5・中部2・関空5
 [男女別] 男11・女4
 [年代別] 10下1・20代6・30代3・40代2・50代3・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・バングラデシュ1・インド2・米国1・豪州1・バヌアツ1
 [居住地] 群馬1・千葉1・東京3・神奈川2・愛知2・滋賀1・大阪3・兵庫1・山口1
09月06日:症状 有6 無16=陽性22人 21275・21276・21277・21278・21279・21280・21281・21282・21283・21284・21285・21286・21287・21288・21289・21290・21291・21292・21293・21294・21295・21296
 [空港別] 成田7・羽田2・中部5・関空3・福岡5
 [男女別] 男13・女9
 [年代別] 10下2・20代10・30代7・40代0・50代1・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] フィリピン3・ベトナム15・シンガポール1・韓国/ベトナム1・スリランカ1・ドイツ/トルコ1
 [居住地] 埼玉1・東京3・神奈川2・静岡1・石川1・岐阜3・愛知3・三重1・奈良1・兵庫1・広島1・大分1・福岡3
09月07日:症状 有5 無8=陽性13人 21297・21298・21299・21300・21301・21302・21303・21304・21305・21306・21307・21308・21309
 [空港別] 成田2・羽田4・中部3・関空3・福岡1
 [男女別] 男8・女5
 [年代別] 10下1・20代7・30代2・40代0・50代2・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] ベトナム8・シンガポール1・英国1・英国/フランス1・英国/スペイン1・米国1
 [居住地] 福島1・千葉2・東京1・神奈川2・石川1・愛知3・大阪2・沖縄1
09月08日:症状 有2 無15=陽性17人 21310・21311・21312・21313・21314・21315・21316・21317・21318・21319・21320・21321・21322・21323・21324・21325・21326
 [空港別] 成田12・関空4・福岡1
 [男女別] 男11・女6
 [年代別] 10下4・20代4・30代7・40代1・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・スリランカ4・シリア1・UAE/インド2・ポーランド1
 [居住地] 山形1・茨城3・千葉1・東京7・福井1・愛知1・京都1・兵庫1・福岡1
09月09日:症状 有4 無16=陽性20人 21327・21328・21329・21330・21331・21332・21333・21334・21335・21336・21337・21338・21339・21340・21341・21342・21343・21344・21345・21346
 [空港別] 成田12・羽田5・関空2・福岡1
 [男女別] 男12・女8
 [年代別] 10下2・20代6・30代9・40代2・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム6・タイ1・インド3・スリランカ1・パキスタン1・サウジアラビア1・トルコ1・セネガル1・米国5
 [居住地] 群馬2・埼玉3・千葉1・東京5・神奈川1・愛知3・福岡5
09月10日:症状 有8 無13=陽性21人 21347・21348・21349・21350・21351・21352・21353・21354・21355・21356・21357・21358・21359・21360・21361・21362・21363・21364・21365・21366・21367
 [空港別] 成田2・羽田8・中部2・関空5・福岡4
 [男女別] 男11・女10
 [年代別] 10下1・20代13・30代2・40代4・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム14・タイ1・インド2・スリランカ1・スイス1・ポルトガル1・豪州1
 [居住地] 茨城1・埼玉1・東京3・富山1・愛知1・三重1・京都2・大阪5・岡山1・広島1・大分1・長崎1・熊本1・沖縄1
09月11日:症状 有7 無14=陽性21人 21368・21369・21370・21371・21372・21373・21374・21375・21376・21377・21378・21379・21380・21381・21382・21383・21384・21385・21386・21387・21388
 [空港別] 成田8・羽田4・中部1・関空6・福岡2
 [男女別] 男16・女5
 [年代別] 10下2・20代8・30代7・40代1・50代3・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム10・カンボジア/ベトナム1・スリランカ2・ウズベキスタン1・オーストリア1・英国1・イタリア/ギリシャ1・オーストリア/ギリシャ1・英国/オランダ1・米国2
 [居住地] 栃木2・埼玉1・千葉1・東京2・神奈川2・新潟1・岐阜1・愛知1・奈良1・大阪2・兵庫2・広島1・香川1・福岡1・沖縄2





空港検疫でのCOVID-19陽性確認数(到着日ベース)
・2020年4月3日〜2022年9月11日着累計(891日間):21,305人  
・本日発表された空港検疫での陽性者数:21人  
 [入国時陽性分と推定] 9月11日着 21人
 [隔離後陽性分と推定] 該当無し

9月7日の水際対策緩和で異常急減した陽性者が少し増加してきていますでしょうか。
それでも元々の数値自体が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
少ないように見える数字に騙されやすいですが、検体数が著しく少ない中での数値であることに注意が必要です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





有症状者状況
・累計:有症状4,223人・無症状17,082人=無症状率80.1%  
・本日発表された空港検疫での有症状者数:7人  

21369 福岡 9月11日 20代 男性 広島県 ベトナム 咳、頭痛
21370 福岡 9月11日 30代 男性 沖縄県 米国 発熱
21372 関空 9月11日 30代 女性 奈良県 イタリア、ギリシャ 咳
21378 羽田 9月11日 50代 男性 東京都 英国、オランダ 咳、発熱
21380 羽田 9月11日 20代 男性 東京都 英国 発熱、咳、倦怠感
21382 成田 9月11日 30代 男性 千葉県 ベトナム 咳
21388 成田 9月11日 30代 男性 大阪府 オーストリア、ギリシャ 発熱、咳、倦怠感、咽頭痛

(入国時検査に当たる9月9日着以降)
ベトナム:成田・福岡まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
その他各国は直行便・乗継便いずれも10時間程度以上の飛行で、機内発症とみられます。(米国は機内発症か微妙な短距離路線としてグアムが含まれています)

それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。




国別陽性確認数
・10人以上の超危険国:ベトナム10.5人  
・5人以上の危険国:該当無し  

・複数国滞在者:4人  

・青国からの陽性者:7.5人*  
・青国のうち無症状:オーストリア1人、米国1人(沖縄居住★キチ有県)  

それにしても特定国から異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。


それにしても検査も隔離も不要な安全国である青国からの「無症状」陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の青国無症状陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





団体感染疑い状況
・団体感染が疑われる事例:4組4人  
(1)連番確認(同一日同一空港着同一国からの同一地域居住者=同一団体疑い):2組4人
・21375 関空 9月11日 20代 男性 兵庫県 ベトナム 無症状
 21376 関空 9月11日 20代 女性 兵庫県 ベトナム 無症状
・21386 成田 9月11日 10歳未満 男性 栃木県 スリランカ 無症状
 21387 成田 9月11日 10歳未満 女性 栃木県 スリランカ 無症状

(2)10歳未満(同行者がいる団体感染すり抜け疑い):2人(※は上記のうちの1人)
21386 成田 9月11日 10歳未満 男性 栃木県 スリランカ 無症状※
21387 成田 9月11日 10歳未満 女性 栃木県 スリランカ 無症状※

それにしても団体疑い、10歳以下が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の団体疑いや10歳以下が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





強制隔離中の影響
・強制隔離中の陽性とみられる事例:0人(全体の0%)  

・対象国増2021年3月5日-2021年9月19日200日間 強制隔離中陽性563人(2.8人/日)
・対象国減2021年9月20日-2021年11月7日49日間 強制隔離中陽性79人(1.6人/日)
・対象国減2021年11月8日-2021年11月26日19日間 強制隔離中陽性23人(1.2人/日)
・対象国増2021年11月27日-2022年2月28日94日間 強制隔離中の陽性2,151人(22.8人/日)
・対象国減2022年3月1日着-2022年4月28日着の59日間 強制隔離中陽性840人(14.2人/日)
・対象国減2022年4月29日着-2022年5月31日着の33日間 強制隔離中陽性22人(0.7人/日)
・対象国壊滅2022年6月1日着-2022年9月6日着の98日間 強制隔離中陽性36人(0.4人/日)

・対象国壊滅2022年9月7日着-2022年9月8日着の2日間 強制隔離中陽性0人(0人/日)

それにしても、これだけ多数の陽性が出ているのに、強制隔離中陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる少なさが続いています。完全にすり抜け危機です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、強制隔離を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





大量すり抜け危機勃発
結果を見れば一目瞭然
隔離規制緩和は大失敗!!!
結局、隔離規制をしないとダメなんです。



新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27950.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2022年09月11日

空港検疫9/11_放棄で検体急減も陽性減らず すり抜け危機異常続

◇空港検疫 9月11日発表分
[検体数] 370件 99%自動すり抜け 入国者2.5倍なのに急減!
[陽性数] 検体数急減なのに21人も異常発生 本当に出発前陰性?
[有症状] 陽性数急減なのに8人も異常発生 本当に出発前陰性?
[複数国] 0人
[青国から陽性] 3人も発生 本当に青?
[罹患率] 水際対策放棄効果か?4%ギリギリ 機内はまだ全員濃厚接触状態


最近「日本は世界最悪だから、水際対策意味ない」という人が増加中。
意味???断然ありますよ???
入国者は、世界最悪らしい日本より4倍高い罹患率。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
2020年4月以降一回も入国者の罹患率が日本を下回ったことなし。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
謎の異常異変が起きているからこそ、水際対策を止められないんです。

  ついに罹患率三%突破    
自動的に機内全員濃厚接触者に  
 飛行機移動が危険な割合に   


     国際線到着空港       
どのデータ見ても大量すり抜け確定的  
 国内悪化で水際緩和の危険が証明   


厚生労働省(厚労省)は9月11日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無、ワクチン摂取状況等に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施してきました。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定として臨時的に実施してきました。日本で唯一正確な罹患率を把握できました。
※2022年6月1日より非上陸拒否国も含めた入国者全員検査は廃止され、上陸拒否国からの入国者全員検査も一部の国では行われなくなりました。現在は、特定国(赤国、指定国無し)からの入国者全員と、特定国(黄国)からの入国者の一部に対して検査を実施しています。


  【直前7日間の罹患率】4.013%  
▲近々7日間国際線到着空港は現在の日本国内より4.4倍危険!
(比較用)日本国内 現罹患率0.903%=要治療1,127,887人/人口約1億2478万人(2022年8月)

(比較用)日 本:罹患率16.085%=感染20,071,967人、死亡率0.0340%=死亡42,510人/約1億2478万人(2022年8月)

※罹患率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で出発前に有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。





空港検疫 全員検査結果(9月9日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2022年8月31日発表分までは別にまとめています。
2020年4月4日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html

2020年04月04日〜2022年09月01日:対象2,338,566件、陽性21,425人/罹患率0.916% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月02日:対象2,339,241件、陽性21,463人/罹患率0.916%
2020年04月04日〜2022年09月03日:対象2,339,882件、陽性21,500人/罹患率0.918%
2020年04月04日〜2022年09月04日:対象2,340,517件、陽性21,528人/罹患率0.919%
2020年04月04日〜2022年09月05日:対象2,341,046件、陽性21,550人/罹患率0.920%
2020年04月04日〜2022年09月06日:対象2,341,470件、陽性21,574人/罹患率0.921%
2020年04月04日〜2022年09月07日:対象2,342,028件、陽性21,597人/罹患率0.922% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月08日:対象2,342,549件、陽性21,619人/罹患率0.922%
2020年04月04日〜2022年09月09日:対象2,343,120件、陽性21,632人/罹患率0.923%
2020年04月04日〜2022年09月10日:対象2,343,661件、陽性21,649人/罹患率0.923%

2020年04月04日〜2022年09月11日:対象2,344,031件、陽性21,669人/罹患率0.924% 




・昨日単日データでの罹患率:5.405%=陽性20人/検体370件  

・直前7日間の罹患率:4.013%=陽性141人/検体3,514件  
本日発表された昨日分とみられる検体数と、昨日発表の陽性者数を踏まえ、直前7日間の罹患率(海港検疫含む、発表日ベース)を計算しました。

[週間検体数] 今日発表分はついに300人/日台で、4,000件/週を下回りました。検査しない人が多過ぎです。
9月8日発表分から、入国上限が2万人から5万人に2.5倍拡大されましたが、検体数は減少を続けています。相当数がすり抜けていると思われます。
[週間陽性数] 140人/週(1日20人)ギリギリまで下がってきました。緩和を受けてか、一気に下がってきました。
[週間罹患率] 再び4%台。横ばい気味から少し減少気味に変化しつつある印象です。9月7日の水際対策緩和の影響が出てきている模様です。
減少気味になったとは言え、まだ約25人に1人は陽性者で、まだまだ異様で異常な状況です。
それだけ世界の感染が異常なのか、もしくは、入国者は感染しやすい行動をしている、いわゆる危険人物の割合が異常に多いかのどちらかですね。


通常の検疫措置(2-row rules)ですと、機内全員が自動的に濃厚接触者となってしまう罹患率3%を超え続けています。
異常に異常に異常に異常に異常に異常に危険です。


新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和4年9月11日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27933.html
















空港検疫検査 到着日別詳細結果(9月10日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
2022年8月31日到着分までは、別にまとめています。
2020年4月3日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html


09月01日:症状 有8 無29=陽性37人 21149・21150・21151・21152・21153・21154・21155・21156・21157・21158・21159・21160・21161・21162・21163・21164・21165・21166・21167・21168・21169・21170・21171・21172・21173・21174・21175・21176・21177・21178・21179・21180・21181・21182・21183・21184・21185
 [空港別] 成田20・羽田2・中部2・関空5・福岡8
 [男女別] 男25・女12
 [年代別] 10下3・20代21・30代7・40代3・50代2・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム23・インドネシア1・スリランカ7・スイス/スペイン/フランス1・ナイジェリア1・米国2・コスタリカ/米国1・スイス/米国1
 [居住地] 青森1・岩手1・福島1・茨城1・栃木1・群馬1・千葉4・東京4・神奈川5・愛知2・三重1・滋賀1・京都1・大阪2・兵庫1・広島2・愛媛1・福岡7
09月02日:症状 有8 無20=陽性28人 21186・21187・21188・21189・21190・21191・21192・21193・21194・21195・21196・21197・21198・21199・21200・21201・21202・21203・21204・21205・21206・21207・21208・21209・21210・21211・21212・21213
 [空港別] 成田10・羽田5・中部4・関空6・福岡3
 [男女別] 男16・女12
 [年代別] 10下2・20代15・30代10・40代1・50代0・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] 韓国1・ベトナム16・シンガポール/ベトナム/タイ1・インド2・スリランカ1・モルディブ1・オマーン1・トルコ1・米国4
 [居住地] 青森1・宮城1・千葉3・東京5・神奈川2・愛知3・三重1・大阪4・兵庫1・広島3・山口1・徳島1・福岡2
09月03日:症状 有9 無13=陽性22人 21214・21215・21216・21217・21218・21219・21220・21221・21222・21223・21224・21225・21226・21227・21228・21229・21230・21231・21232・21233・21234・21235
 [空港別] 成田10・羽田4・中部6・関空1・福岡1
 [男女別] 男16・女12
 [年代別] 10下5・20代4・30代8・40代3・50代1・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム15・スリランカ2・インド/ベトナム1・英国1・米国3
 [居住地] 北海道1・宮城2・茨城5・東京4・愛知6・奈良1・大分2・福岡1
09月04日:症状 有8 無16=陽性24人 21236・21237・21238・21239・21240・21241・21242・21243・21244・21245・21246・21247・21248・21249・21250・21251・21252・21253・21254・21255・21256・21257・21258・21259
 [空港別] 成田11・羽田3・中部3・関空6・福岡1
 [男女別] 男14・女10
 [年代別] 10下3・20代10・30代5・40代2・50代4・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] フィリピン1・ベトナム13・マレーシア1・ベトナム/マレーシア1・インド2・スリランカ2・タイ/バングラデシュ1・カナダ1・米国2
 [居住地] 群馬1・埼玉6・東京1・神奈川3・山梨1・静岡1・愛知2・三重1・滋賀1・大阪3・兵庫3・福岡1
09月05日:症状 有3 無12=陽性15人 21260・21261・21262・21263・21264・21265・21266・21267・21268・21269・21270・21271・21272・21273・21274
 [空港別] 成田3・羽田5・中部2・関空5
 [男女別] 男11・女4
 [年代別] 10下1・20代6・30代3・40代2・50代3・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・バングラデシュ1・インド2・米国1・豪州1・バヌアツ1
 [居住地] 群馬1・千葉1・東京3・神奈川2・愛知2・滋賀1・大阪3・兵庫1・山口1
09月06日:症状 有6 無16=陽性22人 21275・21276・21277・21278・21279・21280・21281・21282・21283・21284・21285・21286・21287・21288・21289・21290・21291・21292・21293・21294・21295・21296
 [空港別] 成田7・羽田2・中部5・関空3・福岡5
 [男女別] 男13・女9
 [年代別] 10下2・20代10・30代7・40代0・50代1・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] フィリピン3・ベトナム15・シンガポール1・韓国/ベトナム1・スリランカ1・ドイツ/トルコ1
 [居住地] 埼玉1・東京3・神奈川2・静岡1・石川1・岐阜3・愛知3・三重1・奈良1・兵庫1・広島1・大分1・福岡3
09月07日:症状 有5 無8=陽性13人 21297・21298・21299・21300・21301・21302・21303・21304・21305・21306・21307・21308・21309
 [空港別] 成田2・羽田4・中部3・関空3・福岡1
 [男女別] 男8・女5
 [年代別] 10下1・20代7・30代2・40代0・50代2・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] ベトナム8・シンガポール1・英国1・英国/フランス1・英国/スペイン1・米国1
 [居住地] 福島1・千葉2・東京1・神奈川2・石川1・愛知3・大阪2・沖縄1
09月08日:症状 有2 無15=陽性17人 21310・21311・21312・21313・21314・21315・21316・21317・21318・21319・21320・21321・21322・21323・21324・21325・21326
 [空港別] 成田12・関空4・福岡1
 [男女別] 男11・女6
 [年代別] 10下4・20代4・30代7・40代1・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・スリランカ4・シリア1・UAE/インド2・ポーランド1
 [居住地] 山形1・茨城3・千葉1・東京7・福井1・愛知1・京都1・兵庫1・福岡1
09月09日:症状 有4 無16=陽性20人 21327・21328・21329・21330・21331・21332・21333・21334・21335・21336・21337・21338・21339・21340・21341・21342・21343・21344・21345・21346
 [空港別] 成田12・羽田5・関空2・福岡1
 [男女別] 男12・女8
 [年代別] 10下2・20代6・30代9・40代2・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム6・タイ1・インド3・スリランカ1・パキスタン1・サウジアラビア1・トルコ1・セネガル1・米国5
 [居住地] 群馬2・埼玉3・千葉1・東京5・神奈川1・愛知3・福岡5
09月10日:症状 有8 無13=陽性21人 21347・21348・21349・21350・21351・21352・21353・21354・21355・21356・21357・21358・21359・21360・21361・21362・21363・21364・21365・21366・21367
 [空港別] 成田2・羽田8・中部2・関空5・福岡4
 [男女別] 男11・女10
 [年代別] 10下1・20代13・30代2・40代4・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム14・タイ1・インド2・スリランカ1・スイス1・ポルトガル1・豪州1
 [居住地] 茨城1・埼玉1・東京3・富山1・愛知1・三重1・京都2・大阪5・岡山1・広島1・大分1・長崎1・熊本1・沖縄1





空港検疫でのCOVID-19陽性確認数(到着日ベース)
・2020年4月3日〜2022年9月10日着累計(890日間):21,274人  
・本日発表された空港検疫での陽性者数:21人  
 [入国時陽性分と推定] 9月10日着 21人
 [隔離後陽性分と推定] 該当無し

9月7日の水際対策緩和で異常急減した陽性者が少し増加してきていますでしょうか。
それでも元々の数値自体が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
少ないように見える数字に騙されやすいですが、検体数が著しく少ない中での数値であることに注意が必要です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





有症状者状況
・累計:有症状4,216人・無症状17,068人=無症状率80.2%  
・本日発表された空港検疫での有症状者数:8人  

21347 福岡 9月10日 20代 女性 広島県 ベトナム 発熱
21350 福岡 9月10日 30代 男性 大分県 ベトナム 咽頭痛
21354 羽田 9月10日 20代 女性 埼玉県 ベトナム 咳
21356 羽田 9月10日 40代 男性 沖縄県 ベトナム 発熱、倦怠感、頭痛
21358 羽田 9月10日 20代 女性 東京都 ポルトガル 咽頭痛
21359 羽田 9月10日 20代 男性 大阪府 オーストラリア 発熱、咳、咽頭痛
21360 羽田 9月10日 10代 女性 東京都 タイ 発熱、咳、咽頭痛、頭痛
21365 関空 9月10日 40代 男性 大阪府 スイス 咳、倦怠感

(入国時検査に当たる9月8日着以降)
ベトナム:羽田・福岡まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
タイ:羽田まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
その他各国は直行便・乗継便いずれも10時間程度以上の飛行で、機内発症とみられます。(米国は機内発症か微妙な短距離路線としてグアムが含まれています)

それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。




国別陽性確認数
・10人以上の超危険国:ベトナム14  
・5人以上の危険国:該当無し  

・複数国滞在者:0人  

・青国からの陽性者:3人  
・青国のうち無症状:該当無し  

それにしても特定国から異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。


それにしても検査も隔離も不要な安全国である青国からの「無症状」陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の青国無症状陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





団体感染疑い状況
・団体感染が疑われる事例:1組2人  
(1)連番確認(同一日同一空港着同一国からの同一地域居住者=同一団体疑い):1組2人
・21363 関空 9月10日 20代 女性 大阪府 ベトナム 無症状
 21364 関空 9月10日 40代 女性 大阪府 ベトナム 無症状

(2)10歳未満(同行者がいる団体感染すり抜け疑い):0人(※は上記のうちの1人)
該当無し

それにしても団体疑い、10歳以下が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の団体疑いや10歳以下が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





強制隔離中の影響
・強制隔離中の陽性とみられる事例:0人(全体の0%)  

・対象国増2021年3月5日-2021年9月19日200日間 強制隔離中陽性563人(2.8人/日)
・対象国減2021年9月20日-2021年11月7日49日間 強制隔離中陽性79人(1.6人/日)
・対象国減2021年11月8日-2021年11月26日19日間 強制隔離中陽性23人(1.2人/日)
・対象国増2021年11月27日-2022年2月28日94日間 強制隔離中の陽性2,151人(22.8人/日)
・対象国減2022年3月1日着-2022年4月28日着の59日間 強制隔離中陽性840人(14.2人/日)
・対象国減2022年4月29日着-2022年5月31日着の33日間 強制隔離中陽性22人(0.7人/日)
・対象国壊滅2022年6月1日着-2022年9月6日着の98日間 強制隔離中陽性36人(0.4人/日)

・対象国壊滅2022年9月7日着-2022年9月7日着の1日間 強制隔離中陽性0人(0人/日)

それにしても、これだけ多数の陽性が出ているのに、強制隔離中陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる少なさが続いています。完全にすり抜け危機です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、強制隔離を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





大量すり抜け危機勃発
結果を見れば一目瞭然
隔離規制緩和は大失敗!!!
結局、隔離規制をしないとダメなんです。



新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27934.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2022年09月10日

空港検疫9/10_放棄効果4%下回る

◇空港検疫 9月10日発表分
[検体数] 541件 99%自動すり抜け 入国者2.5倍なのに変化無!
[陽性数] 20人も異常発生 本当に出発前陰性?
[有症状] 4人も異常発生 本当に出発前陰性?
[複数国] 0人
[青国から陽性] 6人も異常発生 本当に青?
[罹患率] 水際対策放棄効果か?久々4%下回る 機内はまだ全員濃厚接触状態


最近「日本は世界最悪だから、水際対策意味ない」という人が増加中。
意味???断然ありますよ???
入国者は、世界最悪らしい日本より4倍高い罹患率。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
2020年4月以降一回も入国者の罹患率が日本を下回ったことなし。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
謎の異常異変が起きているからこそ、水際対策を止められないんです。

  ついに罹患率三%突破    
自動的に機内全員濃厚接触者に  
 飛行機移動が危険な割合に   


     国際線到着空港       
どのデータ見ても大量すり抜け確定的  
 国内悪化で水際緩和の危険が証明   


厚生労働省(厚労省)は9月9日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無、ワクチン摂取状況等に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施してきました。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定として臨時的に実施してきました。日本で唯一正確な罹患率を把握できました。
※2022年6月1日より非上陸拒否国も含めた入国者全員検査は廃止され、上陸拒否国からの入国者全員検査も一部の国では行われなくなりました。現在は、特定国(赤国、指定国無し)からの入国者全員と、特定国(黄国)からの入国者の一部に対して検査を実施しています。


  【直前7日間の罹患率】3.943%  
▲近々7日間国際線到着空港は現在の東京都内より6.2倍危険!
(比較用)東京都:現罹患率0.634%=要治療89,129人/人口14,036,936人(2022年8月)

(比較用)東京都:罹患率21.549%=感染3,024,909人、死亡率0.0397%=死亡5,585人/人口14,036,936人(2022年8月)

※罹患率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で出発前に有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。





空港検疫 全員検査結果(9月8日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2022年8月31日発表分までは別にまとめています。
2020年4月4日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html

2020年04月04日〜2022年09月01日:対象2,338,566件、陽性21,425人/罹患率0.916% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月02日:対象2,339,241件、陽性21,463人/罹患率0.916%
2020年04月04日〜2022年09月03日:対象2,339,882件、陽性21,500人/罹患率0.918%
2020年04月04日〜2022年09月04日:対象2,340,517件、陽性21,528人/罹患率0.919%
2020年04月04日〜2022年09月05日:対象2,341,046件、陽性21,550人/罹患率0.920%
2020年04月04日〜2022年09月06日:対象2,341,470件、陽性21,574人/罹患率0.921%
2020年04月04日〜2022年09月07日:対象2,342,028件、陽性21,597人/罹患率0.922% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月08日:対象2,342,549件、陽性21,619人/罹患率0.922%
2020年04月04日〜2022年09月09日:対象2,343,120件、陽性21,632人/罹患率0.923%

2020年04月04日〜2022年09月10日:対象2,343,661件、陽性21,649人/罹患率0.923% 




・昨日単日データでの罹患率:3.142%=陽性17人/検体541件  

・直前7日間の罹患率:3.943%=陽性149人/検体3,779件  
本日発表された昨日分とみられる検体数と、昨日発表の陽性者数を踏まえ、直前7日間の罹患率(海港検疫含む、発表日ベース)を計算しました。

[週間検体数] 4,000件/週を下回りました。検査しない人が多過ぎです。
9月8日発表分から、入国上限が2万人から5万人に2.5倍拡大されましたが、検体数は減少を続けています。相当数がすり抜けていると思われます。
[週間陽性数] 210人/週(1日30人)を下回っています。緩和を受けてか、一気に下がってきました。
[週間罹患率] 3%台まで一気に下がりました。横ばい気味から少し減少気味に変化しつつある印象です。9月7日の水際対策緩和の影響が出てきている模様です。
減少気味になったとは言え、まだ約26人に1人は陽性者で、まだまだ異様で異常な状況です。
それだけ世界の感染が異常なのか、もしくは、入国者は感染しやすい行動をしている、いわゆる危険人物の割合が異常に多いかのどちらかですね。


通常の検疫措置(2-row rules)ですと、機内全員が自動的に濃厚接触者となってしまう罹患率3%を超え続けています。
異常に異常に異常に異常に異常に異常に危険です。


新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和4年9月10日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27931.html
















空港検疫検査 到着日別詳細結果(9月9日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
2022年8月31日到着分までは、別にまとめています。
2020年4月3日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html


09月01日:症状 有8 無29=陽性37人 21149・21150・21151・21152・21153・21154・21155・21156・21157・21158・21159・21160・21161・21162・21163・21164・21165・21166・21167・21168・21169・21170・21171・21172・21173・21174・21175・21176・21177・21178・21179・21180・21181・21182・21183・21184・21185
 [空港別] 成田20・羽田2・中部2・関空5・福岡8
 [男女別] 男25・女12
 [年代別] 10下3・20代21・30代7・40代3・50代2・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム23・インドネシア1・スリランカ7・スイス/スペイン/フランス1・ナイジェリア1・米国2・コスタリカ/米国1・スイス/米国1
 [居住地] 青森1・岩手1・福島1・茨城1・栃木1・群馬1・千葉4・東京4・神奈川5・愛知2・三重1・滋賀1・京都1・大阪2・兵庫1・広島2・愛媛1・福岡7
09月02日:症状 有8 無20=陽性28人 21186・21187・21188・21189・21190・21191・21192・21193・21194・21195・21196・21197・21198・21199・21200・21201・21202・21203・21204・21205・21206・21207・21208・21209・21210・21211・21212・21213
 [空港別] 成田10・羽田5・中部4・関空6・福岡3
 [男女別] 男16・女12
 [年代別] 10下2・20代15・30代10・40代1・50代0・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] 韓国1・ベトナム16・シンガポール/ベトナム/タイ1・インド2・スリランカ1・モルディブ1・オマーン1・トルコ1・米国4
 [居住地] 青森1・宮城1・千葉3・東京5・神奈川2・愛知3・三重1・大阪4・兵庫1・広島3・山口1・徳島1・福岡2
09月03日:症状 有9 無13=陽性22人 21214・21215・21216・21217・21218・21219・21220・21221・21222・21223・21224・21225・21226・21227・21228・21229・21230・21231・21232・21233・21234・21235
 [空港別] 成田10・羽田4・中部6・関空1・福岡1
 [男女別] 男16・女12
 [年代別] 10下5・20代4・30代8・40代3・50代1・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム15・スリランカ2・インド/ベトナム1・英国1・米国3
 [居住地] 北海道1・宮城2・茨城5・東京4・愛知6・奈良1・大分2・福岡1
09月04日:症状 有8 無16=陽性24人 21236・21237・21238・21239・21240・21241・21242・21243・21244・21245・21246・21247・21248・21249・21250・21251・21252・21253・21254・21255・21256・21257・21258・21259
 [空港別] 成田11・羽田3・中部3・関空6・福岡1
 [男女別] 男14・女10
 [年代別] 10下3・20代10・30代5・40代2・50代4・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] フィリピン1・ベトナム13・マレーシア1・ベトナム/マレーシア1・インド2・スリランカ2・タイ/バングラデシュ1・カナダ1・米国2
 [居住地] 群馬1・埼玉6・東京1・神奈川3・山梨1・静岡1・愛知2・三重1・滋賀1・大阪3・兵庫3・福岡1
09月05日:症状 有3 無12=陽性15人 21260・21261・21262・21263・21264・21265・21266・21267・21268・21269・21270・21271・21272・21273・21274
 [空港別] 成田3・羽田5・中部2・関空5
 [男女別] 男11・女4
 [年代別] 10下1・20代6・30代3・40代2・50代3・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・バングラデシュ1・インド2・米国1・豪州1・バヌアツ1
 [居住地] 群馬1・千葉1・東京3・神奈川2・愛知2・滋賀1・大阪3・兵庫1・山口1
09月06日:症状 有6 無16=陽性22人 21275・21276・21277・21278・21279・21280・21281・21282・21283・21284・21285・21286・21287・21288・21289・21290・21291・21292・21293・21294・21295・21296
 [空港別] 成田7・羽田2・中部5・関空3・福岡5
 [男女別] 男13・女9
 [年代別] 10下2・20代10・30代7・40代0・50代1・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] フィリピン3・ベトナム15・シンガポール1・韓国/ベトナム1・スリランカ1・ドイツ/トルコ1
 [居住地] 埼玉1・東京3・神奈川2・静岡1・石川1・岐阜3・愛知3・三重1・奈良1・兵庫1・広島1・大分1・福岡3
09月07日:症状 有5 無8=陽性13人 21297・21298・21299・21300・21301・21302・21303・21304・21305・21306・21307・21308・21309
 [空港別] 成田2・羽田4・中部3・関空3・福岡1
 [男女別] 男8・女5
 [年代別] 10下1・20代7・30代2・40代0・50代2・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] ベトナム8・シンガポール1・英国1・英国/フランス1・英国/スペイン1・米国1
 [居住地] 福島1・千葉2・東京1・神奈川2・石川1・愛知3・大阪2・沖縄1
09月08日:症状 有2 無15=陽性17人 21310・21311・21312・21313・21314・21315・21316・21317・21318・21319・21320・21321・21322・21323・21324・21325・21326
 [空港別] 成田12・関空4・福岡1
 [男女別] 男11・女6
 [年代別] 10下4・20代4・30代7・40代1・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・スリランカ4・シリア1・UAE/インド2・ポーランド1
 [居住地] 山形1・茨城3・千葉1・東京7・福井1・愛知1・京都1・兵庫1・福岡1
09月09日:症状 有4 無16=陽性20人 21327・21328・21329・21330・21331・21332・21333・21334・21335・21336・21337・21338・21339・21340・21341・21342・21343・21344・21345・21346
 [空港別] 成田12・羽田5・関空2・福岡1
 [男女別] 男12・女8
 [年代別] 10下2・20代6・30代9・40代2・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム6・タイ1・インド3・スリランカ1・パキスタン1・サウジアラビア1・トルコ1・セネガル1・米国5
 [居住地] 群馬2・埼玉3・千葉1・東京5・神奈川1・愛知3・福岡5





空港検疫でのCOVID-19陽性確認数(到着日ベース)
・2020年4月3日〜2022年9月9日着累計(889日間):21,263人  
・本日発表された空港検疫での陽性者数:20人  
 [入国時陽性分と推定] 9月9日着 20人
 [隔離後陽性分と推定] 該当無し

9月7日の水際対策緩和で異常急減した陽性者が少し増加してきていますでしょうか。
それでも元々の数値自体が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
少ないように見える数字に騙されやすいですが、検体数が著しく少ない中での数値であることに注意が必要です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





有症状者状況
・累計:有症状4,208人・無症状17,055人=無症状率80.2%  
・本日発表された空港検疫での有症状者数:4人  

21327 福岡 9月9日 20代 男性 福岡県 タイ 発熱
21331 羽田 9月9日 30代 女性 福岡県 米国 咽頭痛
21333 羽田 9月9日 10歳未満 男性 福岡県 米国 発熱、咽頭痛
21338 成田 9月9日 20代 男性 群馬県 ベトナム 発熱、咽頭痛

(入国時検査に当たる9月7日着以降)
タイ:福岡まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
ベトナム:成田まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
その他各国は直行便・乗継便いずれも10時間程度以上の飛行で、機内発症とみられます。(米国は機内発症か微妙な短距離路線としてグアムが含まれています)

それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。




国別陽性確認数
・10人以上の超危険国:該当無し  
・5人以上の危険国:ベトナム6人・米国5人  

・複数国滞在者:0人  

・青国からの陽性者:6人  
・青国のうち無症状:米国3人(福岡居住2人★キチ有県、神奈川居住1人★キチ有県)  

それにしても特定国から異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。


それにしても検査も隔離も不要な安全国である青国からの「無症状」陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の青国無症状陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。

今日発表分の米国からの入国者のうち羽田着福岡居住の2人は、有症状の2人(羽田着福岡居住)と連番確認で、濃厚接触者として検査した可能性が高いです。




団体感染疑い状況
・団体感染が疑われる事例:4組6人  
(1)連番確認(同一日同一空港着同一国からの同一地域居住者=同一団体疑い):2組6人
・21331 羽田 9月9日 30代 女性 福岡県 米国 咽頭痛
 21332 羽田 9月9日 40代 男性 福岡県 米国 無症状
 21333 羽田 9月9日 10歳未満 男性 福岡県 米国 発熱、咽頭痛
 21334 羽田 9月9日 10歳未満 女性 福岡県 米国 無症状
・21335 成田 9月9日 20代 女性 埼玉県 ベトナム 無症状
 21336 成田 9月9日 30代 男性 埼玉県 ベトナム 無症状

(2)10歳未満(同行者がいる団体感染すり抜け疑い):2人(※は上記のうちの1人)
21333 羽田 9月9日 10歳未満 男性 福岡県 米国 発熱、咽頭痛※
21334 羽田 9月9日 10歳未満 女性 福岡県 米国 無症状※

それにしても団体疑い、10歳以下が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の団体疑いや10歳以下が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





強制隔離中の影響
・強制隔離中の陽性とみられる事例:0人(全体の0%)  

・対象国増2021年3月5日-2021年9月19日200日間 強制隔離中陽性563人(2.8人/日)
・対象国減2021年9月20日-2021年11月7日49日間 強制隔離中陽性79人(1.6人/日)
・対象国減2021年11月8日-2021年11月26日19日間 強制隔離中陽性23人(1.2人/日)
・対象国増2021年11月27日-2022年2月28日94日間 強制隔離中の陽性2,151人(22.8人/日)
・対象国減2022年3月1日着-2022年4月28日着の59日間 強制隔離中陽性840人(14.2人/日)
・対象国減2022年4月29日着-2022年5月31日着の33日間 強制隔離中陽性22人(0.7人/日)

・対象国壊滅2022年6月1日着-2022年9月6日着の98日間 強制隔離中陽性36人(0.4人/日)

それにしても、これだけ多数の陽性が出ているのに、強制隔離中陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる少なさが続いています。完全にすり抜け危機です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、強制隔離を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





大量すり抜け危機勃発
結果を見れば一目瞭然
隔離規制緩和は大失敗!!!
結局、隔離規制をしないとダメなんです。



新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27932.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

検疫週間速報8月4_横ばい5%台 邦人7%超+複数国も邦人多いまま

◇空港検疫(週間速報)8月4週目
[罹患率]異常 悪化のまま5.4% 全世界赤国級
[国籍別]異常 邦人7%超、外人横這4%超
[陽性国]異常 越国連続百人超、特定国に集中?


検体100件以上で3%超2国出現
ベトナムが超危険状態継続中
邦人7%超危険/複数国邦人多
→やはりウイルス密輸の元凶は邦人。今年は旅行帰国者もいるので密輸状態悪化はまだまだ続きそうですね。


厚生労働省(厚労省)は9月9日、空港検疫での新型コロナウイルス感染症検査状況の8月4週目(8月21日〜8月27日)分の速報値を発表しました。

厚労省の速報は、週間の検体数と陽性者数を、日本国籍者、外国籍者別に、滞在国ごとに出した非常に細かいデータです。2020年11月11日以降毎週金曜日に過去4週間分が発表されています。9月9日の公表で、2020年10月4日〜2022年8月27日分が公表されたことになります。
速報のため、日々の発表のデータとかなりのズレが生じてる場合もありますが、分析に活用できます。




[罹患状況推移分析] 罹患率 やや減少も5%台のまま
 外人 4%超でジリジリ悪化 超危険状態続く
 邦人 海外旅行帰国も減少? 罹患率は7%超の超危険状態 今すぐ全検すべきレベル

2020年
10/04-10/10 検体12,421・陽性57=罹患率0.46%(日本国籍0.46%:外国籍0.46%)
10/11-10/17 検体 7,364・陽性24=罹患率0.33%(日本国籍0.29%:外国籍0.34%)
10/18-10/24 検体12,213・陽性46=罹患率0.38%(日本国籍0.39%:外国籍0.37%)
10/25-10/31 検体17,833・陽性47=罹患率0.26%(日本国籍0.22%:外国籍0.29%)
  <11/01〜入国者の多い低感染国9か国が検査解除>
11/01-11/07 検体10,589・陽性84=罹患率0.79%(日本国籍0.75%:外国籍0.83%)
11/08-11/14 検体10,823・陽性89=罹患率0.82%(日本国籍0.54%:外国籍1.02%)
11/15-11/21 検体11,627・陽性79=罹患率0.68%(日本国籍0.52%:外国籍0.79%)
11/22-11/28 検体13,789・陽性90=罹患率0.65%(日本国籍0.61%:外国籍0.65%)
11/29-12/05 検体14,226・陽性89=罹患率0.63%(日本国籍0.50%:外国籍0.74%)
12/06-12/12 検体16,488・陽性86=罹患率0.52%(日本国籍0.43%:外国籍0.64%)
12/13-12/19 検体18,554・陽性74=罹患率0.40%(日本国籍0.28%:外国籍0.62%)
12/20-12/26 検体18,835・陽性98=罹患率0.52%(日本国籍0.51%:外国籍0.54%)
12/27-01/02 検体13,123・陽性83=罹患率0.63%(日本国籍0.49%:外国籍0.75%)
2021年
01/03-01/09 検体14,098・陽性76=罹患率0.54%(日本国籍0.23%:外国籍0.72%)
  <01/09〜全入国者検査開始>
01/10-01/16 検体21,399・陽性67=罹患率0.31%(日本国籍0.31%:外国籍0.31%)
01/17-01/23 検体22,678・陽性41=罹患率0.18%(日本国籍0.31%:外国籍0.15%)
01/24-01/30 検体10,076・陽性25=罹患率0.25%(日本国籍0.12%:外国籍0.37%)
01/31-02/06 検体10,435・陽性20=罹患率0.19%(日本国籍0.13%:外国籍0.27%)
02/07-02/13 検体 9,423・陽性19=罹患率0.20%(日本国籍0.15%:外国籍0.26%)
02/14-02/20 検体 9,523・陽性19=罹患率0.20%(日本国籍0.11%:外国籍0.28%)
02/21-02/27 検体11,779・陽性23=罹患率0.20%(日本国籍0.22%:外国籍0.17%)
02/28-03/06 検体14,086・陽性29=罹患率0.21%(日本国籍0.16%:外国籍0.26%)
03/07-03/13 検体14,467・陽性27=罹患率0.19%(日本国籍0.14%:外国籍0.25%)
03/14-03/20 検体17,879・陽性49=罹患率0.27%(日本国籍0.20%:外国籍0.41%)
03/21-03/27 検体14,040・陽性42=罹患率0.30%(日本国籍0.15%:外国籍0.48%)
03/28-04/03 検体14,615・陽性70=罹患率0.48%(日本国籍0.24%:外国籍0.81%)
04/04-04/10 検体12,694・陽性62=罹患率0.49%(日本国籍0.16%:外国籍0.85%)
04/11-04/17 検体11,974・陽性74=罹患率0.62%(日本国籍0.40%:外国籍0.90%)
04/18-04/24 検体11,268・陽性60=罹患率0.53%(日本国籍0.26%:外国籍0.89%)
04/25-05/01 検体13,039・陽性95=罹患率0.73%(日本国籍0.29%:外国籍1.30%)
05/02-05/08 検体11,551・陽性82=罹患率0.71%(日本国籍0.25%:外国籍1.29%)
05/09-05/15 検体12,891・陽性50=罹患率0.39%(日本国籍0.23%:外国籍0.59%)
05/16-05/22 検体11,644・陽性39=罹患率0.33%(日本国籍0.33%:外国籍0.34%)
05/23-05/29 検体13,680・陽性32=罹患率0.23%(日本国籍0.19%:外国籍0.29%)
05/30-06/05 検体16,066・陽性40=罹患率0.25%(日本国籍0.14%:外国籍0.41%)
06/06-06/12 検体16,515・陽性17=罹患率0.10%(日本国籍0.08%:外国籍0.14%)
06/13-06/19 検体16,771・陽性44=罹患率0.26%(日本国籍0.18%:外国籍0.39%)
06/20-06/26 検体16,536・陽性45=罹患率0.27%(日本国籍0.19%:外国籍0.41%)
06/27-07/03 検体22,338・陽性60=罹患率0.27%(日本国籍0.24%:外国籍0.32%)
07/04-07/10 検体23,362・陽性79=罹患率0.34%(日本国籍0.38%:外国籍0.29%)
07/11-07/17 検体32,329・陽性97=罹患率0.30%(日本国籍0.44%:外国籍0.22%)
07/18-07/24 検体35,885・陽性67=罹患率0.19%(日本国籍0.33%:外国籍0.13%)
07/25-07/31 検体24,273・陽性89=罹患率0.37%(日本国籍0.50%:外国籍0.24%)
08/01-08/07 検体21,987・陽性94=罹患率0.43%(日本国籍0.33%:外国籍0.57%)
08/08-08/14 検体19,809・陽性78=罹患率0.39%(日本国籍0.37%:外国籍0.42%)
08/15-08/21 検体25,444・陽性101=罹患率0.40%(日本国籍0.38%:外国籍0.40%)
08/22-08/28 検体20,067・陽性69=罹患率0.34%(日本国籍0.30%:外国籍0.38%)
08/29-09/04 検体18,832・陽性86=罹患率0.46%(日本国籍0.32%:外国籍0.60%)
09/05-09/11 検体17,834・陽性78=罹患率0.44%(日本国籍0.29%:外国籍0.58%)
09/12-09/18 検体16,952・陽性56=罹患率0.33%(日本国籍0.19%:外国籍0.49%)
09/19-09/25 検体16,964・陽性56=罹患率0.33%(日本国籍0.13%:外国籍0.48%)
09/26-10/02 検体21,484・陽性71=罹患率0.33%(日本国籍0.17%:外国籍0.49%)
10/03-10/09 検体17,264・陽性43=罹患率0.25%(日本国籍0.10%:外国籍0.40%)
10/10-10/16 検体18,780・陽性46=罹患率0.24%(日本国籍0.23%:外国籍0.26%)
10/17-10/23 検体19,305・陽性45=罹患率0.23%(日本国籍0.19%:外国籍0.27%)
10/24-10/30 検体20,038・陽性34=罹患率0.17%(日本国籍0.13%:外国籍0.21%)
10/31-11/06 検体21,718・陽性58=罹患率0.27%(日本国籍0.27%:外国籍0.27%)
11/07-11/13 検体21,462・陽性47=罹患率0.22%(日本国籍0.18%:外国籍0.26%)
11/14-11/20 検体21,739・陽性45=罹患率0.21%(日本国籍0.16%:外国籍0.26%)
11/21-11/27 検体24,309・陽性46=罹患率0.19%(日本国籍0.16%:外国籍0.22%)
11/28-12/04 検体28,216・陽性71=罹患率0.25%(日本国籍0.20%:外国籍0.33%)
12/05-12/11 検体29,138・陽性86=罹患率0.30%(日本国籍0.28%:外国籍0.32%)
12/12-12/18 検体30,643・陽性167=罹患率0.54%(日本国籍0.56%:外国籍0.48%)
12/19-12/25 検体27,769・陽性321=罹患率1.16%(日本国籍1.22%:外国籍0.94%)
12/26-01/01 検体17,094・陽性494=罹患率2.89%(日本国籍2.11%:外国籍4.05%)※
01/02-01/08 検体21,488・陽性1,135=罹患率5.28%(日本国籍5.00%:外国籍5.54%)
01/09-01/15 検体20,185・陽性1,087=罹患率5.39%(日本国籍4.14%:外国籍6.42%)
01/16-01/22 検体16,973・陽性1,051=罹患率6.19%(日本国籍3.33%:外国籍8.84%)
01/23-01/29 検体16,342・陽性745=罹患率4.56%(日本国籍2.57%:外国籍6.90%)
01/30-02/05 検体15,382・陽性604=罹患率3.93%(日本国籍2.72%:外国籍5.30%)
02/06-02/12 検体16,881・陽性357=罹患率2.11%(日本国籍1.65%:外国籍2.53%)
02/13-02/19 検体18,436・陽性380=罹患率2.06%(日本国籍1.74%:外国籍2.37%)
02/20-02/26 検体20,729・陽性395=罹患率1.91%(日本国籍1.70%:外国籍2.14%)
02/27-03/05 検体26,014・陽性393=罹患率1.51%(日本国籍1.15%:外国籍1.95%)
03/06-03/12 検体32,360・陽性476=罹患率1.47%(日本国籍1.04%:外国籍2.04%)
03/13-03/19 検体44,626・陽性615=罹患率1.38%(日本国籍0.98%:外国籍1.89%)
03/20-03/26 検体51,546・陽性702=罹患率1.36%(日本国籍1.05%:外国籍1.62%)
03/27-04/02 検体63,169・陽性821=罹患率1.30%(日本国籍0.99%:外国籍1.51%)
04/03-04/09 検体62,997・陽性725=罹患率1.15%(日本国籍0.99%:外国籍1.25%)
04/10-04/16 検体63,038・陽性541=罹患率0.86%(日本国籍0.97%:外国籍0.79%)
04/17-04/23 検体64,145・陽性491=罹患率0.77%(日本国籍0.90%:外国籍0.69%)
04/24-04/30 検体68,473・陽性450=罹患率0.66%(日本国籍0.77%:外国籍0.58%)
05/01-05/07 検体69,831・陽性565=罹患率0.81%(日本国籍1.00%:外国籍0.63%)
05/08-05/14 検体83,082・陽性763=罹患率0.92%(日本国籍1.34%:外国籍0.64%)
05/15-05/21 検体79,888・陽性697=罹患率0.87%(日本国籍1.36%:外国籍0.55%)
05/22-05/28 検体78,884・陽性761=罹患率0.96%(日本国籍1.47%:外国籍0.55%)
05/29-05/31 検体30,514・陽性403=罹患率1.32%(日本国籍1.86%:外国籍0.83%)3日間
  <05/31全入国者検査終了>
06/01-06/04 検体 4,896・陽性 35=罹患率0.71%(日本国籍1.09%:外国籍0.67%)4日間
06/05-06/11 検体 7,400・陽性101=罹患率1.36%(日本国籍3.88%:外国籍0.95%)
06/12-06/18 検体 6,412・陽性115=罹患率1.79%(日本国籍5.34%:外国籍1.14%)
06/19-06/25 検体 5,871・陽性125=罹患率2.13%(日本国籍4.33%:外国籍1.59%)
06/26-07/02 検体 4,656・陽性167=罹患率3.59%(日本国籍7.59%:外国籍2.42%)
07/03-07/09 検体 4,333・陽性168=罹患率3.88%(日本国籍8.17%:外国籍2.58%)
07/10-07/16 検体 4,264・陽性171=罹患率4.01%(日本国籍7.50%:外国籍2.79%)
07/17-07/23 検体 4,547・陽性245=罹患率5.39%(日本国籍7.75%:外国籍4.49%)
07/24-07/30 検体 4,242・陽性263=罹患率6.20%(日本国籍10.69%:外国籍4.55%)
07/31-08/06 検体 3,640・陽性193=罹患率5.30%(日本国籍7.89%:外国籍4.20%)
08/07-08/13 検体 3,524・陽性203=罹患率5.76%(日本国籍8.48%:外国籍4.55%)
08/14-08/20 検体 3,933・陽性221=罹患率5.62%(日本国籍8.64%:外国籍4.19%)

08/21-08/27 検体 4,217・陽性229=罹患率5.43%(日本国籍7.37%:外国籍4.69%)




・検体数(発表値)
 日本人:1,167件 前週比 -95の減少
 外国人:3,050件 前週比+379の急増
 合 計:4,217件 前週比+284の急増
日外比率は前週1:2.12→今週1:2.61で、外国籍者の増加が目立ちました。
検査対象が全入国者になっています。検査数(≒入国者)の多さは、ベトナム、インド、検査不要のはずの青国の米国、スリランカ、トルコの順でした。
海外旅行に行った人の帰国も終わり、業務目的の外国人の入国が再び増え始めた可能性があります。

・陽性数(発表値)
 日本人: 86人 前週比-23の急減
 外国人:143人 前週比+31の急増
 合 計:229人 前週比 +8の増加
日外比率は前週1:1.03→今週1:1.66です。日本国籍者が一気に減り、外国籍者が一気に増えました。(検体数の偏りからすると、日本国籍者に異常過ぎる偏りになっています。)

・罹患率(計算値)
 日本人:7.37% 前週比-1.27Pと爆減(急激改善)。
 外国人:4.69% 前週比+0.50Pと急増(悪化)。
 合 計:5.43% 前週比-0.19Pと急減(改善)。

この結果、罹患率は、日本国籍者は爆減(急激改善)、外国籍者は急増(悪化)でした。日本国籍者は爆減したもののまだまだ7%超、外国籍者は4%超の超危険状態が続いています。
全体の罹患率は前週5.62%→今週5.43%と連続で急減(改善)。過去最悪は脱しましたが、5%台が続いておリ、異常状態のままです。

日本国籍者の方が状況は著しく悪いです。




[検体数]傾向変わらず千件超はベトナムのみ
 黄国化でパキスタン激減
 青国の米国が謎の多い状態続く

最 多 ベトナム:2,381件(前週比+132)=5月末まで(推定9,079件)と比較し-73.8%の急減。
二番目 イ ン ド: 312件(前週比+42)=5月末まで(推定1,526件)と比較し-79.6%の急減。
三番目 米  国: 254件(前週比-74)=5月末まで(推定17,071件)と比較し-98.5%の急減。青国ですので、有症状者がいなければゼロ人のはずです。異常に多いのは何か理由があるのでしょうか。多い状態が続いてい異常に不気味な存在です。
四番目 スリランカ: 168件(前週比+66)=5月末まで(推定476件)と比較し-64.7%の急減。
五番目 ト ル コ: 136件(前週比+8)

100件以上だったのは、上記にウズベキスタンを加えた6か国のみ、千件超は1か国(前週比±0)でした。
黄国化されたパキスタンが7番目まで下がりました。かなりのすり抜けが危惧されます。
6番目に入ったウズベキスタンは圧倒的に外国籍者が多いです(日11/外94)。

6月1日から提供座席数制限が1万人から2万人に2倍に増加しており、5月末までと比べると単純に検体数は2倍になるはずですが、減少が続いています。ここのところ傾向はほとんど変わらない状況です。

一部検査無しの人もいる黄国は、減った分は検査未対象者と推定できます。
インドは8割程の減少。入国者が2.0倍になっているのだとすると、検査対象はわずかに入国者の10人に1人程度(=0.2/2.0)と推定できます。
ベトナムは7割程の減少。入国者が2.0倍になっているのだとすると、検査対象はわずかに入国者の7人に1人程度(=0.3/2.0)と推定できます。
スリランカは6割程の減少。入国者が2.0倍になっているのだとすると、検査対象はわずかに入国者の5人に1人程度(=0.4/2.0)と推定できます。


=======================
検体数の変化状況

<入国者の多い国>
米 国
 5月5週目3日間:7,316件(7日間換算で17,071)
 6月1週目4日間:2件(7日間換算で4)
 6月2週目7日間:51件
 6月3週目7日間:198件(日20/外178) 青国なのに異常な急増中!
 6月4週目7日間:210件(日23/外187) 青国なのに異常な急増中!
 6月5週目7日間:237件(日33/外204) 青国なのに異常な急増中!
 7月1週目7日間:272件(日16/外256) 青国なのに異常な急増中!邦人帰国有症隠し増加?
 7月2週目7日間:302件(日22/外280) 青国なのに異常な急増中!邦人帰国有症隠し増加?
 7月3週目7日間:305件(日29/外276) 青国なのに異常な急増中!邦人帰国有症隠し増加?
 7月4週目7日間:323件(日26/外297) 青国なのに異常な急増中!邦人帰国有症隠し増加?
 8月1週目7日間:372件(日25/外347) 青国なのに異常な急増中!邦人帰国有症隠し増加?
 8月2週目7日間:331件(日25/外306) 青国なのに多い状況継続中!
 8月3週目7日間:328件(日34/外294) 青国なのに多い状況継続中!
 8月4週目7日間:254件(日11/外243) 青国なのに多い状況継続中!
ベトナム
 5月5週目3日間:3,891件(7日間換算で9,079)
 6月1週目4日間:2,218件(7日間換算で3,882)
 6月2週目7日間:3,326件
 6月3週目7日間:2,835件(日349/外2,486)
 6月4週目7日間:2,688件(日425/外2,263)
 6月5週目7日間:2,136件(日348/外1,788)
 7月1週目7日間:1,799件(日353/外1,446)
 7月2週目7日間:1,853件(日474/外1,379)
 7月3週目7日間:1,888件(日556/外1,332)
 7月4週目7日間:2,112件(日533/外1,579)
 8月1週目7日間:1,827件(日511/外1,316)
 8月2週目7日間:1,975件(日536/外1,439)
 8月3週目7日間:2,249件(日666/外1,583)
 8月4週目7日間:2,381件(日551/外1,830)
フィリピン
 5月5週目3日間:2,172件(7日間換算で5,068)
 6月1週目4日間:4件(7日間換算で7)
 6月2週目7日間:10件
 6月3週目7日間:9件
 6月4週目7日間:17件
 6月5週目7日間:21件
 7月1週目7日間:28件
 7月2週目7日間:16件
 7月3週目7日間:22件
 7月4週目7日間:28件
 8月1週目7日間:23件
 8月2週目7日間:21件
 8月3週目7日間:35件
 8月4週目7日間:19件
タ イ
 5月5週目3日間:1,619件(7日間換算で3,778)
 6月1週目4日間:16件(7日間換算で28)
 6月2週目7日間:35件
 6月3週目7日間:52件(日25/外27) 青国なのに増加中!
 6月4週目7日間:36件(日21/外15)
 6月5週目7日間:43件(日26/外17)
 7月1週目7日間:59件(日35/外24) 青国なのに増加中!
 7月2週目7日間:49件(日36/外13)
 7月3週目7日間:64件(日43/外21) 青国なのに増加中!
 7月4週目7日間:66件(日45/外21) 青国なのに増加中!
 8月1週目7日間:46件
 8月2週目7日間:70件(日52/外18) 青国なのに多い状況継続中!
 8月3週目7日間:62件(日46/外16) 青国なのに多い状況継続中!
 8月4週目7日間:68件(日54/外14) 青国なのに多い状況継続中!
中 国香港、澳門 含む)
 5月5週目3日間:1,515件(7日間換算で3,535)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:1件
 6月3週目7日間:1件
 6月4週目7日間:3件
 6月5週目7日間:0件
 7月1週目7日間:3件
 7月2週目7日間:7件
 7月3週目7日間:12件
 7月4週目7日間:7件
 8月1週目7日間:3件
 8月2週目7日間:4件
 8月3週目7日間:4件
 8月4週目7日間:7件
韓 国
 5月5週目3日間:1,447件(7日間換算で3,376)
 6月1週目4日間:3件(7日間換算で5)
 6月2週目7日間:3件
 6月3週目7日間:5件
 6月4週目7日間:11件
 6月5週目7日間:8件
 7月1週目7日間:6件
 7月2週目7日間:25件
 7月3週目7日間:20件
 7月4週目7日間:17件
 8月1週目7日間:19件
 8月2週目7日間:22件
 8月3週目7日間:30件 飛行時間短い青国なのに多い状況継続中!(有症状の時のみ検査すると推定すると短距離での発症の多さは異常)
 8月4週目7日間:39件 飛行時間短い青国なのに多い状況継続中!(有症状の時のみ検査すると推定すると短距離での発症の多さは異常)
シンガポール
 5月5週目3日間:1,323件(7日間換算で3,087)
 6月1週目4日間:13件(7日間換算で23)
 6月2週目7日間:15件
 6月3週目7日間:19件
 6月4週目7日間:30件
 6月5週目7日間:23件
 7月1週目7日間:19件
 7月2週目7日間:20件
 7月3週目7日間:28件
 7月4週目7日間:28件
 8月1週目7日間:8件
 8月2週目7日間:16件
 8月3週目7日間:17件
 8月4週目7日間:44件(日22/外22)
ネパール
 5月5週目3日間:966件(7日間換算で2,254)
 6月1週目4日間:1,145件(7日間換算で2,004)
 6月2週目7日間:1,464件
 6月3週目7日間:1,298件(日15/外1,283)
 6月4週目7日間:991件(日22/外969)
 6月5週目7日間:602件(日16/外586)
 7月1週目7日間:588件(日 7/外581)
 7月2週目7日間:483件(日15/外468)
 7月3週目7日間:385件(日14/外371)
 7月4週目7日間:153件(日 5/外148)
 8月1週目7日間:0件 青国化で一気に消滅!(これまでの傾向と、他国の発症状況を見るともう少し有症状者がいてもおかしくないのに、、、)
 8月2週目7日間:1件 青国化で一気に消滅!(これまでの傾向と、他国の発症状況を見るともう少し有症状者がいてもおかしくないのに、、、)
 8月3週目7日間:0件 青国化で一気に消滅!(これまでの傾向と、他国の発症状況を見るともう少し有症状者がいてもおかしくないのに、、、)
 8月4週目7日間:2件 青国化で一気に消滅!(これまでの傾向と、他国の発症状況を見るともう少し有症状者がいてもおかしくないのに、、、)
インドネシア
 5月5週目3日間:895件(7日間換算で2,088)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:3件
 6月3週目7日間:10件
 6月4週目7日間:10件
 6月5週目7日間:14件
 7月1週目7日間:8件
 7月2週目7日間:8件
 7月3週目7日間:19件
 7月4週目7日間:21件
 8月1週目7日間:22件
 8月2週目7日間:23件
 8月3週目7日間:6件
 8月4週目7日間:11件
英 国
 5月5週目3日間:731件(7日間換算で1,706)
 6月1週目4日間:1件(7日間換算で2)
 6月2週目7日間:13件
 6月3週目7日間:6件
 6月4週目7日間:15件
 6月5週目7日間:9件
 7月1週目7日間:18件
 7月2週目7日間:18件
 7月3週目7日間:11件
 7月4週目7日間:10件
 8月1週目7日間:22件
 8月2週目7日間:10件
 8月3週目7日間:13件
 8月4週目7日間:12件
ドイツ
 5月5週目3日間:685件(7日間換算で1,598)
 6月1週目4日間:5件(7日間換算で9)
 6月2週目7日間:15件
 6月3週目7日間:11件
 6月4週目7日間:7件
 6月5週目7日間:7件
 7月1週目7日間:13件
 7月2週目7日間:6件
 7月3週目7日間:11件
 7月4週目7日間:20件
 8月1週目7日間:15件
 8月2週目7日間:10件
 8月3週目7日間:9件
 8月4週目7日間:10件
インド
 5月5週目3日間:654件(7日間換算で1,526)
 6月1週目4日間:592件(7日間換算で1,036)
 6月2週目7日間:1,026件
 6月3週目7日間:837件(日225/外612)
 6月4週目7日間:739件(日202/外537)
 6月5週目7日間:554件(日172/外382)
 7月1週目7日間:397件(日118/外279)
 7月2週目7日間:429件(日140/外289)
 7月3週目7日間:489件(日173/外316)
 7月4週目7日間:405件(日144/外261)
 8月1週目7日間:342件(日137/外205)
 8月2週目7日間:229件(日101/外128)
 8月3週目7日間:270件(日104/外166)
 8月4週目7日間:312件(日105/外207)
フランス
 5月5週目3日間:641件(7日間換算で1,496)
 6月1週目4日間:3件(7日間換算で5)
 6月2週目7日間:11件
 6月3週目7日間:8件
 6月4週目7日間:13件
 6月5週目7日間:18件
 7月1週目7日間:11件
 7月2週目7日間:23件
 7月3週目7日間:16件
 7月4週目7日間:18件
 8月1週目7日間:3件
 8月2週目7日間:7件
 8月3週目7日間:15件
 8月4週目7日間:18件
豪 州
 5月5週目3日間:496件(7日間換算で1,157)
 6月1週目4日間:1件(7日間換算で2)
 6月2週目7日間:5件
 6月3週目7日間:13件
 6月4週目7日間:8件
 6月5週目7日間:8件
 7月1週目7日間:11件
 7月2週目7日間:12件
 7月3週目7日間:9件
 7月4週目7日間:4件
 8月1週目7日間:22件
 8月2週目7日間:8件
 8月3週目7日間:14件
 8月4週目7日間:12件
カナダ
 5月5週目3日間:462件(7日間換算で1,078)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:1件
 6月3週目7日間:3件
 6月4週目7日間:2件
 6月5週目7日間:3件
 7月1週目7日間:2件
 7月2週目7日間:13件
 7月3週目7日間:7件
 7月4週目7日間:7件
 8月1週目7日間:6件
 8月2週目7日間:8件
 8月3週目7日間:3件
 8月4週目7日間:1件

<デルタ株等で10日間隔離経験国>※インド、インドネシア、ネパールは上述
アフガニスタン
 5月5週目3日間:12件(7日間換算で28)
 6月1週目4日間:2件(7日間換算で4)
 6月2週目7日間:3件
 6月3週目7日間:2件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:3件
 7月1週目7日間:2件
 7月2週目7日間:1件
 7月3週目7日間:3件
 7月4週目7日間:1件
 8月1週目7日間:1件
 8月2週目7日間:0件
 8月3週目7日間:0件
 8月4週目7日間:0件
キルギス
 5月5週目3日間:16件(7日間換算で37)
 6月1週目4日間:3件(7日間換算で5)
 6月2週目7日間:0件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:1件
 6月5週目7日間:2件
 7月1週目7日間:3件
 7月2週目7日間:2件
 7月3週目7日間:1件
 7月4週目7日間:4件
 8月1週目7日間:0件
 8月2週目7日間:1件
 8月3週目7日間:4件
 8月4週目7日間:1件
ザンビア
 5月5週目3日間:6件(7日間換算で14)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:0件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:1件
 7月1週目7日間:1件
 7月2週目7日間:0件
 7月3週目7日間:1件
 7月4週目7日間:0件
 8月1週目7日間:0件
 8月2週目7日間:0件
 8月3週目7日間:2件
 8月4週目7日間:1件
スリランカ
 5月5週目3日間:204件(7日間換算で476)
 6月1週目4日間:190件(7日間換算で333)
 6月2週目7日間:164件
 6月3週目7日間:166件(日12/外154)
 6月4週目7日間:125件(日15/外110)
 6月5週目7日間:133件(日11/外122)
 7月1週目7日間:143件(日15/外128)
 7月2週目7日間:112件(日10/外102)
 7月3週目7日間:131件(日 9/外122)
 7月4週目7日間:129件(日 7/外122)
 8月1週目7日間:118件(日 9/外109)
 8月2週目7日間:124件(日21/外103)
 8月3週目7日間:102件(日15/外87)
 8月4週目7日間:168件(日27/外141)
パキスタン
 5月5週目3日間:155件(7日間換算で362)
 6月1週目4日間:343件(7日間換算で600)
 6月2週目7日間:578件
 6月3週目7日間:376件(日52/外324)
 6月4週目7日間:209件(日37/外172)
 6月5週目7日間:219件(日67/外152)
 7月1週目7日間:312件(日81/外231)
 7月2週目7日間:280件(日53/外227)
 7月3週目7日間:370件(日72/外298)
 7月4週目7日間:250件(日44/外206)
 8月1週目7日間:127件(日15/外112) 黄国化で一気に急減!
 8月2週目7日間: 96件(日10/外86) 黄国化で一気に急減!
 8月3週目7日間: 64件(日9/外55) 黄国化で一気に急減!
 8月4週目7日間: 97件(日14/外83) 黄国化で一気に急減!
バングラデシュ
 5月5週目3日間:249件(7日間換算で581)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:2件
 6月3週目7日間:3件
 6月4週目7日間:2件
 6月5週目7日間:2件
 7月1週目7日間:1件
 7月2週目7日間:0件
 7月3週目7日間:2件
 7月4週目7日間:0件
 8月1週目7日間:1件
 8月2週目7日間:5件
 8月3週目7日間:0件
 8月4週目7日間:1件
モルディブ
 5月5週目3日間:14件(7日間換算で33)
 6月1週目4日間:4件(7日間換算で7)
 6月2週目7日間:5件
 6月3週目7日間:7件
 6月4週目7日間:40件(日33/外7) 急増
 6月5週目7日間:20件(日16/外4)
 7月1週目7日間:12件(日10/外2)
 7月2週目7日間:9件
 7月3週目7日間:17件(日 9/外8)
 7月4週目7日間:25件(日20/外5)
 8月1週目7日間:20件(日19/外1)
 8月2週目7日間:33件(日33/外0)
 8月3週目7日間:36件(日29/外7)
 8月4週目7日間:49件(日41/外8) 急増

<オミクロン株で10日間隔離経験国>※ザンビアは上述
アンゴラ
 5月5週目3日間:1件(7日間換算で2)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:24件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:1件
 6月5週目7日間:0件
 7月1週目7日間:1件
 7月2週目7日間:2件
 7月3週目7日間:0件
 7月4週目7日間:0件
 8月1週目7日間:1件
 8月2週目7日間:1件
 8月3週目7日間:1件
 8月4週目7日間:4件
エスワティニ
 5月5週目3日間:0件(7日間換算で0)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:0件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:0件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:0件
 7月3週目7日間:0件
 7月4週目7日間:0件
 8月1週目7日間:1件
 8月2週目7日間:0件
 8月3週目7日間:0件
 8月4週目7日間:0件
コンゴ民主共和国
 5月5週目3日間:2件(7日間換算で5)
 6月1週目4日間:2件(7日間換算で4)
 6月2週目7日間:3件
 6月3週目7日間:8件
 6月4週目7日間:6件
 6月5週目7日間:4件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:2件
 7月3週目7日間:5件
 7月4週目7日間:1件
 8月1週目7日間:6件
 8月2週目7日間:3件
 8月3週目7日間:0件
 8月4週目7日間:3件
ジンバブエ
 5月5週目3日間:3件(7日間換算で7)
 6月1週目4日間:2件(7日間換算で4)
 6月2週目7日間:2件
 6月3週目7日間:0件
 6月3週目7日間:5件
 6月5週目7日間:2件
 7月1週目7日間:6件
 7月2週目7日間:1件
 7月3週目7日間:5件
 7月4週目7日間:3件
 8月1週目7日間:1件
 8月2週目7日間:0件
 8月3週目7日間:6件
 8月4週目7日間:2件
ナミビア
 5月5週目3日間:0件(7日間換算で0)
 6月1週目4日間:1件(7日間換算で2)
 6月2週目7日間:3件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:6件
 6月5週目7日間:1件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:3件
 7月3週目7日間:1件
 7月4週目7日間:0件
 8月1週目7日間:0件
 8月2週目7日間:1件
 8月3週目7日間:4件
 8月4週目7日間:3件
ボツワナ
 5月5週目3日間:1件(7日間換算で2)
 6月1週目4日間:1件(7日間換算で2)
 6月2週目7日間:18件
 6月3週目7日間:1件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:3件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:3件
 7月3週目7日間:2件
 7月4週目7日間:0件
 8月1週目7日間:3件
 8月2週目7日間:5件
 8月3週目7日間:2件
 8月4週目7日間:5件
マラウイ
 5月5週目3日間:6件(7日間換算で14)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:0件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:0件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:0件
 7月3週目7日間:0件
 7月4週目7日間:0件
 8月1週目7日間:0件
 8月2週目7日間:1件
 8月3週目7日間:0件
 8月4週目7日間:0件
南アフリカ
 5月5週目3日間:37件(7日間換算で86)
 6月1週目4日間:1件(7日間換算で2)
 6月2週目7日間:1件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:2件
 6月5週目7日間:2件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:1件
 7月3週目7日間:0件
 7月4週目7日間:3件
 8月1週目7日間:3件
 8月2週目7日間:0件
 8月3週目7日間:1件
 8月4週目7日間:0件
モザンビーク
 5月5週目3日間:12件(7日間換算で28)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:0件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:0件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:0件
 7月3週目7日間:0件
 7月4週目7日間:0件
 8月1週目7日間:1件
 8月2週目7日間:0件
 8月3週目7日間:0件
 8月4週目7日間:0件
レソト
 5月5週目3日間:0件(7日間換算で0)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:0件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:0件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:0件
 7月3週目7日間:1件
 7月4週目7日間:0件
 8月1週目7日間:0件
 8月2週目7日間:0件
 8月3週目7日間:0件
 8月4週目7日間:0件

青国()は、原則検査不要国です。
入国者数は分かりませんが、検体数を見てみると、なぜか欧米の青国で十人単位で検体が出ている国があります。唯一「有症状」の場合に、入国時検査になると推定されますが、超安全なはずなのに有症状者が多い国ということであり、非常に危険です。
「有症状」の場合にのみ入国時検査になると推定されていますが、なぜか「無症状」でも陽性者が出ている場合があります。
「無症状」の場合、「72時間前検査をしていないため、入国時検査で代用」した可能性が考えられますが、公式には、強制退去対象になることになっていますし、対象になるとすると日本人のみと考えられます。ところが、米国は検体数が254件も出ていますが、入国者に日本人が多いにもかかわらず、検体のほとんどが外国人。一方でタイは日本人の方が多く、米国特有の何かがある可能性があります(キチガイ関係だとは思いますが、、、)。

黄国()も、減少気味でしょうか。検査対象外となるワクチン接種等が進んでいることも一因とみられます。

は6月1日以降の国分けの色を示したものです。(中国は、本土と香港は青、澳門は黄)
それにしてもアフリカは入国者数少ないのに黄国が多いですね。入国者数が少ないということはすり抜けられても国内への影響は少ないのですが、、、。ウイルスを入れない検疫の考え方を優先するなら、入国者の多い国こそ積極的に赤や黄側に指定すべきもので、この指定一つとってみても、検疫は二の次であることが分かります。
この青黄赤指定は、陽性率で判断しているとか検査の信用度で分類しているとかいった報道もありました。実際には現地感染や空港検疫での感染状況(罹患率)にもあっておらず、検査の信頼度は図りようがないので、基準が不明確です。
上記のような分析をしてみると、細かくは見ていませんが、何となく、日本国籍者の多い国は優先的に青、外国籍者の多い国は優先的に黄や赤としているように見えます。まさか人種で判断してないですよね、、、。

ちなみに、この国分けをする基準として、一部の報道で「現地検査の不正確さ」を考慮していると報じられています。仮にそうなのだとすると、青国なのに254件も検査対象者が出て、7人も陽性者がいる米国こそ、「現地検査の不正確」な危険国家と言わざるを得ませんが、、、。
キチガイが72時間前検査を免除されているのなら、現地検査の不正確さは無関係になるので、その点では納得なわけですが、一方で、免除されていることが問題になります。いずれにせよ、おかしなことになってしまいます。そして、有症状がこれだけの人数がいたのだとすると、陽性じゃなくても「風邪ひいた状態で飛行機乗るなよ」状態ですね。どう捉えても異常です。





[陽性者数多い国分析] 24か国から発生 特定国に集中?
 ベトナム、インドは今すぐ規制すべきレベル、米国は収まり?


今週陽性者が確認されたのは、前週に続いて陽性者が出ているベトナム29、インド16、米国・、タイ11、スリランカ10、シンガポール1、トルコ11、豪州1、マレーシア1、フランス1、フィリピン8、韓国4、ウズベキスタン9、イタリア1などを含めて24か国(前週比-11)からの入国者に陽性者が出ました。一気に減少に転換で、特定国に集中したものと推定されます。

パキスタンが36週ぶり、英国が11週ぶり、マルタが5週ぶりに陽性者が出ませんでした
ネパールは立て続けに陽性者が出ていませんが、青国になった途端陽性者確認ゼロですから、実際には陽性者が多数いるのに捉えられていない、明らかなすり抜け危機ですね。パキスタンは黄国なので検査している人はいますから、ゼロ人はすり抜け黄黄かどうかの判断が難しいです。

青国が原則検査無しになりましたので、国数としては5月末までと比べると爆減するはずですが、欧米を中心に再び増加傾向です。原則検査が必要ないのに、普通に陽性者がいる(しかも有症状が多い)わけですから、それだけ危険ということですね。


==========================
[ベトナム] この週は強制隔離なし!!!!!
現地感染は収まり気味なのにいつまで経っても陽性者確認が続くベトナムが最悪。今週は劇的に悪化し148人(前週比+40)。激烈に危険な状況です。
・日本人:検体 551件(前週比-115)/陽性 38人(前週比 -4)/前週6.31%→今週6.90%
・外国人:検体1,830件(前週比+247)/陽性110人(前週比+44)/前週4.17%→今週6.01%
日本国籍者、外国籍者ともに6%超の非常に危険な状態が続いています。全体の罹患率は6%超です。
検体数が7割程減っており、検査対象になっていない人が相当いるとみられます。検査している国なのに、すり抜けが相当増えている可能性があります。

20人以上だったのは1か国(前週比-2)でした。

[インド] この週は強制隔離なし!!!!!
多めが続いており19人(前週比-10)。急減したもののまだ人数は多く、非常に危険な状況です。
・日本人:検体105件(前週比 +1)/陽性 8人(前週比-9)/前週16.35%→今週7.62%
・外国人:検体207件(前週比+41)/陽性11人(前週比-1)/前週7.23%→今週5.31%
日本国籍者は7%超、外国籍者は5%超の非常に危険な状態です。全体の罹患率は6%超の非常に危険な状況です。
検体数が8割程減っており、検査対象になっていない人が相当いるとみられます。検査している国なのに、すり抜けが相当増えている可能性があります。

10人超えは、以上の2か国(前週比-1)。国数がジリジリ減少しています。特定国集中が続いています。
検査国でも、黄国ですら相当のすり抜けが出ている可能性があり、赤国以外特徴が全く読めなくなってしまっています。



==========================
[その他の国]
10人未満のその他の国の状況です。

9人:0か国
8人:0か国

7人:2か国 米国(前週比-18)、タイ(前週比+6)
米国は、日3・外4。罹患率は、日本国籍者は27%超の異常に危険な状態。一方、外国籍者は1%超の危険な状態。全体では2%超の非常に危険な状態です。
タイは、日4・外3。罹患率は、日本国籍者は7%超の非常に危険な状態。一方、外国籍者は21%超の異常に危険な状態。全体では10%超の異常に危険な状態です。
入国数が多い対照的な2か国でした。
米国は、日本国籍者の検体数が少なすぎ、外国籍者の検体数が青国にしては多めです。
一方のタイは、外国籍者の検体数が少なすぎ、日本国籍者の検体数が青国にしては多めです。
原因は何なのでしょうか、、、。

6人:0か国

5人:4か国 インドネシア(前週比皆増)、スイス(前週比皆増)、シンガポール(前週比+3)、スリランカ(前週比+2)
インドネシアは、日5・外0。日本国籍者に偏りました。罹患率は、日本国籍者は71%超の超異常に危険な状態。全体では45%超の異常に危険な状態です。
スイスは、日5・外0。日本国籍者に偏りました。罹患率は、日本国籍者は50%の超異常に危険な状態。全体では45%超の異常に危険な状態です。
シンガポールは、日4・外1。罹患率は、日本国籍者は18%超の異常に危険な状態、外国籍者は4%超の非常に危険な状態。全体では11%超の異常に危険な状態です。
スリランカは、日0・外5。外国籍者への偏りが続きました。罹患率は、外国籍者は3%超の非常に危険な状態。全体では2%超の非常に危険な状態です。

4人:3か国 モルディブ(前週比皆増)、豪州(前週比+3)、トルコ(前週比-4)
モルディブは、日4・外0。日本国籍者に偏りました。罹患率は、日本国籍者は9%超の非常に危険な状態。全体では8%超の非常に危険な状態です。
豪州は、日3・外1。罹患率は、日本国籍者は75%超、外国籍者は12%超の異常に危険な状態。全体では33%超の異常に危険な状態です。
トルコは、日2・外2。2週連続陽性者数が急減。罹患率は、日本国籍者は2%超、外国籍者は3%超の非常に危険な状態。全体では2%超の非常に危険な状態です。

3人:1か国 マレーシア(前週比+2)
マレーシアは、日1・外2。罹患率は、日本国籍者は6%超の非常に危険な状態。外国籍者は33%超の異常に危険な状態。全体では14%超の異常に危険な状態です。

2人:1か国 カンボジア(前週比+2)
カンボジアは2人とも日本国籍者でした。 

1人:11か国 -11か国の急減
(日本国籍者)イタリア、韓国、サウジアラビア、ジョージア、セネガル、ニュージーランド、フランス
(外国籍者)イエメン、ウズベキスタン、北マケドニア、フィリピン

日外バラバラな印象でした。
人数は増えていますが、国数は減少。1人の国が前週比-11か国と先々週レベルに戻りました。特定国に完全集中傾向が続いています。
3か国は、毎日発表で複数国滞在のみの国です。




[罹患率高い国分析] 陽性確認24か国中23か国が1%超え

罹患率1%超えが23か国(前週比-12)。うち罹患率10%超えは18か国(前週比+1)です。

・検体数100人以上または陽性者数10人以上の国には◆印をつけました。◆印付きの国は特に危険な国家と言えるかと思います。
」「」「」の表示は、6月1日からの区分です。


==========================
[10%超えの超異常/超危険国・地域]
最悪 (青)[大洋]ニュージーランド:50.00%(検体2件中1人陽性=全員邦人)
最悪 (黄)[中東]イエメン:50.00%(検体2件中1人陽性=全員外人)
(青)[東南]インドネシア:45.45%(検体11件中5人陽性=邦人 検体7件中5人陽性)
(青)[欧州]スイス:45.45%(検体11件中5人陽性=邦人 検体10件中5人陽性)
(青)[大洋]豪 州:33.33%(検体12件中4人陽性=邦人 検体4件中3人陽性)
(青)[東南]カンボジア:15.38%(検体13件中2人陽性=邦人 検体12件中2人陽性)
(青)[東南]マレーシア:14.29%(検体21件中3人陽性=外人 検体6件中2人陽性)
(黄)[中東]サウジアラビア:14.29%(検体7件中1人陽性=邦人 検体4件中1人陽性)
(黄)[欧州]北マケドニア:14.29%(検体7件中1人陽性=外人 検体3件中1人陽性)
(青)[東南]シンガポール:11.36%(検体44件中5人陽性=邦人 検体22件中4人陽性)
(青)[東南]タ イ:10.29%(検体68件中7人陽性=外人 検体14件中3人陽性)
(黄)[阿州]セネガル:10.00%(検体10件中1人陽性=邦人 検体2件中1人陽性)

二桁割合の超異常国は12か国(前週比-9)でした。青国は有症状者などごく少数しか検査しないため、罹患率が跳ね上がっています。
国数は前週から大幅減少。だいぶ減ってきています。割合の高い国は邦人が多い印象です。



==========================
[1%超えの異常/危険国・地域]
(黄)[欧州]ジョージア:9.09%(検体11件中1人陽性=邦人 検体6件中1人陽性)
(黄)[南亜]モルディブ:8.16%(検体49件中4人陽性=邦人 検体41件中4人陽性)
(青)[欧州]イタリア:7.14%(検体14件中1人陽性=邦人 検体9件中1人陽性)
(黄)[東南]◆◆ベトナム:6.22%(検体2,381件中148人陽性=邦人 検体551件中38人陽性)
(黄)[南亜]◆インド:6.09%(検体312件中19人陽性=邦人 検体105件中8人陽性)
(青)[欧州]フランス:5.56%(検体18件中1人陽性=邦人 検体12件中1人陽性)
(青)[東南]フィリピン:5.26%(検体19件中1人陽性=外人 検体15件中1人陽性)
▲自動的に機内の全員が濃厚接触者となる超危険な罹患率(3%以上)▲
(黄)[南亜]◆スリランカ:2.98%(検体168件中5人陽性=外人 検体141件中5人陽性)
(黄)[中東]◆トルコ:2.94%(検体136件中4人陽性=外人 検体62件中2人陽性)
(青)[北米]◆米 国:2.76%(検体254件中7人陽性=邦人 検体11件中3人陽性)
(青)[東亜]韓 国:2.56%(検体39件中1人陽性=邦人 検体14件中1人陽性)▲オミクロン前の空港検疫の最悪の時の瞬間罹患率(約1.2%)=2020年11月の外人新規入国解禁・低感染国無検査化による濃化(自動的悪化)直後▲
▲搭乗者数上限100人搭乗だと自動的に機内に2人以上陽性がいる危険な罹患率(1%以上)▲
▼日本の第六波(オミクロン後)で最悪の時の罹患率(約0.7%)▼
▼オミクロン前の空港検疫の罹患率平均(約0.3〜0.4%)▼
▼日本の第五波(オミクロン前)で最悪の時の罹患率(約0.2%)▼


1%(100人に1人陽性)超えは以上の23か国(前週比-12)でした。
邦人の悪い国が目立ちます。

3%以上で検体100件以上の国が出ました。ベトナム、インドです。異常です。常連だったパキスタンは黄国化によってか、今週は消滅。

陽性者発生も1%未満だったのは、1か国(前週比+1)でした。3%未満もジリジリ増えています。


少なくとも、検体100件以上で3%超の国は今すぐ赤国、検体100件未満でも3%超の国は今すぐ黄国すべき危険なレベルですね。


==========================
[連続で10%超えの超異常国] 1か国(前週比-2)
シンガポール
[連続で1%超えの異常国] 12か国(前週比+1)
豪州、マレーシア、タイ、イタリア、◆◆ベトナム、◆インド、フランス、フィリピン、◆スリランカ、◆トルコ、◆米国、韓国
「2週連続で1%超の異常な国」は13か国(前週比-1)で減少傾向が続いています。常連国ばかりになってきていると言えます。




毎週データは更新されているようですので、今後も注視していきます。

週間速報内容
2022/08/21-2022/08/27
全検査
合計 検体4,217/陽性229 5.43%↓ 急減(改善)
邦人 検体1,167/陽性 86 7.37%↓ 爆減(急激改善)/ただし数値自体は悪いです
外人 検体3,050/陽性143 4.69%↑ 急増(悪化)


検体数の多い国
(黄)ベトナム:合計 検体2,381、陽性148=6.22% <急激悪化・悪化状態継続中>
  日本人 検体 551、陽性 38=6.90% <悪化状態継続中>
  外国人 検体1,830、陽性110=6.01% <急激悪化・悪化状態継続中>
(黄)イ ン ド:合計 検体312、陽性19=6.09% <悪化状態継続中>
  日本人 検体 105、陽性 8=7.62% <悪化状態継続中>
  外国人 検体 207、陽性11=5.31% <悪化状態継続中>
(青)米  国:合計 検体254、陽性 7=2.76%
  日本人 検体 11、陽性3=27.27% <激烈に危険状態!!>
  外国人 検体 243、陽性4=1.65%
(黄)スリランカ:合計 検体168、陽性 5=2.98%
  日本人 検体 27、陽性 0=0%
  外国人 検体 141、陽性 5=3.55% <悪化状態継続中>
(黄)ト ル コ:合計 検体136、陽性 4=2.94%
  日本人 検体 74、陽性 2=2.70%
  外国人 検体 62、陽性 2=3.23% <悪化状態継続中>

罹患率の高い国
(青)ニュージーランド:合計 検体2、陽性1=50.00%
  日本人 検体 2、陽性 1=50.00%
  外国人 検体 0、陽性 0=0%
(黄)イエメン:合計 検体2、陽性1=50.00%
  日本人 検体 0、陽性 0=0%
  外国人 検体 2、陽性 1=50.00%
(青)スイス:合計 検体11、陽性5=45.45% <人数多く異常に危険>
  日本人 検体 10、陽性 5=50.00% <人数多く異常に危険>
  外国人 検体 0、陽性 0=0%
(青)インドネシア:合計 検体11、陽性5=45.45% <人数多く異常に危険>
  日本人 検体 7、陽性 5=71.43% <人数多く異常に危険>
  外国人 検体 4、陽性 0=0%
(青)豪 州:合計 検体12、陽性4=33.33% <人数多く非常に危険>
  日本人 検体 4、陽性 3=75.00% <人数多く危険>
  外国人 検体 8、陽性 1=12.50%




毎日の個別発表との誤差状況(8月21日〜8月27日)
(A)週間発表(今回の滞在国・地域ごとの検査実績発表):229人
(B)毎日発表:212人中非公表0人(複数国滞在者13人(うち3か国4人)=インド/ベトナム、インド/タイ、インドネシア/ベトナム3、シンガポール/マレーシア2、シンガポール/モルディブ、トルコ/ジョージア、イタリア/スイス/タイ、カンボジア/シンガポール/ベトナム、インド/タイ/ベトナム、タイ/インド/マレーシア)229

 (誤差が出ている国)Aが超過していると非公表の可能性有
 誤差は出ませんでした。

 
 <感染予防する気が薄いと思われる複数国滞在者12人の国籍>
 インドネシア/ベトナム3=邦人
 シンガポール/モルディブ=邦人
 トルコ/ジョージア=邦人
 イタリア/スイス/タイ=邦人
 カンボジア/シンガポール/ベトナム=邦人
 
 シンガポール/マレーシア2
 タイ/インド/マレーシア
 →上記3人は1人邦人、外人2人

 インド/ベトナム
 インド/タイ
 インド/タイ/ベトナム
 →上記3人は不明

 ということで、感染予防する気が薄いと思われる複数国滞在者13人は10人が国籍判明し、邦人8人、外人2人でした。。
 検体数が著しく少ないにもかかわらず、複数国滞在は邦人が圧倒的に多い状況が続いています。複数国滞在して動き回っている意識低い系はむしろ邦人であることが明白となってしまいました。「外人は衛生意識が低いから、あまり気にせずウイルス密輸をする=だから外人の新規入国を禁止すべし!!」といった過激な差別発言を時々聞きますが、複数国滞在者を分析すると、それが嘘であることが非常によく分かります。
複数国滞在者がどういう方々なのかはよく分かりませんが、乗り継ぎ以外の理由だとすると、
 ・旅行者→このコロナ禍に、海外で動き回って感染する非常識
 ・仕事で短期渡航→このコロナ禍に、海外で動き回るよう指示して感染させる非常識
 ・在留邦人→このコロナ禍に、帰国前に海外で動き回って感染する非常識
と言ったところでしょうか。
せめて入国前14日間ぐらいは動き回るの自重できないんですかね、、、。
あなたの母国を危険にさらしていることが分からないんでしょうか。たぶん、海外に活躍の場を求めている時点で、グローバルな視点をお持ちでしょうから、母国がどうとか関係ないんでしょうね、、、。やってること、元々同じ民族だと難癖付けて自分の住んでいない国土を蹂躙している某国と変わらないことが露となってますよ、、、。


検疫に関するデータ(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/border_data.html

2022/09/21 追いかけアップ
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2022年09月09日

空港検疫9/9_入国2.5倍も検体変化無

◇空港検疫 9月9日発表分
[検体数] 571件 99%自動すり抜け 入国者2.5倍なのに変化無!
[陽性数] 17人も異常発生 本当に出発前陰性?
[有症状] 2人も発生 本当に出発前陰性?
[複数国] 1人発生
[青国から陽性] 2人発生 本当に青?
[罹患率] 横ばい気味4.3%超 機内は全員濃厚接触状態


最近「日本は世界最悪だから、水際対策意味ない」という人が増加中。
意味???断然ありますよ???
入国者は、世界最悪らしい日本より4倍高い罹患率。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
入国者は、全員72時間前に陰性なのに、日本より4倍高い罹患率。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
2020年4月以降一回も入国者の罹患率が日本を下回ったことなし。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
謎の異常異変が起きているからこそ、水際対策を止められないんです。

  ついに罹患率三%突破    
自動的に機内全員濃厚接触者に  
 飛行機移動が危険な割合に   


     国際線到着空港       
どのデータ見ても大量すり抜け確定的  
 国内悪化で水際緩和の危険が証明   


厚生労働省(厚労省)は9月9日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無、ワクチン摂取状況等に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施してきました。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定として臨時的に実施してきました。日本で唯一正確な罹患率を把握できました。
※2022年6月1日より非上陸拒否国も含めた入国者全員検査は廃止され、上陸拒否国からの入国者全員検査も一部の国では行われなくなりました。現在は、特定国(赤国、指定国無し)からの入国者全員と、特定国(黄国)からの入国者の一部に対して検査を実施しています。


  【直前7日間の罹患率】4.357%  
▲近々7日間国際線到着空港は現在の日本国内より4.0倍危険!
(比較用)日本国内 現罹患率1.073%=要治療1,338,991人/人口約1億2478万人(2022年8月)

(比較用)日 本:罹患率15.933%=感染19,882,393人、死亡率0.0337%=死亡42,101人/約1億2478万人(2022年8月)

※罹患率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で出発前に有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。





空港検疫 全員検査結果(9月7日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2022年8月31日発表分までは別にまとめています。
2020年4月4日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html

2020年04月04日〜2022年09月01日:対象2,338,566件、陽性21,425人/罹患率0.916% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月02日:対象2,339,241件、陽性21,463人/罹患率0.916%
2020年04月04日〜2022年09月03日:対象2,339,882件、陽性21,500人/罹患率0.918%
2020年04月04日〜2022年09月04日:対象2,340,517件、陽性21,528人/罹患率0.919%
2020年04月04日〜2022年09月05日:対象2,341,046件、陽性21,550人/罹患率0.920%
2020年04月04日〜2022年09月06日:対象2,341,470件、陽性21,574人/罹患率0.921%
2020年04月04日〜2022年09月07日:対象2,342,028件、陽性21,597人/罹患率0.922% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月08日:対象2,342,549件、陽性21,619人/罹患率0.922%

2020年04月04日〜2022年09月09日:対象2,343,120件、陽性21,632人/罹患率0.923% 




・昨日単日データでの罹患率:2.277%=陽性13人/検体571件  

・直前7日間の罹患率:4.357%=陽性169人/検体3,879件  
本日発表された昨日分とみられる検体数と、昨日発表の陽性者数を踏まえ、直前7日間の罹患率(海港検疫含む、発表日ベース)を計算しました。

[週間検体数] 4,000件/週を下回りました。検査しない人が多過ぎです。
本日発表分から、入国上限が2万人から5万人に2.5倍拡大されましたが、検体数は横ばいでした。相当数がすり抜けていると思われます。
[週間陽性数] 210人/週(1日30人)を下回っています。緩和を受けてか、一気に下がってきました。
[週間罹患率] 4%台まで一気に下がっています。4%台で横ばい気味です。
約23人に1人は陽性者で、まだまだ異様で異常な状況です。
それだけ世界の感染が異常なのか、もしくは、入国者は感染しやすい行動をしている、いわゆる危険人物の割合が異常に多いかのどちらかですね。


通常の検疫措置(2-row rules)ですと、機内全員が自動的に濃厚接触者となってしまう罹患率3%を超え続けています。
異常に異常に異常に異常に異常に異常に危険です。


新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和4年9月9日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27917.html
















空港検疫検査 到着日別詳細結果(9月8日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
2022年8月31日到着分までは、別にまとめています。
2020年4月3日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html


09月01日:症状 有8 無29=陽性37人 21149・21150・21151・21152・21153・21154・21155・21156・21157・21158・21159・21160・21161・21162・21163・21164・21165・21166・21167・21168・21169・21170・21171・21172・21173・21174・21175・21176・21177・21178・21179・21180・21181・21182・21183・21184・21185
 [空港別] 成田20・羽田2・中部2・関空5・福岡8
 [男女別] 男25・女12
 [年代別] 10下3・20代21・30代7・40代3・50代2・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム23・インドネシア1・スリランカ7・スイス/スペイン/フランス1・ナイジェリア1・米国2・コスタリカ/米国1・スイス/米国1
 [居住地] 青森1・岩手1・福島1・茨城1・栃木1・群馬1・千葉4・東京4・神奈川5・愛知2・三重1・滋賀1・京都1・大阪2・兵庫1・広島2・愛媛1・福岡7
09月02日:症状 有8 無20=陽性28人 21186・21187・21188・21189・21190・21191・21192・21193・21194・21195・21196・21197・21198・21199・21200・21201・21202・21203・21204・21205・21206・21207・21208・21209・21210・21211・21212・21213
 [空港別] 成田10・羽田5・中部4・関空6・福岡3
 [男女別] 男16・女12
 [年代別] 10下2・20代15・30代10・40代1・50代0・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] 韓国1・ベトナム16・シンガポール/ベトナム/タイ1・インド2・スリランカ1・モルディブ1・オマーン1・トルコ1・米国4
 [居住地] 青森1・宮城1・千葉3・東京5・神奈川2・愛知3・三重1・大阪4・兵庫1・広島3・山口1・徳島1・福岡2
09月03日:症状 有9 無13=陽性22人 21214・21215・21216・21217・21218・21219・21220・21221・21222・21223・21224・21225・21226・21227・21228・21229・21230・21231・21232・21233・21234・21235
 [空港別] 成田10・羽田4・中部6・関空1・福岡1
 [男女別] 男16・女12
 [年代別] 10下5・20代4・30代8・40代3・50代1・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム15・スリランカ2・インド/ベトナム1・英国1・米国3
 [居住地] 北海道1・宮城2・茨城5・東京4・愛知6・奈良1・大分2・福岡1
09月04日:症状 有8 無16=陽性24人 21236・21237・21238・21239・21240・21241・21242・21243・21244・21245・21246・21247・21248・21249・21250・21251・21252・21253・21254・21255・21256・21257・21258・21259
 [空港別] 成田11・羽田3・中部3・関空6・福岡1
 [男女別] 男14・女10
 [年代別] 10下3・20代10・30代5・40代2・50代4・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] フィリピン1・ベトナム13・マレーシア1・ベトナム/マレーシア1・インド2・スリランカ2・タイ/バングラデシュ1・カナダ1・米国2
 [居住地] 群馬1・埼玉6・東京1・神奈川3・山梨1・静岡1・愛知2・三重1・滋賀1・大阪3・兵庫3・福岡1
09月05日:症状 有3 無12=陽性15人 21260・21261・21262・21263・21264・21265・21266・21267・21268・21269・21270・21271・21272・21273・21274
 [空港別] 成田3・羽田5・中部2・関空5
 [男女別] 男11・女4
 [年代別] 10下1・20代6・30代3・40代2・50代3・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・バングラデシュ1・インド2・米国1・豪州1・バヌアツ1
 [居住地] 群馬1・千葉1・東京3・神奈川2・愛知2・滋賀1・大阪3・兵庫1・山口1
09月06日:症状 有6 無16=陽性22人 21275・21276・21277・21278・21279・21280・21281・21282・21283・21284・21285・21286・21287・21288・21289・21290・21291・21292・21293・21294・21295・21296
 [空港別] 成田7・羽田2・中部5・関空3・福岡5
 [男女別] 男13・女9
 [年代別] 10下2・20代10・30代7・40代0・50代1・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] フィリピン3・ベトナム15・シンガポール1・韓国/ベトナム1・スリランカ1・ドイツ/トルコ1
 [居住地] 埼玉1・東京3・神奈川2・静岡1・石川1・岐阜3・愛知3・三重1・奈良1・兵庫1・広島1・大分1・福岡3
09月07日:症状 有5 無8=陽性13人 21297・21298・21299・21300・21301・21302・21303・21304・21305・21306・21307・21308・21309
 [空港別] 成田2・羽田4・中部3・関空3・福岡1
 [男女別] 男8・女5
 [年代別] 10下1・20代7・30代2・40代0・50代2・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] ベトナム8・シンガポール1・英国1・英国/フランス1・英国/スペイン1・米国1
 [居住地] 福島1・千葉2・東京1・神奈川2・石川1・愛知3・大阪2・沖縄1
09月07日:症状 有2 無15=陽性17人 21310・21311・21312・21313・21314・21315・21316・21317・21318・21319・21320・21321・21322・21323・21324・21325・21326
 [空港別] 成田12・関空4・福岡1
 [男女別] 男11・女6
 [年代別] 10下4・20代4・30代7・40代1・50代1・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・スリランカ4・シリア1・UAE/インド2・ポーランド1
 [居住地] 山形1・茨城3・千葉1・東京7・福井1・愛知1・京都1・兵庫1・福岡1





空港検疫でのCOVID-19陽性確認数(到着日ベース)
・2020年4月3日〜2022年9月8日着累計(888日間):21,243人  
・本日発表された空港検疫での陽性者数:17人  
 [入国時陽性分と推定] 9月8日着 17人
 [隔離後陽性分と推定] 該当無し

今日発表分は、水際対策が大幅緩和された翌日(9月8日着分)のデータになります。
9月7日着分から大きく変わった点は以下の通りです。
(1) 入国上限が2万人から5万人に2.5倍拡大
(2) ワクチン3回接種者等条件満たした人は72時間前までの陰性証明不要化
(3) 赤黄青規制が28か国で緩和

各々の影響を考えてみます。
(1) 入国上限が2万人から5万人に2.5倍拡大
これが影響すると、空港検疫での陽性確認は、昨日までより2.5倍になるはずです。
昨日まで、ここのところ、1日30人前後の陽性者が出ていましたから、単純計算で、1日75人前後の陽性者が出るようになるはずです。
これは、今回の水際対策緩和が問題ないか考える上で、昨日までのデータと比較する上での基準値になります。
ちなみに、何度か書いていますが、「百万人入国で100人陽性」でも「百人入国で100人陽性」でも、日本でのウイルス拡大リスクは同じです(前者の方が1万倍安全とか思ってないですよね?)。75人前後に増えて欲しくはないですね〜。

(2) ワクチン3回接種者等条件満たした人は72時間前までの陰性証明不要化
これが影響すると、空港検疫での陽性確認は75人前後より増加するはずです。
ワクチン3回接種については、国のトップの人が自ら、予防効果はないことを示してしまいましたしね、、、。接種時期や変異株対応ワクチンかどうかは制限がないので、ただただ危険側に大きくブレただけの、意味なし緩和に見えます。
意味のある緩和条件になったのかデータに示して貰いたいところです。

(3) 赤黄青規制が28か国で緩和
これが影響すると、空港検疫での陽性確認は75人前後よりも減少するはずです。(検体数が減るため)
緩和された国は、入国者も陽性者もあまり多くない国ばかりなので、この点が大きく影響するとは思えませんが、さてどうなるでしょう。

まだ2日分ですが、結果は2日連続で「激減」となりました。
(1)〜(3)を考えると、すり抜けがさらに激増した異常な変化である可能性があります。


それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
少ないように見える数字に騙されやすいですが、検体数が著しく少ない中での数値であることに注意が必要です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





有症状者状況
・累計:有症状4,204人・無症状17,039人=無症状率80.2%  
・本日発表された空港検疫での有症状者数:2人  

21315 成田 9月8日 30代 女性 東京都 ベトナム 咳
21316 成田 9月8日 20代 女性 東京都 ベトナム 咳

(入国時検査に当たる9月6日着以降)
ベトナム:成田まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
その他各国は直行便・乗継便いずれも10時間程度以上の飛行で、機内発症とみられます。(米国は機内発症か微妙な短距離路線としてグアムが含まれています)

それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。




国別陽性確認数
・10人以上の超危険国:該当無し  
・5人以上の危険国:ベトナム9人  

・複数国滞在者:2人  

・青国からの陽性者:2人*  
・青国のうち無症状:ポーランド1人  

それにしても特定国から異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。


それにしても検査も隔離も不要な安全国である青国からの「無症状」陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の青国無症状陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





団体感染疑い状況
・団体感染が疑われる事例:5組11人  
(1)連番確認(同一日同一空港着同一国からの同一地域居住者=同一団体疑い):3組9人
・21315 成田 9月8日 30代 女性 東京都 ベトナム 咳
 21316 成田 9月8日 20代 女性 東京都 ベトナム 咳
 21317 成田 9月8日 30代 男性 東京都 ベトナム 無症状
 21318 成田 9月8日 30代 男性 東京都 ベトナム 無症状
・21322 成田 9月8日 50代 男性 茨城県 スリランカ 無症状
 21323 成田 9月8日 20代 男性 茨城県 スリランカ 無症状
 21324 成田 9月8日 10代 男性 茨城県 スリランカ 無症状
・21325 成田 9月8日 30代 男性 東京都 アラブ首長国連邦、
インド 無症状
 21326 成田 9月8日 40代 男性 東京都 アラブ首長国連邦、
インド 無症状

(2)10歳未満(同行者がいる団体感染すり抜け疑い):2人(※は上記のうちの1人)
21319 成田 9月8日 10歳未満 男性 千葉県 ベトナム 無症状
21320 成田 9月8日 10歳未満 女性 東京都 ベトナム 無症状

それにしても団体疑い、10歳以下が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の団体疑いや10歳以下が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





強制隔離中の影響
・強制隔離中の陽性とみられる事例:0人(全体の0%)  

・対象国増2021年3月5日-2021年9月19日200日間 強制隔離中陽性563人(2.8人/日)
・対象国減2021年9月20日-2021年11月7日49日間 強制隔離中陽性79人(1.6人/日)
・対象国減2021年11月8日-2021年11月26日19日間 強制隔離中陽性23人(1.2人/日)
・対象国増2021年11月27日-2022年2月28日94日間 強制隔離中の陽性2,151人(22.8人/日)
・対象国減2022年3月1日着-2022年4月28日着の59日間 強制隔離中陽性840人(14.2人/日)
・対象国減2022年4月29日着-2022年5月31日着の33日間 強制隔離中陽性22人(0.7人/日)

・対象国壊滅2022年6月1日着-2022年9月5日着の97日間 強制隔離中陽性36人(0.4人/日)

それにしても、これだけ多数の陽性が出ているのに、強制隔離中陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる少なさが続いています。完全にすり抜け危機です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、強制隔離を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





大量すり抜け危機勃発
結果を見れば一目瞭然
隔離規制緩和は大失敗!!!
結局、隔離規制をしないとダメなんです。



新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27922.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2022年09月08日

空港検疫9/8_緩和初日から急減/欧州多数ですり抜け急増?

◇空港検疫 9月8日発表分
陰性証明無し初日は急減
欧州急に大量発生
さらにすり抜けが急増した可能性も

[検体数] 521件 97%自動すり抜け
[陽性数] 13人も異常発生 本当に出発前陰性?
[有症状] 5人も異常発生 本当に出発前陰性?
[複数国] 2人発生
[青国から陽性] 5人も異常発生 本当に青?
[罹患率] 横ばい気味4.8%超 機内は全員濃厚接触状態


最近「日本は世界最悪だから、水際対策意味ない」という人が増加中。
意味???断然ありますよ???
入国者は、世界最悪らしい日本より4倍高い罹患率。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
入国者は、全員72時間前に陰性なのに、日本より3倍高い罹患率。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
2020年4月以降一回も入国者の罹患率が日本を下回ったことなし。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
謎の異常異変が起きているからこそ、水際対策を止められないんです。

  ついに罹患率三%突破    
自動的に機内全員濃厚接触者に  
 飛行機移動が危険な割合に   


     国際線到着空港       
どのデータ見ても大量すり抜け確定的  
 国内悪化で水際緩和の危険が証明   


厚生労働省(厚労省)は9月8日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無、ワクチン摂取状況等に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施してきました。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定として臨時的に実施してきました。日本で唯一正確な罹患率を把握できました。
※2022年6月1日より非上陸拒否国も含めた入国者全員検査は廃止され、上陸拒否国からの入国者全員検査も一部の国では行われなくなりました。現在は、特定国(赤国、指定国無し)からの入国者全員と、特定国(黄国)からの入国者の一部に対して検査を実施しています。


  【直前7日間の罹患率】4.871%  
▲近々7日間国際線到着空港は現在の東京都内より5.4倍危険!
(比較用)東京都:現罹患率0.890%=要治療124,986人/人口14,036,936人(2022年8月)

(比較用)東京都:罹患率21.408%=感染3,005,029人、死亡率0.0393%=死亡5,526人/人口14,036,936人(2022年8月)

※罹患率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で出発前に有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。





空港検疫 全員検査結果(9月6日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2022年8月31日発表分までは別にまとめています。
2020年4月4日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html

2020年04月04日〜2022年09月01日:対象2,338,566件、陽性21,425人/罹患率0.916% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月02日:対象2,339,241件、陽性21,463人/罹患率0.916%
2020年04月04日〜2022年09月03日:対象2,339,882件、陽性21,500人/罹患率0.918%
2020年04月04日〜2022年09月04日:対象2,340,517件、陽性21,528人/罹患率0.919%
2020年04月04日〜2022年09月05日:対象2,341,046件、陽性21,550人/罹患率0.920%
2020年04月04日〜2022年09月06日:対象2,341,470件、陽性21,574人/罹患率0.921%
2020年04月04日〜2022年09月07日:対象2,342,028件、陽性21,597人/罹患率0.922% ※海港検疫含む

2020年04月04日〜2022年09月08日:対象2,342,549件、陽性21,619人/罹患率0.922% 




・昨日単日データでの罹患率:4.223%=陽性22人/検体521件  

・直前7日間の罹患率:4.871%=陽性194人/検体3,983件  
本日発表された昨日分とみられる検体数と、昨日発表の陽性者数を踏まえ、直前7日間の罹患率(海港検疫含む、発表日ベース)を計算しました。

[週間検体数] 4,000件/週を下回りました。検査しない人が多過ぎです。
[週間陽性数] 210人/週(1日30人)を下回っています。200人/週前後で横ばい気味です。
[週間罹患率] 4%台まで一気に下がっています。4%台で横ばい気味です。
72時間前までに陰性が確認された安全側に振れているはずの集団なのに約21人に1人は陽性者で、まだまだ異様で異常な状況です。
それだけ世界の感染が異常なのか、もしくは、入国者は感染しやすい行動をしている、いわゆる危険人物の割合が異常に多いかのどちらかですね。


通常の検疫措置(2-row rules)ですと、機内全員が自動的に濃厚接触者となってしまう罹患率3%を超え続けています。
異常に異常に異常に異常に異常に異常に危険です。


新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和4年9月8日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27859.html














空港検疫検査 到着日別詳細結果(9月7日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
2022年8月31日到着分までは、別にまとめています。
2020年4月3日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html


09月01日:症状 有8 無29=陽性37人 21149・21150・21151・21152・21153・21154・21155・21156・21157・21158・21159・21160・21161・21162・21163・21164・21165・21166・21167・21168・21169・21170・21171・21172・21173・21174・21175・21176・21177・21178・21179・21180・21181・21182・21183・21184・21185
 [空港別] 成田20・羽田2・中部2・関空5・福岡8
 [男女別] 男25・女12
 [年代別] 10下3・20代21・30代7・40代3・50代2・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム23・インドネシア1・スリランカ7・スイス/スペイン/フランス1・ナイジェリア1・米国2・コスタリカ/米国1・スイス/米国1
 [居住地] 青森1・岩手1・福島1・茨城1・栃木1・群馬1・千葉4・東京4・神奈川5・愛知2・三重1・滋賀1・京都1・大阪2・兵庫1・広島2・愛媛1・福岡7
09月02日:症状 有8 無20=陽性28人 21186・21187・21188・21189・21190・21191・21192・21193・21194・21195・21196・21197・21198・21199・21200・21201・21202・21203・21204・21205・21206・21207・21208・21209・21210・21211・21212・21213
 [空港別] 成田10・羽田5・中部4・関空6・福岡3
 [男女別] 男16・女12
 [年代別] 10下2・20代15・30代10・40代1・50代0・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] 韓国1・ベトナム16・シンガポール/ベトナム/タイ1・インド2・スリランカ1・モルディブ1・オマーン1・トルコ1・米国4
 [居住地] 青森1・宮城1・千葉3・東京5・神奈川2・愛知3・三重1・大阪4・兵庫1・広島3・山口1・徳島1・福岡2
09月03日:症状 有9 無13=陽性22人 21214・21215・21216・21217・21218・21219・21220・21221・21222・21223・21224・21225・21226・21227・21228・21229・21230・21231・21232・21233・21234・21235
 [空港別] 成田10・羽田4・中部6・関空1・福岡1
 [男女別] 男16・女12
 [年代別] 10下5・20代4・30代8・40代3・50代1・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム15・スリランカ2・インド/ベトナム1・英国1・米国3
 [居住地] 北海道1・宮城2・茨城5・東京4・愛知6・奈良1・大分2・福岡1
09月04日:症状 有8 無16=陽性24人 21236・21237・21238・21239・21240・21241・21242・21243・21244・21245・21246・21247・21248・21249・21250・21251・21252・21253・21254・21255・21256・21257・21258・21259
 [空港別] 成田11・羽田3・中部3・関空6・福岡1
 [男女別] 男14・女10
 [年代別] 10下3・20代10・30代5・40代2・50代4・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] フィリピン1・ベトナム13・マレーシア1・ベトナム/マレーシア1・インド2・スリランカ2・タイ/バングラデシュ1・カナダ1・米国2
 [居住地] 群馬1・埼玉6・東京1・神奈川3・山梨1・静岡1・愛知2・三重1・滋賀1・大阪3・兵庫3・福岡1
09月05日:症状 有3 無12=陽性15人 21260・21261・21262・21263・21264・21265・21266・21267・21268・21269・21270・21271・21272・21273・21274
 [空港別] 成田3・羽田5・中部2・関空5
 [男女別] 男11・女4
 [年代別] 10下1・20代6・30代3・40代2・50代3・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・バングラデシュ1・インド2・米国1・豪州1・バヌアツ1
 [居住地] 群馬1・千葉1・東京3・神奈川2・愛知2・滋賀1・大阪3・兵庫1・山口1
09月06日:症状 有6 無16=陽性22人 21275・21276・21277・21278・21279・21280・21281・21282・21283・21284・21285・21286・21287・21288・21289・21290・21291・21292・21293・21294・21295・21296
 [空港別] 成田7・羽田2・中部5・関空3・福岡5
 [男女別] 男13・女9
 [年代別] 10下2・20代10・30代7・40代0・50代1・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] フィリピン3・ベトナム15・シンガポール1・韓国/ベトナム1・スリランカ1・ドイツ/トルコ1
 [居住地] 埼玉1・東京3・神奈川2・静岡1・石川1・岐阜3・愛知3・三重1・奈良1・兵庫1・広島1・大分1・福岡3
09月07日:症状 有5 無8=陽性13人 21297・21298・21299・21300・21301・21302・21303・21304・21305・21306・21307・21308・21309
 [空港別] 成田2・羽田4・中部3・関空3・福岡1
 [男女別] 男8・女5
 [年代別] 10下1・20代7・30代2・40代0・50代2・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] ベトナム8・シンガポール1・英国1・英国/フランス1・英国/スペイン1・米国1
 [居住地] 福島1・千葉2・東京1・神奈川2・石川1・愛知3・大阪2・沖縄1





空港検疫でのCOVID-19陽性確認数(到着日ベース)
・2020年4月3日〜2022年9月7日着累計(887日間):21,226人  
・本日発表された空港検疫での陽性者数:13人  
 [入国時陽性分と推定] 9月7日着 13人
 [隔離後陽性分と推定] 該当無し

今日発表分は、水際対策が大幅緩和された初日(9月7日着分)のデータになります。
9月7日着分から大きく変わった点は以下の通りです。
(1) 入国上限が2万人から5万人に2.5倍拡大
(2) ワクチン3回接種者等条件満たした人は72時間前までの陰性証明不要化
(3) 赤黄青規制が28か国で緩和

各々の影響を考えてみます。
(1) 入国上限が2万人から5万人に2.5倍拡大
これが影響すると、空港検疫での陽性確認は、昨日までより2.5倍になるはずです。
昨日まで、ここのところ、1日30人前後の陽性者が出ていましたから、単純計算で、1日75人前後の陽性者が出るようになるはずです。
これは、今回の水際対策緩和が問題ないか考える上で、昨日までのデータと比較する上での基準値になります。
ちなみに、何度か書いていますが、「百万人入国で100人陽性」でも「百人入国で100人陽性」でも、日本でのウイルス拡大リスクは同じです(前者の方が1万倍安全とか思ってないですよね?)。75人前後に増えて欲しくはないですね〜。

(2) ワクチン3回接種者等条件満たした人は72時間前までの陰性証明不要化
これが影響すると、空港検疫での陽性確認は75人前後より増加するはずです。
ワクチン3回接種については、国のトップの人が自ら、予防効果はないことを示してしまいましたしね、、、。接種時期や変異株対応ワクチンかどうかは制限がないので、ただただ危険側に大きくブレただけの、意味なし緩和に見えます。
意味のある緩和条件になったのかデータに示して貰いたいところです。

(3) 赤黄青規制が28か国で緩和
これが影響すると、空港検疫での陽性確認は75人前後よりも減少するはずです。(検体数が減るため)
緩和された国は、入国者も陽性者もあまり多くない国ばかりなので、この点が大きく影響するとは思えませんが、さてどうなるでしょう。

まだ1日分ですが、結果は「激減」となりました。
(1)〜(3)を考えると、すり抜けがさらに激増した異常な変化である可能性があります。
検体数がどれだけ減ったのかは明日分かりますので、細かくはそれで判断といったところでしょうか。
ここのところ欧州青国の陽性者がほぼいなくなっていましたが、今日発表分は13人中3人も出ました。全員有症状であり、これまでなら陰性証明取得で排除できた陽性者が大量に移動を始めた可能性も出てきた、なんだか不安なスタートとなってしまっています。


それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
少ないように見える数字に騙されやすいですが、検体数が著しく少ない中での数値であることに注意が必要です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





有症状者状況
・累計:有症状4,202人・無症状17,024人=無症状率80.2%  
・本日発表された空港検疫での有症状者数:5人  

21298 中部 9月7日 20代 男性 愛知県 ベトナム 発熱
21304 羽田 9月7日 20代 女性 千葉県 英国 発熱、倦怠感、頭痛
21305 羽田 9月7日 30代 男性 東京都 シンガポール 発熱、倦怠感、頭痛
21306 羽田 9月7日 50代 男性 神奈川県 英国、フランス 咽頭痛、倦怠感、頭痛
21307 羽田 9月7日 60代 男性 神奈川県 英国、スペイン 咳

(入国時検査に当たる9月5日着以降)
ベトナム:中部まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
シンガポール:羽田まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
その他各国は直行便・乗継便いずれも10時間程度以上の飛行で、機内発症とみられます。(米国は機内発症か微妙な短距離路線としてグアムが含まれています)

それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
72時間前までに陰性を確認した人たちの集団なのに、何故か有症状事例が異常に多いです。
超極少の検体数で、この超大人数の有症状陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。

あっ、ごめんなさい。今日からは陰性証明無しの人が大量に出ていました。有症状者が多くなっても当たり前の環境に変わっていました。症状必死で我慢して隠して空港検疫を通過するのだけは避けて欲しいですね。(特に症状を話せない10際未満)





国別陽性確認数
・10人以上の超危険国:該当無し  
・5人以上の危険国:ベトナム8人  

・複数国滞在者:2人  

・青国からの陽性者:5人  
・青国のうち無症状:米国1人(大阪居住)  

それにしても特定国から異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。


それにしても検査も隔離も不要な安全国である青国からの「無症状」陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の青国無症状陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





団体感染疑い状況
・団体感染が疑われる事例:1組3人  
(1)連番確認(同一日同一空港着同一国からの同一地域居住者=同一団体疑い):1組3人
・21298 中部 9月7日 20代 男性 愛知県 ベトナム 発熱
 21299 中部 9月7日 20代 男性 愛知県 ベトナム 無症状
 21300 中部 9月7日 20代 女性 愛知県 ベトナム 無症状

(2)10歳未満(同行者がいる団体感染すり抜け疑い):0人(※は上記のうちの1人)
該当無し

それにしても団体疑い、10歳以下が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の団体疑いや10歳以下が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





強制隔離中の影響
・強制隔離中の陽性とみられる事例:0人(全体の0%)  

・対象国増2021年3月5日-2021年9月19日200日間 強制隔離中陽性563人(2.8人/日)
・対象国減2021年9月20日-2021年11月7日49日間 強制隔離中陽性79人(1.6人/日)
・対象国減2021年11月8日-2021年11月26日19日間 強制隔離中陽性23人(1.2人/日)
・対象国増2021年11月27日-2022年2月28日94日間 強制隔離中の陽性2,151人(22.8人/日)
・対象国減2022年3月1日着-2022年4月28日着の59日間 強制隔離中陽性840人(14.2人/日)
・対象国減2022年4月29日着-2022年5月31日着の33日間 強制隔離中陽性22人(0.7人/日)

・対象国壊滅2022年6月1日着-2022年9月4日着の96日間 強制隔離中陽性36人(0.4人/日)

それにしても、これだけ多数の陽性が出ているのに、強制隔離中陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる少なさが続いています。完全にすり抜け危機です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、強制隔離を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





大量すり抜け危機勃発
結果を見れば一目瞭然
隔離規制緩和は大失敗!!!
結局、隔離規制をしないとダメなんです。



新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27880.html

ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2022年09月07日

空港検疫9/7_日本の4.1倍超危険

◇空港検疫 9月7日発表分
[検体数] 558件 97%自動すり抜け
[陽性数] 22人も異常発生 本当に出発前陰性?
[有症状] 6人も異常発生 本当に出発前陰性?
[複数国] 2人発生
[青国から陽性] 5.5人も異常発生 本当に青?
[罹患率] 横ばい気味4.9%超 機内は全員濃厚接触状態


最近「日本は世界最悪だから、水際対策意味ない」という人が増加中。
意味???断然ありますよ???
入国者は、世界最悪らしい日本より4倍高い罹患率。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
入国者は、全員72時間前に陰性なのに、日本より3倍高い罹患率。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
2020年4月以降一回も入国者の罹患率が日本を下回ったことなし。
明らかに入国者の方が謎にリスク激高です。
謎の異常異変が起きているからこそ、水際対策を止められないんです。

  ついに罹患率三%突破    
自動的に機内全員濃厚接触者に  
 飛行機移動が危険な割合に   


     国際線到着空港       
どのデータ見ても大量すり抜け確定的  
 国内悪化で水際緩和の危険が証明   


厚生労働省(厚労省)は9月7日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無、ワクチン摂取状況等に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施してきました。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定として臨時的に実施してきました。日本で唯一正確な罹患率を把握できました。
※2022年6月1日より非上陸拒否国も含めた入国者全員検査は廃止され、上陸拒否国からの入国者全員検査も一部の国では行われなくなりました。現在は特定国(2か国のみ)からの入国者全員と、特定国からの入国者の一部に対して検査を実施しています。


  【直前7日間の罹患率】4.965%  
▲近々7日間国際線到着空港は現在の日本国内より4.1倍危険!
(比較用)日本国内 現罹患率1.185%=要治療1,479,654人/人口約1億2478万人(2022年8月)

(比較用)日 本:罹患率15.735%=感染19,635,246人、死亡率0.0333%=死亡41,575人/約1億2478万人(2022年8月)

※罹患率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で出発前に陽性の人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。





空港検疫 国籍別結果
2020年03月:日本国籍60人・外国籍 6人=合計 66人(日:外=90.9%: 9.1%)
2020年04月:日本国籍68人・外国籍 12人=合計 80人(日:外=85.0%:15.0%)
2020年05月:日本国籍19人・外国籍 26人=合計 45人(日:外=42.2%:57.8%)
2020年06月:日本国籍31人・外国籍 93人=合計124人(日:外=25.0%:75.0%)
2020年07月:日本国籍58人・外国籍219人=合計277人(日:外=20.9%:79.1%)
2020年08月:日本国籍77人・外国籍120人=合計197人(日:外=39.1%:60.9%)
2020年09月:日本国籍69人・外国籍104人=合計173人(日:外=39.9%:60.1%)
2020年10月:日本国籍75人・外国籍142人=合計217人(日:外=34.6%:65.4%)
2020年11月:日本国籍128人・外国籍226人=合計354人(日:外=36.2%:63.8%)
2020年12月:日本国籍170人・外国籍190人=合計360人(日:外=47.2%:52.8%)
2021年01月:日本国籍59人・外国籍190人=合計249人(日:外=23.7%:76.3%)
入国者全員検査データ反映開始
2021年02月:日本国籍28人・外国籍46人=合計74人(日:外=37.8%:62.2%)
2021年03月:日本国籍66人・外国籍106人=合計172人(日:外=38.4%:61.6%)
2021年04月:日本国籍83人・外国籍224人=合計307人(日:外=27.0%:73.0%)
2021年05月:日本国籍79人・外国籍160人=合計239人(日:外=33.1%:66.9%)
2021年06月:日本国籍64人・外国籍94人=合計158人(日:外=40.5%:59.5%)
2021年07月:日本国籍213人・外国籍151人=合計364人(日:外=58.5%:41.5%)
2021年08月:日本国籍147人・外国籍214人=合計361人(日:外=40.7%:59.3%)
2021年09月:日本国籍81人・外国籍189人=合計270人(日:外=30.0%:70.0%)
2021年10月:日本国籍64人・外国籍141人=合計205人(日:外=31.2%:68.8%)
2021年11月:日本国籍83人・外国籍106人=合計189人(日:外=43.9%:56.1%)
2021年12月:日本国籍662人・外国籍414人=合計1,076人(日:外=61.5%:38.5%)
2022年01月:日本国籍1,450人・外国籍2,690人=合計4,140人(日:外=35.0%:65.0%)
2022年02月:日本国籍628人・外国籍964人=合計1,592人(日:外=39.4%:60.6%)
2022年03月:日本国籍873人・外国籍1,648人=合計2,521人(日:外=34.6%:65.4%)
2022年04月:日本国籍857人・外国籍1,468人=合計2,325人(日:外=36.9%:63.1%)
2022年05月:日本国籍1,759人・外国籍1,111人=合計2,870人(日:外=61.3%:38.7%)
入国者全員検査データ反映終了
2022年06月:日本国籍165人・外国籍273人=合計438人(日:外=37.7%:62.3%)
2022年07月:日本国籍354人・外国籍476人=合計830人(日:外=42.7%:57.3%)

・2022年08月:日本国籍348人・外国籍514人=合計862人(日:外=40.4%:59.6%)  

8月分の空港検疫での陽性者の国籍内訳が発表されました。
発表は完全に到着日基準になっています。

陽性者は、一気に増えた7月をさらに超え、862人も陽性者がいる危険状態です。オミクロン株確認前の2021年11月までのどの月よりも多い異常状態です。
陽性者が増え始めると、日本国籍者が増加する傾向がありますが、8月は少し減少した状況になっています。
欧米が軒並み青国で、ベトナムからの陽性者ばかり確認されていたので、日本国籍者の増加は目立たず、外国籍者の方が多くなっているとみられます。










空港検疫 全員検査結果(9月5日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2022年8月31日発表分までは別にまとめています。
2020年4月4日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html

2020年04月04日〜2022年09月01日:対象2,338,566件、陽性21,425人/罹患率0.916% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年09月02日:対象2,339,241件、陽性21,463人/罹患率0.916%
2020年04月04日〜2022年09月03日:対象2,339,882件、陽性21,500人/罹患率0.918%
2020年04月04日〜2022年09月04日:対象2,340,517件、陽性21,528人/罹患率0.919%
2020年04月04日〜2022年09月05日:対象2,341,046件、陽性21,550人/罹患率0.920%
2020年04月04日〜2022年09月06日:対象2,341,470件、陽性21,574人/罹患率0.921%

2020年04月04日〜2022年09月07日:対象2,342,028件、陽性21,597人/罹患率0.922% ※海港検疫含む 




・昨日単日データでの罹患率:4.122%=陽性23人/検体558件  

・直前7日間の罹患率:4.965%=陽性201人/検体4,048件  
本日発表された昨日分とみられる検体数と、昨日発表の陽性者数を踏まえ、直前7日間の罹患率(海港検疫含む、発表日ベース)を計算しました。

[週間検体数] 4,000件/週を上回りました。しかし、検査しない人が多過ぎです。
[週間陽性数] 210人/週(1日30人)を下回っています。200人/週前後で横ばい気味です。
[週間罹患率] 4%台まで一気に下がっています。4%台で横ばい気味です。
72時間前までに陰性が確認された安全側に振れているはずの集団なのに約22人に1人は陽性者で、まだまだ異様で異常な状況です。
それだけ世界の感染が異常なのか、もしくは、入国者は感染しやすい行動をしている、いわゆる危険人物の割合が異常に多いかのどちらかですね。


通常の検疫措置(2-row rules)ですと、機内全員が自動的に濃厚接触者となってしまう罹患率3%を超え続けています。
異常に異常に異常に異常に異常に異常に危険です。


新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和4年9月7日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27844.html
















空港検疫検査 到着日別詳細結果(9月6日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
2022年8月31日到着分までは、別にまとめています。
2020年4月3日〜2022年8月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/491318840.html


09月01日:症状 有8 無29=陽性37人 21149・21150・21151・21152・21153・21154・21155・21156・21157・21158・21159・21160・21161・21162・21163・21164・21165・21166・21167・21168・21169・21170・21171・21172・21173・21174・21175・21176・21177・21178・21179・21180・21181・21182・21183・21184・21185
 [空港別] 成田20・羽田2・中部2・関空5・福岡8
 [男女別] 男25・女12
 [年代別] 10下3・20代21・30代7・40代3・50代2・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム23・インドネシア1・スリランカ7・スイス/スペイン/フランス1・ナイジェリア1・米国2・コスタリカ/米国1・スイス/米国1
 [居住地] 青森1・岩手1・福島1・茨城1・栃木1・群馬1・千葉4・東京4・神奈川5・愛知2・三重1・滋賀1・京都1・大阪2・兵庫1・広島2・愛媛1・福岡7
09月02日:症状 有8 無20=陽性28人 21186・21187・21188・21189・21190・21191・21192・21193・21194・21195・21196・21197・21198・21199・21200・21201・21202・21203・21204・21205・21206・21207・21208・21209・21210・21211・21212・21213
 [空港別] 成田10・羽田5・中部4・関空6・福岡3
 [男女別] 男16・女12
 [年代別] 10下2・20代15・30代10・40代1・50代0・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] 韓国1・ベトナム16・シンガポール/ベトナム/タイ1・インド2・スリランカ1・モルディブ1・オマーン1・トルコ1・米国4
 [居住地] 青森1・宮城1・千葉3・東京5・神奈川2・愛知3・三重1・大阪4・兵庫1・広島3・山口1・徳島1・福岡2
09月03日:症状 有9 無13=陽性22人 21214・21215・21216・21217・21218・21219・21220・21221・21222・21223・21224・21225・21226・21227・21228・21229・21230・21231・21232・21233・21234・21235
 [空港別] 成田10・羽田4・中部6・関空1・福岡1
 [男女別] 男16・女12
 [年代別] 10下5・20代4・30代8・40代3・50代1・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム15・スリランカ2・インド/ベトナム1・英国1・米国3
 [居住地] 北海道1・宮城2・茨城5・東京4・愛知6・奈良1・大分2・福岡1
09月04日:症状 有8 無16=陽性24人 21236・21237・21238・21239・21240・21241・21242・21243・21244・21245・21246・21247・21248・21249・21250・21251・21252・21253・21254・21255・21256・21257・21258・21259
 [空港別] 成田11・羽田3・中部3・関空6・福岡1
 [男女別] 男14・女10
 [年代別] 10下3・20代10・30代5・40代2・50代4・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] フィリピン1・ベトナム13・マレーシア1・ベトナム/マレーシア1・インド2・スリランカ2・タイ/バングラデシュ1・カナダ1・米国2
 [居住地] 群馬1・埼玉6・東京1・神奈川3・山梨1・静岡1・愛知2・三重1・滋賀1・大阪3・兵庫3・福岡1
09月05日:症状 有3 無12=陽性15人 21260・21261・21262・21263・21264・21265・21266・21267・21268・21269・21270・21271・21272・21273・21274
 [空港別] 成田3・羽田5・中部2・関空5
 [男女別] 男11・女4
 [年代別] 10下1・20代6・30代3・40代2・50代3・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム9・バングラデシュ1・インド2・米国1・豪州1・バヌアツ1
 [居住地] 群馬1・千葉1・東京3・神奈川2・愛知2・滋賀1・大阪3・兵庫1・山口1
09月06日:症状 有6 無16=陽性22人 21275・21276・21277・21278・21279・21280・21281・21282・21283・21284・21285・21286・21287・21288・21289・21290・21291・21292・21293・21294・21295・21296
 [空港別] 成田7・羽田2・中部5・関空3・福岡5
 [男女別] 男13・女9
 [年代別] 10下2・20代10・30代7・40代0・50代1・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] フィリピン3・ベトナム15・シンガポール1・韓国/ベトナム1・スリランカ1・ドイツ/トルコ1
 [居住地] 埼玉1・東京3・神奈川2・静岡1・石川1・岐阜3・愛知3・三重1・奈良1・兵庫1・広島1・大分1・福岡3





空港検疫でのCOVID-19陽性確認数(到着日ベース)
・2020年4月3日〜2022年9月6日着累計(886日間):21,213人  
・本日発表された空港検疫での陽性者数:22人  
 [入国時陽性分と推定] 9月6日着 22人
 [隔離後陽性分と推定] 該当無し

それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
少ないように見える数字に騙されやすいですが、検体数が著しく少ない中での数値であることに注意が必要です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





有症状者状況
・累計:有症状4,197人・無症状17,016人=無症状率80.2%  
・本日発表された空港検疫での有症状者数:6人  

21284 福岡 9月6日 30代 男性 広島県 フィリピン 発熱
21285 関空 9月6日 30代 男性 兵庫県 フィリピン 発熱
21288 成田 9月6日 30代 女性 東京都 シンガポール 発熱、咽頭痛
21289 成田 9月6日 20代 女性 東京都 ベトナム 咽頭痛
21292 成田 9月6日 30代 男性 静岡県 ベトナム 頭痛
21296 羽田 9月6日 20代 男性 東京都 ドイツ、トルコ 咳

(入国時検査に当たる9月4日着以降)
フィリピン:関空・福岡まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
シンガポール:成田まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
ベトナム:成田まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
その他各国は直行便・乗継便いずれも10時間程度以上の飛行で、機内発症とみられます。(米国は機内発症か微妙な短距離路線としてグアムが含まれています)

それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
72時間前までに陰性を確認した人たちの集団なのに、何故か有症状事例が異常に多いです。
超極少の検体数で、この超大人数の有症状陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





国別陽性確認数
・10人以上の超危険国:ベトナム15.5人  
・5人以上の危険国:該当無し  

・複数国滞在者:2人  

・青国からの陽性者:5.5人  
・青国のうち無症状:フィリピン1人  

それにしても特定国から異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。


それにしても検査も隔離も不要な安全国である青国からの「無症状」陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の青国無症状陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





団体感染疑い状況
・団体感染が疑われる事例:5組6人  
(1)連番確認(同一日同一空港着同一国からの同一地域居住者=同一団体疑い):3組6人
・21276 中部 9月6日 10歳未満 男性 岐阜県 ベトナム 無症状
 21277 中部 9月6日 10歳未満 男性 岐阜県 ベトナム 無症状
・21278 中部 9月6日 50代 女性 愛知県 ベトナム 無症状
 21279 中部 9月6日 20代 男性 愛知県 ベトナム 無症状
・21280 福岡 9月6日 20代 女性 福岡県 ベトナム 無症状
 21281 福岡 9月6日 20代 女性 福岡県 ベトナム 無症状

(2)10歳未満(同行者がいる団体感染すり抜け疑い):2人(※は上記のうちの1人)
21276 中部 9月6日 10歳未満 男性 岐阜県 ベトナム 無症状※
21277 中部 9月6日 10歳未満 男性 岐阜県 ベトナム 無症状※

それにしても団体疑い、10歳以下が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の団体疑いや10歳以下が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





強制隔離中の影響
・強制隔離中の陽性とみられる事例:0人(全体の0%)  

・対象国増2021年3月5日-2021年9月19日200日間 強制隔離中陽性563人(2.8人/日)
・対象国減2021年9月20日-2021年11月7日49日間 強制隔離中陽性79人(1.6人/日)
・対象国減2021年11月8日-2021年11月26日19日間 強制隔離中陽性23人(1.2人/日)
・対象国増2021年11月27日-2022年2月28日94日間 強制隔離中の陽性2,151人(22.8人/日)
・対象国減2022年3月1日着-2022年4月28日着の59日間 強制隔離中陽性840人(14.2人/日)
・対象国減2022年4月29日着-2022年5月31日着の33日間 強制隔離中陽性22人(0.7人/日)

・対象国壊滅2022年6月1日着-2022年9月3日着の95日間 強制隔離中陽性36人(0.4人/日)

それにしても、これだけ多数の陽性が出ているのに、強制隔離中陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる少なさが続いています。完全にすり抜け危機です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、強制隔離を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





大量すり抜け危機勃発
結果を見れば一目瞭然
隔離規制緩和は大失敗!!!
結局、隔離規制をしないとダメなんです。



新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27851.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする