2023年05月22日

羽田_第2国際7月再開 限定

■東京国際空港(羽田空港) 第2ターミナル国際線7月から再開へ まずは時間限定

東京国際空港(羽田空港)の旅客ターミナルを管理運営する日本空港ビルデングと東京国際空港ターミナルは22日、7月19日から第2ターミナルの国際線施設を再開すると発表しました。
再開となるのは、現在閉鎖している国際線供用部分で、利用対象はANA1社の予定。これにより、第2ターミナル利用が全面再開となります。


再開は時間限定で、毎日5時〜13時30分のみと発表されました。7月19日から第2の国際線施設を利用するのは、現在第3で発着しているANA国際線の一部便のみの予定です。
利用便は限定されており、出発便は8時55分発から13時20分発までの、香港線、ロンドン線、上海虹橋線各1便と台北松山線2便の合計5便のみ、到着便は当日決定になると発表されました。

第2の国際線施設は、2020年3月29日に新設されたものの、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響で、2020年4月11日に閉鎖されています。国際線の第2利用は、実に3年3か月ぶりになります。

当時は不要不急の外出自粛が強く求められたため、ターミナル見学など憚られる世の中でした。
3年待った空港見学者がたくさん出てきそうですね。

羽田空港 国際線増便に対応した第2ターミナル(国際線供用部分)が 約3年振りに2023年7月19日から供用再開!(羽田空港旅客ターミナル公式サイト)
https://tokyo-haneda.com/site_resource/whats_new/pdf/000013273.pdf
ANA国際線、羽田空港第2ターミナルからの運航を3年ぶりに再開(ANA公式サイト)
https://www.anahd.co.jp/group/pr/202305/20230522.html
ラベル:羽田 感染症
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

2023年05月11日

羽田_飲食店24時間営業再開

■東京国際空港(羽田空港) ついに飲食店の24時間営業再開

東京国際空港(羽田空港)第3ターミナル4階にあるカフェカーディナルは11日、24時間営業を再開しました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック以降、ターミナル内では初めての24時間営業飲食店になります。

羽田空港の店舗は、COVID-19パンデミック以降、一時閉店するか、閉店しなくても時短営業をする店が相次ぎました。売店やサービス店は24時間営業の店舗が数店舗残っていましたが、飲食店は全滅していました。
実に3年ぶりに24時間営業の飲食店が戻ることになります。

羽田空港は国内では数少ない24時間運用の空港。その中で唯一、深夜早朝便が設定されている空港です。COVID-19パンデミック後、一時的に深夜早朝便が消滅していた時期もあるものの、2020年後半には復活しています。
そもそも、成田国際空港があるため、羽田の重要な役割のひとつは深夜早朝便です。国際線再開当初から、仕事を終えて空港へ行き、空港で夕飯や着替えを済ませて、深夜に飛び立つことができる便利な空港として注目されていました。にもかかわらず、羽田は、市中よりも短い夕方には閉まってしまう店舗がこれまで多い状況で、食事難民になる人が続出していました。
昼しか活用しないなら成田を使えば良いだけですし、深夜早朝便は機内食が自動的には出てこないLCCの就航をなし崩し的に認めて、実際に多数の便が運航されています。さらに世界の空港ではコロナ禍でも店舗の24時間営業が当たり前だったこともあり、ネットでは食事が出来ないことに対し、酷評が相次いでいました。
(報道機関では、コロナ後も、寝ぼけたように「深夜も使える羽田空港!」と新しいコンテンツを出してるサイトもあるほどです。しかし、今回24時間営業再開されるのもカフェ1店舗だけですし、アジア-米大陸間の需要が多い乗り継ぎ客が使える出国後エリアでは皆無なまま。現実には、事前に夕食を済ませてくるなどしないと使えない状況が続いています。)

羽田空港内での一部施設、店舗の運用変更について(羽田空港旅客ターミナル公式サイト)
https://tokyo-haneda.com/information/2023/detail_00056.html
ラベル:羽田 感染症
posted by johokotu at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

2023年04月23日

羽田_政策5枠6空港延長へ

■東京国際空港(羽田空港) 政策コンテスト枠5枠6空港路線を2025年3月まで延長へ

国土交通省(国交省)は21日、東京国際空港(羽田空港)発着枠の政策コンテスト枠(5往復分)について、各1往復ずつ配分している大館能代線、山形線、鳥取線、石見線と、トライアル運航の三沢線、下地島線の配分期間を2025年(令和7年)3月29日まで継続すると発表しました。

国交省が21日に発表したのは、2020年冬ダイヤから使用可能となっている羽田発着枠の政策コンテスト枠(5往復分)の期間延長。今年10月で期限を迎える予定だった各配分を2025年3月29日まで継続するとしています。
通常枠の大館能代線、山形線、鳥取線、石見線に加え、元々2022年夏ダイヤまでの限定だったトライアル運航の三沢線、下地島線も枠配分が継続されます。

2014年から唯一連続での落選を続ける佐賀路線は、今回も挑戦権すら与えられず、期間延長となってしまいました。

羽田発着枠政策コンテストに係る取組の評価結果について(国交省公式サイト)
https://www.mlit.go.jp/report/press/kouku04_hh_000247.html
posted by johokotu at 02:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

2023年04月06日

羽田_JR新線着手へ 駅第2側B1

■東京国際空港(羽田空港) JRアクセス線の本格的工事に着手へ 駅は第2側地下1階

東日本旅客鉄道(JR東日本)は4日、羽田空港アクセス線(仮称)の本格的な工事に着手すると発表しました。「東山手ルート」および「アクセス新線」を6月に着手し、2031年度の開業を目指すとしています。東京国際空港(羽田空港)の駅は、第2ターミナル付近の地下1階に設けるとしています。

JR東日本が着手するのは、羽田空港と都心方面とを結ぶ新路線。羽田空港から品川区八潮の東京貨物ターミナル付近を通る「アクセス新線」と、東京貨物ターミナル付近で三方向に分かれる路線のうち、田町付近で既存路線と接続する「東山手ルート」を6月に着手し、2031年度の開業を目指すとしています。

今回の計画は、羽田空港-東京貨物ターミナル南端間の新設区間(アクセス新線=地下)約5.0キロ、東京貨物ターミナル内改良区間(=地平)約2.5キロ、東京貨物ターミナル北端-高浜西運河付近間の大汐線改良区間(=高架)約3.4キロ、高浜西運河付近-田町駅付近間の東海道線接続区間(=地下・堀割)約1.5キロで構成される全長12.4キロの新路線です。
複線の路線ですが、東海道線接続区間のみ単線で整備されます。途中駅はありません。田町駅付近で東海道線に接続するとされていることから、新橋駅から空港まで約15キロ、都内にしてはかなり長距離駅間の路線になります。
この路線が開通すると、東京駅と羽田空港が直結し、宇都宮線・高崎線・常磐線方面からの所要時間短縮や乗換解消・低減が実現。羽田空港-東京駅間は約18分で結ばれるとしています。

羽田空港新駅(仮称)は、第2ターミナル付近の第3駐車場と首都高速湾岸線間の地下にホーム、第3駐車場南側の旧団体バスのりば付近に駅舎を整備予定。ホームは1面2線で、モノレールが地下2階、京急が地下3階レベルに対し、浅い地下1階に設けるとしています。
第2ターミナルへ高低差なく移動することが可能としていることから、よーじや、TO & FRO、ラフィネがある連絡通路付近に直接接続するものとみられます。
第1ターミナルへは徒歩が必要で、第3ターミナルは結局鉄道や連絡バスへの乗り換えが必要。東京モノレールはJR東日本系列でありながら食い合いが心配されますが、モノレールは第2ターミナルが最も都心から遠いので、第3は引き続きモノレール、第2はJR、第1は路線選択に悩むということになりそうです。

羽田空港アクセス線(仮称)の本格的な工事に着手します(JR東日本公式サイト)
https://www.jreast.co.jp/press/2023/20230404_ho03.pdf

(関連記事)東京国際空港(羽田空港) JR東日本羽田空港アクセス線事業許可(2021年1月21日配信)
https://johokotu.seesaa.net/article/479633446.html

ラベル:羽田 鉄道便
posted by johokotu at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

2023年04月01日

羽田_ 4月バス便時刻変更

■東京国際空港(羽田空港) アクセスバス便時刻変更(2023年4月)

04/27
◎ジャムジャムエクスプレス 羽田エアポートガーデンバスターミナル6番-蔵王温泉ホテルルーセントタカミヤ前( 0→ 1)
◎ジャムジャムエクスプレス 羽田エアポートガーデンバスターミナル7番-新潟駅南口( 0→ 1)
◎ジャムジャムエクスプレス 羽田エアポートガーデンバスターミナル6番-小松駅西口( 0→ 1)

04/14
◎東京空港交通・東急トランセ 羽田空港(第3 →第2 →第1 )-東急歌舞伎町タワー(空港発0・空港行0→11・12)
◎千葉内陸バス 羽田空港(第3 1番→第2 4番→第1 3番)-ミチノテラス豊洲( 0→ 3)

04/01
◎丹沢交通 羽田エアポートガーデンバスターミナル4番-金沢駅西口( 0→ 1)
○京浜急行バス・神奈川中央交通東 羽田空港(第3 9番→第2 13番→第1 12番)→南町田グランベリーパーク駅→相模大野立体駐車場→相模大野駅北口→町田バスセンター(空港発14・空港行0→18・0)
○京浜急行バス・神奈川中央交通東 羽田空港(第1→第2→第3)←南町田グランベリーパーク駅←町田バスセンター←相模大野駅北口←相模大野立体駐車場(空港発0・空港行9→0・15)
×京浜急行バス・神奈川中央交通東 羽田空港(第3 9番→第2 13番→第1 12番ん)→相模大野立体駐車場→相模大野駅北口→町田バスセンター(空港発4・空港行0→0・0)※南町田グランベリーパーク駅未経由
×京浜急行バス・神奈川中央交通東 羽田空港(第1→第2→第3)←町田バスセンター←相模大野駅北口←相模大野立体駐車場(空港発0・空港行6→0・0)※南町田グランベリーパーク駅未経由
×ジャムジャムエクスプレス シュプールライナー 羽田エアポートガーデンバスターミナル4番/6番-栂池高原(空港発3・空港行2→0・0)*
×ジャムジャムエクスプレス シュプールライナー 羽田エアポートガーデンバスターミナル6番-奥志賀( 2→ 0)*
×ジャムジャムエクスプレス シュプールライナー 羽田エアポートガーデンバスターミナル6番-飯山駅-赤倉温泉( 2→ 0)*
×ジャムジャムエクスプレス シュプールライナー 羽田エアポートガーデンバスターミナル6番-赤倉温泉(空港発1・空港行0→0・0)*
*乗降が出来ない千曲川さかきPAとお台場で乗り換えの場合あり。

04/01?
◎広栄交通バス ブルーライナーF便 大宮駅西口-羽田エアポートガーデン4番-ユニバーサルスタジオジャパン( 0→週2**)
**不定期運行あり

04月27日:
山形方面:羽田から利用できる途中停留所は、福島駅西口、山形駅西口。蔵王温泉ホテルルーセントタカミヤ前まで約9時間10分3,800円〜。夜行便。羽田・新宿-福島・山形間の路線。[航空便と競合]
新潟方面:羽田から利用できる途中停留所は、長岡駅大手口、燕三条駅三条口。新潟駅南口まで約7時間15分3,300円〜。夜行便。羽田・台場・東京駅-長岡・燕三条・新潟間の路線。
金沢方面:羽田から利用できる途中停留所は、富山駅北口、金沢駅西口。小松駅西口まで約10時間10分5,200円〜。夜行便。羽田・横浜・新宿-富山・金沢・小松間の路線。[航空便と競合]
04月14日:
新宿方面:歌舞伎町への直行路線が新設されます。途中停留所は無し。東急歌舞伎町タワーまで約50分1,300円。
豊洲方面:ミチノテラス豊洲への直行路線が新設されます。途中停留所は無し。ミチノテラス豊洲まで約20分1,000円。
04月01日:
町田方面:南町田グランベリーパーク駅未経由便がなくなります。
富山・金沢方面:羽田から利用できる途中停留所は、富山駅北口。金沢まで約11時間6,000円。夜行便。羽田・横浜YCAT・町田・海老名-富山・金沢間の路線。[航空便と競合]
白馬方面:スキーシーズン運行で早くも運休となります。
志賀方面:スキーシーズン運行で早くも運休となります。
妙高方面:スキーシーズン運行で早くも運休となります。
04月01日?:
大阪方面:羽田から利用できる途中停留所は、梅田プラザモータープール、難波OCAT(湊町バスターミナル)。ユニバーサルスタジオジャパンまで約7時間30分料金変動。夜行便。大宮・東京・羽田-大阪梅田・大阪OCAT・大阪USJ間の路線。[航空便と競合]

羽田空港 → 東北(ジャムジャムエクスプレス公式サイト)
https://jamexp.jp/line/kanto_tohoku
新宿歌舞伎町から羽田空港、成田空港へ!2023年4月14日(金)より、東急歌舞伎町タワーから空港アクセスバス運行開始! ▼2023年3月28日(火)14:00より予約受付開始▼(東急バス公式サイト)
https://www.tokyubus.co.jp/news/002950.html
★今度は豊洲エリアから羽田空港へ‼ 2023年4月14日(金)運行開始 『豊洲羽田線』 新規路線のご案内 New Airport Bus debut!(千葉内陸バス公式サイト)
http://www.chiba-nairikubus.co.jp/pc/topics.php?infoid=528
4月1日 羽田エアポートガーデン 運行開始 富山駅・金沢駅便(丹沢交通公式サイト)
https://tanzawa-bus.jp/highwaybus_info/828
4月1日付羽田空港発着路線のダイヤ変更について(京浜急行バス公式サイト)
https://www.keikyu-bus.co.jp/info/2023/0313_2819.html
ブルーライナーF便 151 4列スタンダード フリーWifi・全席コンセント付【車内除菌済】(ブルーストーク公式サイト(広栄交通バス予約公式サイト))
https://www.busnoru.jp/bin775-1
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

2023年03月29日

羽田_撮影 目的で許可制化

■東京国際空港(羽田空港) 第1・第2での撮影 収益化目的やライブ配信では許可制化

東京国際空港(羽田空港)の国内線施設を運営する日本空港ビルデングは、3月上旬から、羽田空港第1ターミナル、第2ターミナルでの一般利用者の撮影について許可制としていましたが、29日、「SNS等で収益化を伴う撮影やライブ配信をされる場合」に限定しました。

羽田空港内の一般利用者の撮影を巡っては、昨年以降、「ブログやSNS、インターネット等、大衆への公開を目的とした動画の撮影をされる場合」に事前申請の上許可制となりました。
これが、3月上旬(7日とみられます)からは、「動画」が「撮影」全体に拡大。28日に更新した内容が報道されたことで、旅行に行くときの撮影などでもいちいち申請しないとターミナル内での撮影が出来なくなると話題になっていました。
29日以降は、大衆への公開を目的とした撮影でも、ライブ配信や収益化を伴わなければ申請不要となり、かなり緩和された状況になります。

収益化目的で線引きがされていますが、そもそも空港で収益を伴う業務を行うには、設置管理者の許可を得る必要があります。他人の土地で勝手に金儲けするな、ということかもしれません。

ここ1年ほどで、中部国際空港や関西エアポート、鹿児島空港など、公式サイトなどで一般利用者向けの撮影・SNSへのアップへの注意喚起をする空港が増加しています。

===================
動画が対象になった際は、自分は動画を扱っていないので静観していたのですが、今月上旬に撮影全体に広がった際には、羽田での撮影を諦め、サイト閉鎖も含めて検討していました。
とりあえずはひと安心なわけですが、「収益化を伴う撮影」は、私のようなブログ発信者には実は微妙な感じです。当ブログでの発信で、私自身は一切金銭を受け取ることはないのですが、、、。利用している無料ブログサイトが、広告を表示する代わりに無料でシステムを提供するというもので、間接的にサイトが収益を上げているためです。
似たような場合は多岐に渡ります。例えば、撮影した際に位置情報が記録され、グーグルマップにアップされた場合。グーグルマップを参考に羽田に訪れた人が、羽田で買い物をすれば、その企業の収益化に繋がってしまいます。
例えば、撮影した写真がコンテストで入賞し、金銭を受け取った場合は収益化になるのでしょうか。
単純に、人の建物で勝手に収益上げるユーチューバーなどの締め出しが目的なのでしょうが、非常に微妙な線引きなのは気になるところです。

第1・第2ターミナル内での一般のお客さまの撮影について(日本空港ビルデング公式サイト、今年3/29更新)
https://tokyo-haneda.com/information/2023/detail_00057.html
第1・第2ターミナル内での一般のお客さまの撮影について(日本空港ビルデング公式サイト、今年3/1更新)
https://tokyo-haneda.com/information/2022/detail_00022.html
ラベル:羽田
posted by johokotu at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

2023年03月12日

羽田_バス新設軒並み延期

■東京国際空港(羽田空港) 羽田エアポートガーデンバスターミナル新設予定バス路線の運行開始が軒並み延期

1月31日に開業したばかりの羽田エアポートガーデンバスターミナルで、新設予定となっていたバス路線の運行開始が軒並み延期になっています。

延期となっているのは、バスターミナルを運営する住友不動産グループが新設されると発表し、バスターミナルで配布する案内用紙で新設日を記載していた5路線。いずれも3月に運行開始になるとされていたバス路線です。

具体的には、3月1日新設とされていた東京富士交通の仙台路線、泉観光バスの新津路線、ワールドツアーシステムの大阪路線、3月5日新設とされていた泉観光バスの新潟路線、3月10日新設とされていた丹沢交通の金沢路線です。
いずれの路線も各運行会社のサイトで何の告知もされておらず、金沢路線を除く4路線は、バスターミナル公式サイトで「運休中」表示に変わっています。

公式が新設すると大々的に発表したバス路線が多数新設延期になるのは極めて異例です。

羽田エアポートガーデンバスターミナルは、国内空港初の一般バスターミナル。開業時には羽田のバス路線が大幅拡大すると大々的に報じられていましたが、開業から2か月経ってもわずか11路線と寂しい状況が続いています。

羽田エアポートガーデンバスターミナル公式サイト
https://www.shopping-sumitomo-rd.com/haneda/busterminal/index.html
ラベル:羽田 バス便
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

2023年03月01日

羽田_3月バス便時刻変更

■東京国際空港 アクセスバス便時刻変更(2023年3月)

03/10
◎丹沢交通 西船橋-羽田エアポートガーデンバスターミナル7番-金沢( 0→ 1)

03/05
◎泉観光バス 羽田エアポートガーデンバスターミナル6番-新潟( 0→週1)

03/01
◎東京富士交通 羽田エアポートガーデンバスターミナル7番-仙台( 0→ 1)
◎泉観光バス 東京ディズニーシー-羽田エアポートガーデンバスターミナル6番-新潟-新津( 0→ 1)
◎ワールドツアーシステム 船橋→羽田エアポートガーデンバスターミナル4番→大国町→大阪シティエアターミナル(空港発0・空港行0→0.5・0)※隔日運行
◎ワールドツアーシステム 船橋←羽田エアポートガーデンバスターミナル4番←大阪シティエアターミナル←大国町(空港発0・空港行0→0・0.5)※隔日運行
◎京浜急行バス・東急トランセ 羽田空港(第3 10番-第2 16番-第1 15番)-品川シーサイド駅-大井町駅-武蔵小山駅(空港発0・空港行0→1・2)
◎京浜急行バス・東急トランセ 羽田空港(第3 10番-第2 16番-第1 15番)-大井町駅-武蔵小山駅(空港発0・空港行0→1・0)
△小湊鐵道 横浜駅-羽田空港(第1 13番-第2 14番)-茂原駅( 3→ 2)※京浜急行バス撤退
×京浜急行バス 横浜駅(YCAT)→羽田空港(第1 降車のみ)→東京ビックサイト(空港発0・空港行6→0・0)※空港発着はYCAT→空港のみ利用可
×京浜急行バス 横浜駅(YCAT)←羽田空港(第2 11番 乗車のみ)←東京ビックサイト(空港発3・空港行0→0・0)※空港発着は空港→YCATのみ利用可

03月10日:
富山県・石川県方面:羽田から利用できる途中停留所は、富山。金沢まで約8時間10分-。夜行便。船橋・有明・羽田-富山・金沢間の路線。[航空便と競合]
03月05日:
新潟県方面:羽田から利用できる途中停留所は、長岡北BS、三条燕BS。新潟まで約7時間55分-。夜行便。羽田-長岡・三条燕・新潟間の路線。
03月01日:
宮城県方面:羽田から利用できる途中停留所は無し。仙台まで約6時間35分-。夜行便。羽田・東京駅-仙台間の路線。
新潟県方面:羽田から利用できる途中停留所は、長岡北BS、三条燕BS、新潟。新潟まで約7時間45分-。昼行便(夜時間帯)。浦安・羽田-長岡・三条燕・新潟・新津間の路線。
大阪府方面:羽田から利用できる途中停留所は、梅田。空港発は大国町→OCAT終点、空港行は大国町始発→OCATと停車します。OCATまで約8時間-。夜行便。船橋・有明・羽田-大阪間の路線。[航空便と競合]
東京都 大井町方面:一部便が武蔵小山駅まで延伸されます。延伸便は大崎駅は未経由。武蔵小山駅まで約45分900円。
千葉県 茂原方面:京浜急行バスが撤退し減便となります。
神奈川県 横浜方面:YCAT路線のうち横浜-東京ビッグサイト間の羽田空港経由便が廃止となります。

横浜駅・羽田空港⇔茂原駅線の運行について(京浜急行バス公式サイト)
https://www.keikyu-bus.co.jp/topics/2023/0201_2771.html
横浜駅(YCAT)⇔東京ビッグサイト(お台場)線の廃止について(京浜急行バス公式サイト)
https://www.keikyu-bus.co.jp/topics/2023/0210_2770.html
品川シーサイド駅・大井町駅・大崎駅線の停留所新設について(京浜急行バス公式サイト)
https://www.keikyu-bus.co.jp/topics/2023/0210_2773.html
羽田エアポートガーデンバスターミナル公式サイト
https://www.shopping-sumitomo-rd.com/haneda/busterminal/index.html
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

2023年02月01日

羽田_2月バス便時刻変更

■東京国際空港 アクセスバス便時刻変更(2023年2月)

02/02
◎桜交通 羽田エアポートガーデンバスターミナル5番-青森駅( 0→週4)
◎桜交通 横浜YCAT-羽田エアポートガーデンバスターミナル4番-新潟駅( 0→ 1)

02/01
◎桜交通 横浜駅東口-羽田エアポートガーデンバスターミナル7番-酒田駅前ミライニ( 0→ 1)
◎WILLER EXPRESS・STAR EXPRESS 東京ディズニーシー(R)-羽田エアポートガーデンバスターミナル6番-長野駅前( 0→ 1)
◎桜交通 羽田エアポートガーデンバスターミナル7番-金沢駅( 0→ 1)
◎青木バス 大宮駅西口-羽田エアポートガーデンバスターミナル5番-青木バス車庫( 0→ 1)


1月31日に羽田エアポートガーデンバスターミナルが開業するのに伴い複数路線が新設されます。
02月02日:
岩手県・青森県方面:羽田から利用できる途中停留所は、盛岡駅、弘前駅。青森駅まで約11時間30分運賃変動。夜行便。羽田・東京駅・大宮-盛岡・弘前・青森間の路線。[航空便と競合]
新潟県方面:羽田から利用できる途中停留所は、長岡北BS、三条燕BS、鳥原BS。新潟駅まで約7時間20分運賃変動。夜行便。横浜・羽田・東京駅-長岡・三条燕・新潟間の路線。
02月01日:
山形県方面:羽田から利用できる途中停留所は、山形駅東口駅前大通沿い、ウエストモールパル前。酒田駅前ミライニまで約9時間25分運賃変動。夜行便。横浜・羽田・新宿-山形・鶴岡・酒田間の路線。[航空便と競合]
長野県方面:羽田から利用できる途中停留所は、東部湯の丸サービスエリア、長野小島田。長野駅前まで約5時間40分運賃変動。夜行便。舞浜・川崎・羽田・新宿-東御・長野間の路線。
富山県・石川県方面:羽田から利用できる途中停留所は、富山駅、高岡駅。金沢駅まで約9時間5分運賃変動。夜行便。羽田・東京駅-富山・高岡・金沢間の路線。[航空便と競合]
愛知県・三重県方面:羽田から利用できる途中停留所は、名古屋栄、名古屋駅前、四日市ユーユーカイカン、津市役所前、近鉄松阪駅、近鉄宇治山田駅、VISON。津市役所前まで約7時間35分5,700円。夜行便。大宮・東京駅・羽田・横浜-名古屋・四日市・津・松阪・伊勢・多気間の路線。[航空便と競合]

WILLER公式サイト
 https://travel.willer.co.jp/
羽田エアポートガーデンバスターミナル(桜交通公式サイト)
https://www.489.fm/s/ridedetail-1117.html
青木バス公式サイト
https://www.aozora-liner.co.jp/

posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

2023年01月31日

羽田_1月バス便時刻変更

■東京国際空港(羽田空港) アクセスバス便時刻変更(2023年1月)

01/31
◎平和交通 深夜急行バスマイタウンライナー 羽田エアポートガーデン6番→蘇我駅西口(空港発0・空港行0→1・0)
◎しずてつジャストライン 羽田エアポートガーデンバスターミナル4番-静岡駅前( 0→ 1)
◎ジャムジャムエクスプレス シュプールライナー 羽田エアポートガーデンバスターミナル4番/6番-栂池高原(空港発0・空港行0→3・2)*
◎ジャムジャムエクスプレス シュプールライナー 羽田エアポートガーデンバスターミナル6番-奥志賀( 0→ 2)*
◎ジャムジャムエクスプレス シュプールライナー 羽田エアポートガーデンバスターミナル6番-飯山駅-赤倉温泉( 0→ 2)*
◎ジャムジャムエクスプレス シュプールライナー 羽田エアポートガーデンバスターミナル6番-赤倉温泉(空港発0・空港行0→1・0)*
*乗降が出来ない千曲川さかきPAとお台場で乗り換えの場合あり。

01月31日:
羽田エアポートガーデンバスターミナルが開業するのに伴い複数路線が新設されます。
千葉県方面:羽田発のみ設定されている深夜急行バスです。羽田から利用できる途中停留所は、田尻(鬼高PA入口)、谷津駅、津田沼駅、千葉駅東口。千葉駅東口まで約1時間45分2,500円(交通系ICの場合2,000円)。深夜便。羽田・東京-千葉間の路線。
静岡県方面:羽田から利用できる途中停留所は、高速バス永楽町(永楽町)、押切、大内観音入口、瀬名川西、古庄、沓谷、三松、新静岡。静岡駅前まで約3時間55分3,200円。昼行便。羽田・横浜-静岡間の路線。
長野県 白馬方面:羽田から利用できる途中停留所は、五竜・エスカル、八方、八方・和田野、栂池高原A、栂池高原B、栂池高原C(空港発はACB、空港行はCBAの順に停車)。栂池高原まで約6時間20分8,000円〜。昼行便および夜行便。成田・羽田-白馬・小谷間の路線。乗降が出来ない千曲川さかきPAとお台場で乗り換えの場合あり。
長野県 志賀方面:羽田から利用できる途中停留所は、道の駅 やまのうち、ジャイアント、丸池・蓮池、一ノ瀬A、焼額・西、焼額・南、焼額・東。奥志賀まで約6時間40分11,000円〜。昼行便。成田・羽田-山ノ内間の路線。乗降が出来ない千曲川さかきPAとお台場で乗り換えの場合あり。
新潟県 妙高方面:羽田から利用できる途中停留所は、飯山駅、斑尾高原、斑尾・ホテルタングラム。赤倉温泉まで約6時間35分10,000円〜。昼行便および夜行便。成田・羽田-飯山・妙高間の路線。乗降が出来ない千曲川さかきPAとお台場で乗り換えの場合あり。

★2023年1月31日深夜急行 津田沼・千葉・蘇我線運行再開!★(2/1 0:00出発便〜)(平和交通公式サイト)
http://heiwakotsu.com/timefare_sinyats.htm
2023年1月31日より静岡と羽田空港を結ぶ直行バスを運行開始(しずてつジャストライン公式サイト)
https://www.justline.co.jp/express/news/kosoku202212271200.html
関東発→Shinshu行(ジャムジャムエクスプレス公式サイト)
https://jamjamliner.jp/kanto_ski2/
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

2023年01月22日

羽田_空港所在誤認サイト注意喚起

■東京国際空港(羽田空港) 空港所在を誤認させるサイトがあると注意喚起

東京国際空港(羽田空港)の国内線施設を管理運営する日本空港ビルデングは12日、空港所在を誤認させるサイトを確認したと注意喚起しています。

日本空港ビルデングが注意喚起しているのは、空港に所在しているように騙って誤認させている、新型コロナウイルス検査施設とされているサイト。
羽田の公式サイトでは、「この度、羽田空港の住所(東京都大田区羽田空港3-3-2)を騙り、あたかも羽田空港内に所在しているかのような新型コロナウイルスPCR検査場のWEBサイト「羽田空港検査クリニック」の存在を確認いたしました。」と発表。「「羽田空港検査クリニック」は、羽田空港内に所在するものではなく、また当社グループとも、一切関係がございませんので、ご注意ください。」と注意喚起しています。
被害者が出ているのか、消費者庁を紹介しています。

ネットで同名施設を検索すると、それらしきサイトがヒットし、「特定商取引法に基づく表記」としてクリニック所在地として羽田空港の住所が騙られています。そもそも、名前に羽田空港が入っているのに、検査場として示されているのは新宿と上野のみ。羽田空港島内に関連事務所はなく、大田区羽田地区にすら拠点はない模様で、羽田空港とは全く関係がありません。

全国的に著名な「空港」の名を騙り、施設が空港近くにある、空港と関係あると勘違いさせる詐欺的手口は昔から多いです。今回も、東京の地理に疎い人を引っかける意図がある可能性がありますし、登録の際にパスポート番号などを送らせるなどしており、情報収集目的の可能性もあります。

それらしきサイトも、日本語なのに、問い合わせ先として電話番号の告知がない一方で「WeChatお問い合わせ」が表示されているなど、東京に疎い海外からの訪日客向け中心と思われる対応をしています。
今回の場合、法に基づくなどと信頼度を高める書き方をしつつ、あたかも所在しているかのように実態のない住所を記載しているのは、かなり悪質ですね。

所在していないのに、サイト上で羽田空港に事務所等があると騙るのは、昨年4月、福井県と組んでヘリコプター定期便就航を発表した会社が行っていたことがあります。

【重要】羽田空港内に所在していると誤認させるWEBサイトにご注意下さい。(羽田空港ターミナル公式サイト)
https://tokyo-haneda.com/information/2023/detail_00005.html
ラベル:羽田
posted by johokotu at 22:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

2023年01月13日

羽田_APOガーデンバス開業へ

■東京国際空港(羽田空港) 羽田エアポートガーデンバスターミナルも1月31日開業へ、9路線からスタート

住友不動産グループは12日、羽田エアポートガーデンバスターミナルを1月31日に開業すると発表しました。開業日直後から9路線の運行を開始するとしています。

羽田エアポートガーデンバスターミナルは、東京国際空港(羽田空港)第3ターミナルに隣接する羽田エアポートガーデン1階に新設されます。高速バス用として10ののりばが予定されています。羽田空港内では唯一、一般バスターミナルに指定されているバス拠点です。
商業施設が全面開業する1月31日午前に開業すると発表しました。
2020年4月の開業延期から実に3年近く遅れての開設となります。

開業日直後は、
1月31日から長野県白馬線(ジャムジャム)、千葉線(平和交通)、静岡線(しずてつ)
2月1日から山形県酒田線(桜交通)、長野線(WILLER)、金沢線(桜交通)、三重県伊勢線(青木バス)
2月2日から青森線(桜交通)、新潟線(桜交通)
の9路線の運行を開始するとしています。

このほか、2月から金沢線(丹沢交通)、3月から仙台線(東京富士交通)、新潟線(泉観光バス)、新潟県新津線(泉観光バス)、大阪線(ワールドツアー)の運行を開始するとしています。

現地の掲示では、HANEDA INNOVATION CITYとの連絡バスや地元の路線バスの発着が記載されていますが、公式発表はありませんでした。また、既存路線の乗り入れもありません。
さらに、2020年に一度新設が発表されていた、三重交通や伊豆箱根バスなどの乗り入れは発表されませんでした。

なお、バスターミナルの公式サイトを1月31日に開設するとしています。
既にしずてつジャストラインは新設を発表していますが、それ以外の各社はニュースリリースなどは出ていません。既に予約が始まっているところもあるようですが、観光バスから始まった会社も多いようでニュースリリースなども、一括時刻表も出さない会社ばかりです。このため、各社のサイトでいちいち検索をかけないと新設するのかどうかも分からない状況ですので、統合サイトに期待ですね。
それにしても、公共交通(特に路線時刻告知)については、紙だと提供できる情報がデジタル化すると提供できずに不便になるのはなぜなんですかね(不便だと思ってるのは私みたいな昭和生まれ位かな、、、)。

日本の玄関口羽田空港と日本の観光地を繋ぐ 『羽田エアポートガーデン バスターミナル』運行開始 商業施設・温浴施設が隣接、快適に過ごせるバスターミナル(住友不動産公式サイト)
https://www.sumitomo-rd.co.jp/uploads/20230112_release_HANEDA-AIRPORT-GARDEN-busterminal.pdf
ラベル:羽田 バス便
posted by johokotu at 04:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

2023年01月11日

羽田_トランジットホテル再開

■東京国際空港(羽田空港) トランジットホテルが営業再開

ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツは11日、東京国際空港(羽田空港)の出国エリア内トランジットホテル(ザ ロイヤルパークホテル 東京羽田 トランジット)の営業を再開しました。

ザ ロイヤルパークホテル 東京羽田 トランジットは、新型コロナウイルス感染症パンデミックの影響で2020年5月1日から長期休館しており、2年8か月ぶりの再開となります。
ラウンジは、引き続き営業中止となっています。

ザ ロイヤルパークホテル 東京羽田 トランジットは、東京国際空港(羽田空港)第3ターミナルの出国エリア内にあるトランジットホテル。第3ターミナルからの出発客のみしか利用できない、日本唯一の珍しいホテルがやっと再開になりました。

乗り継ぎ需要は比較的旺盛ですので、コロナで野宿のリスクが認知され、コロナ前より多くの利用があると良いですね。

ザ ロイヤルパークホテル 東京羽田 トランジット(出国エリア内トランジットホテル)営業再開のお知らせ(ザ ロイヤルパークホテル 東京羽田公式サイト)
https://www.royalparkhotels.co.jp/the/tokyohaneda/information/details.php?id=158
ラベル:羽田
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

2022年12月20日

羽田_APOガーデン全面開業1/31

■東京国際空港(羽田空港) 羽田エアポートガーデン全面開業は1月31日

住友不動産は8日、東京国際空港(羽田空港)の羽田エアポートガーデンを来年1月31日に全面開業すると発表しました。

羽田エアポートガーデンは、第3ターミナル直結で住友不動産が開発を進めている複合施設。明日12月21日にホテルと温泉、イベントホールが部分開業します。
12月に開業しない商業施設について、来年1月31日に全面開業するとしています。ショッピングゾーンは1階と2階、レストランゾーンは1階にオープンし、約80店舗が出店するとしています。
店舗は、日本全国の店舗や特定雑貨の店舗などが出店する予定です。

バスターミナルが設けられる予定ですが、前回発表で1月開業予定としていた欄が今回の発表では消滅。開設日も含めて詳細の記載はなく、運行路線も発表されませんでした。WILLERやさくら観光、伊豆箱根バス、しずてつジャストライン、三重交通などが2020年に自社サイトで乗り入れ延期のお知らせを出していますが、運行開始日はまだどの会社も未発表。地元の路線バスが乗り入れるのかも不明な状態が続いています。

なお、明日開業するホテルは1,717室を有しますが、駐車場の台数はわずか440台分です。コロナ禍以降、自家用車での移動が増えたのか、羽田空港では駐車場の満車がかなり目立っており、容量がパンクしないか心配されます。
施設自体は第3ターミナル直結ですので、公共交通でのアクセスをお勧めします。

羽田空港第3ターミナル直結 大規模ホテルと魅力的な商業施設を備えた「街」ができる 「羽田エアポートガーデン」 2023年1月31日(火)全面開業(住友不動産公式サイト)
https://www.sumitomo-rd.co.jp/uploads/20221208_release_haneda-airportgarden_grand-opening.pdf
ラベル:羽田
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

2022年12月16日

羽田_12月バス便時刻変更

■東京国際空港(羽田空港) アクセスバス便時刻変更(2022年12月)

12/16
◎京浜急行バス 蒲32系統 羽田車庫-天空橋駅-空港入口-日ノ出通り-蒲田駅(空港発0・空港行0→17・27)
◎京浜急行バス 蒲33系統 天空橋駅-羽田車庫-日ノ出通り-蒲田駅(空港発0・空港行0→13・6)
△京浜急行バス 蒲31系統 羽田空港(第3-第2→第1)-天空橋駅-空港入口-日ノ出通り-蒲田駅(空港発35・空港行36→1・3)
×京浜急行バス 蒲31系統 羽田車庫-天空橋駅-空港入口-日ノ出通り-蒲田駅(空港発1・空港行1→0・0)

12月16日:
蒲田方面:日ノ出通り経由便(蒲31系統)が大幅に変更になります。空港入口から空港側の経路について、空港ターミナル発着便が大幅減便でほぼなくなり、代わりに天空橋駅-羽田車庫発着便が大幅増便されます。このため、空港ターミナル-蒲田駅間は、ほぼ、蒲41系統(萩中経由)、蒲95系統(シャトルバス)のみになります。(現在3系統各30分間隔(=1時間6便)→改正後2系統各30分間隔(=1時間4便)に大幅減便)
蒲31系統のうち大幅増便される、天空橋駅-羽田車庫発着便は蒲32系統に分離されるほか、蒲33系統が天空橋駅まで延伸してきます。このため、空港の西端に当たる天空橋駅まで乗り入れるバスは便数が維持されます。
※天空橋駅は羽田イノベーションシティの最寄りバス停です。

蒲田駅・大森駅発着路線の系統新設およびダイヤ変更について(京浜急行バス公式サイト)
https://www.keikyu-bus.co.jp/info/2022/1209_2748.html
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする